「行動分析学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 行動分析学とは

2016-07-09

結婚生活はすばらしい - それを知らせたい

自分結婚して子供が二人いる。

夫婦のそれぞれの問題でとても大変なこともあるが、それらを乗り越え幸せ結婚生活を送っている。

■■結婚についての教育

そもそも現代日本社会において、小・中・高・大と結婚について詳細な教育を受けることがない。

下手すると親から結婚とはなにかと教わることがないかもしれない。

漠然と、結婚はよいものだ。だからおつきあいしてラブラブだったら結婚しようという社会的な風潮だ。

結婚に至るモデルというのは、安いドラマとかにでてくる情緒的なカップルモデルとする場合も多いだろう。

結婚について教育を受けてこなかった私たちは、なにをモデルにすればよいのか。

結婚してどのようなことが大変で、逆にどのようにしてより幸せになれるのだろうか。



■■夫婦互いが当事者になる

夫婦間で課題が生じ、それについて解決しようとするとき

口論ディスカッションするとき、互いが当事者になる。

問題の渦中にいる当事者パラダイムは、感情的主観的だ。

なかなか客観的にはなりにくい。

自分欠点を強く指摘される、逆に相手の弱さについてストレート言及する。

そのような中において、互いが主観的になる。

これが会社ビジネス上の課題だったらどうか?

ビジネス上の課題がある、この解決すべき課題については客観的に見つめることができる。

冷静に多角的に把握して分析ができるのだ。対象自己の外に向いているからだ。

逆に、夫婦問題場合、己の中にある問題、そして相手の心の奥にある問題に向き合わなくてはならない。

そして、これらに互いが触れる時、主観的になる。

主観的なので視野は狭まり自分相手が持っているそれぞれのバイアスが強く働く。




■■まずロジャースになれ

伴侶が愚痴や不平を言ったときは、まずロジャースになれ。

来談者中心療法を確立した臨床心理大家カールロジャーズだ。

「無条件の肯定的関心」「共感理解」「自己一致」を基軸にしたカウンセリング法だ。

自分が夜家に疲れて帰宅したら、リビングに既に仕事を終えて帰ってきた仏頂面の伴侶がいたとする。

そして、相手会社愚痴・不平不満をいったとする。自分会社ストレスを抱えていてとても疲れていてそんな話し聞きたくない。

それでも、「無条件の肯定的関心」「共感理解」でまず話を聴いて相手理解しようとすることだ。

相手の抱える問題を強く解決しようとしなくていい。

私をはじめ男性はつい、解決案提案しようとやっきになってしまう。ビジネスだったらそれでもいい。

でも、相手感情理解して欲しいのだ。そしてその感情言語化したいのだ。

感情言語化する過程において相手自身課題に気づくのだ。

解決する力はその伴侶のうちにあるのだ。

しかし、自分肯定的に伴侶の話を聴いていて、相手が一線を越えた場合どうするのか?

自分罵倒してきた、言葉による暴力をしてきた、さら言語道断であるが、

暴力を振るってきた場合倫理に逸脱した行為をしてきた場合、どうするのか?




■■正の強化

相手が一線を越えてきた場合、黙っていてはいけない。

応用行動分析学的に、黙っていると言うことは、黙認していること、

その行為を認めていることだ。

相手が行動を起こす→黙認する(認める)→その行動が学習され強化される

といことになる。

自分の考え・感情をきちんと相手に伝えることがとても大切になる。





■■ミッションステートメント

ではどうすればいいのか?

相手の話を聴き、自分の考えを相手に分かるように伝える。

互いが感情的主観的パラダイムにおいて、

結婚当初の愛を深めていくにはどうすればいいのか。

夫婦合意のもと、二人でミッションステートメントを書くのだ。

ミッションステートメントの詳細については検索するとか『七つの習慣』を読むとかで調べて欲しい。

複数価値観のバラバラな人間が集まる会社ですら、ミッションステートメントを書いている。

価値観・生まれ環境が異なる夫婦という共同体においても、

ミッションステートメントはとても重要だ。


まず、それぞれ己のミッションステートメントを1週間ほど書けて紙に書いてみよう。

次に、出来た物を夫婦で見せ合って、語り合おう。それぞれ人生において

なにを目的にしているのか、何を価値観としているのか、いろいろ気づきと共有するところがでてくるだろう。


互いに尊敬し合い、語り合いながら、それぞれのステートメントをまとめて、

つの夫婦家族)のミッションステートメントを書き上げてみるのだ。

なにか夫婦問題が生じても、まずミッションステートメントを取り出してきて、

これを中心に問題について語り合うのだ。

ミッションステートメントなしで話し合うと、「いった」「いわない」の互いに非常に主観的パラダイムになるが、

紙に書かれているミッションステートメントを見ながら語り合うとより客観的問題について語り合うことができる。

まり夫婦それぞれが中心ではなく、その上の原則ミッションステートメント)に従って行動していくということだ。

これが非常に大切なのだ

ミッションステートメントは定期的に語り合いながら見直して、夫婦の節目においてバージョンを上げていくことも重要だ。

■■最後

夫婦互いが主観的パラダイムになりやすいが、もう一つ重要なことがある。

第3者を見つけておくことだ。第3者というのは、夫婦の状況を客観的に見て、

鏡のようにフィードバックしてくれる人だ。

結婚カウンセラーなどがそうかもしれない

だが、カウンセラーでもよいが、

お金をかけずに近所のおばちゃん、親戚のおじさん、学生時代学校先生神父さん誰でもよい。

夫婦お互いが尊敬出来る人、人格が優れている人がいいだろう。

日頃からそのような人と良好な関係を作っておき、相談できる環境を整えておくことは非常に重要だ。

夫婦2人ではなく3人で語り会いフィードバックをもらえば、

夫婦バイアスによって気づかなかった新しい認識を得ることができる。

これはホント大切だ。



最後に、結婚生活ケンカも沢山して、とても大変なことも多いが、

己の欠点相手欠点を見つめ、それらを互いに乗り越え、

己の人格がより向上していく場であると私は認識している。

結婚して本当に良かった。幸せだ。


妻への深い愛と感謝のうちに

2015-12-03

トラウマ恋愛映画入門 町山 智浩

インベーダー・サマー (ソノラマ文庫ネクスト) 菊地 秀行

まっすぐにいこう。 全15巻セット (集英社文庫コミック版) きら

詩羽のいる街 (角川文庫) 山本

コミュニケイションのレッスン 鴻上 尚史

クアトロ・ラガッツィ (上) 天正少年使節世界帝国 (集英社文庫) 若桑 みどり

現代金融入門 [新版] (ちくま新書) 池尾 和人

日露戦争資金調達の戦い―高橋是清欧米バンカーたち (新潮選書) 板谷 敏彦

山本五十六 (下) (新潮文庫 (あ-3-4)) 阿川 弘之

井上成美 (新潮文庫) 阿川 弘之

米内光政 (新潮文庫) 阿川 弘之

心の力の魔術―驚くほどの富と幸福が得られる成功法則 ダビッド・J. シュワルツ

食卓から経済学―ニュービジネスのヒントは「食欲」にあり (ノン・ブック―先見サラリーマンシリーズ) 日下 公人

もろい青少年の心―自己愛障害 発達臨床心理学考察 (シリーズ 荒れる青少年の心) 上地 雄一郎

自己分析 ハインツコフート

死にたい気持ちをほぐしてくれるシネセラピー上映中―精神科医がおススメ 自殺予防のための10本の映画 高橋祥友

キレイゴトぬきの農業論 (新潮新書) 久松 達央

数学のまなび方 (ちくま学芸文庫) 彌永 昌吉

エロゲー文化研究概論 宮本直毅

野口英世ザベル・R. プレセット

モテないのではない モテたくないのだ! ! (アクションコミックス) カラスサトシ

遠回りまみれの青春タイプの人 福満 しげゆき

もっと! Vol.4 2013年11月号 (増刊Eleganceイブ) 水沢悦子

音楽の基礎 (岩波新書) 芥川 也寸志

ヒトラーのテーブル・トーク1941‐1944〈上〉 アドルフ・ヒトラー

しろうと理論日常性の社会心理学 アドリアンフランク ファーンハム

AKB商法とは何だったのか さやわか

ヒトラーを支持したドイツ国民 ロバート・ジェラテリー

グランヴァカンス―廃園天使〈1〉 (ハヤカワ文庫JA) 飛 浩隆

ドイツフランス共通歴史教科書現代史】 (世界教科書シリーズ) ペーター ガイス

ドイツ歴史現代史】 (世界教科書シリーズ) ヴォルフガング イェーガー

大学生社会人のための言語技術トレーニング森ゆりか

ポストモラトリアム時代若者たち (社会的排除を超えて) 村澤 和多里

言葉にして伝える技術――ソムリエ表現力(祥伝社新書214) 田崎真也

滅びの風 (ハヤカワ文庫JA) 栗本 薫

大日本サムライガール (星海社FICTIONS) 至道 流星

少女マンガ表現機構―ひらかれたマンガ表現史と「手塚治虫岩下 朋世

マルコヴァルドさんの四季 (岩波少年文庫) イタロ・カルヴィーノ

和解する脳 池谷 裕二

スティーブ・ジョブズ(1) (KCデラックス Kiss) ヤマザキ マリ

カリガリからヒットラーまで (1971年) ジークフリート・クラカウアー

さよならタマちゃん (イブニングKC) 武田 一義

物語体操―みるみる小説が書ける6つのレッスン (朝日文庫) 大塚 英志

プロ経営者」の条件 折口 雅博

資本主義という謎 (NHK出版新書 400) 水野 和夫

行動分析学入門 杉山 尚子

ここは退屈迎えに来て 山内 マリ

ウェブ炎上ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書) 荻上 チキ

統計学が最強の学問である 西内 啓

☆行動変容法入門 レイモンド・G.ミルテンバーガー

図説 イギリス歴史 (ふくろうの本) 指 昭博

アメリカ中学教科書英語を学ぶ―ジュニアハイテキストから英語が見えてくる (CD book) 林 功

☆☆「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか 鈴木 涼美

ぬばたま (新潮文庫) あさの あつこ

果てしなき渇き 深町 秋生

去年はいい年になるだろう 山本

日本人英語 (岩波新書) マークピーターセン

兵器戦術世界史 (中公文庫) 金子 常規

あなたを苦しめる過去から自由になる本 石井希尚

2015-08-22

http://anond.hatelabo.jp/20150822160039

昔、そうやって行動分析学精神分析は説明できる!って躍起になって、こぞってドヤ顔で本やら論文やらで解説した時代が合ったのじゃ

でも結局「これやって何になるん?」てことに気づきだして、誰もしなくなっちゃったけど

2013-04-14

行動修正の末路、理想形無き援助は甘やかしと何が違う

ある人の行動を変容させる手法確立しつつある

行動・環境間の関係については動物実験を超え、人間に対する実証的な研究の段階にある

しかし、行動を修正する事には危険がある

そもそも、どういう基準でもってそれを問題とし、それによって何が為されるのかを自覚があるのだろうか

ある人物が抑うつ的な気分で部屋に引きこもっている

では、抑うつ的な気分を晴れさせ、部屋から出て仕事が出来るように認知と行動を修正すべきだろうか

この問いに対して「あらゆる場合においても、それは為されるべきである」と言うのか?

社会適応が為されたその結果は、だれが評価し、正しいのか間違っていたかを判断するのだ

本人がその過程で「嫌だ、俺は一生部屋から出ない」と反発し、それを無視してもいいのか

会社に入り「行動修正のおかげです、ありがとうございました」と言うのはなぜ受け入れる

もし、抑うつと言うのが進化過程必要から獲得した種としての機能であった場合どうする

また、周りはどうだ

親は、兄弟は、友人は、会社上司や同僚は?

社会適応で得られる変化と、引きこもっていた場合の状態ではどちらが重要

人生を終えてみないとどちらが良かったかからないという意見にはどう対応する

あらゆる人間を調査し、どのような状態であれば幸福か、間違いがないかを調査するか

よしんばそれが出来たとして、それを個々人のケースに適用する事に正当性実用性はあるのか

また、そうした量的分析の結果と、人間性心理学精神分析エリクソンの発達課題にどれほどの差があるだろうか

行動分析学はあくまで道具だ

標的行動は人間が決め、どのような人生を歩むのかも人間が決める

そこの選定は行動分析学教科書には書いていない

では、何かの理論定義された「人間とはかくあるべし」を手本にするか

手本にする理論の選択に恣意的なものがないとなぜ言える

理論を折衷する選択に治療者側の人生経験によるバイアスが掛からないとなぜ言える

結局の所、心理臨床の場は博打に過ぎない部分がある

真に成功した心理臨床を受けるには、自分と目指すべき理想形が一致した治療者を見つける他にない

2013-01-20

http://anond.hatelabo.jp/20130120161037

意訳できてないよ、元増田だけど

思想に意味はないよ、本質を捉えきれないしね

ただ、本質の一部を欠落させ色づけ・脚色された真実は時として人を動かすことがある

たとえば、「名誉だ!世界のためだ!」という言葉承認欲求生物の生存欲求が本質であるかもしれない

から承認欲求や生存欲求という本質を色づけしたものにすぎず、適用範囲や正確性には問題があるだろう

けど、「生存欲求のために頑張ろう」と激励するよりは「お国のために頑張ろう」と言った方が効果はあるだろう

から、偽物である思想には、本物である本質以上の効果がある

しかし同時に、やはり思想が意味をなさない場合もある

いくら尊い精神論を振りかざしても自己犠牲自殺することが難しいように

そこには限界があり、そういう場合には本質を踏まえた具体的な対応(医学物理学、俺で言うなら行動分析学)が必要になる

からこそ、「思想で救われるものなど一つもないのですよ」は意味があると同時に全くの無意味

状況・場合分けによってこの命題は、意味をもつと同時に無意味となる

2013-01-19

結局、思想で救われるものなど一つもないのですよ

人は人の殻を破れないので、「思えば叶う」というのは妄言に過ぎない

それは精神論根性論に帰結するのであって、現実的には何の影響力も持たない

しかし、その正反対にある工夫や英知、努力健全さなどもお飾りに過ぎないのですよ

まり、人は個人的に得るべきものを得ようとするだけだ

そこに「人はより良いものになる」などという金メッキを貼りつけたところで、何も表せてはいないのですよ

同時に「人は堕落するものである」などと泥を被せたところで、やはり人の本質は捉え切れていないのですよ

行動分析学における、一定真実であるのです

その真実に思弁的で小説的な意味づけを行うのが思想ですよ

それもある意味では一定真実ではあるだろうが

そうして色づけされた真実は、その側面のどこかを欠落させるだろう

それが必要場合も、あるのだろうけれど

しかし君ね、それではおかしいではないかと。真実に貼られたメッキや泥に過ぎない思想の価値を、君自身が認めているではないか」と

「思想によって人が救われないというのならば、君の言う行動分析学とやらは今まで以上に人を救うのかね」と

この時、「思想で救われるものなど一つもないのですよ」という命題自体が思想であることになり、形骸化すると同時にその有用性を主張するようになる

以上でオチが付いたということで、あつちへ行つてくれ。私は、もう、ねむい。

2012-05-11

http://anond.hatelabo.jp/20120511214502

知ってるか

あれは全部「行動分析学」という考えで説明がつくんだ

それはガチャコンプだけでなく、ゲーム全てでだ

モバマスで例をだそう

例えば、ログインボーナス

長期間ログインしてなかった奴がログインすると大きなポイントが貰える

すると、ログインする行動が強化(行動の頻度が上昇)される

それ以外にも演出や細かいポイントアップ、アイテムアイドル獲得でプレイする行動が強化される

要らないアイドルが別のアイドルを育てる資源となるので

要らないアイドルは複数の必要アイドルを裏付け好子とした般性習得性好子

そして勿論、全てが強化スケジュールで最も強化力が強烈なVR(変動比率)強化スケジュールで強化される

あらゆる演出・仕組みがゲームを続けさせ、より長い時間集中したプレイをさせる方向へと誘導していく

それは心理学研究された行動分析及び応用行動分析手法を使ったもの

逆に言えば、これを利用すれば金の成る木を生やすことが出来る

心理学手法の乱用に付いて法整備のメスが入っていない今こそがチャンスなのだ

2012-01-13

[]行動分析学マネジメント

行動分析学マネジメント-人と組織を変える方法論 - 舞田 竜宣

パフォーマンスマネジメント―問題解決のための行動分析学 - 島宗 理

行動分析学入門 - 杉山 尚子

明日は誰のものイノベーションの最終解 - クレイトン・M・クリステンセン

教育×破壊イノベーション 教育現場を抜本的に変革する - クレイトン・クリステンセ

イノベーションへの解 実践編 - スコット・アンソニー

イノベーションへの解 利益ある成長に向けて - クレイトン・クリステンセン

イノベーションのジレンマ技術革新巨大企業を滅ぼすとき - クレイトン・クリステンセン

ノベーションの達人!―発想する会社をつくる10人材 トム ケリー

発想する会社! ― 世界最高のデザインファームIDEOに学ぶイノベーション技法 トム・ケリー

アジャイルプロジェクトマネジメント 最高のチームづくりと革新的な製品法則 - ジムハイスミス

完全網羅 起業成功マニュアル - ガイ・カワサキ

ブレークスルーの瞬間 何があの企業を飛躍させたのか (KINDAI E&S BOOK) - 坂本 桂一

起業革命―「スタートアップ」のプロが伝授する事業創出のノウハウ - エムアウト事業開発グループ

2011-06-09

(補足)妻と結婚して3年以上過ぎた。

こんにちわ

一ヶ月前に書いたものがホットエントリになってびっくりしました。

http://anond.hatelabo.jp/20110502165746」の続きです

新たについたトラックバックにも、返信しようかと思いましたが、手に負えなさそうなので、補足を記して、まとめてご返信とさせていただきます

 

まず、妻が「物が捨てられない人」ということを過剰にアッピルしてしまったことで、はてな界で伝説になってる xevra先生をはじめ、多くの方にご心配であったり、「パーソナリティ障害なのは確定的に明らか」「このままでは旦那の寿命ストレスでマッハなんだが・・」のような破壊力ばつ牛ンのエスパーレスをしていただき、恐縮でございます。深い悲しみに包まれたあまり、思わずブロント語が出てしまいました。

 

さて、それ以外の誤解ですが、「改善していない」ことはありません。

みなさんが大好きな使用済み生理用品は、ここ半年はまったく見かけません。

鼻をかんだティッシュは、完全ではありませんが見かけなくなりました。ゴミ袋も気がついたら替えてくれることも増えました。少しづつ改善されております

また個人的に素晴らしい変化だと思ったのが洋服と雑誌を捨てられるようになったことです

 

改善していく過程は全く書きませんでしたが、書くと長くなるので、要点だけ記します。

最初は怒鳴ってケンカすることが多かったですですので「怒らず冷静に対応した」というのも誤解で、最初は怒っていました。ただ、ご存知のように言って直るぐらいなら苦労はしないわけで、私も情報を集めて、試行錯誤しました。

私が率先して掃除をしてしまうと、妻は機嫌が悪くなります。どうしてかはわかっていました。私が掃除をすることで「自分掃除もできないダメな妻」と感じてしまうのです。そこはよく話をして「ダメ妻だとは思っていないよ。大好きだよー」とフォローしました。基本的には注意しつつ褒めつつヨシヨシナデナデしつつといったところです

それから、洋服を捨てられるようになった話ですが、たまたま見た「ティム・ガンのファッションチェック」があまりに素晴らしかったので、一緒に見るようにしたところ、しばらくして、洋服を整理するようになりました。ティム・ガン△。

 

ちなみに「創作はないか」というご意見をいただいております

しかに脚色はされていますが、英語で言うとノンフィクションです

2011-01-22

GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!

はーい、今日死にたいエントリでーす、残念でしたねー

俺も残念でーす、反省してまーす反省してないことを反省してまーす

毎日死にたい死にたい言ってもちっとも行動が変化しないのは何故だろう

行動分析学的に言えば、嫌子出現や好子消失じゃないからなんだろうな

逆に言えば、好子出現か嫌子消失なんだろうな

つまり、俺は「死にたい」って言うたびに良い気持ちなわけだ、自覚なしだけど

からこそ死にたいと言う行動はなくならないばかりか強化されると

問題なのは、この行動によって自殺するという行動の生起頻度が変わるかどうかだ

命題死にたいと言い続ければ死ねるようになるか

死にたいと言う行動のみが強化されるんだから、他のものは関係ないはずだ

ただ、それは机上のことであるとも言える

ひとつの行動が複数の結果を生み出し、それが複数の行動を強化することがあっても良い筈だ

しかも、この場合しい意味ネットワーク上にある事なので、あり得ても不思議はな

ならば、どういう随伴性なのだろうか

まずは、これを定義する

気持ち悪い→死にたいと言う→気持ち良い

ここで問題なのは、気持ち悪い→気持ち良いの部分だ

ここをさらに詳しく分解すれば理解される

ここで言う気持ち悪い状態とはなんだろうか

それは死にたいという感情である

もっと正確に言えば、逃げられなくて苦しいという感情である

つまり、強化されているという事実を加味すればこういう事であると思われる

しい死にたいと言う→苦しくなくなる

この随伴性によって、死にたいと言う行為は強化されると考えられる

さて、ここで問題がある

現実問題として、多少の慰安効果はあるにしても、事実は変わらないのだ

何を言っても死ねないという事実のみが残ってしま

それは慰安効果以上の苦しさだ

また、慰安効果による快感情だけは残ってしま

苦しくない状態というのを小出しで与えられてしま

これらの要素によって、より確実な慰安効果を求めるようになる

それは発言に留まらず、こう言った文章での公表、リストカット、他者依存と段階を経て変化していく

その変化の最終的な行き場として、実際に自殺を企画・実行するという行為が待っていると考えられる

初めは未遂であったものが本格化してゆき、生起頻度が強化され、死んでしま

故に、死にたいと繰り返していればその内に死ねる可能性があるということだ

2010-02-11

他人を叱る事について

真面目にやろうとしてるんだけど失敗してしまう人に対して
「なんでそんな事が出来ないんだ?」
「そんな事も分からないのか?」
「なぜここを詰めていないんだ?」
「どうしてやってないんだ?」
「前も言ったじゃないか!」
などと叱る人が居る。というか私もたまにやってしまう。

不真面目にやろうとしていたり、他人に迷惑をかけようとしていたりする場合は
叱る必要があるように思えるが、真面目にやろうとしている人を叱るのは
何のメリットも無いんじゃないかと思った。

というか、普段からそう思ってる。
思ってるんだけど、ついそういう言い方をしている事がある。

反省を込めて、なぜ叱ったらダメなのかを考えてみた。

■真面目にやってるのに失敗する人には、うまくやれる方法を教えれば良いだけだから。
	あえて不愉快な思いをさせる必要は無い。
	発奮して欲しい場合は
		「うまく出来るようになったらこんな良い事があるよ」
	と言えば良い。

■人を傷つけたり不愉快にさせるのは、出来るだけ避けた方が良いから。
	イライラさせてしまうし、そのイライラは伝染する。
	後輩であれ部下であれ、一人の人間なのだから、意味もなく傷つけてはならない。
	ただでさえイライラする事が多い世の中なんだから、
	少しでも全体のイライラを少なくする事に全力を尽くすべき。

■行動したら叱られる(罰系の刺激を受ける)なら行動しない方が良いと条件付けられるから。
	行動分析学で言うところの「嫌子出現の弱化現象」になり、
	何かしようという気が失せてしまう。

他にもありそうだけど、今は思いつかない。他にも何かあれば教えて下さい。

ただ、真面目にやってる振りをしているだけかどうかは注意深く確認する必要があると思う。
また、失敗が続く人には、どうしたら失敗しないように出来るかを教えれば良い。
少しぐらい失敗しても良いと考えているようなら、なぜ失敗したらダメなのかを教えれば良い。
それでも失敗する場合は、その人にその作業をやらせない方が良い。
それが必須の作業なら、どこまで我慢するかの判断が難しいが、配置転換かクビが妥当だろう。

この考えでは合わないケースや、それでも叱った方が良い理由や、
漏れている事(例えば、こういう性格の人は叱った方が良いなど)があれば教えて下さい。

2009-09-03

http://anond.hatelabo.jp/20090902183951

行動分析学的な主張としては良いのだけれども、2点ひどい。

ひとつ、内心への言及と医科学的なことを混同してる。

ひとつ、スキナーで「倫理的生き方を促す」とか勘弁してくれ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん