「ハイパーリンク」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ハイパーリンクとは

2020-09-14

メールアドレス迷惑メール欄に投稿された

エッチがしたいを直に言う女の名前らしい差出人のお色気メールですら

ハイパーリンクを読ませようとする

何のためのメールアドレスなのか全く分かりたくない

2020-08-13

インターネットは巨大なのに健忘症である

webアーカイブというサービスがある

サーバーから情報が消えてしまうことが欠点であることは古くから分かっていたので、その欠点を少しだが補うためのサービスである

https://japan.cnet.com/article/35076968/

だが、全てを記録することは不可能であり、またいわゆるGoogle一般検索ではアーカイブに保存されたページはほとんど検索されない。

web欠点はそれだけではない

単純には、リンク先の消失が挙げられる

wwwそもそもハイパーリンクを持たせることによって情報を他に依存することが出来る仕組みなのだが、そのリンク先が消えてしまうと途端にその利点を失ってしまう。

さらには、技術がどんどん進化するので、古いwebページは「スマホでは読みにくい」という問題が発生していたりする。

あるいは、一般人が利用していたHP作成サービスサービス毎消えてしまうことが増えていて、有用だったwebページの他のサービスサイトへの移行に莫大な手間がかかる(大抵個人がやっているかである)などの問題も起きている

大抵は、サービス毎消えてしまうとwebアーカイブにでも保管されない限りはそれで消失である

図書なら、どんな下らない本でもそれが一旦国会図書館に入れられる限りは半永久的にその存在を守られる。私も一冊だけ本を出したが、国が何か劇的なことで崩壊でもしない限り私が死んでもずっとその存在を守ってくれるだろう

インターネットにはそれがない。

随分昔になるけれど、いわゆる歴史問題で濃密な議論をしていた掲示板があった。かなり濃密で有用な知見を参加者が有志で自身で調べつつ共同で検証していくようなことをやっていた。

だが、掲示板主催者が亡くなった。

それからほんの一ヶ月で掲示板毎それら濃密な情報は消えてしまったのである

ネトウヨデタラメを垂れ流す、しかしそんなデタラメはそこで論破済みでありリンクを示すだけで良かった……としても、消えた情報は参照できない。

ネトウヨ意気揚々と昔論破されているデタラメを吹聴し続ける

そんなことを最近しばしば見る。あのデタラメはあそこで論破されていたのに、自分では情報を持っていないか反論できない、みたいな。

情報ネットから消えないようにする仕組みは作れないのだろうか?

 

追記

忘れられる権利」は、インターネットでは重要権利の一つだとは思うけど、そのために有用情報まで消えてしまっていいとは思えない。従ってそれとこれとは全く別の問題である。現状は、結局の所、極端な話が政府レベル機関にまでならないと情報の半永久保存はないと言っても過言ではない。個人的にはP2Pのような仕組みで、半永久的に消えない仕組み自体は作れると思う。ブロックチェーンだって出来たわけだし、あの犯罪の温床とされたWinnyは当にその仕組だった。あれが消えたのはほんとに痛い。どうしてその利点に誰も気づかなかったのだろう?

 

追記

誤解する人がいるだろうなと思ったら案の定だった。WinnyP2Pのその象徴例として出しただけであり、あのWinnyのままでいいなんていうつもりはないよ。だけどWinny2は掲示板実装しつつあったんだ。これを知らないのか忘れているのかはともかく、その延長線上に消えないWebサービスがあり得るのではないのか、と思ったんだよ。そもそもサーバー依存しないという仕組みのことを言っているわけ。

P2Pノードさえあれば、そのサービス接続している端末がある限りは、半永久的にデータ消失することはない。まぁ俺には技術がないか夢物語だけどな。

でも、Winny2はいときひろゆき2ちゃんねるに使おうと画策してたんだよ。そしたら金子氏が逮捕されたんだ。

でもああいうのの延長線上にある仕組みがあったらなぁと思うんだよね。

金子氏ならほっといたらそういうのをやったと思う。ほんとに日本警察馬鹿。結局無罪になってんだからね。

2020-08-08

不祥事を起こした国会議員報道する際、選挙区併記しろ

その議員名前所属政党や党役職併記して報道するメディアが多いが、そんなことよりも選挙区併記しろ都道府県知事市町村長と違い、国会議員選挙区が分からなければ誰が投票したのかも分からいからだ。視聴者に対して、いちいち選挙区を調べさせる手間をかけさせるな。

選挙区併記すればその選挙区住民は間違った人を選出したと後悔することができて、次回以降の選挙に反映させることができる。近隣の選挙区民も、あいつらはおかしな奴を政治家にしていると注意することができる。

テレビ報道の際には是非とも、その議員選挙出馬する際の街頭演説映像を流してくれ。そうすれば有権者に対して、こんな候補者祭り上げて当選させてしまったのかと後悔させてやることができる。街頭演説はたいてい駅前繁華街で行われているので、報道によりその地域議員とを関連付けさせるのに効果的だ。

紙面やネットメディアなら選挙結果も併記しろ。紙面はスペースの都合上難しいかもしれないが、ネットメディアならハイパーリンクを張ればよい。有権者である私たちはこんな人を当選させてしまったのか、まだ対立候補のほうがましだった、と後悔させることができる。

2020-07-21

if文というのは

真偽値をcmp命令で真か偽かを判定したあとにフラグをみて

フラグが偽だった場合にJMPにより命令レジスタを変更しますそうでないいばあいそのまま次の命令を実行し

そのステートメントが終了した場合やはりJMP命令でTHEN節の次に移動しますここでTHENとELSEが合流しま

このときに、予測分岐という回路が働きますがそれは次のお話として先にはなしをすすます。このときハイパーリンクも次回とします。

2020-07-20

anond:20200720154116

そういうときにサクッと辞書引く機能あれば語彙が増えていいのにね

そうだ!単語自動ハイパーリンク付けて、リンク先ですぐ意味が調べられるようにしたら便利なんじゃないかな!

2020-07-11

[]NSFW

NSFWは、Not safe for work(ノット・セーフ・フォー・ワーク)の頭字語で、職場学校などのフォーマルな環境下での閲覧に注意を促すため、裸、ポルノグラフィ卑語暴力などの要素を含む動画ウェブサイトURLハイパーリンクを示す際に使われる

2020-05-30

SNS嫌い

SNSネットに登場し始めて何年になるのだろうか?

私は最初から嫌いだった。

ミクシィグリー?よく覚えてないけど、何が嫌いだったかと言うと、インターネット自分の行けないところが作られるような感覚を覚えたからだ。

もちろん他にも会員制のように絶対アクセス不能場所はいくらでもあるのだけど、SNSは繋がりたい人同士を繋ぐ装置として機能し、繋がりたくない人を排除する役目も果たす。

私はどちらも嫌だった、繋がりたくもなければ排除もされたくない、その自由さが好きだった。自分意志で決められるのがインターネットじゃないのか、と。

からSNSサービスは私にとってはいつも不自由さを感じさせた。

ミクシィ特に嫌だった。招待されなければ入れない、これが正直むかついた。私は自分意志で決めたいのに、誰かから入れてもらわないといけない、この感覚がたまらなく嫌だったから、実際には簡単に入れるのにミクシィには頑として入らなかった。

グリーには入った。そうは言ってもSNSインターネットサービスの大動脈になることは分かっていたし、いつまでも嫌ってもいられないと思ったから。

勧誘制ではなく、自分意志選択できるのが選んだ理由の一つだけど、でも実は気に食わなかった。

SNSをやっていると、自分の行けないところがあることに気がつく。

ウェブサービスの基本は、ハイパーリンクで好きなところに行けることだ。リンクさえあればひとっ飛び。それが好きだった。

これがSNSでは出来ない。説明しにくいが、検索でも分からず、見えない部分がある。仲間に入っていないとわからないのである

全部繋がっているはずのインターネットなのに、その中に、システム的ではない、リンクされていない別のネットがある、そんな感覚

見えている部分が人で全然違う。それは私が見てきたインターネットとは全く違うものだ。

インターネット世界中の人と人を繋ぎ、これまで分断されていた社会のその壁を取っ払っていくものだと言われていたこともあった。

でもSNSはそれに反するものだとしか思えなかった。むしろ分断を生み、加速させ、衝突を生み出す、絶対そうなると私は思っていた。

フェイスブックツイッターはそれを証明した。

フェイスブックは、考えるまでもないだろう。人それぞれで見えているタイムラインが全く違う。そこにあるのは仲間内だけの世界だ。シェアが繋いでいるように思うかも知れないが、実際にはそのシェアは分断を増長すらさせている。

極端な話が、あるクラスター疑似科学だらけデマだらけ嘘ばっかりのようになっていたりする。そうした情報しかシェアされない世界がそこにある。フェイスブックは極端な閉鎖性を持つ。繋がっているはずなのに全然からない別の世界無尽蔵に存在する。

Twitterはそれとは全く異なるように思うかも知れないが、Twitterだって酷い。ここで見られるのは、日々繰り返される炎上騒動であり、激しい戦争だ。住処の違うものどおしが見えてしまうので、気に入らないとそれらを叩き始めて、言論攻撃排除しようとする。

インターネットは人と人を繋ぐなんて全くのデタラメにしてしまったのがSNSなのである

そもそもインターネットハードウェアネットワークであり、ソーシャルネットワークではない。

それでも、あまりにも膨大な情報宇宙から必要情報を得るにはSNSを利用しなきゃならない。

ググって情報を得るなんて最早太古の昔の話であり、タイムライン自動に流れてくる情報をまるでブロイラーが与えられた餌を食うようにして享受していかないと時代社会についていけない。

これが喩えようもなく苦痛である

でもやめたくてもやめられない。

繋がっていないと私が人間社会から放り出されてしまう。

誰かSNSをぶっ潰す別のサービスを作ってくれないだろうか?

2020-05-06

ハイパーリンク、なんてもう言わないか

タコタコは、

胼胝

って書くのか!ヨメネエヨ...

なになにそして魚の目は、

鶏眼

っていうのか!マヂデシランカッタワー

・・・ケータイ無料投稿小説を読んでると、書き手の独り善がり変換も、その場で読み方しらべられるから良い。

2020-01-24

恐怖のブックマーク

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/mangakato/status/1220141797382348800

漫画を描くときは1コマコマ情報量を高めて、1ページあたりのコマ数を減らすとスッキリ読みやすくなります」のツイートに対するブコメ欄なんだが、頭悪すぎでしょ。

ツイートには例として、右にコマが整理されていない漫画、左にコマが整理された漫画、をのせた画像がある)

本当に、「スピーチするときは、言いたいことを整理しましょう」の漫画版ってだけの内容。それを、


「いや、同じ言葉を何度も繰り返すと効果だって聞いたぞ」とか、

「煙に巻くような話のほうが面白いけどな」とか、


そういうこと言い出したら馬鹿じゃん。


あんまりにも見当違いすぎるでしょ。

議論になってない。カレーの話してるのにウンコの話されてる気分。

俳句は五七五で構成されてますよって話してるのに、「字余りはどうなんですか~?」みたいな、

お前は小学生か。間抜けどもが。


いや、だぶん、おそらく、きっと、ブクマカはとんでもない勘違いをしているんだと思う。

コマ情報量を整理していった結果、実は内容がダブっていたんだなーってコマ、それを無駄ゴマツイートで読んでるわけだが、

これを存在しちゃいけないコマと取り違えているんだろう。まあ馬鹿な話だが。

ツイート無駄ゴマっていうのは、それがあるから悪って話をしているわけじゃないんだよ。

無駄ゴマのない漫画も、無駄ゴマのある漫画も、別に悪いんじゃないの、つまらないじゃないの、スッキリしてるかどうかなんだよ。

これは画像にも“ハッキリ”書いてある通り、無駄ゴマがなければ『スッキリして読みやすくなる。』のだ。


逆に言えば、上のブコメツイッターリプライで出ているような、無駄ゴマ使用することで、情感を出したり、キャラクター性格を出したりすることは、当然、ツイート主も想定している。

冗長にして何かを表現することなんて当然あるでしょ。

福満しげゆきの『生活』の前半部みたいに、過剰に説明することで生まれディテール面白さ。

あるいはとり・みきの『遠くへ行きたい』だとかで行われたなにか。

そういう表現として無駄ゴマを使うことは、

ツイート主は、当然、想定しているに、決まってんだろうが。


情報をダブらせるなんて、そりゃ普通にやるぜ、この文章だってやってる。でもそれは、当然表現として“あえて”やってるのよ。

例えば「だぶん、おそらく、きっと、」なんてそうでしょ。本当は「おそらく」でいいのを、わざと重複させることで、馬鹿に譲歩している様子を表現してるんだよ。

これ、わざわざ書かなきゃいけないようなこと?


正直な話、無駄っていうのがネガティブに感じる、ってブコメ発言者聞き手大衆馬鹿にしてる本当にくだらない観点だと思うし

ああ、本当に今井絵理子みたいな奴がいっぱいいてしかもそれが結構いい歳なんだろうなと思うと、暗い気持ちになる。


今井絵理子ハイパーリンク

https://anond.hatelabo.jp/20170624022831

2019-09-11

anond:20190911133215

横だよ。

彼が言いたかったのは、ハイパーリンクを1クリックするだけで辿れる範囲って意味なんじゃない?

2019-01-21

anond:20190121134319

紙の辞書は引いたその箇所しか見ないけど、電子だとハイパーリンクから記事たどっていけるもんな。

あれ、違う?

2019-01-04

anond:20190104074723

既知とするってやつだな

Webでは記事が長くてもはてブバカバカだと言ってはてブからPVもらって喜んでる三方一両得の人以外には怒られたりしないか

だらだら展開したりハイパーリンクで飛んだりできる

2018-08-25

スマホ時代

スマホ時代になってweb

のような、ひと昔前のMMORPGみたいなことになってて、人と情報を囲い込むことに必死になってる。

ついでに課金アイム実装したらどうよと。

ここから分かることは、つまりティム・バーナーズ=リー氏が目指したWebは滅亡するんだよ

Ω ΩΩ < な…なんだってー!!

セマンティックウェブは既に死に体で、そのうち、ハイパーリンク死ぬんじゃないだろうか。

2018-04-26

ネットからニュースアーカイブが消えていく時

大手報道7社の申し入れによりNAVERまとめからマスコミ記事リンクが一斉に消えた。転載された報道写真文章が消えたまではいいが、記事リンクまでも一斉に消えた。NAVERまとめ報道7社の記事URLを載せることもできなくなった。

まあ、海賊版リーチサイト問題視される中で、ハイパーリンク自由だ!なんて理想論大手を振って語ることはできないのだが、非常に残念。

これだと次は5ch系の掲示板ニュースサイトFacebookTwitterなんかのSNS社会派ブログニュース転載URL掲載なんかも、プラットフォームが中心になって削除していくことになるんだろう。

 

最近マスコミニュースサイトは、記事転載させないことに熱心だ。これは著作権侵害という話の他にも、転載サイト利益横取りさせないため、や、忘れられる権利問題とか、いろいろ理由はあるだろうが、今は、アーカイブサイトに保存させないようにサイト側でブロックしたりもしていて、これはWebアーカイブを多用している自分としては、かなりムカつく。読売新聞なんかは、さらはてなブックマーク過去記事検索できないようにもしているのだから、よっぽど過去記事を掘られることがマスコミは嫌なんだなぁと思う次第。

 

マスコミ側としては、そんなに過去記事が読みたければ、図書館行くか、デジタル有料会員になれ、と言いたいのだろうが、デジタルで読める過去記事は校生が終わった最終版の記事だけでしょう? Web版の記事は、初報の内容と、初報から数十分後の報道の内容とで、内容が変わっていることがよくある。ちょっとした修正や加筆のみならず、初報がかなりの誤報で、ごっそり内容が入れ替わっていることもある。さら記事タイトル見出しはよく改変される。しかし、マスコミデジタルアーカイブに、こういった修正、訂正、加筆の経過が全て保存されているわけではない。

 

流れの早いネットの動きを後から調べる時、いつどんなタイミングでどんな内容が報じられていたか重要で、それは訂正前の生の記事配信の動きを追わなければ、理解不可能。そんな時、Webアーカイブに保存された記事が非常に役立つことになるのだが、最近著作権にうるさい方々は、このWebアーカイブを非常に目の敵にしている。マスコミだけでなく、単なるブロガーからも「Webアーカイブから消したい」という意見を聞く。自分らで歴史を作っているという認識はないのか…

 

2018-04-15

anond:20180415135001

学校の話なのに電子化されてない特殊辞書の話をいきなり持ち出すアホ。

そもそも需要が極小だから電子化されないんだし、

逆にいうとそれくらいの特殊事例でなければ紙の辞書なんか使わないってことだ。

そんな無茶な擁護をしてどっちが必死なんだか。

紙の辞書が一覧性に勝るというのは単に見開きで単語がいくつ載るかの話にすぎないだろ。

(それでさえやろうと思えば4Kディスプレイに表示させればいいだけだが、まあそんなもんが利点だなんて誰も思わんわな)

本当に一覧性に優るというなら、紙の辞書複数辞書の横断検索をやってみてもらいたいもんだが。

もちろん電子辞書より早く引けるんだよなあ?

あ、横断検索の次はハイパーリンクによる関連語ジャンプね。

はたしてワンタップするより早く紙の辞書を引けるのか見ものだなあ。

2018-03-23

教えてください

皆さんの知恵を貸してください。

私はウェブサイトAとBを運営しています。A→Bのハイパーリンクを貼ると、サイトAからBサイトにページが遷移します。

このとき通信の経路をウェブサイト側で指定することはできるのでしょうか。ここのプロクシを通れ、とか。

よろしくお願いいたします。

2017-05-29

ちょっと思うところあって個人の目から見た腐女子ルールの移り変わりとそこにいた私の変化について書いてく。諸説あるから私の渡り歩いてきたコミュニティはこんな感じだったという話で

2000年前後

ヤフー検索個人サイトとかゴロゴロ出てきてた時代最初はそんなに検索避けうんたらガーガーうるさくなかった気がするけど、だんだん検索避けマナーって話になっていったような。

ちなみにこの頃は家にインターネットなんてなかったので学校PCとかで同人サイトあさってた。多分言うところで言えば殺されると思う。でもそこに別に特に疑問は思ってなかった。たぶん最初BLがなくNL中心に、年齢制限のない可愛らしいファンアートを漁ってたというのもある。

(このへんの二次創作ユーザーにおけるNLから問題ないという高慢な考え方は今思うとどうなんって思うけど)

それに先生と仲良くなって放課後とかに許可もらって本当に「遊ばせて」もらってた(授業中に変なサイトいってたわけじゃない)から別に趣味でネサフして何が悪いのって思ってた。

今思うと先生同人サイトネサフさせてもらえるまで仲良しになってたコミュ力すげぇな当時の私、って思う。今同じこと絶対できない。

2000年代前半

うっかりBLに染まってしまった。そしてBLサイトを漁るようになった。そのあたりから検索避けマナーだと「みんながいいだした」。見るサイトマナーサイトバナーを見るようになった。無断リンク禁止という言葉を見るようになった。とても素直で純粋だった(今は見る影もない)当時の私は素直にそういうものなんだと思い、検索避けマナーだし無断リンクはとても悪い事なんだと考えるようになった。

BLは隠れないといけないんだ!作者の目に触れてはいけないんだ!!って思ってたし、検索避けしてないサイトをなんて非常識なんだろう!って思ってた。インターネット原則とかそういうものは全く知らなかったしハイパーリンクのなんたるかなんて存じ上げませんでした。

2000年代中盤

ある一つのサイト出会う。知ってる人もいると思う。「ガラマニ」さんである

そこで受けた衝撃はもう本当にものすごかった。こんな世界があるのか、こんな考え方があるのかと正に雷に打たれたような衝撃と言っても過言ではなかった。

確かに言われてみればその通り、と思わされることはいくつもあった。

そこからそもそも検索避けって何だろうとあっちこっち調べて回って、検索避けというものに対してとても色々な考え方があるんだ、とようやく知る事ができた。

恥ずかしい、隠れたい、という気持ちはとても分かるけど、だからっていたずらにマナーマナーだと隠れるだけじゃなくて、何のために隠れるのか、原作者の方にお目こぼしを貰って二次創作を楽しむ立場人間として何をするといいのか、色々と考えるようになった。

けどやっぱり世の中の流れは検索避けマナー無断リンク禁止に傾いていた、と思う。

2000年代後半

オンラインブックマーク禁止とかそういう話が出てきた。この頃はもうそれがインターネットという広い世界からしてみればおかしな話だと分かっていた。

無断リンク禁止がとても我侭な発言だと理解していた。けれど他に都合のいい場所なんてないこともとてもよく分かっていた。

現実ではこんなに仲間と繋がることなんてできない。ネット世界くらいでしか趣味について話せない。今ネットを経たれてしまったら精神的に死んでしまうかもしれない、というくらい、ネットコミュニティに異存していた。

からこそおかしなことはおかしなことである上で、それでも他に代替手段のないこの世界でどうやったら折りあいをつけていけるのかいつも考えていた。

からネット上のルール理解した上で、検索避けであったりを使いながら、禁止ではなくて誠心誠意お願いをしながら、どうにかこうにかそれなりにBLを楽しんでいた。

この頃は検索避けしすぎるのどうなの、と言い出す腐女子は増えだしていた。検索避けは必ずしもマナーではないという考え方は、だんだんと珍しいものではなくなっていった。

2010年前後

Pixivが有名になった頃。検索避け的にどうなの、という話はあったけど結局のところ今ではこの通り、超大型サービスになっている。

そう、当時Pixivは私の周囲の検索避け好きな人達にとっては敵だった。あんBLが誰にでも見られてしまうようなもの、というくらいの扱いだった。

でも結局個人サイトはどんどんなくなって、二次創作が見たければPixivに行け、という時代になった。結局なんだかんだ言って「たくさんの人と触れ合える」ことは魅力だったんだろう。

けれどやっぱり隠れたい、マナーが、と言う人はいて、Pixiv内にどんどん腐女子独自ルールが作られていった、みたいだ。というのも、私はそのころPixivはやっていなかった。

その頃はまだ時間も元気もあったので、サイトという自分の城を更新していたし、活動主体文章だったから。

それにやっぱり、まだBLが大多数に晒されるのは怖かった、というのもある。あんなところに行っては誰に見られるか分かったもんじゃない、とビクビクしていた。

検索避け独自ルールはそれでも根強く残っていたけど、もうなんだか最初の主張から比べるとなぜ検索避けするのかの大義名文すらどこかに行ってしまっていたように思えた。

このころの検索避けは、単に自衛手段だった。

・それ以降~最近

SNSだの何だの発展が早過ぎてむしろ流れをはっきりと思い出せない。

Twitter最初周りでは「オタクの集まりでどんなヘンタイ発言も許容してくれる」みたいな扱いだったのに今やマナーがどうだとかやっぱり腐女子ルールができた。

腐は鍵垢に篭れとさんざん言われたし、オープンBLの話をするとマナー違反だと言われた。

時代が「二次創作って黙認だよね」とか「公式二次創作OK作品も増えてきたよね」って中でそれでもBLはなんだかケガレみたいに扱われているところがある。

サイトはどんどん閉鎖していき、結果二次創作サイト向けのマナーも語られることはなくなっていった。

かわりにツイッターでのマナーピクシブでのマナーが語られるようになった。でもマナーは結局のところわたしたちのかんがえたさいきょうのマナーしかなかった。

結局のところ「検索避け」は今でも少しずつ変化しながらマナーとして語り継がれている。

2017-03-20

面接官「特技はなんですか?」

頭についた0(ゼロ)を自動的に取り除きます

また、英数字自動的ハイパーリンク化し、同じく英数字スペルチェックを赤ペン先生のように指摘します。

面接官「おひきとりください」

あれ?マイクロソフト社では絶賛されましたよ?いいんですか?そんな邪険にして。

2016-11-16

http://anond.hatelabo.jp/20161115124559

特許請求項を式で書けるようにしてほしい(読める人には論理式に見えると思うけど)

英文日本文も読むのがしんどすぎて。ハイパーリンクができるとなおいい

2016-11-10

IDコールされて怒ってる人を見て思い出すこと

10年前「無言でハイパーリンクすることはマナー違反」と言ってた人たちや、5年前「無言でフォローするのはマナー違反」と言ってた人たち。

2016-08-19

内閣会議における八田氏の発言について 2/2 補足

参考にしたURL日記登録ができなくて、

ハイパーリンクのなかの.pdf直リンがだめなのかと思いhttpsをtppsにしたんだけど、Google Booksの直リンhttpsからtppsに変えると登録できました。

Google Booksの直リンがだめなようです。

http://anond.hatelabo.jp/20160819232003

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん