「OC」を含む日記 RSS

はてなキーワード: OCとは

2020-05-04

anond:20200504131823

オレも毎日は食べないが、サブウェイとTOKYOUSOUPSTOCKとローテなら毎日でもいい

あ~~おされフード食べに行きたいなー

2020-03-31

anond:20200331133912

OCもさすがに2度の延期は認められないと思う。

2021年に開催する代わりに、競技を400メートル走だけに絞る。

しかも、その400メートル走は、各選手の国の競技場で行う。

それぞれの国で個別競技を行い、残せた記録でメダルを与える。

リモートワークならぬ、リモートオリンピック

新時代オリンピックのあり方が始まる。

2020-03-25

anond:20200324015128

横断歩道で寝っ転がっているが起き上がれず「オコシテ…オコシテ…」と泥まみれのワニでOCOSITEコラボの尻相撲大会開催

2020-03-24

OC委員国際体操連盟会長を務める渡辺守成氏(61)が本紙に「今秋開催」のメリット提言国際競技連盟(IF)のトップとして正式にIOC提案することも明かした。実現すれば当初の夏開催より理想的、すべての問題解決する最高の結末となるはずだが…。


ヤバい奴が出てきた。

anond:20200324164354

IOC「(日本勝手に辞退しれくれたら、全部日本責任になるのに)」

WHO「(あのさぁ。こんな状態で開催できるわけないでしょ?君たち空気読んでよ..)」

日本政府「(分かってるけど。うちの都合で開催できないなんて絶対に言えんし・・)」

ぶっちゃけ、中止を決めたら、IOCは免責、WHOは無関係日本政府だけが莫大な損害を被るだけ。

問題は、中止を決めたのに、5月になったらコロナ患者ゼロになって、オリンピック開催が十分可能な状況になってしまった時なんだよ。

ここで初めて、中止の判断が間違いだったと判明し、その間違った判断によって生じた損害は、

判断した組織賠償責任を負う。

WHO「延期は日本政府とIOCが決める」

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3937031.html

IOCWHO勧告に従うとか言ってたし、関係者全員、責任なすりつけあってるな。

やっぱ中止を決めると金請求されたりするのかな。

2020-03-23

anond:20200323134825

その通り。

参加すること、開催することに意義があるのだ。

日本政府安倍さんもJOCも、もっと本気で開催する方向で検討したほうがいい。

anond:20200323125713

それ以前に契約書読んだら日本から破棄する方法が一切書いてないらしい(c)閲子

OCさんがどうするか次第ですね

2020-03-22

anond:20200322090341

新型ウイルス世界的な蔓延なんて誰も想像できなかっただろ?

五輪を開催したいなら、それに対するBプランを用意しておかなければならないというのは、「バカ意見は後から出てくる」の典型

 

後出しがだめなら、宇宙人襲来とかを含めてプランZくらいまで準備してJOC公式に認めさせないとな。

2020-03-12

[B! 小池百合子] 小池都知事「東京五輪中止はあり得ない」 TBS NEWS

内心がどうであろうと「ありえない」と発言することが知事にとっての大事なおしごと。

中止とか絶対に言えるわけない。そういう立場の人でしょ。IOCJOC日本政府が中止or延期を求めてきたときまで「中止はあり得ない」と言い続ける。ヒントはマラソン札幌開催の一連の流れ

これこれ、私はこの視点を持ってなかった。

酷暑のドーハ、深夜出走でも棄権4割超 女子マラソン - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

から、深夜スタートドーハ女子マラソン棄権者が多く出たのをきっかけとして、五輪マラソンが少しでも暑さの抑えられる札幌に変更になったとき

あ、そこ折れちゃうんだ?って思った。誰が何を言っても無駄って雰囲気だったのに。

マラソン札幌開催は「決定事項」=IOCコーツ氏が小池都知事と会談:時事ドットコム

小池都知事会談の冒頭で「一生懸命、準備に励んできた。東京で行う気持ちに変わりはない」と述べ、30日から都内で開かれるIOC調整委員会議論していきたいとの考えを示した。

マラソン札幌開催が正式決定 小池知事「合意なき決定」 - 東京オリンピック:朝日新聞デジタル

東京2020オリンピック マラソンコース決定について

実際は知事が折れたっていうか相手側が強行したふうだけど。

このままだと再び同意なき決定がなされるかも。




あとIOCが少しでも小池知事暖簾に腕押しの諦めた対応をして、開催地変更を強行しなかったらどうなったんだろうとかも思ったり。

2020-03-08

コロナショック」で大不況がくる

 危機の出始めにはよくあることだが、ニュースSNSを見ているといまだに妙な楽観論が支配している。4月にはウイルス騒ぎが収束し、日経平均株価は20500円前後で底入れし、間もなく景気も回復するなんてことを言う専門家も少なくない。だが、そんな可能性は万が一にも無くて、少なくとも東日本大震災級、悪くてリーマンショック級の不況が来るのは確実なのだが、企業業績や経済指標などに具体的に反映されないと私たち危機として認識できないものなのだろう。

 コロナショックは、超グローバル社会感染症とが組み合わさった未曾有の事態だが、今後の日本経済で展開されるシナリオ過去経済危機経験からだいたい想像はつく。リーマンショックの時は、金融機関へのショックを起点として、不動産耐久消費財自動車など)→消費財→小売り・外食へとショックが伝播していった。今回は実体経済にまずショックが起き、人とモノの流れが国内的、国際的に滞り、そこからいろいろな過程へ伝播していくプロセスとなっている。

 3月上旬の今、飲食店ホテルテーマパークスポーツジムイベント旅行業ホテル百貨店といった個人消費分野がすでに深刻な打撃を受けている。

 また、世界製造業の中枢である中国工場稼働停止が、各国の製造業サプライチェーンに深刻な影響を与えている(これは早晩正常化するだろう)。

 これから何が起こるのか。年内ぐらいでありそうないくつかのシナリオについて、整理したものを書きおこしておく。

 ●リーマン・ショック時の「トヨタ・ショック(2008年11月下方修正)」のような、代表的企業の業績下振れショックが3月下旬~4月末の株式市場を直撃する。

 ●個人消費の縮小に続き、春先から企業投資にもブレーキがかかる。機械受注民間建設受注の前年比マイナス幅が大きくなる。また、広告出稿量も低迷する。

 ●4月初め、歓送迎会シーズンなのに居酒屋ガラ空きの映像テレビに流される。

 ●金融円滑化法が事実上復活したにもかかわらず、中小旅行代理店飲食店旅館イベント会社倒産が前年比で急増する。加えて、さらに図体の大きな業態(空運会社など)でも信用危機が取り沙汰され、金融界に緊張感が高まる

 ●インバウンドによって支えられてきた地方経済の困窮ぶりが併せて問題になる。貸し倒れ懸念の高まりとともに、ただでさえ暗かった地方銀行の先行きがさらに暗くなり、再編機運がいっそう増す。

 ●東京五輪の中止か延期をIOCが発表する。もし予定通りの開催となったにしても来訪する観客数は想定を大きく割り込み旅行ホテル業界が目論んでいた2020年下半期の回復シナリオが完全崩壊する。

 ●日経平均株価が15000円を意識した流れへ向かう中、株価買い支えてきた日銀GPIFの含み損批判の目が向けられる。

 ●「派遣切り」が相次ぎ、派遣労働者活動が落ち込む。相前後して鬼女板が往年の勢いを取り戻す。

 ●夏のボーナス支給額の大幅減額が話題に。

 ●「餃子の王将」「マクドナルドブームが再来する、既存売上高の前年比増加率が2桁を超える月が続く。

 ●ホテル建設中断があちこちで起きる。五輪の見込みが外れ、今やホテルは完全に供給過剰になり、経営悪化に耐えられなくなった事業者の中から、手元資金確保のためのホテル物件投げ売りが起こる。そのいくつかは財務基盤の厚い財閥系デベがマンション用地としてハゲタカのように拾いあさっていく。

 ●もともと薄氷を踏むようだった構造不況業種も、リストラ業界再編の動きを一段と加速させる。例えば、百貨店百貨店への出店を主とする従来型アパレル三陽商会オンワード)。

 ●10月臨時国会では、インバウンド依存経済功罪議論になるとともに、巨大な補正予算が組まれ、消沈するインバウンド需要の埋め合わせを財政で行おうとする。消費減税や、疲弊する地方の振興、特定市場への振興策などが景気対策の玉として注目される。

 ●景気刺激策として政府は新たにどんな市場を振興したがるだろう。これについては予想がつかない。ただ、リーマンショック時はエコカー補助金家電エコポイントとして実現された。自動車や電機業界のロビーイング能力は今回も健在だろう。

 ●大胆な財政金融政策パッケージによる景気回復を前面に打ち出したドナルド・トランプの再選が決まる。

 ●安倍晋三4選への道が険しくなる。この道が絶たれた場合政権レームダック化するため、「ポスト安倍」に向けた自民党各派、公明党野党の動向が2021年政治の焦点となる。

以上の予想シナリオほとんどは検証可能。なので、状況が分かり次第、当ページの答え合わせをするつもり。

2020-03-03

ワールドワイドオリンピック構想

東京での開催は絶望的になった。

無観客試合をやろうとしても、観客が集まってしまうことが東京マラソンで判明したからだ。

4年に1度というオリンピック精神の元では、1年延期もありえない。

そこで、IOC提案したのは、競技別にいろんな国の小さな会場で小さなオリンピックを開くことだった。

開催期限は2020年末までで、優勝者にはもちろんオリンピック金メダルが授与される。

人気競技は、放映権を持つスポンサーの多いアメリカの各地で開催されたが、

それ以外の競技はいろんな国に散らばった。

オリンピック開催とは無縁な規模の小国でも開催地となったところもあったり、

無駄施設づくりをせずに済ませられたりと、メリットが目立った。



その結果、2020年以降はこのスタイルで開催されるようになった。

2019-11-07

anond:20191107103209

まあ小池知事は結局文系の頭悪い古い人間ですわ

築地しろ公約満員電車解消etc)にしろ

表面だけきれいにとりつくろってうやむやになるのを待ってるだけ

衆愚政治東京につきあわないIOCは理性があるよ

 

理系からみたら絶対おかしいもん

・人工雪はヒートポンプでつくってる。同じ東京都内に余計な熱を吐き出すだけ。

築地の地下は立てる前に最初から監査いれとけ 強引に立てるって決めておいて半分立ててあとから引き返すのなしだろ 

満員電車 世界一正確なJR相談してから言え、東京都民を減らす方策しかないってわかったら黙った アホか

2019-11-05

札幌開催に陸連強い怒り「死ぬまで心から消えない」 - 五輪・一般ニュース : 日刊スポーツ

これ

東京都小池知事は4者協議の中で「あえて申し上げるならば、合意なき決定だ」と述べました。

マラソンと競歩 札幌実施へ IOC最終決定 都「合意なき」 | NHKニュース

この流れを受けて会見前に『「怒り」を表明しなければだめだよなやっぱ・・・でどうやって?』みたいなやりとりあったのかな。


会見の機会とかありえないんだけど自分なら

怒りに「恨み」をまぶすのは近しい人が死んだとき、殺されたに等しいときくらいにしとこうと思った。

anond:20191105162512

思わないね

気象データも一緒に提出しているし、それをみてIOCはOKしたんだから

2019-10-27

anond:20191027205036

OC「死にそうだとマラソン選手が怯えておる、札幌にしてくれ」にたいして

知事努力はしたんだから東京のまま」

ってなんの理由づけにもなってないよなあ

その努力気候においついてないって話してんのに根性論もいいとこw

あれは人死でても責任とらない態度じゃないといえないなあとおもったわ確かに

あさ3時スタートとかそれはそれでさあ・・人間の日周期とか無駄だよねえ~

神戸のどうしても小学生危険ピラミッドやらせたい教育委員会を思い出したわ

責任とりまっせ~~~ん スポーツするときだけスーパーマンに変身すればいいでしょ~~^w^

2019-10-26

小池知事 マラソン競歩 東京実施意向OC側に伝える

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191025/k10012149771000.html

無能のくせに体面だけは守りたいか反論したフリ。これにまた時間コストがかかる。

最初から無駄と分かってるサマータイムを“検討したフリ”するのにどれだけかかったのか忘れたのかと。

2019-10-18

anond:20191018183646

小池百合子

本日、私はマラソン北海道で行うという大英断をいたしました。

これからOC/JOCの皆様を説得し、開催に漕ぎつけられるよう、鋭意邁進してゆく所存でございます

選手ファーストモットーとする小池をどうぞご支援くださいますようお願い申し上げます。」

・・と、小池百合子が賛辞を受けるはずだったのに、一瞬の差で森に出し抜かれた・・・と?

2019-10-16

東京五輪マラソン札幌で開催か IOC猛暑懸念

このニュースだけど、JOCとしては、マラソン札幌開催にするという前例を作ってしまうと、

他の競技も一斉に涼しい地域に移せと外圧が掛かることを一番恐れているんだよね。

しかも、他地域開催にしたらボランティア動員も一からやり直し、ホテル確保もやり直しで莫大な損害が発生する。

から絶対にJOC札幌開催には反対する。

2019-09-30

anond:20190930203201

選手はそうかもしらんけど、熱中症リスクがあるのは選手だけじゃないから。

 

特に観客で死者が出たら安全管理責任は?てなる。

これだけ熱中症死の危険があることを指摘されていながら事故を防げなかったら明らかに過失でしょ。

予見できなかったと言い訳するのは不可能だし。

もし自分被害者の遺族だったら国とJOCを訴えるよ。

可能なら責任者刑事罰を求めたい。

 

危険だとわかっててやるなんて、飲酒運転と同じじゃないか

2019-08-23

*スコッチ真相安室赤井確執について

 『名探偵コナン』に登場する、安室透、赤井秀一。私も含めて、安室赤井はいつもケンカしているようなイメージを持つ人が多いのではないか?たまに「この2人なんで揉めてるの?」という声を聞くこともあるし、実際2人(とスコッチ)の関係性について整理しきれていない人もいるだろう。

 そこで今回は、スコッチ真相安室赤井確執について整理・考察をしてみた。

 ちょっと検索してみれば分かるのだが、「安室赤井因縁について」のような考察は正直かなりの数が書かれているが、今回は、“自分なりに”スコッチ真相安室赤井確執について整理・考察をしてみた。

あの日、何が起きたのか

(一部を除き原作描写はないが、起きたであろう出来事も含む)

組織スコッチNOCだという情報を得る?

時系列不明

スコッチ

持ち物:スマートフォン

組織NOCだと知られたことに気付く?

バーボンメールを送る(「悪い降谷…奴らに俺が公安だとバレた…逃げ場はもう…あの世しかないようだ…じゃあな、零(ゼロ)…」)

・逃げる?

ビル屋上にたどり着く

バーボン

持ち物:スマートフォン

スコッチからメールを読む

スコッチを追いかける

【ライ】

持ち物:拳銃

・「スコッチ組織NOCだと知られた」という情報を掴む?

スコッチを追いかける?

ビル屋上にたどり着く

スコッチ、ライ】揉み合いになる?

(ここから原作描写があることのみを挙げていく)

スコッチ】投げ飛ばされたフリをして拳銃を抜き取る

【ライ】  拳銃を抜き取られる

スコッチ】ライに銃口を向ける

【ライ】  自分を撃たないよう説得しようとする(「俺を撃つ前に話を聞いてみる気はないか?」)

スコッチ銃口自分の胸に向ける(「拳銃はお前を撃つために抜いたんじゃない…こうする…為だ!!」)

【ライ】  リボルバーシリンダーを掴み、自殺を止めるよう説得。「俺はFBIから潜入している赤井秀一…お前と同じ奴らに噛み付こうとしている犬だ…。さぁ、わかったら拳銃を離して俺の話を聞け…お前1人逃がすくらい造作もないのだから…」

スコッチ】返事はするものの、この時点で拳銃から手を離していない

バーボンビルにたどり着き階段を駆け上がる

【ライ】  足音に気を取られリボルバーから手を離す

スコッチ】ライが手を離した隙に拳銃を発砲、自決する

【ライ】  スコッチの胸ポケット心臓ごと打ち抜かれたスマートフォン発見(「なるほど…拳銃を奪ったのは…コレ(=スマートフォン)を壊すためだったのか…」)

バーボン屋上にたどり着く

【ライ】  振り返り、一言言い放つ。「裏切りには…制裁をもって答える…だったよな?」

バーボンスコッチ遺体に駆け寄る(「しっかりしろスコッチ!!スコッチ!?」)

【ライ】

心臓の鼓動を聞いても無駄だ…死んでるよ…」

拳銃心臓を…ブチ抜いてやったからな…」

「聞いてないのか?そいつ日本公安の犬だぞ…」

バーボン認識

スコッチ拳銃自決。ライが拳銃を渡し、自決強要した。そしてライは周りに「自分が殺した」と嘘をついている。

自分で引き金に親指をかけ、自分を撃ったという事…」

「アイツに自分拳銃を渡し…そうさせたのは赤井秀一…あれ程の男なら自決させない道をいくらでも選択出来ただろうに…」

結論

 先にこの考察での結論を出しておく。

スコッチが死んだ原因は拳銃自殺

・誰が悪いかと聞かれれば3人全員に落ち度があると答える

しかし、ごくまれに見かける「ライのミスを一切認めない(無視した)考察」には異議を唱えたい

・「現在安室赤井共闘できないのは安室の憎しみのせい」という主張にも異議を唱えたい

・「赤井は優しいかスコッチの件について黙っているんだ」という主張にも異議を唱えたい

以上だ。ここから細かく書いていく。

捜査官」として、「人」として

スコッチメールを送る

 もしスマートフォン破壊に失敗していたら、芋づる式にバーボンにも危険が及ぶことは明白だ。最期メールを解析され、誰に送ったのか調べられてしまえば降谷は本名スコッチとの関係本来所属組織全てが分かってしまう。降谷だけでなく、兄・高明や伊達はじめ同期全員の危機否定できない。潜入捜査官として、遺言めいたメールを仲間に送ることは推奨される行為ではない。

 しかし、最期親友遺言を残したことを一体誰が責められるのだろうか。一人の人として考えてみて欲しい。

 さらに考えてみると、スコッチは、メールを送れば幼馴染みで親友バーボンが駆けつけてくることは予想できていたのではないだろうか。そうすれば現場第一発見者はバーボンになる。壊れたスマートフォンを見て意図理解してくれる可能性も高いし、現場いくらでも都合の良いようにごまかすことができる。組織がどういう制度をとっているのか分からないが、ジンラム、あの方、ベルモットなど比較的力のありそうなメンバーに「スコッチを殺したのはバーボンだ」と進言すれば、実績を評価してもらえるかもしれない。少なくともマイナスに働くことはないだろう。

 スコッチは、これを狙っていたのではないか?未だ真実は語られないままだが、気になるところである

バーボン自決現場に駆けつける

 明らかに動揺しているバーボン現場に現われることは、「バーボン」にとってマイナスに働く可能性が非常に高い。スコッチと同じ、NOCの疑いを掛けられることもありえる。バーボンに降りかかる疑いによって捜査打ち切りになってしまっては元も子もないと考えると、潜入捜査官として褒められた行為ではない。

 こう見ると、捜査官としてのバーボンミスは、「足音を立てたこと」ではなく「スコッチ自決現場に駆けつけたこと」なのではないだろうか。

 しかし私は、人として、「親友最期に駆けつけたことは間違いではない」とここに断言する。

 エレーナ及び宮野家との思い出や、松田に学んだ爆弾解体のやり方、返せなかった伊達メール原作映画スピンオフそれぞれで少しずつ描写される降谷の友人(恩人)想いな一面を鑑みるに、スコッチメールを受けてそこで動かないのは降谷というキャラクターではない。

 スコッチ同様、親友ピンチに駆けつけたことを誰が責められるのだろうか。

(余談)

 よく「スコッチ自決の原因」と言われる「バーボン足音」について考えてみる。

 私は、「バーボン足音」は「ライが拳銃から手を離した原因」になっただけであって、「スコッチが死んだ原因」ではないと捉えている。果たして、「この音を聞いたら死ぬ」という足音を立てられる人がいるのだろうか?マンドレイクじゃあるまいし、足音じゃ人は死なないということを思い出して欲しい。

 「バーボン足音を立てなければスコッチは死ななかった」という意見もたまに見かけるが、バーボンだけ忍者の素質を求められているのだろうか?

【ライ】スコッチ自決現場にいる、身分を明かす

 ライがスコッチを助けに行ったことは、潜入捜査官としてあまり正しい行為だとは言えない。スコッチと話しているところを誰かに見られてしまえば、ライまでNOCの疑いをかけられる可能性があるからだ。ライはFBI捜査を優先しなくてはならない。他国捜査官のために自らの任務をおろそかにしてはいけないはずだ。

 しかし、ライがスコッチを助けようとしたことは人として間違った行いなのだろうか。

 2人の間にどれほどの交流があったのかは明かされていないが、ライはスコッチに対して「お前はここで死ぬべき男ではない」と評している。少なくとも実力や人格を認めているととれる発言だ。組織という巨大な敵に立ち向かうにはスコッチの力が必要だと考えていたのかもしれないし、個人的な信頼があったのかもしれない。やはりこれも作中で語られていないので分からないが、「他国捜査官」という領域を侵してまで助けようと考えたのだからスコッチのことをそれなりに信用していたのではないだろうか。そんな人物のために手を貸そうという考えを、やはり責めることはできない。

(余談)

 捜査官としてライがスコッチを助ける「義務」はない。

ごくまれに、「ライは義務もないのに助けに行った。だから感謝されることはあっても憎まれる筋合いはない。」という言い分を見かけることがある。

 しかし、「スコッチがNOCだった」という一報(仮定)を聞き、真っ先に現場にたどり着いた上自決を止めようとしている時点で「助ける義務はない(だから非はない)」とは言えない状況になっている。ものごとに介入した以上は当然責任が発生するのだ。

 スコッチを助ける義務がないなら現場に行かなければ良かった話だが、当の赤井本人がお得意の「領域エリア)」を振り切ってまでスコッチ自決に関わりにいっている以上、通用しない言い分である

(余談)

 「拳銃を奪われたこと」と「拳銃から手を離したこと」は確実にライのミスだ。拳銃を奪われ、一度は止めるも手を離すというライが犯した2つのミス無視して語ることは出来ない。

 バーボンもライも「どちらも悪く、どちらも悪くない」といえる状況だが、ライのミスが大きかったことは事実だ。「スコッチバーボン足音のせいで死んだ」等、ライの過失を無視してスコッチ自決について語ることには大きな違和感を覚える。

赤井秀一の嘘

赤井は降谷の誤解をとく気がない

 ライが自決現場でとっさに嘘をついたのは、スコッチ自決を利用するためだと思う。バーボンNOCだと知らなければそれは自然判断だ。もしかすると、「スコッチの死を無駄にするわけにはいかない」とさえ考えたかもしれない。

 しかし、バーボン公安からNOCだと知った今もなお真実を隠していることは褒められる行為ではないと思う。そして、今も隠し続けている(真実を話す気が全くなさそう)のは何故なのか、私には皆目見当もつかない。赤井・降谷双方にとってのメリットが何も思いつかないからだ。

 また、赤井が、日本からの潜入捜査官(スコッチ)の存在を知っていてFBIチームメイトに報告していないことは、FBI側の捜査の妨げになっている。さらに、拳銃を奪われたことに関する報告も怠っているので、

現状「スコッチに関する一連の出来事」について赤井が口をつぐんでいることは、赤井意図的に自分ミスを隠しているように捉えられてもおかしくない。

(余談)

 赤井は、スコッチの件を「優しいから」「安室が傷つくと思って」隠しているわけではないと思う。父親真相を知りたくてFBI入りしている赤井が「真実が見えないこと」の苦しみを知らないわけがいからだ。本当に「優しい」なら事実を全て話すか、今は話せないのだとしてもせめて話そうとする素振りくらいは見せるのではないだろうか。

 「安室が傷つくと思って」に関しては、そもそもこの主張にやや違和感を覚える。

真実を話したら安室が傷つく→「“真実”の中に安室が傷つくような出来事が含まれている」と赤井認識している→「足音のくだりを聞いたら安室は傷つくだろうな」と“赤井が”考えている

 つまり、この主張は「『安室足音のせいでスコッチが死んだ(だから真実を聞いたら安室が苦しむだろうな)』と赤井が考えている」と言っているも同然だ。

 「赤井秀一」は、自分の落ち度を棚上げして他人なすりつけるキャラクターなのだろうか?私は疑問に思う。

降谷零の憎しみ

降谷は、赤井が嘘をついていることに気付いている

 赤井たちFBIには違法捜査事実があるので、「安室スコッチ自決までの課程を知る=安室透と赤井秀一和解共闘」という図式は本来なら成り立たないはずだ(漫画の都合で最終的に共闘することになるとは思うので、濁した書き方をしておく)。

 もし、安室親友の死の真相を教えてもらうことで、FBIによる数々の違法捜査をチャラにすることがあったとしたら、その行動こそ「私情」であり「狩るべき相手を見誤」っていることになるだろう。

FBI違法捜査については「名探偵コナン赤井秀一に関する考察」に簡単にまとまっているので読んでみて欲しい。私はこの考察に影響されて筆を執った。)

ちゃんと表示できているか心配だ…。もしできていなかったら増田の中を探してみて欲しい。

名探偵コナン・赤井秀一に関する考察

 そもそも赤井安室が「共闘できない・しない」のは2人の因縁が原因なのではなく、(日本側がFBIに協力を要請する必要性が見受けられない以上)FBI日本側に協力を申し出ないせいなので、「対黒の組織における共闘」と「スコッチに関する一連の出来事」は全くの別問題だと考えるべきだ。

 さらに、ライはスコッチの死を利用して昇っていったが、NOCだと露見し早々に離脱した。しか特に情報は得られていない様子(「ジン仕事する」という報告をFBIに入れているが、結局会えていない。ラムのことも知らない様子。)なので、降谷の怒りも納得できる。

諸伏景光覚悟

 もし、スコッチがライ(FBI)の手を取っていたら、今のキールのような扱いを受ける可能性が高い(キールの現状についても、前述の増田を読んで欲しい)。

 キールの扱いとまではいかなくても、保護する代わりに情報提供を求められてもおかしくない。FBI立場から考えると、他国捜査官をわざわざ保護するのだから見返りを求めて当然だ。「公安には情報を流さず、FBIだけに提供しろ。さもなくば赤井手土産として持たせて組織に送り返すぞ。」という条件がつく可能だってある。

 搾り取るだけ搾り取った後、日本に対して「あなたの国のスパイがいました。これ、どう落とし前付けてくれるんですかね?」なんて言って外交カードに使われることだってあるかもしれない。親友の降谷だって当然危ない。

 ライがの身分を信じられなかったという可能性もある。今まで組織メンバーだと思っていた人間が突然「お前と同じで俺もスパイなんだ」と言ってきても、素直に信じる人はいないだろう。油断して口を滑らせる作戦かもしれない。むしろ疑ってかかるべきだ。

 実際あのビルでは、「ライと協力して足音の主を迎え撃つ」という選択肢もあったが、スコッチはそれをしなかった。優秀な捜査官らしく、ライを疑うことにしたのかもしれない。もしくは、申し出を信じた上でFBI保護されることを拒んだとも考えられる。

 もしくは、「目の前のライを殺して足音の主も制圧する=とにかく逃げる」という選択肢も思いつく。これについては、ライが身分を明かしたことによって、結果としてスコッチを脅すことになっている。

 スコッチはライ=FBIだと聞いてしまった。それが嘘なのか本当なのかを見極める方法も余裕もあのビル屋上にはなかった。

 もし身分が嘘で、ライは組織人間なのだとしたら、「ライと足音の主を両方制圧する」は特に問題のない選択だ。

 しかし、上述の通り「スコッチは『ライ=FBI』の可能性を考えてしまった」。真実だと確信する方法はないが、フェイクだと確信する方法もない。スコッチはこう考えた可能性もある。

「ライがFBIだと知っていて、ここで危害を加えたら国際問題になるかもしれない」

 もしこの場に録音機器や盗聴機器が回っていて、「ライがスコッチ身分を明かした」という事実が誰かに知られていたら?

 この場を上手く切り抜けても、後から日本の諸伏捜査官は、赤井捜査官がFBI人間だと知っていて手に掛けた」なんて抗議が来たら?

 …ということを素人の私でも思いつくのだから、もちろんスコッチも考えたはずだ。

 自分の命と引き替えに、今まで身を削って手に入れた情報他国に流すのか…?自分存在日本不利益になるかもしれない…。兄や親友危険が及ぶかもしれない…。自分が原因で他国に弱みを握られたら…?

 スコッチ自決によって守られたのは家族や友人だけではなかった。スコッチ自らが日本にとっての「危険カード」になってしまうことも防いだのだ。

 「公安としての冷静な判断」と「家族親友を守り抜く決意」の両方を持った、諸伏景光覚悟を感じる場面だった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん