「クオカード」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クオカードとは

2021-04-15

Jsports見返したぞ

全額返金してくれるとか最高や。

今後も全額返金してくれるなら、月1でサーバーダウンしてくれてもいいんやで。

 

ただクオカードpayってどこで使うんだ。

2021-04-10

キャッシュレス化興亡記(個人的視点)

2018年末にPayPay が大型キャンペーンとともに登場してから、2年あまりが経つ。

最初操作に戸惑っていたスマホでのQR決済だが、2年の間に生活の中になじんできた。今回は、ここ2年くらいのキャッシュレス化進展の模様を、利用者である個人備忘録として書き留めておく。

スマホでのQR決済が中心だが、それ以外のキャシュレス決済にも言及したい。2030年ぐらいになったときに、「あん時代もあったな」と懐かしく振り返ることができるといいと思う。

注:記憶ベース手帳メモを見て思い出して書いているので、事実記述の正確性には欠ける。


2018 年まで

私はもともとお釣りを受け取り小銭を持つのが苦手でキャッシュレスには関心があった。

電子マネーに興味があったこともあり、2007年からおサイフケータイを導入した。

モバイル suica をセットし、コンビニなど suica で支払い可能なお店では極力 suica を使っていた。

クレジットカードはびゅーカードをメインに使い、suicaへのチャージで 1.5%分の ポイント還元をもらっていた。たまったポイントルミネ商品券に交換して、それを金券屋に売って現金化していた。詳細は覚えていないが、結構まとまった還元額となっていた気がする。

おサイフケータイには、suica 以外に nanacoiD をセットしていた。

nanaco は近所にイトーヨーカ堂があったので、そこで使用

iDファミマTカードをセッ トして近所のファミリーマートで使っていた。この使い方だと、レジでTカード提示しなくても、Tポイントたまるので便利であった。

それ以外の支払いは極力 suica で行い、使い分けは特に意識していなかった。結構suica で支払いができる店舗は多い。ただ、ランチの支払いで、個人経営系のお店は現金での支払いのみというところが多かった。

QR決済の登場

2017 年頃から、LINEPay や OrigamiPay などのスマホでの QR 決済が少し話題になっていた。

しかし、Felica決済に慣れていた自分にとっては、面倒くさそうに感じ、興味を覚えなかった。

2018年秋ごろ、「PayPay」が後発でリリースされた。その時もあまり関心はなく、ネーミングのダサさにびっくりした。動物園パンダ名前みたいだなと思った。

2018年12 月に PayPay の「100億あげちゃうキャンペーンが突然実施された。 支払い額の20%を還元するというもので、ビックカメラでの長い行列ニュースでも話題になった。自分は、完全に出遅れスマホでPayPayが使えるようになったころには、キャンペーンは早期終了していた。

同時期に、LINEPay が 15%還元キャンペーンを対抗でやっていたので、そちらで QR 決済デビ ューした。ビックカメラインクジェットプリンターインクなど消耗品をまとめ買いしたように思う。

このころは、LINEPay がいろんなキャンペーンを頑張っていたと記憶する。 登録で 500円、本人確認で 1,000円、友だちに初めての送金で 1,000円等、いろいろな還元があってワクワクした。クーポンローソンファミリーマート100円引きなどが何回も届いて、LINEPay を使う機会が増えた。現在の LINEPay キャンペーンの小規模化ぶりに比べると大違いである。

QR決済戦国時代

2019年度は、QR決済の実質的な「元年」であったといえるだろう。2月ごろから PayPay の 「100億あげちゃう第二弾キャンペーン」が実施。決済額に上限が設けられ、還元額は少な めだが、前回よりは期間が長く続いた。

2019年のGWは、各社のQR決済のキャンペーンが派手に打たれていた。 LINEPay は、還元10,000円まで、LINEPay のプリペイドカードでの決済も対象であったため、私はJR切符を買って、満額の 10,000円の還元を受けた覚えがある。

GWの時期に後発のメルペイも還元キャンペーンをやっていた。他社は 20%の還元率であったが、50%還元をしていたと思う。ただし、5,000円使用で 2,500円還元という感じだった。旅先のコンビニでの買い物で上限額まで使いきった記憶がある。 メルペイは6月8月に、後払いサービスでの利用で同様に還元があった。還元率が高いので着目度が高かった。他にコンビニなどで使えるクーポン配布も、最初のころは積極的だったと思う。

このころ、クーポンキャンペーンにつられて OrigamiPay も使いだした。ドラッグストアコンビニ還元クーポン供給があったと思う。大手に比べると、地味目であった。案の定、翌年はじめにサービス自体が終了してしまった。

6月ごろからセブンイレブンファミリーマート独自QR決済を導入するとニュースリリースがあった。7月サービススタートした。

セブンイレブンセブンPay はインストールしようかと思ったときに、不正使用問題が起き、そのまま廃止となった。セブンイレブンは、ローソンファミマに比べてクーポン配布などでもしょぼくて、キャシュレス化の波に乗り遅れている印象がある。その後も、セブンイレブンアプリときどき、おにぎりクーポン配布とかがあるが、全般的ケチくさい感じがする。

ファミリーマートもファミペイをリリースした。初回に2万円をチャージすると 3,000円還元があった。ファミペイは目立ったキャンペーンはなく、この初回くらいしか使う機会がなかった。代金収納対応しているので、電気代、ガス代の清算使用して、以降はほとんど使っていない。

2021年度冬に、ちょっとした還元キャンペーンがあったが、システムトラブルで中止となった。ファミリーマート以外でも使える場所を増やさないと、あまり出番がないままだろう。

クレジットカード会社の反撃キャンペーン

この 2019 年度は、QR 決済勢を迎え撃つ形でクレジットカード会社の大型キャンペーンがあった。 一番、規模が大きかったのはイオンカードで上限50万円使用で最大10万円キャッシュバ ックというものだ。

これはイオンカード新規で作って参戦した。こういう大型のキャンペ ーンをまたどこかの会社がやって欲しいものだ。

あと、JCBカードが、QuickPay 決済で 20%還元というキャンペーン実施した。使用上限が5万円(還元上限が1万円)であったので、デビットカードなどを3枚作って3万円の還元を受けた。それまで QuickPay の存在も知らなかったが、スーパーなど、結構使える場所が多く便利だと知った。ただ、このキャンペーンの後、QuickPay を使う機会はない。その後に続くキャンペーンや特典がないからだ。決済手段として定着させるには、一過性打ち上げ花火的なキャンペーンだけではなく、継続的施策必要なのだと思う。QuickPay は便利な決済方式だと思うので、もっと頑張ってほしいと感じる。

三井住友ビザカード還元キャンペーン実施。6万円の使用20%相当の 12,000円を還元というものだ。クラッシック (VISA)、マスター、エブリーと3枚新規で申し込んで対象の全額を使用した。買い物の使い道がなかったので全18万円とも nanacoチャージした。nanacoセブンイレブン公共料金の支払いで使った。 おそらく同じように nanacoチャージで使った人が多かったのだろう。翌 2020 年度の早い時期にセブンカード以外のクレジットカードでの nanaco へのチャージができなくなった。

このように、2019 年度はQR決済のキャンペーンや普及も目覚ましかったが、対抗するク レジットカード会社キャンペーンも大型であり、すべてを合わせると還元額は結構積みあがったように思う。

沈静化していった2020

2020 年度は前年のようにクレジットカード会社の反撃キャンペーンは目立たなくなった。

PayPay が使えるお店がチェーン店以外にも個人経営系の飲食店まで広まっていった。いままでランチ現金での支払いしかできなかったところが、キャッシュレスで支払いができる ようになり、利便性は増した。

2020 年初から LINEPay に「マイラン制度」なるものができ、使用振りに応じてクーポン が毎月配布された。ファミマローソンドラッグストアなどで使える100円引きのものでなかなかありがたかった。しかし、100 円引きは最初の数カ月くらいで、そのあとは5%引きとか、3%引きとかしょぼいものになり、2021年度には「マイラン制度」そのもの廃止されるらしい。 LINEPay は、このころからキャンペーンがしょぼくなり、存在感を失くしていくことになる。

メルペイも 2020年度当初は、還元額は 1,000円程度と額は小さいものの、還元率が 50%というキャンペーンがあった。飲食店対象したものや「ドラックストアフィーバー」といったものだが、4月以降は尻すぼみをしていった。ときどき、コンビニドラッグストアで使えるクーポンがくる程度。それも最近はなくなってきた。今ではメルペイの存在を忘れがちである

携帯キャリア勢の動向

このころ、ドコモによる d払い、au による au Pay も使い始めた。それぞれキャンペーン目当てで使いだした。

d払いはちょくちょく還元キャンペーンをやっている。エントリー必要なのと、還元にかかる要件結構細かくて面倒くさい。また、還元されるdポイントが期間限定かつ期限が短い。最初は、ローソンロッピーのお試し引換券で消化していた。最近はお試し引換券が人気があるのか交換できなくなったので、日興フロッギーという証券口座を作って現金化するようになった。 ドコモユーザーではないので、d 払いをメインにすることはないだろうが、キャンペーンがあれば細々と使っていくつもりである

au Pay は他の決済ツールに比べてアピールがかなり遅れた印象であった。2020 年の1~3 月にかけて 20%還元キャンペーン実施されたので、使用を開始した。しかし、すぐに全体での還元上限に達したので打ち切りとのアナウンスが相次ぎ、あきれてしまった。キャンペーン大風呂敷を広げるわりには予算規模が小さいのだろう。そのまま、 使わなくなるかと思ったが、ポイントponta統合された。現在は、au pay マーケット専用ポイントに交換すると増量するキャンペーンをやっており、ふるさと納税にも使えるので、ponta を集めるようになった。 au Pay もd払いと同様、メインで使うことはないが、キャンペーンに気づけば細々と使っていくことになるだろう。

後、この時期(2020年)から楽天 pay も使い始めた。こちらは目立ったキャンペーンはやっていないが、期間限定ポイントを消化するために活用している。近くのドラッグストアスーパー日用品(トイレットペーパー牛乳、卵などの生活必需品)を買うのに使っている。 楽天 pay は、この用途で地道に使っていくことになるだろう。最近suicaedy へのチャージ対応したりと機能強化をアピールしているが、期間限定ポイント消化以外の存在意義を見出しにくい。

2020年度の経過動向

2020 年度は前年の 2019 年度に比べ、各種還元キャンペーンも小ぶりで地味なものであった。 コロナ対応ということで、派手に外出による買い物をあおるような宣伝はしにくかったのか もしれない。

中でも LINEPay の凋落ぶりは大きかった。還元額もサービスアイデアについてもダメダメ経営統合により、PayPay にいずれ統合されるのだろうなと思わせる。

PayPay のキャンペーンも小ぶりで、還元条件などが細かくてよくわからないことが増えた。「還元祭」など大風呂敷を広げるけど、条件をよく読むと大した規模でないことに気づく。

10からコロナ対応での Go To Eat キャンペーンが行われ、そちらに関心が向かったのか、あまり QR決済のキャンペーンの印象は残っていない。飲食店での支払いは主に PayPay で行っていたのは事実であるが。

年末にメルペイで定額後払い(リボ払いみたいなもの)のキャンペーンをやっていて50%還元還元上限額1万円ということで、ふるさと納税で2万円つかったら、先日1万ポイントが返ってきた。還元額の大きさを考えると、リボ払いの利息収入はおおきいのだろうと思 う。分割払いを使わない私にとっては、こうやってキャンペーン還元を得られるのはうれしいことではあるが。

2021年度に入って

2021年度にはいってから1月2月は目立った還元キャンペーンはなかった。d払いとメルペイでちょこちょこクーポン配布があったくらい。AuPay で 20%還元策があったように思うが、それほど盛り上がらなかったように感じる。

3月は、d払いと PayPay も還元キャンペーンがあった。いずれも還元上限額が低いものであるが、使い分けて少額ではあるが、ポイントバックを得た。使用条件などが細かくなってきており、メモ帳に書き出して、どこでいつ使うかを考えないといけない。ちょっとしたゲー ム感覚ではあるが、こういったことが苦手な人にはやりづらいであろう。

そうして、2021 年の4月現在に至る。今後も、ちびちびとしたキャンペーン実施されるだろうが、それほど大きい還元額は得られないだろう。後から振り返ると、「普及当初の2019年頃はいろいろあったものだなあ」と懐かしむ日がいずれやってくるだろう。10年後くらいにこの雑文を読み返してみたい。

今後について

自分スマホ確認するとインストールしているQR決済アプリは、PayPay、d払い、楽天ペイ、メルペイ、LINEPay、ファミペイである。入っているが全く使っていないものがあり、Toyota walletクオカードペイ、ユニクロペイがある。あと最近セブンイレブンアプリに PayPay が付属された。

今後は、PayPay をメインに使っていくことになるだろう。個人経営系の飲食店で使えるところが増えたのが大きい。ランチでのクレジットカード払いは断られることが多かったが、 PayPay だと支払いやすい。今後は LINEPay も機能統合されるのだろうか。お店ごとのクー ポンなどの特典が充実してくるといいなあと思う。

他のQR決済も、キャンペーンがある限りは使うだろう。しかし、裏返して言えば、魅力的な還元キャンペーンがなくなれば、使う意義はなくなってしまうということである。やはり、複数の決済ツールを使い分けるのは面倒くさい。インセンティブがなくなってしまえば、自然と淘汰されていくだろう。

2021-02-16

anond:20210216141628

はいローソンの事例

https://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1343777_2504.html

店舗営業状況について

北海道内には664のローソン店舗がありますが、地震発生時点で、約300の店舗停電等の影響により一時休業しました。現在では店舗設備点検を終え安全確認され、随時営業を再開しています

依然として、約600店舗停電中ですが、日中営業を行い、日没後は一時休業させていただく店舗もございます

尚、停電中はレジ使用出来ず、簡易端末を使用しています。このため以下のサービスは中止させていただいております

停電時にご利用頂けないサービス

レシート発行、ポイントのご登録・ご利用、クレジットカードクオカード電子マネーのご利用、バーコード決済収納代行・ゆうパック等の受付、マルチメディア端末「Loppi」を使用したサービスATMのご利用、コピーFAX・Free-WiFi等のご利用、ギフトカード販売など

2021-01-25

クオカード貰う機会多いけど使う場所がない

現金持ちたくないか金券ショップで換金もしたくないし、松屋とか富士そばで使えないのが残念

2021-01-21

anond:20210121171138

クオカードでも言われたことはないけど(そもそもめったにそっちにしないが)

まぁ、もらえるものはもらうし、うーん。もうちょっと工夫してとはおもうバレバレやろwww

anond:20210121171040

わざわざクオカードのない高いプランとか、めんどうはめんどう。さすがにクオカードはみたいな。とはいえ違うやり方はするけどな

2021-01-16

anond:20210116110312

クオカードを私用に使うのはグレーではなく黒

ポイントカードクオカードは違います。どこが違うかと言うと、まずポイントあくまでもポイントであるのに対し、クオカードは「物」に値するものです。ですので、これをなんらかのカタチで自分の懐に入れるとなると、これは横領になります。つまりポイントカードを私用で使うことがグレーだとしたら、クオカードを私用で使うのは黒です。

例えば地方出張などの際、1泊8000円のホテルに泊まると、3000円分のクオカードプレゼントしてくれるようなところもあります。実質5000円で泊まれるところを8000円で宿泊し、会社に経費として請求し、残額の3000円を懐に入れるということですから一般的企業でしたら懲戒相当だと思います

2020-12-08

昔の景気は何故どうして良かったのか

1990年代音楽PVを見てても、短いカットのために海外撮影をしていたり、途方もないお金の使い方をしているように見える。

CMを見たってめちゃくちゃ金がつぎ込まれてて、現代にはない金の匂いがする。

そんで何でそんなに景気が良かったのか全く読めない。

すごく単純化して言えば、円高から投資って流れで説明されるけどさ・・・当時の日本って外貨が稼げるほど何か輸出できたの?

朝鮮戦争の影響で産業革命的なもの日本で起きた結果だって聞いたけど、1950年からの影響がバブルに影響するものなの?

バブルが弾けた経験があるんだからバブル前の景気を再現できればいいと思うんだけど、なんでそれしないの?

いやむしろ今の株価って何で支えられてるんだって話じゃない?

原油高が株価に影響するのは中東オイルマネー日本投資するからって聞いたけど、そんな日本って投資したいほど優秀?

オリジナルクオカードなんてもらっても使えないだろうし、そもそもオリジナルクオカード作ってる時間と金があるなら配当に回せよって思うけど。

電子マネーとか言ってる時代に、どれだけの会社クオカード配ってんだよって思うよね。

IT技術世界を変える!とか言っておいて株主優待が「お米券」ってアホかと思うわ。

本気で困るのはポイントで好きなギフトを選べるあれね、正直ゴミみたいなクオリティしかないし、あんなの中東の人たちいらんやん(イランちゃうで)。

配当もしょぼい、自社株買いも頻繁にしない、今後の伸び代もない、日本株に中東投資したいと思えるほど魅力はないと思うんよね。

新興企業も「アフィリエイト」ばっかじゃん。

アメリカユニティみたいな会社って出てこないじゃん、日本って。

なおユニティは$84くらいの時に「こんなん将来性の塊しかないやん。こんなんゲーム開発の世界を変えるもんやで」って思って沢山買っといたのでウハウハです^^

こんな夢のある会社日本にないやん?なんで外国人日本株を買いたがるん?

話を戻すけど、なんで昔はそんなに景気が良かったの?

オフィスばんばんタバコを吸って、飛行機でも新幹線の中でもタバコ徹夜して仕事とか非効率的と言わざるを得ないのに今より景気良かったじゃん?

何でなん?

2020-10-10

10日出張行くんだがgotoでの差益の扱いはどうなるんだろう

法務的にはスルーしてるのか気付いてないのか

在宅勤務に通勤手当が無くなる分光熱費通信費用の在宅手当がついてたり新しい生活様式対応してるからgotoの割引き差額や地域商品券の扱いも定義しそうだな

クオカード付き宿は駄目だと言われたしな

つーか在宅勤務は労務管理が出来ないか残業代は出ないというルールに在宅手当入れる案で誤魔化されてる気がするんだが

普段から36協定跨ぐのに在宅勤務したからって定時終わりは有り得んぞ

新しい生活様式の在宅勤務が体の良い残業代支払い及び労働時間改正回避策に使われてるわ

なんか考えたらイライラしてきたぞ

2020-09-25

anond:20200925150621

これ、普通だったら先に1000円を処理して、残高300円の500円クオカードを返さないか

どっちでも一緒なんだけど、カードの額面と残高の差が少ないほうがきれいだと思うんだが。

結果も工程も同じなんだから

1000円を先に処理するのも、500円を先に処理するのも正解じゃない。

どちらを優先して使うかって判断するだけ無駄なんだからランダム順で処理するのが正解。

自分のこだわりでどちらか残してほしいならそう伝えろ

クオカードの使い方

さっきコンビニで1200円の買い物して、1000円と500円のクオカードを出して支払ったんだ。

そしたら500円のほうを先に処理して、残高300円の1000円クオカードを返されたんだ。

これ、普通だったら先に1000円を処理して、残高300円の500円クオカードを返さないか

どっちでも一緒なんだけど、カードの額面と残高の差が少ないほうがきれいだと思うんだが。

2020-09-17

婚活帰りにBL漫画を買う

日曜日婚活パーティーに行ったのだけれども、残念ながらマッチングしなかった。仕方がないことだけれども、こちらが気になった人に選んでもらえなかったのはちょっと寂しい。そういうわけで、繁華街ツタヤ漫画でも買って帰るつもりで足を運んだ。

本当だったら地元有隣堂で買うつもりだったのだけれど、持っていた歴史の本は読み終えてしまっていて、帰りの電車で手持ち無沙汰になるのが嫌だった。ついでに、部屋を掃除して見つけたクオカードを使いたかった。残念ながら、ツタヤではクオカードが使えなかったけれども。

買ったのは中村明日美子短編集で、2冊買ったから、日曜日の帰りの電車と、昨晩の仕事帰りに分けて読んだ。この人はまず絵がきれいから額縁に入れて飾っておきたいし、BLGLも、感情がこじれてもお互いが本当に好き合っているのが感じられて素敵で、シリアスコメディもうまくて、芸風が広い。何度読んでも飽きないし、いつの間にか全部のコマを覚えてしまうくらい読んでしまう。私の漫画の読むときはこんな風に短篇集を何度も読み返すことが多くて、本棚漫画の数はそれほど多くはない。そもそも私の主食活字で、漫画はおいしい食後のデザートみたいだ。なぜかあまりたくさんは読めなくて、お腹いっぱいになってしまう。

で、中村明日美子作品を読んでいると、好き、以外の感情がなくなってしまう。わかりやすい話のときも、平凡さを感じさせないのはなぜだろう。起承転結テンポの良さ、箸休めギャグのせい? 絵が美麗だからそこに入り込んでしまっているから? 言葉にすると、なんだか普通のことでしかないようだけれど、普通のことを当たり前にやるのは創作では難しい、と元文学サークル所属の私は思う。

童話翻案も素敵だ。あまり上手じゃない人が童話翻案すると、全部似たような話になってしまうのに、中村明日美子はそんなことが全然なくて、切り口が私にはとても思いつけない。昔、兼部していた合唱サークルで、結局そことは喧嘩別れをしてしまったのだけれどもそれはさておいて、合宿で学年ごとに寸劇を出し物としてやることになった。でも、どの学年も童話パロディで、凡庸だな、ってがっかりした(この感想にはきっと恨み言が混じっているから話半分に聞いて欲しい)。でも、この人の作品には全然そんなところはない。

読み通すと、美術館でだらだら、ぼんやりしたような幸せな気分になれるので、とにかくおすすめしたい。六本木でやっていたミュシャ展がすごくよかったときも、この間の浮世絵展も、こんな感じだった。だから、最高の帰りの電車だった。

ところで、結局使えなかったクオカード、何に使おう? また婚活頑張ったらご褒美にしようかな。

2020-09-02

気温が高い日や炎天下の中、たった1つの弁当を届けてもらうの

申し訳なさ過ぎて注文をためらうんだけど

でもメニュー的にとても食べたい…

でもわざわざ私1人の為にこんなとこまで…

600円の弁当から売り上げもほぼ無いだろうに

車(たぶんバイクだろうけど)で10分強の距離を…

と考えてしまって結局注文時間間に合わずを何度も繰り返している

最初の頃に遅めに注文連絡してたらそのうち早めに注文連絡しても

「このお客さんは遅めがいい」てインプットされたらしく

全然早くてもいいので!と言っても遅めに配達してくれるようになり

遅いと日が高く余計に暑いだろうに申し訳なさすぎる…

今度配達に来た時に何か冷たい飲み物とか渡した方が良いんだろうか

とか考えるけどタイミングが難しい…

店頭でも弁当販売してるらしいからこっちから店頭に買いに行きたいけど

売り出す時間にはもう出勤してしまっていて昼時間に行くには電車使っても往復30分強…

年間契約させて欲しい

年間契約する代わりに毎回出勤時に店頭受取させてもらえれば…

でなければ配達料として100円上乗せさせて欲しい

けど余分にお金渡すのは失礼にあたるだろうか…

クオカードとか用意しようか…

会社入り口で押し問答するのは相手にも悪い気がする…

あーまた太陽出てきた…今日メニューとても魅力的だったんだけどな…

2020-07-18

anond:20200718151349

なにいってんだおめー。

クオカード使えばその場で100%還元だろうが。

これ以上高い還元率があるのかよ。

クオカードが使えない

なんか知らんがクオカードをもらうことが立て続けにあった。

日々の決済では1パーでも還元の良い方法を選ぶことを信条にしている

クレカLINE Payを使っており還元ポイントは貯まる一方だ。ポイントで払うとポイントつかないし)

ので、クオカードは使えるけどクレカは使えない、という状況にならない限り、クオカードの出番がない。

金券ショップで売ってしまうかとも思うが手数料が惜しい。

識者の見解を求む。

追記

からLINE Payポイントも使えてないって書いてるでしょうが企業倒産して使えなくなる、あるいはクオカード廃止になる可能性はあるが、同じ物を買うならクレカ還元キャンペーンが無くなる時までクオカードを使うタイミングは来ないのだ。

2020-07-11

anond:20200711093727

薄い本は売るものではなく配るもの

以前増田クオカードつけてくばっちゃダメかなってのが来てたわw

2020-06-17

昼飯タダ期間

キャンペーンでもらったPaypay15000円分のポイント

先月くらいから、昼飯はコンビニ弁当を買って残り2904円。

このまえ実家に帰ったら親が、5千円クオカードを俺に見せて「どこでもらったか覚えてない」「これなに?」。

コンビニとかで使えると教えても、よくわからんと俺にくれた。

それと合わせても、昼飯がタダ期間は来月の頭くらいで終わりか。

2020-05-26

バイト日記

ステイホームの時期だろうがコンビニ平常運転だったので、普通に粛々と勤めていたが、そしたらボーナスをもらえた。クオカードで……。

2020-02-20

株主優待を無リスクで手に入れる方法

というのがあるらしくて調べたら、つなぎ売りとかクロス取引というのをやるらしい。

で、つなぎ売り方法楽天証券解説されていたんで読んだら、手数料が500円以上かかって、配当金20%相当もとられるらしい。

これで、1000円のクオカードやら、2000円の商品券もらっても手間の割には額が少ないよな。

100万円の資金で、この方法で利回り5%くらい稼いでるって言ってる人も見たけど、どうやってるんだろう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん