「ハルキスト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ハルキストとは

2019-10-11

村上春樹来年受賞するから祝賀会の準備に一年使えると思えばいいと気づいた

コンテナスペース借りてハルキスト20人くらい知り合いにいるから集めてパーティ出来るようにするわ

2019-10-10

村上春樹受賞まであと2時間だね

お前ら土下座の準備はできてるか?

土下寝でもいいぞ五体ボッチで俺たちハルキストに謝れ

2019-04-18

anond:20190418155012

ハルキストを下に見るのと同じ論理だよ。

大勢が大好きな作品同調するのダサい

もっと一般人達(この言葉が既に下に見てる)に理解できない作品を愛する漏れカッケー

いかにも売れるように描いてる作品にまんまと騙されてるwww

みたいな感覚かな。

2018-10-18

村上春樹小説って何がそんなに話題になるんだ?

何冊か読んでみたけど、なんというか文章気持ち悪くて最後まで読めない

そういう経緯もあってか、何故こんなに持て囃されているのか不思議でならない

ただ、毎年文学ノーベル賞発表の時期になる度に、所謂ハルキストが毎回騒ぎ出すのは、本人に妙なプレッシャーかけているようなもんだし止めてやれよとは思う

マスコミネタに困っているのか知らんけど、毎年村上春樹を引き合いに出すのどうにかならんのか

2017-12-20

anond:20171220123553

うそれ!

俺、村上春樹作品で一番好きなのに

ハルキストたちは認めない傾向...

2017-12-19

anond:20171219213012

スティーブキング作品の中に何作かあったよ、村上春樹も実は1作そんなのを書いてる、ハルキストには無視されているようだが 笑

2017-05-27

BLAME!原作ファン熱狂したいけどそうはしまいって感じ

なんかハルキストっぽいよな

2017-03-05

ハルキ嫌いの彼女が俺を殺しにかかってる

ハルキストだ。

目覚めたのは高校生の頃。

たまたま手にしただけなんだ。嘘じゃない。

海外日本人用の図書館で、赤と緑の装丁小説が目について、

ちょうど年頃だったので恋愛やらセックスやらの話が読みたかったんだ。

最近はそんなハルキしてないよ。

新刊がでたら、一年後くらいに手に取って読むぐらい。

1q84は楽しかったし、多崎つくるは80点くらいで正直あの話題になったアマゾンレビューの方がクリエイティブだったかな。

そんな俺だが村上ハルキ嫌いの彼女ができた。それも流れだよ。

彼女には俺がハルキ好きなこと伝えている。好きになった経緯も、好きなところも。

でもだめだ。

もうハルキディスるのが体に染みついているみたいで、ご飯食べて仲良しムードになった帰り

本屋ディスプレイに例の新刊が展示されているの見て、

「どこが楽しんだろうね」

とディスってきて、俺は「そうだね」と返した。

それ以外返せなかった。

ハルキストの男たちはみなセックス下手って友達と言ってるw」

ハルキストは厨二」

そういう言葉に俺は心えぐられてきた。

もう、たくさんだ。

俺は、彼女と別れられないから、脱会する。

痛みを持った決断だがしょうがない。

ハルキストのみんな、いや村上原理主義のみんな。

どうやら俺はここまでだったようだ。

あとは任せた。

p.s.

本当に好きだったんだよ、嘘じゃない。今でも目をつむればあのころのことを思い出せる。

でも思い出すのに時間がかかるようになっただけなんだ。

2017-03-04

しーゆーねほりんぱほりん

ねほりんぱほりんが好きだ。

自分では経験できないディープな話を聞くのって、すごく面白いと思う。

もともと、「○○だけど質問ある?」みたいなスレのまとめ結構好きだった。今は2chまとめサイト自体アクセスしなくなったけど、数年前はよく見てた。

ゲスト人達自分人生では出会うことさえなさそうな人が多いし、実際会っても根掘り葉掘り聞くなんて絶対無理だろうから、代わりにそれをやってくれるモグラ二人の存在がありがたい。

ゲストも司会も皆ぬいぐるみになってるのも、気持ち的に視聴しやすくて良い。私の場合ドキュメンタリーみたいに生身の人間が出ていると、真面目な心持ちで見なきゃいけないような気がして疲れてしまうのだけれど、ねほりんぱほりんなら気楽に観れる。

人の人生を娯楽として消費しているというのは、ゲスいのかなーと思わなくもないけれど、ゲストだって話してもいいって思ったかスタジオまで来てるんだろうし!と割り切って観ている。

何より好きなのは、今まで見逃してた日本社会の闇っぽい部分にハッと気付かされたり、いつの間にか自分の中にあった偏見がほどけていったりするところだ。

みんな思ってたより普通の人なんだ。どこにでも居そうな。さっき「出会うことさえなさそうな」って言ったけど、もしかしたら相手が伏せてるだけで、会ったことだってあるのかもしれない。

ほとんどの場合、その人の人生否定肯定もせずに、30分の放送が終わる。そんなところも、すごく好きだ。

ついでに言うと、自分自身を見つめ直すきっかけになったりもしている。

自分がどういう話にどんな反応をするかによって、自分価値観だったり、過去の傷だったりが見えてくるのだ。どことな小説を読む時と似ている。

そういえば正月スペシャルの時に、過去に出演したゲストから手紙を紹介していた。ゲストにとってもやはり、自分を見つめ直すきっかけになるらしかった。色々と聞かせてもらっている身としては、番組の出演がゲストの方々にとって良いきっかけになっていることを、願わずはいられない。

そんなねほりんぱほりんが、もうすぐ最終回を迎えてしまうらしい。とても寂しい。でも、何らかの形でまた戻ってきてくれることを期待している。

もし今後も企画が続くなら個人的には、国家資格を取り消された人、ネット炎上して個人情報を晒された人、裁判員経験者、ハルキストあたりの話を聞いてみたい。

2017-02-28

http://anond.hatelabo.jp/20170228225844

村上春樹作品って全般的に何が言いたいのかよく分からないんだよね。かと言って単純な娯楽小説と切り捨てることも拒んでるような感じだし。

ハルキスト自称するならその辺分かっててほしい(そして教えてほしい)、みたいな期待があって、「あ?ハルキスト自称するならお前じゃあ教えてくれよ」みたいな態度になりがちになる。

これがサリンジャーとかドストエフスキーなら、こっちも大体テーマが分かってるからファンに対して優しく接することができる。

村上春樹が好きだと言いづらい

僕は村上春樹が好きだ。

町田康とか舞城王太郎とか池澤夏樹とか、他にもいろいろな作家が好きだけど、一番好きな作家を選べと言われたらやっぱり村上春樹だ。

今回発売された新作『騎士団長殺し』も、マスメディアで恒例として取り上げられて騒がれている。

マスメディアで騒がれると当然、全く興味のない人の目にも付く。

そこで、職場でも今日たまたま騎士団長殺し』の話題になった。

(正確には「たまたま」ではなく、ある意味では必然的ともいえる。マスメディアかく恐ろしや)

Aさん「そういえば新作出たねー。まあ全然興味ないけど」

Bさん「本屋で大量に平積みしてますねー。自分も春樹は1冊も読んだこと無いけど」

Cさん「同じく1冊も読んだこと無いっすね…」

そこに居合わせた僕は入社時に村上春樹が好きだと言っていた。

おそらく、この人達はそれを分かって言っているのだと思った。

この話題スルーしようと思ったけど、

僕を試すようにわざと言っていると思ったので、

とりあえず一言

僕「ハルキストほどじゃないですけど自分は春樹好きです」

Aさん「ほー・・・

見事にスルーされた。それ以上なにか聞かれたりはしなかった。

おそらく「村上春樹に興味がない人」にとって、「村上春樹好きな人」は得体が知れない人物だと思っているのではないか

転職したばかりでただでさえ上手く馴染めていない職場の人たちとの断絶が深まった気がした。

ももっとうまい言い方があっただろう。

しかしなぜ、ただ好きなものを好きだと発言することに引け目を感じなければならないのか。

なぜ「村上春樹が好き」だと言うことに引け目を感じてしまうのか。

初対面の人との話題タブーとしてよく挙げられるものに、

「ひいきのプロ野球チーム」とか「政治思想」とか「宗教」とかがある。

そのラインに「村上春樹」も食い込んできている気がする今日このごろ。

2017-02-24

おい村上春樹

村上春樹の新作が発売されニュースになっているようなのだが。

なぜこんなに持ち上げられているのかさっぱりわからない。

しか万年ノーベル賞候補なのだ

ますますからない。

そもそもコイツの本は面白いのか。

ハリーポッターより面白いのか。君の名は。より面白いのか。

ひょっとしたら面白いのかもしれない。

しかノーベル賞候補作品なのだ

それがフツーに面白くていいのか。

ノーベル賞とはもっと孤高の存在ではないのか。ストイック存在ではないのか。

そんな作家作品大衆迎合される面白さを持っていてよいのか。

なんか矛盾していないか

そうではなくて芸術的なのか。

およそコンテクストを共有していないであろうノーベル賞選考委員らが

たとえ翻訳されていたとしても思わず唸ってしまうほどの作品なのか。

その割には世間ハルキストだとか深夜販売だとかはウェイウェイしすぎではないのか。

そんな奴らが興味を持ってしまうほど孤高のハードルは低いのか。

なんか間違ってないか

いじってるのか。ギャグなのか。死体を蹴ってるのか。

本当によくわからない。

学生時代ねじまき鳥クロニクルを読んだものの体が拒絶した。

ネットもロクにない時代

周囲の絶賛を横目に私の感性が歪んでいるのかとも思った。

しかし今、一連の騒動を眺めながら、

あの時の私の感性は正しかったのだと改めて思う。

おい村上春樹、お前はいったい何者なんだ。

2016-10-14

村上春樹信者批判するやつがウザい

この時期になると盛り上がるハルキストとその批判

こういうタイトルにしてみたけどさ、俺は村上春樹はすきじゃないよ。

一方で描写の巧みさに舌を巻きつつ、一文一文に「権力」が染み付いていると思う。

でも他方で、そんなハルキスト批判している人たち(ここでは安部公房とか伊藤計劃ファンを想定しています、外れている人は流して下さい)に対しても全く共感できない。

ラフに言って、三者ともにバカ調子こいてる物語作家でしょう。村上春樹背伸びした上京したての田舎者であるとして、それなら安部公房私的言語使用ボンクラだし、伊藤計劃はしょーもないオタクだ。

もうちょい真面目にいうと、安部公房はたとえば都会にたいして「砂漠」を持ってきてオッケーみたいなその安易さがヤバ過ぎる(逆にその安易さがいい、という批評はあり得る)し、クソどうでもいいレトリックドヤ顔してるのがヤバ過ぎるし、普通すぎるセクシャリティやばい伊藤計劃は前野隆司とか真に受けてる時点でカス(こんなカスでもポストモダンは云々言えてしまうことが「ポストモダン」最大の失策ではないか?)だし、ブログ意識物語を結びつけている文章とかカスだし(誰か意識物語を多少なりともしっかり定義して、両者の関係性を論じられる?)、管理社会が云々いいつつそこでの社会とやらに一切の具体性を与えられないのがカス

繰り返し言っておくと、こういう文章って村上春樹擁護として捉えられるのかもしれないけど、俺は全く好きじゃないから。

在野の村上春樹擁護とかクッソ気持ち悪いし。批評空間をそんなに批判したいなら中上健次物語性をつく地道な仕事しろよ、ボケ

なんかモゴモゴいってさ、「あぁ〜村上春樹は〜だけれどもうんぬん」ってヨダレ垂らしちゃってさ、舐めてんじゃねえよ!

俺?カフカベケット青木淳悟が好き。じゃあ頑張れよ、田舎者

村上春樹ノーベル賞を取ることは100パーセントない。

毎年、この時期になると村上春樹ノーベル賞を取るんじゃないか、と話題になる。

で、なぜかハルキストや母校の関係者は本気で受賞を信じて、そのたびにガッカリするわけだが、彼らはノーベル賞特性をまったくわかっていないと言っていいだろう。

断言するが、村上春樹ノーベル文学賞絶望的だ。

なぜなら、ノーベル財団村上春樹に受賞させる理由が、まったくないからだ。

理系部門と違い、平和賞文学賞は受賞理由政治性を重視しているからだ。

平和賞文学賞は、功労者や優れた結果を残した人に与えられるわけではなく、ノーベル財団から世界へのメッセージ意思表明に近い。

今回のボブ・ディランに関しては、ドナルド・トランプ代表されるような排他的ナショナリズムに傾きがちな人々に対して、「あの頃の公民権運動戦争反対燃えた、反骨の気風はどこに行ったんだ?」というメッセージに近い。ボブ・ディランが良い歌を作ったから受賞、ではないのだ。与えるべき受賞理由メッセージがあるとノーベル財団判断たから与えられたのだ。これがジョン・レノンが生きていたら、100パーセント彼に与えられただろう。

莫言アリス・マンローに与えられたのはアジア文学女性文学に目を向けましょう、というメッセージだし、それを通した一部の国や差別の現状への牽制である

これに対して、村上春樹はどうか?彼が受賞したとしても、なんのメッセージにもならないのである

村上春樹の特徴はその無国籍性や非政治性であり、それが理由世界的にも売れているのだが、それゆえ、ノーベル財団が彼に受賞させる理由がないのだ。

村上春樹ノーベル賞を受賞しても、世界に対してなんのメッセージにも、牽制にもならない。

それを意識してか、最近村上春樹政治的メッセージを受賞コメントなどで言ったりしているが、どれも抽象的なお題目で、彼が言う必然性がない。彼の国籍や生い立ちに裏付けされた「凄み」がないので、受賞にはほど遠い。

ノーベル賞アイデンティティ政治性、そして文学性が合わさり、さらノーベル財団が伝えたいメッセージ合致した人物に与えられる。村上春樹はどれも欠けている。ノーベル賞とは一番遠い人物だと言っていい。おそらく、次に取るのはサルマン・ラシュディだ。

村上春樹ノーベル賞を取ることは絶対にない。彼はただ「すごく人気がある」というだけで、受賞させるほどの理由がない。音楽でいえば「GLAY」や「ラルク」みたいなもので、彼らがいくら人気でも、政治的権威ある賞を取らないのは当然だろう。

2016-10-03

ノーベル賞シーズンにこれから起こること予想

大隈教授ノーベル賞を受賞しました。これから起こることを予想してみようと思います

メディア大隈教授研究よりも生活や生い立ちをひたすら報道する

・「日本人ノーベル賞を受賞して喜ぶ人の気持ちがわからない」というナショナリズムに疑問を投げかける人が現れる。

・「今は数十年前の研究で受賞できるが、今後は難しいだろう」というブログが書かれる

日中韓科学技術比較を論じる人が現れる。

村上龍コメントの準備をする

ハルキスト集会を始める。

村上春樹が受賞を逃す

2016-07-28

ハルキストもアレだけどアンチ村上春樹もっとアレ

私は村上春樹はい日本で唯一世界に通用する作家だと思っているが、ハルキストではない。

現実世界村上春樹小説中の人みたいな喋り方をしたり、ノーベル文学賞の発表のたびにカフェに集う奴らには鳥肌がたつ。

んで、ハルキスト村上右翼とすると、村上左翼的な「おれは村上春樹だけは認めねー」勢がいる。

こいつらもハルキストと同じくらい腹立たしい。

そういう奴らを目にする度「嫌いって言えるほど作品理解してんのか?」と言いたくなる。

「終わり方がモヤモヤする」

主人公が女にモテすぎてむかつく」

セックスシーンがあって官能小説みたい」

「すかしてんじゃねーよ」

それ批評になってないからね。

それどころか自分コンプレックスとか低脳さを晒してるだけだから、思っても口に出すな。

自分にはこの作品の良さを理解できないんだな、という謙虚さを持て。

2016-05-04

http://anond.hatelabo.jp/20160504114437

オタクしか見えんけど・・・

まさか自分オタクだと思ってないんだろうかこいつら・・・

ラノベ作家だけ見てたわすまん。

というか

作家アカウントとそれにリプライ送ってるファン

元増田文章で「村上春樹先生なんてハルキストでも言わない」って言ってるんだから本人宛は今の話に関係ないだろ。

ハルキストだって村上春樹本人には「先生」って言うだろ。

だって言う。

小説家には「先生」なんてつけないんだけど、ラノベ作家だと「先生」がつく

先生」つけるのって漫画だと思ってたけど、ラノベってやっぱり漫画みたいなもんなのか。ラノベ地位向上を目指すならまずラノベ作家に「先生」をつけないことから始めないといけないんじゃないか。村上春樹先生なんてハルキストでも言わないでしょ。

2016-01-24

はてな匿名インタビュー女子大生

?「ではインタビューさせていただきます。お名前は?」

私「増田マス子、21歳女子大生です。」

?「あれ、女子大生ってtwitterとかfacebookとかにいるイメージ多いけど…」

私「昔、twitterfacebookやってたんですけど、ふぁぼとかいいねとかそういう馴れ合いに愛想がつきちゃって…それで、はてな匿名ダイアリーに来たんです」

?「へぇ〜、匿名ダイアリーはどう?」

私「コメントが時々辛辣ですがそれが気持ちいいです(笑)

?「そっか…^^;趣味は?」

私「ネットのおじさんの文章を読むことです。食べログとかで見かけるんですが、なんかその固有の文体がたまりません。」

?「じゃあその趣味匿名ダイアリー還元してるってこと?」

私「まあそんな感じです。」

?「他に趣味は?」

私「読書とかですかね。村上春樹、良く読みますよ」

?「お〜、ハルキストなんだね。」

私「ハルキストって言うな!(怒)」

(つづく)

2015-10-09

http://anond.hatelabo.jp/20151008232418

ハルキストって言い方自体が嫌いなんだけどとりあえずそれは置いといて。

ハルキスト村上春樹を好きな自分に酔ってる感がすごいから嫌い。

すごいプライド高そう。

ここ数日のノーベル賞受賞で「日本人として~」って勘違いしてる人間と同じ気持ち悪さ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん