「失恋」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 失恋とは

2016-12-06

また踏みとどまってしまった

生きてるのがつらい。とにかくつらい。痔下痢肩こり腰痛倦怠感睡眠不足過食よくわからないけど泣くなど心身の不調のオンパレードである

朝5時に飛び起きて始発に乗っては夜遅く帰ってくる日々。安い給料の割にプレッシャーはきつい。どれだけ早く仕事を片付けても何かにつけ拘束されたまま帰れない。

何かくいっぱぐれない技術がつくような仕事でもない。将来が見えない。

縁のない田舎での安いアパート一人暮らしでは洗濯も皿洗いも掃除も進まず、もう半年ぐらい置きっぱなしのゴミがある。

友達もいなければ恋人もいない。というか失恋した。

そもそも学生時代からまとめて精神を病んだ家族とけんかして実家と疎遠になったり、学業に打ち込もうと思っても上手くいかなくて鬱っぽくなって以来元気だったためしがない。

もういい加減なんとかしたい、そう思って心療内科に行ってみた。

ここならなんとかしてくれるんじゃないか、期待しすぎだと思いつつも藁にも縋る思いで予約した。

もう苦しまなくていいんだ、やっと元気になれるんだ、そう思っていた。

だが何かおかしい。診察の際に症状についてヒアリングされたのだが、なんか「聞き上手感」がない。自分言葉理解された気がしない。

最終的な結論としては「うつ病で何もできないという”ほど”ではないですね。軽めの薬で様子を見ましょう」だった。

いや、たぶんそれが正しい治療なのだろう。カウンセラーではない医者に多くを求めるのは酷かもしれない。

でもさ、正直なんで今まで生きてこれたのかわからないぐらい、ずーっとボンヤリ苦しかったんだよ。もう何年も耐えてきたんだよ。

それを「そんなに深刻ではない」みたいに軽く言わないで欲しかったんだよ。味方だと思ってたのになあ。

永田カビ『さびしすぎてレズ風俗……』に書いてあったと思うが、「うつ病になって病気だと認められてやっと堂々と休めるようになった」みたいな一節があったと思う。

おかしな話だが、もうはっきり「あなたうつ病です」って言われたほうが楽だった気がする。

いや、こんなことを言ってはうつ病の人に申し訳ないし、当人たちはそれこそ毎日死にそうになっているのを何とかしのいでいるのだ。今の自分よりもひどい状況と考えると、それはもうつらい。

その点まだなんとか食べて寝て仕事してというサイクルをへたくそながらも続けられている自分は甘えすぎなのかもしれない。

でも本当につらい。無理をしてはいけないと言われたがその無理はもう何年も続けてきたのだ。いいじゃない、甘えたって。

踏みとどまっていられるのは運が良かったり体だけは丈夫だったりしたおかげだ。今でこそこんな感じだけど、昔はすごく明るくて友達もたくさんいて毎日しかったんだよ。

そんな過去を思い出してなんとか踏みとどまってる。なんとかあっちへ行かずに済んでいる。

でもさ、どうしてこんな崖っぷちに立たされたままなんだよ。いっそのこと突き落としてくれよ。

そうすればもう悩まずに済むんだよ。

そんなことを考えながら明日も始発で出勤です。

勤務中に「客が全員死んで来なくなればばおれは働かずに済むのに」と毎日考えている接客業従事者ですが、恥を忍んで働きます

2016-11-19

http://anond.hatelabo.jp/20161119115528

この失恋ポエム増田女性だと思ってた

女性だろうと男性だろうと、受け入れがたさがある

http://anond.hatelabo.jp/20161119115140

失恋男性ありがちなポエム脳が正確に表現された名作ですね。百点つけちゃいます

苦しい

恋愛、ゴタゴタ、嫉妬、後悔。自分気持ち我慢して相手を待つということの難しさ。今すぐ会いたい衝動、全部全部。

好き好き好き好き。愛してる、愛してた好きだ、好きだったよ。

僕の気持ちは今も続いて、君の気持ち過去において行かれてて。

それでもたまに見せる、いつもの仕草がたまらなく愛おしくて。

他の人と楽しそうにするのが苦しくて、息ができない。

怖かった、一人で向かうのが怖かった。

でも君が、一緒に乗り越えられるようにしてあげるって言ってくれた。そのひと押しがあったから、僕はあそこに行けたんだよ。

昔、ある人に本当の恋愛、本当の失恋をすると食べ物が喉を通らなくなるって言われたけど、本当だったんだ。じゃああの人も今の自分と同じ気持ちになったのかな。どうやって乗り越えたのかな。

僕は弱い。自分の弱さを何度も何度も痛感させられた。

その度に、一番話を聞いてほしいのは一番今の気持ちをわかってほしいのは、やっぱり君で。君にそんなことは言えなくて。

君に言われたことが、心に刺さって、その度に君に泣きつきたくなる。僕は君がいないと駄目だって、そんな事、今更気がついて。

大好きで、でもきっと君は大嫌いで、だから僕は悲しくて、それなのに君はいつも僕のことを気にかけてくれていて。

からの連絡が来たとき、手が震えたよ。涙が出たよ。もう二度と鳴らないと思ってたキミから電話

僕は泣いて、君はそれを聞いていて、気がついたら聞こえていた君の吐息を聞きながら。

次の日が来ればまたただの他人になるって、わかっていたのに。この時間がずっと続けばいいと願ってしまって。寝てる君にこれからもこうしていたい、だなんて言ってしまって。君はうんって、多分、言ってくれたんだ。君は優しいから。だから。僕はその優しさに溺れてしまう。甘えてしまう。

そんな弱い僕でも、それでも。

あぁ、頑張ったよ。誰も褒めてなんかくれないし認めてくれないけど、でも頑張った。せめて自分だけはそれを認めてあげないと救われない。でも本当は君に、頑張ったねって言ってもらいたかった。本心じゃなくていい、嘘でもいい、そう言ってくれるだけで僕は、本当に救われるんだと思う。

もう諦めない。後悔するのは嫌だ。

嘘をついた、君を深く傷つけた、偽物の言葉で君も、自分も騙し続けた。

そんなこともう繰り返さない。

君の愛し方を僕は君より知ってみせる。君の幸せを、僕が掴んでみせる。

女の子にフラれた時の気持ちメモ

好きになった女の人がいて、それはもうどうしようもなく好きで

思いを伝えないと今後の人生において幾つになっても後悔すると思ったので

告白をした。大袈裟に言えば人生を賭けていた。


でもお断りされてしまった。

今後、僕と彼女が結ばれる確率はとても低いだろう。


自分の思いがどれだけ大きくても相手にとっては

そんなこと関係がないのだということを痛感させられ

つくづく人間ってよくわからないし、

世の中にたくさんいるカップル達はものすごい

奇跡の中付き合っているのかと思った。


今後僕に違う彼女ができて結婚したとして

僕は彼女を忘れることができるのだろうか。

世の中の失恋経験のある既婚男性は昔の失恋

どう折り合いをつけているのだろう。

引きずっている気持ちを持ったまま家庭を持って

子どもを育てているのだろうか。

はたまたそれ以上に素晴らしい恋愛をして

今が最高に幸せと思えるのだろうか。


今の自分には後者を歩める自信がない。

失恋をすればするほど次の相手に対するハードルは上がり

次は絶対に結ばれたいという思いか

更に幸せから遠のくような気がしてならない。


ただ、前向きな気持ちとして言えることは

今後もしも自分に対して好意を寄せてくれる女性

現れたとき、この気持ちを知ってしまった以上

その女性に対してかなり真摯に向き合いたいし、

僕に少しでも好意があればその女性に寄り添いたいと思った。


あとは今後、あの時こうしていればという

蓋を開けたら意味のなかったタラレバ思考

陥いることはないだろうという点だろうか。


20代ももおしまいなのにこんなことになってしま

今後の人生不安しかない。


人間もっとドライ交際をしているき気がするし

こんな感情ほとんどの人が10代後半に

捨ててしまっているような気がする。


今の気持ちは大切にしたほうがいいと思い、

だらだら吐き出したメモ

2016-11-18

雨宮まみさんが亡くなった。

直接面識のある人ではなかったし、熱心なファンというわけでもなかった。でもwebで読むエッセイ人生相談記事はいつも、心に染み渡るような優しさと、孤独を恐れず生きていく勇気を与えてくれた。FaceBookでは雨宮さんが「友だちの友だち」の位置にいたし、知人が仕事関係者だったりもして、親近感は感じていた。もしどこかで会う機会があれば「あなたの書くテキストはどれも本当に素敵で、いつも救われていますありがとう」と伝えたかった。だから自分もびっくりするくらい雨宮さんの訃報に打ちのめされた。昨日はずっと気を抜くとそのことを考えてしまっていたし、今朝起きても真っ先に雨宮さんがいないことを思い出してしまった。


雨宮さんは40歳、私よりひとつ年下だけど、気分としては「人生の先輩」あるいは「姐御」であった。東京女性ひとりが生きる時に感じる生きづらさを優しく芯の通った文章で細やかに表現してくれた。モヤモヤと捉えどころのない不安孤独言葉にしてくれることは、それで全てが解決するわけではないにせよ、現状を把握するヒントになり、気持ちを整理することに繋がったのだ。あんなふうに強くしなやかに生きていけたら、そんなふうに思える憧れの先輩だったのだ。私は、私たちは、雨宮さんの背中についていけば良かった。時々衝動的に死にたくなる夜のことを書いた記事も、うんうんわかる、と思ったし、でも生きていかなきゃね、と思っていた。


死因の詳しいことは明かされていないが、事故だ、と出版社の発表にあった。事故なのだろう。もし衝動的に足を踏み外したとしても、衝動的に薬を飲みすぎたとしても、衝動的に手すりに手をかけたとしても、それは事故だ。あるいはご本人の意図しない事故しか言えない何かだったのかもしれない。事故、という言葉以上に、私たちが知り得ることはない。


だけど、雨宮まみさん、事故にせよ、あなたが死んではだめじゃないか

私たちに生き抜く勇気をくれたあなたが、私たちを何度も救ってくれたあなたが、死んでしまってどうするんだ。

あなた背中についていけば生きていける、とどこかで思っていたのに、目の前から急にあなたが消えてしまったら、私たちはこれからどこへ進んでいけばいいのだろう。これから50歳、60歳と年を重ねて感じるモヤモヤ不安孤独も、あなたがすべてもらさずカタチにしてくれて、私たちは「そういうことか」と納得して前に進んでいけるのかと思っていたのに。


雨宮まみさんと共著もあったおかざき真里さんの漫画「サプリ」に、主人公の同僚女性が突然自殺してしまエピソードがある。広告代理店バリバリと働く女性がぷつりと糸が切れたように亡くなってしまう展開だ。漫画では「失恋」というわかりやす理由があったが、今読むと過労死した電通女性の姿も重なってくる。いずれにせよ失恋きっかけにすぎなくて、社会仕事やいろんなものに削られて磨り減っていった末の「事故」だったのだろう。主人公やその同僚たちも自分の足元が危ういことに気づかされ、生きるためにそれぞれが「確かなもの」を得ようと舵を切り、大きな決断をしていく。死がさほど遠くない場所にあることを誰もが自覚しているのだ。


無性に人生を終わりにしてしまいたくなる夜、今までは心のどこかで雨宮まみさんのことを思っていた。「雨宮さんも頑張っているのだ。私ももう少しがんばってみよう。」はっきりと言葉でそう思ってるわけではないけれど、多分ぼんやりとそんなことを思っていた。だけどそれは終わりにしなければならない。

昨日、「雨宮さんはもういない」「ならば私も」そんなふうに思ってしまいそうな自分がいた。

私は、「サプリ」主人公たちがしたように、亡くなった彼女自分の間に線を引かなければならない。雨宮さんが今は安らかに穏やかな気持で眠っていることを祈りながらも、「先輩」「姐御」であった彼女背中を追うことをきっぱりとやめなければならないのだ。

2016-11-14

失恋した

手斧でいーから、なぐさめてー

2016-11-12

増田日記を書いている

初めて増田日記を書いたのが2015年1月

片思い相手へのどうしようもない思いを書き綴ったのが最初だ。

ツイッターにも、フェイスブックにも書けないことがある。

から増田に書いた。



増田存在はてな存在を教えてくれたのもその、

片思い相手だ。

彼が勧めてくれたはてなを見続けるうちに、

私も書いてみようと思い始め、

ある晩、その彼への思いを容赦なく書き綴った。

そしたらそこそこブクマがついた。

びっくりした。



以降、どうしようもない相手への思いを、

増田に書き続けるようになった。

今日、久しぶりにこれまで書いた増田を読み返してみた。

あ、今はめでたくそ相手とおつきあいしてます

おつきあいしているならではの悩みを、

時々書いている。



この先、彼との間に起こる何かを、

こうして増田に書き溜めて行くのかな。

失恋しました。」「振られました」

っていうタイトル増田だけは書きたく無いな。。。

2016-11-07

女、23歳、フリーター彼氏なし

三年間付き合っていた彼氏と別れて、その後別の男性片思いをするも振られて現在フリー

友達は少ない。地元出会い? そんなものはない。顔は悪くないはずだし、胸もある。どっちかというとグラビアアイドルに近い体型で、男受けも悪くはないはずだと信じたい。

家事はできる。料理は得意な方だ。声も可愛いと言われるし、歌もうまいと言われる。趣味許容範囲だってそこそこ広い。私自身多趣味から、人の趣味否定はしない。

男とエロの話だってできる。AVを見てたって何も言わない。いちいち嫉妬もしない(※ただしはてなユーザー)。

自分で言うのもなんだけど、男受けは悪くないはずだ。だが、男がいない。出会いがない。ジムへ行っても老人ばかり。

出会ってもどこか残念な人で「ここで妥協するべきなのだろうか」「いや、もっといい人もいるのでは」とアレコレ考える。結果は出ない。

最近考えたのだが、相手が私に惚れて猛アタックパターンしか人と付き合ったことがないことに気が付いた。しかし、私の歳やちょっと年上くらいになると、そんな恋愛をしなくなる。

「気が合いそうだから付き合おう」とかそんなノリ。

少女漫画の影響を受けただとか、大人になりきれていないとか、そんなことは一切ないはずなのだけどなあ。今更交通事故みたいな恋愛をしたいわけじゃないんだけどなあ。

ちょっとは求められたいし、求めたくなる相手と付き合いたい。恋をしなくてもいいから、尊敬したり、ほっこりした気持ちを味わいたい。

これって贅沢なのだろうか? 贅沢なのかなあ。

ついこの間までずーーーーっと求められる恋愛をしていたから、すごく違和感がある。

自分から求めてばかりじゃなくて、求めればいいじゃない」? 

残念ながら、私は何故だか自分から好きになった人と結ばれない呪いにかかっている。相手特にランクが高い男ってわけじゃない。バレンタインデーチョコもろくにもらったことないような男なのに、私じゃだめだといつも振られる。

いまだに失恋を引きずっているし、正直すぐに恋をできるとは到底思えない。頻繁に交通事故なんて遭うものじゃないでしょ?

女友達には「男はやっぱり金だよ」と言われるけど、ちょっとは愛が欲しいんだよ。彼女には贅沢ものだと叱られそうだ。

やっぱり、妥協必要なのだろうか。なんだかな。

2016-10-30

http://anond.hatelabo.jp/20161030193816

早苗さんに「私がオバさんになっても」。

『もうオバさんじゃん』というネタではなく、早苗さんが「♪派手な水着はとても無理よ」「♪ミニスカートはとても無理よ」と歌うギャップ狙い。



佐久間まゆ渋谷凛ユニットで「待つわ」

可愛いふりしてあの子割りとやるもんだねと言われてそうだし、失恋たらこの2人は実際「他の誰かにあなたが振られる日まで」待ちそうだから

2016-10-28

ゴッホ挫折人生

0歳 : 6人兄弟長男として誕生

15歳 : 成績あるいは経済上理由から中学中退

16歳 : グーピル商会ハーグ支店就職

19歳 : ロンドン支店に転勤、下宿先の娘に恋するが失恋

21歳 : 失恋のショックで仕事に支障が出てパリに転勤させられる

22歳 : 店の仕事に身が入らず支配人や他の店員との関係悪化

友人もなく自分世界にこもり、クリスマス無断欠勤して解雇される

24歳 : 大学宗教を学びたくなり受験勉強を始めるが科目の多さに挫折

25歳 : 宗教の道を諦めきれず伝道師学校に入るが伝道師免許を得る事に失敗

ベルギー炭鉱地帯勝手伝道師活動を行う

その活動伝道師委員会に認められ一時的に俸給を得るが半年で解任

26歳 : 伝道師をクビになり26歳で画家になる事を決意。絵の勉強スタート

※ここから先は生涯弟のテオの仕送り生活

2016-10-23

少年の日の思い出

ふと思い出したので書いておく。

10年以上前の話になるが、安っぽい恋愛ストーリー登場人物になっていた時期が自分にもあるのだ。



それは中学の頃の話で、中学の何年だったかまでは覚えていない。

地元で一番大きな夏祭りに、そこまで親しくない友人に誘われた。

曰く、女子2人と彼と自分の4人で行くということらしい。

彼はそこそこモテる男であり、自分は数合わせの添え物なのだと感じた。

親しくないとは言え、同じ部活動所属し、家に遊びに行ったこともあるぐらいの仲で、しつこい懇願を断ることもできなかった。



待ち合わせの場所で合流する。

女子の一方は案の定、彼のことを好きだと噂される子であり、予想を裏切らなかった。

もう一方はどうか。自分と幼馴染で気の強い女子であり、なるほどこの2人で彼を取り合うわけかと1人納得していた。



彼は女子の1人からお小遣い」をもらっていたようだが、当時の自分は気にしなかった。

いいなー俺も欲しい!ぐらいの気持ちであろうか。



しばらく4人で屋台を回った。

ダブルデートと呼ぶには歪で、2+2ではなく3+1の構図・・・のはずだった。



幼馴染が諦めたのか、彼ともう1人の女子を2人きりにしてあげるというようなことを言い出し、必然的自分と幼馴染2人で歩くことになった。

無言のまま歩いた。

失恋しているのだろう彼女に、なんと声をかけたら良いのか分からなかった。



彼女一言、「私と付き合わない?」と言った。

ここで1つ問題がある。当時、自分には好きな幼馴染の子別におり、彼女もそれをよく知っていたのである

の子と付き合いたいのなら私の許可を取ること、といった会話をしたことを覚えている。

そして自分の住む町は田舎、学年にカップルは数組いるが、それは連絡網のごときスピードで伝達されていったことを思い出す。

すぐ茶化される目に遭うのは目に見えているし、もっと現実的問題として、付き合った男女が何をするのか分からなかった。



色々な思考が頭を巡り、答えることができず、言葉を濁すだけであった。

彼女はすぐに話題を変えた。

あそこにかっこいいお兄さんがいる、みたいな、そんな話をしていたと思う。



気まずい空気がなくなって、自分はほっとした。

彼女が立ち直ってくれて良かったと思った。

2016-10-19

失恋が一番エロい

いや恋心を知って周囲にカップルが出来始めた年頃の女が最高にエロい

そんな女が失恋するシーンが最高だ。

んほぉ系エロ本

この頃の流行なのか売れる。

んほぉ系描くのは良い。

でも便女になるのは絶対幼馴染みの女の子だな。



主人公失恋しておっさん便器になる状況しか描きたく無い。

生徒会長や女騎士の様な強い女を所望されても俺の性癖には合わない。

健気な女、主人公の事が好きな幼馴染み、信じて付いて来てくれる大人しい女。

そんな女が主人公に恋心を残しつつも他の男にってのが良いんだよ。



そんな女に気が付かず彼女が出来て便所がバットエンドってのが最高だ。

2016-10-18

男運がない

まり高校生の時。

オタクで変わり者の先輩に3年間片思いし続けて、卒業してからも諦められなくて

4年の片思いの末ようやく「じゃあ、付き合おうか」と言ってもらえた。

先輩には二人で遊びに行く際、雪のふる中2時間待たされたりドタキャンされたり色々されて、

今なら何であんなやつをと思うけど、当時はほんっとうに大好きだった。

嬉しすぎて19歳にもなって「お父さん!!私彼氏できた!!!」と携帯を持って小躍りしながら言ったレベル

その3日後、じゃあデートしようとなった時、先輩は私の部屋に来たいと言い出した。もしくはラブホテルに行くぞと。

は?何言ってんだコイツ、と思った。19年間処女をこじらせた女に付き合って3日でラブホって何言ってるんだコイツと。

まずは外に出ようってなるじゃん。普通健全に手とか繋いで帰り道にキスとかしたいじゃん。何でいきなり出し入れの話になる。

もちろんいつかはそういうことになるのもわかってますが少し心の準備が、というとすげー怒ったよね。

「お前が4年間も不毛片思いを続けてるからボランティアのつもりで付き合ってあげてるんだぞ!」と返信がきた時点で

100年の恋もさめるとはこのことかぁ、とぼんやりと思った。

今までありがとうございました、楽しかったです。ボランティアお気持ちだけ有難くいただいておきます。と返信して着信拒否した。


4年後、就職した先で同い年のレントゲン技師さんをかっこいいなって思った。

20代は私と彼だけだったので、まあ自然な?流れだったのかもしれない。

おせっかいな(当時の私には神に見えたんだけど)先輩が「20代しかいないし、アドレス聞いてきてあげるよっ」とアドレスを聞いてもらい

勇気を出してメールした。死ぬほど勇気を出して、食事に誘った。

どちらも車に乗れないので、近所のガスト自転車で行ったが

男の人と二人で話す機会なんて全くないので、私はすごく緊張しつつも楽しい時間を過ごさせてもらった。

このまま、仲良くなれればいいなぁ…と思っていた矢先、彼から衝撃的なセリフを聞いた。

「ごめん。俺、実はゲイなんだよね」

混乱しすぎて、いまいち覚えていないが

ゲイでずっと好きな男性がいるがその人に思いを伝えられなくて悶々としていた気持ち

飲み会の際メアドを聞いてくれた先輩に吐露した。

すると先輩はもしかしたら女の子も好きになれるかもしれないから、付き合ってみたらどう?と増田さんをすすめられた。

だけど、やっぱり好きな人への思いが忘れられないし女の子恋愛対象として見られない」ということを言われた。

もちろん、人に言いふらすこともしなかったけど、やっぱり気持ち的には少し失恋に近い気持ちがあって1週間ほどへこんだ。

その件とは、全く関係ないがしばらくして退職したので彼がどうなったのかはわからない。

うまくいってればいいのになーと心から思う。ほんとに。

2016-10-10

つらい

ここ最近つらい。

人間関係がまるでだめ。どうしてこうも上手く行かないんだろう、悲しい思いばかりするんだろうとずっと考えている。

なんだかぼろぼろになってきて、認知療法の本まで買ってしまった。心療内科に通うほど追いつめられてはないが、疲れている。

あの時よりはまし、なんて誤魔化しながら生きてる。

失敗するといつもこの状態にぶちあたる。

今回のきっかけは失恋だった。いや、いつもきっかけは失恋だった。つまらないな。

なんで自分はこうも自信がなくて、人と話すのが苦手で、頑張っていても自分の魅力を伝えられなくて、

誰かに笑われるのが怖くて、恥ずかしくて、苦しくて、一人で閉じこもってしまうんだろう。

しか恋愛に関してまるでみる目がない。

多分自分を好きにならない人を選んでいる。

私の事なんてみる隙が無い人にわずかな希望を持っていて、たとえそれが上手く行ったとしても

薬物中毒の人だから離婚暦があるとか、日中デートしてくれないとか、幸せになれない理由をあげて悩むんだろう。

だめなんだよ、違う人を選んでいるんだよ、相手のせいじゃなくて、自分のみる目が腐っているせいなのに。

自分は何で誰にも選ばれなくて幸せになれないんだろうってそればかり考えてしまう。

理由理由理由、夜眠らないで考えてたんだ。ほとんどが検索だけど

まらない検索で出てきた答えはアダルトチルドレンだった。

恋愛出来ないのは親のせいじゃないよ。

この自己肯定感の低さはどこから来てるんだろうと思い

自信が無い人は愛されないって検索したんだ。

そうしたらアダルトチルドレンコラムが出てきてチェック項目もあった。

ほとんどの状態があてはまってしまった。

人のせいにする訳じゃなくて、アダルトチルドレン状態にぴったり当てはまってしまたから、そこから抜け出してまずは自信を持ちたい。母を恨むんじゃなくて、アダルトチルドレン状態に向き合いたい。もしかしたら根拠の無い自信の無さから抜け出せるかも知れないだろう?

他者から愛されれば自信が持てるかもしれないと思い、もしかしたら無理に人を好きになってのかも。でも何故いつも叶わない人を?と疑問だが、それも自信の無さの現われのように感じる。自分を認めなくないんだ。

認められたいのに認めたくないんだ。認められないようにしてるんだ。考え方に矛盾があって現実的じゃないんだ。

ちゃんと自信を持つように訓練して、自分他者も認められるようにならないと人間関係は構築できないのではないかと一晩中考えた。

からとっても気分が悪い。

ディアレンの映画のようにどん底でもラッキーが掴めればいいのに!なんてなあ。

1999 年っていうのは、ぼくの興味はロックからテクノに移っていた頃。J-POP なんてのにはまったく興味持てなかったけど、居間ミュージックステーション映ってて、「うっさいなー」とか思いながらごはん食べてた。

次の出番は、宇多田ヒカルっていう子。あー、"Automatic" の子ね。タモさんとのトークもそこそこにステージへ。曲名は "First Love" 作詞作曲:ともに宇多田ヒカルだって。ふーん、初恋の歌ね。まあ、十代の子が書くポエムにありがちwでもよく言えばピュアな題材だねww

イントロ

ふむ、バラード

最後キスタバコの flavor がした

ハッ…!なんだこの歌い出しは…っ?! いきなりキス描写!つーか、なんだその妙に大人びた味表現!!演歌か?!?R&B 風情がやりたかったんじゃないのか。ビックリした!

あしたの今頃には あなたはどこにいるんだろう

わわっ。突然、あしたの話になった。そして「どこかわからない」とこの歌世界空間も一気に広げてきた。かつ、どこか「わからない」喪失状態…ッ!この宙吊り感は、あれだ…恋だ。恋の歌だわこれ。この不安とワクワク感。恋だ。

だれを思っているんだ

えっ…?!まさか失恋?! 早い!展開早い!でもしかたない!それが first love宿命からッ…!ていうかなんだこの小娘、まだ子供のはずじゃ?!?失恋のことを完全に表現している。

ダハー

やべー!!!!ここでサビかっ!すごい…なんだこれは。おれもうこの子から1秒たりとも外すことができなくなってる。

You're always gonna なんちゃら

明らかにこの歌のサビだ。だけどこれ、歌謡曲のサビじゃねえ。この一段まったりとしたというかハズした感じ… R&B 的と言ってよいかからないが、このテンポリズムと…歌唱力。そしてこの子の落ち着きはなんなんだ。そんなことよりも、メチャクチャ綺麗なメロディーだ。わわ、だめだもうこの子に夢中だ。なんだこの才能は。歌詞とかもはや、よくわからなくなってきた。

いまはまだ悲しいラブソング/あたらしい歌、歌えるまで

ああ…おれはずっと、この子があしたを不安にしていることについてばかり考えていた。ところがだ。この子自分気持ちを改めて未来のことを語り出した。なんて強いのだ。そして正しい。悲しさに溺れていてはいけないんだ。宙吊りにされてまさかその直後で学ばせられるとは。許してくれ、この子の子いって申し訳なかった。

…そしてこのあと2番がつづき、コーラス(サビ)のリフレインという構成である。いまさらながらリフレインの素晴らしさを改めて感じ取った。感動である。そして、うしろからすすり泣く声が聞こえたから見てみると、いま俺が目撃した凄まじい音楽を同じように聞いていた母親が箸を置き、もう目を真っ赤にして泣き崩れていた。このとき母親もかつては少女だったのかもしれないと初めて思った。

サザンオールスターズデビューした年にはまだ生まれてないから知らないけど、ベストテンで初めて「いとしのエリー」流れたときもこんな感動だったのかな?なんて想像をする。そしてこの感動からかれこれ 17 年経って世の中も変わったけど、さすがにこんな「衝撃」と呼んでしかるべき才能にはなかなかお目にかかれないよなって思ったのは Keep Tryin' のビデオ見てたら町あかりを思い出したからで、才能の種類としてもたぶん同類なのに町あかりは「衝撃」とは表現できない。

2016-10-03

BBAなんだけど、こないだまでは「聞きたいことを今聞かないと死んでしまう病」でしたが

最近は「あたしも混ぜなさいよ病」が発症して困ってる。

居酒屋なんかで隣のグループが同年代BBAで男が欲しい病、失恋した病、なんかの患者がいたりして

その友人たちが「あんた!ちゃんと鏡見なさいよ!」とか「ほーらこの酔っぱらい!置いてくよ!」

「えーだって〇〇さんが好きなんだモーン!ビエーーー!」とかやってると身を乗り出して加わりたくなる。

もう、参加したくて堪んない。

年代BBA諸君居酒屋で突然会話に加わってくるBBAがいたら私です。

何ら建設的な解決策は示しませんが、賑やかします。

2016-10-01

[]

井沢町公民館便りの三巻を読んだ。なんかアマゾンのレビューだと似たような話が海外映画ドラマにあるんだって。どうやらこの三巻で終わりみたいなんだけど、ちょっと最後がきつかった。

この漫画は、政府主導とあるプロジェクトが失敗したことにより、内側から外側へ、外側から内側へ、生き物の移動がまったくできなくなった町の営み描いている。

生き物のってくらいだから物質情報エネルギーの移動は可能で、一巻とか二巻だとネットファッション情報を発信している住人の話やパンの作り方を習っている人の話もある。

ただ、滅んでいく町の様子を描いた漫画なので、どの話にもちょっぴりさみしさというか、悲しさが尾を引いているのが特徴になってる。好きな人好きな物形態になっていると思う。

で、そんな連作集の最終巻なんだけど、ぶっちゃけ最終話はそんなに胸にこみ上げてくるものがなかった。ちょいとネタバレになるけど、そりゃあん場所住宅造ればそういう展開になるなと。

予想通りすぎる結末だったから、描かれている悲哀がものすごく強烈なものだったんだけど、そりゃそういう苦痛を味わってしまうよねって感じで読み終えてしまった。

問題最後のおまけ漫画。この見開き二ページにわたる、四つのコマ割りからなる漫画が本当につらい。描かれてる会議の内容が、一見した際に本編の最終話に間に合ってなさそうに見えたのが原因。

しかしたら最悪の結末だけは逃れられて、一発逆転のハッピーエンドになっているのかもしれないんだけど、そこんところをうまくぼかしてるからもやもやする。最悪を想像してつらくなってしまう。

間に合ってるのかな。間に合っててほしいな。ちょっと本気で願ってしま漫画でした。




他にも最近読んだ漫画感想もちょっこし。

G線上のヘブンズドアの完全版の二巻。面白かった。この人の漫画漫画漫画してるけど、読んでいて気持ちがいい。大東京トイボックスみたいな空気感が漂ってると思う。

BLUE GIANTの九巻。失恋の話はあそこでああいう展開になるんだってびっくりした。まあ残当だけど。あと二回にわたった演奏回。演出なんだけど、台詞祇園もがないのはやっぱりさみしい気がした。

ドロヘドロ二十一巻。ここ数巻ずっとしっちゃかめっちゃかしてる印象。刊行の期間も長いから、ちょっとよくわかんなくなりかけてる。もともと先の読めない内容の漫画だけど。

当て屋の椿の十三巻。相も変わらずエログロだった。この漫画は狂ってる登場人物が多くて悪酔いしそうになる。けどエロいよ。グロいけど。

とつくにの少女の一、二巻。良くも悪くもまだ全容がつかめなかった。コマの形が少し単調な気がする。総合的に控えめな雰囲気漫画

宝石の国の六巻。この漫画は、ずっと似たような失敗を繰り返す内容が続いている気がする。もっと謎を解明してほしい。話を進めてほしい。

グレンデルの二巻。この漫画は逆に話の展開がとても早い印象。あんまり長く続かないのかな。濃い世界観みたいだから少しもったいない気がする。全体的にキャラクターがばっさばっさと死んでいく漫画になってる。





小説も読まなきゃ。あと漫画漫画してるってなんだよ。

元カノに好きだと伝えないために

金曜日の夜は、一人で考えることのできる時間が長くて、前の彼女のことを思い出してしまう。

3年付き合ってこの夏に別れた。分かれてからもう3ヶ月が過ぎようとしている。



自分の今の気持ちを伝えたところで、彼女がまた好きになってくれるはずがないし、

自分気持ちが晴れることもない。

彼女の声を聞けば、楽しかった日々を思い出すし、

それがもう手にはいらないことをまた強く実感してしまうだろう。



嫌われて別れていたんだえれば、まだ開き直ってきっぱりと気持ちの整理をすることができたかもしれない。

でも、ケンカ別れじゃなかったしな。



自分はひどい彼氏だったのだろうか。

なんで別れられてしまったのだろうか。



甘えすぎていたのかな?



やっぱり連絡するのはやめておこう。

未練たらたらな自分彼女に見せてしまうのは嫌だ。



この3ヶ月間、仕事も身が入らなかった。

新人なのに、やる気のない姿を上司に見せてしまって、使えないやつだとか思われているんだろうか。



復縁」「失恋」とかで検索することもあった。意味のないネットサーフィンだ。

この匿名ダイアリーにも失恋はいくつかあって、それらを読んで学ぶこともあった。

自分もこのように匿名で書くことによって、気持ちの整理ができたらなと思う。



彼女と付き合った3年間には感謝しかない。

つらい時期には支えてもらったし、自分気持ちを嘘偽りなく話せるのは彼女だけだった。



彼女はよく笑う子で、僕のつまらない話にもよく笑ってくれていた。

彼女を楽しませるのは僕の喜びでもあった。



自分は日頃は無口な方で、コミュニケーションが苦手だ。



対して彼女は社交的で、老若男女問わずのしく話をすることができ、

良好な関係を築ける人だ。そんな彼女が今でも好きだ。



また、彼女は嘘をつくのが苦手だった。

いや、嘘をつくのが苦手だと思わせておくのが得意だったということなのかな。



いや、彼女の嘘を見破れなかったとしても、

彼女気持ちが変わってしまっていく様子を、僕はなぜ気づかなかったのだろうか。



喧嘩することもあったけど、ちゃんと仲直りしていると思ってた。

思い返してみると、自分から怒ることがほとんどだったと思えてきた。だめだな自分



どう読まれるか考えないで書いているので、支離滅裂文章になっていることだと思う。

これはただ自分の気持を吐き出したいがために書いているものなので、どうかご勘弁をいただきたい。



彼女人生を楽しめる人だ。

僕がいなくてもきっと楽しく過ごしていけるだろう。

その彼女人生に、僕が隣に居られたらとずっと思っていたけど、それは違うんだ。

彼女人生彼女が決めること。

そして、僕の人生は僕が決めることだ。

元気出せよ、自分

うまくいかないことの多かろう人生だが、これから人生は長いんだ。

仕事は好きだし、周りの人はいい人だし、これから良い出会いもあるだろう。

そう思って、僕は生きていくことにする。

2016-09-27

こんなのは失恋のうちにも入らないね

職場好きな人がいた。

1ヶ月くらいの期間限定他所から応援に来てくれていた人だった。

シフトの都合毎日顔をあわせるわけでもないし、役割分担なども違ったので接触時間はそれほど多くなかったけどストライクゾーンど真ん中の人で本当に何年かぶりに人を好きになった。

勤務中の接触時間が少ない分、機会があれば積極的に話しかけた。

その中で彼女日常など話してくれて、短いながらも幸せ時間だった。

ただ、彼女からこちらには何も聞いてくれず、ああ脈なんてまったくなさそうだな、ってわかってはいたんだけど。

先日彼女仕事に来る最後の日、もう今後会うことはないなと直感し、思い切って食事に誘ってみた。

普段時間の中でアプローチしづらいなら、大胆な行動をもって現状を変えるしかないと思ったから。

OKはもらえなかった。

当然といえば当然、見ず知らずの人ではないにせよ唐突すぎる。

こちらが勝手に熱を上げていただけで、彼女は何にも思っていなかったのだから

自分自身も愚かなもので、食事に誘うのではなくたとえば連絡先を交換するだけならもっとハードルが低かったかもしれない。

当時、短時間に色々な思いが頭の中を駆け巡った。

仮に連絡先交換できていたとしてもそれだけで関係を深めるのは難しいな、と直感的に判断した。

から誘いを断られたらそれですべて終わりにしようと決めた。

連絡先だけ知って中途半端なつながりがあると淡い期待を抱いてしまいかえって辛いから。

たから見ればこんなばかげていることでも、自分にとってはとても意義のあることだった。

これから秋本番。

そろそろ恋したいな。

2016-09-22

自分は少しは成長したのか

今日、好きだった人に想いを打ち明けた。

ただ、相手自分のことはほとんど意識していなかったようだ。

返事はNOだった。

しか自分としてはため込んでいた想いを吐き出すことができてラクになり、悲しさはあるがなぜか達成感と充実感でいっぱいだった。

以前は食事ものどを通らないくらい落ち込み、自暴自棄になっていただろうに…。

少しは成長できたのだろうか。

まあ、自己満足自分勝手な話なのは百も承知だ。

職場関係者だったのでヘタなアピールはやりづらかった。

状況を大きく動かすには、all or nothingで大胆な行動に出るしか思いつけなかった。

アプローチが下手くそな俺だ…。

彼女はとてもいい子だった。

内心では「何こいつキモっ!!」とか思っていたのかもしれないが、全然意識していなかった俺の言葉でも真摯に聞いてくれて、一生懸命言葉を選んだ上でお断りをした…という体で応対してくれた。

失恋は悲しいが人を成長させるものでもあるようだ。

これを糧にもっといい人と巡り会ってやる、という気持ちになれた。

…と思っていたのは最初のうちだけで、今、急に思い出して悲しくなってきた(T_T)

ほんの少しでいいので思い切り泣かせてほしい気分だ…。

2016-09-20

初めての彼女 そして失恋

先日人生で初めてできた彼女と別れました

女性と付き合って別れるというのはこれが初めてなので不思議に思っていることがいくつかあります

百戦錬磨の(そうじゃなくても)はてなー様に教えていただきたいです


■嫌になって別れたはずなのに、付き合ってた時のことを思い出したりするともっと好きになってしまっています

良かったことしか思い出せなくて、もどりたい気持ちでいっぱいになります

一緒に訪れた場所に来るとゲロ吐きそうになるほど苦しくなります


■別れてから日経つとだんだん精神ダメージが増えていくこの感じは何?

別れた瞬間は霧が晴れたような清々しさだったのに、日が経つにつれてなぜか苦しくなってきます

日に日に重くなるのでこのままだとどうなるんだろう。怖い


失恋からの立ち直りかた

心臓がぎゅーっと締め付けられている感じがして夜も眠れません

この状況が続くと生活に支障をきたす可能性があります

うまく昇華する方法はありませんか?

元カノオナニーしても眠れません

2016-09-18

短く短い恋だった

大学サークルひとつ上の先輩。写真サークル

私はふだんから活動積極的に参加してるわけじゃなかったけど、7月末には大きめの展覧会があったから、それにはちゃんと作品を提出した。

その企画のなかでそこそこ関わったし、先輩方の中ではいちばん関わりの多かった部類の人だった。

きっかけは全く思い出せないけど、ちょっとずつ好きになってたのかもしれない。それが気づけるレベルまで達したのは、たぶん数日前。撮影会と称して北の方にサークル旅行に行ったときだ。

結構目で追ってたと思う。電車の席もずっと近くをキープしてた。自由行動の時、ばったりと会って手を振ってもらった。失礼かな、とは思いつつ調子に乗って振り返した。

些細なこと全てがとても嬉しかった。

旅行から帰ってきて、友達経由で先輩のTwitterアカウントを知る機会があった。そのままそのアカウントで、彼女存在を知ってしまった。

いないだろうと踏んでたわけではなかった。少なくとも今のところは告白しようとか付き合いたいとか思ってたわけでもなかった。けれどほとんど恋愛経験というもののない私にはあまりに衝撃が大きくて、ああ、失恋したのかなって。これが失恋かって。

恋心に気づいてから経ったの数日。

ありがとう、たぶんもうしばらくは引き摺るよ先輩。すきです。

2016-09-16

すごく泣いた日

9月15日中秋の名月一年で最も美しい月の日なんだって

花屋さん通ったらパネルにそう書いてあったのを見かけてさ。

なんか嬉しくなって流行りの口紅1本と、デパ地下ティラミス買ってのんびり歩いて帰宅した。

今年は誕生日通知とかわずらわしくてFacebook誕生日を隠しておいたから妹と母からだけ温かい言葉を貰った。

一年前はちゃんと彼氏がいたんだけど都合があって離れたとこに住んでてさ

相手気持ちもはなれていってるのを同様に感じてたけどどうしても修復したくて

全部で40万かけて会いに行ったんだよね。

でもね会いに行ったらすごい嫌そうな顔されてさ。

それでもどうにかならないかなあと頑張ってたら、

一緒に住んでたころお世話になったその家のオーナーがこっそり

もう諦めたほうがいいよ、彼はもう新しい彼女がいるよって教えてくれたんだよね。

これが去年の厄年誕生日に起こってさ。

この年になってからのこういう失恋の仕方は本当惨めで辛くてさ。

年代の同僚(子持ち)とか上司にもバカにされんのね。

人生で1番泣いたなあ。

涙腺がおかしくなっとるなーと思う日もあったし

辛いなあと思う日もあったけど、離れてはいても家族が優しく見守ってくれててさ。

仕事もがんばろって決めてから

ある程度の諦めがついてきて別れたときに散々揉めて失った

自分の人としての自信が戻ってきた気がする。それがつい最近

情けないけど誰かをもう一度心から好きになるのはもう少し時間必要だと思う。

でもがんばってみたい。もう一度、誰かと一緒の時間をすごして、いつかお母さんになってみたいし。

働いて年をとって喧嘩してでも一緒に手を繋いでスーパーにいけるようなそんなおばあさんになりたいから、

おばさんは諦めないよ。

今日は本当に月がまんまるで綺麗で幸せちょっと泣いちゃった。

皆さんもいい日でありますように〜