「揶揄」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 揶揄とは

2016-08-29

クソ雑魚ナメクジについて

増田でよく目にする「クソ雑魚ナメクジ」って、増田しか目にしない言葉なので長らくはてな発祥だと思ってたのだけど

語源は一体何かと思ってさっきググったら所謂淫夢語だということがわかった

おそらくあのホモビデオの中にそう揶揄されるシーンがあるということなんだろうけど、

はてな内で平気で他サイト文化ひけらかしてる訳で、あー恥ずかしいなーと思ってしまった

クソ雑魚ナメクジって、語感がよくて少し気に入ってただけに、どっかの増田が考えた言葉だろうと思ってたけど

2ちゃんねるホモからかってるクソガキの用語をそのまま流用してただけとは心底ガッカリ

24時間テレビで大感動

ネットの色んなところを見てると、ネットには24時間テレビで感動してる人なんて一切いないかのような錯覚に陥る。「自分も見てないし周囲で見てる人が一人もいない。。一体どういう層に受けてるの?」という意見の方が圧倒的多数派だ。まあネットだと「リテラシーが高く何でも批判的に見る層」か「天邪鬼で斜に構えた」か、もしくはその両方、というのが多いし、またそいつらは弁がたつことも多いので彼らの意見のが目立つんだろうな。彼らとて現実としてあの番組が続いている以上世間には支持する人が多数いることは理解してるだろうけど。

でも自分Twitter検索窓で色んな単語を入れて検索してみたところ、ネットでもあれを感動して見てたり番組批判に憤ってる人はいるね。驚きだけど。大体こんな感じ↓

ブリバラとかい陰湿企画障碍者でありながら差別主義者の連中を出演させて24時間テレビ揶揄してる!許せない!最低最悪な差別だ!

・ふー今年も24時間テレビは良い番組だった。たくさん感動させてもらった。障碍者の俺からみてこの番組を叩くほうがよっぽど差別主義者だわお前らが差別されてろ

24時間テレビ批判してる人間は全員差別主義者だから日本から出ていけ

こういう意見ネットじゃ一切存在しないかのようだけどやっぱりあるにはあるんだね(はてなーが見たら椅子から転げ落ちそうだけど)。大抵フォロワー二けた、RTもfavもされないツイートから目立たないだけで。これらの人のプロフィール見るとウヨサヨ全然関係ないのはおもしろい。

映画童貞くさいとか揶揄られているけれど

結局世の人の大半は童貞くさい要素が大好きなんじゃないの

まあ言葉の綾でよく言えば「青臭い」とか言われるみたいにさ

2016-08-28

hatehenseifuがまたウチュクシイ国とか言ってるんだけど

韓国人発音揶揄するのやめてくれないか

本当に頭にくる

2016-08-22

はてなー田舎を憎む「シン」理由(完全最終決定版)

今まで増田でこういう事象考察が数多く行われてきた、田舎ヤンキーに恨みがあるとか、娯楽がないからだとか、同調圧力が嫌だとか

それも少なくはないかもしれないが真の理由は別のところにある

本当の理由イケダハヤトのせいだ

あいつが高知age東京に後ろ足で砂かけたのが全ての元凶だ

もし彼がブログ趣旨を全く逆で書いてたらはてなには田舎擁護東京disがかなりの割合で言われてただろうと俺は思ってる

はてなは確かにそれ以前も田舎否定的論調はあったがそれはあくまで「東京age」の方向で発露していたように思う

相対的地方を下げることはあっても積極的田舎を悪く言うことは少なかった

だがイケダハヤト高知移住してから彼らの田舎への感情は憎しみに変わったのだ

まり彼らは田舎に対しイケダハヤト代理として憎悪をぶつけているにすぎない

ヤンキー云々同調圧力云々はその過程で改めて発見というか再確認された事象しかない

まり「都会vs田舎論争」は皮肉にも「はてな村」と揶揄される一種の「田舎根性持ち同士(イケハヤ!てめーも含むんだぞ!)」の代理戦争に過ぎない

それを見誤って義憤燃える、またはマジレス田舎叩きを全力でしてしま新参ユーザー諸君は頭に叩き込んでおいてほしい

ここはネット田舎はてな村なのだから

2016-08-21

ゴジラとは白米である

稗とか粟とかは置いておいて、ゴジラとは白米である、というのは優れたメタファーであると思った。



60年間に初めてゴジラ提供された時、ゴジラは添え物なしの白米として提供された。

しかし、その後ゴジラ提供する人間たちは、添え物なしの白米を出すことをずっと躊躇してきた。



初期においては添え物が、梅干、漬物からハンバーグになり、海老フライになり、ある時はステーキ刺身になった。

やがて本来主役であるはずの白米の方がむしろ定食の中の添え物のような位置づけとなった。

高度成長に伴い、映画の観客たちの舌は肥え、肉や油を欲しがったのである



何度かの、もう一度最初の白米を出そうという奮闘努力甲斐もなく、今日も涙の陽が落ちていた。

やはり時代の流れから、彼らはシンプルに白米の力を信じることができなかったからだ。



から、添え物を減らして再出発しようとしても、最初の白米と同じような提供の仕方はできなかった。

ニンニク醤油が絡められ、レタスマヨネーズで味が整えられた丼物提供されることになった。



やがて時代が流れ、当初は邪道だと思われたカリフォルニアロールも何度かの失敗の後に「割と美味いんじゃないか」という情勢になった。もう、すでに白米にマヨネーズが付いていても気にならなくなった客たちは、別に日本の白米にこだわる必要性はもうないと思うようになっていた。というか、彼らはもはや、日本料理を諦めていた。



その頃、日本料理はすでに、白米に豚肉ニンニク醤油をかけて、上からイチゴチョコレートハチミツコーティングして出すのがスタンダードになっていたかである。それと比べれば、少なくともカリフォルニアロール人間の食物であった。



そこへ定食屋起死回生メニューを出した。

白米に梅干のみである



人々はそれを揶揄した。今更白米はないだろうと、粟と稗しか食ったことないのか、と。



しかし、常に付属していたイチゴチョコレート味に辟易としていた人間はそれを食って美味いと言った。

普段カリフォルニアロールを食べていた人間たちも、さっぱりとして淡麗で、深い味わいを白米に見出した。



提供した側が、どこまで白米の持つ力を信じていたかはわからない。

彼らも白米はそこまで好きではないと語っていたからだ。



しかし、結果として、白米オンリー丼は、日本人がすっかり諦めていた「白米の力」を提示した。

もちろん、白米のみ、という提供のされ方が口に合わない人間もいるし、その方が多数派なのだろう。

そういう人々が多数であるからこそ、白米は定食の添え物となり、マヨネーズチョコレートが掛けられてきた経緯があるからだ。

「白米の力」はあまり日本人むけで海外に受けないのではないか、とか国粋主義的すぎるのではないか、という批判もあり得る。



まあ、どっちにしても、美味いとか不味いとかは個人感性問題であり、人が美味い美味いいってる横から

明日また来てください、本当の白米の食べ方を教えてあげますよ」とかいうやつは、アームロックをかけられても仕方がない。

人間が白米を食うのは、豊かで充実した時間を過ごすためであり、それは極めて個人的体験なのだから

日本には四季がある

なんかネットアンケート日本の誇れるところを一般人に聞いたらトップに「四季がある」というのがあって、それを見たネトウヨおちょくるのが生きがいぽい人達が「ネトウヨって日本しか四季がないと思ってんだwバーカ」って盛り上がってるっぽいんだけど、まったく意味が分からない。

なんで「四季がある」が「『日本しか四季がない』と奴らは思ってる」になるんだろう???オーストラリア人自国の誇れるところを「大自然」と答えたら「お前オーストラリアしか自然がないと思ってんのなw馬鹿かw」って嘲るみたいな。

あ、先手うって回答しておくと、俺自身全くネトウヨじゃないしネトウヨ嫌いだしリベサヨ揶揄される側だろうと思うけど、この件は論理問題としてなぜ「ネトウヨw」とバカにする感じの話になってるのかわからなかった。

もし貧困JK美人だったら

現在各所で叩かれてる貧困JKを俺は全面的擁護してるけど、いつもと違うと感じることがある。


男が若い女性擁護しようとすると必ずあるのは「ロリコン野郎」「チンポ騎士団」みたいなツッコミだ。

それが今回については全く無い。

件のJKルックスがおそらく万人受けするものではないのが理由だろうが、これが仮に美人と分類されるようなJKだったとしたら、擁護コメントに対する揶揄ベクトルは間違いなく今とは違う。

どれだけ論に正当性があったとしても「JKの肩を持つの若い女だからだろ」と言われて破壊される。

2016-08-20

貧乏人はアニメーターを目指してはいけない

http://anond.hatelabo.jp/20160820004448

アニメーター給料低いってニュースぐらい見てるでしょうよ。

人の夢をこうやって揶揄するのは嫌だけど、現実を見ようよ。

いま貧困なら、お上が助けてくれるのを待つより給料良い職に就いて親も幸せにしてあげようと思わないものなのかな。夢かなぐり捨ててでも、商社とか証券会社とか目指すべきでしょう。

ミサトさん風にいうなら「奇跡を待つより捨て身の努力よ!」ってこと。

http://anond.hatelabo.jp/20160820165238

バブル期とか、護送船団なんて呼ばれて揶揄されたけれども、社会主義的だったよな

唯一成功した社会主義とか皮肉られてた

そういうのを嫌って、終身雇用を捨て、実力主義に走った結果、ソウタイテキヒンコンとか言い出す

NHK貧困JKがたたかれているけど

ていうかネットの誰か叩く事自体バカ性格破綻であることの証明だろ



当事者じゃない人間がなにかに抗議するのはいいけれど、

揶揄も含めて感情的な叩きかたをするマジョリティ例外なく全員屑



ネットの向こうの知らんやつを叩いたり馬鹿にするのに

憂さ晴らしと度を越した私刑以外の何の意味があるのか教えてくれ

ストレスカラオケででも発散しろ

2016-08-16

ヒラリー当選日本もとうとう終わりかね。。

http://blog.goo.ne.jp/y-hne/e/05b4174f89bbcf56d4f9f5993ece7ef2

中国と非常に仲の良いヒラリークリントン。ちなみに、奴の周囲では赤い国の陣営に似つかわしい怪死が多いらしいぞ。ゆえにキラリーと揶揄されている。

トランプは、実は民主党が仕掛けた単なる当て馬スパイ)だったりしてな。

テーマには価値がない」がわからないやつ

映画漫画小説テーマを論じると怒り出す人たち

http://anond.hatelabo.jp/20160815210616

増田の苛立ちがよくわかる。あいつら本当どっかいってくんねえかな。

多分ネット上ではテーマってもの理解されてないんだよね。テーマ作品を左右する価値があると考えてるからテーマどうこうを毛嫌いするし「高尚なテーマw」とかが揶揄になると思ってる。もし価値があるなら、映画なんかにしないでそのテーマ自体を叫んだ方が作品よりよっぽど優れたものになるだろうに。

テーマ評価作品を絡めるのが如何に下らないかについてもっと言えば、ゴッドファーザー反社からから駄作反戦映画は総て名作という論理が成り立つこと。下らなすぎるでしょ。

テーマは観客が作品から読み取る主観的もので、もともと決まってるものと考えるのが間違いのもと。(シナリオ小説作法では絶対説教臭くなるから作者すらテーマ最初に設定してはいけない。またテーマと「モチーフ」は違うものだけどややこしいので略) だいたい「テーマ」の一言で伝えられるんなら誰も作品なんか作らねえよ。

から人それぞれテーマ解釈が違うのが正しくて、そこから多様な見方を話し合えるからこそテーマについて他人と論じるのは面白いわけ。テーマがないとか言って何か言った気になってるやつには本当ゲンナリする。そんなの作品観てないってのと同義から黙ってろよ。

それと、エンタメという言葉が糞みたいな扱いを受けてるのも問題エンタメから批判するな、深く考えるなとか言うやつが多くて本当に辟易するが、エンタメなんてたくさんの人に見てもらうことが前提なんだから多勢に伝えたいことがあるし、批判されたり考察されることは想定済みなんだよ。エンタメからこそ深く考えるべきものもある。決して無批判で受け止めるべきものなんかじゃない。

こんな簡単なこともわからないんだから、要はネット上の大半の奴らは映画も好きじゃないし考えること自体がそもそも嫌いなんだよね。自分がなんとなく好きなものはみんなにも好きって言って欲しくて反対意見を言うやつの口は閉ざしたいだけ。自己肯定のために作品とかテーマとかエンタメって言葉を道具にして、他人意見を封じる。

そういうやつは映画に口なんか出さないで昼飯の写真でもアップするくらいがぴったりだと思うんだけど、全然いなくならないんだよね厄介なことに。

ちなみにシンゴジについてぼくは絶望しようよがテーマだとおもいました。

2016-08-15

彼女ができたことがない

23歳になって、いまだに彼女ができたことがない。

これまでに女の子の接点は幾度かあったし、いいなと思った人にはアタックしてきた。自分気持ち相手に伝えたこともある。それでも、彼女ができない。



「年齢=彼女いない歴」という事実については、数カ月前までは「仕方がないのかなー」という具合にしか捉えていなかった。



あいにく自分が「いいな」と思った人とご縁が無かったとか、そもそも人と触れ合う機会が少ない以上、出会いの場が少ないわけで、こうなるのは必然だと思える節があったからだ。

それに、考え方の問題として「女に合わせて自分を変えるんじゃなくて、なりたい自分になっていく」という過程彼女ができればいいと思っていたこともあって、恋愛というもの優先順位をかなり低く設定していたのもあるだろう。



だけど周りの人たちが彼女持ちになった時からか、自分の歳をはっきりと意識するようになり、彼女ができたことがないということも同様に強く意識するようになってしまった。



世間的に見て「23学生彼女なし、童貞」というステータスは決して好ましいものではないし、周りからも「お前まだ彼女いないの?」と揶揄されるようになってしまった。

正直、こんなことになるとは思ってもなかったし、さすがに大学在学中に彼女の1人や2人くらいはできるだろうと高を括っていた。だけど事実彼女の1人や2人さえできなかった。




予てから考えていた「なりたい自分」にはなれていると思う。

スキルとか学識とか、そういったもの大学在学中にちゃんとつけられたし、これで生きていくんだろうなという指針も立てることができた。



だけど、彼女がいない。



一度本当に人を好きになって、想いを伝えたとき「いい人なんだけど、恋愛対象として見ることができない」と言われて、完全に気持ちが弱くなってしまい、引いてしまったのが尽きだったのか。

「また会おうね」とで言ってくれた人に対して、改めて誘って「予定が入りそうだから無理」と言われたことから「ああ、無理か」と思い、距離を置いてしまったのが失敗だったのか。



顔は確かに悪いけれど、体系だって気にしている。

服装清潔感があるようなものを着るようにしている。

部屋の掃除だって定期的にしているし、自炊もしている。

風俗に行けば変わる」と言われて金を周りから出してもらったこともある。(これについては結果的に変わるどころか、数カ月間EDになってしまったわけだが。)



いわゆる「ブサメンだけど彼女ができた」といった先人の行動は、極力再現してきたつもりだ。


だけどダメだったし、そもそも出会いのチャンスも当分なさそうだ。




どうすれば彼女ができるんだろう。

ここでも具体性のない「ソフトスキル」だとか「コミュニケーション能力」ってやつが必要になるのか?

2016-08-14

id:hatehenseifu韓国人発音揶揄してて気持ち悪い

なにが「ウチュクシイ国」だ、このネトウヨレイシスト

2016-08-12

サヨクが見たシン・ゴジラ

何かと話題シン・ゴジラサヨクから見ると、え?これ自民党広報映画自衛隊広報緊急事態条項のための煽り?なんなの?と、見えなくはないです。今回は僕なりどうしてそう見えちゃったのか、理由を考えてみたので、それを解説させてください。。。

以下、シン・ゴジラネタばれを含むので、ってそこがメインのトピックではないですが、未見の方はご注意ください。僕の立場性的もの説明することで行を稼ぐので、ネタばれしたくない方は僕がながながと自己紹介してる間に離脱してくださいね

立ち位置

僕は自称サヨク保守派です。政治的信条をいえば、九条は守る派。自衛隊基本的違憲災害出動はありだから自衛隊って言う名前を変えて武装をなくして災害時のすげーレスキュー隊みたいなのにしちゃだめなのかしらって思ってる派です。でも中国尖閣とかどうしよう。

安保アメリカお金を払って守ってくれるんだったら別にいいんじゃね?派ですが、沖縄ばっかりに基地が集中してるのは不公平感が強いから県外に分散させたほうがいいんじゃないかしら?派ですね。

原発に関しては、なくなったほうがいいけど今すぐは絶対なくせないから、今すぐ全部の原発を最新のやつに置き換えて、少しでも安全にして議論時間を稼ごう派です。

まあネトウヨさんに言わせれば、典型的な「頭の中お花畑」の一人でしょう。日教組教育に毒された頭の中お花畑です。あんまり職業として政治家とか官僚とかに興味なくてよかった!

と、まあそんな私ですが、ゴジラに関しては、世代的に平成VSシリーズドンピシャなこともあり、平成VSシリーズをなんとなくカバーミレニアムシリーズ大人だったのでノーケア。どちらかというと今回の映画には庵野入り口です。エヴァンゲリオンどんぴしゃ、序を見ながら映画館で「庵野大人になったな。。。俺も大人にならないとな。。。。」って思いながら号泣するぐらいの庵野フォロワーではあります。なので、それに併せて今回1954のゴジラや1984ゴジラを予習した上で、劇場に足を運んだのでした。

上前置き。

さて、そんな頭の中お花畑庵野フォロワーな私なので、最初シン・ゴジラを見たときは、え。。。これ、アベ政権宣伝・・・自衛隊礼賛・・・?なに・・・?と政治的にぐらぐらして正直あまり楽しめなかったのです。その理由をまとめると以下

今までのまじめゴジラ映画はさよくを甘やかしている

 前提として、今までの作品と若干比較します。過去作も「ゴジラ自衛隊放射能」っていう要素は大きくは違わないにもかかわらず、過去作を見ても政治的にぐらぐらしなかったのに、今作はちょうぐらぐらしたからです。

 ほいで、比較対象は今までのゴジラ映画の中でも「まじめゴジラ映画」です。ゴジラシリーズがわりと大人向けのハード作品としてシリーズを開始しながら、だんだんマーケット意識した子供向け映画になっていくのはそれはそれで面白いんですが、まじめゴジラ映画しか比較しません。

 ファンタジー子供向け映画であれば、どれだけ自衛隊がかっちょよく活躍していても、現実との距離があるのであんまりキドキしないですし、そもそもゴジラ映画の中では、子供向けに舵を切れば切るほど、ゴジラと対抗する人間側の組織がどんどんファンタジック組織になっていきます。これはこれで興味深いけど論旨とずれるのでおいといて、「ゴジラ現実に出現したらどうする?」っていうベースを持っているのは54のオリジナルゴジラと、84ゴジラなのでこの作品二つを本論では「まじめゴジラ」として、この二つとの対比でこの項目では取り上げます

軍事転用を恐れた眼帯が自殺する1954年

 まず54ゴジラはくっそ反戦映画なわけですが、途中よくわかんないヌルヌル三角関係とか出てきて、事前情報なしで見た僕はなかなか衝撃でした。その三角関係必要なのか?で、もー出来立てほやほやの自衛隊が一夜にして高圧電線東京湾岸に引いたり、戦闘機飛ばしたり、なかなか大活躍されるわけです。見方によっては出来立てほやほやの自衛隊宣伝映画。でも、この映画主題は、芹沢博士(眼帯)が自分技術軍事転用されることを恐れて自殺する、という衝撃の展開にあります。非常に九条精神体現した英雄的な行動ですね。

 自衛隊活躍させる(みぎ)けど、眼帯の博士技術軍事転用を恐れて自殺する(ひだりっぽい)。このバランスのとり方がサヨクスポイルさせるのだと思うのですが、この説教くささは1984でも繰り返されます


首相が高らかに非核三原則宣言する1984年

 1984ゴジラも、なんとなく沢口靖子大根)をめぐる三角関係感が見え隠れしなくもない(片方の相手はお兄さんなので正確にはシスコン映画で、武田哲也の怪演が当時話題になったことは否定しがたい名作ですが、まあこのなかでも自衛隊は謎の新兵器を開発したりわりと優秀です。しかも、冷戦状況下において日本とは思えない軽やかな政治判断交渉を繰り返したり、なかなか自民党政権礼賛です。アメリカ大使ソ連大使に当時の首相こんな軽やかに対応できたんかい

 あと、散々首都蹂躙し、西新宿も壊滅させられたのに、なぜか大島火山に沈むゴジラを涙ながらに見送る首相(その涙にはどんな意味が?)とか思ったりしますが、この首相なかなか理想体現する人で、ゴジラへの対処として核攻撃提言する米ソの大使に対して、「日本には非核三原則がある!作らず・持たず・持ち込ませず! だから攻撃などありえない!」と高らかに宣言をされるわけです。

 えー。。。駆除に関する議論をしてるときに、原則論持ち出されても。。。ってアメリカ大使そりゃ怒るよね。こんなときから原則論なのです、ってえーじゃあどうすんのよーってなるよね。

 まあどんだけ自衛隊活躍させて自民党政権が軽やかに外交で振舞う現実離れした宣伝(みぎサービス)があったとしても、首相が頑として非核三原則を曲げない(ひだりサービス)が、あれば、サヨク安心するわけですよ。

 自衛隊活躍しちゃったりすると、どうしても「えーこれお母さんに内緒で見ていいやつかな?」って思っちゃいがちなサヨクの良い子たちに、同時に、軍事転用を恐れて自殺する眼帯とか、非核三原則宣言する首相とか、そういうわかりやすいさよくがお母さんに報告しやすガジェットをしのばせることによって、バランスをとっていたのです。今までのゴジラは!すごい!サヨクにもやさしい!

お母さんに報告しづらいシン・ゴジラ

 ところがそのようなバランスシン・ゴジラではとってくれません。いくつかお母さんが喜びそうなシーンもあるのですが、多分喜びません。

お母さんが喜ぶ可能性が少しでもあるシーン

首相国民自衛隊タマを向けることはできないと宣言

自衛隊のあり方を肯定しているからお母さんは不機嫌になる。

→アベ首相中途半端英雄的なことを言っているだけだからお母さんは不機嫌になる。

○みんなで核攻撃回避するんだ

非核三原則とかそういう理想的なことは言わない

石原さとみが「おばあちゃんを苦しめた原爆をもう一度この国にごにょごにょ

→ここいけそうなんだけどなーなんでだめなんだろう。石原さとみがそもそもお母さんにいいづらいのかな

あ、やっぱりあんまりお母さんが喜びそうなシーンないわ。。。


でもお母さんが目くじらを立てそうなシーンはいっぱいあります

自衛隊員最初品川攻撃へ出撃するシーン「みんな覚悟はできています!」

特攻隊礼賛か!自衛隊礼賛か!

最後のほうの矢口演説自衛隊はこの国の最後の砦です!」

自衛隊礼賛か!自衛隊礼賛か!

SEALDs 的な国会前のデモ揶揄しているっぽい

ゴジラを救え?倒せ?どっちにも聞こえるシュプレヒコールって馬鹿にしてんのか!

あと全体的に手続き時間がかかるとか、そのもどかしさとかは緊急事態条項作ろうとかそう言うこと?!あと、泉が優秀だったり矢口矢口の部下が優秀だったり、自民党のことばっかりホメやがって!!!

ってなる気がする。

と、いうわけで、自分を含めて多くのサヨクは、自衛隊とか自民党政治家とかが出てくると基本的に、それを否定的に描いているかどうか?っていう評価回路(上記でお母さんって言ってるやつね)が自動的に起動して、否定的に描いていなかったり肯定しているのと同じぐらいの分量の左翼的メッセージ内包されていない場合、この作品って右っぽいんじゃない?って思っちゃうわけですよ。だからみんな多めに見て!大目に見てあげて!

蛇足ですが。

 上記より、僕が思っていることは3点、上記お母さん回路は遮断してこの作品を見るべき、サヨク現実との乖離認識するべき、でもこの作品から何が生まれるのかは注視すべき。

の、三点です。

○まずお母さん回路の遮断はそのまま。庵野現実制度スタッフを忠実にトレースして東日本大震災成功パターンを描いただけなので、別にかのことをほめたりする意図はまったくない。国会デモみたいなのも揶揄するつもりではなく、こういうのありそうだよねっていうリアリティのためのガジェットに過ぎない。から、その回路は遮断したほうが映画自体を楽しめる。落ち着け。お母さんはもうお前を怒らないし、庵野にはべつに政治的意図はない。

○2点目、あべ政権くそ死ね自衛隊違憲!って思っているサヨクのあり方そのものものっそい一般からずれちゃってるゥ!そりゃあ選挙負けるわ。っていうのをこの映画見方のズレから認識するべき。野党共闘はある程度機能したとか抜かしてる場合ボケ。ほんとに改憲阻止したいなら生前退位するぐらいの覚悟は見せるべき。

○3点目、わりと負け惜しみっぽい最後ポイントですが、エヴァンゲリオンで描きたかったのはそういうところじゃなかったのに、結果的庵野セカイ系への扉を開いちゃって、その後最終兵器彼女とかほしのこえとかそういういわゆる「セカイ系」と批判される作品群を生み出してしまった。今回のシン・ゴジラもなんかそういう扉を開いちゃうと思うけどそれが何かは注視するべき。 ほんでサヨク的な負け惜しみだけど今回開いちゃう扉は、愛国ポルノ的なもの可能性もあるんじゃないかしら。そこは注視するべきじゃないかしら。

褒めるのは恥ずかしい

前回のオリンピックだったか中小企業所属プレイヤー銅メダルを獲得して社長に報告したら、あっけなくてくやしかった、みたいな秘話があった。その悔しさをばねに次のメダルに、みたいな終わり方だったと記憶している。

なんの美談でもない。ただ、褒めるのが恥ずかしいだけのことだ。銅メダルなんだから十二分の結果だろうに、プライドがじゃまをして、褒められないのだろう。褒めるのには責任が伴う。「金、銀があるじゃん」と揶揄する低能は必ずいる。それにプライドが刺激される人は、褒められないのだろう。

無責任のくせに、他人責任苛烈に追及する、いかにも日本人らしい話だと、感じたのを思い出した。

2016-08-11

DEAD TUBE5

Youtuberのなれの果て

狂っているのは世界の方だ。

せっかく生まれたのに、俺の居場所を用意してくれてなかったんだからな。

俺はこの世界に俺たちみたいな人間の居場所はないと思ってた。

一生女と触れ合う機会はないと思ってた。

一生しょうもない仕事をして一生貧乏なんだと思っていた

そんな俺にとってデッドチューブ希望だ。

俺のやりたいことをやるだけで称賛され金にもなる

これほど素晴らしい世界がほかにあるか? いや、ない。

から決めたんだ。俺はプロのデッドチューバーになるんだってな。

ファーwwww バカじぇねえのwww



リアルアカウント」がニコニコ動画ニコ生揶揄した作品であるなら

こちらは「Youtuber」が過激化したまま世間に受け入れられたら、という世界




リアリティが全くない。

とにかく何でもあり、過激であればあるほど良い。

その結果人が死んでも問題ないというか、むしろ人がむごたらしく死ぬくらいでないと

人気動画にならないという、まぁほんとしょうもない世界観

生き残るためにエログロに走るって、そんなん効率を求めたり強制されたところでおもしろくないやろと。

そういうのは一時的に衝撃的にはなるかもしれないけどすぐ飽きる。

もしそうでないならこの漫画だってエログロ画像を出し続けていればそれだけで人気になるはずだがそうはならない。

この2作品におけるリアリティの欠如は、どちらかというとマンガで描かれる登場人物ではなく、姿が見えない視聴者たちの取り扱いについてではないか

2016-08-10

フランス人解説ピカチュウ発言問題

いったいどこでなんて言ったのか、情報錯綜してる。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081000346&g=spo

パリFP=時事】2008年北京五輪男子体操メダリストフランスのトマ・ブエル氏が、リオデジャネイロ五輪で8日、金メダルを獲得した日本体操選手について「小さなピカチュウたち」とやゆする投稿ツイッターに行い、批判さらされている。

twitter発言した、とのこと。時事-AFPとなっているのでAFPの当該記事を探す。

http://www.afpbb.com/articles/-/3096985

また、体操男子五輪メダリストで、体操種目の解説者を務めているトマ・ブエル(Thomas Bouhail)は、日本体操選手らを「小さなピカチュウたち」とやゆし、ツイッターTwitter)上で多くの批判を浴びている。

なんかちがわね?

まあとにかくtwitterで言ったかtwitter批判されてるかしてるわけで、実際どう言ったのだ。

信用できるかどうか判断しかねるが、Le Huffington post(たぶんル・ウファントン・ポストとか読むねん)によると

http://www.huffingtonpost.fr/2016/08/10/consultant-france-tv-excuses-pikachu_n_11421454.html

JEUX OLYMPIQUES - "On dirait un petit manga, il y a tous les petits personnages qui sont contents (...) on se croirait dans les dessins animés, des petits Pikachu de partout": ces propos du consultant en gymnastique de France Télévisions Thomas Bouhail dimanche 7 août au soir à propos de gymnastes japonaises ont suscité de vives réactions sur les réseaux sociaux.

訳してみると

オリンピックゲーム - 「マンガみたいに、ちっちゃい子たちがうれしそうにしてる(...)アニメみたいだよね、ちっちゃな(orかわいいピカチュウでいっぱいだ」このFrance Télévisionsの体操解説者Thomas Bouhail8月7日日曜日の夜の体操日本代表についてのコメントSNS炎上している。

フランス語よくわからないが、réseaux sociaux = social networkだそうなのでたぶんこれはSNSでいいかと。「炎上」は適当に意訳したがこんなもんでしょ。

リンクからテレビ映像視聴可であり、なんとなくだけど、確かに上に書いてあるようなことを言ったのだと確認できる。

映像中の体操女子日本代表の喜ぶ様子は、日本では若い女の子のよくする動きだけど、欧米の十代後半以降の女性の振る舞いとしては到底見ることもないようなものではあるようには見える。全体として、発言者意味するところは「子供みたいだ」というところだろう。そこに有名な日本の「カワイイ」の象徴であるところのピカチュウを乗せた感じか。だから一部2chなどで反応としてあった「黄色人種揶揄した言葉か?」は、あたらないと思う。悪意があるようには思われない。しかしそれを「バカにしてる」と取ることは、当然可能だろう。あと、最後に「tac tac tac」と言っている。ちょっとこれも小ばかにした感じかも。

取りようによっては、彼は(フランスにはほんとにたくさんいる)日本アニメオタクで、これまでアニメしか見たことなかったような動きを、実際の日本人女子がしているのをみて喜んだ・・・のかもしれない。

20minutesを見ると、実際に炎上しているというtwitterコメント掲載されており

http://www.20minutes.fr/sport/1906359-20160809-jo-2016-consultant-france-tv-compare-gymnastes-japonaises-pikachu-attire-foudres-twitter

レイシストだ、と批判しているようだ。

単純な話ではないような気がしてる。

ちょっと考えてみてる。

http://anond.hatelabo.jp/20160810142946

母屋を取られる」じゃなくて「母屋を取る」側を揶揄する言葉が欲しいんだ。

確かに意味的には近いけど、その言葉を使う人が軒を貸す側だとちと違うじゃん。

anond:20160809233218

100年前、路上に出ると新聞ばかり読んでる人が多くて揶揄されてた。100年後は電子媒体に変わった。

そんな事も知らんバカって未だに日本に居るんだね、無知って怖いね

2016-08-08

台湾侮辱コケにしたフジテレビ。それに対して「親日」の国にそんなことをして許せない在日だ!とわめくネトウヨレイシストvsレイシストの感ある。

これを苦々しく眺めてる層も多いんだろうなと思うが、一方でそんな層でも先日のソ連横断ウルトラクイズ中国横断ウルトラクイズ面白がってたのは結構いるんだろうな、とふと思った。

ところであの横断ウルトラクイズネット大喜利を眺めてた時、こいつらは外国人から日本横断ウルトラクイズ」とかやられたら笑って許すんだろうな?とは思った。日本入管難民差別揶揄されて、「日本横断ウルトラクイズ入国すらできません」とかやられたらさ。

http://anond.hatelabo.jp/20160808014015

「思うこと」ではあなた主語なのに、「反感を買う」では日本社会がどう思うか、という話になっている。

まり、「日本社会在日に反感を持っている」というのがあなた意見で、その理由在日が「日本既存伝統的価値観を揶揄する」からだ、というのがあなた意見なんだけど、その根拠は「あなたがそう思うから」なんだよね。もうちょっと自分日本社会区別をつけた方がいい。

自分在日に反感を持っているという日本人は探せばそれなりに見つかるだろうけど、その理由として在日が「日本既存伝統的価値観を揶揄する」からだ、という人は少数だよ。

もちろん在日が嫌いな人の大半は在日を叩ければ理由なんかどうでもいいので、あなたが「在日のくせに日本既存伝統的価値観を揶揄するのがムカつく」と言えば、在日が嫌いな人は賛成してくれるけどね。だからと言って、その人が在日を嫌う理由が「日本既存伝統的価値観を揶揄する」からだ、ということにはならないからね。

さて、あなた在日を嫌う理由在日が「日本既存伝統的価値観を揶揄する」からだったら、「日本既存伝統的価値観を揶揄しない」在日の人は嫌わないはずだし、嫌う人と嫌う人を区別するために、どの在日が「日本既存伝統的価値観を揶揄する」かどうかを気にするはずなんだけど、まあ、あなたは気にしないね

あなた在日を嫌いたいから嫌っていて、叩くのが好きだから叩くのだから。そんなこといちいち気にしてたら、好きに在日叩けなくなっちゃうもんね。

在日の方々に思う事

日本既存伝統的価値観を揶揄するから反感を買うんだよね

だってあなた日本人じゃないわけじゃないですか、という

それ以外に関しては犯罪でなきゃ自由で基本いいと思うけど

日本の文化がどうとか日本人がどうとか皇室制度がどうとかあなた方が口出す事じゃなくない?

でも在日って差別用語なんかね?

実際在日韓国人中国人や〜人なのは事実だし、

しろ日本名を名乗らず自分の国の名前にアイディンティティを感じる人も居るわけで、

でそういう人達が元々日本の伝統価値観(皇室制度とか)を揶揄した時に

あなた価値観と違うのは生まれバックボーンが違うからですね、というのは差別なんかね?