「トム・クルーズ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: トム・クルーズとは

2022-08-11

anond:20220811045039

例えばトム・クルーズが「私は黒人です」と言ったらどうなるだろう?

2022-08-08

anond:20220807071343

おれっちトム・クルーズなんやけど、アイズワイドシャットを見に行くのはさすがにマズいな

2022-07-27

anond:20220727164403

キリスト教知らないと海外映画を完全には楽しめないんだなと分かったよ。

カエルが急に出てきたときポカーンとしてしまった。

みんな大変だな、共感はあまりしないけどっていう感想が先に来ちゃった。

封切り当時に観た人は楽しめたのかもしれないけど、評判がいいということを知った今観ると、そんなに良いものなのかなと言う感じ。

トム・クルーズの情けない姿を見られるのは良かった。やっぱいい俳優さんなんだな。

2022-06-25

人生は繰り返しである。その繰り返しの中で最適解に到達することで新しいステージへと移り、その新しいステージで再びルーティン発見して、そのなかで新たな最適解を発見して……とこれもまた繰り返しになる。

トム・クルーズが主演で日本小説原作となった死んで覚える映画のわかりやすいところは

最適解に到達しなければ、死ぬ、ということだ。

死ぬ死ぬことの痛みを伴いつつリセットされて再びスタートへと戻る。

すなわちそのゲーム参加者は失敗したことを知るのである

 

我々が生きる、この繰り返し世界映画の中でメタファーとして描かれる繰り返し世界との相違は

1.全く同じ時空の繰り返しではないということ。

2.失敗か成功か?が明確ではないということだ。

 

1#.現実世界での繰り返しというのは、ほぼ同じように感じるが実際には同じことの繰り返しではない。

しかし、ほぼ同じなので蓄積された経験から改善を図ることは出来る。

 

2#.この部分が難しい。何を持って成功とするのか、失敗と判断するのか、がプレイヤーに委ねられているからだ。

現実世界成功を収める人というのはこの部分がかなり明確でハッキリとしている人たちなのだと思う。

ある解釈では負けだが、ある解釈では勝利とも言える、というような観念的な考えに走る人はなかなか明確な成功をおさめることが出来ないだろう。

 

トム・クルーズ映画のように、

全く同じ繰り返しの世界

死というハッキリとした判定で失敗を知ることが出来るのなら

人生はもう少し明確でクリアーなものとなるのだろう。

 

おなじ繰り返しものでも「恋はデジャブー」のほうがもう少し人生に近いのかもしれない。

主人公はひたすら同じ毎日を過ごすのだが、

そもそもその繰り返しの世界から抜け出す方法があるのかどうか?ということすらわかっていない。

ゲームクリアー条件がわからない、というよりそもそもクリアー(次の日の朝を迎える)出来るのかどうかがわからないのだ。

こういった勝利条件が明確ではないし、解脱(次のステージ到達する)出来るか?というより解脱という概念すらわからないところは現実味が強い。

 

どちらがより優れた映画なのか?はわからないが

より好きなのは「恋はデジャブー」のほうだ。

2022-06-19

トップガンマーヴェリックを観てきた(ネタバレあり)

「おじさんのためのお子様ランチ」っていう評がTwitterで流れてるけどまさにそのとおりだった。以下ネタバレあり。

かいリアリティとかはどうでもいいんだ。

全部乗ってて満足した

トップガンマーヴェリックを観てきた(ネタバレあり)

「おじさんのためのお子様ランチ」っていう評がTwitterで流れてるけどまさにそのとおりだった。以下ネタバレあり。

かいリアリティとかはどうでもいいんだ。

全部乗ってて満足した

2022-06-04

トップガンえっちすぎんか???

あ、今やってる方じゃなくて昔のやつね。

映画プロモーションなのか知らんけど、配信サイトでやたら推されてたか何の気なしにみたのね。

戦闘機とかミリタリーとか全く興味ないけど、全米屈指のイケオジ・トム・クルーズ出世作らしいから、まあ見ても損はないかなって。

そしたら、なに、あの、イケメンパラダイス!!!

男の魅せ方わかりすぎてないか?この監督

もうとにかくえっち過ぎる。

赤みがかったレンズが、筋肉をイイ感じの色味に光らせる。

所作えっち

いちいち顔が近いのも、もうわかってるとしか思えない。

いやーもうほんと素晴らしい。

アマゾンレビューなら間違いなく星5、

といいたいところだけど、飛行機パートがごちゃごちゃしてわかりづらい上に無駄に長いのでー1させてもらって、

星4つといったところかな。

2022-02-05

近未来アメリカでは、事前に犯罪予測犯罪を犯しそうな人物の身柄を事前に確保して、犯罪を未然に防いでいました。

そこで働くジョン(トム・クルーズ)は警察官として、被疑者になり得る人物を確保する任務に就いていました。

しかし、犯罪予測システムのやり方に疑問を持っていた法務局が、ジョン達の職場に立ち入り検査にやってきました。正当性を訴えるジョン達ですが、法務局責任者は厳しく精査します。そんな中、犯罪予測システム未来被疑者としてジョンの名前提示します。

2022-01-30

近未来アメリカでは、事前に犯罪予測犯罪を犯しそうな人物の身柄を事前に確保して、犯罪を未然に防いでいました。

そこで働くジョン(トム・クルーズ)は警察官として、被疑者になり得る人物を確保する任務に就いていました。

しかし、犯罪予測システムのやり方に疑問を持っていた法務局が、ジョン達の職場に立ち入り検査にやってきました。正当性を訴えるジョン達ですが、法務局責任者は厳しく精査します。そんな中、犯罪予測システム未来被疑者としてジョンの名前提示します。

2021-11-09

トム・クルーズってトムとクルーズしたことあるの?

このダジャレフリーダジャレです。そのままお使い頂けます

2021-10-07

anond:20211007095412

いちばん最初トム・クルーズ映画ミッションインポッシブルのシーン(ダブルミーニング種明かし)を思い出した

…ショッパイCGシーン以外はめっちゃ好きなアクション映画なんよアレ😷(冨樫の全3巻マンガみたいで)

2021-10-03

2000年代前半のラノベ実家で見つけたかコメントする

今年で33歳。実家の片付けをしてたら中高生くらいの頃読んでたラノベを見つけたのでもの凄く浅いコメントをする。

(改行の仕方がわからない)

毎週本屋でわくわくしながら新しいラノベを探して、ブックカバーつけてこそこそ読んでた良い思い出。

-----------------------------------------------------------

イリヤの空、UFOの夏

一番よく覚えてる作品。中高時代バイブルと言っても過言ではない。

鉄人定食カップ麺のシーン等、食べ物にまつわる話が印象的。

自分青春イリヤもいなければ水前寺もいない(当たり前か)陰鬱とした生活だったけど、

それでも「こんなぶっとんだ生活がどこかにあるんじゃないか」と思わせてくれるような作品だった。

今でも名前を聞くだけで、子供の頃の夏休みの終わりのような切なさを思い出させてくれる。

-----------------------------------------------------------

ミナミノミナミノ

イリヤの人の続編。結局1巻以降続編が出なかった。

本当にやきもきさせられた。

-----------------------------------------------------------

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

この作者病んでるなあと思った。数年後に直木賞を受賞した。

-----------------------------------------------------------

さよならアーカイブ

このラインナップの中では比較無名なんじゃないかと思う。ジュブナイルループもの

図書館司書」というワードフェチズムを感じるようになったのはこの作品のせいかもしれない。

-----------------------------------------------------------

■12月のベロニカ

よくできた作品だなあという思い出が強い。

なんとなくキャラのネーミングセンステイルズっぽいが、

西洋騎士的な戦闘描写リアルだった記憶がある。

-----------------------------------------------------------

黒鉄コミュニケーション

秋山氏の作品ポストアポカリプスもの

自分が後に成人してFALLOUTシリーズにどはまりするのは

この作品の影響があったのではないかと睨んでいる。

-----------------------------------------------------------

■EME

個人的に一押しの作品

うまいこと深夜アニメ化すれば売れたんじゃないかなーといまだに思う。

都市伝説×能力ものクライムアクション(?)

キャラ個性が立ってるなあと思ってた。

-----------------------------------------------------------

電波的な彼女

個人的に一押しの作品其の二。

去年から年明けにかけてウルトラジャンプ漫画連載されてて驚いた。

-----------------------------------------------------------

伝説の勇者の伝説

けっこう好きだった気がするんだけど内容をよく覚えてない。

アニメ化してたことも知らなかった。

-----------------------------------------------------------

撲殺天使ドクロちゃん

何故とってあったんだろう。

「こういう作品もありなんだ!」と衝撃を受けた作品

-----------------------------------------------------------

ALL YOU NEED IS KILL

トム・クルーズ主演で映画化するとは当時夢にも思わなかったけど、

それでも「これはすげぇ!」と唸った作品

2021-09-27

劇場版プリンセス・プリンシパル Crown Handler第2章」 感想

anond:20210211225417

相変わらずhttps://anond.hatelabo.jp/20210902215251

でも指摘があるけどご都合主義(どうやっていつの間にそれがそこに?どうやってその人がそこに?)がなぁ・・・


それ以前に

ミッションインポッシブルトム・クルーズP)」や「007 (ソニーコロンビアサムメンデス)」

みたいな息をもつかせぬスパイアクションとはかけ離れた

もっさりと微温湯なシナリオ

スクリプトドクターっていうの??複数人シナリオ叩き合ったりした方がいいんじゃないの?



爆発リミットまでにA地点からB地点に車で移動するとき

「た だ 車 で 移 動 し て い る だ け」


「間に合うか間に合わないか、っていうときに何の障害もない」ってさあ、観客に向けてサービス精神なさすぎじゃない?

敵の車とカーチェイスでもいいし。敵がバリケードを用意しているでもいいし。

それらがベタ過ぎて(あるいはテレビ版でもうやってしまってるので)嫌なら

”敵が車に仕掛をしていて故障しそうになったが機転で防ぐ"でも”敵に騙されたフリをして騙し返す”でも”敵に行先がバレそうになるので敵のB地点への通信をとめなくちゃならなくなる”

でもいいし。

でも実際やってることは

「状況をセリフ説明しながら  た だ 車 で 移 動 し て い る だ け」

主人公が裸足で駆けださなきゃいけないならその時のルート上には絨毯がひいてあっちゃだめなんだよ。

ガラスの破片が散らばってるか、せめて雪や氷におおわれてるとか!!

敵の強さの描写とそれを乗り越える主人公チームがないから ただ敵がマヌケに見えるし主人公チームも有能には見えない。

のんびりアニメにそれ以上を期待しちゃいけないんですね。

わかりましたよ。

2021-03-21

雑誌映画秘宝』の記憶(19)

町山智浩柳下毅一郎問題発言集】(No.02)

元『映画秘宝編集部員の秋山直斗(ナオト)さんにも読んで確認してもらえるよう、引き続き頑張ります。前回と同じく、出典は『ファビュラス・バーカー・ボーイズ映画欠席裁判』(2002年洋泉社)、発言者を「町山」及び「柳下」と表記します。記述形式

   [ページ数]

   発言者発言内容

   【※】付随情報や私個人の感想など(適宜)

です。

 なお、問題発言だけでなく「今から見返したら『味わい深い』」と云う発言も有ります

〈警告!〉「同性愛者に対する差別発言」などの引用が多数含まれるため、読むと気分が悪くなる可能性が有ります

引用ここから

[p101]

 柳下淀川さんって本当に肉体派でしたね。好きな俳優シュワちゃんスティーヴン・セガール

 町山:あとチャールズ・ブロンソンとか、現場労働者タイプ(笑)シュワちゃんジャッキーヴァンダムセガール、それにドルフ・ラングレン映画は『日曜洋画劇場』の独占状態だった。淀川ハーレム

 柳下:男女の恋愛映画はめったにやらなかったね。

 町山:とにかく男、男、男の映画淀川さんって自分欲望に忠実だったねえ(笑)

【※】相手が死去して反撃してこないのをいいことに揶揄する。景山民夫の時と同じ。そもそも町山智浩に「欲望に忠実」と他人に言う資格は有るのか?他人女性パートナーの胸を揉んだりキスしたりするのに。

【※】続いて『ゴッド・アンド・モンスター』の話題に移る。これは、’31年版『フランケンシュタイン』の監督ジェームズ・ホエール主人公とする伝記映画

[p102]

 町山:そもそもさ、フランケンシュタイン博士はなんで怪物を作るんだと思う?

 柳下:え、そりゃ自分の手で生命を生み出すためでしょ。神への挑戦として。

 町山:でも、それだったら別に男じゃなくてもいいじゃん。男なら普通、まず理想の女から作らないか

 柳下だって最初人間アダムじゃないですか。

 町山:いやいや、フランケンシュタイン博士には男を作る方が自然だったんだよ。なぜかというと博士ホモだったから!

 柳下:なんかやおいみたいだよ(笑)。ヘンなものでも食べた?

 町山:いたって正気。これ、ただの思いつきで言ってるわけじゃないんだよ。実は最近ジェームズ・ホエールの伝記が出て、そこでジェームズ・ホエールホモセクシャルであることを明らかにしている。

 柳下:『ハリウッドバビロン』にも書いてあったよね。

 町山:確かにフランケンシュタイン』を観てると、博士の行動ってすごく変なんだよね。婚約者美女がいるのに、ちっとも彼女にかまわないで、男の死体をいじってる。

 柳下:要するにホモなのに結婚させられそうになって、死体ダッチワイフ作ってるってことですか。ワイフじゃなくてダッチボーイか(笑)

【※】ここでも「女に手を出すことが『男の証』」という考え方と同性愛者を「異常者」扱いする姿勢が顕れている。

(初出『SFオンライン』98年11月号)

[p109]

【※】ケヴィン・コスナーの『ポストマン』の話題に触れて

 町山:それって、『もーれつア太郎』の目玉のつながったお巡りさんだね。あんまりピストルを撃ちまくるから、ア太郎たちが警察署に苦情言ったら「そこ交番ないですよ」って言われるの。要するに勝手警官名乗ってるキチガイだったんだよ(笑)

 柳下:でも映画版『ポストマン』にはそういうキチガイの部分がないんですよ。

【※】「キチガイ」もよく使う印象。

[p110]

 町山:コスナーの人気が落ちたのは、カミさんに全部暴露されたからなんだよ。床屋に行けば床屋の女とヤッちゃう無差別爆撃男でだったんだよ。

 柳下:他の俳優なら「しょうがないなー」で済むけど、コスナーは良識ぶってから反感買うんだな(笑)

【※】「良識ぶってから反感買う」は今の町山智浩たちにも噛み締めてもらいたい教訓だと思う。

(初出『映画秘宝』99年vol.11)

[p114]

 田野辺あんたら迷惑なんですよ。悪口ばかり言うから、僕らが映画会社に出入りしにくくなるでしょ。

【※】そりゃ、健康も崩すよ。

[p115]

【※】マーティン・スコセッシの『クンドゥン』に触れ、柳下が「ダライ・ラマの生涯を描いてチベット開放を訴える映画ね」と物語説明した流れから

 町山:スコセッシは一般人に好かれようと思わないで、チビキチガイが人殺す映画だけ一生作ってりゃいいんだよ!

 柳下チベット救済ってのがトレンドなんじゃない?昔の反原発みたいなもんでさ。チベット救済コンサートとかやってるでしょ。ロクなもんじゃないけど。

【※】「チベット問題」や「原発問題」に関する意識今日からすれば隔世の感が有りますが、そういえば町山智浩は「天安門広場で死者は出ていない」と云う中国政府寄りの立場なんでしたっけ。

【※】その後、ニコラス・ケイジ主演の『8mm』に話題が移る。

 柳下おかしかったのはニコラス・ケイジの弟分になるホアキン・フェニックス。登場するなり「オレはホモじゃないぜ」って言うんだけど、なぜかケイジのために命を捨てる。やっぱホモじゃん(笑)

 町山:あの「やおい的展開」はなんなの?客へのサービスか?

 柳下ジョエル・シュマッカー監督(ゲイ)の自分へのサービスじゃない(笑)

【※】ここでも「(笑)」を使っている。

(『映画秘宝』99年vol.12)

[p123]

【※】監督スタンリー・キューブリック、出演トム・クルーズニコール・キッドマンの『アイズ・ワイド・シャット』の話題

 柳下:だから試写で、おすぎが「つまんない映画ね!」って言ってたよ。

 町山:オカマにゃわかんないって(笑)

 柳下:で、おすぎにそう言われた筑紫哲也は困った顔してた。

 町山:筑紫は見につまされたんだな。痴漢局長乱交アナ、覗き記者に囲まれて『ニュース23』やってりゃムラムラくるって(笑)。「オレだって昔は女子大生モテたんだぞ!」って。

 柳下多事争論でやるべきだよね「浮気願望」って(笑)

【※】浮気願望といえば、少し前に○人疑惑が持ち上がった人がいた気がしますけど、誰でしたっけ?今日のお風呂は血の色です。

[p124]

 柳下:道ですれ違った体育会系のガキどもに「オカマ野郎」って言われるシーンは、モロにトムのホモ疑惑ネタにしたギャグでしょ。

【※】同性愛揶揄する時に「疑惑」という表現を使って「恥ずべきもの」というイメージを植え付けようとする。

(初出『映画秘宝』99年vol.13)

今回はここまでにします。ヘイル・サタン

2021-03-09

エヴァンゲリオンを観たことが無い。

ガンダムと戦うのがエヴァンゲリオンかと思っていたらそうではないらしい。

少し調べてみたら、「生命体」っていうのがキモらしいんだけど、

まりトム・クルーズ主演の「宇宙戦争」を彷彿させる部分が無い事もない。

などと言ったら、ファンには叩かれるのだろうか?

こんな頓珍漢な事をいう人間が「エヴァンゲリオン劇場版」を観に行ったら楽しめるのだろうか?

SF物は好きだし観に行ってみたい気持ちもあるのだが、

エヴァンゲリオンの事を何も知らない人が観に行っても楽しめるもの? と、二の足を踏んでしまう。

ファンが多そうだから暫くは上映しているのだろうけれど、もたもたしていたらDVDしか無くなってしまうかもしれない。

でも観そびれたからと言って、さほど喪失感のようなものを抱くわけではないだろうが。

そうか、今上映中の前バージョンDVDで観てから行けばいいのか?

今のが第4話らしいから、前3作を観ることになるのか?

それともそれ以前の劇場版か?

TVバージョンはあまり見たいとは思わない。

どれから見ればいいのか、誰か教えてくれ。

2020-12-12

anond:20201212032840

スポンサーと局、局と事務所、局内での持ち場そういった「大人の事情関係で長く続けることが難しいんではなかろうか。

アメリカは、局の運営事態スポンサーがやってたり、ドラマ専用チャンネルがあったり、俳優(例えば映画だけどトム・クルーズみたいに)が自分ドラマ撮りたいかポケットマネー制作する。とかあるみたいだから長続きなんじゃないかなー。

2020-10-31

anond:20201031135808

宇宙戦争トム・クルーズは親としては出来が悪い部類で良い人間じゃなかったけど

それでも出来の悪い親と子でも親子じゃないよりはずっと良いんだな…と思える話だった

2020-07-01

anond:20200701205354

All You Need Is Kill

原作ファンだけど、ハリウッド版もうまく再構成されてて、けっこう良かった

制作発表当初はトム・クルーズ・・・?ってなってたけどな

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん