「恐妻家」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 恐妻家とは

2021-02-12

anond:20210211170348

最近さんまは本当にひどい。全く同感。

20年前はなんとなくさんま番組チャンネルを合わせていたが、最近は全くなくなった。

テレビの司会を見ててもズレまくっていることが痛いほどわかる。

さんま劣化したというより、時代が変わったのだろうが。

爆笑太田との違いは結構興味深い。

太田も今でも結構セクハラ芸をガンガンやっているんだけど、

50代後半になっても「大御所感」が全くなく、

引きこもり非モテの極度の恐妻家というキャラのためか、

そこまで不快な印象は与えていない。

また、世の中の男性いかにも言いそうなことというより、

太田しかやらない面倒臭いボケという感じになっているので、基本的にはスルーされる。

即座に「馬鹿、やめろ!」と全力で突っ込む田中役割も大きい。

さんまが笑えないのは、大御所感が強いということに加え、

長男性がいかにも言いそうなセクハラ発言が多いからだろう。

ボケではなく普通の会話の中にもセクハラが紛れ込むことが多い。

また、長らくさんまは「世間の平均的な常識」を代表していて、

そのキャラさんま自身現在でも全く崩していないので、

周りが即座に否定しずらく、スルーすることも難しい。

しかし、1990年代のたけし、さんまタモリお笑いBIG3のなかで、

当時つまらないと散々言われていたタモリけがちゃんとしているとは・・・

2021-01-11

高学歴アスペの私が「共感力」を使いこなすようになった1つのコツ

最近共感力」が話題ですが、私も昔は「共感力」が低くて、(特に女性との)会話がとにかく盛り上がらなくて苦労していたのですが、たった1つのコツを理解したら、この「共感力」というものに対する悩みがなくなったので、共有まで。

https://anond.hatelabo.jp/20210110123006

共感力」というのは、相手感情肯定する「フリ」をすることです

模範例 / 先週実際にあったテレワークでのMTGでの冒頭の会話

参加者A: 「今日寒いですね~」

参加者B: 「いやー、寒かったですよね~」

自分: 「ホント今日寒いですよね~」

解説

この会話ですが、この日は私は暖房付けっぱなしの自宅に家にずっと引きこもってたので、逆に暑かったくらいでした。2人が寒かったと言ったので、とりあえず「同意」と相手言葉の「リピート」をしただけです。

昔はこういった会話1つ1つに、しっかり意味事実を伝えないといけないと思っていたのですが、どうもそうじゃないっぽいんですよね。求められてるのは基本「相手感情肯定」なんですよね。だから重要なのは相槌とか感嘆詞とか、あと「同じ気持ち」ということに喜びを感じる人が多いので、相手が言った言葉リピートするとか。

伊坂幸太郎の「AX」という、恐妻家殺し屋小説があるんですが、これがまさにアスペ男性女性と上手くコミュニケーションとるやり方の参考になるので、小説自体面白いですしオススメです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B084SPFNH9/

2020-09-04

anond:20200904101018

もう死語だけど、いわゆる「鬼嫁」と結婚する男ってなんなの?

恐妻家を通り越して「それ職場だったらパワハラじゃね?」っていうぐらい旦那罵倒するような女とかDV女とかもいるわけじゃん。

あいう女と結婚する男の心理がわからない。

2020-08-31

anond:20200831133029

本当に女の方が強くて、男が女の顔色伺ってびくびくしているような力関係だったら

対外的に「女の方が強い」なんて言えないもの

実際は絶対にそうではない(自分の方が強いに決まってんだろ?)と信じているからこそ言えるお遊び自虐ポーズ

自称恐妻家は大抵DVモラハラ男、ってのと同じだな

実際は自分の方が威張り腐ってるのに、面倒な事への責任は取らずにそれは女に押し付けてるってだけ

2020-07-20

元増田です。思ったより反応が大きかったので追記します。

https://anond.hatelabo.jp/20200720004508

unakowa 倍返しドラマ理不尽上司に逆らえない人がスッとするように、夫に言っても糠に釘でイライラしてる人向けなんだよ。あと自分観測範囲では家庭内で女の言うことはキレるまで取り合わない男性多いので需要高い

koasdgegokoasdgego スカッジャパンみたいな一種ポルノでしょ。女のエロ本

hate_flag よくわかんないけど、増田は夫や彼氏が叩かれてるのを見て自分が叩かれてるように感じてつらいのかな?でもそれは君じゃないんだから分けて考えたほうがいいぞ

フィクションとして作られているのなら何も文句はないです。見たい人が見ればいいし、そうでない人は見なければいい。

流行りの「ポリコレ」のように、創作物は正しくあるべきだなどと主張するつもりも全くない。

でも、エッセイ漫画は違うでしょ?そこで描かれているのは創作物ではなく実在人物だし、役者のように仕事として役割を演じているわけでもない。

夫や彼氏エッセイ人物として登場することを了承しているのでなければ、誹謗中傷の流布やハラスメントにあたるので大変な問題だ。自分とは関係ない他人からと切り捨ててよい問題でもない。

パートナー悪口を言う市場形成されている現状は、需要があるからといって許されることではない。そう思ったので増田を描いた次第だ。

元増田では特に書かなかったけど、私の家族のことを書きます

私(30代半ば、会社員)、妻(2歳年上、元会社員だが寿退社専業主婦)、長女(6歳)、次女(3歳)

自宅は一戸建てでローンが20年くらい残っている。家計はかなり苦しいらしいけど、妻が財布を握っているからよくわかっていない。

元々私の稼ぎでは子供は持てても一人が限界で、一戸建てを持つつもりもなかった。夫婦でゆったりと互いの趣味を楽しみながら過ごして、もし余裕ができたら子供を一人作ろうと考えていた。

結婚した時は妻もその旨了承してくれたが、一人目をうっかり妊娠してしまうと豹変してしまった。

子供は二人いなければならないと強弁し、こんな賃貸マンションでは子供教育に悪いとローンで家を建てることにした。

二人目は妻の希望男の子を作る予定だったが産み分けは上手くいかなかった。私は男女どちらでもいいと考えていたが妻はそうでもなく、産み分けが上手くいかなかったのは夫である私が原因だと怒りをあらわにするようになった。

二人目が生まれからは私は完全に妻の尻に敷かれるようになってしまった。子供の将来のために貯金しなければと、私の月のこづかいは1万円まで減らされた。私がそのことに文句を言うと、妻は「子供高校大学に通えるように今貯金しないでどうするの。私はこづかい0円だ。そんな安月給で文句を言うな」などと怒鳴るので、家計に関しても口出ししづらくなっていった。

こづかいが少ないので職場飲み会ほとんど断っている(このご時世は飲み会がなくて助かっている)。職場では飲み会代をケチって趣味に金を使う恐妻家の振りした亭主関白だと思われている。単にこづかいが少なくて飲み会に行けないだけだが、あまり自分の家庭事情を詳しく言うと余計みじめになるので、職場では自分イメージを崩さないようにしている。

妻は絵や文章を書く趣味はないのでエッセイ漫画を描くことはまずないが、もし描いたら私のことを子育てに非協力的なダメ夫として扱うだろうことは間違いない。

anond:20200720095432

メシマズスレ創作だらけだったしね

「俺が考えたマズい飯選手権状態だった

んで「何で嫁はマズい事に自分で気付かないの?」と言う当たり前の突っ込みが多発したか

その言い訳として味覚障害患者だらけに

自称恐妻家亭主関白多いのと同じで

男は「実際は何の不満もない妻を他人に叩かせる」事自体目的とするタイプ多いけど

女はそうではないんだよなあ

anond:20200720090534

恐妻家アピール男は99%亭主関白だと思ってる

あれ、家で妻を押さえつけて従わせている自信があるからこそ

ネタとして恐妻家アピールできるんだと思う

2020-06-05

anond:20200605220301

まめに家事もやって素敵な奥さまならがっくりきそう。

恐妻家はどうなっちゃうんですの??

2019-02-21

何者にもなれなかった父

「年上の男性にそんな愚痴を吐かれるシチュエーション」が思い浮かばないという指摘に

「だよねー」と思いつつ想像してみたらすぐ思い当たった。うちの父だ。

から毀誉褒貶ありつつも常に「何者か」だった母にくらべ

影が薄いけど、ひょうきんな恐妻家って感じでみんなに好かれてた。

でも娘の前では弱音とか愚痴とか吐き出したい秘密とかを口にする人だった。

「墓まで持ってってくれ」と言いたくなるような話も聞いた。

私が本を読んでいると「読むばっかりじゃなくてそろそろ自分で書いてみたらどうか」と言われた。

(私が読むのが小説以外の本だったことに気づいてなかった。でも本を読む楽しさを最初に教えてくれたのは父だった)

本当は自分作家とか何かになりたかったんだと思う。

病気死ぬ直前に妙にかっこつけはじめて色々面倒臭かった。医者喧嘩売ったり自殺してみせようとしたり。

(↑病気を受け入れられなかった)

葬式ではブルースを流してくれ。遺灰は海にまいてくれ」と言い残して死んだ。

生前ブルースなんて聞いてなかったし、そもそも音楽CD1枚も持ってないし、

海に行って何かしたこともないし、どこの海の話をしてんのかも分からなかった。沖?磯?

なのでどちらも実行してあげられませんでした。

からみんな遺言書ちゃんと書いておこうね。

土壇場の虫の息だと、細かい打ち合わせができないからね。

2019-01-14

から漫画にありそうな話だが

もう還暦近くになる知り合いに、慇懃無礼俺様キャラおっさんがいる。

コミュ力があって割とマメなんだけど、一方でスキあらば相手マウントを取りたがり、自分のノリに巻き込みたがるタイプ

からマウンティングされつつもそういう構図を大して気にしない、コミュ障っぽい性格の俺はともかく、周囲のオヤジ連中の反感を買い、気がついたら疎遠になってしまっていた。

そんなふうだから、当然のように女性のことは全般的に見下している。

でもマメなうえに男としての甲斐性はあるような言動が取れる(=言動だけ見たら甲斐性ある男ってことになるし、相手から見れば言動人格のもの)と。

から若い頃は泣かした女は数知れずを地で行く「悪い男」だったらしい。


そんなおっさんでも、奥さんには敬語使いまくりで「恐妻家っすか?」みたいな話し方をいつもしていて、奥さんは常にすまし顔。

聞けば、奥さんはそれまでの人生で生まれて初めて心底尊敬できて「俺なんか絶対敵わない」と思い知らされた人だったそうな。

そんな相手を持ち前のマメさで惹き付け、土下座外交orお願い営業を仕掛け続けて結ばれたと。

まあ冷静に考えれば、タイトル通り昔から漫画にありそうな、クズ運命の人出会って改心した系の話の一つでしかないと思う。

でもこういうおっさんが、多分相手へのマウンティング目的も込みで虚実ないまぜに話すと、妙に美談に聞こえてしまうのだから始末に負えない。

そもそもコミュ障から見ると生きてる世界が違いすぎて、コメントにも困るレベルだったり。

2018-10-29

社会問題統計でいわれる暗数について

例え話をしたり比較対象を変えたりするのは、結果として大抵あらぬ方向へといくのを承知で敢えて言ってみると、男性が受けるDVセクハラ件数について考えてみると身近に感じられるかもしれない。

単純に男性DV件数調査した時は低かったのに、具体的にどういう行動を受けたか、というのを質問項目に入れたら急に件数が増えた、という話。

デートDVなんかでもその経緯を辿って(男性女性関係なく)件数が凄く増えたりするんだよね。

グーで殴られるkとイメージしていたものが、暴言を吐かれるとか、デート代は自分持ちを強制されたとか、そういう項目を具体的にすると件数が変わる。

また、言い出しにくい話でもあったりして、恐妻家の話なんかが当たり前に今でもTVでやっているけど、あれはどう考えてもDVだろうというのが家庭を維持する為にDVではないと言ったりして、これが無回答だったり、項目に当てはまるけど、DVではないと自己判断で書いたりする。

世間認知されていない被害問題はどうしてもこういったことが起こりやすく、事件などで大きく広がったりして認知度が上がらないと件数として現れない事が多いので、社会学者などは凄く気をつける。

初期の公害問題なんかでもこの現象は起きていたし、福祉関連などでもやっぱりあるし、そもそも自分たちが子どもの頃教師から受けていた体罰現代の言われる体罰との感覚比較などをすれば、言語化されてない頃の件数があまり信用できないものだと言われても仕方ない所だと思う。

それはそれとしてその段階での統計は、十分有用性があるけれども、と、まぁ、歯切れの悪い話にならざるを得ないのが辛い所だよなぁ。

2018-08-03

anond:20180803111122

恐妻家の素質すごいな。DV女に結婚を押し切られそうな気配がとてもする

2018-07-01

嫁がいるだけでもいいじゃないか

今日も嫁のグチを増田に書こうと思ったがやめた。

タイトルみたく「独り者の自分」よりマシアピールしてくる奴がいるからだ。

かに、1人の寂しさみたいなのはなくなったが、自分と周り(パートナー子供、親、親戚)のバランスをとりながら生きてるのだ。それが、基本的には残りの人生ノンストップでつづく。

○年付き合っても結婚してくれない彼氏っているが、彼氏気持ちは俺には分かる。もう、好きでも嫌いでもないのだ。なんだったらちょっとパートナーに対して色々我慢してる。ただ、自分から別れるパワーみたいなのがないのだ。

もう絡め取られて動けないのだ。

恐妻家みたいな人も似たようなもんだ。結果壊れないだけで、もう相手に興味なんてない。毎日キレない程度に我慢できてるだけ。別れる明確な理由もないから別れられない。

熟年離婚する夫婦がいるが、嫌いな相手との生活を何十年も続けてきた奥さんの忍耐力とかスゲェなって思うよ。ホント

2018-03-13

恐妻家と言えば夏目漱石だが

Twitterで「ご飯要らない」と連絡を忘れ帰ったら流しにご飯がぶちまけられていたという写真が流れてきた。

ホームを見てみると彼は恐妻家アカウントで、日々ヒステリックな妻の愚痴を呟いていた。

かに夫婦でもめて大変そうだが、共働き子持ちで嫁さんがご飯を作って、晩ごはんいらないと連絡を忘れて午前3時に飲み会から帰ってきてぶち撒けられた晩ごはん写真Twitterに上げてる恐妻家の夫…と見ていて生ぬるい気持ちになった。

彼のアイコン夏目漱石だった、夏目漱石恐妻家として有名で、彼の妻は悪妻として名高いからだろう。

しか夏目漱石の長女の娘はこのように語っている

世間ではソクラテスの妻と並び称されるほどの悪妻として通っているが、母に言わせれば、鏡子だからあの漱石とやっていけたのだと、むしろ褒めてあげたい位のことが沢山あったのだそうである

長男

「結局母は父のためにはいい奥さんではなかったかもしれないが父を心から愛し尊敬していたのだと思う。母を悪妻のようにいうのは当たらない。ぼくたちにしてみれば、母はごく普通の女だったと思う」

また弟子の前では温厚で人当たりが良かったが、神経衰弱の発作が爆発した時には妻子に暴力をふるう事も多かった夏目漱石について

「今ならドメステックバイオレンスと騒ぎ立てて訴えることも出来ようが、当の漱石にはその自覚がまったくないのだから医師の診断を仰がせることも叶わず常軌を逸した漱石が振るう暴力に鏡子はひたすら耐えるしかなかった」

と語っている。

また漱石が病に侵された際には彼の500グラムの大吐血自分着物を真っ赤に染めても気丈に看病をしていたそうだ。

未だに恐妻家アカウントアイコンに使われるくらい悪妻の代名詞のように言われてるのは気の毒だな。

2018-01-08

anond:20180108213312

それだけ読むと「ぼくまちがってないもん!」になるかもしれないが間違いなの。

のたまうは相手が上位である時の敬意を込めた「言う」。

現代のふざけた使い方はある恐妻家コラムニストがやりだした「妻が〇〇とのたまう」に始まる。

常に嫁を恐れるポーズでへりくだる人間関係を前提にした連載コラムの中でそれを使ってた。

怖い嫁を更に上位に立てた言い方&古い言い方だから面白いわけ。

元増田の「のたまう」は明らかにそのあたりの事なんにも理解せずに使ってるから誤用

田中との間に上下関係はないしそんなものを認めてもいないんだからさ。なり立たないわけ。

なのになんで使うかというと、「ほざく」の面白い言い方、ぐらいにしか考えてないから。

言葉意味をわかってないわけよ。

日本語をまともに使えない、

誤用を指摘されて不機嫌に居直る、

アラサーでそれじゃだめだよね。

2017-11-06

男性家事育児もして当然という風潮

知人がFBで、イングレスイベントに参加するために、県外まで行ったという投稿をしていた。

そういえば職場の同僚は、W杯(予選?)を観るために、東京に行ったと言っていた。

毎週遅くまで飲んだり、毎週末草野球をしている人もいる。

どの男性も、既婚で、子どももいる。

私も既婚で、子どもがいる。

しかし私は、上記のようなことは、恐れ多くてとてもできない。

恐妻家というつもりはない。

だって男性は、家事育児女性平等にやるべきではないのか?

ソースツイッターはてブである

家事育児もやらないと、女性全員にぶっ殺されるのではないのか?

家事育児もやって当然で、「やってます。」と言っただけでも女性全員に「アピールすんな殺すぞ。」と言われるのではないのか?

妻が言っているわけではないけど、それが女性全員の総意かと思っていた。

しかし、リアルである私の周りには、自分趣味を優先している男性がたくさんいる。

どっちがマジョリティなのだろうか?

私はネットの偏った意見に毒されているのだろうか?

2017-01-26

http://anond.hatelabo.jp/20170126093251

「のたまう」の元の意味を把握してる人はたくさんいるように思うけど、元記事が知らずに誤用してると決めつけているのは何故だ。元記事記事上で格上と設定している東京育ち発言を「のたまう」と表現していて、恐妻家キャラが奥さんの発言を「のたまう」と表現しているのと構造は同じだろう。

「のたまう」を「ほざく」みたいなニュアンスで使ってる奴等死んでくれ

頼むから死んでくれ

http://anond.hatelabo.jp/20170125191935

こいつとかな

別にこいつだけじゃなくてもうみんな間違って使ってるよな

頼むから辞書引けと

そんで当該箇所熟読したあとページ食べて喉に詰まらせて死ね


俺の観測してた限りでは

近年「のたまう」をカジュアルに使い出したのってコラムニストなんだよな

土屋賢二なんかがよく使ってたと思う

もちろん彼等はちゃんと言葉意味を知ってて使ってたのよ

恐妻家キャラで奥さんの発言を「のたまう」みたいにね


そんでそういうのが段々流出していて

知らない言葉辞書で確かめもせずに使う低学歴たちによって

「なんかのうのうとほざいてる」というニュアンスで使われるようになってしまった

言葉は変化する?

そうじゃねえだろ

その使い方だと本来の「のたまう」の意味が全く死んでるし

カジュアル文章で「のたまう」を使う面白みもゼロなっちまってる


いまじゃもうみんなで間違えてる

トラバした増田学歴にそこそこ自信持ってるみたいだしそれなりの大学出たんだろう

でもこれよ

そりゃ言葉は生き物面白い新しい使い方はあるよ

紅白言語学者による解説とか面白いよな

でも「のたまう」の誤用は完全なる誤用

何も新しいもの生み出してないしもとの面白さがただ死んでるんだよ

いい加減にしてくれ

2016-06-06

http://anond.hatelabo.jp/20160606090636

まあ落ち着け

周囲にも恐妻家がたくさんいるが、そいつ幸せそうなんよ。

俺らにはそういう女は合わないが、そういう女が合う男もいて、需要供給マッチして結ばれていく。

恐妻家の話を聞いてイライラする毎日だが、話している本人は平気そうで二重にイライラする毎日だぜ。

2014-08-14

職場でいつも自分を救ってくれる一言

面と向かって感謝を伝えるのは恥ずかしくて無理なので、増田に投下させていただきたい。

新人のAさんが入ってきて、中堅のBさんが私C(いちおう上司です)を紹介するとき

「Cさんは、私の大好きな人ですから大切に扱ってください」

と言われたこと。

いやほんと何もしてねえっす。Bさんのおかげで仕事が円滑です。ありがたいことです。

ちなみにBさんのご主人は超絶イケメンでござる。

若いスタッフのDさんに「こんにちはお久しぶりです」と言ったら、

「Cさん、何か空気が違うますよね」と言われたので、

「いつも鈍くさいですから時間の進み方が遅いのでしょう」と答えると

「いえ、癒されます」と言われて、そうしたらBさんが、

「なにか周囲の空気が変わるんですよねー」

と言ってくれたこと。

うーん、強いて言えば、ものすごい大問題が起きた時もニコニコしている事でしょうか。

基本的にすごく厳しく、スタッフは叱られることがあります

でもクリティカルな時は叱るような余裕もありません。

ニコニコしてがんばろー言ってるほうが問題解決しますしね。気をつけてるのはそのぐらいです。

内心ドッキドキです。これが失敗したら自分は訴えられて終わりかなと思ったことはたくさんあります

「今度集まりますので連絡先お聞きしてもいいですかー」

いやいや、連絡先聞かれただけで嬉しいです。

飲み会ではあんまり会話もせず黙ってると思いますので、できたら誘わないでください。

コミュ障だとばれると恥ずかしい。

クライアントさんに、

「Cさんが一番のおすすめです」と言ってくれたこと。

(どうせ順番で担当になるだけですが)

いえいえ、E部長がおられるじゃないですか。Eさんに次いで2番、という評価でも嬉しいんですのに。

でもEさんよりカリスマ性がないのがおすすめの理由ならばそれも嬉しいでござる。

私服だとわかりませんね」と言ってくれたこと。

褒め言葉ですね、嬉しいです。帽子ぶってメガネは変えてます

「やさしい旦那様なんですね」と言ってくれたこと。

恐妻家ってそういう言い方があるんですね。ありがとうございます。尻に敷かれております

妻のことを裏でも褒めまくってこそ、本当の恐妻家と言えよう。

「Cさんに大丈夫って言われると大丈夫って気がします」

根拠はないけど、責任とります。なので、大丈夫です。ただ、目は離しませんよ。

大丈夫じゃなさそうになったらなんか言うかもしれない。

大丈夫です、って言うのってちょびっとストレスだったりはします。小心者ですから

と、言うようなことをいうと鈍くさい上司は舞い上がって良く仕事するようになるんじゃないか、と思うわけです。

私をコントロールしてくれる部下にはいつも感謝しております

2008-08-18

http://anond.hatelabo.jp/20080818151416

自分も横だが。

石景山遊楽園のだめなところは

だれの目にもコピーが明らかなキャラクターであるのにもかかわらず

オリジナルを主張したところ。

もしもあのとき、石景山遊楽園側が無邪気にディズニーリスペクト

主張していたなら俺的には別に忌まわしいものでもない。

よりにもよって天下のディズニー

喧嘩売るなんてヘタクソなやりかただなあとは思ったろうけど。

ちなみに自分は不倫は文化になりうると思っているよ。石田的な意味ではないが。

ギリシャ神話の主神は不倫大好きな恐妻家

ちなみに鍛冶神は寝取られ男。ブサメン。妻はビッチ

この神話が作られた時代から不倫というものはあって

それにまつわる男女の悲喜こもごもは存在していたんだろうよ。

そして現代になっても稀なものではないこの悲喜こもごもは、

十分文化的に語れるものであると思う。

お綺麗で、かつ高尚なものだけが文化ではないだろうよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん