「シューイチ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シューイチとは

2019-09-26

日本テレビシューイチ承諾書

日本テレビシューイチから依頼され出演したところ、撮影後に無報酬及び番組内容演出に異議を唱えない承諾書を結ばされそうになった

https://togetter.com/li/1408996



○○テレビ放送株式会社 御中

  私は、当番組趣旨を十分理解したうえで、無報酬にて当番組撮影・収録に参加し、

  以下のことを了承します。

1、私は、当番組スケジュール撮影・収録・放送にあたっては、貴社(貴社が指定する者を含みます

  以下本条において同じとします)の指示に従い、VTR構成等あらゆる演出について貴社に異議を唱えません。

2、私は、貴社(貴社が指定する者を含みます。以下本条において同じとします)に伝えたエピソード等が

  事実であることを保証します。

3、私は、当番組撮影・収録に際して、携帯電話デジタルカメラ等の撮影機器を用いて撮影現場

  番組出演者または他の参加者撮影しません。

4、私が当番組に参加した過程で知れ得た当番組情報撮影内容、貴社に関する情報、及び第三者

  企業秘密プライバシーに関わる情報ブログ等への記載を含め方法手段を問わず第三者に開示しません。

5、私は、当番組の収録・撮影等に関し、(1)私が貴社(貴社が指定する者を含みます。以下本条において

  同じとします)の指示を守らなかったために発生した事件事故等、(2)収録に関する貴社の指示とは

  無関係に発生した事件事故等、および(3)天災等の不可抗力・貴社の予見ないし回避不可能事態

  よって生じた損害、間接的な損害等の被害について、貴社が一切責任を負わないことを承諾しま

  (ただし、当番組に収録中に起きた、貴社の故意または過失による事件事故等に関しては

  この限りではありません)。

6、私は、当番組撮影・収録に参加することにより何らの権利を取得するものではなく、肖像権

  氏名表示に関する権利プライバシー権等一切の主張・要求をしないこと、また、当番組に参加した際に

  著作権著作者人格権著作隣接権、その他の知的財産権が発生した場合これらの権利が貴社に帰属すること、

  貴社および貴社が指定する第三者が、当番組日本国内外において、期間を問わず地上波放送

  BSCS での放送DVDやブルーレイディスク等ビデオグラム化、書籍化ネット配信その他現在存在する

  または将来開発されるあらゆる手段により再利用することに関して、私自身、及び撮影場所である

  私所属会社(以下、当社)の映像・音声が使用される際には、貴社よりの再使用申請連絡を受けた上で

  当社が了承した場合に限り、無報酬にて承諾します。

7、私は、当番組放送個人的に録画する以外は、複製・頒布・上映・放送などの目的に一切使用しません。

8、私は、収録した内容が貴社の何らかの事情により放送されない可能性があることを承諾します。

私は、本書の全ての項目に同意し、自らの意思で捺印・署名します。

年   月   日

住所

参加者氏名  印

電話番号

肩書き

(年齢・生年月日)

参加者が20歳未満の場合保護者の方の署名・捺印もお願いします。

保護者氏名  印)

2019-07-11

ワンドロ垢を一年半とやってみて

とあるワンドロを運営しているアライさんなのだ

略して「運えイさん」なのだ

 

ワンドロ垢をやってみて感じたことをまとめたちょっとしたレポートなのだ

ワンドロ運営をやってみたいフレンズはアライさんにおまかせなのだ!!

ワンドロ運営初心フレンズからあたりまえのことしか書いてないのだ!!!

 

別にチラ裏放置なこんな内容、自ブログでもいいのだが、あえて増田投稿してみるのだ!!

アライさんなりきりで書いているのはただの流行りに乗っかりたいだけの気分的なものなのだ!!

なのでワンドロ自体けものフレンズとは全く関係がないものなのだ

 

====

 

運えイさんのワンドロ垢のステータスなのだ

その1

・二週に一回の開催

原作完結済み

知名度はあるが二次創作フレンズは少なめ

フォロワー数 50

その2

・前管理人から譲渡

フォロワー数 300

 

主にその1の方での感想を中心にいろいろまとめるのだ

 

 

 

お題はあってもなくても参加者そんなに変わらない気がするのだ

サンプル数が少ないのもある気がするのだが、積極的によく参加するメンバーは同じなのだ

「描きたい欲」さえあればあまり関係ないような気がするのだ

ただ、お題を設定するなら、そのワンドロに適したわかりやすいお題にした方がいいのだ

お題はそれこそ「描きたい欲」がそそられるものがいいのだ

よく参加するメンバーを増やすかはぶっちゃけ運しだいなのだ

でもアカウントPV数を増やそうとする努力はした方がいいと思うのだ

終了後に次回開催日時を告知するのは運えイさん的には結構有効だと思うのだ!

日時が迫ったらそれををRT引用RTするのもありなのだ

ワンドロ垢のIDを入れて投稿するルールがあるワンドロとかも見かけるのだ

あれもけっこうPV数が増えそうな気がするのだ

 

 

自動化ツールは定期的に手入れするなら使った方がいいのだ

ぶっちゃけ疲れているとあの時間帯は寝落ちするのだ…

その時間に待ち構えて開始、終了ツイートするのは結構たいへんなのだ

何か作品を作ってセルフ参加しようとなると遅刻が許されない状況になってなかなかスリリングなのだ…!!

クライアントが「Twitter for iPhone」、「Twitter for Android」になっている運営フレンズは本当にお疲れ様なのだ

 

運えイさんみたいに月の開催数が少ない場合TweetDeckおすすめなのだ

画面が英語ばっかりだけど画像付きでも予約投稿できるのは強いのだ!

Twitter公式サービスなのだ!外部サービス提携することがないのだ!

モーメントは使えないけどコレクション機能簡単に使えるのだ

ただ、スマホからじゃ使いにくいのだ…

Androidには無理やり使えるようにしたTJDeckというものもあるみたいなのだ

GitHub - totoraj930/TJDeck: TweetDeck用ブラウザ for Android

 

毎日だったりシューイチだったりの場合はtwittbotなんかの各種botサービスの利用をおすすめするのだ

twittbot - enjoy

 

RTはあってもなくてもいいのだ

ユーザーページを見に来た時の見やすさを考慮したら投稿数が多い場合RTアカウントを作ったりだとかモーメントにまとめたりとかすればいいのだ!

投稿みたのだ!」と相手に通知させたいならふぁぼかRTかモーメントなのだ

自動RTとなるといまのところどのサービスTwitterDeveloperアカウント申請必要になるのだ…

申請の仕方はググればわかるのだgoogle:TwitterDeveloper 登録

200字以上の英文理由書くの面倒くさいのだ…

MAKEBOT8月末をもってサービスを終了するみたいなのだ…時が流れるのは早いのだ…

今使えそうなのはRTBotなのだ

自動リツイート設定サービス「RTBot(リツボット)」

 

定期ツイートは埋もれすぎないほうがいいのだ

するならお題募集かに有効なのだ

運えイさんは定期は設定してないのだ

 

放置されすぎていると参加するフレンズたちが疎外感を感じてしまうのだ

運えイさんはいまのところワンクール分ほどTweetDeckで予約して手動RTするスタイルなのだ

 

 

参加者との信頼関係大事なのだ

疎外感を感じさせず、もちつもたれつな適度な距離を保つのだ!

管理者名を公開している場合は周囲に不穏な空気をもたらす愚痴絶対NGなのだ~!!

そうでなくても意外と全然知らない人からも見られているのだ…

運えイさんの出来事と交えて絵を描いた参加フレンズがいてビックリしたのだ…!

 

毎回「ありがとうございますなのだ!」と感謝するようにしていたら知り合いの他のワンドロの運営フレンズも真似するようになったのだ!

感謝って大切なのだ

言っている運えイさんも気持ちいいし、参加フレンズ気持ちいいと思うのだ

フレンズからの「ワンドロの開催いつもありがとうございます」の言葉を励みに楽しく管理しているのだ~!

 

 

 

ワンドロ垢はじめた動機中間結果なのだ

動機は「あ~早くアニメ化してほしいのだ~!二次創作界隈が賑わってそれがアニメ業界関係者に目についてアニメ化したら嬉しいのだ…」みたいなしょうもないものなのだ

今のところアニメ化はまだなさそうなのだ

 

ワンドロを始めて二次創作界隈が賑わったのか

よくわからんのだ

いつも通りなのだ

でも明らかに変わったのは

前よりも多くのフォロワーさんが同人イベントに本作ろうと参加しようとしてるのだ

確実に「ジャンル」が出来ていっていると感じた運えイさんなのであったのだ

 

でもまあ供給が増えるのは事実なのだ!!

2019-02-11

anond:20190211195152

オレも、中山秀征って、何がスゴいのか分からなかった。けれど、例の日テレ銀座バイトしていた女子アナ(笹崎里菜)のやる気を引き出す感じというか、問題児っぽいヤツでも上手く扱える感じが凄い。。日曜の番組に「シューイチ」の後説が動画を見たけど、秀さんのコメント力が高いんだーって思った。。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん