「空気嫁」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 空気嫁とは

2017-05-19

http://anond.hatelabo.jp/20170519011042

お前は空気嫁ないんだから空気なんて読むな。ADHDじゃない奴らだってよーーーく観察してみると、全然空気読んでないわ。

就活なんて確率論だよ。10会社があれば欲しい人材10通り。

話が頭に残らないのは要改善として、ADHDからなんだっての。

ADHDじゃない奴らを定形発達者って呼ぶけど、アイツら「アイデア出せ」って言われると何も出てこないし、過集中(過集中の意味はググれ)にも入れない欠陥品だぞ。

何ができないのかを考えてウジウジしてる暇があったら、お前に何ができるのか必死に考えろ。

2016-08-17

『なないちゃんとあそぼ!』で素人童貞より先にVR童貞を捨てた話

当方彼女いない歴=年齢の絵に描いたような30歳素人童貞

エロ技術を切り開くなどとはよく言ったものだけれど、ことアダルトVRについては、必要機材がまだまだ高価なので知見が集まりづらい。それにエロいものはおおっぴらに書きづらい。

なのでこの場を利用して、幸運にもコミケで『なないちゃんとあそぼ!』を入手できた貴重な一サンプルとして体験記を残しておく。

『なないちゃんとあそぼ!』とは

今夏開催されたコミックマーケット90で頒布されたVRアダルトゲームである。先日開催されたアダルトVRフェスタ話題になったタイトル、と書けば覚えている人も多いはず。

プレイヤーの動きを空気嫁(に取り付けたスマホ)が検知して、空気嫁の代わりにVR空間内に映し出されるなないちゃんが感じてしまうという未来志向ゲームだ。

公式サイト

下準備

準備するものが多すぎる。人によっては既に持っているものもあるのだろうが、準備するハードルはかなり高い。

当たり前だがまずソフト必要コミケは終わったが現在とらのあな通販などで買える模様。3000円。

ダウンロード販売などが行われるかは不明

  • ゲーミングPC

グラボ:GTX970以上、CPU:Corei5-4590以上、メモリ:8GB以上。まあVRヘッドマウントディスプレイが動くスペックだが、イコール現状最上スペックのゲーミングPC必要となる。一から買ったら15万円以上すると思った方が良い。

なおGTX1070、Corei7-6700、16GBでプレイしたところ、問題なく動作した。

Oculus RiftまたはHTC Viveが必要。8万円~10万円くらい。なないちゃんのパッケージにはスマホ動画も同梱されているが、スマホでは遊べないので要注意。

動きを検知するためにiPhone4s以降、またはAndroid4.2以降のジャイロ付きスマホ必要アプリを走らせるわけではないので何でも良いかと。

最高級のゲームには最高級のセッティングをしないと失礼だと思い空気嫁調達することにした。とはいえその道には詳しくないので、とりあえず店頭で目についたラブボディヒナという嫁を購入。諸々合わせて6000円ぐらい。

この空気嫁がすごい!といった情報は随時募集中です。

準備

ここ何年も海に行ってないのに、ようやく膨らませたのが浮き輪じゃなくて空気嫁……。こんなことでいいのか30歳の夏……。

番長くてつらい時間

固定方法を悩んだ結果、テープで固定した。スマホポケット付き制服あたりを公式通販すべき。

どうやってスマホを連動させるんだ?と思いつつソフトを起動するとまずはバージョンアップ要請

それを済ませてから画面に表示されるアドレススマホWEBブラウザに打ち込むと、スマホコントローラと化した。

アプリなしにこんなことできるのかと驚き。画面長押しでゲーム開始。ゲーム中に短く押すとなないちゃんの位置リセットができる。

プレイ

一分で果てた。

感想

上記の通り、非常に実用性が高い。

果てた後にいじってみたところ、嫁(スマホ)を横向き、下向きにするとなないちゃんも連動してその通り動く。またVR空間内に浮かぶボタン視線を持っていくと、下着・制服の着脱も可能だった。こういったところでプレイバリエーションを出しているのだろう。試せなかったが。

要望としては、位置調整機能を早急に導入してほしい。どうにも空気嫁との位置ずれが発生してしまう。位置リセットを行っても最適な位置にはならなかった。

またタイトルにしている以上は変えられないのだろうが、他のキャラや、せめて服装の追加アップデート検討してもらいたい。プレイ密度が濃いとはいえ、3000円のボリュームとは言えない内容なので。

なんにせよアダルトVRの未来は明るいと感じた。素人童貞を捨てる日は来そうにないので、VRヘッドマウントディスプレイがどんどん安価になって普及して、じゃんじゃんVRアダルトゲームが出れば良いと思う。


(2016/8/18追記)

再度仕様確認というかワンプレイしたことで、位置リセットのコツが分かった。というかリセット仕様理解していなかった。

スマホの画面を押すことで機能するリセットは、てっきりスマホの設置位置になないちゃんを表示する機能だと思っていたが、実際はヘッドマウントディスプレイ位置に応じて好きなところになないちゃんを表示する機能だった。これを駆使することでなないちゃんと空気嫁の一体化を果たすことに成功したわけである捗る

というわけで位置調整機能の導入は不要だった。

2016-08-09

聞き上手って言葉はあるね。

anond:20160808230448

 

共感力とか言う言い方もある。

発達障害を調べていくうちに逆に共感能力が高すぎる人の存在も判明して、学名がエンパシスト?とかなんとか、つけられてた。

ただ「ノーといえる日本」でイエスマンがわりと強くdisられてたからそこで立ち消えたのかなという感はある。

女性とか日本人とか老人とかに特有共感能力、その上での感想アドバイス(=友人カウンセリング)はお金にはならなくても役に立つものだと思うよ。

若い男性からすると空気嫁かいうのが同調圧力に見えてしょうがないみたいだけど別に全員がそれをしなくてもうまく分担できればいいんだけどな。

2016-07-11

TENGA社は早くHTC viveに対応したアタッチメントを売りに出せ

HTC viveのコントローラ位置トラッキング精度はすさまじく、例えば定番ゲームであるところのフルーツニンジャVR版ではコントローラを刀に見立てて飛んでくる果物をばっさばっさと切り刻むことが出来る。

このトラッキング機能を生かして、オナホールなどにコントローラを取り付ければどうか。

そうすることにより、「VR空間内に女の子」を演出することが可能になるのである

当然の如くコントローラを動かせば女の子も動く。これぞヴァーチャルリアリティである

今のところviveコントローラは棒状にデザインされている。これを例えばエアドールの背面に挿すような形にしてみたらどうだろう。エアドールは透明なので、トラッキングを妨げることなリアル空気嫁を実現することが可能になるのではないか

ってか、既存のエア嫁に一つ取り付け用のマウントを付けてくれるだけでいいんだよ。

どこかの会社さんがやってくれねえかなあ。ソフトはワイのほうでつくったるさかい

2016-07-03

小説で読んだ風景リアル体験した。

とある小説で、大学生の男3人が車で高速を行く道すがら音楽聴く

この風景を読んだことがある。

  

俺は全然友達かいたこと無い奴だったんだけど。

今日、不意にこれを体験した。

  

正確には大学生ではなく、20中ごろ。男3人ではなく、女1、男2だ。

普通に家具店に買い物に行くだけだ。

  

音楽がかかり、高速を走る。

俺は、感極まってしまった。

俺の人生にもこんなこと本当にあるんだなって。

  

うれしくなって、「俺、この風景小説で見たんだけど、絶対ネタだと思ってた。小説特有のありえない盛り上げでしょって」

そしたら、2人は不思議そうな感じだった。よくあるよーっと。

  

ああ、これなんだなって思った。

ネットではリア充のうんたらってよく言われるし、そういうのは別世界の話だと思ってたんだけどさ。

うれしすぎて嬉しすぎてたまらなかった。

  

2人は洋楽とか、でんぱ組とかを選曲する。

俺は『カゲロウデイズ』とか『シリョクケンサ』とかボカロ曲をチョイス。

空気嫁よといわれて、『ヘドバンギャー』や『loose yourself』なんかに変更。

  

なんと、その流れでデパートの中の飯屋で飯まで食った。

小説でやった流れの通りだ。

正確には小説では高速のパーキングエリアで飯食ってたんだけど。

でもでも、ほぼ同じだよね。

もう、飯も異常にうまかった。感動しすぎてて。

まるで夢の世界だ。

俺の人生でこんなことがあるとは。

2016-04-12

「察する」文化

優れてるようで、実はとんでもない傲慢自己中心的な酷い文化ではないか。

「察して」行動したのに「余計なお世話だ」とか、ただただふんぞり返って「察しろ」とか。

少し前に流行した「KY」「空気嫁(読め)」も同様。

傲慢じゃなかったら何というのだろうか。

2016-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20160220112047

>日本語母語

冗談抜きで中国ベトナムあたりに行って嫁を探せばいいのにと思う。

財布としてしか見られないなんて嫌やーと思うかもしれないが、

経済力が有るのは男性として立派」という価値観が残っている世界もあるにはある。

それで評価されるんだから悪いことじゃない。


はっきり言うが、そんだけやって縁がないってのは

元増田コミュニケーションに何か難点が有るんだよ、きっと。

からこそ尚更外人結婚しろ

「言わなくても解れ」「空気嫁」を前提にしている日本人恋愛コミュニケーションが向いてないんだよ。

言いたいことをちゃんと言わないと通じないが故に、コミュニケーションがとれて上手く行く国際結婚は多い。

2015-06-14

工場勤務の魅力

何事もビッチバッチリ決まってて糞ジャップ特有空気嫁みたいなのが一切無い。

もちろんサービス残業も無い。

今ではほとんど機械化されて往年の3K呼ばわりとは対極の世界待遇もよい。

2015-05-16

空気嫁

脳は他の脳に対し良い意味づけを行え

それを続けて発展しろ

それ以外意味ねえから

2015-05-05

今の日本頭脳の凄まじさで空気嫁ってことだろ。

2015-02-06

オープンマインド自己開示

http://anond.hatelabo.jp/20140807180608

自分場合、相手に隠し事があると会話がちぐはぐになる。

たとえば、「相手の仕事適当すぎて(マジか…)と思ってるけど、立場的に上の人なので指摘や改善できない」場合とか。

何気ない日常会話とかでも(いらいらを抑えているため)すごくちぐはぐになったりする。

亀だけど。

おまおれ。

若いときに、空気嫁!良く考えてから話して!とか言われてて、過剰になりすぎなクセがついた。

自分も傷つきたくないし、人を傷つけることもしたくないし。

相手を傷つけまい、と思って、言葉を選びすぎていると、結局、言いたいことが伝わらない。

最近

ある人に自分コミュ力、対人関係らを相談をして 

「私は、言葉足らずなもので…」というと、

その人から

『結局、心を開いていないから、話せないんでしょ』

 『増田君は、言葉足らずだからって言うけど、今、充分話せているじゃないか』

と、指摘された。

言葉足らずになるケースとして、

  1. 信用していない相手なので、自分の弱さを見せたくない。
  2. 非難されたくないの、相手を傷つけまいとする
  3. 立場経験がが異なる人には、感じ方が異なるので、どうせ、私の言葉など聞いて貰えない
  4. 変な人って思われたら、どうしよう。

…と考えて、自分の感じていること話すことを避ける。

ほどほどの謙虚さとほどほどの自信がいるのかな、と。

2014-11-18

http://anond.hatelabo.jp/20141118121507

というテンプレで返しそうだし

ここに無自覚なのが差別につかながるんだなぁ。

そのブログ該当の箇所読んだけどそこではっとするか、俺の感覚が正しい、こいつ空気嫁ねぇ、で切り捨てるかが分かれ目だよな。


自分普通にしてしまいそうなことはOKで悩んでいる?人に暴言吐くっていうのは感心しないぞ!

2014-08-20

http://anond.hatelabo.jp/20140820111651

自分は、年上でも年下でも男でも女でも、他人に対しては全部基本的敬語を使うようにしている。

いつまでも他人行儀であると言われます

空気嫁!みたいな事言わずに、思った事を相手に要求したら如何ですか?

2014-07-27

*[街コン]恋する箱根開運パワースポットバスツアーに参加してみた

最近の閉塞した人生を少しでも変えようと街コン参加を決意して、色々と調べたら大変面白いイベントへ参加出来たのでメモがてらレポを残しておく。ちなみに筆者は男です。

ラブワゴン?な日帰り旅行

まずは簡単に旅行概要を紹介。

09:00 小田原集合

10:30 ガラスの森ミュージアム

12:00 ザ・プリンス箱根で昼食

12:30 同会場でマッチング×5回(各7分?)

14:30 九頭竜神社へ出発(徒歩)

15:15 九頭竜神社参拝

16:00 ザ・プリンス箱根帰還、自由時間(30分)

17:30 小田原解散

http://www.koisuruhakone.com/

から夕方まで分刻みの忙しいスケジュールだが、箱根パワースポットバスツアーの名に相応しい要素を抑えていると思う。

参加費は、男性\16,800、女性\9,800と、中々にツボを突いた値段設定と思う。

先制攻撃チャンスの出発前

集合場所小田原駅箱根湯本で無いのは個人的に残念なものの、新幹線の駅もあるしロータリーも広く妥当な所だろう。

バスの前に行くと受付で名前を告げてバス座席順決めのための最初のクジ引き(マッチング①)。バス座席は左右2列ずつの普通観光バスで、窓際女性、通路側男性となるよう番号で決められていた。覚悟していたとは言え、狭い空間初顔合わせの男女で二人きりという状況は、中々のスキル要求される。さっそく仲良く話始めるペアもあれば、気まずそうな沈黙に包まれるペアもある。もう戦いは始まっているという事だ。15分ほどでひと通り集合・出発。

ガラスの森へ出発

バス箱根山道を左右に揺らしながらガンガン進む。出発時に参加人数が40弱である事が発表された。(しかし、驚愕の発表として、うち男二人が集合場所新宿勘違いして集合出来なくなるハプニングも…。ちなみにこの二人は頑張って昼食から合流してました)

道中最初自己紹介タイム。全員にプロフィールシート表が配られていたが、これがわかりづらい!A4の厚紙に合計12箇所の記入欄があり、それぞれに名前仕事趣味といったことを書く欄があるシートとなっていた。はじめは全てに頑張って記入し、切り取って相手に渡していくのかと思ったが、実はこのシートをそのまま異性に渡して、その異性にプロフィールを書いてもらうという仕様となっていた。つまりツアー終了時には12人分の異性のプロフィール自分の手元に一つのシートとして残るわけだ。ともかく一人目のお相手に書いてプロフィールを書いてもらって、それをネタ雑談を進めていく。その他にはジャンケン大会などを行いながらほどなくガラスの森へ到着した。

グループ行動でヴェネツィア芸術を堪能

バス内で事前に8チームになるようクジ引き(マッチング②)を行って、4~6人ずつでガラスの森へ。夏休み突入直後ともあって館内は子供連れも多く気恥ずかしい。しかし大変天気も良く、美しいガラス細工を見ながら館内を鑑賞。途中、グラスハーブなどによる生演奏が開催され、柔らかくも美しい音色に聞き入る。実に良い経験をさせてもらった。散策時間は約1時間ほどだったが、ゆっくり見てまわるには少なすぎる。チームの互いの紹介もままならない状態でバスに帰還となった。バスに戻る際に再び座席決めのクジ引き(マッチング③)で先ほどとは別の異性と相席する。プロフィールを交換しながら雑談しているうちに次のザ・プリンス箱根へ程なく到着した。

昼食は高級ホテルパーティー会場でビュッフェ

ガラスの森と同じく、バス内で事前に8チームになるようクジ引き(マッチング④)を行って、ザ・プリンス箱根パーティー会場「相模」で昼食。食事はビュッフェ形式で、ビーフシチューパスタピザドリアサラダスープカレーなどなど、種類は豊富。食事の量も人数分しっかり確保してあり、後半メンバが足りなくなるような事はなかった。ただ、全体的に味付けが濃く、夜のお酒を片手に行うパーティー向けなのは少々残念。飲み物ソフトドリンクとしてオレンジジュース烏龍茶が用意されていた他、アルコールビールワイン焼酎とこちらもホテルパーティーらしい品揃え。全体的には過不足ないが面白みも無いメニューだった。ただし、ピンクカレー。テメーはダメだ。食事中にツアーの目玉の一つである専門の占い師による無料占い整理券配布が行われる。先着順ともあり、女性の皆様は一斉に整理券ゲットに走っていた。すぐに順番に呼び出しがかかり、個別ブースタロット占いを行ってもらっていた。一人5分弱?くらいと思われる。食事は20分ほどで終了。ちなみに途中で新宿野郎たちも合流していた。ホントに来たよ。ある意味尊敬する。

戦場マッチングタイム

食事もそこそこに、マッチングタイム開始のアナウンス。ちなみにこの間も占い呼び出しは続行中。まずは女性がクジ引き(マッチング⑤)で席替え。食事の時とは違うメンバでマッチングタイム開始。円卓のテーブル内で男女4~6人の円テーブルを囲みながら1回7分ほどのコミュニケーションを取っていく。ただ、例のプロフィールシートを書くのに忙しく、大半の時間が記入に消えてしまう。書き終わっていざ話を盛り上げようとしても、あっという間に時間終了で、ろくに会話が出来ないのは残念すぎる。時間経過後は、男性のみテーブル移動。クジでは無く、男性の自由意思でテーブル選びを行う。熾烈な争いの場だ。途中休憩をはさみつつ、合計4回の移動(マッチング⑥~⑨)でコミュニケーションを取っていく。正直後半はダレて来てプロフィールシートを埋める作業になりつつあり、顔と名前が一致しなくなる。ある意味、ココでどれだけ集中力を持続させ、最大のパフォーマンスを発揮するかが求められるだろう。

お楽しみ抽選会と本命カップリング発表

戦いの余韻を残しながら、アンケート記入タイムへ。Webに掲載されていた前回開催時の率直なアンケート結果を事前に見ていたこともあり、割と辛辣な事も書きつつ良い機会を用意してくれた事に感謝を表明しておく。

その後はお楽しみ抽選会で、箱根温泉入浴券や箱根水族館チケットさらには\30,000相当の箱根宿泊券など、開催規模から考えたら中々の商品が当たるジャンケン抽選会。箱根観光協会の本気と実力が窺い知れる内容だった。

そして時間運命カップリング発表へ。カップリング決めには、各人に配布された希望シートへ第3候補までの異性の名前を記入し、お互いがマッチすれば晴れてカップリング成立となる。今回は合計8ペアのカップリングが成立となった。参加人数が40人弱であるため、成立率は約40%となる。街コンとしては驚異の成立率だろう。ココが一番の盛り上がるシーンのはずだが、人間は素直なもので発表が進むにつれ場の空気は大変重くなっていく。最初のペアが発表された時は気軽に拍手の祝福があったが、最後のペア発表時は本当に悲しいくらい弱々しい拍手だった。今日一日の戦果が決した瞬間である

天国と地獄の九頭龍神社参拝

見事カップリング成立した8組が先行しつつ、徒歩で九頭龍神社参拝へ。片道30分ほどの距離。カップリング成立したペアはお互いの親睦を深めつつ長い道のりをゆっくり進む。逆にカップリング成立しなかったメンバはフリー移動で続いて神社へ。ココでさらに声をかけて仲良くなる人もいたようだが、やはりカップリング不成立の壁は大きい。中には孤立する人も抱えながらゆっくり神社へ歩を進めていく。午前中の快晴と打って変わって深い霧に包まれた芦ノ湖を見ながら程なく神社へ到着し、順番に参拝を済ませていく。途中、白装束に身を包んだガチの参拝者もいらっしゃっており、無作法人間が多く参拝していた事が少し申し訳ない気になった。道中は特にマッチングイベント等は無く、カップリング成立者と非成立者で明確に天国と地獄が別れた時間だったと思う。

気怠い中での解散

ホテルへ戻った後は30分余りの休憩、おみやげタイム。気の合う人たちはラウンジお茶を楽しんだりしていた。また、主催者バルコニーに出てアンケート結果らしきものを眺めながら一日の反省会をしていたようだ。

帰還のバスも自由着席でカップル同士や同姓同士、ボッチなど様々なスタイルを反映しながらの道程で、一日の戦果を客観的に教えてくれるものだった。小田原到着後の解散もあっさりしたもので、2次会らしきものに行くメンバも見当たらないまま流れ解散となった。

所感

批判的な所も書いたが、率直な感想としてツアー代金以上の価値があると思う。ある程度運も要求されるが、前半のバス搭乗~食事までは異性と強制的にゆっくりと話す時間が設けられており、ココで気の合う異性を見つけられた人がカップル成立となっていったのだと思う。特にガラスの森は女性受け抜群で、適当に会話をあわせるだけでコミュニケーションをとれるので口下手な人でもネタには困らないだろう。逆にマッチングタイムの忙しさが際立ってしまったのは残念で、正直自分はココで会話した異性の印象はほとんど無い。1日で最大多数のマッチングを取るためには致し方ないが、もったいない気がしてならない。

参加者の質としては、男女ともに2割くらいがハイスペックだったと思う。容姿だけで無く、年齢や仕事など総合力に優れる人はやはりカップリング成立となっていた。自然の摂理とは言え自分が鋭く評価されるものであるため、結果をどのように受け止めるかが今後にも繋がってくると思う。カップリング不成立だった人は不満タラタラだと思うが、今日1日で同姓のドコが評価されていたかを観察できたのでは無いだろうか。今日の結果を踏まえて改善出来なければ今後には繋がらないという残酷なまでのメッセージをだと思う。

逆にカップリング成立した人たちに対する九頭龍神社参拝は、一日の熾烈な戦いに勝利したご褒美だろう。都合2時間弱の時間強制的にペアを組んで行動するため、コミュニケーションを深めるにはうってつけだ。神社のご利益も相まって、主催者の狙い通りの展開となっていた。

主催者側については、箱根観光協会ならではの趣向で楽しませてもらったと思う。ただ、全体的に手作り・手探り感が拭えず、進行もわかりずらい点が多々あった。今後に期待。

傾向と対策

主に男性視点。まず身だしなみは大変重要と再認識。だらしないシャツ着てるヤツは論外。目立つだけの服装もNGコミュ力はどうしても要求される。主催者側はマッチングプロフィールシートできっかけ作りに腐心してくれているが、結局はそこから会話に繋げられるかは参加者自身問題だ。会話が続かなかったり、トンチンカンな受け答えしている限りカップリング成立は夢のまた夢。イケメンカワイイ子をゲットしていくのは当たり前と了解した上で、いかに自分土俵勝負するかが問われるということだろう。ただ、参加者の質は本当にピンキリなので、最上でなくとも中の上を意識して目指せば、カップリング成立はそれほど難しく無いのでは無いだろうか。

あと女性側へ。30後半は正直厳しい。ともかく、男女問わず空気嫁

必須アイテム

LINE用意しとけ。友達追加の機能くらい使い方覚えておけ。

その他

箱根なのにエヴァネタほとんど通じなかった。

2014-06-24

http://anond.hatelabo.jp/20140624151342

マジレスするとオナホはあくまで自分の手の延長線上にしかないのに対し

例え昏睡状態でも生身の人間相手だと抱きついたりできるというのがあるし、重量があるので突いている実感があるし、何より半受動的に快楽を与えてもらえるという属性があるので

まるで比較にならない。

から空気嫁だのドールダッチなどという道具が生まれるのであって。

なお当方ドールダッチ相手にしかしたことがない童貞のもよう。

2014-02-27

ヤフーは言うほど爆速ではないという元担当だった人の投稿を見かけた

先日、こんな記事が出た。

ヤフーのeコマース革命は第2フェーズへ~小澤氏らに聞く、人員が増え続けても「爆速開発」が可能な理由

http://engineer.typemag.jp/article/bakusokukaihatsu

しかしながら、こういう記事は良いように見えるようにしか書かないのも事実

実際のところ、どうなんだろうか。

気になった投稿があったので拾って個人が特定できないように書き換えてリポストする。

わたし、ほんと合わなかったんだろうなー(笑)わたしは今のところでがんばるよ。

元からスピード遅かったじゃん。「速度が落ちてません」ってどうなんだ?
人数増えたのに落ちてない、元から遅かった=低下してんじゃんって読めるんだが。
ペットボトルの例は「言われたことだけをやってればいいという風土兵隊を育て続けてしまった弊害」ということでしょ。
「水をこぼれるのを防ぎたいんだ」ということまで言わないと意図を読み取れないのってどーなの?
「俺たちがやっているのは終わらない文化祭だ」社畜乙!
と、つい、考えてしまった。
仲間を仲間と思わず敵にしてしまって出し抜くような人が多かったですからね。
配属されて部署に行った時に所属するチームに席がなかったとか、
OJTが昼からしかこないしなにも教えてくれなかったとか、
先輩の企画さんにいじめられたとかあったけど、
そんなもんかねーと思ってたし。
鈍感力に優れててほんとうによかったと思ってる。
したっぱ(というと聞こえは悪いかもしれないけれど)同士は敵いなかったんだよ。
いろんな機能のたくさんの開発さんたちと仕事してきたけど、みんな協力してくれたし。
開発としゃべると話が早くて超楽だったし。いちいち確認する必要なかったからね。
いい意味空気嫁仕事できてた感はある。
制作メンバーとも仲悪いとかなかったし。
去年の誕生日は開発メンバーバースデーカードくれた。うれしかったな。
昔いた企画の人の中にはいまだに飲みたい人たちもいるし、いい思い出もたくさんあるんだよ。。。

ほんと残念だよ。
最終的には、あそこにわたしの居場所はなかったし、居場所を得ようとさえ思えなかったからね。

修羅の国で修業したい人には良いところなんでしょうね。

でも、きっと、長く続かない。

2014-02-04

http://anond.hatelabo.jp/20140204145434

ごく一般的な傾向として、縞パンって「すごく子供っぽい」という評価なので

それこそコスプレでもしない限り、20台以上で普通に穿くことはまずないぞ…

まあ旦那側の趣味なんだろうが、そんなもんを穿かせるとかはっきり言って異常だし、要求されたからってハイハイ穿く方もかなりおかしい。

そしてそれ以前に「週末に泊まっていった嫁と子供」の洗濯物をどうして火曜日に干してるんだって言うツッコミどころもある。

故に、単身赴任ではなく独身(それも年齢=彼女居ない歴のダメタオヤジ)で、嫁は嫁でも空気嫁だろうと考えるのが妥当

2014-01-24

ちょっと誰か聞いて

朝晩、ちんこが勃って仕方ないw

職場で抜くわけにも逝かないしどうしたらいいの笑

空気嫁でも買ってくるかな・・・子供が見つけたら酷いけどw

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん