2019年05月06日の日記

2019-05-06

anond:20190506235719

こんばんはー。父、2度目の結婚相手は、開業医さんでした。4つ上の女医さん。

資産家だったらしいです。

まぁ離婚ちゃうんですけど。

anond:20190506235227

学生時代不意に殴られることもなければ

社会に出て自殺まで詰められることも少ない

女として大切に育てられてたので

休日引きこもってシコる必要がない

値踏みはされても底辺消耗品扱いはない

女でよかった

anond:20190506234550

死にたくはないです。

死にたい環境にいらっしゃるなら抜けられると良いですね

「女は下方結婚しない」と言いたがる人

まり関係ない話題についても、「女は下方結婚しない」ってトラバする人いるじゃん。

これ同じ人が何度も書いてるの?

「金のない男は結婚できない」なら気にならないんだけど、

「女は下方結婚しない」にはドロドロした怨念が漂ってる。

なんとも言えない、気持ち悪い、女に対する憎しみがある。

目にするたびに暗い気持ちになる。

anond:20190505162049

そもそも男性性」というより、

労働性」「報酬性」と言った方が良いのかもしれない

 

日本の男には男としてのアイデンティティ(マッチョさ、筋肉信仰)が無い代わりに

「男に限って仕事自由に選べる」「頑張れば報酬として、女をセクハラしてもおとがめなし」

という、仕事報酬営利的な価値観根付いてる

 

から性というよりかは「自分利益快楽を損ねたくない」

という利益こそがアイデンティティ化してるんじゃないか

 

日本の男政治家が、西洋政治家と違って宗教的倫理観よりも

生産性ガー」云々でリベラル政治を語りがちなのも

営利が全てというアイデンティティ根付いてるからでさ

anond:20190506235335

ある

レーザーなら一年はかかるが、かなり薄くなる

だいたい一年半で完了

レーザー直後は確かに髭がそりづらいので気になるかも。マスクせい

自殺したいと書いたら通報されるのだろうか

じゃあどこに書けばいいんだ

自殺したい気持ちは止まらないんだけど

ごはん一口だけ残す人

茶碗に1口サイズの塊を残す人。よく見るけどあれはどこのどういう文化なのか

anond:20190506234843

薬とかでなんとかなればいいのにね人の弱さ

anond:20190506235420

俺は140だからまだ会社員できてるけど

160くらいの人はフリーター無職が多い・・・

anond:20190506235335

ワイは脱毛してないけど生えないンゴ

anond:20190506231846

少なくとも400万の仕事で削られるプライドの25倍差し出せるよな

anond:20190506234018

いろいろあって、15年近くぶりにできた恋人から別れを告げられてきました

死にたい気持ちベストテンに入ってると思う

自分は今の日本で確実に入ってるね

下流男性が上流女性結婚できますように

私は年収420万円ぽっちだし、既婚の30代おばさんだから上流女性との結婚を求める下流男性とは結婚できないけど、

下流男性が上流女性結婚できますように、地主弁護士医師などの20代美人女性結婚出来て、養ってもらえますようにと祈っておくよ。

anond:20190506234506

薬局市販の薬でいいから買って塗っておいた方がいいぞ。

治りも早いだろうし。

anond:20190506235431

イスラム系の体型を隠せる服装をするべきだよね。

巨乳なのかデブなのか分からいくらいに黒布で覆ってしまえば、誰もみないはず。

ろくでなしになりたい

タイトルまんまである

私は、他人の事などろくに考えず、自分勝手に行動し、発言し、それで他人を傷つけようとも大して自分は傷付かずにいられる、そんなろくでなしになりたいのである

長らく、人の機嫌や体調、心身の成長あるいは減退を心配しながら生きる日々を送っている。

仕方のない事である。それが私の仕事なのだから

それが好きだからその仕事を選んだと言う訳ではないが、自分自身の性格や体力を考えると、それ以外の仕事を選んでも未来は明るくないと考えたのである

実際、その選択は間違っていなかったし、この仕事に就いてからはや十数年、そこそこやれている自信はある。

この不景気にあっても生活は安定しているし、毎日楽しく幸せに暮らせているだろう。

昔の自分えらい。

と、思いたい。

繰り返しになるが、この十数年、人の機嫌や体調、心身の成長あるいは減退を心配しながら生きる日々を送っている。

私なりに出来る範囲で、つまりそれは、私が苦しくなり過ぎない範囲で、他人に合わせる生活をしていると言う事である

だが、私は今、ここに来て、それがあまりに辛く苦しく孤独な事だと感じてしまっている。

私が努力してやってきた事、それらは私が心配し、寄り添ってきた人達にとってはごく当たり前の、当然の日常になってしまっているのではなかろうか。

一体、私は彼らにとってどのような存在なのであろうか。

感謝はされていると思う。

必要ともされているだろう。

だが、時に彼らは私をまるでボクシングジムに吊るされているサンドバッグのように扱う。

彼らが必要とする日常のために、私の意思気持ち、体調、事情などまるで考慮もせず、殴る。

(あ、殴ると言っても物理的な話ではないよ。精神的なアレだよ)

私は、彼らの事をとても心配しているので、黙って殴られる。

ぶっちゃけ毎度同じような話ばかりが繰り返されるのでなるべく聞き流すようにはしているが、それでも殴られている事には変わりない。

から、とてもとても疲れる。

彼らは何も悪意があるわけではないので、聞くと、どうやら私を殴っている自覚はあるようだ。

だが、殴って申し訳いからなるべく殴らないように頑張ると言う選択肢はないらしい。

そりゃそうである

かに頑張りすぎて壊れちまったんだからね。

頑張ったらまた、壊れちまうからね。

私を殴る方がマシであろう。

自慢じゃないが、私は昔から温厚で気持ちが優しく、滅多に怒らない事が取り柄である

ポジティブシンキングは大得意だし、辛い事があっても一晩寝て、次行こう、次! と無理やりにでも考えて自分鼓舞出来る人間である

その上趣味があるものから仕事にばかり気持ちを埋め尽くされて自分を見失ってしまう事もない。

そんな私だから、十数年、殴られ続けても平気だったのだ。

それが、分かって、いるのか、お前たちは。

こんな仕事、誰にだって出来るものでは、ないのだ。

当たり前では、ないのだ。

私はそう叫びたい。

怒鳴り散らしたい。

このクソが、卑屈野郎自意識過剰ナルシスト、人を見下す事で自分尊厳を維持しようとする哀れな病人

私は資格持ちの精神科医でも看護師でもないのだ。

専属カウンセラーが欲しいなら今すぐ金を払って毎日病院に行け。

もしくは私を病院へ連れて行け。

そして私にどれほどの負担をかけているのか、医者説明してもらえ。

私はこんな事をするために、この仕事に就いたのではない。

私は、サンドバッグでは、断じてない!

そこで、タイトルである

私は、ろくでなしになりたい。

彼らを傷つけても自分の心を守るような、決して吐いてはいけない言葉を叩きつけてしまうような、ろくでなしに。

あるいは、無能怠惰なだけの生き物でもいい。

誰のことも、未来のことも、過去のことも考えず、ただその辺でダラダラ転がっているだけの何かに

そしてブクブクと醜い豚のように太って(豚は可愛いのでこの言い方は豚に失礼だが)、誰からも惜しまれずに死にたい

投げやりになってしまいたいのである

だが哀しいかな、昔から温厚で優しく滅多に怒らずポジティブで真面目さが取り柄であった私は(素知らぬ顔で取り柄を増やすぐらい良かろう)、ここに来てなお、ろくでなしにはなれない。

「はあーもう知らん! 寝よ寝よ! 今日はもうなし!」

イライラしながら布団に潜ればあら不思議、いつの間にか眠くなって朝が来る。

その頃には時間の経過で怒りも少し治っているし、怒った所で何が改善する訳でもないと分かっているから、結局、いつも通りに生活してしまう。

できてしまう。

私は私の苦しみを、私自身の内側で消化するしかなくなる。

彼らは彼らの苦しみを、私と言う名のサンドバッグにぶつけられるのに。

何と言うことだ。

私は辛い。

私は苦しい。

私は孤独だ。

今日も夜が更ける。

私はろくでなしになりたい。

anond:20190506093251

相続税がウザいし貰えるだけもらっとけ

妻と別れたいと思うようになった

たまたまテレビ地方絶景をめぐる旅番組がやっていた。いいなぁ私もこういうところを巡ってゆっくり過ごしたいなぁと思う一方で、妻はそういったことにほとんど関心がなく、そんな妻と一生を添い遂げなければいけない自分は、もう一生こういうところへは行けないんだなと思うと、悲しくなった。うっすらと、妻と別れたいと思ってしまった。

おそらく前兆はあった。

自分より周りが大事という考え方の私と、周りより自分大事という考え方の妻。

意外と付き合いたてのころはそれがうまく噛み合っていたようで、特段ケンカらしいケンカをすることもなかった。

ただ、その違いにぶつかるたびに、妻は譲らず、私が折れる、ということが多かった。

30代という歳のこともあり、私たちは急ぐように結婚をした。半年ほど前のことだ。

結婚を経て、考え方の違いはギシギシと音を立てるようになった。

生活費の支払いのこと、食事の準備、後片付け、料理の味付け、などなどの細かい部分で考えがぶつかり、そのたびに妻は譲らず、私が折れた。

私は疲れている。

おそらく妻も。

最近は小さいケンカをするようになっている。

でも結果は変わらない。妻は譲らず、私が折れる。

付き合いたてのころは会うたびに身体を重ねていたが、今は数ヶ月前からまったくない。

性的欲求の強い私は、若いからその欲求の強さがコンプレックスだった。

でもどこかで、そのことを理解してもらいたいと思いながら、いま、妻にはそれが伝わっていなかったんだなと実感している。

どこか別のところで思いきり発散したい気持ちも強いが、どんな形にせよ妻を裏切ることになりそうで、夜中のトイレで一人寂しく慰めている。

妻のことはもちろん好きで、愛している。

それは間違いない。

恐らく、妻も私を愛してくれている、と思う。

からこそ、いま私の抱えている気持ちを、どうすればいいかかわからない。

身内に相談できる相手もいないので、ここに書き殴ってみた。

どうすればいいか、誰か教えてほしい。

anond:20190506234004

虫下しの薬は、

製法も分かっていて、特許切れで誰でも簡単製造可能状態である

であることが致命的で、製薬会社A社が費用を掛けて

・どのタイプのガンに

・どの用量を

・どのタイミングで投薬するのが

効果的か調べて発売にこぎつけた結果、

他の製薬会社がすぐに同じ薬を売り出せてしまうのが問題でしょう。

まり、A社にただ乗りして他社が利益を出せる状況では、A社としては費用を掛けられない。

A社もまた、他者ただ乗りする方が利益が大きいと考えるからね。

巨乳な人ってじろじろ見られて嫌っていうけどさ

こっちだって見たくないんだよ

ただ強力な引力で吸い寄せられるんだよな

こっちだって意識したくない不可抗力だよほんと

なんやねんなさっきからKKOKKOKKOKKOって

めっちゃ関心持たれてていいね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん