「スイーツ(笑)」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スイーツ(笑)とは

2019-09-16

anond:20190916131240

タピオカ原宿とか繁華街行列は知らんけど、うちの近く(山手線沿線)のタピオカ屋では普通に男だけのグループもおばさんもおじさんも買ってる。

タピオカの前だとパンケーキで、その前だとなんだろう、かき氷ワッフルティラミス?インスタ文化が出てくる前から流行りのスイーツとそれに飛び付く若い女、はセットで馬鹿にされてた(スイーツ(笑)なんか正にそれで、写真を撮るためとか残すことへの批判か抜き(笑)してたから、お残しポイ捨てへの啓発みたいなんは詭弁だなーと)

2019-07-11

anond:20190710142710

昔は初音ミクとかハルヒとかまどかとかオタクが一体感を得るための流行があって、しかもそれらは俺達の手で生み出した、広告代理店にまみれた俗世のスイーツ(笑)流行とは違う!みたいなムードあってオタクこそが次なる文化担い手っていう純粋期待感があったじゃん

それ思い出補正だよ。

ヤマトガンダムの頃のオタク

エヴァスレイヤーズの頃のオタク

ハルヒけいおんの頃のオタク

まどか進撃の頃のオタクもそう思ってたよ。

そして今のオタクも今の流行を見てそう思ってるよ。

2019-07-10

最近オタク文化の閉塞感やばない?

閉塞感というのは言いすぎか、でもけもフレ2騒動Vtuber界隈のゴタゴタ連発でなんかオタク業界も結局こんなもんだったみたいなムードが漂ってない?

昔は初音ミクとかハルヒとかまどかとかオタクが一体感を得るための流行があって、しかもそれらは俺達の手で生み出した、広告代理店にまみれた俗世のスイーツ(笑)流行とは違う!みたいなムードあってオタクこそが次なる文化担い手っていう純粋期待感があったじゃん

で、今はあの頃と比べて隔世の感というか、結局金が絡むとどんな業界でも堕ちてしまうんだなっていう…オタクの一体感ミーム同性愛者や障害者をいじる俗悪なものだらけになってるし

いまもはてなだけは純粋オタク文化こそが世界を救うみたいに考えてる人多いように見えるけど、はてなの人たちにはこういう感覚ってやっぱ無いのかな…?

anond:20190710025101

演出って言葉あいまいなのが悪いね

馬鹿にされる漫画とかあるだろ。絵が下手なんだよ。

小説でもガシボカ私は死んだスイーツ(笑)みたいに携帯小説馬鹿にされるだろ。

そんなことも分からないならお前は知的障害者だぞ。

2019-05-15

慶応卒は馬鹿な女にはものすげーハイスペだと思われる

顔がいいだけのスイーツ(笑)女子釣ってパコパコするにはコスパいい

国立落ちた鬱屈した掃き溜めと、見栄っ張りな金コネアホの子しかいない大学だったがなあ

俺はチヤホヤされなくてもいいか一橋に行きたかった、あの並木道を通りたかったよ

弟は中堅の国立医学部ではない)すらうかんなかった

それでも入れるんだよなあ私立ってのは。しょせんその程度なんだよ慶応なんて

全然したことないのにな。奥さんにするなら国立出身ジェネラリストがいい

別に難関国立じゃなくていい。センター用のために多くの科目勉強して一定以上に成績そろえた安心感

2019-01-08

anond:20190107233158

スイーツ(笑)流行る前は、wのほうが煽ってる感じだったけど、ニュアンスが逆転した印象

2018-10-14

非正規たちの有休消化

来年から一定以上の有休消化が義務付けられる。正社員だけではなく、非正規までもその対象だ。そう、パートだろうがアルバイトだろうが、条件を満たせば有給休暇付与されるのであるしかし、全部で40人近くいる非正規のうちの数人に話を聞いてみると、そもそも有給休暇付与されていること自体を知らなかった。この世には有給休暇という制度がある、という事は知っていたが、自分関係のあるものだとは思っていなかったそうだ。更に詳しく話を聞いてみたところ、「何度も契約更新はしているが、一度も有休の話をされた事がない」というのである非正規とはいえ、5年超え、10年超えのベテランが15人ほどいる。その全員が今まで一度も有休をとった事がないというのか。非正規の人事を一手に引き受けている我が上司にその旨を問うてみたところ、なんとも言えない微妙な表情で「あぁ、うん…」と返ってきた。上司ホストだった。連れていかれてレイプされた。「キャーやめて!」ドラッグをきめた。「ガッシ!ボカッ!」アタシは死んだ。スイーツ(笑)

2018-08-03

そういや最近スイーツ(笑)って見なくなったなと思ったけど、まー●wwwに変わっただけか。何かもっと下品になってるな

スイーツ」という単語イメージとして元々は女性寄りだったのが、男性も甘い物が好きだということが周知されてきた結果としてスイーツが使われなくなってきたのだろうか

少し下品な言い方になってしまうけれと、まー●は一般的には男性は持てないもんね。女性純粋嘲笑える単語としては優秀なことこの上ない

2018-07-05

anond:20180705065804

これわかる

以前はスイーツ(笑)だったから流れ弾来ないし別に痛くなかった

まんさんとかまーんみたいな女という属性全体への攻撃になってからイライラするようになったな

あとこれ「男もだろ」って反論がいっぱいつくやつだよね

2018-06-24

女性エンジニアが少ない」問題表現

女性エンジニアが「やる気」を出させるためだけの存在にされてるのもあれだが、女性側の問題として挙げられている「女子トークができない」ってのも大概だよなと。

例として「オシャレなカフェが何とか~」みたいな会話が出されてたけど、昔流行った「スイーツ(笑)」と共通するものを感じた。

女はバカから女が興味あること又は女同士の会話は程度が低い、というステレオタイプを撲滅していただきたい。

2018-04-25

オタク差別批判することを、やめることにします。

 趣旨は上の通り。

 自分オタクだと自認するようになってからこっち、10年以上にわたって、オタク差別けしからんと言い続けてきた。

 ここ数年、なんとなくそれに違和感を感じることが多くなってきたけれど、それでもやっぱり言い続けてきた。でも今回はっきりわかった。

 オタク差別批判とか、ただの害悪しかない。もうやめたほうがいい。

やはりオタク差別なんて(言うほど)なかったんじゃないのか。

 

 差別というのは、権力構造に根差すものであるという話をだいぶ前にツイッターで見た。

 つまらない約束事のように映ったけれど、まじめに考えるとこれを踏まえないから、差別を相対化して見せては矮小化言葉遊びにふけるような態度が出てくるのである日本人ヘイトだの専用車両男性差別だの在日韓国人による逆差別だの、差別者以外にとってはおもしろくもおかしくもない大喜利パズルでここ何年かでいったいどれだけ無駄な足止めにいそしんでいたというのか。ちゃんベースを踏まえてこそ、くだらない袋小路にはまらないで済む。これはちゃん物理を学んでいない人がブルーバックスくらいだけに目を通しただけで「矛盾」を発見し、相間さんと化すときに似ている。

 今まで自分存在していると思っていたオタク差別は、多分差別ではない。それは、いじめであり、パワハラであり、DVである

 そう視点を変えた方が、いろんなもの整合性をもって見える。中学校時代よくいじめにあっていた同級生は、オタクじゃなかった。正確に言うとオタク「も」いた。

 でもそれは、そいつと俺が割と仲が良いから知っていた話で、きっかけは別のところにあった。運動音痴から足手まといだという扱いだったり、成績がよくて生意気だという扱いだったり、DQN憧れの男の子彼女からだったりした。

 もちろんきっかけがオタクから」というケースもあるんだろう。でも、それはこういったきっかけのワンオブゼムでしかない。それを、民族差別女性差別と並べるのは、視野が広い人間ではなくただの雑な人間だ。

 「差別じゃない」というのは、多分そういうことなのだ。そして、差別じゃないか批判対象にする必要はないという話では、たぶんない。別の枠組で批判すればいい。

 なのにもかかわらず、熱心にじゃああれは差別じゃないんだーという大喜利ばかりをしているツイートばかりが「オタクから流れてくる。いや、どうしてもそこのところをわかりたくないのかもしれない。

 わかりたくないのか、わかろうとしないのか、本当にわからないのか、どれなんだ。

 いろいろ、「オタク差別の事例」というのが流れてきた。前なら、そうだそうだと怒りをぶちあげたであろうものがたくさんある。でもそれはどれもこれも、オタク差別の事例ではない。

 

 そういうものを引いて行って、ある程度確実にあったんじゃないかと思えるのは、「マスコミを通じたもの」だと思う。特にバラエティニュースを通したもの

オタへの偏見を植え付けたのは誰?

 それで思い出すのだけど、俺の中高時代あんまりオタクがいいとか悪いとかい意識を持つことじたいあまりなかった。今思えば自分の机でいつも小説を読んでいて、たまたまホームページの話になったとき「私も持ってる」と言ったのでURLは?と何の気なしに尋ねたらそれはちょっと……みたいに返してきた女の子なんかはオタクだったんだろう。自分だって漫画は好きだったしオタクだったはずだ、今にして思えば。

 じゃあ、そこにどうやってオタクキモイみたいな「偏見」の存在を知らされたかっつーと、漫画だったりインターネットだったり、そして「オタク自身の言説」からなんだよね。

 だってバラエティ番組なんて中二病まっさかり(高校になっても中二だったので)でほとんど見てなかったし。ニュースといってもこの手の話ってだいたいワイドショーである。やってる時間学校にいるんだから見るわけがない。

 金田一少年の事件簿には、小太りですぐキレ気味になる、「オタク」が登場した事件があった。こち亀で、美少女フィギュアを専門とする「色白でアニメ好き」なオタクが登場して、硬派フィギュアマニアのつもりな両津が逃げ出すという展開が「オチ」として機能していた回があった。名探偵コナンホームズフリークの回は……さすがにこの文脈で語るものではないか(でも動機の酷さは「オタクなんてそんなもんだろう」という共通認識が背後にあるような気がする。知らんけど)。

 テキストサイト一世を風靡していたころ、オタクオタクに向けられたコンテンツは叩かれる「べき」もの扱いだった。非オタク向けの、スポーツとかファッションを語るページに迷い込んだら叩かれたという話ではない。漫画感想サイトや、漫画ゲームをメインで扱う日記サイトでの話である

 何を言っているかからない人もいるかもしれない。例えば、ラブひないちご100%やBLACK CATは、軟弱な頭の弱いオタクのためのコンテンツであり、あんものにゲヘゲヘゆってるオタクマジキモイホイッスルミスフルテニスの王子様は腐狙いコンテンツであり、あんもの(ry そういう話である。この範囲結構広くて、らんま1/2H2ぐらいでもオタク向け扱いされることがあった(もちろん、当時これらが連載されてたわけではない。あれってオタ向けの駄作だったよね―みたいな扱い)。

 もちろん彼らが持ち上げるコンテンツというのもあったのだが、この文脈実例を挙げるの風評被害しかないので避ける。俺の好きな作家作品も混じるし。

 テキストサイトだけではなく、2ch(当時)もそんな感じだった。少年漫画板とかそのへんをよく覗いていたのだが、まあ当該作品スレは愛読者が集まるのでそうでもないこともあるのだが(そうであることもある)、総合スレでのオタクコンテンツ叩きはかなり強固だったし、漫画とか関係ないジャンルの板だとなおさらだった。

 そういうものにどっぷりつか……もとい接しているうちにオタクというのは叩かれるべき存在であるのだなというぼんやりとしたイメージ自分のなかで出来てきた。これにもう一つ後押しするように影響したのが、自分オタクだと称する人が、迷惑行為や触法行為のようなものを自慢しながら、「ホラ俺たちオタクからさ」みたいに語っている文章に接する機会があったのも、ああそういう人がオタクなんだなと認識させられた。

 ちょっと話はずれるけれど、当時は、オタクマニアの違いなんていう言い方があって、オタクはそういう迷惑ものを抱えた側の人間やハマりすぎて社会に順応できなくなっている人間、というような線の引き方もあった。

 これは、あくまで俺の話である。だから、他の人がどう偏見を植え付けられたかは、また別の話があるかもしれない。でも、オタク差別を煽ったものとして、「漫画」「インターネット」「オタク自身」という声を、この話でオタク差別に怒っている人の口から出てくるのを見ないのだ。

 ここで挙げたのは、知る人ぞ知るみたいなのじゃなく、だれもが知る有名漫画リドミで上位常連大手サイトオタク文化人として今でも名前を出せば通じる、みたいなのばかりを念頭においている(まあ当時のインターネット文化そもそも、知る人ぞ知るなものでしたけど)。みんな、俺とは違う漫画インターネットを見ていたんだろうか。ワイドショーバラエティばかりを見ていた「オタク」がそんなにたくさんいたんだろうか。

 本当に不思議なのだ。あそこでこんなオタクへの偏見に満ちた報道があったんですよっ!というようなツイートは大量に流れてくるのに。

加害者としてのオタク行方不明すぎる

 これが本当に、ここ数年で疑念として大きくなった末に、今回愛想がつきた一番のポイントなんだけど。

 オタク差別を受ける構造が、あったとする。それは、ネットで語られているほどは大きくないかもしれないけれど。

 それで、今、オタクってなんなんですか、と。特にネット上では、強者、抑圧する側、差別行使する側の「集団」として機能してませんか、と。

 腐女子叩きは昔からあったけれど、女叩き、中韓叩き、などは当たり前のように横行している。時々流れてくる、弱者権利をなんとかして奪ってやろう、人権思想じたいを矮小化してやろう、という意気に満ち満ちたツイッター漫画は誰によって大量RTされているのだろう。俺のところにはだいたいオタクさん経由で回ってくるんだけど。

 趣味、という切り口でみても、オタク文化を愛好する人が自分たちと関係のない趣味なら平気でdisる光景というのはそんなにたぐいまれだっただろうか。インスタ蠅なるイラストが回ってきたことがある。そもそもインスタに投稿するのが趣味になっているような女性を叩くようなツイートが回ってきたことがある。鉄オタは「池沼」「ガイジ」であるなんて言い方もある(「」内は原文の表記尊重)。ゴルフ車など老害趣味だとバカにしていたりもする。そうそう、スイーツ(笑)なる言い回しはいったいどこのどういう人によって流行したんだろうか。「リア充爆発しろ」というフレーズに何げなく込められた、自分関係ない集団への軽視に、どれだけの人が気づいてたんだろか(だって爆発しろ」だよ。あの連中、有明に15万人集まったタイミングで奴等爆発四散しねえかなーって非オタな人が言ってそれがそっちの界隈で大好評を博したら、インターネットな皆さんの間でどういう反応が起こるか考えてみたらいい)。

 そんなオタクばかりじゃないというのは分かる。というか俺がこういう文章を書いてる時点で分かれ。でも、個の話じゃないのだ。集団としての性質の話である。あれだけ、全共闘学生運動について冷笑ぶって叩く人が追いのに、そこに気づかないってどうかと思う。あとリア充爆発しろは使ってましたすいません。

 それに、そういったところで、こんなふうにちゃんと抵抗して、こんなふうに批判して、中から自浄する動きを作りました、このコンテンツからは離れましたと胸を張って言える事例、どれだけあるんですかね?俺が、ノットオールオタクと言い続けたところで、結局「自分批判対象から外してくださいあいつらは関係ない」と逃亡する以外に何の役回りも果たせなかったから、言っているのだ。この記事は違うよなあ~こういう作風は好きじゃないなあ~こういう物言いはよくないよなあ~と個別案件に不満ごちてみせ、自分は違うと思う、もっというなら思ってみただけで、肝心なところからは目をそらしていたんじゃないか? そう思うんである

 逆に、そこに自覚的になったんだろうな、と思える人も何人か知っている。そういう人は、結局C.R.A.C.やツイフェミのようなところに接近し、そのやり方すべてに同意はしないまでも、見解思想共感するようになっていく人がほとんどだ。おそらく今回「オタク差別」に怒っている人は、この人たちを敵であり、オタク仲間と認識していないと思う。

 つまりオタク文化加害者としての側面を見ないふりするか、オタク勘定してもらえなくなるか、二つに一つということだ。

 C.R.A.C.野間氏は個人的には大嫌いだし、たぶん単にオタクが嫌いなんだとは思う。でも今回ツイート応酬を見ていて、残念ながら主張にそれなりに同意せざるを得なかったのは、こういう背景について理解できてしまたからだ。そこで突然くっちゃべられる「オタク差別」。真面目に反差別を考えている人にとっては(多分そこは真面目なんだと思う。この人)、筆算の横棒がミニ定規で引かれていないから×、レベルの見当違い感があったんではないか野間氏の真意など知らないけれど。

 

 そういえばその昔、本田透の「電波男」に感銘を受けながら読み進めていて、後半のほうで腐女子フェミニストについてはずいぶん切り捨てたような言及の仕方なのに疑問を持ったことがあった。いや、フェミニストがオタク差別している、という文脈批判してるなら理解できるんだけど、そうじゃなかったから。権利意識を持つ女性自体が許せなさそうだった。その後「電波大戦」で喪女についての話題が出たとき、対談相手竹熊氏がわりと真面目に実態について話したりしているのに、「困ったモンですね」で終えているのを見て、クジャクママユを盗み出した同級生を見る眼つきになったのを覚えている。だってそこで語られてる喪女本田氏が救済しようとしてやまない喪男と違わないのに。

 そのあとしばらくは新刊も買って真面目に読んでたの、それもどうよって話だけど。

 10年くらい前に、俺たちの麻生なるムーブメントがあった。別に政治家を持ち上げること自体は好きにすればいいんだけど、そこでは当人が積み上げた迷言失言差別発言すべからく許容し、批判したマスコミへの叩きが横行していた。正直、あの政治家のどこがいいのかさっぱり分からなかった。

 当時はオタク個人ニュースが全盛期。そういったサイト管理人は、麻生氏を擁護するまとめブログエントリを紹介しては、叩かれていて困ったものですねぇ、正論なのに、というようなコメントをこぞってつけていた。オタク気質の知り合いなども、熱心に自ブログ擁護していた。

 あれから10年たった今も、麻生氏は差別発言侮蔑発言を繰り返している。あれを見ていて思うのは、この人は息を吸うようにハラスメントをする人なんだな、ということだ。それは、昔も同じだった。だから、どこがいいのかさっぱり分からなかったのだな、と腑に落ちたのだが、同時に当時持ち上げていた人たちにとっては、「だから良かった」んだろうかしら、とぼんやり邪推してしまう。

 今回オタク差別について怒っているツイッター主の中に、表現規制反対などをめぐっての発言をしばしばしているアカウントがいくつかいる。いずれもその界隈ではそれなりに大物だと思う。そして、俺のチェックしている反対派がぼんくら揃いなのかもしれないけれど、ヘイトスピーチの言論の自由を唱え、ポリコレで何も言えなくなることを憂い、自分関係ないところでの言論の自由に興味がないかしろ規制されることを望み、性差別についての提起が出てくるとそれについて考えるより先に提起者の揚げ足を取って袋叩きにするような人たちが勢ぞろいである。さすがに全部きれいに当てはまる人は少数だけれど。そんな反差別運動別にあの界隈に限らず、そういう発想自体)が大嫌いな人たちが、当然のように主張しだすオタク差別批判、いったいなんなのか。ただ、差別社会の中で特権階級になりたいだけじゃないのか。

 そういえば、これはある程度年配のオタクということになるけれど、昔(主に90年代くらい)のバラエティはこんなにおおらかだったのに、今はポリコレがうるさいせいでつまらなくなった、というような声が時々ある。なぜか、そういうつぶやきをしている人が「昔はオタクバカにする表現に寛容でよかったなあ」と語っている声を聴かない。今回オタク差別話題になって、バラエティなどでのオタクの扱われ方という話はけっこう出てきているのに、いない。どこへ行ったんだろう。

 オタク差別、という組み合わせでオタク文化っぽいものを思い返してみると、そんな案件ばかりが、思い出されてくるのだ。

 反差別のために立ち上がったオタク、というのはそれなりの数知っている。そういう人はオタクかそうじゃないかを越えたところのつながりで、反差別をやっている。でも、オタク差別けしからん以外の「反差別」がオタク文化の中心的な動きとしてあったところを、見たことがない。差別煽り偏見煽り強者に諂い(自分たち以外の)弱者嘲笑する、そんな動きならいくつも思い浮かぶのだけど。

 あ、一つ思い出した。(反差別とは少し離れるかもだけど)フリーチベットフリー東トルキスタン

 残念ながら、反中のダシ以上のものであった記憶はないけど。ああいうの、真面目なチベット東トルキスタンにおける人権運動家に失礼だったんじゃないか


 こんな「オタク差別批判」に大真面目に同意したところで、反差別には一ミリもつながらなさそう、むしろ後退させる役割しか果たせなさそうであるメディアを通した差別はもうかなり減ってるといわれるし、それ以外のものオタク差別というくくりより別のくくりで論じた方が有意義でより広い被害を論ずることができるようだ。となるとオタク差別なるものに拘る理由はない。

 もしかしたら、こんなことは本田透の2冊目の著書におかしさを感じた時点で、たどり着かなければならなかったのかもしれないけれど。

 そういう意味でも、失敗した責任を感じる。

2018-01-10

はれのひに騙されるバカ

将来結婚式に何百万もかけるスイーツ(笑)

私は見栄っ張りの馬鹿ですと宣伝して歩いているようなもの

普通にTシャツジーパンでいけよ

2017-11-20

苺の増田ケーキが美味しい恣意緒がきー家出す魔の五智委(回文

毎日の週一の日課として

お気に入りパン屋に行くのね。

いつもの定番とか

他にも何か新しいパンいかなぁって

ショーケースを見るのが大好き!

そこにはパンの他にも

タルトとかスイーツ系もあって、

私はよくタルトを求めるの、

ベリー系のタルト特に大好きよ。

最近はそればかり食べてると頭がバカになりそうなので、

ちょっと控えて他のパンを買ってたのよね。

で、今回はパンを3つ。

いつも紙袋にまとめて入れてくれるの。

でも今日はなぜかケーキの箱も入っていて、

ここはよくたまにおまけしてくれて

違うパンダとかをこっそり入れてくれることがあるの。

今回は身に覚えのないケーキの箱。

ん?

おまけにしては箱って大げさじゃない?って

思って中開けてみたら、

赤くキラキラ光ったベリータルト

つやつやでホワイティーなクリームの上に

赤い苺が搭載されたショートケーキが入ってたの。

わお!

これちょっとおまけにしては度が過ぎてるわ。

そもそもとして買ったパンの値段同等ぐらいのおまけが入ってる。

あちゃー!

おまけしすぎ!

悪いわ。

そんな気持にさいなまれながら、

食べる苺の搭載されたケーキ

午後のティータイムにピッタリ。

食べてみると上品な甘さに

しっとりとした食感。

感動を覚えてしまうレヴェルの美味しさで

ちょっとビックリしたわ!

スイーツって幸せ

スイーツ脳なっちゃうわ。

で、事もあろうに私が買いそうにもない全く逆のラインナップで

そのおまけは攻めてくるの。

心憎いわね。

スイーツ(笑)


今日朝ご飯

ツナトマトサンドは三度までってことわざがあるように、

やみつきになる味よね。

コーヒーもあったら最高!

デトックスウォーター

ビタミンCを求めて、

果物コーナーで早生のみかんがあったので、

それとピンクグレープフルーツ

困ったとき柑橘系ウォーラーよ。

本格的に寒くなってきたから用心してね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-05-13

http://anond.hatelabo.jp/20170513221353

あの手のスイーツ(笑)って結局リアルのもの全部指してるだろ

言葉がより直接的になっただけで意味合いは変わってなかったと思うけど

2017-05-06

ミソジニーに叩かれてるのは腐女子よりもいわゆる「キラキラ女子

ツイッタープリクラ地鶏アイコンにしてるような。一昔前ならスイーツ(笑)って呼ばれてるタイプ

腐女子ももちろん叩かれてる。けど、「しょせん俺達キモオタ同類、同士だよな」みたいな感じがどこかにある。

キラキラ女子に対しては容赦ない。「頑張った自分へのご褒美(笑)」「自分磨き(笑)」「ジャニーズ(笑)」「パンケーキ女子(笑)」「かれぴっぴ(笑)」「可愛いって言ってる自分が好きなんだろ(笑)」等等揶揄されまくり

ミソジニーの他に、リア充的なものDQN的なもの馬鹿で軽薄(だと自分たちが感じる)なものには何を言ってもいいという風潮が、男だけでなく女にもそうさせている。

とくに、「自分が好きそう」なのが気に入らない人たちに叩かれてるんだろう。

腐女子というか女オタクは、叩かれることに対して反発の姿勢を見せている。

だが彼女たちはそもそも叩かれてることは目に入らない。住む世界が違いすぎるのだ。

だが、叩いてる側と共通項がないわけではない。

彼女達を叩いてるミソジニー達は、キラキラ女子はたとえば「男がおごって当然!」という思想の持ち主だと思っているようだが、はっきり言って誤解している。

そういう、プリクラキラキラアイコン達が「レディースデーって差別じゃない?男の人かわいそう」とか、「高畑裕太自分が襲われたかった。被害者のおばさん何通報してんの」とか「(新聞相談された中学生の娘にセクハラする父親に対して)お父さんかわいそう~」とか言ってるのをよく見た。

もちろん、オタクに色々いるようにキラキラ女子にも色々いる。でも上記のツイートを見る限り。彼女たちを叩いてるミソジニー達とそんなに相性が合わないわけではないと思う。

2017-01-13

私はかつて、腐女子叩きをしていた。


腐女子に恨みがあったわけでは全くない。

しろ数少ない友達腐女子だったくらいだ。とてもいい子で、とても良くしてもらった。

それなのに腐女子叩きをした。

ひょんなことから腐女子アンチサイトを見て、最初は「うわぁ…」と思ったが、読んでいるうちに面白くなった。読むのが止められなくなった。

そしてそのうちに、「多くの腐女子偽善的で独善的恥知らずマナー知らず、人の気持ちを考えず、百合NLを見下し、言い訳責任転嫁ばかりする人たち」と思うようになってしまった。

百合NLが好きな私は、腐女子に見下されているのだと感じるとともに、腐女子と違うという優越感が得られた。違わなければならなかった。腐女子マナー啓発動画サイトなど「味方」はいっぱいあり、腐女子側の「百合NL自重はどうなんだ」という反発も「腐女子はすぐそうやって責任転嫁するwww」と言っていればよかったから。

腐女子アンチスレにも常駐した。自分レスを褒められることもあって、嬉しかった。

だが、その腐女子アンチスレはたびたび女叩きの流れになった。それが不愉快だった。

ちなみに腐女子叩きの前は恋空叩きにハマっていた。流行っていた「恋空」を読んだばかりの時は、評判と違って泣けなかったが、特段ひどいとも思わなかった。

ネット恋空が叩かれているのを見て、泣けなかった自分優越感を感じるとともに、恋空を好きな同級生たちを「スイーツ(笑)」と見下して優越感に浸れた。また、この作品に傷ついたという強姦被害者の話を読んで、青少年の性の乱れを危惧するレビューを読んで、恋空叩きは正義なのだとすら思った。恋空を叩くレビュー面白いし、優越感にも正義感にも浸れていいことずくめだった。

今はツイッター腐女子の方たちと交流して、自分も少し腐ってBL二次創作を読むようになった。だが腐女子と名乗ることは怖い。どんなに、同じ腐女子を含む話の通じない人たちのバッシングに晒されるかを知っているから。自分がかつて腐女子の方にしてしまったことは消えない。今は自重押し付けには反対だし、腐女子の方が少しでも自由創作できるようできることはしたいと思う。

また、恋空についても、かつては「こんなスイーツ(笑)映画に感動とか日本オワタwww」と思っていたのが、今では恋空に感動している人を見ると「汚いネットの評判に毒されない人がまだたくさんいる」と日本希望を持つようにすらなった(まあ恋空叩きブームはとっくに終わったんだけど)。

多分、女叩きや韓国叩きをしている人たちも同じなんだろう。大勢でその対象を叩くことで多数派安心感、悪い集団を叩いている正義感自分はその集団とは違い優れている、周囲の人たちよりわかっているという優越感、単純な愉悦を得られる。更に「自分たちがその集団から迫害されている、見下されている」という被害者意識が合わさる。同士や自分が書き込むごとにどんどんヒートアップするのだ。

この場を借りて、腐女子恋空ファンの方達には深くお詫びしたい。

2015-08-09

リア充スイーツ(笑)意識高い

表現が変わっただけで、全部言ってること一緒じゃねーか!

非リアで非モテクズ人間が、自分とは違う世界にいる人間を見て、

そのモヤモヤした劣等感に対して、「俺が(俺たちが)正しいんだ!」的な、

ただ屁理屈揚げ足取り正当化してるだけじゃねーか。

次に流行ルサンチマンワードが非常に楽しみです。

2015-07-29

[]2015/7/29

スーパー幼女母親魚肉ソーセージをねだるだろうなと思って店内一周して売り場に戻ってきたらやっぱりねだっていた。

でもガン見するのもおかしいので店内もう一周してきてまたさりげなく眺めた。

場面転換。

山の中腹にある自然教室っぽい建物で起きると水道がちょろちょろ出っぱなしになってて、あー水道代もったいなかったなーでも水道代なんて大したことなから大丈夫かと思った。

ふと窓を見ると自然観察?にきてるっぽい体操着ブルマではなく赤いクォーターパンツ)の女子中学生が3人いるのが見えた。

みんなそんなに可愛くはなかった(でも明晰夢だったら何かすることを即座に考えるレベルではある)。

でもせっかくだから自分が見ていることがばれないように隠れながら彼女たちを見ていた。

ほどなくして彼女たちが帰り始めた。

帰る先は建物の表側の上り坂になっている山の上の方っぽかった。

今度は自分建物から出て体勢を低くして彼女たちを追っかけていった。

でも途中でバレて、3人の中で一番マシな顔の女の子がこっちにきて、怒った顔で俺に「これ以上ついてきて変なことしたら通報するよ」と言ってきた。

場面転換。

海辺っぽいところでその怒ってた女子となぜかいっしょにいた。

ボートだか車だかが女子につっこんできてその女子は死んだ。スイーツ(笑)←ほんとにこういう感じがした。ネタではなく。体感としてスイーツ(笑)を感じた。

ボートだか、ってのは最近モンキーターン読んでるからだと思う。

たぶんほんとは場面転換のあたりにもっと脈絡のあるつながりがあったと思うんだけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん