「サイコパス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: サイコパスとは

2017-05-26

http://anond.hatelabo.jp/20170526212032

しろ下民が問題が無い!問題が無い!って必死連呼して、自らの地盤を砕いてる感が凄いんだよなぁ

自らガソリンを巻いて炎上した長谷川みたいに

この問題に着手した人間がどんどん粛清されて、「自民の俺に逆らう奴は皆殺し」のサイコパス精神ならぬ異常性が際立ってる

この惨状自由民主的な党なんて恥ずかしくて名乗れるはずがない。忖度した人間は皆首輪を付けられた奴隷しか居なくてドン引き

2017-05-24

http://anond.hatelabo.jp/20170523232359

始まってから5か月もの間、イケメン王子様として描かれていたメインヒーロー

実はただのクズとかサイコパスではないのかと言う説がユーザーの間では薄々共有されていた上に

さっさと死亡して死んだ後に公式でも実はただのクズであったとされて主人公たちに罵倒される展開がある乙女ゲーがあるならやってみたい

マジレスすると乙女ゲーとか古い少女漫画ではなく現代的な女性漫画少女漫画より対象年齢高めのやつ)に近いと思う

2017-05-19

http://anond.hatelabo.jp/20170519192402

でもあなたキモくて金のないおっさんがトラばさみに引っかかっても心を痛めないわけですよね

あなたはあ同族に対する憐れみの心欠いたサイコパスと言わざるを得ないでしょう

不寛容社会の行き着く先

不寛容人間不寛容になるという循環を続けることにより、パプティコンに向かう。

脳科学ディープラーニングにより進化し、監視社会的承認されたAI化され、アニメサイコパスのような社会に向かっていく。

LGBTへの不寛容不寛容になるというのは倫理観進化というのは無理がある。

信教の自由との違いが本質的理解できない。

結局不寛容が広がると極端な集団を育成するだけだと思う。

不寛容に対する差異を認めないのは囚人のジレンマでいつか自分の番がくる。

人とわかりあえるという幻想を早く捨てるべき。

2017-05-18

http://anond.hatelabo.jp/20170517231145

私はこの被告と同等あるいはそれ以上の苦しみを負っています

から被告がどのような思いに耐え生きてきたか、そうしてなぜ事件を起こしたかがわかるような気がしま

けれど私は事件を起こしたことがありません

からバカだな上手いことやれよ、という気持ちも持っています

br

それから被害者気持ちもよくわかるので

正直キツイなあ、被害者気持ち加害者気持ちもわかるっていうのは

br

私も記事を読んで、サイコパスではないと思いました

不安に対する鈍感さ、過大した自尊心

これ逆ですよね。被告不安と傷ついた自尊心を持っていると思いました

サイコパスなら、ヤッた後殺すor屍姦が目的なので躊躇はしないでしょう

br

想像ですが

母親から迷惑をかけるな」と繰り返し言われていたような気がしま

それが一人暮らしに繋がっているのではないでしょうか

それから外部に助けを求めた様子がないのも、もしかしたら助けを求める事=迷惑をかけると考えたのかもしれません

被害者に手をかけたのもそれが理由かもしれません

しかけてくれる子=助けてくれるかもしれない子=迷惑をかけずにここまで来たのに、初めてこの人に迷惑をかけるかもしれない

それだけでパニックになり思考を停止するために、一番刺激の強いAVを利用した可能性があると思います

けれどだったらやっぱりバカだなと思います人間は考える葦ですので

br

それからこのような人間であっても余裕があれば道は見いだせるので

やはり社会的整備は必要だと思います被害者を出さない為に早急に

br

理想は持つべきだと思います世界中の人が普通環境でいられたら良いと思います

けれど目の前に現実があります、それに対処していくことが大切だと思います

一度に大きな変化は望めないかもしれない、けど1つ1つやっていったらいいんじゃないだろうか?

ここに書かれたこともその1つでは?

br

被告画像見たけどあれでAVまくりなんて怖くて私だったら近づかない

アニメもどんなの観てることやら

けど彼女は近づいて行った、それだけ純真偏見のない人なのだと思う

それが良いとも思わないし、彼女も成長したらいろいろな事を覚えたと思う

からこそ成長する機会を奪ったやつが腹立たしい

br

↑ビーアールって入れてみたけど合ってんのかな?間違ってたら恥ずかしいわ

2017-05-17

江戸川 女子高生殺害青木正裕被告について

事件の内容が既知であることを前提に書く。知らない人はURLを。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00000560-san-soci

憶測を踏まえて、彼について思ったことや犯罪者境遇などについて書く。また、この見解が上記のリンクニュースZERO報道内容をソースとした、個人の雑多な意見であることを念押ししておく。

まず、彼がサイコパスと指摘されていることに関して、昨今のサイコパスについて誤解を述べる。(参照:サイコパス-冷淡な脳-)

現在サイコパス倫理観の欠如した人間代名詞として、市井では乱用されているが、医学上、サイコパス及び精神病質は、脳の前頭前野皮質眼窩部と側頭葉前部、扁桃体などが18%ほど先天的に萎縮した遺伝的な発達障害者であることがわかっている。その結果、他者に対する共感能力の欠如が起因となり、倫理観の欠如が現れる。また、サイコパス特質として、不安に対する鈍感さ、過大した自尊心がある。ここにおける自尊心は、精神医学における自己愛パーソナリティ障害ナルシシズム的な歪んだ自己愛ではなく、正真正銘の等身大自分を愛していることであるサイコパスは決して自暴自棄にはならず、不安も感じない。不気味なほど前向きだ。今回の青木被告供述境遇から、彼がサイコパスでないことは明白である。よって、ここからは彼に罪悪感と不安が備わっていることを前提として書いていく。

この事件についてブコメに書かれているのは、「オタクによる犯行に関する意見」や「自殺しろ」、中には「どうせなら他の奴をを殺せ」といった過激ものであるが、この記事で最も注目すべきは彼の境遇だと思う。

彼は親から愛されず、周囲からいじめによって虐げられ、生活費のために借金までし、健康も患っていた。経済的に困窮してまで、親に頼らず一人暮らしをしていたのは、おそらく自身を愛してくれない母親といるのが苦痛に感じることや、愛してくれない母親感覚的に親ではなく他人に感じ迷惑をかけたくなかったことが関係していると思う。彼の自尊心精神は、その環境によって着実に蝕まれていき、もはや人生希望や魅力なんてものほとんどなかったのだと思う。アニメゲームは、おそらく彼にとっての現実逃避、唯一辛い現実を忘れさせてくれる憩いの場であったはずだ。彼にとってのオタクカルチャーは、犯行助長するものでなく、むしろ疲弊した精神癒し、こういった破滅的な末路を長引かせることに寄与したと思っている。残念ながら、それを回避させるほどの効果はなかったが。

自暴自棄になっていた」「死刑になろうとおもっていた。」という供述から、彼が死を願っていた、この現実から逃げたがっていたことが伺える。自殺を避けた動機については不明瞭ではあるが、やはりそれを為す気概がなかったのだと思う。「自殺すればいい」という直情的なコメントも見受けられるが、一人の幸も不幸も喜びも苦しみも感じる人間が、自らの意思で死を選択し実行する難しさを考慮しているのだろうか。自殺大国といわれることもある日本においては、他者自殺は珍しくないかもしれないが、一人の人間にとっては、自身の全てに自ら終止符を打つ人生最大の決断であるはずだ。容易に成せることではない。

から彼は自分ではない外部に殺害を委ねたのだろう。こんなことを言ってしまっていいのか不安ではあるが、少なくともこの国で最も効率よく確実に外部に殺害される方法は、司法制度における死刑執行を受けることだと思う。リスクを物ともせず、罪悪感を排斥、または抑制自己欺瞞していることが前提であれば、この国で極悪非道犯罪を犯すことは容易だ。多くの人々が周囲になんの警戒もなく、街を悠然と出歩いている。殺人を望む者にとっては、いつでも凶器などを用いて犯行を犯せる環境だ。それは多くの通り魔事件などが示している。そして今回、彼は「連続殺人をして、死刑になろうと思っていた」という判断に至った。しかし、この判断はもはや理知的計画性があったかどうか怪しいところである。心身ともに疲弊していた彼には長期的な計画想像試行錯誤ができるとはあまり思えない。おそらく思いつきに近いのであろう。倫理の軛から一度は解放させられた彼の思考は、この人生最後の機会を用いて、自身の醜い欲望を満たすことに帰着した。次は事件時の彼の心境と性的嗜好について書く。

ここから私が見たニュースZERO報道ソースとしている。

彼が犯行の標的として、バイトの同僚を選んだ動機は、殺害成功可能性の高さ、か弱く家に連れ込むことができるという合理性と「青木被告女性が首を絞められ、乱暴される様子に興奮する性癖があった。」というものと関連している。ここで注意したいのは、彼の性的嗜好が「女性が首を絞められ、乱暴される様子」であって、「女性の首を絞めて乱暴すること」ではないことだ。昨今の、アダルト業界カテゴリーに、二次元三次元を問わず、「強姦」というカテゴリーがある。また、そのコンテンツからこのカテゴリーの大きな需要が伺える。彼の自宅からそういった類のアダルトビデオが見つかっていると報道されていたので、彼もそのコンテンツ消費者であることがわかる。彼にとっての自慰行為は、オタクカルチャー同様、現実逃避の一つであったと思う。彼は創作物の、画面の向こうの非現実的世界にある「女性が首を絞められ、乱暴される様子」に興奮することを、「女性の首を絞めて乱暴すること」で興奮することと混同していた。大きな罪悪感は性的欲求を阻害するが、非現実的アダルトコンテンツはその罪悪感をなくさせ、単純な性的欲求のみを刺激する。事実報道によると、彼は被害者絞殺後、「遺体を見て申し訳ないと思った」と供述しており、罪悪感が起因となり、強姦を行うことができなかった、したくなかったようだ。

犯行中、彼は被害者の首を絞めるリアル感触の中、興奮なんてしないことに気づいていたはずであるしかし、もはや後には引き返せずそのまま犯行遂行した。犯行後、彼は現実に戻り罪悪感を感じた。そして、ここで彼は「遺体写真を撮った」と供述している。ここの行動の意図は明かされていなが、可能性の低い見立てとしては、画面の中に遺体を収めることで犯行を非現実的ものに感じたかったのかもしれない。犯行後、彼は当初の荒唐無稽計画を断念した。これは殺人に対する恐怖と罪悪感が原因だろう。また、彼の「すっきりした」という供述は、犯行それ自体が爽快なものであることを示したものではなく、自首までの二日間の意気消沈と冷静さを含んだ思考からくる人生へのけじめを示すものであるように思われる。

被害者は彼とまともに話してくれる数少ない人間の一人であり、彼にとってはそれなり重要存在だったと思う。自暴自棄になり盲目的に死に向かう彼はそれに気づいていなかった。二日間の冷静な思考気持ちの整理の結果、自身の罪について、本来備わっていたわず倫理観がその贖罪判断した。死にたいではなく、死ぬべきだと。

裁判中の、深々と頭を下げた彼の、遺族と被害者に対する謝意本心からくるものであると思う。死刑を望む彼に情状酌量を得るための演技は必要ない。おそらく、自暴自棄からくる死への渇望、被害者を巻き込んだ罪悪感、それに連なる遺族への罪悪感、わずかな倫理観からくる自身のあるべき姿、などの多くの感情思考犯行後の彼の精神を占めているのだろう。

おそらく、常人であれば、「強姦」のコンテンツを消費して、「女性が首を絞められ、乱暴される様子」と「女性の首を絞めて乱暴すること」を混同しないと思う。しかし、死を望むほど精神的に追い詰められていた彼には、そこまでの自己洞察はできなかったのである。この記事を見ている人の中には、このコンテンツ消費者のような、あまり公にはできない欲望を持っている人もいると思う。しかし、あなたブレーキを踏むことができ、社会的な行動をすることがさほど難しくないであろう。だが、彼のブレーキはもはや壊れていた。彼を取り巻く環境破壊したのである

追記

彼はごく普通人間として生まれた。社会的意味でも普通な人生を、本来は送れたはずなのである。多くの者が彼などの犯罪者境遇犯罪者を生み出す起因について鈍感であるように思われる。もし彼が両親から愛され、周囲から適切に親しみを持って接してもらっていたら、彼は今回のような犯行を犯しただろうか。彼の自尊心は両親の愛によって確立され、適切な社会との接触により、健全精神が養われていれば、今回のような結果は起きなかったはずである。これは彼だけではなく、サイコパスを除く犯罪者ほとんどにあてはまることだと認識している。多くの犯罪者境遇は、現在ある程度の社会的地位を確保している者のほとんどにとっては無縁のものであり、想像すらカスリもしていないこともある。今回のようにその境遇報道されようとも、多くの者が犯行それ自体に目がくらみ、犯罪者自身について考えず、激情に任せた罵声を浴びせる。まるで彼が生まれつきの狂人であるかのように、自分たち一般人とは違う側の人間であるかのように認識する。彼はただの平凡な人間であり、現在の我々が彼とは違う道に進んでいるのは、たまたま彼とは違う環境にいたかである。決して、今の自分自身の力のみでここにいるなどとは思ってはいけない。頭でわかったふりをしても、先入観のどこか思っているというのもダメだ。我々がこの混沌とした世界で、今のところはある程度健全精神をもって犯罪を犯さず生きていける側の人間位置していることは、ただの偶然の積み重ねによる一つの奇跡だと思う。その境界線があまりにも曖昧であることを、彼と我々の違いがどれだけわずかなものであるかを自覚すべきである

こんなことを書いたところで何か大きな変化が起こるなどとは思っていない。こういった事例を避けるために政府がどれだけ社会に介入できるのか、個人にできることはなんであるのかはわからない。法は法であるから守る価値があるのであって、決してそれが正義であるから守るのではない。もちろん、法を施行する側の人間は、倫理正義を持ってそれをなすべきであるしかし、法の内側にいる我々一般市民が、少なくとも法のもとにいると意識している間は、法に対しては盲信的な姿勢が肝要となる。また、法を破った者を、倫理的非難非人間的である非難するのではなく、ただこの国のルールを破った者として機械的認識することが、重要であるように思える。健常者である犯罪者にも倫理はある。国家には守る価値のある秩序もある。なのに犯罪は今もなお横行している。犯罪が一つでも起こるような国は、それだけで、その社会に欠陥があることを示している。

narutsuma793とgreatchina2の違い

①中卒なのがnarutsuma793 大卒なのがgreatchina2

②3回少年院のお世話になったnarutsuma793 2回保護観察のお世話になったgreatchina2

東京在住のnarutsuma793 神奈川北東部在住のgreatchina2

④narutsuma793の闇は深い greatchina2の闇も深い

障害を認められたnarutsuma793 障害を疑われたgreatchina2

⑥有名youtuberのnarutsuma793 無名youtuberのgreatchina2

サイコパスをこじらせたのがnarutsuma793 サイコパス全開のgreatchina2

生活保護経験のあるのがnarutsuma793 宝くじ当選金を生活保護と同然にしか見ていないのがgreatchina2

2017-05-11

http://anond.hatelabo.jp/20170510113545

放送中の奴だと「正解するカド」ってのがおもしろいらしいが、それじゃダメなん

ID-O」とか、他にもいくつかSF作品あったと思う

雪風サイコパス結構しっかりしたSF作品あるんじゃないか

自分は「エンダーのゲーム」のシリーズが好きなんだけど、何度か映画化されていても

結局原作が一番好きなんだよな

SFだと絵で表すと余白がなくなる部分はあると思う

2017-05-10

ふつーって何?

当然一人の人間がいくつか重複してることもあるんだろうけどさ、

逆に一つも当てはまらない人ってどれくらいいるんだろう?

借金苦、児童虐待被害者加害者依存症者、ひきこもりニートサイコパスアダルトチルドレン

身体障害境界性知能、生活保護受給者……

大半の人間はレールから外れることなく、ごく普通人生謳歌してるんですよネ?

2017-05-09

http://anond.hatelabo.jp/20170508185837

個人的体験を書かせて頂くと、私の場合ヒステリー持ちの妻側から精神虐待理由調停離婚申し立てられて離婚した。小さい子供がいる。

なんとか離婚は避けようと頑張ってきたが妻の家族の強い働きかけもあり、私が原因で妻がヒステリーになったという理由の元に追い出されるような形で別居となった。

こんな状態でも罪責感や精神的なダメージはとてつもなく大きい。特に子供にとって申し訳ない気持ちで潰れそうになる。

ただ実のところ、離婚を避けようと行動はしていたが心の中では別れたくて仕方がなかった。だからこそこんな結果になったんだと、倍々で苦しい思いをしている。

離婚は別れて楽になりたいという気持ちはどうしてもあると思う。ですが浮気離婚を決意するのは、一時的な盛り上がりに過ぎないのでとても危ないと思うので考え直すのは賛成。子供がいたら後悔しないことは絶対にないと思う。子供がいて後悔しないで済む人は一種サイコパスだけだと思う。

ただ離婚した身として離婚自体断罪されるのは辛いと思いました。

2017-05-07

復讐体験談投稿者が怖い

ネット復讐体験談を読むと

投稿者が怖い(悪いではない)と感じてしま

なぜだろう

私は要領も悪く、コミュ力もなく、対立が苦手で、どちらかというと怠け者(真面目系クズ)なので

強い悪意を持ってスマート苛烈復讐を達成する投稿者共感できないのかもしれない

もしくは今まで流されるまま生きてきたから、強い意志を持つ苛烈な人が苦手なのかもしれない

フィクションでも主人公シバかれまくるガチ職業漫画とかは苦手だ)

それとも今までの人生自分やらかした失敗、叱られた体験とかを思い出していやな気分になるからだろうか?

たぶん色々混ざってるんだろう

あの投稿者たちがサイコパスのように見えてしま

http://anond.hatelabo.jp/20170507160719

学力が高いだけのサイコパス排除しなかったか昭和初期は失敗した

国立一期校二期校時代早慶出身者を発狂させたのは宮沢喜-系サイコパス差別であるから

大卒を減らすと同時にサイコパスエリートも減らさないといけない

やっぱり大学進学率はちょっと高めが理想 ただし3割は多すぎ

2017-05-06

http://anond.hatelabo.jp/20170506233422

サイコパスてーのは、元気のないお花にお水上げる感覚で花壇に生首を置くようなやつのこと。

増田はただの性格の悪い人。

別に努力目的でいいと思います

実際は顔がブサイクから不採用なのに努力が足りないなどとほざくサイコパス問題なだけで

とにかく、有能な人だけ抽出して、しかサイコパス基地外をきちんと排除して戦前のようなエリート主義にならないようにして

社会に富を増やさないと俺含む無能がお零れにあずかれないですだ

2017-05-03

OJTをしているとサイコパスになっていく

「適度に問題が起きてくれると、俺に経験値が溜まって嬉しい。でも手に負えない問題がでたら俺は知らん上に投げる」と考えながら毎日仕事をしている

健全

問題なんて起きないほうがいい

問題対処するのが仕事なら大変な仕事でもやり抜くぐらいの覚悟は持っていた方がいい

俺は自分が成長することしか考えてない

学生気分なんて言葉ですらヌル

俺にとって仕事RPGのようなものなのだろうか

2017-05-01

兵法だか故事成語だかが思い出せない

記憶では孫子とか老子とか莊子を読み漁ってた時期だと思う。

確か、「敵を支配するにはまず施せばいい」みたいな内容。

最初その言葉を読んでも全然意味がわからなかったのだけど、例えばインフラを与えておいてそれが当たり前の生活になったら、その後は止めるなり金銭請求するなりそれを条件に何かしらの交渉をするなり好きにすれば良いというものだった。

サイコパスじみてるけど、的を射すぎててしばらく鳥肌が止まらなかった。

今になってビジネスだろうと人間関係だろうと、イニシアティブを握りたいならこれがどれだけ効果的なのかを思い知る毎日

社内標語にしたいのだけど、どなたか原文を知ってたら教えて欲しい。

2017-04-30

さあ行こうの略でサイコなので

サイコパスとか聞いたこともないし違うのでどうでもいい

2017-04-29

この人は天才なんだなって人を観察している

遠目でだ。直接会っても無い。有名な人なので、それなりのソースを辿って観察している。

その人の発言や行動を見ていくと、やはり常人を逸している。

それなりの地位を気付いたが俗世から自分を切り離すように地位を捨て、新たな道を見つけて今は有言実行人生を送っている。

その人の哲学は人のためでは全く無くて、自分はどうありたいかを追い求めるような哲学で動いている。

切り取るところを間違えばあまりにも冷たくて、しかサイコパスとは違ってとても優しく人道的だ。

多分知能指数が高い分、「人道的」の部分も考察意識して感情コントロールしているのだが、やはり色々な話を聞いて考えてもサイコパスでは無い。

こういう人を世間がほっとくのか、と当初は思っていたのだがやはりそうではないらしい。

テレビ出演などは全て断っているが(いつかどこかの局が口説き落としてほしい)、様々な分野の著名な友人がその人に会いに行っている様子で、日本大企業はその人にアドバイスを求めているらしくそ業界未来展望について語っているそうだ。ただし無茶を言うのでなかなか反映されないらしいが、そのうちそれが常識になるという上で動いている企業もあるらしい。

本人がそう語るだけならともかく、その人とかかわった周りも「普通では無い」と口をそろえて言う。

それは「変人」とかではなく、その人が為した結果だったり、会話においてやはり凡人のようなことは言わないらしい。

聞けば聞くほど、この人は天才だと感じる。

しかし本人は天才では無いと言う。

そして天才は名も知れず表に出てこない人のほうが多いと言う。

この言葉は謙遜なのか、それとも本当なのか。

はたして真の天才とは何を考えどんな生き方をしているのか?

こういう人を見てると、つくづく自分は凡人だと確認できるので調子に乗りがちな人は本物の天才を見ることを薦めます

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん