「ビビット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ビビットとは

2020-06-01

くそっ!今日ビビットアーミーに見つかった!

今日こそはビビットアーミーに捕まるまいと、ネット広告で見る度に即座に「繰り返し見た」と報告し、ありとあらゆる広告ブロッカーを設定し、「この広告非表示にする」としているのに、必ずどこかで見つかっちまう!

どうすれば!どうすればいいんだ!

熊本でくまもんに遭遇しないのが無理ゲーなように、リアルテレビいらすとやを眼に入れないのが無理なように、ネットをしていてビビットアーミーに遭遇しないなんて無理ゲーなのか

ネットでどれだけ排除しても視界に表れるビビットアーミー

実写広告から、コレは違うと安心していたら、最後に表示されるビビットアーミーの表示

やつらはとうとう3次元にまで浸食してきやがった

はいったいあと何回ループを繰り返せば、ビビットアーミーから逃げられるんだ

2020-05-05

もはやビビットアーミー広告する気すら感じられない

広告を使った落書きしかない

2020-03-25

anond:20200325004558

こういう人ってビビットアーミーみたいなのはどう思ってるんだろう

エロでもアングラ死語)でもない普通企業サイトだろうが出てくるし消せないしウザイんだけど

直接的エロ絵じゃないか無問題

2020-03-17

エアロビ衣装

昔のエアロビ衣装を見て、

ビビットカラールーズソックスみたいなやつをすねにまいてるけど…あれは何だったんだろう。

2020-03-14

(求)ビビットアーミー広告排除出来る方法

有料でいい。

マジでこいつほんとうざいしどこにでも出てきて、こいつを見たくなくてインターネットやらなくなりそうなくらい大嫌い

ひたすら表示しないにしようがなんだろうが出てくる出てくるもうどうにかして欲しい

月額料金払ってもいいから消す方法誰か知らない?

2020-02-18

anond:20200217200819

サントリー 広告」でぐぐるサジェストに「うざい」や「不快」が出るくらい

世間一般でうざがられてるようだけど

(んでぐぐると以前炎上した「頂」のCM話題が多いが、増田が言ってるようなweb広告がうざいって話も出る)

もう「うざい広告」として定着しちゃってるから今更炎上しないだけじゃね?

ビビットアーミー炎上しないのと同じで

2020-01-29

ビビットアーミー広告が表示されたら、クリックするようにしている。

そうやって広告費を浪費していくがいいさ。

2020-01-21

anond:20200121135934

そいつが好きって人初めて見た。

オーネット巫女うぜえってのはたまに聞くけど。

広告自体が嫌われてるだけだろうと思うが。ビビットアーミーよりはマシだが)

2019-12-02

ビビットアーミー広告エロ度が下がってる気がする

からあるエロい奴も相変わらず表示されるけど

新しいのはあんエロくない気がするんだが

流石に批判されまくってまずいと思ったのか

エロに釣られるのは男子高校生だけで課金しない説どっかで聞いたし)単にそれじゃ売り上げが振るわなかったのか

2019-11-14

ビビットアーミーってああ見えてエロどころか女の子要素ゼロだというけど

それをエロ広告で釣るくらいなら最初からエロゲ作った方がより儲かると思うんだが何故そうしないんだろう

ガチエロゲは18禁扱いになってしまうから広告出せる範囲が狭まるとしても

全年齢範囲内のライトエロで釣るゲーム程度なら広告出せるだろうに

2019-11-13

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1429635

基本的広告知識がない人が、「エロ漫画広告が出るのはエロいものを見ている/検索してるからだ」と決めつけてるが、全くそうではないので言及しておく。

PC広告google広告のように閲覧検索履歴を元にアルゴリズムからユーザーが興味を持つ属性広告が多いので、そう考えるのもわかるが、スマートフォン分野ではそうではない。

スマホ広告ガラケー広告の延長上にあり、アダルト広告が主な広告主であり、ここ10年くらいは電子書籍が大半だと言っていい。

次にアダルト要素のあるブラウザスマホゲームが続く。昔はDMM今は皆さん嫌いなビビットアーミービビットアーミー詐欺広告訴求と言われてるのは、バナー下品で全くそんなキャラやシーンがゲーム内には無いからと聞く。

実際エロ訴求の方がクリックされるのだからそうしてるんだろう。そして、少しでもエロ要素があると、ずっとプレイしてればそんなシーンもあるのではないかと期待してゲームを遊んでしまうのだ。

あとはアプリだと放置少女とかキングスレイドなんかもそうだね。美少女キャラが売りのゲームからビビットアーミーとは違うけれど、エロ訴求が出来ると広告展開が強い。

また、ガラケーからスマホに切り替わる時に、電子書籍をメインで扱っていた広告代理店がそのままクライアントスマホに流したという側面もあり、スマホ広告手法アダルト訴求がセオリーという一種ノウハウがあるから、少しでもエロ要素があればそれを訴求した方がウケると考えているのだろう。

本題に戻るとこういう背景があるからサイト運営者はスマホではフィルター無しでアダルト広告を流すのがマネタイズやすいとなる。

スマホでまとめ系サイトやそのアンテナサイト見たら、コンテンツよりエロ漫画広告がメインみたいなことあるでしょ?

要はそういう事で、そしてエロ漫画広告バナー広告から入会すると滞在率も高く多少の獲得単価でもペイできるから広告主も基本的にどんな媒体にも出したいんだ。

獲得単価が高過ぎる媒体もあるだろうが、それは媒体クリック単価を調整すれば良いこと。

媒体アダルト広告なら多少はクリック単価は安くなっても、一般広告よりもクリックレートが段違いに高いか問題ない。

まり広告主側はスマホで出稿出来るなら何処でも出したいっていう希望があって、サイト運営側はとにかくクリックされる広告が欲しいっていう構図だから無差別エロ漫画広告掲載している。

かい効果調整はアドネットワーク代理店がやる。

もっと大きなボリュームサイトDSPもあるだろうけども、「いかがでしたか?」系や、まとめ系の下位はアドネットワークで事足りる。

今回の「授乳 おやつ」のサイトは【テキトー情報書いてるから広告設定も利益重視のサイト】と言ってるようなものなので、スマホで見たら、やたらとアダルト広告出るサイト情報は参考にしない方がいい。

あと、PCアダルト広告まりさないというのはSEO対策として考えているのかもしれない。実際検索上位に上がっているから。

2019-11-11

ビビットアーミー広告気持ち悪い

舐めてるやつを舐め返せって書いてあって

騎士みたいなのが左側で「雑魚がっ!」って言ってるんだけど

右側で「ちがっ、そういう意味じゃ……!」って言いながら

縛られて丁度股間あたりに人影みたいなのが落ちた絵になってて

めちゃくちゃ気色悪い。

2019-10-25

anond:20191025132831

ビビットアーミー広告すでに10種類以上確認してるが広告費とかどうなってるんだろう?

2019-10-06

ラフィネさん主催のRWCスペシャルイベントに参加してきた日記

去る9月29日株式会社ラフィネ さん主催南アフリカワインイベントに参加してきました。

ラフィネさんは南アフリカ生産者ワインを多く扱う都内ワインインポーターです。今秋、日本Rugby World Cup 2019が開催されることから大会観戦を兼ねて南アフリカの8生産者来日していただき日本各地でイベントが開催されました。このうち6生産者に今回限定スペシャルワインを造っていただき、RWC(Raffine Wine Collection)として6本セットで販売、今回はその記念イベントでした。各ワイナリースペシャルワイン1種+通常のキュヴェ1種を出典、もちろん生産者ご本人とお話しでき、またお料理や素敵な記念品もついてくるという大変豪華なイベントでした。

バーデンホーストのアディさんのYuuuuupppppaaaaaa!!!で乾杯からスタート

出典ワインは以下の12銘柄でどれも素晴らしかったです。

ラフィネさんのFacebookテクニカルの詳細が載っていますので詳しくは是非そちらもご覧ください。

◎A.A.バーデンホースト(スワートランド)

A.A.Badenhorst (Swartland)

・Raffine Wine Collection by A.A.Badenhorst

 パールバーグのエイトケイクという単一からシラー100%を全房率100%で醸したキュヴェ、無濾過無清澄シラー100%のキュヴェを造るのは初めてとのことでした。イメージとしてはイエローベルシラー単一品種版でしょうか。果実味がピンと張ったエネルギーに満ち溢れている液体ですがあからさまに濃厚!というわけではなく、非常にクリーンでエレガント。言葉からの印象ですがシラーズ!というよりはエレガント系シラーの美質を存分に感じさせてくれました。他の単一シリーズもそうなのですが、ご本人からは豪快な印象を受けるのにとても繊細に造られているなーと思います

・Ramnasgras Cinsault 2017 (double magnum bottle)

 先日のワインショップでの試飲会でもいただいたキュヴェですがこちらはなんと3Lのダブルマグナム、軽々と持ち上げてらっしゃったのがすごい!前回同様にハーブスパイス香りジューシー果実味、土のニュアンスバランス良く融合した素晴らしいワインでした。

◎アルヘイト・ヴィンヤーズ(ヘルマナス)

Alheit Vineyards (Hermanus)

・Raffine Wine Collection by Alheit Vineyards

 2015年ヴィンテージからリリースしているLa Collineと同じ畑からセミヨン(+セミヨン・グリ)100%、通常版との違いは最上部の区画からのみ造られていること。全房率100%La Collineがリリースされる前はセミヨン・グリ主体スキンコンタクトをしたAllow Heartというキュヴェでリリースされており、Allow Heart再現としてスペシャルワインが出てくるかなーなどと勝手妄想しておりましたがLa Collineのスペシャル版として造ったとのことでした。La CollineはAlheitの上位レンジであるシングルヴィンヤードシリーズ唯一のセミヨン単一(他は全てシュナンブラン)ということもありふくよかさが印象的なのですが、今回のRWC版は区画を上部に限定することで酸やミネラルに伴う骨格をより強く感じることができる大変気品にあふれたキュヴェとなっていました。

・Cartology 2017

 アルヘイトと言ったらカルトジーヴィンテージは昨年リリースされた2017年です。冷涼系グレートヴィンテージということもありリリース当初は酸とミネラルがぎっちり詰まった印象でしたが、それらが徐々にほぐれつつも非常に美しい味わいでした。

◎サディ・ファミリーワインズ(スワートランド)

Sadie Family Wines (Swartland)

・Raffine Wine Collection by Sadie Family Wines

 南アフリカワイン界の大御所です。白のブレンド公式から引用ではシュナンブラン26%、ルーサンヌ16%、ヴェルデーリョ15%、コロンバール9%、セミヨン9%、パロミノ9%、グルナッシュブラン8%、ヴィオニエ4%、クレレット・ブランシュ4%と多数の品種ブレンドされています土地表現古木に拘りのある生産者ですが、樹齢5年程度の若木イタリアギリシャ品種が入っている、ワイナリーとしても極めて試験的なキュヴェのようです。酔っぱらいながらのメモですがアサンティコ、カタラット、フィアーノ、グレロ(グレーラ?) が入っているとのこと。公式記載品種のシノニムとかでしたらすいません…。これらの品種古木になった時にワイナリーの新しいページを刻んだら素敵ですね。ベビー・パラディウスのイメージとのことですが、よりスパイシービビットな印象を受けました。若木ブドウが使われていることから先入観もありそうですが。もちろん暴れるようなことは無く、非常に綺麗な造りで熟成した姿が非常に楽しみです。

・Columella 2017 (double magnum bottle)

 赤のブレンドフラッグシップであるColumellaの最新ヴィンテージしかダブルマグナムです。エレガントながらも濃厚な果実味に浸れる素晴らしい造りです。ワインだけで満足できる度の高い一杯。

クリスタルム(ボット・リヴァー)

Crystallum (Bot River)

・Raffine Wine Collection by Crystallum

 クリスタルムのピノ・ノワール上位レンジであるマバレル、キュヴェ・シネマ、ボナファイドを1/3ずつブレンドしたスペシャルキュヴェ。この字面だけでも心が躍ります。全房率はマバレル10%、キュヴェ・シネマ50%、ボナファイド60%とのことですのでシネマはホールバンチ版ではなく通常版由来と思われます。1/3ずつというブレンド比率ですが、色々と試した上でこの比率が一番しっくりきたとのことで個人的には偶然の神秘性のようなものを感じてしまいました。おそらくマバレル由来の透明感のあるアタックから充実した果実味、コクと旨味からの満足感、美しい余韻への一連の流れが一切の継ぎ目・ストレス違和感なく展開される完璧バランスでした。

・The Agnes Chardonnay 2018

 シャルドネの2種あるうちの下位レンジ、先日入荷したばかりの最新ヴィンテージです。乾燥した2018年性格を反映した凝縮感のある味わいです。酸や骨格は2017年の方が豊かである印象ですが優劣というよりは性格の違いを楽しむ、あるいは各個人の好みによる程度の違いと考えます。上位版であるクレイシェルスは今年の分をまだ飲めていないのでどんな感じになっているか気になります…。

ラール・ワインズ(スワートランド)

Rall Wines (Swartland)

・Raffine Wine Collection by Rall Wines

 ピケニルスクルーフの単一畑のグルナッシュ100%。全房率50%、無濾過無清澄とのことです。このメンバーの中からグルナッシュ100%で思い出すのはサディのソルダートピノ・ノワールと間違うほどの繊細でエレガントな造りですが、こちらはもう少し果実の充実感に寄っておりグルナッシュイメージにより近い印象でした。一方、けして派手ではない綺麗な造りで、静かな波打ち際の漣のように寄せては返す旨味がじわじわと長く続く静謐な美味しさ。Rall AVA Grenache noir勝手に名づけたくなりました。

・Rall Red 2016

 こちらはおなじみのバランスのとれたローヌ品種ブレンド赤(シラー70%、サンソー15%、グルナッシュ8%、カリニャン7%)で、よりしっかりと力強さを感じされる明朗な美味しさが印象的でした。

◎ソーン・ドーターズ(ボット・リヴァー)

Thorne&Daughters (Bot River)

・Raffine Wine Collection by Thorne&Daughters

 スワートランドにあるパールバーグ(現地の言葉で馬の山という意味らしい)の畑のシュナンブランセミヨンセミヨン・グリのブレンド公式情報だとセミヨン66%、シュナンブラン34%とありますセミヨンセミヨン・グリの比率も聞いておけば良かったと反省パールバーグは風化した花崗岩質の土壌で、良い古木ブドウ畑が沢山あるとのことです。馬と聞くと今回も出ていたRocking Horseが思い起こされますこちらは使い古しの樽で娘さんのために作った木馬が由来でありたまたまとのこと。一条の光がすっと通るがごとくまっすぐと背筋が通った味わい、もちろん単調ではなく果実味や複雑さも備えていてそれらを酸がぐっと引き締めている感じでした。フォーカスが絞られ、はっきりとした輪郭が掴める!

・Rocking Horse Cape White 2017

 ワイナリー看板的な銘柄でステレンボッシュルーサンヌ&クレレット・ブランシュ&シャルドネパールバーグのシュナンブランフランシュックのセミヨン南アフリカ各地からブドウブレンド。もとの造りに加えて2017年というヴィンテージもあり酸がしっかりした綺麗な味わい。

料理は鮨3軒、天ぷら1軒、焼鳥1軒、焼肉1軒、肉レストランカレーケータリングこちらも豪華。スペシャルワインを一通り味見した後にあまり考えずにケータリングスペースに入ってしまい初手で〆カレーを選ぶことをしでかしつつ大変堪能しました。

料理との合わせという点で記憶に残っているのは

バーデンホーストでgrilled beefに合わせるならばシラーサンソーのどちらが良いかお聞きしたところ割と悩んだ後でサンソーとのお返事。

・サディ・ファミリーでColumellaにgrilled beefはどうか?とお聞きすると肉はいらない。ワインだけでOK!!と言われました。確かに…!

白身主体の鮨を片手にRocking Horseもらいに行ったところvery nice for SUSHI!!と言われました。

カレースパイス感あるのにワインを全く邪魔しない…。じっくり煮込まれた肉カレーの旨味とRallのRWCスペシャルのしみじみとした旨味を堪能しました。

マグロとCrystallumのRWCスペシャルの組み合わせが完璧

天ぷらとAlheitのRWCスペシャルの組み合わせが完璧

生産者の方々との交流ワイン料理の美味しさ、大変貴重な経験ができた素晴らしいイベントでした。

生産者の皆様、料理人の皆様、運営ラフィネの皆様への最大限の感謝を!!

そして一週間たった今もそれぞれの味わいを思い出しつつセットの追加購入をどうするか悩む日々です…。。。

2019-09-27

ビビットアーミー

なんか微妙美少女アンドエロっぽい感じ押しの広告よくみるけど

この前流行った「乳揺れ」「錯視」を取り入れてて、あ、俺らみたいなのが広告担当してるんだなって感じた

2019-07-19

anond:20190719174419

そういや高校生の時に学ランの下は赤T率高かったわ

紫とか青のビビットカラーもよく着てた

ごくせんドラマかなんかで爆発的に流行ったなぁ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん