2022年01月31日の日記

2022-01-31

anond:20220131161738

あの夏の數かぎりなきそしてまたたつた一つの表情をせよ(小野茂樹)


作者にはかつて高校時代に思いを寄せた同級生がいたんだけど、その後どちらも別の人と結婚をして、その後再会し、離婚を経て結婚した。

これはその長い恋の相手に向けて詠まれた歌。


というドラマチックな背景は置いておいても、何かに恋い焦がれている高揚感や没入感がよく表現された一首だと思う。あとあんまり意味がわからなくても声に出して読むと気持ちがいい(大事

好きな人でも風景でも推しでも、強烈に見惚れると解像度バグるというか、数秒の短い時間コマ送りみたいになって無数の写真のように立ち上がってくる。

コマ送りだから一枚一枚にほとんど違いはないけれど、その全部が唯一で無二のもので、心の深いところに焼き付いてしまう。

「あの夏」は出会ったばかりの高校時代のことと読んだ。「今はお互い大人になって結婚までしてしまったけれど、戻りましょう、あの夏に」と呼びかける歌なのだと思う。

anond:20220131214603

いいえ。

男女の賃金格差が縮もうとも女がいっこうに下方婚しようとしてないので滅びに向かってますよね。

ポケモン

昔やってた3DグラフィックオンラインMORPGみたいになってた

以前見たポケモンはもう10数年くらい前の2D最後だったからびっくりだよ

かにあのマップうろうろして敵とエンカウントして〜っていうのを3DCGにするとああなるよなあ

PC初期化によりIDパスワード忘れてもう何年もログインしてないけど今じゃiPadでもできるしあのゲームまたやりたくなってきたなあ

けどレアアイテムとかレア装備持ってたあの垢に戻りたいから思い出に浸るだけにしておこうか

ポケモンをやろう

そういや探してる短歌があってさ。大学の授業で出てきたやつ。うろ覚えなんだけど、

「海との没交渉に佇んでひとり」

って感じの歌。没契約かもしれない、そうするとちょっと感じ違うね。波との、だったかも。終わりは、ひとり佇んで、かも。とか、ぼんやりしか残っていなくて、正解が分からないんだよね。誰の歌なんだろう。

明治大正あたりの、自由律俳句の流れみたいなとこで出てきたと思うんだよ。河東碧梧桐の「赤い椿白い椿と落ちにけり」と一緒の回に習った気がする。荻原井泉水かな?って思ったんだけど、ざっと見たところ見つからないんだよね。感じはすごく似てる。「かごからほたる一つ一つを星にする」とか、あーそういう感じなんだよなーって思うんだけど。

ググっても出てこないから、何かちょっと間違って覚えてるか、マイナー俳句なのか。ちゃんと本から探せばあるのか。

そもそも実家に戻ってあの頃のノートを探せば見つかるよなと思いながら、もう十年くらい経っちゃったな。誰か知らない?

久しぶりにイベルクチンに関する記事が出て、コロナ対しても効果があると期待出来る内容で喜ばしいのに、何故か一生懸命否定する連中がいるなぁ

そいつらはコロナが収まって欲しくはないのかね

俺のチンチンマリトッツォ!俺のチンチンマリトッツォ!

はい

俺のチンチンマリトッツォ!俺のチンチンマリトッツォ!

anond:20220131094305

自覚がないだけで、そう主張しているも同然なんだが

自覚なく暴論ふりまいてるからタチが悪い

anond:20220131233309

だよなあ

潜水艦とか乗組員全員を女にできるのになぜかやらない

anond:20220131233720

青森岩手は同じようなもん。お前もどうせ鳥取島根とか愛媛香川区別なんてしてないだろ

anond:20220131223019

水流でゆうたらやろ…

  ← そんなこたぁわかってるよ。

分子でいうたらどんな物質にも含まれとるがな

  ← 水分子がどんな物質にも含まれているという事はない。それは間違い。

水でゆうたらじゃなくて回路をつくったときの通電状態を水流に例えたらの話やろ

  ← そのたとえが間違っているという話。

で、そのわかりやす電圧を例えるとどうなるん

  ← 水圧 (または水圧差)

anond:20220131180950

いただきますも言えねえ啞だと思ったら増田でベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラよう書きよるわ

anond:20220131233720

青森存在感あるじゃん

印象が強い北海道との境にあるしリンゴがあるし

日本海側のほうが印象がないよ

anond:20220131232417

こういうのも「仕事できる至上主義」だよな。役に立たないけど仲間だから連れて行くっていうウソップ的な存在は要らないという前提がある

ロボ将太の寿司

ロボと化した将太が寿司を握る,握る。

青森がいつも田舎扱いされてムカつく

あー、また出てきたよ、青森小馬鹿にしたコンテンツが。これ青森出身の人が書いたならまだわかるけど、ツイッター見たら岩手出身らしいじゃん。なんで自分地元岩手じゃなくて青森なんだよ。訛り具合じゃ変わらねえだろ。

あいい、これは同じ北東北のよしみで許してやるよ。でも、青森が他県の人に田舎扱いされることにいい加減耐えられなくなってきた。

漫画とかドラマ世界だと、究極の田舎僻地といえばいつも青森だ。「青森工場に転勤になった。もう会えない」ってなんだよ。新幹線に3時間20分乗れば東京まで出れるぞ。いつの時代だ。

そもそも青森に転勤ってどんな会社だよ。工場なんか大してねえし、むしろ輸送費がかかってコストがかさむだけだぞ。ストーリー構成上、キャラを退場させるために青森にしてるんだろうけど、適当すぎるだろ。

上京したばかりの田舎キャラがいつも青森出身者でインチキ津軽弁喋ってるのもムカつく。「~やづ」とか言わねえし。しか実家リンゴ農家とか安直過ぎ。馬鹿にしてんのか。なんで毎回青森なんだよ。鳥取とか佐賀とか他にも色々あるだろ。

田舎田舎って、現在も住んでる人がいるんだぞ。田舎って馬鹿にしていいのは地元民だけだ。


……と青森出身者が書いてみた。そんなこと気にするなって思われるかもしれんが、毎回毎回地元がド田舎扱いされるのは普通に嫌だぞ。せめて青森を出すなら、なぜ青森である必要性があるのか、こっちが納得するようディテールまで作り込んでほしいわ。

anond:20220131180950

それだけいろいろいただきます理由を書いてるのに「料理を作った人や携わったへの感謝」が抜けてるの、増田性格や人となりが何となく推し量れてイイね

ザコン猟銃男の亡母を鳥葬にするべきではないか

どれだけ悔しがるのだろう

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん