「匂い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 匂いとは

2016-09-28

姉が某カルト教団に入信していた

1ヶ月ほど経過して気持ちの整理が付きかけたので書く



実家に帰ると姉が長期旅行に出ていた、もう1ヶ月以上家に居ないらしい

母曰く「韓国研修に行った」とのことだった



東京に帰る前日、姉の近況を聞かされた

・昨年末結婚相手を連れてきたがそれきりなんの進展もなさそうだったということ

マルチ商法っぽいことにひっかかっているのではないかということ

・定期的に変なNPOから封筒が届くということ



封筒にかかれている団体名を検索するとカルトっぽい匂いがぷんぷん(○○被害者の会とか集団訴訟とか



それで「ああ変なものに引っかかったんだな」とおもったが別に引き戻そうという気にはならなかった



姉は家族でもはみ出し者で、俺が実家に居たときでも俺含め家族とは殆ど会話はなく、仕事から帰っても部屋に居るばかり

俺が地元を出てからもそれは続いていたようで、結婚もせず、かといって自立するでもなく実家寄生する生活をおくっていたようだ



実家での最終日に母から姉の相談事をされ、それなら確かめスッキリしたほうがいいのではないかと姉の部屋をさぐってみた

姉の部屋など高校時代小沢健二アルバムを黙って借りて以来忍び込んだことはない



だって姉に家族の情も興味がなかったか

俺にとって姉はやたらとツンケンして黙ってるか、金切り声を出すかのめんどくさいだけの人間しかなかった



姉の部屋に入ると老人夫婦の写真が入った写真立てがテーブルにおいてあった

母曰く、この写真を拝んでいるところを何度もみたとのことだった



本棚にはあの時無断で拝借したCDの他に、いかにもマインドコントロールされてる人間が好みそうな自己啓発本数十冊

(というか、どうしてこの手の人間は「数十冊も読んでまだ足りない時点で自己啓発本意味がない」事に気づかないのか



写真立ての中の写真本棚写メで取り、後で本の題名を調べてみた

10年以上前にあれこれ騒がれたカルト教団関連のものだった、しかもその教団自体が発行しているもの



人夫婦は主題カルト教団設立者とその妻だった

こいつらに拝んでんのかよ、イカれてんなとおもいつつ、まあもう10年以上会話もしてないしどうでもいいかと思った



とは言えここ数ヶ月家を離れているというのが気になり、本棚写メに映る題名からヒントになりそうなもの検索していった

するとその教団には集団生活をする施設があるというのを見つけた



そこのウェブサイト集団生活に関するページを見ると、写真の中に姉が写っていた



マジかよ、いや、何となくそうかなと思ったけどこんな感じで分かっちゃうのか

っていうか数年ぶりに顔みるのがこんな形かよ

なに質素な服着て似たような幸薄そうな奴らと集団生活してんだよ

っていうか集合写真に写ってるけどよーくみるとお前他の奴らとちょっと距離あるじゃねーか、治ってねーじゃねーかよ



家族からカルト信者が出ちゃったよ

一族からタタリ神がでてしまった」っていうオッコトヌシさまの気持ち今なら分かるわ、クソったれ

俺まだ結婚してないのにな、兄弟カルト信者がいるとかマジ瑕疵物件じゃねーか



正直姉の目を覚まさせて家族に帰ってきて欲しいとか全然思わない

もともと仲良くないし、姉のために1ミクロンでも労力を割きたくない(カルトから脱会させるのって労力いるんでしょ?



姉が稼いだ金であればどれだけ吸い取られても別にどうでもいいし

あちらにそういう共同生活施設とかあるならさっさとそっちで暮らして欲しい(無いと思うけど



だが「姉が今後も継続して俺の姉である」というのだけは勘弁して欲しい

向こうから家出て絶縁するか何かの拍子に死んでくれないか

2016-09-27

http://anond.hatelabo.jp/20160927200102

はじめまして。私は透析室で働いている技士です。

死臭というのはおそらくは、酢酸透析液の匂いですね。

妙に甘ったるくてイヤな感じがする匂い

.

働き出してからたくさんの人が亡くなりました。

週三回毎回顔を会わせるので透析患者さんとはよく話をします。

新人の私にも仲良くしてくれた人、好きな野球チームが勝つと血圧が上がる人、

いつも横柄な態度な人でも感染して弱っていくのを見ると悲しくなります

.

透析患者さんは抱えている進行していく病気に加えて、

週に何度も針を刺され、4時間以上も拘束され、

食事制限され、おまけに医師には生活態度にもあれこれ口を出され、

ただ息をするだけでこんなにも辛い思いをしなければならないのか、という思いです。

.

透析やめたい、好きなもの食べたい、と皆言います

シャントPTA(透析を続けるための手術みたいなもの)も、痛いからしたくない、と。

.

私は、もう少しだけ頑張ろう、皆と一緒に頑張ろう、と声をかけます

延命治療を続けた先では辛い思いをして死ぬだけの人もいるけれど、

すこしでも幸せな思いをして、報われて欲しいと思う。

仕事とは関係なく透析患者さんには長生きして欲しいと思っています

生きているだけで、あんなに頑張っているんだから

報われて欲しいと思う。

けど、本人の努力や頑張りではどうにもならない、医療限界毎日感じています

.

.

長谷川さんには、お前が死ね。そして臓器を提供しろ、と本気で思っています

.

人工透析患者の母とその子である自分

「じゃあ死なせてくれ。殺しに来い」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1609/23/news067.html

これの概要をざっくり説明したらウチの母はそう吐き捨てた。

20代後半。

母60代後半。透析歴13年くらい。

昔は週2回3時間で済んでいた透析も、いつだったか、何かのタイミングで週3回4時間になった。

ウチの母は生活習慣がどうこうっていう糖尿ではなくて、遺伝子レベル問題なので

ハセガワなんちゃらさんの言う中には入らないんだろう。

食事制限だって優等生すぎるくらい守ってる。

「もう少し好きなもの食べてもいいと思うけどね」なんて担当医に言われたレベル

だけど、ハセガワなんちゃらさんの物言い不快なことに変わりは全く無い。

真に言いたいことは医療費がどうのこうのという感じなんだと思うけど、

とにかく過激だなと思った。

炎上芸なんて揶揄されてるから取り合わないほうがいいのかもしれないけど、

何ていうか残念だなあと、ただ悲しかった。

小学校に上がった頃にはすっかり「母は病弱である」というのが刷り込まれていて、

授業参観とかそういうものは、気がついたら全部父が参加していた。

4年生のときに3ヶ月ほど入院したのがきっかけで、

その後も度々、いろんな理由で入退院を繰り返した。

目が見えづらいから手術するんだよとか、そんな風にしか理由を聞いていなかったけど、

今振り返ると糖尿病の進行が関係していたんだなあと、ぼんやりわかる。

なんで透析することにしたのかは単純で

「この子(私)が成人するまでは」と、思ったかららしい。

宣告受けたのが私が13歳だったと思うから、7年か。

今年の冬で14年目に入るんだから、もともとの予定の倍は生きてるね。ありがたい。

一度だけ透析室に入ったことがある。

あとになって一緒に入った父に聞いても首を傾げられたけど、

「死臭ってこれか」と思った。なんとも形容し難い、甘い匂い

あの匂いはもう感じたくないな、と頭の隅で思った。

(実際に死臭なんてもの存在するのかどうかは知らない。あくまでも私の感覚での話)

一番強くそ匂いを感じた場所にいた人は、1年経たずに亡くなった。

母が透析をしているうちに作った友人だった。

仲良くしていた患者さんのうち、4人目が亡くなった時点で、母は友人作りをやめた。

ハセガワなんちゃらさんの記事ではなんかものすごい言い方されてたけど、

娯楽のために出かけることなんて年に数回あるかどうかってレベルなんだよね。

なぜなら、透析をすること自体が体力を使うことだから

酷い日は透析から帰ってくるとそのまま寝込んで起きてこられないこともある。

医療制度さまさまだなと思うことは多い。

手続きはまだまだ煩雑で、窓口に来るのは本人じゃなきゃだめとか、問い合わせのたらい回しとか、

お役所仕事いい加減にしろって思うことはあるけど、恩恵はありがたく受けてる。

透析に関して、「しんどい、やめたい」と零されると、なんて返したらいいのかわからない。

やめていいよとは言えない。「死んでいいよ」って意味になる。

でも、その一方で苦しみながら生きているのはどうなんだろうと思う。

正しい答えなんてものが無いことを抱えながら生きている大切な肉親に

「死んでくれ」なんて言えるわけがないんだけど、

ハセガワなんちゃらさんはそれにはっきり答えをくれるのかな?

安楽死とか尊厳死とか、そういう議論って今行政ではどうなっているんだろうなあ。

ハセガワなんちゃらさんのお陰で、久々に考え込んでしまった。

まあそういう意味ではありがたいってことにしておこうか。

ここまで読んでくれて、ありがとうございました。

2016-09-26

パンツからおしっこ匂いします(20代後半男性)

歳のせいか残尿感が取れない。パンツに戻してからダーッしているらしい。おしっこ匂いが気になってしま今日が初めてかもしれない。

男性各位はどうしてるんだろう。替えのパンツを常備しているの?

隣の男性にいきなり股間へ顔を埋め尽くしたらおしっこ匂いがするのかな。

http://anond.hatelabo.jp/20160926163953

ほとんどの動物が、自分縄張り自分匂いをつける習慣があるので、

自分匂いを嗅ぐことで自分の居場所を確かめられる的な安心感があるのかもねw

http://anond.hatelabo.jp/20160926160727

なんで自分の汚臭ってあんなに心地良いんだろうな。

そのあたりと足の爪切った時の匂いは必ず嗅いでしまう。

http://anond.hatelabo.jp/20160926155802

脇汗のにおいとか、またぐらの匂いとか、何度でも嗅ぎたくなる中毒性があるよねw

俺という人間が誰かのプレイするゲームの1キャラクターだとしたら

俺を操作してるプレイヤー

「ヘソの匂い確認する」

タマの裏の匂い確認する」

ってコマンド選択しすぎだと思う。

毎朝女性専用車両に乗ってるけど、メディアで言われるような傍若無人女性にあったことがない。

単純に目的駅の改札が先頭車両が一番近いので利用しだした。

一番初めに乗ったときは少し静かすぎて居心地が悪かった。

皆、ある程度の間隔を開けて真っすぐ立っている。

ちょっと怖かった。

確かに女性しかいないのでもし男性が乗ってきたら化粧品匂いが充満していると感じるだろうが、

ルメイクを始める女性など見たことがない。

しかしたら初期の頃はいたのかもしれないが淘汰されたのだろうと思う。

何故なら女性女性に厳しいからだ。

あの車両の中でものを食べたりメイクしたり無理やりに乗降したりしたら車両全体の怒りの感情ならず者に向かうと思われる。

これ何かに似てるなあと思ったが、ちょっと女子校教室に似ている。

表立っては排除されないけど、人と違うことをするとたちまち暮らしにくくなるあの感じだ。

2016-09-23

http://anond.hatelabo.jp/20160923134832

変態自称する俺でも試してないわ

おしっこは飲んでみたけど

 

精液の匂いって個人差あるのかな? えげつない匂いしない?

 

あと、誰かの体の一部だったものを飲むっていうのが生理的ちょっと無理

おしっこは飲むけど

 

男優の精液集めてるやつもちょっと気持ち悪い

大人数におしっこぶっかけられてるやつは楽しいけど

 

そういえば自分の精液を集めて焼いて食べてた人が居たな

あれはさすがに吐きそうになった

おしっこでも無理

精液を飲んだ感想

前に「女性絶対に嫌がる」みたいな記事を読んで、ん??と思ったので。自分感想としては、



味は苦くも臭くもなく。結論としては、そんなにヤじゃなかった。

まとめサイトで読んだ「友人に頼まれて精液を飲んでしまった女装男子」の記事で読んだ、「鼻水みたいな味」って感想が一番しっくりきた。

鼻水みたいな味。

あとからうがいはした。手もちゃんと洗った。イカ臭くなったりはとくになし。


固定パートナーなら性病リスクもないし、そんなにハードル高くない気がする。でも、強制されてだったら飲む気にはならなかったとは思う。

一回、弾みで飲み込んでしまって驚かれる→反応が楽しくて毎回やるように、という感じ。抵抗感の個人差は大きいかもしれない。


あと、これ、恋人にも言ったんだけど、

口でして欲しい男性諸氏は、ブツを事前にちゃんと洗うべき。

精液が臭いって、一般論よく言われるけど、実際にはそれほど味も匂いもない。

蒸れた本体アンモニア臭のほうがきつい。

以上、あくま個人の感想です合意でないプレイダメ絶対

2016-09-20

REゼロ超つまらなかった

何でつまらないのか分析した。

オチにたどり着いてない

主人公不快

主人公の顔がキモい

リセットリロードが余りにゲーム

主人公が頑張ってるのを応援したくならない

主人公がどんな酷い目にあっても何の感情もわかない

デメリットであったはずの魔女匂いがただの便利アイテム

・それどころか死に戻りによるダメージですら最後は便利アイテム

ピンチに対しての解放がひたすら主人公に都合が良すぎる

・そして主人公が招くピンチの原因が主人公性格の悪さに起因しすぎる

・正直主人公死んで欲しい

主人公死ぬ気配がまったくないから緊張感がない

・サブキャラ死んでもリセットできるからまさに緊迫感がない

・とにかく主人公性格不快


結論

主人公性格物語主人公に向いていないのに基本的には王道ストーリーを歩んでいるためカタルシスの発生が上手く行われていない。どこまでも歪んだ主人公は歪んだ物語を歩むべきであり、王道物語には多少の歪みはあっても根は王道主人公がふさわしい。主人公不快すぎると見ている側は物語世界から心を離してしまうので、その状態で見るための物語を用意すべきであった。王道物語主人公と心をシンクロさせられる世界観の中で楽しむもの

2016-09-19

割り勘したことがない

大学生、男です。

自分友達ごはんに行っても、割り勘したことがない。男女関係なく。

2人だろうと、6人だろうと、いつも自分の食べた物の金額分だけ払う。

もちろん混雑時は、会計別々だとお店の人に迷惑になるから基本的テーブルお金をそろえてから行く。

ぴったし持ってないときちょっと多めに。会計する人が数十円得するくらいかな。



学部友達と行くときも、研究室の人と行くときも、サークルの先輩や後輩と行くときも、誰が何か言うわけでもなくいつもこうやって会計する。

(もちろん、社会人教授と行くときはご厚意に甘えて、出していただくこともある。)



ときどきホッテントリで『男がおごるべき』みたいな記事に、「割り勘だろ」みたいなコメントが多くつくがいまいちピンと来ない。(社会人でなく大学生記事でも割り勘が多い気がする。早稲田とか慶応とか東京きらびやか生活してる人が割り勘してるイメージ



ただ、お酒匂いがだめで、サークル研究室飲み会(だいたい3000円とか定額)以外で居酒屋に行ったことがない。(割り勘って居酒屋でするやつなのか…!)



どうなんだろ・・・自分の分を払う会計してる人って他にいない?

2016-09-18

そうはいうけど中退18歳のブログは読めば読むほどきつい…

http://www.ishidanohanashi.com/entry/2016/04/01/020344

このプロフィールとかなんなんだ

ページ丸ごと粉みかんみがしゅごい

人生挫折を味わった高校生

高校では吹奏楽部に入部。

部活に入るかは自由だったので、帰宅部にしようと思っていたけれど、何となく吹奏楽部に入ってしまった。

そしたら、なかなか大変な部活で夏の大会は全国目指してずっと練習状態

中学から楽器を吹いてる子もいるなかで高校から始めたぼくは全くついていけず怒られる毎日に。

そこで自分が甘やかされて育てられてきたことを心底実感しました。

起きたことも感想も文のまとめかたも中学生夏休み日記

マジで全部こんな感じで読むのが辛い

ブロガーって文章を操るんだろうにこの中学生日記でどこへ討って出るつもりなんだ




これははっきり言うべきだと思う

このブロガーからは「18歳なんてみんな馬鹿」という優しい一般論とは別の馬鹿さを感じる

「18歳なんてみんな馬鹿」という時の「馬鹿」は若者経験の乏しさから来る判断の突飛さを指すのだと思うが

からはそういうのとは違うもっと端的な、はっきり言うと低学力・低知能的な匂いが漂ってくる

プロフィールページに目を通しただけでも俺の言ってることわかるはずだ




勢いつきすぎた青春ほとしりとか言うより

微妙に足りない人が悪い奴に騙されてる」っていう典型的詐欺現場に見える

青春映画と言うよりヤミ金ウシジマくんだ




こんな子を「プロブロガー自己実現しようよ!」とか誘って大学辞めさして

ここから更にセミナーに通わせたりつかいっぱにしたりしてしゃぶろうという奴等はほとんど犯罪者じゃないのか?

我々が見てるのは犯罪現場じゃないのか?




「18歳なんてみんな馬鹿」というこの場に相応しくない一般論を当てはめてこのような悪事スルーしていいんだろうか…

やり方が悪い事のではないかと指摘するのは難しい。

やり方が悪いだけだからかえてみたら上手くいくのではと思うと言うことだけを伝えているつもりで、言われた方は人格否定だとか文句が言いたくて粗探ししただけと捉える事があるからだ。

読みに行ってるブログ過去にあったことということで、たまに毒親と食事をする機会に食事を作って出すとやり方が悪いといろいろとたくさんの箇所を指摘されその指摘はあなたのために言っている。出された相手のことを考えろなど言われるので泣いてしまうと書かれていた。

その後にその親のひどい様子が他にも書かれていて、それは納得できるものだったのだけど、冒頭の例がそれは自分でもいうかもしれないことで、家族ならそれは言っておかしくないと思える内容だったので書いてる人が極端に自分否定されたくないだけの人に見えてしまう、冒頭で取り上げるにはよくないケースをなぜあえて選んでいるのかと質問したくなった。が、他人の為に書いているのではなく自分の想起するままに書いてるのだろうから質問自体攻撃と取られてしま可能性がある。

ねぎを水に晒さずに出すと臭くてそこらじゅうに臭いでいっぱいになるので止めろというのはとてもネギ臭いのがあえて好きか嗅覚が鈍いかでなければ言っておかしくないことだ。料理の仕方に詳しくないので食材宅配サービスに作り方を学ぶことがあると書かれてたのでごく初歩のことを指摘されてただけの可能性もかなりある

でもそれも言い方による。分かってもらおうというならその言い方こそが、読んだ人が書いた人がなぜ泣いてしまうのか、毒親がどんな攻撃をしてくるのかを具体的に知る、理解する部分だと思う。

でもそれは同時にその人の感覚を具体的に晒すということでもある。抽象的に止めておけば粗探しをされることもない。

難しい。

冒頭に書かれてた指摘の具体的な内容については、それはいうよそれはという感想を持った。出された方は人によっちゃ軽い嫌がらせかなと受け取るよ。と。

でもネギの辛みがある方が好きなら水に晒さないだろうし匂いも気にならなければそんなものなんだろうし家での習慣でそうしてるだけと書いてたのでその人にはそのやり方が普通になってたというだけのことだし。。

イメージが固まっちゃう冒頭に持ってくるには例が悪すぎるよと言ってみたかったけどチキンなのでここで吐き出した。

2016-09-16

がるちゃんが男に支配されてる気がする

ガールチャンネルという男子禁制の2chのようなサイトがある。

そこでは女性が集まり女子トークをするという場所なのだが、

徐々に男性が集まり出し、近頃では半分以上男子ではないかと思う。

 

黎明期から意見の変遷をみるとそれが明らかだ。

彼らは女性なりすまし女性意見コントロールしようとする。

わかりやすいのが、

男子もこういうところが悪いけど、女子もここがダメだよね!直さなくちゃね!」

というような書き込み

いや、それはわかってるんだ。

わかっているんだけど、なりすまし意見誘導したいのが丸わかりだし、

その根性が本当に気持ち悪い。

女性としては誠実な男性が好きなのだが、その真逆卑怯陰湿匂いがして怖い。

 

そりゃ、あんモテないよ。といいたい。

確かに女子論理性に長けた人は少ないかもしれない。

でも男性もそこまで論理性がしっかりしている人は少数派だ。

穴だらけで、論理的と思い込んでいる偏見でぶん殴ってくるのはやめて欲しい。

そうまでして自分たち地位相対的回復しようとするなんて。。

そんな暇があるなら勉強でもすればいいのに。

 

とにかく、気持ちが悪いから出て行って欲しい。

2016-09-15

http://anond.hatelabo.jp/20160915082313

はてなでしてるけど、超わかるわ。

専業主婦匂い出したら伸びたけどヘドロ扱いされたわ。

主婦かわいそー。

2016-09-13

http://anond.hatelabo.jp/20160913085813

親に買い物に付き合ってもらう約束を取り付けたのに、後で自由研究の内容を話したら、

「そんなことやっても意味がない、買い物には行かない」と否定されて約束反故にされたことがある。

排気ガスを水に溶かしてリトマス紙でphを調べたり、すすを布や紙で捕まえたり、排気ガスを車種ごとにいろいろ調べるつもりだった。

子供らしいテーマじゃないかもしれないけど、本人としては有意義だったし、何よりも自分計画を立てることが楽しい

あと当時は排気ガス匂いが好きだった。

堂々と胸を膨らませて吸うとバレて叱られるけど、こっそり吸えばバレない。

から自己規律問題で、排気ガスが汚いということを自分の目で確かめて信じたかったような気がする。

その後やる気をなくして宿題無視していたら、

夏休みの終わり間際に親が自由研究テーマ集みたいな本から選んだテーマをやらされることになって、二重に嫌な思いをした。

他人から見てつまらなくてもいいか自分で好き勝手にやれるのが一番楽しい

http://anond.hatelabo.jp/20160913000457

そのうちなんか理由つけて正当化してやりそうな匂いがプンプンしますわ

かってになさればいいですけどね

http://anond.hatelabo.jp/20160912221522

アレは発情した雄豚のフェロモンと似た匂いトリュフが出すというだけで豚が食べるわけじゃない

ゆえにトリュフ探しに使われる豚はみんな雌豚

2016-09-11

今日後悔したこと

カメさんの頭をこちょこちょ撫でると首を引っ込めてその姿がかわいいから30分くらいやってたらついに何もしてないのに顔を出さなくなった

これは困ったと思い頭を下にして振ってみたけどやはり頑として顔を出さな

ライター甲羅を炙ると熱くなって顔を出すという迷信を思い出してやってみたけど、緑の背中から臭い匂いが漂ってきただけだった

いじわるしてごめんね

また仲良く遊ぼう

ミドリガメから名前ミカちゃんという

アイドルという遊び

うたの☆プリンスさまっ♪」という作品を知っているだろうか?


2010年シリーズ1作目となるゲームが発売され、翌年アニメ化

そのアニメが大当たりとなりゲーム続編やアニメ2期等が制作され、今年は6年目に突入したコンテンツだ。

内容はいわゆる乙女ゲームで、プレイヤーは登場してくるアイドルたまごたちの曲を作る作曲家となり、一緒にデビューを目指す。デビューを果たした後は彼らとの仲を育みながら、アイドルとして作曲家として共に成長していく…という、説明してしまえば何の変哲もないストーリーだ。

今年の1月にはさいたまスーパーアリーナで2日間に渡るライブも開催され、10月からアニメ4期が放送となる。


この時点で「なんだ、おたくジャンル紹介日記か」と思われたなら仕方ない。

もちろんこの記事うたプリ存在くらいは知っている人を前提に書かれた記事なので、知らない人からしたらどうでもいいことこの上ないだろう。

それでも今、うたプリファンの一人として私はどうしてもうたプリの真髄のひとつ(だと勝手に思っている)でもある「遊び」について言葉にしておきたくてキーボードに向かっているので、もし少しでもこのジャンルに興味がわいたならぜひ知ってみて欲しい。

さっきも説明したけれど、うたプリアイドル恋愛するゲームだ。

シリーズ1作目の舞台アイドル養成専門学校で、一応恋愛禁止だったりする。アニメでもその設定はガッツリ意識されていて、アニメ第1期放送時には「誰も校則守ってねえじゃん!」とまあネタにもなった。

しかし彼らと私たちプレイヤーは、アイドル作曲家という枠の中で恋愛をしていく。

作品大元であるゲームの中では個と個であり、そのストーリーは彼と私(あるいはヒロインである七海春歌)の物語だ。

しかうたプリのすごいところは、「私と彼」という枠組みとは別にもうひとつアイドルファン」という枠組みがある点だ。


一つ例を挙げたいと思う。

シャイニング事務所公認Twitterアカウントうたの☆プリンスさまっ♪ http://www.utapri.com/sp/twitter/index.php#.V84vgkjOyk8.twitter

これはシャイニング事務所所属するアイドルたちがやっている(という体の)事務所公式アカウントだ。

このツイッターが始まったのは2012年クリスマスのことで、まずアカウントが出来たところからすごかった。

キャラクターの互いをフォローするタイミングから順番が見事にキャラクターらしさを外れず、キャラクターごとに異なるクライアント写真撮影技術。長期でつぶやくときには、仕事や移動時間まで計算し、どのキャラクターがどの新幹線に乗ったのか特定することだって出来た。

そこには圧倒的な"存在感"がある。

これが大いに盛り上がった。

もちろん、キャラクターツイッター先駆者うたプリだとかそんなことは言わないし(確かスタスカとかの方が早かった気がする)、こんなのスタッフ必死こいて原稿を打ち込んでるんでしょ、と言われたら元も子もない。

それでもそこにはプリンスたちが存在する"リアル"があったし、自分たちツイートと彼らのツイートが並ぶ画面は現実だった。

(だからこそ2016年シャニフェスプリツイに関しては、言いたいことがないわけではないのだけれどここでは割愛する)

そしてここでの彼らと私たちは、完全にアイドルファンなのだ

プリンスたちアイドルは決して恋愛匂いをさせないし、何においてもファンとの関わりを重視する。

ツイートの隙間に、文脈に、ヒロイン存在や自らを投影する楽しみ方ももちろんあるだろう。

しかプリンスたちの言葉は、恐ろしいほどのクリーンさを持った、アイドルたちからファンへのメッセージなのだ


もう一つ例を挙げる。

うたの☆プリンスさまっ♪サマーキャンペーン PRINCE SUMMER!2015|うたの☆プリンスさまっ♪ http://www.utapri.com/sp/prince_summer2015/

これは2015年の夏に行われたうたプリサマーキャンペーンのページだが、その中でもグッズラインナップの一つを見てほしい。

メモリアルフォト」と題されるグッズの説明文には"直筆サイン"の記載がある。

うたプリシリーズキャラデザをされている倉花千夏先生が"撮り下ろした"ビジュアルブロマイドとともに額装された"直筆サイン"色紙。合わせてお値段5,500円+税。

うたプリを知らない人からしたら何を言っているのかと思われるかもしれないが、このサイン入り色紙はプリンスたちが自ら一枚一枚書き上げた(という設定の)色紙なのだ

入っているコメントも種類があるし、もちろん一つとして同じものはない。

私たちはそこにプリンス存在を信じて、5,500円の色紙を買う。

決して安い金額ではないと思うし(下手すると映画が5回は見られる)、キャラクター自体実在しないのにバカじゃないかと言われたらそれまでかもしれないが、私たちにとって彼らは現実を生きていて、そしてその存在を信じるために5,000円以上を費やすことが出来る対象なのだ

そしてうたプリ公式は、それを決して脅かさない。

倉花先生の描くプリンスたちは"撮り下ろし"だし、誕生日記念日プリンス宛に届く手紙は必ずシャイニング事務所へ届けてくれる。

バレンタインには事務所からのお知らせが毎年でるし、ファンレターの宛先もブロッコリーシャイニング事務所だ。

今年の夏に行われたイベント"『Shining Dream Festa(シャイニングドリームフェスタ)』 http://www.utapri.com/sp/shining_dream_festa/ "でコラボレーションした世界デザイナー丸山敬太氏とも、アイドルたちは"相談して"衣装を作り上げた。

私はこの夏感動したのだ。

現実アーティストライブ衣装なども手がけてきた丸山氏がうたプリコラボをしてくれたこと、そしてうたプリ世界観をきちんと意識してインタビューSNSで応えてくれたこと。

私たちの大切にしてきたアイドルたちが、世界存在を認めてもらえたように感じたのだ。大げさと言われるかもしれないが、私はそれが何よりも嬉しかった。

うたプリはこうした壮大な「遊び」を大切にしてくれている。

これは私の個人的な考えなのだけれど、アイドル二次元三次元にかかわらず、その存在自体が究極の「ごっこ遊び」だと思っている。

アイドルを名乗る彼ら・彼女らはステージというフィールドの上で、精いっぱい自らをアイドルとして作り上げる。

アイドルたちも人間から、当然恋愛もするし食事もするし代謝もある。それでもその瞬間は私たちファンアイドルというたった一つの関係だし、それ以上でもそれ以下でもない。

その関係性に夢を見るから、例えばアイドルたちに恋愛スキャンダルがあろうもんなら、裏切られた気持ちになる。ファンの信じる"アイドルと私"という関係性の他に、関係のない人物が"アイドル恋人"という関係性を作り上げているのだから

もちろんそんなこと思わないし、恋人がいたって全然気にしない!という人もいるだろう。

それでも私たち受け手アイドルたちにの関係は、どう頑張っても"アイドルファン"を超えることはない。


アイドルでも個である彼らプリンスと、作曲家でもファンでもある私たち"うたプリファン"。

うたの☆プリンスさまっ♪」という作品は、その両面を楽しむことができる。

もちろん今までだってうたプリのやり方に困惑しなかったこともないし、キャラクターに関する重要情報後出しでぶれたりすることもあった。

それでも私が5年を超えてなおうたプリ応援しようと思えるのは、魅力溢れる楽曲や展開はもちろんのこと、うたプリの作り手たちがプリンスたちの存在を、生きていることを何よりも信じさせてくれるからである

それが揺らがない限り、私は彼らを応援し続けるだろう。

アニメ4期もこれからの展開も、6年目を迎えたからこそ不安に思うことはたくさんある。

それでもそれ以上に楽しませてくれることを祈って、私はこれからうたプリ応援したい。

応援していることが悲しくなってしまうようなコンテンツだけにはどうかならないで欲しいし、何よりも応援したいと思わせてくれるコンテンツでい続けてくれることを私は祈っている。

2016-09-08

喫茶店匂いっていいよな

コーヒー匂いと、ザラメ砂糖匂いが混ざったような匂い

香りなんて高尚なものじゃなくて、トーストナポリタン匂いも混ざってて、良い。

タバコの煙も、多すぎない量なら混ざってていい。

椅子はもちろん、やけに座りずらいソファーがメインだ。それがまた天井を高く感じさせ、匂いブレンドされる。

コーヒーチェーン店じゃ出せない好きな匂いだ。

無題

一身上の都合でしばらく休職することに相なりました。

せっかく暇になるので、精神的に負荷のかからない範囲で色々と教養を深めていきたいと考えている所存なのですが、

なかなか自分の好きなジャンル作品ばかり読んでいると、選書にも限界があるなと最近感じています

そこで、はてなにおわします賢人諸兄に、おすすめの本などありましたら伺いたい所存です。

参考までに、最近私が読んでいいなと思った本はこんな感じです。

ジャンルは違えど匂いの似た本があれば教えていただければ幸いです。

小説

月と6ペンス サマセット・モーム

第三の嘘 アゴタ・クリストフ

日の名残り カズオ・イシグロ

春にして君を離れ アガサ・クリスティー

すばらしい新世界 オルダス・ハクスリー

動物農場 ジョージ・オーウェル

盤上の夜 宮内悠介

何もかも憂鬱な夜に 中村文則

センセイの鞄 川上弘美

深海ソラリス らきるち

エッセイ系】

夜を乗り越える 又吉直樹

第一阿房列車 内田百閒

乱読のセレンディピティ 外山滋比古

不道徳教育講座 三島由紀夫

御家騒動 百瀬明治

あんまりラノベを読んだことがないので、上記と雰囲気の似たラノベがあれば教えていただけるとよろこびます