「揶揄」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 揶揄とは

2016-05-24

あれだな、エロい目で見る事と性暴力に至る事は本来は別な筈なのに、

エロい目で見る事自体を許せないと思っちゃう人達と似ている。

まなざし村」という揶揄は好きじゃないけれど、そう言われる人達と似た論法ですよね、アイドル女の子として見ちゃだめ、っていうのは。

2016-05-20

不倫擁護してるやつ、とりあえず不倫痴漢に置換してみろ

痴漢は悪だけど、悪だけど、の先に人間がいるんだろ。痴漢するやつの気持ち理屈だけで図ろうとするとその先何もないですぜ、理屈だけの正論って薄いものよ。そうなると一生色んな人の気持ちは分からない。



性的感情って勝手に訪れて没入する操作不能なのもんだろ。そのことを修めるべき人格の欠如や社会倫理の欠落のように揶揄するのは不遜だし非合理だし幼稚で成熟からかけ離れた振舞いじゃないか



http://b.hatena.ne.jp/entry/www.taiyaki-oyako.com/entry/2016/05/19/224243

2016-05-18

http://anond.hatelabo.jp/20160518081703

官選に戻せというのはオーバーにしても、地方地方自治を持て余しているのではないかと時々思う。

知事市長も判で押したように官僚出身ばかり。そいつ自公民とたまに社までが相乗りするので、

よほど人気がなければ、とても太刀打ちできない。

しかし、それ以外の候補がしょぼくてうさんくさいのばかりなのは事実だし、

たまにそういうのが当選したらしたで、なぜか暗黒期になることが多いのだ。

経営者出身の奴は利益誘導がひどい。左がかった学者赤字ばかり増やす

昔は田舎からしょうがないと思っていたが、何のことはない。都ですらそうだった。



例えば、オリンピックの誘致に功績のあった東という人物が都知事になったことがあるが、

元がスポーツ医学専門家ということで行政には疎かったらしく、実務は副知事に丸投げ。

誰が知事だかわからないということで「東副知事」と揶揄された。

その後に都知事就任したのが美濃部マル経学者出身で、革新首長代表例のような人物だが、

公営ギャンブルの縮小、高齢者を中心にしたばらまきなどで赤字を増やし、

ついにはオイルショックにとどめを刺された。

宇都宮みたいな弱者の味方路線がなかなか支持を得られないのも、だいたいこいつのせいであろう。



都市博の中止以外本当に何もしなかったとよく言われる青島だが、二院クラブ所属しており、

参院議員経験もあるなど、単なるタレント候補ではない。

ゴーストライターに書かせたのかもしれないが、著書でも結構面白いことを書いていた。

しかし、それがこの人の限界で、政権運営するだけの実行力に欠けていた。

少数野党政権批判を繰り広げる分には痛快でも、都知事になるべき人物ではなかったのだ。

石原は勢いがよかったのは最初だけで、後になるほどネタ切れと身内贔屓でグダグダになった。

猪瀬は五千万問題で辞任。そして舛添が今こうなっている。



次の選挙がいつあるのかわからないが、その時は順当に元官僚でも選んだ方が、

これ以上都民の皆さんが振り回されるよりはマシじゃないかと思うのである

2016-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20160506220655

http://kurumi47.hatenablog.com/entry/2015/07/29/112044

こちらの記事を読んでちょっと思い出したが、『おそ松さん』ってむしろアンチオタクスタンスが感じられる作品だったような。

特にチョロ松の描き方にその辺りが端的に出ていたかな。彼のドルオタぶりや同人趣味は他の兄弟趣味嗜好と比べてもちょっと悪意のある描写をされていたような気がする。

さらに言えばカラ松は尾崎フォロワーという設定でそのセンスは毎度のように「イタい」と周りから馬鹿にされるのが定番だったが、これって尾崎ファンと言うよりは今の一般感覚から「ズレた」趣味マイナーな嗜好、早い話がコスプレイヤーとかゴスロリ趣味なんかの持ち主全般揶揄するような、はっきり言えばそういう世間多数派理解できない趣味嗜好の人間だったら多少差別されたり迫害されても仕方ない、みたいな空気作品から感じてしまってちょっと不快だった。


その辺の描写の仕方に全般に悪意とは言わないまでも、一般偏見ちょっと寄っているような視線スタンスを感じてしまって、しかしその辺りがかえって一般ファンには共感して受け入れやすい一要素にはなっていたのかなと。

もちろん主なファン層は腐女子中心のオタクというのがある意味皮肉なんだけど、それだけではさすがにこれだけのヒットやブームは有り得なかっただろう。

頭のおかしい人は、妄執と信念の区別がつかない

@tomonobu0802 というTwitterアカウントがある。

女性声優は全て生活保護を受ける存在になるから自分の手であらかじめ潰さなければならない、と言う頭のおかしロジック

かなり本気で振りかざし、呼吸するように女性声優アカウント罵倒する人間だ。無論、彼は誰から相手にはされていない。せいぜい2chヲチスレ10年近く機能している程度だ。

ついでに、安いネトウヨで、アジア方面を呼吸するように罵倒しないとおのれの非才さを直視して死んでしまタイプ人間だ。

どうも15年くらい前はごく普通に同人活動をやっていたようだが、人間関係をまともに構築できないタイプのようで

今やさわるモノ全てにウンコを投げつけるマシーンになりはてている。

また、「俺は過去に3度会社をクビになっている」と、己の信念が社会と折り合いをつけるのを拒んでいるかの如く胸を張っているが、

単に仕事が出来ないのに正社員待遇を迫り、いちゃもんつけまくった挙げ句訴訟を行い、示談をもぎ取ったと言うが完全に「手切れ金」を渡されて捨てられただけのことになっている。

この手の頭のおかしい人を遠巻きに見ていると、「批判反論されることでより自分の狂ったロジックが正しいと確信を持つ」という性向確認できる。

これはまぁ、陰謀論者も「放射脳」と揶揄される先鋭的反原発主義者も、最近話題の「広義の「しばき隊」」あたりもなんだが

自分の正しさって奴に懐疑を持つ能力のものを失っている、あるいは自分の正しさを否定するとアイデンティティのもの消失する人間だ。

彼の抱えている「信念」ってのは、そういう自らの狂気妄想の類を「正しい」と思い込まないと自分自身も堪えられない「妄執」でしかない。

から他人罵倒しておのれを省みたら必要性を一切感じ取ることさえ出来なくなっている。省みるというのは、おのれの心臓をえぐり出すことに等しいからだ。

こういう人間が、「反レイシズム」だの「環境保護」だの一件社会的反論しにくいテーマを持ち出して、そこに居る「悪党」に見えるモノを罵倒すると

奇妙なカリスマを持ち始め誰も止めることが出来なくなる。

現在の @kdxn が完全にそれなのだが、かつてのmixiでの彼の傍若無人な態度を知っている人間は、

しばき隊やCRACをバックアップしはじめた頃からあいつに関わるとろくな事が無い」「奴は人語を繰り出す獣でしかない」と初期から警鐘を鳴らしていた。

その結果が、今のありさまである

社会運動を、こういう頭の可笑しい、反省する能力の無い人間に仕切らせてはならない。女性声優罵倒し続ける程度の頭の可笑しい人間程度に納めておかないと

社会的に正しいことをすることを白眼視させる」事になるぞ。

2016-05-11

「お追従ブックマーク」って、

「おついじゅう」じゃなくて「おついしょう」って読むのか…!

追従

読み方:おついしょう

別表記:御追従

追従」に丁寧の「御」をつけた表現。漢語だが慣用的に「ご」ではなく「お」と読む。相手に付き従うことを意味する語で、多くは揶揄する表現

2016-05-10

日本版サンダースを待ちわびる

右だの左だのクソみたいな議論してないで、

金持ち経営者をぶったたいて、格差無くすことを第一目的にした

サンダースみたいな人が日本にも出てこないかな。



正直20代の俺らは、この国に居て絶望しかない。

海外逃げれば良いとか言うけど、

日本気候とか食べ物とか好きだし、家族友達大事だし

別に海外なんか全く行きたくないんだよ。

そもそも、国から逃げろなんて揶揄したいだけだろ。

地震とか洪水とか自然災害ばっかあるけど、

日本に住みたいんだ。



左翼は9条だ反原発だ、争点増やし過ぎなんだよ。

そんなことよりも、パナマ文書でもなんでも良いから、

金持ち企業からむしり取って格差是正してくれよ。

それやってくれるなら、ウヨだろうがサヨだろうがなんでも良いよ。



社会主義がクソって爺さんどもは言うけど、

お前らが金も権力もせしめていたいだけだろ。

未来希望も見えない資本主義なんかウンザリしてんだよ。



はぁ。革命おこらねーかなぁ。

2016-05-06

石原慎太郎歴史捏造体質

かつては田中角栄を「金権政治」と批判していた石原慎太郎が、田中角栄の本を書いて、「角栄がいかに素晴らしい政治家だったか」を吹聴して歩いている。

そのこと自体にそれほど関心はなかったのだが、先日たまたま慎太郎

角栄は素晴らしい政治家だったのに、アメリカに逆らったから、ロッキード事件人格まで否定された」といった趣旨のことを新聞紙上でのたまっていた。



アメリカに逆らったからかどうかは置くとしても、田中角栄ロッキード事件政治生命を絶たれた、というような、雑な理解をしている人は多い。

酷いのになると、ロッキード事件のせいで首相を辞めたのだと思っている奴までいる始末だ。

ちょっと当時のことを調べれば、事はそんな単純な話ではないこと位、すぐわかるのに。


まず、「ロッキード事件のせいで首相を辞めた」は完全な間違い。

事件が発覚したのは、角栄辞任後である



太閤と呼ばれたの田中角栄総理就任したのが1972年7月。その時の支持率70はパーセントを超えたという。

その後、日中国交回復を成し遂げたあたりまでは良かったが、その後支持率は降下しはじめる。

なぜなら、自らの主導した「列島改造計画」による地価高騰やオイルショックによって引き起こったインフレ(当時「狂乱物価」といわれたらしい)に

有効対策を打てなかったからだ。

気が付けば、支持率20パーセント前後まで低迷。


そこに追い打ちをかけたのが、文芸春秋掲載された立花隆の「田中角栄研究」と児玉隆也の「悲しき越山会女王」という論文だ。

いわば「文春砲」のルーツである。まあ、こちらは「週刊文春」じゃなくて、月刊の「文芸春秋」だけれど。

ちなみに、そのひと月前には、石原慎太郎田中角栄批判論文ものっていたらしい。


もともと金政治家との評判が高かったところへ、事前の期待ほどの成果を上げず、国民失望を買いつつあった田中角栄は、

外国人記者クラブ」の会見で袋叩きにあい、その後、辞任を表明する。


アメリカ上院ロッキード事件が発覚したのは、そのあとの話である



田中角栄という人は、多分、焼け野原になった日本復興を推し進め、同時にその利益

雪に閉ざされた故郷新潟に力づくで誘導することで、首相上り詰めた人なのだろう。

そんな「コンピューター付きブルドーザー」には、

自由主義経済第2位の経済大国を率いていくためのプログラムは、組み込まれはいなかったんじゃなかろうか。

ロッキード事件があってもなくても、早番行き詰っていたのだろう。


慎太郎は、ロッキード事件角栄人格まで否定されたというが、

別にロッキード事件政界から石もて追われたとか、そんなことがあったわけではない。

まあ、朝日新聞あたりは、人格まで否定していただろうが。


ロッキード事件後も、「闇将軍」として自民党で一番結束の固さを誇る派閥を率いていたし、

中曽根康弘なんかは、その内閣があまりにも田中角栄の影響力が強すぎて、「田中曽根内閣」などと揶揄されていた。





以下、個人的な思い出になるが、田中角栄ロッキード事件の第一審で有罪判決を受けたころのことは

幼心になんとなく覚えている。

元総理の現職国会議員有罪判決を受ける」という、日本憲政史上初めてのニューステレビは沸き立っていた。

一方で、田中角栄という人は、選挙で絶大な強さを誇り、新潟三区トップ当選し、選挙民が万歳する様子も

必ずニュースで放映されていた。


自分父親は、朝日新聞を信奉して世の中をみる昭和インテリ気取りだったから、

こうしたニュースを苦々しくながめ、

「ああいうのが日本を悪くする」「新潟田舎からあんな奴がいつまでもトップ当選するのだ」などと言っていた。




田中角栄にとどめを刺したのは、ロッキード事件でもアメリカでも文春でもなく、

DAIGOのじいさん(竹下登である

将軍の下についていては、何時までたっても総理大臣になれないことに不満を持った竹下は、

田中派から独立して自分派閥(創政会)を立ち上げる。


配下裏切りに心乱れ、毎晩オールドパーを浴びるほど飲んでいた田中角栄は、創政会立ち上げの20日後、

脳梗塞に倒れる。

田中角栄の魅力の一つに、その類まれなる演説があったのだが、

脳梗塞言語障害が残った彼に、その力を再び発揮するのは不可能だった。




石原慎太郎という人は、まさに同時代政治家として生きていたのだから、こうした経緯を知らないはずはないのだが、

意図的なのか、都合のいい忘却体質なのか、こういうことを全て無視して適当なことを言う。

本人が言うだけならいいのだが、それをありがたがって拝聴するバカいるからタチが悪い。 


歴史ねつ造、というのは、主に第二次大戦以前のことについてよく言われるワードだが、

石原慎太郎角栄に関する発言を見ていると、「ああ、こうして日々新たな歴史ねつ造されていくのだな」というのが良くわかる。


自分の都合のいいことだけをとりあげて、自分理想の世界をどうしてもつくりたいのならば、

本当に「小説の中」だけにしてほしいもんだ。

せっかく政治家引退して、専業の小説家に戻ったのだから

2016-05-01

絶賛派の負のエネルギーを和らげたい への回答です

http://anond.hatelabo.jp/20160413013038

言及いただいたkato19です。大変遅くなりましたが地震の影響はありませんでしたでしょうか?

意味不明一般の方へ:一連の流れは下記のブログ記載されています

ラブライブ!批判への回答:批判派の負のエネルギーを消し去りたい!

http://kato19.blogspot.jp/2016/04/lovelive-hihan.html

じっくり読ませてもらいました。批判文っていうのは読むのにもなかなかエネルギーを消費してしまますね。増田文章論点も多いのでなかなか大変です。自分の知らない分野についても検索しながらできるだけ理解できるように努めました。とはいアニメ化以前をリアルタイムで追っていない以上は本当の意味での理解は難しいなと思いました。増田が本当に細かい所まで気にしている所に驚かされますが、これがまさに増田の拠り所であるんだなと感じましたね。

今回増田の疑問に逐一回答する事はあまりに労力が大きのでご容赦ください。総論的な内容になります。それに以前も書いたように、そもそも回答した所で増田が納得するとは到底思えないのです。増田も同じような事を書いていますが、結局それぞれが重要だと思う所を重要だと思えないのです。

それを踏まえた上で今回のやり取りの感想を書かせてもらいます

批判派に対して思う事

私が、批判派に対して当初思っていたのは、あの作品を観て面白くなかったんだろうか?それとも面白かったんだけど細かい所が気になってしまってダメだったのか?もう全てがダメで良い所はほとんどないのか?という所でした。

増田文章通読してみて感じたのは、やっぱり原作原案問題がなければこんなにこじれる事はなったんだろうなぁという事。増田ですら『カップヌードル』程度には面白いと思ったわけで。『見たい作品が見られなかった』という点については批判派の方からもツイッタなどで一定の賛意をいただけた所です。

批判派のおりあそ氏が劇場版で泣いたってのも自分にとっては結構衝撃的な事実で驚いたんだけど『μ'sが解散するんだから涙くらい出るよ』という事なんでしょうね。もちろん自分にも当然そういう所はあるのだけど、今回はそれだけではない感動があったんですよね。

ラブライブ!ガルパン共通性

自分は『ガルパン劇場版でも大変感動して涙が止まらなかったんだけど、あれは決して大洗女子学園が存続してよかった!という事で感動したのではないのです。あの映像演出自体に感動させられたのです。心底すごいと思いましたしその凄さに当てられて感動しました。話の筋で感動したのではなかったのです。

参考 http://kato19.blogspot.jp/2015/11/girls-and-panzer-movie.html

劇場版ラブライブ!の感動はそれによく似ていると思いました。技術レベル前衛的な演出、それと当然ストーリー上の感動が合わさって強い感動を得られたんだと思います自分は少数派になる事が多いので自分意見が絶賛派の主流ではないでしょうけど。

増田はおそらく劇場版ラブライブ!ガルパンより論理的妥当性がないからダメと言うでしょうが自分にとっては十分に許容範囲であったという事です。しかしこの点については程度問題しか言いようがありません。

増田の本当の主張は原作改変問題ではないか

増田論点は大きく分けて次の2点に集約されます

1、論理的妥当性を欠くので作品が決定的にツマラナイ

2、原案からの改変が気に入らない

もっとも、絶賛派の多くは作品において即時的で表面的である所の彼らがいうところのアニメならではの表現内容への思い入れを拠り所にしていて、前後総合的なつながりや辻褄の考察を要する物語性やキャラクター性については考えたくないようなので難しいかもしれませんが…。』- 絶賛派の負のエネルギーを和らげたい より引用

『考えたくない』のではなく『気にならない』というべきですが、上記のように互いの主張は『糠に釘』状態なわけです。お互いを説得する事は出来ないよね。実際、増田はなぜ絶賛派が絶賛するのか?その理由理解できていない。その結果『ラブライバー自己愛』などという荒唐無稽理由で論じている。自分は前回から増田もっと前向きな方向にエネルギーを使うべきだと主張してるのだけど、それはこの問題については相手の考えを変える事は無理だからです。もしも増田が絶賛派に対して『本作が駄作だと改心』しなければ納得しない・・・とすれば残念な事です。

増田は初期作品の良さも述べているというが、アニメ版への恨みつらみが主となってしまっているのは間違いないですよね。増田が単に虚空に向かって文句叫びたいだけなら仕方ないですが、初期作品の良さを知ってほしいのならその方法があるはず。増田で絶賛派を無能呼ばわりしていてもしょうがないわけです。

公野櫻子さんについて

公野櫻子作品に見る『何を真実とするか』ということについて- マンガライフ 水音さん

http://ilya0320.blog14.fc2.com/blog-entry-1837.html

増田意見を読んで公野櫻子さん関係を少し勉強しました(増田から見ればまだまだでしょうけど)その中で上記ブログ公野櫻子論で印象的だったのは、公野さんの特徴として読者参加型作品を得意とする事でした。ラブライブ!の初期作品も読者参加型であった事を考えると増田もその影響を強く受けているのかなと。やはり自分達で作り上げた作品という感覚が他の作品よりもずっと強く、それがアニメ版に対する『歪められた』という感覚につながっていると推察しました。そこが単なる原作改変問題とは違う根深さなのかな。

自分は『参加型』とは真逆の鑑賞者。京極花田氏の作家性が強く出ていても何の問題もありません。ガルパンのように映像作品としての演出技術に感動し『物語』は当然必要だけれどもそれは作品の一部を構成しているにすぎない。それがつまり構成演出楽曲すべてが一体となって表現』の意味なのです。増田にとっては物語(や、それを含むキャラの設定)が重要テーマであってそれ以外は物語をよく見せるための添え物であるべきなんだろうと思う。そしてラブライブ!においては公野さん以外の作家性が見える事は不快感につながっているんでしょう。

ちなみに私だって物語重視の作品は大好きですよ。『ここさけ』なんて感動しすぎて3本も感想書きましたし・・・

参考 http://kato19.blogspot.jp/2015/10/kokosake.html

ラブライブ!については原案先入観なくアニメに入っているだけの違いです。増田先入観でまずハードルがあり、さらに細かな物語重視の点でさらハードルがあった。その二つに加えて大事にしていた公野作品が汚されたという感情的問題不快感を増幅させているのだと思います

初期作品からファンに対する怒り

本当の数はわかりませんが、初期作品からファンの全てがアニメ版否定しているわけではないですよね?おそらく増田が一番怒りを感じているのは、初期作品からファンのくせにアニメ版劇場版を礼賛している人間でないでしょうか。アニメ版以降の人間はただの無知蒙昧だから啓蒙する必要があるが、初期作品から人間はなぜ礼賛するのか理解できない。だからラブライバーとしてのアイデンティティを維持するためだけに礼賛している害悪だ。完膚なきまでに叩く必要がある・・・と。


絶賛派は宗教的

増田氏は絶賛派を宗教的などと揶揄するけれどそれはお互い様でないですか?というより、この議論ものもが神学論争である事を自覚していないのだろうか。私は自覚しています。この問題宗教論争やイデオロギー論争と全く同じです。

(初期作品群を)肯定をしている様子も殆ど見受けられません。ただ踏み台として蹴落とされるべき歴史としての存在を認めているだけに過ぎないでしょう。先述のメディアミックス理論の持ち出し方にもそれが現れているように思います。 - 絶賛派の負のエネルギーを和らげたい より引用 カッコ内筆者付加

原案作品群を否定していないだけでは飽き足らず積極的肯定しなければ満足しない・・・踏み絵でしょうか?折伏でしょうか?『目を覚ま』さねまばらないなど過激宗教団体と同じではないでしょうか。少なくとも私は初期作品群を『踏み台として蹴落とされるべき歴史』とは思っていません。そもそもよく知らないだけですから

批判は悪?

絶賛派ラブライバーは最終的にとりあえず批判する奴が悪なんだという方向に持っていきたがります

まあ、そういう人もいるでしょう、誰もが議論に慣れているわけではないでしょうから。もちろん私は『批判する奴が悪』なんて思っていません。しかし好きな作品をけなされる不快感原案派の人だって同じでしょう。貶して凹ませるのが目的なんでしょうか?そうであるなら品がない行為だなぁと思いますが、実際には増田にとって大切な『初期作品群』を不当に扱われている事を質したいという趣旨ではないですか?

それなら絶賛派に対して『自分の感動はまちがっていました。この作品はご指摘の通り駄作です』と言わせる事で目的は達せれれるのでしょうか?私には単なる当てつけのようにしか感じません。

増田のすべき事

増田とは確かに感じ方もキャリアも違いますが、同じラブライブ!というコンテンツを楽しんでいた者としては、互いを排除しあうのではなく包摂されるべきだと思う。

増田氏がアニメコンテンツの流れに大変造詣が深いだろう事は一連の文章を読む事で推察されますであるからこそ、ラブライブ!が『もはや好きとは言い難い作品』などと離れるのではなく、その想い・知識を残すべきだと思うんですよね。

それは、ネガティブ文章増田で埋もれさせるのではなく体系的に整理された作品案内を提示するべきでなないですか。増田の思う本当のラブライブ!の楽しみ方を、初期作品の良さを記録に残す方がずっと目的にかなうと思います。確かに旬は過ぎてますが、ワンテーマブログだとしても増田で埋もれるよりはずっと有益だと思う。注目されやすアニメ版にくらべて原案作品群は実際のところ目立たないし、新たなファンには見る事すら困難になっているわけです。サンシャインが出た今はなおさらμ'sの初期情報検索しにくい状況です。だから意味はあると思う。

個人的には、この一連の投稿はすごいと思うし、内容についての賛否別にしても、ただ増田で埋もれるのは残念だと思う。でも別の形で発表するにしても、ぜひ否定だけではない前向きな批判。つまり好きな作品を広めるために使ってほしいと思うんですよね。

初期作品群の整理を

増田原案作品が軽く扱われている事に不満を持っていますが、増田にとっては自明の事でもアニメ以降のファンにとってはその周辺知識は非常にわかりにくいのは事実です。サンシャインが始まるとはいえ、これから再放送配信オリジナルを見るファンも多いでしょう。実際私もちょっと調べただけでは意外と整理されていない事に気付きました。作品紹介、見る順番、その魅力など、いまからでも整理して発信する事は無駄ではないはずです。はっきり言って知識の乏しい自分には無理です。

それなら読んでみたいと思うし、こんなマイナスエネルギーで文才を消耗する事はないと思う。もしそんなページを作ってくれたら是非私のブログリンクしてお知らせください。こちらからも紹介させてもらいますから

最後

こんな事書くとまたね『上から目線』みたいな批判ツイッターでされそうですけどね。ツイッターで深い議論のやり取りはむずかしいですが、このように長文を書ける人の意見真意が分かりやすエネルギーを使う意味があると思います自分も今回の事で劇場版の良さを変更する気は全くないのですが、初期作品群の事を詳しく知るきっかけになりましたし、批判派の真意というのも(ある程度ですが)理解できてよかったと思っています

その他追伸

『先にも述べたように絶賛派は平和ボケしていて余裕なので脳天気なことを言うだけでいいでしょうけども』

いいじゃん平和で!と思ったけど、まさに批判派にとっては戦争状態なのだ・・・その心中がわかりますね。平和に絶賛を謳歌している絶賛派への怒りを感じます

海未はアニメ以降特に不遇だと囁かれるキャラの一人であったため制作陣の悪意や、または慢性的配慮の怠りの結果だと感じる人も多かったようです。

そうなんだ・・・でも海未ちゃん不遇かなぁ・・・アニメ版でもすごく人気あるじゃないですか、自分もかなり好きですよ。でも一番好きなのは花陽ちゃんですね。批判派の人はアニメ版の花陽ちゃんを『ただの米好き女』に貶められた怒っているみたいですけどね。あのキャラ設定良くないですか?アニメ版の花陽ちゃんすごく良いと思うんだけどなぁ。

※以前指摘されたメディアミックス論の『出自』部分については訂正しました。

ラブライブ!』は私達に何をもたらしたのか? http://kato19.blogspot.jp/2016/01/lovelive.html

追記:最後になって申し訳ないんですが、『絶賛派の負のエネルギーを和らげたい①』http://anond.hatelabo.jp/20160413011057 を見逃してたみたいです!ごめんなさい。読んで改めて追記で補足しますね。(2016/5/1)

http://anond.hatelabo.jp/20160501111442

ISOとかFとかなんぞという状態なら、20万出して写真しか取れない重い機械買うよりスマホでいい写真とることを考えたほうがいいような

もしくはAPS-Cの一眼。パパママカメラなんて揶揄されるようなエントリモデルでも相当遊べる

2016-04-30

放射脳というネーミングは原発推進派の方が似合うと思う。

原発大好きで放射能浴びて放射脳になった感じ。

推進派が原発反対派を放射脳と呼ぶと、放射能の影響で頭がおかしくなって反原発派になったと揶揄しているようになる。

そうなると放射能の甚大な悪影響の存在原発推進派が肯定しているみたいで皮肉のつもりだとしても微妙だ。

2016-04-28

自分アイロニーに酔ってた

クリエイティブ系の仕事(と、濁す)に就いて1年経った。

それでちょっと最近わかってきてショックだったこと。

かつてのぼくはちょっと自意識肥大した学生で、ネットで悪い意味話題になった奴らを皮肉ったり、揶揄するようなツイートをよく書いてた。ブログも持ってて小保方問題とかに一言もの申したりしてた。匿名でそういうことを書くのに背徳感がないわけではなかったが、「クソ」「クズ」的なIQの低い誹謗中傷じゃなくて、問題本質を見抜いたうえでチクリと一刺し、的な、そういうことを書けてる自負があったか快感だった。

で、ぼくがいる職場はそれぞれがクリエイターみたいなものから、全員記名でSNSをやってる。内容は制作物の紹介とか、ちょっとした近況とか。一緒に仕事しててもみんな能力があって良い人ばかり。

からって、先輩たちがたんなる善人ってわけじゃない。やっぱそれぞれ溜めこんでるものはあって、飲み会になるといろんな人の口から頻繁に悪口が飛び出す。悪口やり玉に挙がるのは大きいところだと政策とか、やらかし有名人ポリシーのない同業者とか色々。ウェブ上では淡々作品を載せたりちょっとしたユーモアで和ませたりしてる人たちが、同じくらい鋭い切り口で身近なものバサバサ斬って、アルコールと一緒に消費していく。翌日には全部忘れたように仕事に戻ってる。

それで気付いた。学生の頃に俺がやってたことって、この人たちが思っても言わなかったことをネット上に大公開してただけなんだな、と。

何が「本質を見抜いたうえでチクリ」だよ。そんなん一定レベルに達してたらみんな得られる知見でしかなかった。先輩たちは言ってもどうしようもないと分かってることを見えるところでは言わないだけだ。鋭いことを言えちゃう視点を悪意の発散の免罪符にしてたことがわかって恥ずかしくなった。もちろん先輩らも見えないとこで匿名愚痴ってんのかもしれないけどさ、そうあって欲しいとちょっと思ってしま自分が嫌ね。

王様は裸だと言う側だと思ってたら自分が裸の王様だった気分。あ~やだもう。

初音ミク公式絵が一番だめな感じがまた再来か

コネがあればKEIでも食えるという事実に関して言えばとても夢がある

リアル鬼ごっこの作者にジャパニーズドリームがあると揶揄されたように

2016-04-27

まったく論理学を駆使せずに揶揄ばかりしていた斎藤デブが偉そうに説教とは恐れいった。

あと糞デブ、おれ哲学カテゴリがあったらなんて言ってないからな。似非そいつ文体を似せてるだけで。

彼女募集中とか自分ネタにして再びPVを稼いだのはいいが、あとが続いてないみたいだな?

それとブコメを見てみたか? また自殺をほのめかすなよ。だってあれは炎上ネタですもん、みたいな感じか?

いい加減バレてるって。メンヘラキチガイ豚が

橙乃ままれ批判政治的すぎてきもい

いや、橙乃ままれがやってる内容は正直カスだと思うしそもそも俺あの作者の作品読んでないから別にいいんだけど。

ブコメでここぞとばかりにはてサ系の人が右翼ネタ揶揄してスターつきまくってるの見るとはてなって特殊なんだなぁと改めて感じてしまった。

2016-04-25

http://anond.hatelabo.jp/20160425100729

聲の形の作者は登場人物をさして「みんな嫌いです」といったインタビューが堂々と載ってるんだが

それとモテ期主人公の対となるイケメンってあのおっさんのことかな。アレ持ち上げられてたっけ。

ましてモテキに関して言えば久保ミツロウ当人が男に近いと言っている通り、自分揶揄が入ってるだけだと思うが。

2016-04-22

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。


Q.「感動ポルノ」とはどのようなものを指すのでしょうか。

字面だけでいえばストーリー重視のエロゲーなどがそれっぽいのだが、あまりそういった表現はされないね

一般的には感動するだろうとされる要素を前面に押し出していたりする作品

本来コンテンツとして消費することが目的ではないのに、「感動」という要素を演出として使ってコンテンツとして消費させようとする、作り手の意図が鼻につく場合とか。

あと、そういうのを求める層が、ポルノを求める層と紙一重に感じることもあるから、その人たちを揶揄する形でも使われるかな。

ほら、ポルノって“用途”が明確だからそれ以外は重視されないというか、“目的”のためならばその他の要素は蔑ろにしていることもままあるだろ?

それ自体フィクションであるのだから、何でもアリとまで言うつもりはないが、非難対象にはなりにくいよな。

これを他のコンテンツ、ましてや実話とかでも使ったら眉をひそめる人が出てくる。

そういえば、他にも「感動」の部分を変えて、「○○○ポルノ」と表現することがあるな。

最近知ったが、「ホステル」とか「SAWシリーズとかを、別の国では「拷問ポルノ」っていう人もいるらしい。

もちろん、性的興奮を感じたり、発情していたりするわけではないから、「ポルノ」という表現は適切ではないのだが。

……いや、もしかしたら私が知らないだけで発情している人がいるかもしれないが。

まあ私としては必ずしも実話だからといって、ありのまま見せる必要はないと思っている。

是非はともかく、そのまま見たい人は多くないだろうし、私だって大層なことを言えるほど善良な人間でもないからね。

ただ、「感動ポルノ」といったように揶揄されているようならば、演出としては失敗しているとは思うが。

2016-04-20

境界性パーソナリティ障害は悪ではなく障害

ボーダー(境界性パーソナリティ障害)の人に言葉で説き伏せようとするのは間違い。自殺を仄めかし脅迫行為に使って支配しようとするなどはよくある特徴のひとつだけど、それに怒り追い詰めたら本当に命を絶ってしまうこともある。

距離を置き触らないのが正しい行為だと思う。ボーダー専門家治療時間しか解決しない。

自殺を仄めかすな他者攻撃するなと責めたてても、これは鬱病の人に怠け者、統合失調症の人に現実見ろと責めるのと同じ。

よく「謝ったら死ぬ病」と過ちを認めず炎上し続ける人を揶揄して言われるが「謝ると死ぬ病」の人は本当にいる。

番号で呼ばれたことで病院非難炎上して自殺した県議のようなケースもある。

対話は諦めて振り上げた拳を下げることも大切だ。

http://anond.hatelabo.jp/20160420113718

近い未来「このライトノベルフリーソフト文学AI以下の作品だなw」と揶揄されるようになるから余計な心配すんな

2016-04-19

Delete_Allさんに集まる北条かや馬鹿にしたくて仕方ない人たち

自殺ストリップやめろ。』

http://delete-all.hatenablog.com/entry/2016/04/19/120001

いきなり全然関係ないけどDelete_Allさん所要時間書くのやめてください。

「たった20分足らずでこれだけ書けるなんてすごい!!!!」って褒めてもらいたいのかもしれませんが、そこまですごくないです。

「木っ端ブログどもがいくら時間かけても、俺の20分のエントリの方が面白いんだ!!!!」という自慢かもしれませんが、そこまで面白くないです。

もっと時間をかけて推敲した文章書いてください。

今回の「ワリと本気でムカついている。(所要時間19分)」は面白かったですけどね。なるほどワリと本気なのか……って20分足らずかーい!おーい!みたいな。

あいいや。

「興味ない」し「あまり知らない」赤の他人のことを「炎上かや」などと揶揄して不特定多数の人が目にするインターネットで公開するのはよくないと思うし、何をもって彼女の死にたさを炎上芸の「自殺ストリップ」と呼ぶのか、その辺の説明を省いてるからエントリ全体はただの罵倒しかなっていないと思うんだけど、ブコメすごいね、なんか結構好意的な人多くて。

これくらいの完成度のエントリでも絶賛できるんだね。

みんな北条かやさん嫌いなんだね。

Delete_Allさんが好きなだけかもしれないけど。

Delete_Allさんはストレス過剰な環境に置かれているようなので、溜め込まれ鬱憤他者への攻撃性となって露わになっているだけかもしれず、なので「安静になさってください」「あと所要時間書くのやめてください」としか思わないけど、ブコメは単なる悪意の集まりだった。

北条かやさんがやってる事は、キャバ嬢と同じだと思う。人の心や気持ちに漬け込んで収入を得る。ライターでは無くて炎上キャバ嬢。ショウビズでメンヘラやってても良いけれど、割とキ〇ガイ女性しか感じない。

北条かや初めて知った。好みだから目の前で4000円でストリップしてくれないかな。

文章の委細は不明だが、北条かやストリップには断固賛成。30とは言え元ネタ南条あやとき微妙JKとは格が違う。ヌードUPはよ。

炎上マーケターはここまで言われなければならないのですか。

ちょっと待ってくださいよ。

炎上芸が駄目なら炎上芸やめろ、note商法が駄目ならnote商法やめろでいいじゃないですか。

「仮に彼女がなさったところで有言実行なだけであり責任炎上かや様本人にある。」とまで言っているエントリを、喜んで手を叩いて読むことないじゃないですか。

つい1か月前こんなブクマがあったじゃないですか。

広島の中3自殺事件について思うこと - 感想文』

http://b.hatena.ne.jp/entry/nemurenai-same.hatenadiary.jp/entry/2016/03/10/165519

みんな口々に言ってたじゃないですか。「”そんなこと”で人は死ぬんだ」って。

自殺ストリップなんて、そんなことで死ぬかもしれないとか思わないんですか。

忘れちゃったんですか。

読んでないんですか。

ponkotukkoさんは両方にブコメ残してたし、よんでますよね。

どうなんですか。

「仮に彼女がなさったところで有言実行なだけであり責任炎上かや様本人にある。」で済ますんですか。

仮になさらなかったとしても、死ななきゃ何言ってもいいんですか。

炎上マーケターには何言ってもいいんですか。

メンヘラには何言ってもいいんですか。

はてなブックマークってそういうものなんですか。

インターネットってそういうものなんですか。

2016-04-10

http://anond.hatelabo.jp/20160410155714

さすが脳が膿んでいるゴミクズなだけはあるな
無意味」と「覆せない」の区別がつけられないらしいw
こっちは覆したいんじゃなくて、おまえ頭おかしいぞって言ってるだけなんだがw

芸が開示されていなから無芸であるという発言意味を成さないという論法なら、お前はなぜ俺の芸にそこまで頓着するんだ。

なぜならお前が芸を開示しない理由は以下の二つが考えられるからだ。

  1. 自己の」芸に対して興味がない
  2. 自己の」芸に自信がない

これによりお前が他者の芸たる比喩攻撃する意図を見出だせなくなる。

そして延々と繰り広げられてきたやり取りのうち、「発狂」してるのはお前だけという話になってしまう。

もちろんお前が途中に揶揄してきた発狂という単語を示している。

なぜなら上記理由を取り除いて俺に粘着する意味は無いし、俺はといえば最初から冷静に対処していると言い切っているからだ。

態度にもそれが現れていることは明白だ。

そして芸の開示がないのにおこがましくも他人攻撃を入れるお前に対し、こちらが攻撃してはいけないというルールはない。

ねぼけるのも大概にしてほしいわ。



開示されていないのに欠点がわかるらしい
また気の違ったことを言い出したもんだなあ
しかもこれまたゴミクズ論法
とことん自分発言責任が持てないらしいなw
死ねよ今すぐ

開示されていなくても文意破綻文脈と読み違えたり、文章の指摘をしている直ぐ側から文章破綻したりと矛盾に余念がないじゃない。

恥ずかしいことはフタをすれば万事問題なしってことなのかな。以上をもって芸の無い無能と断定してもやむを得ないと判断するけど。

青二才が嫌われる理由

https://note.mu/tm2501/n/n53fac93d1c80

別に増田駐留青二才アンチじゃないが、山頂の神社みたいなものだと思う。

夢の世界において山頂は高い場所精神の頂きを意味するもので、神社は神性なるもの

この夢を見る精神状態にあるひとは、往々にして神性なる高みを目指す自分に酔いながら他者を睥睨していることが多い。

青二才の言ってることはわからんでもないが、それと相対的他者を濁とする感覚があるからよろしくない。

世間一般が濁であるという事実とは無関係に、細い糸みたいな純粋性はすぐ切れ、たちまち濁るからだ。

それと突き詰めた清廉さは確かに実在している「感覚」だと思うが、同時に狭量さを生む狂気になりうる。

この人は半分狂気に入りかけていて、今よりも強烈な挫折を味合わなければ自らの狂気に気づかない。

例えば自分の好きだった清純性を批判する立場に変わらざるをえない、精神的なオウム崩壊のような事件だ。



そういえばタイトル放置したけど、嫌われるのは自明だ。我高しでしかないから

そして彼自身の大好きな攻殻機動隊の話にこんなのがあった。

まさにシルベストル架空論文純粋性に煽られ、合田操作されて一名を除きほぼ殉死した個別11人の話だ。

増田11人の元ネタも多分これ)

あれ自体伏線であると同時に、純粋な正しさという思い込みがいかに滑稽かを揶揄しているように思える。

http://anond.hatelabo.jp/20160410015402

為末はわざとダブルバインドを平気でかますやつだから、真に受けすぎると病むよ。あの人性格悪いし。

それとは別にあい自身陸上競技ときに異様なプライドを持っていつもいらいらしていた経験から

自他共に揶揄するような書き方をするという経緯もある。

そこの本文はそうでもないけどツイッターじゃ他人を試すような発言ばかり。

自分反論やすそうな文言だけツイートに混ぜ込んで都合の悪い他の意見隠滅したりと、陰湿なのは確かだよ。

2016-04-04

http://anond.hatelabo.jp/20160404155448

そもそもアベちゃん輝く女性推進案自体世間じゃ揶揄されてる気が。

そういうのに親和性高いはてなですらshine死ねネタで盛り上がったくらいだし。

http://anond.hatelabo.jp/20160403125119

レズビアン女性可愛い子好きは世間から微笑ましい目で見られても、

一体どこの世間の話なのか…



しろレズビアン女性存在自体タブー視されているのが今の世間の現状では

堂々と表に出て来て大々的に取り上げられたレズビアン女性って

この間同性婚した芸能人カップルくらいしか思いつかないし

あれも芸能人なだけに両方見目麗しいから揶揄&好奇の目で見られる程度で済んだだけで

平凡~ブスなレズビアン女性なんて男性から女性からも袋叩きだと思う