「児童扶養手当」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 児童扶養手当とは

2017-10-13

京都市システム開発トラブルに対する雑感

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/101101158/

https://anond.hatelabo.jp/20171012165214

市町村役場で大規模開発が必要システムと言えば住記・税・福祉系の3つだが、この中でも福祉系がぶっちぎりで地雷

住記:住民票管理住民票はほぼ全国統一フォーマットなのでシステム移行は容易。

税:市町村の税で大きいのは住民税固定資産税軽自動車税。細かい税率は違うが基本の計算式はほぼ全国統一されてるのでこれも移行は容易。

福祉系:一言福祉系というが、その範囲は多岐にわたる。

国民健康保険住民への給付保険料徴収等。

国民年金運営日本年金機構が行っているが、申請受理審査の窓口業務市町村

高齢者福祉系:介護保険後期高齢者医療介護予防等。

障害者福祉系:障害者手帳交付自立支援医療給付・通所サービス・その他医療費助成(重心)等。

児童福祉系:児童手当・児童扶養手当・保育(保育園幼稚園)・妊婦健診・その他医療費助成(小児慢性や養育医療)等。

生活保護生活保護認定給付

保健所系:健康診断難病対策医療費助成)・予防接種等。

これらの業務それぞれが国・県から権限移譲されたもの市町村独自のものが混在している。

市町村ごとに千差万別と言っても過言ではない。また、普通市町村中核市政令指定都市でも、どこまで権限があるかは異なる。

これらの業務を全て1つのメインフレーム運用しておりそれを新しいものに入れ替えるだけ、

であれば話は簡単なのだがもちろんそんなわけはない。

これらの業務根拠法令が成立して制度が始まった時期がバラバラなため、そのたびに入札を行って新たにシステムを構築する羽目になる。

そのため、役所内にメインフレームと、異なるベンダー・異なる言語パッケージが乱立する状態になる。

京都市は今回そんな状態を解消すべくシステムの一括更新を試みたがプロジェクト炎上した、と推測する。

パッケージ業務を合わせろという指摘、業務役所の内部だけで完結するシステムなら簡単

人事給与財務や決裁のシステムであればどこの役所業務を適宜修正してる。

問題仕様変更住民に影響を及ぼす業務印刷物を送って申請をしてもらわなければならない類のもの)。

毎年送られてくる役所から文書が変わると混乱してしま住民の方はものすごく多い。

もちろん事前に今年からこのように変更になります、とお知らせはするんだが読まない方は読まないので。

京都市レベル大都市役所から書類が全部いっせいに変更なんてことになったら、

問い合わせと苦情で窓口電話口は間違いなくパンクする。

なので、対外的住民に出す文書様式は従来のものから変更はなしで、という仕様になりがち。

京都市の件でもオンライン処理は無事稼動したが帳票印刷のためのバッチ処理の移行で躓いたとあったので、

おそらくそのへんの印刷物仕様で揉めたのではなかろうか。

2017-01-10

妻がバカで辛い

離婚しよう、と言われた。

 

1年間の単身赴任の後、赴任先に妻子が合流した。

合流後、そろそろ2年になる。

妻は5時台に早起きして朝食と弁当を作り、洗濯のあとパートに出かける。よくやってくれている。

 

増田40代、妻30代、子ども3人。

一番上の子高校受験関係で、夏までに妻の実家近くに戻ることにした。

増田単身赴任を続ける。

ここまでは双方合意

 

離婚理由を聞くと、

「働きたくないでござる」

 

 

詳しい聞き取りの結果はこうだ。

 

まあ、つまり、あれだ。

偽装離婚を持ちかけられているわけだ。

 

 

目下の悩みは、こんな思考の人と添い遂げられる自信がなくなったので、

本気で離婚したいと思っていることだ。

養育費はそれなりに払う。

 

その場合、どちらを選択すべきか、、、

正直めんどくさい。

 

 

参考までに、偽装離婚後の生活費を詳しく計算するとこうなる。

 

収入の部

婚費(家賃込) 200,000円

子ども手当    35,000円

児童扶養手当   58,330円

児童育成手当   40,500円

 

支出の部

学校幼稚園 15,000円(5000*3)

年金 0円

健康保険 0円

住民税 1,000円/月(もっといかも)

医療費 無料

家賃  3〜5万円(相場14万円前後

食費・被服費・雑費 それなり

 

 

(確かに妻が働かなくてもやっていけそうだ。。。)

 

 

 

追記

夫もバカだの何だの好き勝手書いてくれて、どうもありがとうございます

週末に、また妻と話せると思うので続報があればその頃に書きます

 

入れ知恵がどうの、と書いてくれた方がいましたが、

妻の親族地元の友人?に同様のことをしている人達がいるみたいです。

倫理観はその人の属する集団の平均に等しいといいますが、推して知るべし、です。

 

婚費という言い方は適切でないかもしれませんね。

出す側のこちらからすると養育費というつもりもないですし、

仕送り、と読み替えて頂ければ。

 

友人から公立の小中学校に行かせても給食費や教材費がかかる、と教えてもらいました。

修正しておきます

 

転居先の自治体では高校生から医療費応分負担があるそうです。(ひとり親家庭医療費無料

修正しておきます

 

 

13JAN/2017

みなさんへの返信をまとめました

http://anond.hatelabo.jp/20170113124025

2017-01-06

ありふれた不幸と承認欲求

リアルの人に話すとウザがるぐらいには重く、ネットで話したとしてもネタ的に面白みがない。共感されない。

ただの不幸自慢になってしまう。

私の不幸は重いけどありふれたものなんだ。別にありふれた不幸なのは良い。

ただ共感されない不幸であるのが辛い。

そう気づいたのはいつだろう。多分大学に入ってからだと思う。

それがしんどくてずっと孤独だった。辛かった。私は特別不幸ではない。だけど、繊細かつ情緒不安定なので、自分の不幸を引きずってしまう。それで構ってくれないのが嫌でこうしてSNSで吐き出してしまう。ネットの反応欲しさに。

リアルだと重くてウザく、ネット的にはありふれた不幸。すなわち他の人が聞いて面白みがない私の不幸は以下の通りである

まり整理されてなく読みづらいし、面白くもないがもし興味あれば、最後まで聞いて欲しい。

私の家族は、はじめアルコール依存症の父と若干精神的に不安定で私が高校卒業するまでしつけ時に体罰を繰り返す母、私と弟2人と妹の6人家族だった。

両親は昔から折り合いが悪く、私の目の前で何回も夫婦喧嘩を何回も繰り返した。小学生の頃父は酒を飲んで1週間帰ってこないことが何回もあった。母が夫婦喧嘩時機嫌を悪くしてご飯だけ置いて夜帰ってこないこともあった。

弟が父の事務所からお金を盗んだ時、私のせいにされて、私が謝る手紙を書くまで(1週間ぐらい)家を出て帰ってこなくなった。

時東京に住んでいたのだが、遠方の母親実家に父が酔っ払った状態で殴り込みめちゃくちゃにされたこともある。(小5の夏)

この他、私の見ていないところで父から母へのDVがあったようだ。(よく知らんけど小学校入る前にパトカー来たこともあるし)

こんなんだから、当然家庭崩壊が起きる。小6に離婚。その後母親実家があるところへ引っ越し学校も転校した。

これでハッピーエンドかと思ったが実際は違かった。引っ越す前の小学校では出来ていた友達が転校先では出来ず、周りから浮いてしまったため中学いじめターゲットとされてしまう。

高校からはいじめには遭わなかったが、中学時代をひきずり友達が一人も出来ない状態である。いつも教室で一人だった。一人で行動し、一人で弁当を食べた。

から学校が嫌いだった。でも行かないと怒られるため中学高校はそれぞれ1日ずつしか休んでいない(大学不登校気味だが留年しない程度に単位は取ってる)

また、家もあまり居心地がよくなかった。

母は高校卒業するまでしつけ時に体罰を繰り返し、あざこそは出来なかったけど、キレた時に何発も殴られたり蹴られたりした。

殴られる原因は私にあるんだろうけど、何発も殴る理由がわからなかった。一発でよなくないっすかと。

それが嫌で一度高3の頃家出をしたことがある。この時から私の精神状態はすでに不安定だったんだと思う。

そんなこんなでも首都圏ではないが無事地方の4年制大学に進学することが出来た…が精神状態悪化不登校気味。当たり前だが友達もできないままだ。

これが私のありふれた不幸である

愚痴ばっかりですまん。でも不幸だけじゃなくて恵まれているんだなと思うこともたくさんある。ちゃんと感謝しなきゃいけないことは感謝する。

一つ目は父が養育費を振り込んでくれていて、母も経済観念はしっかりしているため経済的には不自由なく育ったこと

寡婦特別控除児童扶養手当受給しつつだけど)

二つ目無駄になりかけてるけどきちんと教育を受けさせてもらったことである

から、親には感謝はしてる。母子家庭だけど、食べることも、住むところも、進学も何不自由なくさせてもらって、塾にも通わせてもらった。周りから見ればふつうに「恵まれた」家で育ったんだろう。

そして離婚した後夫婦喧嘩は激減し、今はほとんどない。(その代わり父には恋人がいるけど)それに、私が家を出て行った後、母の体罰は無くなったらしい。

からもう終わったことで今は幸せなんだ。そう思って生きようとしている。

私の不幸はありふれたもの。だから気にしないって。小さな幸せを見つけようって。

だけど、今も時々「ありふれた不幸」が小さな幸せを上回ってしまう。それがかなり辛い。

そんな辛さに耐えられない私は、とうとう承認欲求の塊となり、ネット依存症になっている。

ツイッターの裏垢で自分家族愚痴を何度も何度も書いている。

から愛されたかったとはちょっと違うし、ストレス発散させたいためでもない。多分ただ単に愉快犯でも良いから反応が欲しいだけなんだと思う。

それで実際あまり反応がないので口には出さないけどツイッターで「いいね」の数が少ないと他人には当たらないが不機嫌になってしまう。

親がアレだと子どももアレになってしま典型例なんだと思う。父親アルコール依存症。私はネットというかスマホ依存症

この状態は、少なくとも健全状態ではないと思う。病気だと言われても仕方がない。

さすがに、来年社会人になってまでこのような精神状態のままだとマズイとは思っている。

から、一応大学カウンセリングには月一ぐらいで通ってる。ただ中々上手く話せてなくて精神状態不安定なままだ。

その証拠に、面白みもないのに、見てくれる人もいないのに、ただただこんなに長文を書き連ねている。

これも誰かに構って欲しいからだ。

友達相談したら良いじゃない??

たらこんなところに書く必要なんかない。友達というか同学年の人にすらリアルでは話したことがない。話すとドン引きされるってわかるからだ。私が話したのはツイッターの裏垢とカウンセリング先生心療内科先生大学福祉特にケースワークを専門としていて対人援助職の経験があった先生。それぐらいだ。実際専門職の人にしか話していない。

でも専門職の人にはあまり共感されない。それが地味に辛い。私の不幸は共感されないんだって別に周りからありふれたものだと言われても気にしない。

実際私だって、少数派だなと感じることは多くても、私だけが特別」不幸だとも思ってない。

ただ、周りからまり反応がなく(初めて話した時でさえ)共感してもらえなかったのがショックだった。

「あぁ、私の不幸は、しんどい体験は周りの人から見れば、よくわからなくて共感されにくいものなんだなって」

ウザくてごめんよ。でもこれが私の正直な気持ちなんだ。 リアリティが無くて作り話とされちゃうかもしれないんが本当なんだ。

今すごく辛い。ずっと孤独で誰かの反応が欲しい。ずっとずっとそう思ってる。

から頼む個人情報を晒さない程度に、自分のことを構ってくれw

追記:宛先は控えますが、個人でもはてなブログやってて、似てる内容の記事を書いていたりします。もし、これかな?と思う記事があったらはてなスターください。すごく喜びますw

2016-10-13

改姓に掛かる費用は最大50万円以上

一刻も早く夫婦別姓制度化してほしいと望む増田です。タイトル煽り金額は精査してないのであしからず

さて同姓が強要されることにより、改姓者が受けるデメリットを具体的に想像してほしいと思い、

どれほどの届け出や書類記入が必要なのか簡単リストアップをしてみました。

要件詳細については精査していないので、コメントトラバフォローアップをお願いします。


まずは

姓を本人において避けられない変更

1. 免許証修正

2. 自分パスポートの再発行(記載事項の訂正による当日受け取りは今年3月19日からできなくなりました)

3. 銀行口座名義変更xN

4. キャッシュカードxN

5. 携帯電話xN

6. 年金手帳

7. 雇用保険

8. 健康保険

9. 確定申告

10.自動車登録

11.生命保険xN

12.損害保険xN

13.火災保険xN

14.ネット

15.ケーブルテレビ

16.電気

17.ガス

18.水道

19.新聞

20.NHK

21.生協

22.各種カード(ここが曲者で、フライトマイルを貯めているカードの変更はかなり大変)xN

ここまではゼクシィに載っているレベル


次に印鑑を使うことが多いような方と不動産購入済みの方に+αで必要手続き

23.印鑑登録廃止

24.新しい印鑑登録

25.不動産登記変更

更に子供がいるシングルペアレント場合

26.児童扶養手当xN

27.子のパスポートの再発行xN

28.子の学校への届け出xN

29.子の習い事関係xN


更に更に本人が会社代表をしている場合

30.会社の定款変更

31.株主総会の開催

33.代表印の改印

34.労働基準局への届け出

35.市区税務署

36.県税事務所

37.社会保険事務所(社会保険)

38.職安(雇用保険)

39.銀行xN

40.不動産賃貸借契約の変更

(上記は常識的司法書士に依頼するので、30とか50万という費用も)

婚姻届けを一枚出すことによって、40種類ぐらいの名義変更届が必要で、

かつ住民票やら謄本戸籍登記諸々)などのエビデンス無料ではありません。

しか複数行う必要があるので優に100は超えます

憲法が同姓を強要するのであれば、結婚に関する姓の変更手続き金銭時間的デメリット

享受しない救済措置があってもいいと思うのですが、そういうものは一切ありません。

特に会社代表をしている場合などは、完全にコストです。利益にも繋がらない捨て金になります

これは、改姓した人に起こるデメリットで、性別限定しておりませんが、日本では9割の女性

改姓していることを鑑みる女性が受けているデメリットと言ってもいいかと思います

是非結婚したいひとも離婚したい人も、もしあなたが姓を変えると、最大届出が100を超えて

こじんまりとした結婚式が挙げられるほどの費用が掛かるということを認識してほしいと思い書きました。

私は離婚したので上記の諸々をしたことがあるのですが、是非養子になった男性経験も聞きたいです。

2016-07-08

http://anond.hatelabo.jp/20160708155445

民主党政権がやろうとしたこと(実績)

子ども手当を経て新児童手当を創設しました

妊婦健診公費負担継続不妊治療助成を拡充

妊娠出産時に家計を助ける出産一時金の引き上げを継続

待機児童の解消を目指して保育所等拡充、定員増を実現

一人ひとりに目が届く教育の実現に向けて教育体制を充実

子どもたちの安全確保へ小中学校耐震化を加速

高校実質無償化中退者が減少

生活保護母子加算を復活・継続しています

児童扶養手当父子家庭にも拡大しました

診療報酬2回連続プラス改定十分な医療体制を整備

大学授業料減免奨学金制度の充実で学生支援

1300万人の年金記録回復

医療先進国並み医師数確保へ医師不足解消の取り組み強化

別所補償制度の創設で農業再生

新たな雇用につながる法人税特別税額控除を創設

派遣労働者雇用環境改善。「日雇い派遣」の原則禁止

非正規労働者221万人に新たに雇用保険適用拡大

パート派遣など有期契約労働者不安を取り除く法改正

障害者虐待の防止、早期発見へ国や国民の責務を定める

年金・無収入をなくすため高齢者雇用安定法を改正 

国家公務員人件費約1割カットを実現

貸し渋り貸しはがし対策等を実施

中小企業資金繰り支援のため補正予算継続的対処

中小企業法人税率引き下げ

2030年代原発ゼロに向け新エネ開発・省エネ推進

2016-06-19

memo

2016/06/18日経より

2016参院選 各党の公約

民進党

2016-04-04

保育園やすのやめて金渡せばいいじゃん?

保育園作るのって金かかりそうじゃん?土地必要だし、近隣とのトラブルもあるし、保育士は不足してる上に給料安いから増やそうぜみたいな雰囲気になってるし。

で、思ったのが「保育園やすのやめて金渡せばいいじゃん?」て事。

  

ようは子供を育てるために夫婦どっちかが仕事辞めたら給料減るからヤダ(または生活できない)ってのが根底にあって、でも育てなきゃならんから保育園預けたいって需要があるわけ。

から、金渡すから自分の家で子供の面倒見てねって言う方向はアリなんじゃないのかなぁ。

  

で、どれぐらい必要か考えてみる。

(なお結論は無理じゃね?って話なのでここで読むのやめてもOK)

  

東京都児童数  

いま、東京児童数は0-4歳が55万人、5―9歳が52万人、1014歳が50万人。

未就学児と小学校低学年の9歳までの子供には、大人が付いていて保育することが必要10歳以上は親がいなくてもある程度任せられるが学費生活コストが上昇する。

この15年間を子育て期間として公的扶助必要だという前提で考えてみる。

  

■被保育児に渡すお金  

まず、0-9歳までの10年間で保育園に預けないとすると、親は自宅育児の為にまともに働けなくなる。

その間の収入の低下を公的資金で補い、毎月15万円の育児補助を出したとすると、(55万+52万)×15万円=1605億円。

  

で、10歳以上はある程度自分の事も出来るようになるので補助を半分に減らし75000円にした場合、50×10万円=500億円。

※これらは収入要件を無くし、各家庭が自分育児をするもよしどこかに預けて働くもよしとする。

  

あわせて年間2105億円の支出があれば、子育て家庭への金銭的な補助が可能になる。

  

■どこが金を出すべきか

元々、保育園不足は都市部問題だし、国より東京都が取り組むべき問題だろうから、これを都の予算でなんとかならないかみてみる。

  

東京都予算とか

28年度の東京都予算5兆933億円のうち、福祉関連予算は1兆1622億円。

うち児童手当が283億円、低所得向けの児童扶養手当が3億8千万保育士キャリアアップ補助が194億4千万。で、この辺を全部家庭に回したとしても500億か。

  

保育園への助成金現状維持するとして、これ以上保育園保育士も増やさないでいい(家庭に金渡すから自分で何とかしろ)としても1600億不足。

  

他の予算を削るにしてもなかなか出せる額じゃないよなー

やっぱ無理かな?

 

 

 

(追記)

お金があるならベビーシッター雇えばいいと思うし、活用すれば市場も伸びると思うんだよね。

だいたい月額20万程度で8時間×20日みてもらえるから、もうちょっと安くなれば保育園入れない選択肢もとりやすいと思う

http://anond.hatelabo.jp/20160403231721

2015-11-20

幸せな人が憎い・・・

http://anond.hatelabo.jp/20151118234024

から見ると、増田はまだ幸せなんだよなぁ。


ウチは俺が幼稚園の頃に父親が母親を殴って家を出て行った。

父親はクズだが母親も負けないクズで、僕の養育費児童扶養手当パチンコに使い果たして、1週間に4回位は朝飯抜き。

パチンコの景品のお菓子で飢えを凌いでいたので、体重は増えるばかり。135cm56キロとかだったな。


その内養育費が尽きてクレカサラ金ヤミ金コンボを決める。家に取り立てが毎日来て、母親うつ病になる。

小学6年の頃に知り合いのツテで共産系の弁護士に入ってもらい自己破産。以降はナマポ生活

しかナマポを貰っても母親パチンコは止まらなかった。1ヶ月ずっと卵と味噌汁とご飯だけの生活とかしてたな。ガスや電気が止まるのは日常

服は当然ボロボロ風呂は4日に1回とか。代謝の活発な小学中学の頃だから相当臭かったと思う。

流石にこの環境だと俺もグレた。登校拒否から引きこもりになる。

中学は3年から不登校高校には定時制すら入学出来なかった。勉強サッパリ意味がわからなかった。

目出度く中卒引きこもりの完成だ。

母親生活保護家賃分まで使い込んでは引っ越しするを2回ほどやった頃、俺は20歳になっていた。

そこから家を叩き出されてバイト生活

何せ働くどころか人と話した事すら数年無かった訳だからまともな仕事は出来ない。

皿洗い、キッチンの下ごしらえ、美装(掃除屋)、パチンコ屋の閉店作業と職を転々として、派遣になった。

俺は何を言われても我慢する事だけは覚えていたので、派遣先最初散々バカにされたが堪えてやめなかった。

で、さすがに数年居ると仕事も覚えて他人フォローが出来るようになる。

すると周りの連中も、使えるやつと認識してそれなりに声をかけてくれるようになった。

始めて人に頼りにされたわけだ。嬉しかったね。

まぁそんなささやか幸せも長くは続かない。リーマンショックだ。

派遣は全員解雇。僅かばかりの手当と失業手当を貰って路頭に迷う。この時30歳だ。

中卒、天涯孤独、30歳、派遣切り、168cm90キロ、ついでに貯金無し。これが俺が30歳だった時の環境だ。

なぁ増田、お前は不幸とか悩んでるとか言っているが、俺より不幸なのか?

お前は大学に行けて、ネットで遊べる環境が有って、親に金出してもらって勉強出来てるんだろ?

お前は幸せなんだよ。お前を不幸にしているのは環境じゃなくてお前自身なんだ。俺ほど人生ハードモードじゃないだろう?

不細工は仕方ないが、体が醜いのはトレーニングでどうにかなる。男は鍛えて清潔にしとけば大体オッケーなんだよ。

ちなみに今の俺は37歳168cm72キロ筋肉質)年収1000万ちょい、友達は少しだが良い奴が居る。結婚はしていない。

俺の環境でもここまでは来れる。お前だってきっと出来るさ。

人生が今は楽しくないのはわかる。俺もそうだったから。でもな、ずっとそのままじゃないんだよ。

とりあえずトレーニングでもしようぜ。1日1時間ウォーキングと、週3回30分のダンベルスクワット。これで人生変わるから

大丈夫だ、トレーニング絶対に裏切らない。やればやっただけ必ず結果が出る。

そしたら次に裏切るかもしれんが人間に行け。10人くらい当たれば1人くらいはマトモなのが居る。

その頃には、お前が随分変わっているよ。幸運を祈る。

2014-06-05

安倍総理大臣のおかげで日本が素晴らしいことになってる件

・消費増税5%→8%

年金支給0.7%減額

国民年金料引き上げ

高齢者医療費負担

診療報酬引き上げ(医療費値上げ)

国民保険料高齢者引き上げ

・40-64歳介護保険料引き上げ

児童扶養手当減額

石油石炭増税ガソリン代リッター5円UP!

・電力料金大幅値上げ

高速料金大幅値上げ ETC割引縮小

公務員給与減額停止

軽自動車税は、現在の7200円から1.5倍の10800円に値上げ

国会議員給与25%アップ


増税後は高島屋等の百貨店の売り上げも-10%以上で消費は冷え込み

働いても働いても残業代でない世の中にしてくれる安倍総理

天才的発想

残業しすぎ、働きすぎで過労死等良くないブラック

残業代を0にすれば誰も残業しなくなるから安心

本当に凄い発想だと思うさすが安倍総理大臣ありがとう


安倍総理のおかげで雇用も大幅に増えてる、ありがとう

http://i.imgur.com/mEdKaQe.jpg

2014-02-25

生活保護なんて存在しない方がいいに決まっている

 

 私は生活保護制度などないほうが絶対にいいと思う。働けるのにこのような制度があるために、働かない若者が私の周りにもたくさんいる。毎日パチンコに通って、お金がなくなったら親のところに行って。また、母子家庭の人でも子供が小さいから働けないとか、色々な理由を付けて働こうとしないで、児童扶養手当生活保護で20万近くもらって医療費無料。こんなんでは人間関係が複雑な職場で神経を使うよりのんびりと家でワイドショーでも見ているほうがいいと働く意欲など湧くはずがない。

 生活保護制度人間を怠け者にするだけの制度だ。お年寄りだって年金を払わずにきたつけがまわってるだけで、真面目にコツコツ払ってきた人がバカをみていると思う。私の祖母は、夫を若くして亡くし、あまりの貧しさに生活保護受けたほうがいいと言われたこともあったらしい。でも、そんなことは恥だ!と受け取らずに子供4人を育てた。それが本人の自慢だったらしく何度も聞かせた。私も母子家庭から、何も資格のない私は正社員など夢の夢。二つの仕事を掛け持ち年収160万ほど。それでも家賃5万払い、車も持ち、たまに旅行にも行く。けして、自分は惨めだとは思っていない。むしろ生活保護などに頼らず、色々な工夫をして食費を減らしながらも、栄養のあるものを作ったりと、自分に誇りをもって生きている。それでも、周りにいる生活保護者を見ると自分馬鹿なのか、正直者は損なのかと怒りがこみ上げてきてしまう。 

 生活保護はよく補足率が問題になって、生活保護を受けていない人が8割にも登るらしいけど、それは問題ではないと思う。該当する人はみんな受けたほうがいいの?頑張るなってこと?誇りなどもつなってこと?それよりも受け取らないで頑張っている人間を褒めてほしい。働いて稼ぐからお金大事にするからこそ、月1万ちょっとの食費でも栄養のある美味しいものを作ろうと工夫する。私の知り合いに生活保護を20年も続けているひと(40代前半)がいるがなんで働かないの?って聞いたら、働かなくっても生活出来るからと言っていたので、保護きられたらどうするの?って聞いて見たら。そうなったら仕方ないから働くって・・・・。言葉も出ない。この制度がいかに働く意欲をそいでるか。これが生活保護現実のに。マスコミとか専門家ってそういう現実を分かってるのかな?って思ってしまう。

2014-01-26

生活保護に関してはやはりダウトでしょうね

http://anond.hatelabo.jp/20140125125450

受給者の口座は全部調査する「ことになっている」が、現実には全部の調査がなされておらず、自己申告に任されている。そこにつけ込んで悪事企図する輩がいるのです。

これは単に不理解なのか、はたまた希望的観測なのか。

口座のチェックは、生活保護申請時にそれに関する同意書にサインを求められ、同一名義の口座全てに、ケースワーカーがその権限任意にチェックできる。

かつては銀行及び各機関電気ガス水道各社、他携帯会社等々)へ「協力を要請できる」でしかなかったが、今般の改正により、「回答をするべし」とより厳重になっている。

下記のリンクは、内閣府主催の「ゼロから考える少子化対策PT」会合で、シングルマザー支援団体が提出した資料です。

http://www8.cao.go.jp/shoushi/13zero-pro/k_6/pdf/s6.pdf

シングルマザー生活実態を一番熟知している人が、「養育費自己申告はほとんどされていない」と言っています

これは意図的誤読

リンク先は児童扶養手当に関する申請の有無。生活保護とは全く別のもの

第三者の口座に養育費を振り込ませる手口はときどきある(事情で出所は明示できない。すまん)ので、養育費を支払う側は注意が必要ですね。

最後の行の指摘については、冒頭で書いたとおりです。「バッシング」というとすれば、「冤罪への無策」と「不正」をバッシングしているだけです。

これに至ってはもはやただの犯罪

偽名で風俗に努めて所得を得るのと同じことで、シングルマザー云々の話ではない。

2014-01-25

DV周り」続き

 

元記事「DV周りがえらいことになっているのを知ってましたかhttp://anond.hatelabo.jp/20140124153514 に、たくさんの反応ありがとう

賛否ともに感謝します。

 

見出し『〜知ってましたか』のとおり、あまり知られてない情報から何かを汲み取っていただけるひとが一人でもいたら良いと思って書いたものなので、ホッテントリにまでしていただけただけでありがたいです。

 

元増田として伝えたかったことは、次の4点です。

・『配偶者から暴力被害者保護に関する証明書』を取れば、DV加害者から身を隠したい被害者にとって欠かすことのできない手続きが可能になる、という知識の普及。

・この『証明』が簡単に出されること(本当の被害者にはとても大切なことです)を逆手に取り、父子引き剥がしのツールとして悪用する輩が実在するという情報提供

悪用する輩に利用された冤罪被害者に、他のほとんどの行政手続きに準備されている「異議申立て」などの救済方法がまったく準備されていないという情報提供

悪用する輩はそれに加えて児童扶養手当生活保護不正受給も実行しているという情報提供

 

問題提起方向性としては、

DV被害者が救済される手続きは今のまま出来る限り残した上で、DV冤罪・父子引き剥がし被害者の発生を抑制し発生後の救済がなされる制度や、諸手当の不正受給を減らす方法についてもっと検討されるべきではないか

ということでした。

 

 

さて、と。

トラックバックツイッターでのご指摘に、順にお返事します。

 

http://anond.hatelabo.jp/20140124153514

生活保護も同様に、養育費を受け取っている銀行口座福祉事務所の目から隠すだけだ。

ダウト養育費を受け取っている口座って受給者の口座だろ?どんな怠慢な福祉事務所だって申請する時に受給者の口座は全部調査する。

第三者の口座に養育費を振りこませる?そんなことしてバレたら生活保護受給停止だよ。

結局、女性バッシング生活保護バッシングしたいだけだろ増田

うん、ダウトだと「普通は」思いますよね。でも、「普通」じゃない情報から書いています

受給者の口座は全部調査する「ことになっている」が、現実には全部の調査がなされておらず、自己申告に任されている。そこにつけ込んで悪事企図する輩がいるのです。

「何事にも不正企図する奴っているよね」くらいじゃ納得してもらえないだろうから、別の資料を提示しましょう。

下記のリンクは、内閣府主催の「ゼロから考える少子化対策PT」会合で、シングルマザー支援団体が提出した資料です。

http://www8.cao.go.jp/shoushi/13zero-pro/k_6/pdf/s6.pdf

シングルマザー生活実態を一番熟知している人が、「養育費自己申告はほとんどされていない」と言っています

第三者の口座に養育費を振り込ませる手口はときどきある(事情で出所は明示できない。すまん)ので、養育費を支払う側は注意が必要ですね。

最後の行の指摘については、冒頭で書いたとおりです。「バッシング」というとすれば、「冤罪への無策」と「不正」をバッシングしているだけです。

 

http://anond.hatelabo.jp/20140124153514

そのやり方で、大勢母子が救われているのなら、 是非国民に周知徹底して欲しい。

まったくそのとおり同意します。

もちろんその一方で、既に発生している・今後も発生し続けるであろう冤罪被害者を救う方法必要ですね。

 

http://anond.hatelabo.jp/20140124170613

元増田だけど、男のDV被害者とかがいないとは思わないし、男女関係なく守られるべきだと思ってるよ。

現時点では圧倒的に女性が多いのは確か。

まず、あなた元増田じゃないですよね。

(ひょっとして苗字がもとますださんで実名を名乗っておられるだけだったとしたら、ごめんなさい。)

 

でも良いサンプルを出してくださいました。

 

「現時点で圧倒的に女性が多い」のは「確か」などでありません。

2010年度の横浜市配偶者から暴力に関する調査及び被害実態調査」によると、DVの被害経験(「何度もあった」「1、2度あった」の合計)は女性が全体の43%、男性は42%と、ほぼ同率でした。

http://www.city.yokohama.lg.jp/shimin/danjo/chousa/20dvchousa/dvchousa.pdf

「何度もあった」だけを比較すると女性16.9%・男性11.0%と女性のほうが多いのですが、それでも「圧倒的」とは到底いえません。

別の調査結果(内閣府「男女間における暴力に関する調査」(平成 23年度調査))では、「何度もあった」「1、2度あった」の合計は女性が全体の32.9%、男性は18.3%でした。

http://www.gender.go.jp/e-vaw/data/dv_dataH2507.pdf

これも「圧倒的」というかどうか微妙です。

しろ問題は、

その程度の差し現実には無いにもかかわらず、「圧倒的に女性の被害のほうが多い」と思い込んでいる人が多数いること

と、

電話や来所による相談件数が圧倒的に男女で違うこと

にあります

平成24年度の「配偶者暴力相談支援センターにおける配偶者から暴力関係する相談件数等の結果について」(内閣府)はこちらです。

http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/violence_research/pdf/2012soudan.pdf

相談総数 89,490件中、女性 88,425件、男性 1,065件。

さきほど見ていただいた横浜市内閣府実態調査にある男女比との違いを考えると、いま必要施策男性被害者数の矮小認識是正男性から相談窓口の強化ではないでしょうか。

 

相談したあとについても

男性から相談ときだけはなぜか証拠を要求するなどしてなかなか『証明書』を出してもらえないという話

男性がさんざん配偶者から暴力を振るわれ堪りかねて相談してみたら配偶者が先に「相談」に来ていて『証明書』獲得済みだったため相談自体受け付けてもらえなかった話

などさまざまな要改善点がありますが、長くなるので今回は触れません。

 

http://anond.hatelabo.jp/20140124153514

全然カンタンな話じゃないし、親権剥奪されるほどどうしようもない旦那が多いからそうなんでしょ。

しかったら冤罪証明するしかいね女性は今迄の不遇の歴史から這い上がってきた。男も頑張ってそうしたらいいんじゃない

ただでさえ父親の責任は軽く見られてんだから、こうなるのも当然な流れだと思うけどね。

責任も軽く、産む辛さも知らず、親権もほしいだの、美味しいところだけほしいなんて虫が良すぎんだろ。どこまで甘えたら気が済むんだよ。

こういう方法を取る人はそうしないと生きられないような人が殆どじゃないかな。

第一ごくごく一部の例を拡大して全体みたいに言うのって、頭悪いよ。

いろんな方が既に返答しておられるから元増田からはもういいかな。

ふたつだけ言っておくと

・『悔しかったら冤罪証明するしかいね』というのは、頭がいい悪い以前の言葉だと思いますよ。

・「ごくごく一部の例を拡大して全体みたいに言うのって、頭悪いよ」元増田記事はもともとごく一部の例を語っています元増田の記事の中に、すべてが冤罪であるかのように書いている部分があればご指摘ください。

 

 

続いて、ツイッターから

 

https://twitter.com/tarupachi/status/426859806704402432

この件に限ったことではないが、「この制度で助かっている人が多いのだから冤罪を簡単に作れることは仕方が無い。」 というコメントが意外と多くて目を疑う。自衛してもどうしようもないリスク冤罪

こちらは、たるはち ‏@tarupachi さんのツイート。まったくそのとおり元増田も感じました。怖ろしいことです。

 

https://twitter.com/suna_kago/status/426722487900979200

それは悲惨かつ緊急性のある事例が多かったからだろうな、と思う。本当の被害者には絶対に必要な措置もある。とはいえ、なんらかの改善必要なのも事実かな……。

籠原ナヲ‏ @suna_kago さんのツイート。まったく同感です。

 

https://twitter.com/tailwisdom/status/426709520132239360

 DV被害者というのは一般に立場が弱いため、それを保護する法律DV被害者に有利につくられているというのは原則して納得できる。その原則は維持したまま、悪用を防ぐシステムがあると良いなぁ。

tailwisdom ‏@tailwisdom さん。同感です。

 

https://twitter.com/mongrelP/status/426697809752895488

よく考えたらDVは逆の可能性もあるのに「婦人相談所」…\そもそも女性弁護士相談に行けないから婦人相談所」があるわけで男性で該当する物が無いのはどういうことなんじゃろ /

mongrelP@もんぐれ提督 ‏@mongrelP さん。ありがとうございます元増田の説明不足でした。

実は「婦人相談所」も、男性からDV相談を受け付けています。(ならば名称を変えればいいのにね。)

また、前出の「配偶者暴力相談支援センター」も男性から相談を受け付けています

配偶者暴力相談支援センター機能を果たす施設一覧』(内閣府

http://www.gender.go.jp/e-vaw/soudankikan/pdf/center.pdf

前述のとおり男女にほとんどDV被害数の差はないのですから、当然といえば当然です。

ただ、個別に見ていくと、受付時間が男女で違っていたり(「女性から毎日8時間電話対応+来所受付予約不要男性から相談は週2回各2時間+来所受付は要事前予約」など)します。

また、元増田は何箇所か電話してみて、「男性から相談」受付時間電話が繋がらなかったり、男性カウンセラーがいなかったり、男性からのは相談として受け付けない・件数にもカウントしない(Why?)といった反応を確認しました。大幅な改善必要と思われます

 

※「婦人相談所」についてご指摘があったので追記。現在法律上正式名称は「婦人相談所」です(根拠法は売春防止法)。婦人の語が差別的という指摘で多くの相談所は名称を「女性相談所」などに変更していますhttp://www.gender.go.jp/e-vaw/advice/advice03list.html )が、男性から相談やすさの意味では何も変わっていません。「名称を変えればいいのにね」はその点を指摘しています

2014-01-24

DV周りがえらいことになってるのを知ってましたか

※追記(2014年1月25日12:55) 続き、書きました。 http://anond.hatelabo.jp/20140125125450 

 

 

配偶者から暴力被害者保護に関する証明書』という、長ったらしい名称証明書がある。

 

この証明書があれば、

・一方の配偶者の了解なしに健康保険の脱退や加入が自由自在にできる

国民年金の特例免除が受けられる

・一方の配偶者に知られず住民票を移動できる

など、DV加害者から身を隠したい被害者にとって欠かすことのできない手続きが可能になる。

 

しかしこの『証明書』、DV冤罪加害者にとってきわめて使いやすシステムにもなっている。

 

これを作成するのは裁判所でも警察署でもなく、婦人相談所。

婦人相談所は、DV被害者(と自称する者)が相談に来たら、いともたやすく『証明書』を発行する。

さすがに電話相談だけではダメという決まりになっているが、逆に言えば、足を運びさえすれば『証明』を得られるのだ。

しかも、証拠調べなど一切無しに。

普通に考えれば、それで証明できるのは『配偶者から暴力被害について保護相談に応じるのも『保護』の一環である)に来たこと』だけであり、実際に書面の名称もそうなっているのだが…

現実にはその書面は、「被害を『受けたこと』」の証明として各省庁で使われる。

裁判所が発行する保護命令と同様の取扱をすることになっているからだ。

そして、ほぼ全部の官庁窓口には、この証明を持っている女性の言い分を些かも疑ってはならない旨の通達が届いている。

 

そんな威力を持つ「証明」にもかかわらず、この証明に対してDV冤罪被害者から異議を申し立てシステムは一切無い。

救済システムもない。

まりDV冤罪被害者泣き寝入りしかできない。

そのあとの夫側の悲嘆などを詳しく知りたい人は「DV冤罪」「父子引き剥がし」などでググってみてほしい。

 

 

そして、損害を被るのは冤罪被害者だけではない。現実に起きているのは、これを利用した母子家庭による児童扶養手当生活保護不正受給だ。

 

調停裁判DVシェルターに入ったまま起こすこともできる)で婚姻費用を勝ち取ったとしよう。

児童扶養手当は本来、婚姻費用を受け取っている間(婚姻成立前)には支給されない。

しか例外として、非同居親から1年以上遺棄されている場合には支給対象となる。

そこで、遺棄されている証拠として、それを受け取る銀行口座と異なる銀行口座の通帳を年金事務所に見せる。

それだけで、離婚成立前にも(婚姻費用と並行して)不正児童扶養手当を受け取れる。

離婚後も同様に、養育費を受け取っている口座を隠す。

離婚後に受け取る養育費は8割を妻の収入として算入することになっている(算入すれば支給額が減る)が、これを隠すわけだ。

それだけで月額4万円ほどの不正受給ができる。

この手口は年金事務所も把握していて、なんとシングルマザー支援団体自身も認めている。

しかし、プライバシーの壁と、何より輝くDV被害者証明の錦の御旗のもと、「自己申告に任せる」という何とも弱腰の対策しか取られていない。

 

生活保護も同様に、養育費を受け取っている銀行口座福祉事務所の目から隠すだけだ。

 

これらをフルに受け取れば、養育費婚姻費用と【別に】、月20万程度が働かずに国から入ってくる。

年収1000万くらいの夫で小さい子がひとりなら、婚姻費用は月額20万近い。離婚成立後の養育費も月15万円程度だ。

これを合わせると、手取り月額35~40万円の「生活の苦しい母子家庭」の完成である

 

裁判調停子供の面会を義務づけられてもいくらでも逃げようがあるという話は有名だから省く。

 

この不正受給サポートする代わりに半分くらいをピンハネしているフェミ貧困ビジネス団体(しかそいつらが自治体から委託を受けて「相談センター」やってんだぜ)の話もあるが、裏を取り切れてないので省く。

  

ともあれ、気に入らない夫をDV夫に仕立て上げさえすれば(しかもその仕立て上げには国が全面的支援し証拠もなしに『証明』してくれる)、カワイイ子供を攫って快適なふたり暮らしを始めるのはこんなにカンタンなんだというお話でありました。

 

最後まで読んでくれてありがとう

 

 

※追記(2014年1月25日11:15)

思いのほか反応があったので、真面目に応えようと思う。

元増田も出現してちょっと気分悪いし。

いずれ続き(コメントトラックバックへの返答、元記事を書いた背景など)を上げてこちらにリンクを貼ります

 

※追記(2014年1月25日12:55)

続き、書きました。 http://anond.hatelabo.jp/20140125125450

取り急ぎ

http://anond.hatelabo.jp/20140124021630

死んじゃダメです。

とにかく逃げてください。

役所に我慢しろとか言われても、他の窓口もあるので、とにかく逃げてください。

あなたのケースでは、生活保護をもらえるし、児童扶養手当とあわせて、十分に生活できる金額をもらえます

ただ、今のあなたには、そんなことは漠然とした不安の一部分でしかないと思います

なので、まずは逃げることだけ考えてください。

お子さんは一時的施設に預けることも出来ます

旦那さんとは離婚できます

まずは一度、漠然とした不安を荷下ろしして、そこから少しずつ考えましょう。

お子さんは預けてもあとで手元に戻せます

旦那さんとの愛情が戻れば、ヨリを戻すのもありです。

いくらでも、やり直せます

戻せないものがあるとしたら、それは要らないものだったんです。

とにかく、いまは逃げることだけ考えてください。

死ぬ以外に重荷を下ろす方法はあります

まずは逃げることです。

2013-10-07

http://anond.hatelabo.jp/20131006190809

うちは母子家庭だったけど、母親が働いてたか児童扶養手当を貰ってたなあ。

生活保護も、貰おうと思ったらきっと貰えたんだろうけど(今より厳しくない時代だったし)。

2012-06-20

http://mainichi.jp/select/news/20120620k0000m040073000c.html

女性は昨年離婚し、5〜11歳の子供3人と暮らす。別の男性との間の子供を妊娠中だが、その男性とは連絡が取れないという。今年2月に失業し、収入児童扶養手当など月額約8万円。家賃光熱費を滞納し、冷蔵庫洗濯機もないという。

33歳女性 生活保護・・・

別に何が悪い、誰が悪いと言うつもりもないし、子供たちが保護されるといいな。と思うけど。

 

どうして、そうなるかねぇ。

2010-12-21

地域ごとの支援政策は別、に加えて

行政支援内容   父子家庭 母子家庭

児童手当        ○      ○

児童扶養手当     ×      ○

就学援助制度     △      ○

母子寡婦福祉資金  ×      ○

貸付制度

公営住宅の入居   一般と同じ   優先

2010-08-26

2010年現在において

結婚して子どもを2人ほど生んで離婚して親権と養育費をぶんどって実家に帰って家賃光熱費等を払わずに子ども手当を貰ってる女性って最強なんじゃね? 親が生きてる間は親に頼って、子が成長したら子に頼って生きられるというライフハック低賃金共働き賃貸でひーこら暮らすよりもよほど立派な家で働かずに伸び伸び子育て。親と同居だから自分時間も割と自由に取れそうだし。親の老後の介護ぐらいは当然やるにせよ当面の子育て自分個人の楽しみを両立させられるハッピーライフが送れそう。子ども生み終わってカネの不安がないんなら夫とか邪魔なだけだよなーと思う俺は男ですが何か。

30分後追記:児童扶養手当ってのもあるんだね。子ども手当と併給可らしい。働いても寡婦控除もあるし、やっぱ男親とか要らないのかも。

2009-10-24

こんな人生もある。

結婚に失敗して、残された人生をひとりで生きようと決めていた。

しかし、ひょんな事から再婚の話が持ち込まれた。

見合いして、そのまま結婚となった。

一回り若い気立ての良い嫁をもらった。

そして、気が付いたら3人の子供に恵まれていた。

それが人生の絶頂期だった。

あろうことか、3番めの子供を産んで1年もしないうちに嫁が亡くなった。

それからひとりで乳幼児3人を育てることになった。

それからのことは想像に任せる。

仕事も失った。

バブルがはじけるのと一緒に。

高齢のため新しい仕事は無かった。

失業保険も切れた。

あれから12年の歳月が過ぎた。

子供も大きくなってきた。

子供たちはみんな奨学金で学ばせることにした。

あとは貯蓄の取り崩しと、わずかばかりの年金

そして、来年から始まる父子家庭への児童扶養手当子供手当。

これでやっと生きてゆけそうだ。

うれしい。

ただ、生きてゆけることがうれしい。

2009-02-04

DNA鑑定を義務化すれば…改善されるといいなぁ。

もちろん、児童扶養手当制度とかの社会からの変化もないと難しいだろうけど。

今でも自治体によってはもらえるんだっけ

http://anond.hatelabo.jp/20090204114932

>ただでさえ自分で生んでない分、母親より子が出来たって実感が薄いのにね。

実感を強める意味で。

http://anond.hatelabo.jp/20090204115935

2008-08-28

http://anond.hatelabo.jp/20080827152137

彼女の収入に2人の子供と義母がぶら下がっている状態だ。

文章を読む限り、彼女の扶養家族は書類上は2名、実質3名。

収入ゼロの旦那がこの実数に含まれていないことから、旦那と生活は共にしていない。

よって、偽装離婚にはあたらない。

旦那さんは事情があって現在は収入がない。書類上は離婚。しかし義母の世話は彼女が行っている。

「書類上は」のくだりは、精神的な婚姻関係破綻はないのだが、経済的に離婚する必要があったということであろう。

こういう文章に「児童扶養手当と母子医療不正受給狙い」みたいな事を書く人間は、僕は人間として信用できない。

現実世界でもいるのだが、あまり深い付き合いはしたくないタイプだ。

違法コピーについてなのだが、確かにやってはいけない事なんだろう。

「やっていいことにしよう」というのは間違っている気がする。

ただ「絶対やっちゃダメだ!」と目くじらをたてるほどのことはないとは思う。

立ち小便は軽犯罪法違反だし、勝手コンセントつないで携帯充電すると窃盗罪になるんだろう。

だけど、それをわざわざ逮捕するとなると、ちょっと行きすぎな気がするのだ。

法は確かに大事だが、完全実行するべきものではない。

携帯の充電など、「次から一言、言って下さいね」と声をかければ済むことじゃないか。

増田も、DVDの違法コピーなんて黙って見過ごしてればいいんだよ。

わかってると思うけど、そういうことを書くのは増田だけにしよう。

「違法だ!」って騒ぎ立てる馬鹿がどこにでもいるから。

2008-08-27

http://anond.hatelabo.jp/20080827152137

>書類上は離婚

会社には隠しているが、週に3-4度ほどアルバイト

あきらかに偽装離婚して収入偽ってるわけで、児童扶養手当と母子医療不正受給狙いとしか思えないんだけど。

2008-08-23

収入0で17歳で子持ちになったオレが書いてみるよ

年収200万円台で結婚するという現実 - 今日の個人的なブレイク&おもしろ

憂鬱だ

増田さんへ。私は久しぶりに激怒しました。 - iGirl

ここらへんをぼんやり眺めていて自分語りをちょっとしてみたくなってきたので書いてみる。ちょっと特殊な例だと思うし参考にしてくれる人がもしかしたらいるかなぁという期待を込めて。たぶんこういうことを書くのは最初で最後。特殊な例ゆえ個人特定できる人もいるかもしれませんが、そこはかとなく生暖かく見守ってばらしたりしないでやってください。お願いします。

17歳で子持ちに

まぁいわゆるデキ婚なわけですが、ちょっと普通のデキ婚と違ったのは自分自身が子供が生まれても尚まだ法的に結婚できない年齢である17歳だったところでした。子供が出来たころは一応自分は高校生をやっていて(学年的には2年生)、相手は普通結婚できる年齢の年上でした。まぁ客観的にみると完全にDQNですよねw。いや実際DQNだったんだと思いますが。18歳になったら結婚しようと思っていたのだけれども私の両親から猛反対をうけていたので(子どもを産むこと自体ね)それはかないませんでした。

あと、なんで子供産んでもらうことにしたのという問いは私には愚問なのですよね。個人思想的には中絶反対派なんだと思う。社会的にそうあるべきとまでは思っていないけれども。

年収0万=>200万

収入は高校生の身で当然0だったので子供が出来たことが分かってすぐにバイト先を探して働き始めました。たしか最初のバイトは時給1200円だったんじゃないかな。フルタイムで働いていたけど月収にして20万にも満たない。ボーナスなんかもバイトなので当然なくて年収でいうと200万ぐらいになると思う。ちなみに彼女は結構稼いでるほうだったのですが出産に向けてだんだんと仕事を減らしていくという感じでした。

んで出産

出産前からわかっていたのだけど、男の子二人の双子でした。出産時の経済的負担は正直しんどかったです。切迫流産の可能性があって彼女は3か月ぐらい入院してしまったのでその入院費用が実際問題払えなかった(30-40万ぐらいじゃなかったかな)。なので彼女の両親から援助をしてもらいました。本当に感謝しています。出産時の費用は双子ということもあり帝王切開だったので保険が効いてなんとか自分で払えました。出産一時金も二人分もらえましたしね。

その後

出産前後から2-3社の転職を繰り返し、正社員にもなり年収でいうと400万弱ぐらいまでに、子供が生まれて半年ぐらいのころにはなってました。そのころにはそんなに経済的に本当に厳しいという感じはしていなかったと思います。が、200万の収入のままだったらどうだったんだろうと思うとちょっと空恐ろしいです。17,8の若造にそれだけの給料を払ってくれていた当時の会社には感謝したいですね。

いま

現在子供は7歳で小学二年生です。夏休み自由研究をまだ終わらせていないので、なんとかサポートしてやらないとなぁなんて考える毎日を送っています。ちなみに20歳の誕生日彼女とは籍を入れたのですが2年弱で離婚(ここはあまり突っ込んでくれるな><)。今は私と子供二人の三人で暮らしています。児童手当と児童育成手当をもらっているのですが児童扶養手当母子家庭のみ対象なのがなんだかなぁという感じです(いやたぶん所得制限にはひっかかるのですが)。所得制限してるんだから母だろうか父だろうが関係ないだろうと思うのですよねぇ。男性差別なんていってみたり。

なにがいいたいかっていうと

別に何がいいたいってことはないんだ。何かを主張したいわけでもない。ただ自分はこうだったよってことを軽く書いてみただけ。未成年の子作りを肯定しているわけでも、200万収入での子作りを肯定しているわけでもないです。ただ、同じような状況にたつことがもしあったときこんなことを書いているやつがいたなぁとちょっと思い出してもらえればそれでいいのです。それだけです。

あ、子供はかわいいですよ。

追記 200808232043

id:tokoroten999 子供がその年齢でよく親権取れましたね、とマジレス

ん。争いが無かったからですよ。

追記 200808250228

17で子持ちになるまでの話

誰にも気にされてないのに17歳以前のことも書いてみた。

2007-09-24

http://anond.hatelabo.jp/20070923021717

 

熊本県 - ようこそ知事室 - 知事への提言紹介 - 父子家庭への支援に関するご意見

http://www.pref.kumamoto.jp/governor/links/mail/syokai_detail.asp?no=92&Number=11

父子家庭への支援に関するご意見

 

 こんにちは。離婚の増加に伴い父子家庭も増加しております。そんな父子家庭の境遇についてメールさせていただきました。男女共同参画少子化対策など社会的な動きがあるなか、父子家庭の境遇というのは少しも変わらないように見受けられます。どうして同じ一人親家庭なのにこうも違うのでしょうか?自治体によっては父子家庭への児童扶養手当の支給を行っているところもあるらしいです。現在、私はとある資格の取得を目指しております。母子家庭の場合「母子家庭自立支援給付金」など支援がある資格です。どうして母子家庭なのでしょうか?女性向けの資格ということでしょうか?介護保険の開始など以前とは時代は変わってきています。いわゆる男性職場と呼ばれる職種でも女性の進出があります、もちろんその逆に男性の進出もあります。母子家庭だけへの支援という理由を自分なりに考えましたが納得いく答えはみつかりませんでした。もちろん限りある財源、すべての方への支援を行うには無理があります。ただ、時代は動いている。父子家庭という境遇もある。ということをほんの少しでも考えていただきたいと思います。数年後にはきっと、母子家庭父子家庭かわらず「ひとり親家庭」の境遇もよくなっていると信じています。(県内 30代)

 

 

○知事メッセージ

 

 父子家庭への支援に関するご意見ありがとうございました。

 児童扶養手当制度は、母子世帯の所得水準が一般世帯や父子世帯と比較して大幅に低く(平均で一般世帯の約1/3、父子世帯の約6割)、母子世帯の母の児童を養育する努力経済的に支援する必要が高いことから、国において制度化されています。従って母子家庭であっても一定の所得があれば児童扶養手当の支給は制限されており、母子家庭であることをのみをもって手当が支給されているわけではありません。

 また、母子家庭自立支援給付金等の就業支援策につきましては、母子家庭の母が、就業経験がなかったり、就業期間が短いこと等により、雇用保険加入者を対象とする既存の教育訓練給付金等の各種給付制度の対象とならないこと及び平成20年4月から児童扶養手当の減額が開始されることを受け、就業による経済基盤の安定を図ることに助力する必要があることから実施されておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

 なお、平成16年度に本県で実施した調査においても、父子家庭の父の約9割近くの人が安定した職業を有しており、また、多くの父親が、父子家庭になった直後に困ったこととして「子どもの養育・しつけ教育」を挙げておられることから、本県では、経済的支援より子育て、生活支援に重点を置いて施策を実施しているところです。具体的には次のような事業を実施しておりますので、ご活用いただければと思います。

 ・「父子家庭支援事業」

   子育て家事等の生活支援講習会や父子家庭同士の情報

  交換会などを内容とした事業を各県地域振興局単位で実施

  しています。

 ・「女性福祉相談員(母子自立支援員)による相談活動の推進」

   各福祉事務所に「女性福祉相談員」(市は母子自立支援

  員)を配置して、父子家庭を含むひとり親家庭等のさまざま

  な相談に対応しています。

 ・「ひとり親家庭等日常生活支援事業」

   ひとり親家庭等で、一時的に介護、保育のサービスが必要

  となった場合に「家庭生活支援員」を派遣し、支援を行いま

  す。

   この事業は、市町村が実施主体となりますので、事業実施

  の有無、利用条件等はお住まい市町村にお問い合わせく

  ださい。

 ・「ひとり親家庭等日曜電話相談事業」

   平日が忙しいひとり親家庭等を対象に、毎日曜日相談員

  が生活上の諸問題に電話で応じる事業を熊本県母子寡婦

  祉連合会に委託して実施しています。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん