「ラッキー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ラッキーとは

2016-06-27

死にたくてしょうがない

先日、会社帰りの電車の中で死にたい気持ちになった。

もちろん比喩ではない。

私は最寄の駅にあるコンビニで、40度のウイスキー二本と梅酒炭酸ジュースを買って家に帰った。

そして「次に死にたくなったときのために」ととっておいた向精神薬(よく覚えてないが、ストラテラジプレキサトリプタノールなど10種類くらいあったと思う)を酒で煽るように飲み込んだ。

そうこうしているうちに夫が会社から帰ってきた。

私は夫が自室に入ったのを見計らい、薬・酒・財布・電話だけを持って逃げるように家の近くの公園に走り込んだ。

そこにあったベンチに座り、なにも考えず、とにかく飲み続けた。

私が覚えているのはそこまでで、気がついたら家の布団にいた。

夫に今何時?ときくと、日曜日の午前6時ですよといわれた。

私は驚愕した。酒を飲んでいたのは金曜日の話で、土曜日がなくなっていたからだ。

夫によると、公園で倒れていた私を誰かが通報したらしく、警官が私を家まで連れてきてくれたそうだ。それからずっと眠り込んでいたと。

もちろん、そんなことは一切覚えていない。

夫は泣きそうな目をして、君が生きて帰ってきて本当によかったと言った。一言も私を責めることなく、泥まみれになった私を洗い、トイレに連れて行き、ずっと私のそばにいてくれたようだ。

私は今、正規社員として勤め、そこそこの収入があり、優しい夫がいる。

それでも私は、会社で同僚に言われた一言に激しく傷ついた時、「これがきっかけで、やっと死ねるのではないか」と一種待ち遠しい気持ちになったのだ。

私が初めて死にたい気持ちになったのは小学生の時だった。当時見た「シックスセンス」の中で、母親食事に洗剤を混ぜて子供殺害したシーンをみて、「これだ!」と天啓を受けた気持ちになった。

私は観賞した数日後に、台所にあった味噌汁の中に洗剤を混ぜて飲み込んだ。何かに混ぜなければ、原液ではとても飲み込めなかったからだ。

だが、私の身体には何の変化も訪れなかった。

その後も、友達とふざけたふりをして体育館ギャラリーから飛び降りたり、完全自殺マニュアルを買って首吊りを試みたりした。

電気の延長コードカバンの中に入っているのを見た友人は不思議そうな顔をしていたが、まさか何時でも首を吊れるように持ち歩いていたなど知る由もないだろう。

自殺を試みていることを人に言ったことはない。 身体に跡が残るようなこともあまりしない(リストカットなどは考えたこともない。あれ、死ねないらしいから)。

自己啓示欲でも本当に迫れているわけでもないなら、私は何でこんなに死にたいのだろうか。

私が発達障害者からだろうか(でもそれならこの世に発達障害者はいなくなってしまう)精神科にはずっと通っているが、はっきりしない。

きっとまた、私は死にたくなるのだろう。

ブコメで「嫌なことから逃げ出したいけど確実に死ぬのも恐いから不覚時な方法をとって死ねたらラッキーくらいの気持ちなんだろう」とつきそうだし私もちょっとそう思う。

あと、さいとーさんのことは全く理解できないです。

人間ルックスじゃないすか。

1周回って最近は「やっぱり人間ルックスが全てじゃないすか」って考えに回帰しつつある。

もうすこし具体的に言うと主に恋愛関係於いてなんだけれど、

なんか良い年した男が「恋愛」って言葉を使うの、ちょっと気が引けるな。「交際」とかかな。やや堅いな。

閑話休題、男女の交際大事なのって、絶対ルックスじゃないすか。

ぼくはそこまで女性を見た目で判断しない方(自称)だけれど、それでもやっぱり「可愛い子」と「普通な子」では同じ内容の事を言われても感じ方が全然違うし、

何かが起きる訳でも無いのに、レジ店員さんに愛嬌があったり、同じ車両に魅力的な女子高生が居たり、そういった些細な事で日々のラッキーポイントは貯まっていく。

第一印象は外れない、という話を聞いたことがある。ぼくもそう思う。

交際」以前の「人付き合い」の時点でさえ、その人に抱く、というか正確には今後抱いていくであろう好意距離感は会って数セクションのうちにある程度決まっているのだろう。

ここでいう第一印象こそがぼくの思う「ルックス」に他ならなくて、

それは必ずしも「顔」というワケではなくて、「身長」だったり、「体つき」だったり、もっと言えば「声質」「髪質」「立ち振舞い」だったり、そういったあまり努力でどうこうし難いものを纏めて「ルックス」とするならば、

人間ルックスが全てじゃないすか。

でもぼくがこういうことを書くと、「そういうことを言ってるからダメ」とか、「XXXみたいな例もあるし」とか、「いや人間金だよ」とか、色々な角度からアプローチがあったりもするのだけれど、

いや、別にその意見否定するつもりは全くなくて、何事にも例外はあるだろうし、ルックス雑魚でもカッコ良い人間も居ないとは言わないよ。

でも、明らかに、明らかに、ルックスで変わるものがあって、それが結構な頻度であって、そして結果に大きな違いがあって、

そういう世界に生きているハズなのに、「ルックスが全てじゃん」って最初に言ったヤツが負けみたいな、負け犬みたいな、ソイアンペルデドルみたいな、

それだったらじゃあぼくが言い出してやるぜ、切り込んでやるぜ、オレは三都主アレサンドロだ、みたいな。

そしてこの作文は別にルックスが優れている人に宛てたヒガミの手紙ではなくて、

(むしろ良いものを生まれ持ったならガンガン使っていって欲しいし、少しでも優れたルックスを手に入れる・保つために相応の努力をしている人は素晴らしいと思う。勿論ぼくだってその端くれだ。)

ルックスが良いって、交際でも、人間関係でも、とにかく有利じゃん!

っていう当たり前の価値観を当たり前に認めようとしない今のこの世の世界観気持ち悪いなって、

人間ルックスが全てなんだから自分ルックスが少しでもマシになるようにやっていったらいいじゃないすか、

結局その先にあるのもルックスの差なんだけどさ、みたいな。

そういうことを書きたかったのではないでしょうか。

2016-06-26

3億円手に入ったけどとりあえず今まで通り働くことにしました

実はラッキーが重なって3億円くらい持っている。そしてまだ30代で子供もいない。



同じ境遇になったら、会社を辞めて何か面白い事始めたり、完全に気を抜いてだらだら旅をしたり、そういう生活チャレンジする人もたくさんいるんだろうし、客観的に見て恵まれた状況だとは思う。でも、そういう事をする気はない。なぜならそれが面白そうだと感じないから。



仕事が好きなわけじゃない。単なるサラリーマンだし。成り上がる!とか自己成長!とかそういう熱意を持ってるわけじゃない。社会人1年目とかは持ってたかもしれないけど忘れた。でもとりあえず仕事を辞める気はない。辞めたいかどうかで言ったら辞めてダラダラ家でニートしてたい。けど今まで通り働く。

なぜなら、それをやったら頭が停止して人間が腐って死んだも同然になってしまう気がするから

貴重な30代の時間が少しずつ減っていくのはなんとなくイヤだし、仕事にばかり時間をかけてプライベートな楽しさを見出してないのは、年を取ってから後悔しそうな気はする。資金も、若さも、健康もあったのに、なぜあの時にこれをやっておかなかった?人生は一度きりだとわかってるのか?と。



とりあえず今の仕事は勤務時間が長い。休日も少ない。子供はまだいないけど、子育てするには向いていない会社だと思う。子供が出来たらもっと勤務時間が短いところに転職するかもしれない。そのころは早くても30後半だけど。

金はあるんだからもっと適当な働き方ができるところに今すぐ転職する手ももちろんあるけど、それをしない。

なぜなら面倒くさいからだ。今の会社10年くらいで作ったポジション放棄してまたゼロから作り直すのが面倒くさい。だったら今のまま、それなりにやる気を出して、わりと成果を上げて、会社業績を上げるゲームをしていたほうがなんぼか人生面白い気がする。



仕事が好きなわけではない。やりたいことがないので、消去法で仕事してる感じ。もっとリア充的な趣味がたくさんあったら、仕事を辞めて旅行スポーツだと充実した時間を過ごせたのかもしれない。旅行スポーツも特段好きではない。通勤中にkindle漫画読んで、帰宅したら犬と遊んで料理して晩酌して、休日ゲームに出かけたり、近所にうまいものでも食いに行ったり、たまに特に行きたくはないところに連れ出されて半強制的に見分を広めさせられたりするくらいで、まあ十分だ。仕事辞めたら毎日酒飲んでゲームして寝るだけの社会ゴミみたいな生活を数十年送る事になる。自分性格ならそうなると確信する。でもそんな何もなしてない人生、年を取ってからの後悔はより深そうな気がする。



結局、それなりの充実感を得るために新しい事・不向きな事を開拓してまでってのが面倒だから現状維持を選んで仕事続けてるだけで、なんでお金あるのに働いてんの?の回答は無趣味で面倒くさがりだからですってことなんだよね。でもそれならせっかくだから仕事もう少しちゃんと力入れて成果出したほうが充実感を得るって目的に適ってるのかな。さて、明日仕事すっかな。

2016-06-25

30代正社員手取りと遺族年金の差がほとんどない件について

母と父は10歳差の年の差婚で、父は6年前に他界した。その母の遺族年金は約15万円。厳密には、本人の厚生年金(勤務期間は結婚10年弱)+国民年金+遺族年金の合計だが、面倒なので遺族年金と記す。国民健康保険税(以前は国民保険料だった気がする。いつから変わった?)は、年金から天引き個別納付、どちらなのか知らない。天引き場合は、遺族年金の額は、天引き後の金額かもしれない。母は、一人っ子の娘に何も渡さず、父の遺産を全額相続したため、多額の貯金があり、自宅の住宅ローンも完済済み。にも関わらず、「年金だけでは足りない」という。



夫は、30代後半、理系4年制大学卒業したフルタイム勤務の正社員年収は320万~370万円程度、手取りは18万~23万円程度。残業代が出るため、月によって変動する。去年までの最高年収は29歳、リーマン・ショックの前。年々、残業規制され、年収は、増えるどころか減っている。ただ、扶養家族がいると、家族手当が加算されるため、子どもが生まれ自分育児休業中だった去年は、年末調整時に大幅に加算され、年収過去最高を更新した。幸運にも、4月に第一希望保育園の1歳時クラス入園でき、夫婦共稼ぎに戻った今年は、以前の水準に戻るだろう。



重要から再度書く。残業ほぼゼロまたは僅少時の手取りは、フルタイム勤務にも関わらず、18万円台。残業ゼロだと、18万円を切る。結婚以来、ずっと無職で、傍目にはヒマを持て余しているように見える母との収入差はわずか3万円だ。このことを母本人に訴えると、年金にはボーナスがなく、働いていればボーナスがあるのだから、トータルでは全然違うというが、30代にとって、ボーナスは「出たらラッキー」という位置づけであり、実際にリーマン・ショック直後はゼロだった。それ以降も、大手企業の平均賞与支給額には程遠く、むしろ住宅ローン減税の恩恵感謝している。住宅購入以来、年末調整を行うと、夫の所得税ゼロ住民税もかなり安い。さまざまなリスクはあるものの、現状の制度と低金利が続く限り、適正な金額を借りて、10年に一度、家を買い替えたほうが貯金を増やせる。



自分は、夫と同い年で、4年制総合大学文系学部卒業し、20代前半で東京都内会社転職した。同時に年収が大幅にアップ。最高年収は、やはり29歳の時で、業界の動向、給与体系の見直しなどの影響で、今後、何年働き続けても、その金額を超えることはないだろう。出産前の年収は370万~430万円程度。給与計算関係で、今月支給された6月分の給与で、やっと仕事復帰後の手取り額がわかった。保育園子どもを迎えに行くため、毎日17時で退社した場合手取りは、以前より少ない22万円前後。翌年以降は、住民税を支払わなければならないため、さらに1万5000円程度下がるだろう。保育料は、通常+延長保育料+教材費で約5万円。同じく翌年以降は上がると思われるが、それでも収支はプラスだ。勤務時間が減ったにも関わらず、裁量労働制のため、大幅な減給にならず、会社には感謝している。けれど、この水準でも、母の遺族年金との差は少ない。



夫婦2人で比べると、自分のほうが年収が高く、お金がらみの話をすると、夫はムッとする。今の9対1の家事負担を、せめて収入に応じて半々にして欲しいと訴えても意に介さず、子どもが生まれる前と変わらず、マイペースで過ごしている。互いに年収が多かった20代後半に貯金していたため、どちらかが専業主婦主夫になっても、しばらくは生活できるが、毎月の収支は赤字になり、やがて貯金は底をつく。



30代前半ではなく、もう30代後半。2人とも昇給の見込みはなく、子どもが一人でごはんを作って食べられるようになるまでは、労働時間は最低限に抑えたい。個人年収400万以下の片稼ぎでは、子どもは一人が限界共稼ぎなら、経済面ではそこまで厳しくないが、夫を含めた家族や友人、職場の同僚など、周囲の理解・協力がなければ難しい。夫の実家は遠く、実母は金にうるさい毒親、リアルな友人はゼロ、という状況で、第2子を望むことは、始めたばかりの無理ゲー子育て」の難易度さらに高めるだけだ。少子化に歯止めをかけるため、国の政策として、結婚するカップルを増やし、出生数を増やしたいなら、今の民間中小企業給与水準に比べ、高額の厚生年金・遺族年金を減額し、その分、児童手当や保育・教育関連の予算を増やして欲しい。



これでも、恵まれているほうだと自覚している。だからこそ、言いたい。無職高齢者と、毎日、懸命に働く労働者自由にできる金額ほとんど変わらない現状は、歪んでいる。一刻も早く是正して、羨ましくてムカつくけれど、今の20代下の人には、多くの子どもを産んで欲しい。高校卒業後の進路、勤務先・職種選びに失敗すると、お金に悩み続ける人生になる。

2016-06-23

私の記憶の始まりは、田舎に向かう新幹線の途中。

全く知らないおじさんに話しかけて、遊んでもらっていた。

一緒に乗ってたのはお母さんと妹。お母さんは妹をきつく抱いて、私が遊び呆けているのを黙って見ていた。

しばらく乗って、薄暗い駅に降り立った。おじさんが迎えにきて、私たちを車に乗せた。途中、おじさんがタコの吸盤の話をし始め、その話があまりにも怖くて大人になるまでタコが食べれなかった。

これは、私と、ちょっと変わったお母さんのお話です。

お母さんはほどなくして、パートを始めた。スーパーフードコートでのアイスクリーム売りが彼女お仕事だった。

私はその当時4歳。お母さんはずっと働きに出ていなかったから、おじいちゃんに主に遊んでもらっていた。おじいちゃんは新聞漢字を私に教えるのが大好きで、そのおかげか6歳になるころには赤川次郎三毛猫ホームズくらいなら読めるようになっていた。

絵を描くのも大好きで、おじさんが買ってたマガジン漫画の真似っこをよくしていた。おばあちゃんが鉛筆工事で働いていて、絵を描くのを好きな私に色鉛筆を買ってくれた。毎日毎日飽きもせず、へたくそな絵と漫画を描いていた。

お母さんは、夜も家にいなかった。たまに知らないおじさんを連れて、家に帰ってきた。そのおじさんは私と妹にとても優しくて、おじちゃんおじちゃんと慕っていた。おじちゃんに絵を見せたら、俺のことも描いてくれと言うので描いてあげた。

そういえば、お父さんはどうしてうちにはいないのか、ふと考えることもあった。でもなぜか、聞いちゃいけない気がして私はずっと黙っていた。お母さんを怒らせると怖いから。おじちゃんが優しいし、おじいちゃんもおばあちゃんも、お母さんの弟のおじさんも優しい。だから別にお父さんがいなくても大丈夫だった。ここまでは本当にそうだった。

ある時急におじちゃんが言った。おじちゃんはおじちゃんじゃなくなるよ、増田のパパになるんだよ、と。私は、パパはおじちゃんじゃないよ?と言った。即座にお母さんに叩かれた。妹は言われた通りにすぐパパと呼んでいて、私はそれが今でも悔しかったのを覚えている。パパはおじちゃんじゃないのに、どうしてパパと呼ばなくてはいけないのか、私には理解できなかったのだ。

でも、叩かれたときに悪いことをしたのだと思った。パパと呼ばれなかったおじちゃんは悲しそうな顔をしていた。私は悪人だ、としくしく泣いたけど、誰も慰めてくれなかった。

そして、結婚式。否応がなしに見せ付けられたセレモニーと、いつの間にかお花渡し要因にされた。親の結婚式を見た、ということがおかしいと気付くのはもう少し後なのだけど、どうやら私はこの日を境にパパではない人をパパだと受け入れないといけないことに気づいて、また泣いた。母親には、縁起のいい日に泣かないでと言われた。また私は悪いことをしてしまった。

新居には、優しいおじいちゃんとおばあちゃんがいた。お母さんはパートを続けるからと、私は早速お手伝い要員になった。大方の料理はここで仕込まれ、夕飯の準備はなんでもできるようになった。お母さんは気が向くとパフェを作ってくれて、それが私の密やかな幸せだった。

このころから、「パパ」のスキンシップが激しくなってきた。起こしにいくと、一緒に寝ようと言われ、おとなしくしてると身体を弄られはぁはぁいっている。怖くてお母さんに相談したけれど、子供相手に変な気起こすわけないでしょ、大袈裟だと言われた。本当のことなのに誰も信じてくれないから、起こすのを拒否したら、反抗的子供で可愛くないと言い捨てられた。また私は悪いことをしてしまったのだ。

私が今でも母親を許せない出来事その1が、小学校2年生の宿題。どこにでもよくある「名前の由来」を聞いてこいと言うものだった。

ゲームをしている母親に、私の名前はなんで○●なの?と聞いた。すると、ため息を一つついた後、母親はこう言った。

「そもそも、お前のことは最初堕ろすつもりだったんだよね。」

そこから始まった彼女告白は、どうやら私は誰の子かもわからないらしいこと、当時付き合っていた彼氏はいたけど、他の男性とも関係を持っていたらしいこと、実際5ヵ月目くらいに流産してラッキー!と思ったものの、私は流れず残ったこと、当時の彼氏結婚するからこんなに頑張って残った子は産んでくれと懇願したこと、しぶしぶ了承するも、私を産むときに生死の境をさ迷ったらしいこと、二番目の妹はお腹の中でもおとなしく、安産だったらしいこと、どうやら私をめぐる喧嘩が原因で離婚したらしいこと、ここまでを一気に話した上で、だから私はあなたの由来は詳しく知らないよ、相手が考えてくれたんだもん。と言われた。

そっかぁ、と言って部屋を出た後、私はわりと冷静で、だからうちにはパパがいなかったのか、離婚たから。とか、私は望まれて生まれたわけじゃないから当たりが今まできつかったのか、と納得するしかなかった。作文は、私の名前漢字私自身で調べて、それらしい理由を描いた。そして私は、あまり家で遊ばなくなった 友達の家か、学校に残ってずっと漫画を描いていた。絵も話も、同年代の子供たち以上に上手にかけたから、私の漫画は知らない上級生にまで広がり、続きが読みたい!とせがまれる程だった。おじいちゃんの教育のおかげか、学校勉強も聞いてるだけで問題なく解けたから、学校は楽しかった。

そのころ、母が妊娠し、男の子を産んだ。その途端、おばあちゃんは私のことはどうでもよくなったみたいで、毎日弟にべったりになった。お母さんは私に弟のオムツ飲み物を作ることを要求してた。よく寝てた記憶だ。学校テストで100点をとっても、小学校で躓いてたら話にならんと誰にも誉めてもらえなかった。お父さんは相変わらず隙があれば触ってくる。私は気持ち悪かった。

私は中学生になるとき母親に念押しされたことがある。頼むから大きくなってくれるなと。制服代は馬鹿にならない。そして制服を使い回せる某進学校に行ってくれと。私は、家が貧乏なら仕方ないかな、と思った。部活ユニフォーム以外お金のかからない陸上部に入った。その間、家には大型テレビが入り、衛星放送が入り、大きなダブルベッドが母親のために注文されていたが、見てみぬフリをしていた。

母親との嫌な思い出その2。学校喫煙の害についてのシンポジウムが開かれ、おうちの人に喫煙者がいたら、ぜひ止めるように言ってくださいと言われた。私の母は喫煙者だったので、学校で見てきたことを話した。結論、キレられた。なんで私の稼いだ給料で買ったものをお前に余計な口出しをされるんだ、そもそもお前が産まれなかったらこんな田舎暮らしてることもないんだからなと。多分世間の狭い田舎での生活に、心身ともに参っていたのだと思うけど、傷ついた。もうそれ以来喫煙についてはふれないでおこうと思った。

このころ辺りから母親お菓子報酬に、子供マッサージを毎晩要求するようになった。私は高校にあがるまでその要求を呑んでいた。(何せ、親の部屋はアニメチャンネルが見れたから)そのおかげで私はマッサージ技術が拡大に上がった。母親は2時間くらい全身のマッサージをさせた後、100円のポテトチップをくれた。だがこれも、最初マッサージの対価=お菓子だったのが、お菓子が欲しかったらマッサージしろというものに変わっていき、私はさすがについていけなくなった。

高校は母の望んだ進学校に進んだ。ここで私は同人を始め、世界が変わるような体験をする。自分の描いた絵は誉められ、漫画も値段をつけたのが売れた。私は家に寄りつかなくなった。帰る時間も極力遅くし、可能なら母親実家に泊まった。家に帰ると私はイチからごはんを作らなければならなくなったが、母親実家料理を用意してくれ、お小遣いもくれた。(実家一円もくれてなかったので親にも学校にも内緒バイトもしていた。)学校の成績も上々で、でも頼むから就職してくれと言われていた。進学校なのに。そのころ妹はお金のかかる部活に入れてもらい、練習道具も全部揃えてもらっていた。弟は頭の出来が悪いから、私が家庭教師変わりだった。もちろん、無休。

このころから休日の昼食は私任せになり、母親夜ご飯ほとんど作らなくなった。妹や弟は料理ができないので、私が全部作った。

私は就職なんてしようと思ってなかった。何が何でもこんな家は出てってやると思っていた。そんな時、母親病気になった。ガンだ。

私はそれでも構わず家を出て、自分の夢のためにとにかく稼いだ。悔しかった。ノート一冊買うのですら渋られたのが悔しくて、ずっとずっと収入がある仕事と、自己実現のできる世界で生きた。途中途中で連絡はあっても、すべて無視した。

ただ、母親死ぬ1ヶ月前だけは毎日のように病院に通った。妹に頼まれたかである。妹は、献身的母親看護をし、ずっと実家暮らしで働いてないのに、よっぽど私より評価は高かった。

はいつかみたいに2時間マッサージをした。どうやら、母親は私のマッサージお気に入りだったようで、弟や妹じゃぜんぜんダメから私を呼んだようなことをかすかすの声で言っていた。たぶん、初めて私があの人に求められた瞬間だったのかもしれない、今思うと。

ほどなくして、母親は亡くなった。まだ40代、かわいそうだと思った。私がいなければ、この人の人生は輝かしいものだったはずで、こんな病気にもならずに済んだかもしれない。そんな思いで死に化粧と、お父さんと子供たちのスピーチを全部用意した。何故って、お父さんが、お前くらいしかそんなことできる子いないんだよ、って言うから

ふと思う。私はここまでされて、なぜ母親が嫌いじゃないんだろう。

しろ大好きで、出来ればもっと長生きしてほしかった。

人に言うと、よくぐれなかったね?と言われるけれど、ぐれたところで何も変わるわけなかった。だって、興味を持ってくれなかったんだもん。私という人間に。

私は生き方がまともじゃないとよく言われます

自分性格関係してると思うけど、じゃあここまで話して、私の人生あなた人生取り替えっこしてみようか?と言って首を縦に振った人間は一人もいません。

それが全てです。

でも、母親の作ったパフェの味だけは、今でも鮮明に思い出します。甘くて、幸せな味でした。

2016-06-19

http://anond.hatelabo.jp/20160619225409

それはむしろ増田名物なので、当たったらラッキーくらいに考えるのが正解

マジレスするとネタ化してるので当人も楽しんでやってるんじゃないか

http://anond.hatelabo.jp/20160618211423

この増田に対して「何とかなる」とか「内定取っても激務で体調崩す人だっている」とか言ってる人があまりに多いけどこれが現実だよな

「何とかなる」って「(ラッキーが起きたり物凄く苦労したりしたりして最終的に)何とかなる」という意味から安定しない人生おめでとうと言ってるようなものだし

内定取った人のもしもの話なんかしても意味ないし、第一増田がこの先内定を取った時盛大なブーメランとなって突き刺さる

要するにそういうごまかしの慰めしか出来ないんだよな、就活に失敗した人に対しては。

そもそも本当に就活がうまくいかないことが悪いことじゃないなら「就活失敗」という表現自体おかしいのだけど、ブコメでもあんまりそこ突っ込んでる人いないよね

就活には成功と失敗があり、就活がうまくいかないのは悪いことであり失敗であるということが無意識のうちに前提として共有されている

から「何とかなる」なんて奥歯に物が挟まったような言い方する人が出て来るし(大丈夫なら大丈夫だと断言すりゃいいのにさ)、

内定取っても~」なんてすっぱいぶどうみたいなこと言って溜飲を下げる人も出て来る

2016-06-18

http://anond.hatelabo.jp/20160618184803

社内ベンチャーなの?だったら10%でももらえればラッキーだと思うけど。。。

貸付ってことは借金させられるの?だったら相当ヤバイんじゃ?

連帯保証とかさせられそうになったらすぐ逃げるべし。

そうなったら社名教えてほしいw

結局おまえらってどこでエロ動画見てるの?

ブログ系のまとめサイト広告だらけだし

最近FC2ランキングも糞ばっかだし

Xvideosdl-xvideosで当たればラッキーぐらいだし

結局お前らはどこでオカズ見つけてるわけ?

2016-06-12

http://anond.hatelabo.jp/20160611154314

わかりすぎてこわい。

あのころ自分文章かと思った。

三十路女ですが。

メル友とかルーズソックスとか流行った時代女子高生でしたが。

ほんと、なんなんだろうね。

劣等感というのかな。

あのキラキラした部類の人たちに対する敷居の高さといったら。


でも、あなた全然普通だと思いますよ。

がんばっててえらいなと思います

気にするなと言っても、

そういうのが気になる年頃なんだから気になると思いますが。

まり思い詰めないでくださいね



あの人種キラキラが一体どこからわいて出てるのかと考えたら、

自分のことが大好きなんだと思いますね。

自分の悪いとこなんか全然気にならなくて、

とにかく自信がわいて出てるんだと思います

こわいものなしですね。



それがメンタルの強さなのかと言ったらそうでもなくて、

単になんとなくそんな性格っていうだけなんじゃないかな。




からあなたキラキラに踏み切れずにいるのは、

時々自分の悪いとこが気になったりして、

なんか色々考えすぎちゃったりもして、

そんなにこわいものなしにはなれないというか…



まぁこれは過去自分の話なので、

あなたもそうなのかなという想像です、すみません



それも過去の話にして図々しく生きてきた、

私のようなオバサから言わせてもらえば、

学生生活というせまいくくりの中で

自分立ち位置を決めつけてしまうのは、

とってももったいないと思いますよ。



社会に出ればそれこそいろんな人がいて、

自分の悩みがちっぽけだったと思う日もあると思います



自信たっぷりの人もいるし、

自信なくしちゃった自分もいる。

なんとなく周りには気を使っちゃうけど、

今はそんな環境から仕方ないと思って、

現状維持で、がんばってほしいですね。



自信なんてものは、

成功体験を積まないと身に付かないもので。

たまたま失敗知らずとか、失敗が気にならないとか、

そんな人ってただただラッキー人種だと思います



自信なくしちゃってるなら、

思いきって学校の外とかでも、

いろんなことにチャレンジして、

さな成功体験を積み重ねてみてほしいな、

なんて思います



おせっかいなオバサンでごめんなさいね

応援してますよ!

おやすみなさい。

2016-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20160608174759

高額の機器を使った夢みたいな大規模実験がされて、論文がIFの高い雑誌にたくさん出ている

これは残念だけど、持たざるものは指咥えてみてるしかない。

この流れである研究機関に職を得た

よかったね。

任期ありか無しかは知らんが、高齢ポスドクで拾ってもらえるなんてラッキー


その分野を愛していないの?

これから、その大規模な実験でわかることを考えれば、わくわくしない?

できることをやるしかないんだよ。

同じ研究者より。

http://anond.hatelabo.jp/20160609003229

違うなあ。

「君しかないプレミア」だよ。

たとえばさ。

ラグビー選手×東大卒×ピアノ習ってた×秋田県出身

見たいな感じで、1つ1つは単なるハイスペでも、掛け算していくと、「君1人しかいないね」っていうオリジナリティになる。

さらに、

「そんな君と出会えて、そういうオリジナルと会えたなんて、僕の人生ラッキーだ、その組み合わせのオリジナリティな君を知りたい」

となる。

まりさ、結婚とかの「君だけを愛します」になるわけだ。

それは、片一方だけじゃ成立しない、「お互い尊敬してます」じゃないと成立しない。

  

相手を舐めくさって、「所詮容姿しかみてないだろ?」って態度だと、そういう関係は気づけない。

から馬鹿だなって思うけど。

でもそういう人達渋谷みたいにエンコーなり、セフレなりでそういう生き方あるから、やってればって思うけど。

2016-06-07

スイスのBIのニュースで「人柱」とか平気で言える連中の品性下劣

失敗してもその知見は利用させてもらいますわ、こちらはノーリスクでなwwwww

って根性晒してることにまったく無自覚厚顔無恥さに西野カナばりに震えるわ

まあBIに興味を持つような連中は、何もしないで利益が手に入るのならラッキーと思えるようなさもしい品性の持ち主だろうからさもありなんだがな

しっかしこいつら、奴隷貿易してた白人を笑えないよな

2016-06-05

http://anond.hatelabo.jp/20160605194543

う~ん、何を望んでいるのかちょっとよくわからない。



>今と同じ時代と国と社会状況であっても、この私達が知っているこの世界よりも、より生まれてきてラッキー世界があるっていう話。

ほら、脳内比較できるんだろ、やってみろよ。




今の世界より、より生まれてきてラッキー世界なら、脳内比較した結果、

今の世界より、より生まれてきてラッキー世界なんだろ。



比較できたぞ。これでいいのか?

http://anond.hatelabo.jp/20160605193704

今と同じ時代と国と社会状況であっても、この私達が知っているこの世界よりも、より生まれてきてラッキー世界があるっていう話。

ほら、脳内比較できるんだろ、やってみろよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160605190827

元増田だが、質問は一つにしましょう。

主張と質問皮肉が全部疑問文(4つもある)になっていて、

何が言いたいのか読み解くのが大変です。



>その比較対象の「生まれてきていない人間」というのは何なんだ?

そのままで



存在していないものと、現に存在するものをどうやって比較するんだ?

脳内比較しましょうよ。



存在していないことを想定のうちに入れていいなら、

>この世よりもより生まれラッキー世界も想定に入れるべきではないのか?

もっと違う恵まれ世界時代や国か?)に生まれたらよかったのに、と言っているのかな。

まり今の時代日本に生まれたこととを嘆いてもいいだろ、みたいな主張かしら。

どうぞ嘆いてもいいですよ。100%時間無駄ですけど。



>それとも、お前はこの世以外の世界を見てきた異次元生命体なのか?

違います

http://anond.hatelabo.jp/20160605184831

人間、産まれてきただけで相当ラッキーな部類に入るだろ。



その比較対象の「生まれてきていない人間」というのは何なんだ?

存在していないものと、現に存在するものをどうやって比較するんだ?

存在していないことを想定のうちに入れていいなら、

この世よりもより生まれラッキー世界も想定に入れるべきではないのか?

それとも、お前はこの世以外の世界を見てきた異次元生命体なのか?

http://anond.hatelabo.jp/20160605143345

産む理由は、自分の子供が欲しいから、だろ



●1:経済的問題

共働きするなり、子供は国公立一本、奨学金利用、など方法を考えればいける。

保障はないけどな。いつの時代保障なんてねーよ。



●2:社会子供を望んでいない問題

社会が望んでいるかどうかは関係ないじゃん。欲しいんだもん。

そもそも社会が望んでいることって何よ?



●3:子供にとって将来暗いよね問題

人間、産まれてきただけで相当ラッキーな部類に入るだろ。

生きてるだけで丸儲け。現時点で日本財政が暗いだけで

子供はい他人人生全部が暗いなんて勝手に決めんな。

2016-06-04

日本でなぜ、ゼロ1が生まれないのか?単純に、その仕事量をわかっていないからだと思う。


ゼロイチの仕事量を、100ぐらいだと思って舐めているので、ゼロイチの人間にあれもこれもそれもしてくれと要求ばかりをなげて、してくれないとがっかりするのだ。



期待に応えてくれないと、私は何もやりません、協力しません、あなたの側は、それぐらいできて当然でしょう、というスタンス

ゼロイチなんて、100ぐらいの仕事なのだからと…つまり見る目がないのだ。


今まではアメリカ成功例を真似てばかりいたから、誰も知らないのは無理もないと思う。


そして、実際の仕事量は想像を遥かに超える、10000000000000000000000000000ぐらいの仕事なのだサハラ砂漠を実際に地図もなしに横断してみるようなもので、最初に思っていたよりも難しいことがわかる。でも、サハラ砂漠に行く前は、これぐらい行ける!と思うのだ。


具体的な仕事量を延べると、

何も無いところからの基礎研究と(大学研究前例学科学問もなければ、大学にもない、さらもっと基礎レベルになる。大学が後からついてくる)、そして、発明して開発を行い、特許などを取り、顧客に売り込む営業を行い、仲間を作る。ゼロイチ研究、開発、特許商品化顧客に売り込み、仲間さがし、を全部行わないといけない。他にも会計法律営業、すべてを一人にさせているのだ。負担を一人に押し付けているのだ。


誰ひとり、あなた仕事は、もうそれぐらいでいいよ、ありがとう、とは言わない、これもしろあれもしろもっとくれもっとくれもっとしてしてくれ、くれくれくれ、しか言わないのだ。要求青天井だ。



おまけに保守派からの反対勢力、メディア風評被害大衆の妬みによる足の引っ張り、暴言を吐き、邪魔をして、開発を盗み、人災被害尋常ではない


体を壊しながら、100000000000000000000000000の仕事をして、手伝いもしない承認欲がやたら強い妬みにかられた国民のために、働いているのだ。


日本起業簡単地方起業簡単、というけれど、もし上手くいったらそう言われる。簡単だったか成功したと。


ほとんどの人間は、ものを見る目がない。目に見えるものは分からない、想像力が無いのだ。相手の状況がまるで分からない。



暴言を吐きまくっているだけで、なにもしてこなかった人々は、

これから暴言を吐きまくって足を引っ張ってきたリーダーに助けられるのだ。



天国とは、まさにこの事だとおもう。究極に甘やかされ続ける環境

けれど、実力の伴わない、人から貰っているラッキーは、しょせん、自分の為にはならない。

出合い系で遊ぶ処女の話

もう二度と遊ぶまいと決めていたのに気づけば掲示板ワンチャン今夜空いてる?みたいなことしてるし、実際やって感じないのも満足しないのもわかってるのに!!!!!

週末料金でホテル高かったのに支払ってもらえたのがラッキー大学生ホテル代割り勘にしたがるけど、やっぱりヤるなら社会人だなぁ…もうやらないけど。

あのサイトもやめよう、もう真面目になろう、セックスもどきなことをしたって処女処女だし、彼氏いない歴をかえられないんだから

チンコをくわえた数リセットしたい。まっさらファーストキスも奪われていない状態から始めたい。出合い系をやめよう。

2016-05-30

アンコール増田リハする素張り出す守るー紺藍(回文

私の知り合いの知り合いが、

歌歌ったり楽器弾いたりするアーテーストで

こないだコンサートがあったかちょっとお手伝い頼まれたから行ってきたのよ。

みんなのチケットもいできたわ!

あんまり何もすることなかったから、

客席でリハの様子をちょこちょこ見てたわけ。

まあ、人によりけりだと思うけど、

本番前、一通り通しでリハーサルするのね。

曲とかも、

じゃ、ここで始まって、終わってMC入ります

って曲はしょるんじゃなくて、

一応は最後まで弾くのね。

リハも本番も聞けてなんかラッキーだったわ。

にばーい、にばーい。




今日朝ご飯

お家で旅館定食と行きたいところだったけど、

そんなお魚焼いてる手間もあれなので

チェーン店の朝定にしました。

鮭の皮定食99円とか!

デトックスウォーター

コンサートデトックスウォーター差し入れ持って行こうと思ったけど、

誰が作ったかからない、

謎の水なんて絶対誰も飲まないか

いろはす差し入れしたわ。

ケータリングプリン食べ放題が魅力的だったわ。

そんな話じゃなくて、

今朝のデトックスウォーター

ミント水よ、

ミント香りだけで楽しむのよ。

試してみてね!




すいすいすいようび!

今日も頑張ろう!

2016-05-28

http://anond.hatelabo.jp/20160528221214

なんつーか頭悪そう、バカなんだなそいつ

でも世間には一定バカはいる、諦めろ

怖いとか暗いとか罵ったくらいであっちが引いたならラッキーな方だ

http://anond.hatelabo.jp/20160528144808

今日、僕は彼女の胸チラを見た。

そのとき僕は、渋谷ABCマートにいて、彼女はそこでハイカットのコンバースを試しているところだった。

たぶん25歳くらいだろうか。ぼくがみたところ胸のサイズはEより上だと思う。

具体的なサイズは分からないが、少なくともハイスクール同級生目線は、彼女の首より下ばかり見ていただろう。



5月末になり、段々と薄着でも過ごしやすい季節になってきている。

玄関を開けて、息を吸い込んだ瞬間、青々とした木々香りが、これからくる6月の湿気をのせてぼくの鼻腔を刺激する。

彼女は、アスクルが運ぶコピー上質紙よりも白いワンピースを着ていた。

豊満乳房が、雪どけを待つウサギのようにその胸元からこちらをうかがっていた。


165cmくらいの彼女が前屈みになったとき、ぼくはたまたま彼女の目の前にいた。

僕は、持てる限りの集中力を持って、隣の棚のVANSスニーカーの値札に向かおうとした。

25%オフ店舗限定。5980円。悪く無いデザインだ。

英語試験に挑む中学生が、答案のつづりを何度も確認するように、注意深く集中しようとした。



しかし結局のところ、そんな努力は何の意味も持たないのだ。

ぼくは、そのふよふよと柔らかさを感じさせる揺れ方に目が奪われてしまった。

時間にして1秒にも満たない。ウサギはすぐに身を潜めてしまった。

僕には、雪を掻き分けてそこまで向かう勇気はなかった。

彼女と僕は赤の他人なのだ



ワンピースの下に隠されていた豊かな膨らみが目に焼き付いている。

僕の手にはVANSスニーカーが入ったショッピングバッグがぶら下がっている。

すごくラッキーな気分になれた。胸チラは偉大だ。

僕は彼女の胸の形を何度も何度も頭の中で描く。

英語のつづりを思い出す中学生のように。

そして、その想像上の彼女の胸に向かって、あるいは、VANSスニーカーに向かって。

僕は時間をかけて射精をする。


やれやれ。新しいスニーカーを買いに行かねばならない。

胸チラを見た

今日、胸チラを見た。推測だが年齢25歳、サイズはEより上だと思う。

5月末になり、段々と薄着でも過ごしやすい季節になってきているわけで、

ワンピース的な胸元がゆったりした服を着ておられた。

165cmくらいの彼女が前屈みになったときたまたま前にいて、谷間を拝ませてもらった。

ふよふよと柔らかさを感じさせる揺れ方に目が奪われてしまった。

時間にして1秒にも満たないだろうが、ワンピースの下に隠されていた豊かな膨らみが目に焼き付いている。

すごくラッキーな気分になれた。胸チラは偉大だ。