「新井浩文」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 新井浩文とは

2017-08-19

牛乳石鹸ウェブCMがなぜ怒りをかったか想像してみる1/2

ある意味、よく出来ていすぎたんだと思う。
共働き子育て中家庭の夫婦が、それぞれにつのらせてしまう不満を、生々しく感じさせすぎたのではないかと。
特に夫役新井浩文の、爆弾のぶつけどころに困っているような不穏な無表情たるや。

夫:子供時代とは違う父親役割を求められる困惑
妻:子供時代には父親一人が負っていた稼ぐ役割を分担しているのに、家庭内ケア役割はまだ母親メインという割をくっている感。

夫:ゴミ出しも買物も文句一つ言わずにこなしているのに、感謝尊敬が足りない。
妻:頼めばやってくれるが、自分から気づいて動いてはくれない。お手伝い程度で恩着せがましくされたくない。

夫:ぼんやりと苦しいけど言葉にならず、黙ったり不機嫌そうにしてしまう。わざとじゃないし、はっきりしないのが自分もつらい。
妻:夫が何を考えているかからなくて不安。私はエスパーじゃない。

……そういった不満の数々。 「お互い言えよ」って話だけれど、共働き子育て中なので話しあう余裕も取れず、とりあえず「洗い流す」のが精一杯でも仕方ない。



で、ですね。 牛乳石鹸ウェブCMは夫の不満だけを描いている。
一方で、べき論は置いておいて現状、牛乳石鹸の購買層はむしろ妻の側。
しかも、CMで描かれるのはほとんどの場合、よい、少なくともマイナスではないものorこと。「こんなに優れた商品から買って」「これがあればこんなに素敵な生活が手に入るから買って」と訴えるための映像なのだから

そうすると、CM中の夫の態度や行動が、メインターゲットである妻の側にすっと受け入れられるものだと、牛乳石鹸共進社なり制作者なりが考えているようにも見えてしまう。
から、「受け入れられるかよ!」という反発を生んでしまった。
CMではなく超短編映画として発表されていたら、ギャッツビーなどの男性向けシリーズCMだったら、妻編子供編後輩編などと一緒に公開されていたら、反応はまったく違っただろう。



予想されるつっこみに対するお返事もあるのですが、長くなったのでエントリーあらためて。

2016-05-13

松田龍平に狂わされた男たち

御法度で中3のとき衆道映画で激烈デビューした松田龍平が狂わせた男たちをリスト化する。

青い春時代同級生だったが特に関わることも無く死んだ。 

親父と口論してたらブチ切れた兄龍平に親父を殺される。そして強くたくましく生きていたが畜生だったため兄に殺される。

転生し今度は純朴な人になるが、優しく面倒みてくれた龍平が死に、狂った後人殺しになる。

その後転生し、過去に指をちょんぎってしまったことを龍平に脅され、居候され、なんだかんだでブチ切れて人を殺しかける。

指摘からの追記

  • 塩見省三<あまちゃん> やっとできた弟子に大喜びだったが、早々に裏切られ、大切な琥珀ゴミ箱に捨てられたりベンチに放置されたりする。数十年の努力無駄になるほどの成果を一瞬で奪われる。
  • 大泉洋探偵はBARにいる> 助けに来る約束をしているはずなのに助けに来ないので、何度も瀕死になる。龍平「一人っきりの友達、失くしたくねぇや」←なら直ぐに助けにこい。

2015-11-16

下町ロケット2in1

あえて原作2本分を1クールに詰め込むのは何でなんだぜ。

映画? 完全版を映画にすることで現金増収を狙ってる?

まあ原作の売上も期待できるから

原作者サイド(含版元)もイヤじゃないんだろうけど

正直、原作プロットを追うだけで手一杯になってるから

たとえば新井浩文もっとねちねちできたはずなのに

戯画化あるいは記号化されて

結果として、なんだか半端な仕上がりになってんじゃないのか説。

をここに唱える者であります

2015-07-30

http://anond.hatelabo.jp/20150730091004

こういう女性が好きそうな男性

・30歳以上

・本は月10冊以上読み、映画は月5本以上見て、CDは月2枚は買う

・好きな作家・好きな映画監督・好きなバンドがそれぞれ10人(組)以上挙げられ、それらすべてがダサくない

美術館博物館ライブクラブフェスお笑いライブは頻繁に行く

クリエイティブ系の仕事デザイナー全般放送作家などテレビ系・web系・広告系・アパレル系)をしている

大卒

ルックス個性派俳優系(加瀬亮とか新井浩文など)で、塩顔

・ガリ〜中肉中背

・肌がきれいで不潔ではない程度にヒゲを伸ばしている

黒髪で手入れされすぎてない

・シティボーイ系の小綺麗な格好(ファストファッションよりもハイブランド固めはもっとNG)(ファッションスナップを頻繁にされる)

アイドルオタ・アニメオタではない

SNSに関心がない(もはやFacebookはおじさんとヤンキーがやるイメージ

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん