「赤城みりあ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 赤城みりあとは

2020-10-17

デレステにおける市原仁奈の干されっぶりに怒りが大爆発した

市原仁奈最後デレステイベントに出たのはいつか知っているか

2017年6月開催の「Yes!Party Time!!」

3年4ヶ月前 つまり40ヶ月前

尋常じゃない干され方だ。

「はぁw?40ヶ月も干されてようやく怒ったのかよw遅すぎるだろw」と思われそうだが

干されている事に対しての怒り自体は1年前ぐらいから抱いていた。

しかし、今回怒りが爆発したのには訳がある。

10月アタポンイベントメンバー選びにおける、運営の采配である

今回のオリジナルユニットメンバーロリアイドルが2人いる。

赤城みりあ櫻井桃華の2人だが、みりあはまあいい。

許せない采配は桃華である

桃華自体最後イベント2018年9月の「ドレミファクトリー!」で、24ヶ月干されていたアイドルではある。

しかし、桃華は近いうちにやるであろう曲を2つも持っているのだ。

3chord曲である「イケナイGO AHEAD」はまず100%来年やるであろう。

季節曲であるWhite again」は今冬にもやれるであろう。

40ヶ月干されている市原仁奈差し置いて、それらの曲が待機している櫻井桃華を今回のイベントに抜擢する理由は何一つないのである

「仁奈は圏外のくせにSSR4枚貰っているからいいじゃないか!」という意見も出そうだ。

先日4枚目を貰ったばかりの姫川友紀を引き合いに出そう。

仁奈と大して選挙成績の変わらない姫川友紀

イベント出演回数9回───これは声あり圏外勢トップなのである

そして、市原仁奈イベント出演回数たったの4回…

これでも「SSR4枚貰ってるからイベント出なくてもいいだろ」と果たして言えるのか?それは断じてNoだ。



結論 : デレマス運営市原仁奈を嫌っているかイベントから完全に干している




追記 : 上田鈴帆十時愛梨の方が干されているぞとの指摘を見たが、当然の事ながら知っている。その二人に次いで3番目に干されているのである

3番目だと不遇を嘆いてはいけないのであろうか?

さらに今までの報酬はたったの1回、4年前の事になる。

今回桃華は5回目の報酬で、どうもこれはCuトップとなる枚数だそうで…並み居るCuのお歴々を制してこれは凄いですね…

不人気は不人気らしく大人しくしていろ?圏外だろうが出まくっているアイドルがいます 某姫川、某日野etc...

干されているアイドルのPは皆、声を大にして不満を叫ぶべきである

そのアイドルの人気・不人気に関係なく

人気なのに干されているアイドルのPが不満を叫ぶのは当然だが、

不人気だろうが干されていたら大声で不満を叫ぶ事は保証されている権利である

叫ばなければ運営には絶対に届かないのだから

そして、「不遇と言うな」と言う輩に限って担当イベント出演に恵まれていて、不満など持ったことのないのだから


考えてみたらそもそもロリ5人でイベントをやれば良かったのではないだろうか

櫻井桃華赤城みりあ市原仁奈佐々木千枝龍崎薫で 千枝も薫も強引にでも曲与えないと、仁奈みたいに3年以上干される可能性がある

年1ペースでロリ5人曲やった方がいいと思う でないと仁奈のような被害者が増えてしま可能

追記2 : 出番が無いのが普通と言うけれど40ヶ月以上干されたアイドルはたったの3人です

追記3 : ライブに全く参加しない櫻井桃華日野茜は

散々デレステイベント出ているので声優都合というのはありえない

運営擁護したい者がいつも使う詭弁です

担当の出番に恵まれている者は、運営に対して不信感など抱かないのだろう、羨ましい

十時愛梨は今年シン劇に出演し、プリコネカバー曲まで収録したにも関わらず、相変わらずイベントには参加できていない

デレステ新曲イベントコミュに限って収録できない理由が一体どこにあるだろうか

彼女もまたデレマス運営に忌み嫌われ、徹底的に干されている被害者であろう

2020-09-14

デレステモブアイドルみーちゃん

ストーリーコミュ櫻井桃華上条春菜荒木比奈、夢見りあむコミュ等で登場

他にもそれっぽいのあったら教えてください

ストーリーコミュ(15話)

赤城みりあメインのストーリーコミュ

イベント制作部のディレクターからPに出演者ドタキャン(理由不明)によるイベント欠員補充依頼があり、事務所に遊びにきていた赤城みりあが選ばれる

イベント状況から単独での握手会ミニライブイベントだった模様

ファンからみーちゃんと呼ばれている

櫻井桃華コミュ

そこそこ大きい会場でライブを行う売れっ子アイドルとして登場

経験を積む為前座として登場した櫻井桃華みーちゃんファン野次を飛ばされる

一人称は「みー」

上条春菜コミュ

先輩アイドルとして登場

ライブパフォーマンス不安を覚えていた上条春菜が参考のためライブ見学しに行く

場面が客席ではなく舞台袖のためおそらく事務所の先輩

お手手ふりふり、ぴーぽーぱー

一人称は「みーちゃん

荒木比奈コミュ

番組共演者として登場

普段着荒木比奈スタッフ勘違いしたまま挨拶する

吹き出し名前表記が「みーちゃん

夢見りあむコミュ

所属不明地下アイドルとして登場

夢見りあむからは「アイドルなのに顔が悪い、ステージより物販に力を入れている、薄っぺらい」と評価されている

名前表記ファンから呼び名共に「みーちゃん

2020-08-22

赤城みりあは4年たった今でも怖い

赤城みりあ、ああいキャラ意図的に目のハイライトを薄くされてるのめちゃくちゃ怖くないですか?

頼む、早く歳をとって可愛げの鎖から脱してくれ。

2020-07-16

デレマス血液型

0.まえがき

デレマスアイドル現在190名(デレマスオリジナルに限る)実装されており、

うちキュートが66人、クールが65人、パッションが62人である

一方、日本人血液型A型37%、O型32%、B型22%、AB型9%とされている。

深田えいみtwitterで50万票を集めたアンケートでも、誤差はあるがほぼこれに近い結果が出ていた。

https://twitter.com/FUKADA0318/status/1283207024738594817

この割合をそのままデレマスに当てはめるなら、A型70人、B型42人、O型61人、AB型17人に近い結果になるはずだが、実際にはどのような比率になっているだろうかと思って調べた結果、面白いことが分かったので書く。

1.全体的に

A型49人、B型48人、O型57人、AB型36人である

おそらく「ABは少なめにしつつ全体でバランスを取って…」的な意識が働いたのであろうが、それでもAB型B型が多めで、A型が極端に実際の比率より少い結果になっている。

血液型占いを信じているかどうかは別にして、一般的に「A型は真面目で几帳面O型はおおらか、B型マイペース自己中心的AB型二面性のある天才肌」的なイメージがある。

からわざわざキャラクター血液型が設定されているし(外国人には不思議らしい)、作り手も人によってはそのイメージを気にする。

典型的なのは、遙・水月・茜のセンターヒロイン3名が全員A型の『君が望む永遠』)

そのためだろうか、デレマスでも属性によって上記比率に著しい偏りが見られる。

2.キュート

A型19人、B型13人、O型24人、AB型9人。

比較理論上の比率には近いが、ややA型が少なくO型が多め。

O型三村かな子小日向美穂、あべななさんじゅうななさい、村松さくらなどイメージ通りの人が揃っており、

A型櫻井桃華涼宮星花、相原雪乃といったお嬢様勢を含め真面目そうな子が多い(工藤忍、乙倉悠貴、辻野あかりなど)一方で棟方愛海が含まれている。

B型ある意味パブリックイメージ通り(双葉杏前川みくにゃん、宮本フレデリカ輿水幸子遊佐こずえなど)だが、

AB型持田亜里沙てんてー五十嵐響子小早川紗枝、白菊ほたるなど『天才肌か?』と思うキャラは多い。

ちなみに天才2名は一ノ瀬志希O型池袋晶葉がB型である

3.クール

A型20人、B型14人、O型12人、AB型19人。

明らかにO型が少なく、逆にAB型過半数クールである。おおざっぱなクールは似合わないということか。

一方で、AB型クールはヘレンさんなどは似合っているし、鷹富士茄子高垣楓、梅木音葉などは天才型といっても良いのだろうが、神谷奈緒や三船美優など天才型というイメージには遠いキャラも多い。

ちなみにB型クールにはシンデレラガールが3人(凛、加蓮、周子)いる。

黒川千秋藤原肇B型だが、A型の方が似合うような。

4.パッション

A型10人、B型21人、O型21人、AB型8人。

A型が少ない。几帳面パッションは似合わないと言いたいのか(増田PaP)。

O型は確かにおおらかそうな人が揃っている(高森藍子十時愛梨海老原菜帆、及川雫など)。

数少ないA型愛野渚、若林智香、冴島清美といった『いかにも』なキャラがいる一方で姫川ユッキなどもいる(日野茜はAB)。

AB型のしゅがーはーと、夢見りあむ、木村夏樹赤城みりあ城ヶ崎美嘉(ちなみに莉嘉はB型)などは割とそれっぽい。

2019-05-06

赤城みりあの声

すごく無理している感じがする。

赤城みりあ腹黒説はこういう小さな事象の積み重ねで裏付けされていく。

2018-09-22

優遇状況調査 パッション属性アイドル(2018/09/23

優遇状況調査 パッション属性アイドル(2018/09/23


相葉夕美


赤城みりあ


市原仁奈


上田鈴帆


及川雫


大槻唯


片桐早苗


喜多日菜子


喜多見柚


木村夏樹


佐藤心


城ヶ崎美嘉


城ヶ崎莉嘉


高森藍子


十時愛梨


南条


難波笑美


浜口あやめ


日野茜


姫川友紀


星輝子


堀裕子


本田未央


向井拓海


村上


諸星きらり


依田芳乃


龍崎薫

2018-09-15

anond:20180911170215

熱心な赤城みりあPがこの機会に赤城山登山しに行ってたりもしていたよ

提督兼任も多そうだけどねw)

2018-09-14

第2回~第6回モバマス総選挙ガチャブ一覧

第2回~第6回モバマス総選挙ガチャブ一覧

第2回

第3回

第4回

第5回

第6回

2018-07-29

アイマス百合妄想するのが好きなんだけど

基本的に今までは「オープンラブラブカップル」が好きだったんですよ

こう周りのみんなも付き合ってることを知ってて「よっバカップルおあついねー!」的なリアクション含めて、カップリング的な?

具体的にいうと、しゅがしゅがみーん(イベントおめ)とか。

なんだけど、この間、渋谷凛赤城みりあがみんなに隠れて付き合ってて、全員の仕事やレッスンや終わった後、別々の方向に一旦帰った後、少し離れた駅で待ち合わせて夜の街に消えて行く的なシチュエーションを思い浮かべて以来

隠してこっそり付き合ってるってパターンもありだなあ、と思いました。

そこで、いろいろな組み合わせを考えて見ました

千早亜美

お互い、春香と真美という仲良しがいるだけに、彼女たちに隠していちゃつくさまがとてもよく浮かぶ

また、千早の考え込む感じと、亜美のあっけらかんなところがなんとも背徳的。

・心と飛鳥

あのですね、二人とも5chの女神スレ承認欲求満たしてそうじゃないですか?

なんていうかこう、二人とも割り切った肉体だけの関係だったはずが、若さゆえに飛鳥くんが暴走してしまう的なやつですやん?

え? アイドルでそういう下品イメージを語るな?

せやな

ジュリア真壁

あーごめん。

これだけ妄想じゃなくて、公式だったわ。

めんごめんご、ゲッサンミリオン世界線で二人が付き合ってるのは公式だもんなあ。

・三峰と霧子

アンティーカってさ、世界観天野しゅにんたにのドロドロ百合漫画みたいだから、どのパターンでも妄想できてしま

その中でも一押しなのが、この二人。

三峰が絡むとアングラ感がしますね、なんかこう、霧子に仕事中下着履かせないプレイとかさせそう。

2018-07-27

#アイマス子供に服着せろと大沼くるみ

最近韓国フェミニスト問題定義でこのタグが流れてきた。確かに現実アイドルと比べてアイマス彼女達の露出はすごい。正直、龍崎薫ちゃんの白ビキニカード赤城みりあちゃんの際どいカードは「これはダメでしょ……」と思う部分もあった。そしてコラージュ後の画像を見て、確かに際どすぎる面に麻痺しているなと感じる所もあった。

私が気になった点はこのタグアイドル個性を潰すコラージュ画像があった、という点だ。

さて、ここでタイトルにも出ている大沼くるみちゃんについて説明したい。大沼くるみちゃんは13歳のキュートタイプアイドル。大きな胸がとても魅力的だが、本人はこのことをかなりコンプレックスに思っている。おまけに自信が持てていないため、八の字の眉毛と泣きそうな目をしている。舌っ足らずな口調、頭が悪くいじめられっ子

そんな彼女だが、プロデュースしていくうちにどんどん変わっていく。最初の方は泣きそうな顔だったのに、笑顔自然になり最新のウエディングカードでは「今日はあったかい嬉し涙なんだよ」と伝えてくれる。彼女コンプレックスを魅力へと昇華し自信を持って前を向くことが出来るようになることが、彼女にとってのシンデレラストーリーなのだ

話はこのタグに戻る。例のタグでは彼女の胸を13歳相応のサイズに変え、表情が性的だというので八の字眉を、潤んだ瞳を、困ったように波打つ口を変えられていた。そしてコラージュした人達は皆「『修正』後の方がかわいい」「こちらの方がいい」と言っていた。

これが彼女にとっていいことなんだろうか。今まで、自信を持てるようになってきた彼女否定して、「これが正しいのだ」と推し進める行為彼女にとっていいことなのだろうか。デレステコミュ1で彼女は同年代男子から虐められていた。「そんな年なのに胸がでかい」「頭くるくるくるくるみ」と言って虐められていた。このタグ彼女を「修正」した人たちは、彼女の「記号」だけを見て判断している、コミュ1のいじめっ子たちと変わらないのではないだろうか。ありのまま彼女否定する、大沼くるみにとっての障壁しかない。

また、「大沼くるみ自体が男の趣味を固めたような存在だ。おじさんが透けて見える」と書いている人もいた。私はこれを見て本当に本当に悲しくなった。

以前、PSYCHOPATHの監督が「このアニメ男性に向けて作ったのに女性が反応して残念だ」と言って炎上していた。なのにどうして、「彼女応援している女性Pなどいない」のような発言ができるのか。

ここまで書いて察した人もいるだろうが、私は女性Pだ。私は同性として彼女を心から応援している。自分自身身体の成長に関するコンプレックスがあったため、彼女自分自身を好きになれるように応援している。それなのに、彼女自身の魅力を否定され自分否定され、とてもつらい気持ちである

主義主張はわかるが、彼女否定しないでくれ。そして彼女応援している私たち否定しないでくれ。

長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます。私はこれから大沼くるみちやんを応援し続けます。もし、宜しければ第八回総選挙では彼女投票よろしくお願いします。

2018-07-20

デレマスはhierarchical

デレステの恒常SSR響子追加で一波ありましたデレマス界。

モバマスサービス開始当初からこのコンテンツに世話になっている私は、自分では「アイドルマスターシンデレラガールズ」というものをよく知っていると考えています

デレマス代表的風習として 総選挙 がありますよね。1位がシンデレラガールとして認められ、上位50名は順位を明かされる。

必然的に人気という点において階級組織的な構図が生まれます

さらに、総選挙の結果に依るところも大きいですが、「声の有無」というのも差別的な要素として捉えることができます

OK、ニュージェネは信号機看板から声がついて然るべき」

あんきらや蘭子はキャラ立ってて他所でも知名度あるしね」

当時は基本的CD発売発表を以て声がつくことが明かされていたと記憶しています

納得できるところから声はついていきました(本田未央については一悶着あった気もしますが)。

第4段辺りからですかね、多少予想が難しいところも出てきました(第4段赤城みりあなど)。

今では逆に声がついてる娘の中から3名がソロCDデビューという形なので予想する楽しみは減ったかもしれませんね。

でもソロ曲を持っているか否かというのは大きな差足り得ると思います

ともあれ私は個人的にはこのシンデレラガールズが好きです。

第一総選挙十時愛梨シンデレラガールに輝いたことはとても鮮烈でした。大変失礼ながら彼女が人気NO.1だったとは私は今でも思っていません。でもそこがいい。

第二回でカードがまだR2種類しかなかったアナスタシアが2位になったこともそうです。

私は、シンデレラガールズはソシャゲとしての面で、ユーザー主体コンテンツであって欲しいのです。

まり比較したくはありませんが、ミリオンにも琴葉、百合子、杏奈志保など「人気」アイドルはいます

でも最新曲「UNION!!」の歌詞にもある通り、「一人も手放さない」。

「Thank You!」の歌詞にもありますが、ライブ衣装も一貫してお揃い。

そんな雰囲気があるように感じます

デレマスが不人気アイドルを手放すということを言っているわけではありません。

でも「どんな世界も頂点は一つしかない」「誰もが立てるわけじゃないステージ」。

そんな歌詞脳裏を過るのは私だけでしょうか。

蔑ろにする、ということでなければアイドルの扱いに差はあっていいと私は考えます。ましてや他所と比べても人数がとんでもないわけですしね。

一方で「仲間の数が増えてく度に叶う願いも増えてゆく」なんていう実にいい表現もありますね。

最近botの件や前述した響子の件(特にPCS衣装は悪手だったと個人的にも思いますが)などデレステはすこし雲行きがよくありません。

難しいこのコンテンツの舵取り、運営様には今後もぜひ頑張って欲しいと思います

2018-07-17

デレぽのみりあちゃんと蘭子ちゃんの会話について感じたこ

これを書いたきっか

デレステ内のコンテンツであるデレぽで、赤城みりあ神崎蘭子の会話について、問題があると感じている人が全然いないようです.

ただ、この件、問題があると思った人は強く主張するが、問題があると思わなかった人は特に言及しないため、後に「すべてのユーザー問題を感じていなかった」というイメージけが残る可能性があります

そこで、問題があると思った私から見て、あのやり取りをどのように解釈していたか、というのを書こうと思いました。

この解釈他人押し付ける気は毛頭ありません。

みりあx蘭子の件に問題がないと思っている人は、これを読んでも意見を変えることは無いでしょう。

あくまで、「こう考えた人もいた」という程度の駄文と思ってください。

みりあと蘭子の会話の何が問題だったか

まずは会話を見てみましょう

蘭子「劫火よ…猛る恩寵は咎人へ… !」

みりあ「暑いよねー !早くすずしくならないかなー !」

みりあちゃん熊本弁をすぐに解釈できてすごいですね.

でもちょっと待ってください…これ、テキストベースSNSなんですよ.

声の調子や表情などの多様な情報のある普段の会話ではなく、ただの文字だけのSNSでもみりあちゃん熊本弁理解できている…

ヤバくないですか?

直前の会話でも「暑」は3年生で習うので漢字を使っているし「涼」は5年生で習わないのでひらがなを使っているみりあちゃん

やばたにえん

ここからわかること

みりあちゃん文字だけでも熊本弁解釈できる….

よく分からない漢字からでも推論によって堂々と会話を導き出している…

一歩間違ったらアスペ認定されてしまうから注意してほしいですね

追記(2017/07/17 12:00)

複数の方から、先にこの件を問題視していない人から問題視している人への誤った解釈があった、という指摘をいただきました。

みりあちゃんは要するに「分かり手」なのです.川島さんと同じ能力です.

…野暮な記事を書いてしまったものです.

2018-05-24

赤城みりあちゃんみたいな子供

ひたすら「いい子だね―」って言われて褒めてもらいたい

バブみじゃない 褒めてもらいたいだけ

2018-01-30

デレマスよく知らないんだけど

赤城みりあちゃんてコ、名前がめちゃ可愛い

みりあちゃんって名前と見た目がすごい合ってるね

2017-12-19

anond:20171217171119

非処女とのセックスが怖いというのは非処女が怖いのではない。

あの待合室にいた男たちよりも自分は劣る存在であること、またそれを女性認識されること、それを考えてしまうことが恐怖の正体だ。

詰まるところ、底辺まで落ちてもまだ自尊心を保ちたいだけのクズだった。

はじめての風俗で立たないはよくある話だよ

一度目なら、今度こそはと私も思う。二度目なら、またもかと私は呆れる。三度目なら、呆れを超えて苦痛となる。

提案1:湯船に一緒に入って世間話をする

提案2:私服ノーパンになってもらう

提案3:胸に顔をうずめさせてもらって息ができないごっこをする

弾まない会話と重苦しい沈黙の中でリクエストできるほどの度胸があるなら今日まで童貞を抱えてはいないとは思うが憶えておきたい。

そういえば胸をまだ触ったことがないことに今頃気付いた。

嬢をアイマスで例えるのやめーや

担当Pには全く申し訳ないが、デレマスで喩えるのは決してネタではなく理に叶ってることがわかった。

単純に180人以上もいるからという訳ではなく、差別化のためにキャラ付けが明快、3属性から絞り込める、という点で引用やすい。

ちなみに赤城みりあ(本物)が在籍している店はあるようだ。ソープではないが。


ホッテントリ童貞いじりがどうのこうのというのを見た。

一体何処の世界童貞ブームなんてあったんだよ。

2017-10-23

アイドルマスター シンデレラガールズ CM メンバー発表時の選挙順位

3弾

 小日向美穂 9位

 多田李衣菜 7位

 十時愛梨  1位

 川島瑞樹 10

 本田未央 圏外

4弾

 日野茜 5位

 赤城みりあ 圏外

 安部菜々 15位

 新田美波 13位

 輿水幸子 14位

5弾

 佐久間まゆ 圏外→6位

 白坂小梅  26位→10

 緒方智絵里 6位→7位

 アナスタシア なし→2位

 高森藍子  20位→15位

6弾

 星輝子  なし→12

 神谷奈緒 圏外→11

 北条加蓮 圏外→8位

 小早川紗枝 圏外→圏外

 堀裕子  なし→47位

7弾

 鷺沢文香 なし→なし→6位

 姫川友紀 21位→17位→8位

 宮本フレデリカ 圏外→圏外→40位

 速水奏  なし→25位→26位

 市原仁奈 4位→39位→48位

8弾

 橘ありす  なし→24位→37位→45位 ボイス1位

 片桐早苗  なし→41位→圏外→圏外

 一ノ瀬志希 なし→なし→44位→5位 ボイス6位

 塩見周子  圏外→19位→11位→1位 ボイス2位

 櫻井桃華  圏外→32位→50位→32位 ボイス18位

9弾

 大槻唯   22位→46位→49位→19位 ボイス13位

 中野有香  圏外→圏外→圏外→圏外

 二宮飛鳥  なし→なし→圏外→38位 ボイス20

 相葉夕美  25位→26位→23位→4位 ボイス7位

 五十嵐響子 24位→42位→24位→20位 ボイス4位

10

 乙倉悠貴 なし→なし→なし→31位→36位

 松永涼   圏外→圏外→圏外→圏外→圏外

 依田芳乃 なし→なし→なし→22位→5位 ボイス14位

2016-07-19

「バブみ」という気持ち悪い言葉

 今日特定キャラクターに対して感じる母性のことを「バブみ」と形容するオタクが多く存在している。私はこの「バブみ」という言葉が非常に嫌いで、またこの言葉を使っている人を見るたびに熱を起こし腹を下して寝込むくらいに頭が痛くなる。

 特定キャラクター母性見出し、そのキャラクターの魅力とするのは何ら問題はない。母性キャラの魅力たり得る。ただそれを「バブみ」という極めて下衆で低俗感情に直結し知能指数の低さだけが露呈された言葉に落とし込むことが我慢できない。赤城みりあちゃん(例)に感じるのは眩しすぎるほどの無邪気な愛と抱擁であって、決して「バブみ」ではない。というかなんだよ「バブみ」って、そんな言葉使ってて気持ち悪いと感じないの?マジで。いやマジで「みりあママにバブみを感じてオギャる」なんて文章が目に入った瞬間、思わず失明したよ。

 「バブみ」に限らず、言葉最適化が為されてしまうと、その最適化された言葉しか用いようとしない人が多く出てきてしまう。多様な表現が広がり続ける現代において、それらを形容するのに最適な言葉が出てくると、便利なものからそれを使って簡単自分の思いを表現したくなるのは分からないでもない。しかし、自分の持っている想いというものは、最初から最適化されたものであろうか?決してそうでは無いはずだ。感じたのなら、それを拙くとも自分言葉表現してみるのが良いのではないだろうか。寧ろそうしておかないと、いつかその想いすら最適化された範囲しか表現されず、貧困ものとなるだろう。

 実際便利だし、最適化された言葉を使うことに問題があるわけで無い。過度な使用や、言葉最適化された結果が「バブみ」なんていう頭の痛くなるような言葉ではあって欲しくないのである。趣も無く気持ち悪いし低俗で、見るに堪えない。

2016-07-01

モバマスの現状が嫌い(手直し)

http://anond.hatelabo.jp/20160701172732

読みにくかったか勝手に整形させてもらったよ。

アニメが終了して半年以上になり、モバマス自分にとってとてもくだらないコンテンツに成り下がった。

なので個人的に嫌いな部分をあげたいと思う。

意識の高いプロデューサーの方々は「そう思うなら~」のコラ画像でも想像してくれればよろしいかと。

アイドルの扱いの格差

これは765やミリオンにも少なから存在する。

しかしながらCDライブと言った重要な部分に関しては平等である

ところがモバマスCDライブを行うために必須とも言える声優が当てられているアイドルが半分にも満たないのである

さらに言えばその声付き全員がそれらに恵まれたかと言うとそうではない。

もっといえばカードコレクション系のソシャゲ本体でありその中ですら適当な扱いを受けるアイドル大勢いるのである

数ヶ月ごとにSRとして出番をもらうアイドルと年に一回R、よくて強くないSRとして処理されるアイドルが同居している、そんな世界

ただしこの現状は「しょうがない」で終わってしまものでもある。

人気のあるキャラクターを軸に展開するのはコンテンツとして企業として正しいあり方なのだから

アイドル声優を付けたり、出てくるカードが全アイドル平等になりすべて強いSRにしたところで利益がでるどころか返ってマイナスになりかねない。

ぶっちゃけこのコンテンツが生まれた時点でのやむをえない欠陥といってもいいだろう。

運営による贔屓

人気=待遇=出番が基本のコンテンツであるが人気はないにも関わらず出番が増えていくアイドルが一部いる。

その代表として「本田未央」について言及したい。

一応言っておくと別に本田未央」が嫌いと言う訳ではない。

ただひたすら「本田未央」の運営の扱い方が嫌いなだけである

本田未央は他のアイドルとは違いやや特別立場で生まれた。

現在モバマスの顔ともいえるニュージェネレーションズ、NGメンバーの一人としてデザインされている。

ところが運営の予想と反して、渋谷凜島村卯月がある程度の人気を確保した中、本田未央総選挙で2回連続圏外となってしまった。

さらにはデレラジがスタートし、メンバー渋谷凜島村卯月・・・そして城ヶ崎美嘉だった。

NGいかと思いきやまさかの除外である

その後CD3弾で曲を手に入れたが「ちゃんみおは不憫」

そんな空気を纏ったままあの運命の第三回総選挙である

NG総踏みでの月末ガチャ

20位~30位、少なくとも50位内はいけるだろうという予想がプロデューサー間であった。

結果はなんと総合5位。

圏外からこの順位は今も昔も本田未央のみである

多くのプロデューサー賞賛をあげる中、この順位に納得できない者もいた。

なぜならあまりにも順位が上がりすぎたから。

他のガチャによる恩恵順位が上がったアイドル比較すると

赤城みりあ 第1回圏外 → 第2回37位
フレデリカ 第1、2回圏外 → 第3回40位
及川雫   第2回圏外(中間49位) → 第3回19位(第1回23位)
島村卯月  第1、2回29位 → 第3回4位
本田未央  第1、2回圏外 → 第3回5位

確かにガチャによる順位の大きな向上は見受けられるが伸び幅があまりにも桁外れ。

NG揃っての月末だから未央にも入れたプロデューサーが今まで以上に多かったのかもしれないが・・・真相は闇の中である

なお、この後の本田未央を含めNG3人は必ず総選挙上位者になるようになり、アニメや外部展開によって本田未央の人気は本物になっていった。

しかし、この贔屓の裏では安定した人気を持っていたにも関わらず恵まれないアイドルがいることを忘れてはならないだろう。

それなのに総選挙すべて圏外のアイドルの抜擢をするのは理解に苦しむところである

しかも声付けただけでその他展開がない&遅いでは声が付いたアイドル立場もない。

そういうのは優先すべきアイドルが終わってからにすべきだろうと思う。

余談だが第4回総選挙期間でのボイスなし3人の月末ガチャという運営の声を付けたいアイドル押しは本当にドン引きだった。

アニメの出来と影響

モバマスアニメはとても影響力があったと思う。

それは765アニメ放送終了後、アニマス風の絵が増えたことを見ればなんとなくわかるだろう。

ただし出来に関しては2期が酷かった。

1期の時点、特に1話での期待感は素晴らしいものだった。

途中の本田未央の「私、アイドルやめる!」問題物語として十分考えられる、内面を描いたストリーの起伏として楽しめていた。

ところが2期では美城常務の登場により1期での積み重ねの崩壊

さらに内部の人間ライバルとして描こうとしているはずが敵にしか見えないという状態に。

ポエム合戦とも言われる掛け合いもあり、もはや美城常務評価点はユニットを組んだ事とも言われるありさまである。(これに関しては賛否が激しい)

また、渋谷凜のTPへの葛藤島村卯月の一人で勝手に落ち込んでいくのには共感や涙どころではない。(しかも泣きの演技力の低さ)

765のアニメでも谷間となる部分はあるが、これは谷間が長く続く。

暗く雨が降っている場面ばかりで、しかもそれはアイドルとしての問題のせいではなく、ほぼすべて美城常務のせいなのだからアイドルアニメ物語として入り込む事ができないのである

もっと追求するならば、これは「皆が主役」と謳っていたはずだが・・・

武内Pについては「オタクが喜びそうな寡黙だけど優しい不器用イケメンとまでいかないキャラ」と当時17歳の声優という話題性マッチしてでた人気だったと思う。結局は二次創作の肥やしになった程度の存在だろうか。

そしてアニメ終了後の影響だが、まず「プロデューサーという名の百合豚」が増えたことがもっとも顕著だろう。これに関しては下記項目と合わせて執筆したい。

百合花園と化したモバマスプロデューサー崩壊

ざっくり説明すると「プロデューサー存在が薄れ、アイドル同士の絡みが中心になってしまった」という状態モバマスは陥っている。

アニメ終了後の、「新田アナスタシア」のコンビがその代表とも言えるだろう。

その他にも出たカップリングTwitterpixivといった媒体百合百合しいイラストとともに蔓延していったのだ。

さらにその後、デレステが登場し今度は公式からそういった百合要素がプロデューサー存在と引き換えに分泌され始めた。

このような積み重ねの結果、「運営というプロデューサーによる百合営業を眺める」コンテンツになろうとしているのである

それはもうプロデューサーではなく百合豚のためのものである

さらに面倒な事に、「運営のやることが一番!文句があるならやめろ!」というプロデューサーもどきもかなりいるものから性質が悪い。

彼らが守りたいのは「アイドルマスター」なのか「自分達の遊び場」なのかはわからない。

モバマスに限らずだが、大規模な美少女ゲームにおけるユーザーの核には「○○好きな自分が好き、もっと自分を見て触れて構って」というのがある。

(皆が皆そのような人間だとは言えないけど)

ようはSNSとして美少女ゲームは絶大な力を持っているといえる。

なにせアイデンティティ他人と付き合うためのセールスポイント美少女ゲームに委ねているのだから周りにあわせざるをえない・・・

それが大勢いるのだから上記のような性質の悪い人間がでてくるのだろうと思う。

最後

以上が自分モバマスがくだらなくなった理由である

自分が「プロデューサー」という存在であることを感じなくなっていたのだ。

まあこの記事を見た方にはバカが癇癪を起こして自棄になっていると思ってもらうほうがあっているだろうか。

デレマスプロデューサーを名乗る皆様、どうか自分の持っている「今まで持ってきたアイドルプロデューサー関係像」を大切にして欲しい。

自分がその世界にいなくなった時、多分あなたは「プロデューサー」ではなくなるのだから

モバマスの現状が嫌い

アニメが終了して半年以上になり、モバマス

自分にとってとてもくだらないコンテンツ

成り下がった。なので個人的に嫌いな部分を

あげたいと思う。意識の高いプロデューサー

方々は「そう思うなら~」のコラ画像でも

想像してくれればよろしいかと。

アイドルの扱いの格差

これは765やミリオンにも少なから存在する。

しかしながらCDライブと言った重要な部分に

関しては平等である

ところがモバマスCDライブを行うために必須とも

言える声優が当てられているアイドルが半分にも

満たないのであるさらに言えばその声付き全員がそれらに

まれたかと言うとそうではない。

もっといえばカードコレクション系のソシャゲ本体であり

その中ですら適当な扱いを受けるアイドル大勢いるのである

数ヶ月ごとにSRとして出番をもらうアイドルと年に一回R、よくて

強くないSRとして処理されるアイドルが同居している、そんな世界

ただしこの現状は「しょうがない」で終わってしまものでもある。

人気のあるキャラクターを軸に展開するのはコンテンツとして企業として

正しいあり方なのだから。全アイドル声優を付けたり、出てくるカード

アイドル平等になりすべて強いSRにしたところで利益がでるどころか

返ってマイナスになりかねない。

ぶっちゃけこのコンテンツが生まれた時点でのやむおえない

欠陥といってもいいだろう。

運営による贔屓

人気=待遇=出番が基本のコンテンツである

人気はないにも関わらず出番が増えていくアイドルが一部いる。

その代表として「本田未央」について言及したい。

一応言っておくと別に本田未央」が嫌いと言う訳ではない。

ただひたすら「本田未央」の運営の扱い方が嫌いなだけである

本田未央は他のアイドルとは違いやや特別立場で生まれた。

現在モバマスの顔ともいえるニュージェネレーションズ、NG

メンバーの一人としてデザインされている。

ところが運営の予想と反して、渋谷凜島村卯月がある程度の

人気を確保した中、本田未央総選挙で2回連続圏外となってしまった。

さらにはデレラジがスタートし、メンバー渋谷凜島村卯月・・・

そして城ヶ崎美嘉だった。NGいかと思いきやまさかの除外である

その後CD3弾で曲を手に入れたが「ちゃんみおは不憫」

そんな空気を纏ったままあの運命の第三回総選挙である

NG総踏みでの月末ガチャ20位~30位、少なくとも

50位内はいけるだろうという予想がプロデューサー間であった。

結果はなんと総合5位。圏外からこの順位は今も昔も本田未央のみである

多くのプロデューサー賞賛をあげる中、この順位に納得できない者もいた。

なぜならあまりにも順位が上がりすぎたから。

他のガチャによる恩恵順位が上がったアイドル比較すると

赤城みりあ 第1回圏外 → 第2回37位

フレデリカ 第1、2回圏外 → 第3回40位

及川雫   第2回圏外(中間49位) → 第3回19位(第1回23位)

島村卯月  第1、2回29位 → 第3回4位

本田未央  第1、2回圏外 → 第3回5位

確かにガチャによる順位の大きな向上は見受けられるが

伸び幅があまりにも桁外れ。NG揃っての月末

から未央にも入れたプロデューサーが今まで以上に

多かったのかもしれないが・・・真相は闇の中である

なお、この後の本田未央を含めNG3人は必ず総選挙上位者

になるようになり、アニメや外部展開によって

本田未央の人気は本物になっていった。

しかし、この贔屓の裏では安定した人気を持っていたにも

関わらず恵まれないアイドルがいることを忘れてはならないだろう。

それなのに総選挙すべて圏外のアイドルの抜擢をするのは

理解に苦しむところであるしかも声付けただけでその他展開がない&遅い

では声が付いたアイドル立場もない。

そういうのは優先すべきアイドルが終わってからにすべきだろうと思う。

余談だが第4回総選挙期間でのボイスなし3人の月末ガチャ

という運営の声を付けたいアイドル押しは本当にドン引きだった。

アニメの出来と影響

モバマスアニメはとても影響力があったと思う。

それは765アニメ放送終了後、アニマス風の絵が

増えたことを見ればなんとなくわかるだろう。

ただし出来に関しては2期が酷かった。

1期の時点、特に1話での期待感は素晴らしいものだった。

途中の本田未央の「私、アイドルやめる!」問題

物語として十分考えられる、内面を描いたストリー

起伏として楽しめていた。

ところが2期では美城常務の登場により1期での積み重ねの

崩壊さらに内部の人間ライバルとして描こうとしているはずが

敵にしか見えないという状態に。ポエム合戦とも言われる掛け合いも

あり、もはや美城常務評価点はユニットを組んだ事とも言われる

ありさまである。(これに関しては賛否が激しい)

また、渋谷凜のTPへの葛藤島村卯月の一人で勝手に落ち込んでいく

のには共感や涙どころではない。(しかも泣きの演技力の低さ)

765のアニメでも谷間となる部分はあるが、これは谷間が長く

続く。暗く雨が降っている場面ばかりで、しかもそれは

アイドルとしての問題のせいではなく、ほぼすべて美城常務のせい

なのだからアイドルアニメ物語として入り込む事が

できないのである

もっと追求するならば、これは「皆が主役」と謳っていたはずだが・・・

武内Pについては「オタクが喜びそうな寡黙だけど優しい

不器用イケメンとまでいかないキャラ」と当時17歳の声優

という話題性マッチしてでた人気だったと思う。

結局は二次創作の肥やしになった程度の存在だろうか。

そしてアニメ終了後の影響だが、まず「プロデューサーという名の

百合豚」が増えたことがもっとも顕著だろう。これに関しては

下記項目と合わせて執筆したい。

百合花園と化したモバマスプロデューサー崩壊

ざっくり説明すると「プロデューサー存在が薄れ、アイドル同士

の絡みが中心になってしまった」という状態モバマスは陥っている。

アニメ終了後の、「新田アナスタシア」のコンビがその代表とも

言えるだろう。その他にも出たカップリング

Twitterpixivといった媒体百合百合しいイラストとともに

蔓延していったのだ。

さらにその後、デレステが登場し今度は公式からそういった百合要素が

プロデューサー存在と引き換えに分泌され始めた。このような

積み重ねの結果、「運営というプロデューサーによる百合営業を眺める」

コンテンツになろうとしているのである。それはもうプロデューサーではなく

百合豚のためのものである

さらに面倒な事に、「運営のやることが一番!文句があるならやめろ!」という

プロデューサーもどきもかなりいるものから性質が悪い。彼らが

守りたいのは「アイドルマスター」なのか「自分達の遊び場」なのかはわからない。

モバマスに限らずだが、大規模な美少女ゲームにおけるユーザーの核には

「○○好きな自分が好き、もっと自分を見て触れて構って」というのがある。

(皆が皆そのような人間だとは言えないけど)

ようはSNSとして美少女ゲームは絶大な力を持っているといえる。

なにせアイデンティティ他人と付き合うためのセールスポイント

美少女ゲームに委ねているのだから周りにあわせざる終えない・・・それが

大勢いるのだから上記のような性質の悪い人間がでてくるのだろうと思う。

最後

以上が自分モバマスがくだらなくなった理由である

自分が「プロデューサー」という存在であることを感じなくなっていたのだ。

まあこの記事を見た方にはバカが癇癪を起こして自棄に

なっていると思ってもらうほうがあっているだろうか。

デレマスプロデューサーを名乗る皆様、どうか自分の持っている

「今まで持ってきたアイドルプロデューサー関係像」を大切にして欲しい。

自分がその世界にいなくなった時、多分あなたは「プロデューサー

ではなくなるのだから

http://anond.hatelabo.jp/20160630030343

ハイファイ☆デイズ初動は4thライブとは別のリリイベシリアルで水増ししてる

http://columbia.jp/idolmaster/event/

アイドルマスター シンデレラガールズ コロムビアCD映像作品累計出荷300万枚突破

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTERシリーズ発売記念イベント

開催日時:2016年7月30日(土) 15:00開場  16:00開演

会場:新木場スタジオコースト ※オールタンディング

内容:トーク&ミニライブ

前売り:¥3,000(税込)  ※ドリンク代別 ※一般発売・当日券なし 

出演:

福原綾香(渋谷凛役)、原紗友里本田未央役)、飯田友子速水奏役)、

今井麻夏佐々木千枝役)、黒沢ともよ赤城みりあ役)、髙野 麻美(宮本フレデリカ役)、

照井春佳(櫻井桃華役)、長島光那(上条春菜役)、ルゥティン(塩見周子役)

◇受付期間:6/21(火)正午~6/26(日)23:59

結果発表:6/29(水)15:00 ご入金期限:7/3(日)23:59

イベント抽選シリアル応募券配布方法

下記対象店舗コロムビアより発売されているアイドルマスター シンデレラガールズ連作品を2,000円

お買い上げ毎にイベント抽選で参加できるシリアル付応募抽選券を差し上げます

2016-03-27

赤城みりあ城ヶ崎莉嘉どっちが好きかを質問してみればそいつロリコンかどうかわかる」

赤城みりあが好きな奴はロリコン

 城ヶ崎莉嘉が好きな奴はロリコン。」

2015-10-07

デレマスキャラ薄い本感想

俺が読みたいのは本田未央上条春菜の非18禁同人誌なので良かったらいいのを紹介してくれ。ちゃんと読んでレビューも書く。

★★★★★★★★★★★

渋谷凛 

一番多いのは当然Pとの恋愛武内P採用率はかなり高い。やはり正妻キャラか。

シチュエーション豊富ノーマル妊婦プレイ赤ちゃんプレイSMスカトロからストーカー殺傷沙汰まで多種多様

特徴としてレ○プ被害にに合うことが多い。レイプしてくる人間も多様。

さらにいうとレ○プ被害にあったあとにそれをPとのS○Xで上書きするというところまでテンプレ化しているものも多数

★★★★

新田美波

バラエティ豊富アニメ化前までは○クロスネタのせいか痴漢、援交、輪○、8○3などいろんなネタがあったが

アニメ化以降はPに積極的アタックしていくものが非常に多く、以外にも武内P採用率は高い。

★★★

城ヶ崎美嘉

武内P採用率は低い。個人的にはもっと上がって欲しい。言葉をかわさず視線で通じ合う関係すきなんや

見た目の割にウブで純情キャラという路線が非常に強くストレート恋愛物の割合が高い。見た目の通り淫乱でしたネタが逆に新鮮。

また妙に薄い本の中ではストーカー被害に襲われることが多い。

妹が絡むケースについても背徳を楽しむものと、巻き込んでしまタイプなどいろいろある。

鷺沢文香

武内P採用率はおそらく一番低い。Pとの恋愛が多いが武内Pではなく書き手自身がPになっていることが多いのが特徴。

自分色に染めることにこだわりがあるPが多いらしく書き手あとがきがやたら濃いのでかなりキモい

高垣楓

ダジャレネタを頑張って入れるPとそうでないPによって読む側のテンションが変わる。

Pとの恋愛が多い。その際やたらと情が深いキャラクターとして扱われていることが多い印象である武内P採用率は低い。

シチュエーション温泉お酒が絡むことが多いのも特徴。

まれに年長組とセットで登場し、事後報告をしたり、悩みを打ち明けたりする。

島村卯月 

意外なことに武内P採用率はそれほど高くない。

渋谷凛と比べて数は多くないがバリエーション豊富さは決して負けていない。

わんこキャラなだけあって、そういうシチュがあったり、催眠、投薬プレイなど特殊性癖を持つ人には彼女のほうが好まれる模様。

おそらく桂井よしあきデレマスに手を出すと渋谷凛よりこちらを選ぶと思われる。

力尽きたので後は他の人に任せる。

★★

神崎蘭子

三村かな子

城ヶ崎莉嘉

輿水幸子

北条加蓮

前川みく


18禁多め

緒方智絵里

双葉杏

星輝子

小日向美穂

十時愛梨

佐久間まゆ

白坂小梅

神谷奈緒

市原仁奈



★非18禁多め

安部菜々

アナスタシア

多田李衣菜 

高森藍子

姫川友紀



ほとんどない

宮本フレデリカ

輿水幸子

川島瑞樹

諸星きらり

本田未央

赤城みりあ

小早川紗枝

堀裕子

速水奏


総選挙よりこちらのほうがしっくり来るわ。

小鳥さんとちがってちひろさんはそれほど性欲対象になることはないらしい。お前ら情けないな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん