「鮮魚」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 鮮魚とは

2017-09-20

anond:20170920130816

去年あたりからコンビニが小型スーパー化してきているのをご存じない?

野菜だけでなく鮮魚精肉も並び始めて値段も近隣スーパー並みに下がってきてるのに

2017-09-19

anond:20170919071102

ワイドショーなんかでもその言説で定着しているようで

スーパー鮮魚コーナーのおばちゃんが客にそんな説明しているのも見た

2017-07-30

家族の思い出

 風呂掃除をしていてうっかりゾーンに入った。

タイルの目地を狂ったようにタワシで磨く行為を1時間程続けていたのだ。汗が眼に入った。脇から流れた汗がTシャツを通って腰に伝った。今日はよく晴れていて、風呂の窓からは蝉の声がシャーシャー聴こえてきた。頭の位置を変えたら酷い立ちくらみがして、大きく長い息を吐いた。

普段まったく家事をしない。必要に迫られないとしない。そして「必要に迫られている」と感じるのが人よりだいぶ遅いようで、自分でも呆れる位、家事をしない。

今日、年に何度か訪れるこのうっかりゾーン最中、あることを思い出した。

以前、同居人がいた。2年と少しくらい一緒に暮らしていた。

同居人家事全般、とりわけ料理が得意だった。事情があって一緒に暮らしはじめ、事情があって家事はあまり分担せず同居人が一手に引き受けていた。家事が好きだから、好きな方がやればいいじゃない、と同居人はよく言った。色んな事情があったので、バランスを取るために自然とそうしていたのだと今では思っている。そして実際うまく機能していたと思う。

それでもたまに、何から何まで申し訳ないなと思うことがさすがにあった。そんなとき今日のように風呂タイルの目地を磨いたりしていた。家事が苦手な人の特徴なのか、自分の特徴なのかは知らないが、いったんやり始めると今日のようにうっかりゾーンに入る。一時間や二時間、平気でタイルを磨いていた。

そんな時よく同居人背中から声をかけてきた。「お茶のみませんか」「居酒屋さんごっこしませんか(揚げ物とビールを準備しているとき)」「お蕎麦屋さんごっこしませんか(日本酒卵焼き、板わさを準備しているとき)」。

背中から鬼気迫るものを感じていたのだろう。無理にとは言いませんけど、区切りませんか、そんなニュアンスだった。そんな時はたいていハッと引き戻されて「するする」と犬のように尻尾を振ってタワシを投げ出して、いい匂いを嗅ぎながらタオルで濡れた身体を拭いた。

今日タイル磨きをやめるタイミングを掴み損ねて、立ちくらみを味わいながらそんなことを思い出した。

 かつての同居人とは、何故かあるタイミングでお互いの事情が一致して暮らし始めた。

行為は付かず離れずしていたが、恋人ではなかった。友だちとも違った。同じ家で暮らして、一緒に起きて、一緒に食べて、一緒に眠る人だった。子供ができたらいいね、と年に何度か言い合うことがあった。動物として自然の流れでそうなったらいいね、という意味だ。自分同居人も、お互いについての感情は「たまたま一緒の檻になったライオン」のような温度だった。

恋愛感情が無かったわけではなくて、持っていた頃も多分あった。お互いそうだと思う。ただいろんな事情理由があって、結婚選択肢に入らなかった。それぞれが別の異性と遊んだりすることもあった。「浮気してくる」「異性と交遊してくる」と言って出かけることもお互いあった。気をつけてね。何時に帰るの。お互い自分自身をそんなに素晴らしい人間だと思っていない同士、そんな生活に不満は無かった。一緒に暮らし続けた。

 もちろん人間感情はそんなに陶器のようにツルンとしてないようで、色んな諍いはあった。お互い思った事を口に出す人間では無かったので(悲しいことだと今では思う)、喧嘩にはならなかった。言い争いの代わりに、子どもや猫のような抗議をお互いよくした。突然夜中に居なくなったり、家に帰らなかったり、メールに返信せずに心配させたり、寝たふりをして返事をしなかったり、料理をしなかったり、料理を食べなかったり。そんな小さいギザギザは数ヶ月に一度あった。それでも同居人とは同じ檻同士、基本的に信頼しあっていた。お互い求められた通りの心配をした。夜中の公園真冬に探し回ったり、帰ったら好きなお酒料理音楽が準備されていたり、心にもない優しい言葉をかけたりした。どうせ仲直りするのはお互い分かっていた。早くしたいとお互い思っていたのだ。諍いに限らずあらゆる事が、始まり方は子どもでも終わり方は大人だったと思う。

 一緒に暮らしから色んな事が変わった。そして、これは自分にとって驚くべきことなのだが、色んな事を学んだ。

まず、健康になった。皮膚や髪の毛の質、睡眠の質が変化した。これは食事がガラッと変わったので当たり前なのかも知れないが、自分には驚くべき事だった。風邪を引いたり、一日寝て過ごす事も減った。同居人が酒好きだったので、自然自分の飲む量は減った。酔っ払いが二匹居ては収集がつかないと思ったためだ。伴って体重も減った。

趣味世界物事視野も広がった。同居人にとって当たり前のことは、初めて知る事ばかりだった。色んなモノが世の中にはあること、それぞれの用途のこと。野菜ジュース野菜代替にならないこと。直火炭火焼きの違いのこと。季節の食べ物のこと。いろんなお酒が世の中にあること。いろんな方言のこと。悲しいとき運動をするといいこと。泣きながらご飯を食べられないこと。スーパー鮮魚を買うと捌いてくれること。沖縄本州で畳のサイズが違うということ。島の暮らしのこと。革製品の手入れのこと。

そして、自分にとって当たり前のことにも興味を示された。テクノエレクトロニカのこと。色んな漫画や本のこと。映画や芝居のこと。旅行海外のこと。色んな動物のこと。身体の変化のこと。変な服のブランドのこと。仏教イスラム教ヒンズー教のこと。お互いの好きな物を教え合ううちに教えられた方が詳しくなって、それが原因で諍いになることもあった。ばかっぽい。村上龍キャンプについてはそうだった。だいたい土日の昼間に料理を作っている同居人の周りをチョロチョロしながら様々な話をした。自分がこんなに話をする人間である事や、甘えたがる人間である事、そして人間に救われる人間である事。ある業界仕事をしていた時期から人間を信頼することは自分とあまり関わりがないと思っていた自分にとって、これは大きな発見であり変化であった。アルキメデス浮力発見した事に次いで偉大な功績だった。ユリイカ

そんな暮らしの中であっても、人間は変化する生き物なのだった。自分にも、変化のスピード生活を合わせたいと思う時期が訪れた。それで、同居はやめた。自分が変化したのは同居人との暮らしのお陰だった。それはとても辛かった。それでも、時間が経った今はあの決断をした自分は偉かったと思う。偉大な功績だ。ユリイカユリイカとして、正しいか死ぬ時まで解らない。

 多分ここまで読んで、同居人との関係性について嫌悪感を示す人もいるだろうと思う。我々は少しネジの緩んだ同士だった。誰にも理解されないような、子ども同士の暮らしみたいな生活が好きだったのだ。毎日親がいない家みたいだった。ヘンゼルとグレーテルのようだった。一般的理解できないものを受け入れることが、わりあい得意な人間同士だったんだろうと思う。人間は変化するので、多分いま暮らしても同じふうにはならない。でも、かつての同居人は今でも家族のような感じがする。かつての同居人もそう思っている気がする。うまい言葉が見当たらないが、belongしあっているという感じ。今でもたまに顔を合わすと、たまに会う親戚のような顔をされる。元気にしてるの、ごはん食べてるの、ちゃんと洗濯してるの。言葉にはしないけれど眼から発信されてくる。

 先日、会社女性に「彼氏同棲しようかなって話してるんです」と言われた。相談ではなく背中を押して欲しいだけなんだと表情から伝わった。なので、「同居はいいよ」と無責任なことを言った。こいつの責任を持つ筋合いはない。「同居はいいよぉ、まいンち、楽しいことしかないよ」。

 同居はいいよ。毎日楽しいことしかないよ。

 家族になるっていいよ。

 同居をやめたのは、今日みたいな夏の暑い日だった。突然ひとりにした。突然ひとりになった。「素直に言ってくれてありがとう」という言葉。「がんばったね」。依存しあうものが無くなったあの開放感と、途方もない悲しさ。同居人が見えなくなるまで距離を取ってから階段でめちゃくちゃに泣いた。部屋に入るまでもたなかった。汗と涙と鼻水がごちゃごちゃになった。蝉の声がシャーシャー聴こえてきた。鼻の奥がずっとツーンとして、酸欠になって頭がくらくらした。一人にしないで一人にしないでと布団の中で喚いた。相手のほうが思っていただろうと思う。だから相手には言えなかった。血縁上の家族以上に大切だった。人工の家族だった。相手可哀想から、という感情共依存だと知っていた。お互いの変化を阻害すると知っていた。だから行動に移した。自分のために手放した。相手理由にするのは相手を一番傷つけると知っていた。対等な人間関係でありたいと願う、自分に残った唯一の正義だった。

何を見ても同居人連想する日々が続いた。何をしても楽しくなかった。食事の質が落ちたせいで体調も変わった。それでも不思議と、死んでしまいたいとは思わなかった。悲しい事に集中すると、他の事に集中しすぎずに済んだ。なんていうか色々捗った。ロボットのように仕事食事や人付き合いをこなした。こんな辛いことを乗り越えたのだから、何があっても生きていけるだろうと、直感理解した。悲しいとき運動をした。泣きそうになったらご飯を食べた。あれからだいぶ時間が経った。何かを見て同居人を思い出すことは、今では殆ど無くなった。

それで今日風呂場でうっかりゾーンに入って思い出した。

人間記憶はすべて熱量だと思っている。同居をやめてから、変化に対応していくなかで、たくさんの記憶熱量エネルギーに変換して生きてきた。変換したら消えていく。記録と事実は残るが、涙が出るような、胸が痛むような熱量は、失ったら二度と戻らない。

あらゆる事について、もう少し若い頃はこの「失っていく感覚」「燃えていく感覚」を怖いと思っていた。なるべく残したくて、よくテキストにしていた。いつからかそんな執着は無くなり「燃えているな」「もう二度と会えないんだな」とまっすぐに見つめるようになった。何かを決断した自分が得た変化の一つだ。燃えエネルギーを、これから別のなにかに注ぐ事。もう二度と出会えない分だけ、新しい事が入る余地が出来るんだろう。望むと望まざるに関わらずだ。

もう思い出す種火が少なくなっているのかもしれない。タワシを洗いながらそう感じた。消える前の焚き火を思い浮かべた。少しくらい残したっていいだろう。それくらい愛していた。自信をくれたのだ。自分で作った人工の家族の思い出の事。嘘は一つも書いていないが、自分同居人性別や年齢や重要なことは書かない。

同居はいいよ。毎日楽しいことしかなかったよ。

2017-06-28

底辺だけど vol2

この前の増田はいろいろありがとうトラバにあった麻婆豆腐豆板醤使うやつ。すげーいいとおもった。俺のやつだとどうしても赤唐辛子の辛さというか、そういうのがないから。山椒辛いほうが好きだからカレーパウダーを使ってるんだけどね。

 

需要ありそうでなさそうだけど、俺の底辺飯いくつか置いておく。

俺は自炊を教えてくれたバイト先のおっちゃんに「食べ物は実は油と旨味と糖分のどれか2つがあれば十分。塩味に慣れると塩味しか食えなくなるから何でも塩コショウとか、なんでも醤油は厳禁。」って言われたからそれに基づいて作ってる。

 

アラビアータ(1食あたり90~100円)

パスタ100g 500g98円なので20円 ペンネでもいいぞ!高いけどな)

ハーフベーコン(半パック 4連パック198円なので25円)

にんにく(1欠片 3玉100円のひとかけらなので10円ぐらいか

鷹の爪 適量(お好みで ダイソーに売ってるすでに輪切りにしてあるやつ使ってる 5円ぐらいか

トマトホール缶(1缶98円 1/3なので30円ぐらい)

オリーブオイル(適量 オイリーなのが好きならパスタを茹でてるところに入れる もこみちがやってたから間違いない)

・塩(これも茹で汁に使うので好みで トマトソース自体ベーコン塩味が薄くつくからかなり少なめでも良い むしろ最近はいれてない)

 

パスタの湯で汁に塩とオリーブオイルを入れる。(ここは好み)

にんにくは薄切りに(スライサー使うと楽)、鷹の爪は種を取り除いて輪切りに、フライパンオリーブオイルを入れてにんにく鷹の爪を中火で温める。

いい香りがしてきたらベーコンを投入して、バチバチ言うて来て少ししたらトマトパスタの茹で汁を入れて火から遠ざけてフライパンを回すように振る。

パスタが茹で上がったら、鍋からそのままフライパンパスタをぶち込む。この時、茹で汁をなるべく切らないようにする。

火を止めてソースパスタを絡めると完成。パスタの太さにもよるけど、10分ぐらいで出来る。

 

俺の夏の主食。米は実家から送られてくるけど夏場になると米を食べるのがしんどくなるし、そうめんは安いけど飽きる。

油要素はオリーブオイル。旨味要素はトマトベーコン。糖分はパスタの麺。

あ、もちろんだけど、トマトホール缶は、夏だと安いトマトを湯剥きしてありしてもいいぞ!生ゴミが増えるから俺はホール缶だけど!

前の増田で書いた80円のパスタはこれからトマトホール缶を抜いてペペロンチーノにして食べた物。

去年流行った水パスタにすると、パスタを茹でる時間が短縮できるからすごい。でも、俺は食感が苦手だったので3回ぐらいでやめた。

 

まぐろの血合いユッケ(時価 いや、まじで。 マグロの血合いが手に入った時の値段による 大体100g40円ぐらいになる)

マグロの血合い(赤黒いやつ 大体スーパー行くと捨て値で置かれてる 300gで100円とかザラにある)

にんにくチューブでいい)

生姜(できれば生姜はすりおろしたい。最悪チューブでいい)

ごま油(ドバドバとつかったほうがうまい

味噌ごま油の量と相談して ごま油2:味噌1ぐらいの割合 赤味噌がいい)

・卵の黄身(生食するから賞味期限内のやつ)

 

マグロの血合いをよく洗って塩水に1時間ぐらいつける。

生姜にんにくごま油味噌フライパンとかで温めながら混ぜる。味噌ごま油がよく混ざったら冷やしておく。

マグロの血合いを細切りにする。

冷やした生姜にんにくごま油味噌を混ぜたやつで和える。

卵黄を載せて混ぜて食べる。

 

マグロの血合いと俺の関係は俺が社会人になった頃から。切っても切り離せない。初めて買った時はそのまま食って血生臭くて失敗した。ここで下処理と言うものを学んだ。今は引越したんだけど、前住んでたところの近くのスーパーではあまりにも俺が「マグロの血合い」を買うもんだから鮮魚売り場のおばちゃんが覚えてくれて「兄ちゃん、ちょっとまってな、血合い取っといたで」といって売り場に出さずに置いといてくれるぐらいになった。

旨味はもちろん、マグロ。油はごま油。糖分はないけど、白飯と食ったり、俺はそうめんと食ったりしてる。

底辺になると魚より肉のほうが安く感じる。魚といっても1切れ100円の鮭が精一杯って時期に、マグロユッケからそりゃもう、贅沢の極み。

当たり前だけど、生食するから、お刺身コーナーにちゃんとマグロが大量にあるかを見ることな

あと、ユッケだけだととてもじゃないから血合いは消費しきれないから、俺は更に水につけておいてマグロ味噌汁にしたり、アラビアータベーコンの代わりにつかってトンノボーノにしてる。

 

ラスト野菜を取れって言われたので

とうもろこし炊き込みご飯とうもろこし1本の半分の値段+米代)

・米

とうもろこし(半分~1/3本分)

 

作り方は単純。米をたく時に、とうもろこしの実というか、粒か。それを生の状態で入れる。

そして、実が削ぎ落とされた芯も一緒に入れて炊き込み。この芯も一緒に炊き込むのが大切。

炊き上がったら芯は捨てるけどな。

 

実はとうもろこしは芯の方に旨味が詰まってる。ベビーコーンっていう小さいとうもろこしあるけど、あれは芯ごと食うけどめちゃくちゃうまいでしょ。

糖分の米に、とうもろこしの旨味が合わさって最高。つまり、残るは油。

油は好みでバターバター高いけど…)とか、粉チーズとか、ごま油をかける。もちろんだけど、カレーとかをかけてもめちゃくちゃうまい。

粒のとり方はググってくれたら一瞬でほぐして取れるやり方がクックパッドで出てくるからそれをつかってくれ。あれなら芯も半分になって浸かりやすくなる。

去年はあまりにも米食わなさすぎたか会社には昼食にこれのおにぎりの中に昆布とか入れたやつだけもっていって食ってた。

2017-05-09

アニサキス中毒 . 急増 10年で20倍に 鮮度に注意、酢でも防げず

ってマジかよー!

https://mainichi.jp/articles/20170509/ddm/041/040/207000c

背景にあるのが生の魚介類流通多様化だ。大手量販店鮮魚専門店市場の競りを介さず産地の業者から直接買い付ける「相対取引」などが盛んになり、

って全然知らなかった。

刺身が食べれなくなる、なんてことは無いだろうけど量販店はどういう対策を取るのだろうか?

というか直接取引することは別に悪く無いのか。

2017-02-26

日曜午後のアクアパッツァ

すごく晴れていて、気持ちいい日曜の午後。

こんな日は15時くらいになったら、

ちょっと大きいスーパーに買い出しに行こう。

狙うのは丸一匹の鮮魚

真鯛、カサゴメバルイサキなんでもいい。

家にあるフライパンの大きさを想像して、

ちょうどよいサイズの新鮮なやつを選ぶ。

鮮魚コーナーのオジさんに、

腹出し、ウロコ落としをお願いすれば完璧だ。

あとは、アサリ、イカ、エビ

適当に好きな魚介を購入。

アサリだけは入れ無いと味が決まらいから、

絶対はずしちゃダメだ。

バジルオレガノタイム…。

この辺も好きなハーブ適当にカゴに入れる。

今の気分はバジルかな。

ニンニクミニトマトトマト缶、アンチョビ缶。

アクアパッツァ必要材料を購入。

そうだ。今日プッタネスカ風にしよう。

追加でドライトマトケッパーオリーブ

カルパッチョも食べたくなったので、

生ダコなんかも買ってみる。

帰りに、行きつけのワイン屋さんに顔を出す。

アクアパッツァにするんで」

というと、おばさんがトスカーナの1500円の

白ワインを勧めてきたので、それを購入。

家に着くと、彼女と娘が買い物から帰ってきていた。

「美味しそうな白ワイン買ったから、アクアパッツァで呑もう」

「良いね

なんて会話をして早速、白ワインを開けて大人乾杯

ニンニクドライトマトケッパーはみじん切り。

オリーブは輪切り。

エビは殻をむいて、腸を出し。

イカは中身を出して皮を剥いて輪切り。

魚は軽く水で洗ったあと、キッチンペーパーで拭いて、軽く塩。

アサリは砂抜き済みでも、塩水で30分ほど砂抜きする。

アサリの砂出しをしている間に、

タコをお刺身のようにスライスして、皿に盛り付ける。

娘がひょこひょこ、お腹空いたとキッチンに顔をだす。

タコ食うか?」「うん」

切りたてのマダコ醤油を垂らす。

嬉しそうに頬張ると、おとなしくリビングに逃げていった。

さあ。アクアパッツァの再開。

フライパンオリーブオイルニンニクのみじん切り。

うそう、アクアパッツァの時はピュアオイルが良い。

エクストラバージンは少し香りが強すぎる。

コンロに弱火をかけて、

ニンニクがふつふつしてくるのを待つ。

プロシェフニンニクにあまり色をつけないらしいが、

俺は少し香ばしい方が好きなので、

きつね色より少し濃いめに色をつける。

ニンニクが仕上がってきたら、

アンチョビを1/2缶をフライパンに入れる。

オリーブオイルの熱でアンチョビが溶け出してくる。

コンロの火を強火にして、

トマトホール缶を手でつぶしながら入れ、

ケッパーオリーブドライトマトを入れてかき混ぜる。

ソースがフツフツとしてきたら

魚とアサリフライパンに投入。

飲んでいる白ワインも少し入れて蓋をする。

アサリの口が開いてきたら、アサリを取り出す。

アサリは加熱しすぎると美味しくない。

アサリを取り出したら、イカとエビを投入。

再び蓋をして4〜5分。アサリを戻して1分くらい。

ソースの味を見て薄くなかったら皿に盛る

うん。美味い。

からバジルの葉をちぎってちらし

黒胡椒をガリガリとかけたら完成。

タコは、軽く塩を振って、

成城石井で買ったジェノベーゼソースをかけて

オリーブオイルを掛ければ完成。

うん。今晩は、こんな感じの夕食にしよう。

きっと彼女たちも喜んでくれるはずだ。

2017-01-16

http://anond.hatelabo.jp/20170116152130

一部の外国人観光客築地傍若無人に振舞うのは、後進国市場に行って、鮮魚を扱っているとは思えないくら環境ワイルド過ぎてテンションあがっているのかな?と思う位ですよ。迷惑だけど。

大田市場に集約すればよかったって話もあって、それも築地市場関係者の利害で反対されたんだから豊洲移転に反対している人が正義で推進している人が悪な訳じゃないのに。

あそこが悪いここが悪いと言い続けている人は、税金を大無駄遣いさせて計画も遅らせて、結果間違っていても「それが判って良かったですね」と一切責任を取る必要も無いし、専門調査委員会メンバーにもなれるし、日本じゃいいしのぎなんですよ。総会屋2.0の亜種ですね。

2016-12-20

宝石を食べる

会社からの帰りにふと思い立ち、宝石を買うためにスーパーに寄った。

買い物カゴを手に取り、奥の方に進んでいくと、肉コーナーと鮮魚コーナーの間に宝石コーナーがある。

そこではルビーエメラルドやメノウなど、だいたいの宝石が売っている。

私はそれらを品定めしながら、帰ったら宝石をどのように調理しようか考えていた。

私は、宝石の中では翡翠が一番好きである。甘いような、少し酸っぱいような味は和食にもよく合うし、冷蔵庫で冷やしたものをそのまま食べても美味しい。

しかし、残念な事に翡翠は既に売り切れていたので、色々悩んだ結果、ガーネット真珠サファイアを買うことにした。

ガーネットザクロ石という別名の通り、少し茶色がかった透き通った赤色で、球状の粒がザクロのように塊になっている。

味は酸っぱくもなく苦味もないので食べやすい。干し柿の甘さに似ている。

真珠はプニプニとした食感に好き嫌いが分かれるが、今日はちょうど半額のシールが貼られていたので買う事にした。

サファイアは妻が一番好きな宝石だ。

食べると口の中を風が通り抜けるような、爽やかな味がする。

まり食べ過ぎるとしばらく舌が青色になるのが難点ではあるが。

私はこれらの宝石と、ついでに石英シロップもカゴに入れ、レジに向かった。

冷やした宝石シロップをかけて、宝石あんみつにすれば美味しいだろうと思った。

ここ一年ほど、定期的に宝石を買って帰る習慣が身についていた。

きっかけは、結婚生活始まって以来の妻との大喧嘩だった。

一週間ほどお互い無言の生活が続いたあと、私が宝石を買ってきて、お互い黙々と食べた。次の日には自然と仲直りしていた。

それ以来、私たちの間に見えない亀裂が出来そうな時、どちらからともなく宝石を買ってきて、二人で食べるようになった。

私の中ではこれを宝石同盟と呼んでいる。

家に帰り着くと、妻は待ちくたびれたのか、ソファで眠っていた。

テーブルの上の買い物袋を覗くと、トパーズと、私の好きな翡翠が入っていた。

2016-09-26

さんま刺身用と天ぷら用でちがうってブコメあったけど、

ちょっと調べた限りでは鮮魚刺身用と加熱用って鮮度の違いしかないっぽいんだが・・・

もちろん刺身用の方が鮮度高い

わざわざそれを加熱して使うってのは加熱用を使うよりおいしくなりそうなもんなんだが、

もしブコメソースあるならおしえてくれ

※カキは生食用を加熱してもおいしくないってのはどっかで見かけた

2016-05-30

今日

地元で最も巨大なスーパーへ出向いた。

珍しい肉をゲット

こちらでは珍しい動物肉が入手できた。

しかしながら残り一つだった。

危ない危機的だった。

自分ミンチするブロック肉の品ぞろえについて

ブロック系の肉もまああったけど。

赤身の牛ブロックはなかったような気がする

亀の甲とか巾木とか

豆腐について

豆腐もあるって書いていたのになかった。取引やめたのかな?

がくぅ

対面型鮮魚販売

これはあそこの市場でも実施している。休日営業していることに

一定の意義があるといえよう

カルピスバター発見

カルピスバターは珍しいのでは?

2016-05-25

やっぱり水素水を目の敵にする理由がわからない

科学的根拠にしても「魚を食べると頭がよくなる」レベルのものはあるわけで。

あの歌が鮮魚売り場を支配していた時おかしいと声を上げた人はいたのだろうか。

たまねぎ血液サラサラ」とか「うなぎ夏バテ防止」とか「高齢者ほど肉を食え」とか

「そういう実験結果もあるらしいよ」レベルのことを売り文句にする例は山ほどあるというか

健康ブームの昨今ほとんどの食材が何らかの健康によさそうなイメージを売りにしてるし。

もちろん「謳ってる濃度の水素が含まれてない」「謳っている方法では水素が発生しない」ものについては

明らかに不当表示なので法にのっとって粛々と対処すればよろしい。

2016-02-14

から不思議だったんだが築地の場外とアメ横鮮魚店って

何のためにあそこで商売してるのか気になる。

普通生活者があそこに行ってなにか買うわけじゃなし、飲食店などは仕入れは配達で卸からだろう。

あそこはあくまで場外であり、昔ながらに店が集まっている位の意味しかないのに、何のために人々は行くのだろうか。

2016-02-05

理系ワナビ自称合理派彼氏

同棲して数年、食事の買い物はだいたい私の担当だけどそれは楽しいからいい。

彼氏ネットメディアの影響からか、女性より論理的合理的ある自分に酔っていて困っている。

例えば昨日の話。

彼は私の買い物に無駄があると感じていたらしくて、どうやら私に知らせないで、近くのスーパーへの距離、かかる時間、主な値段などをチェックしていたらしく、エクセルで作った表を見せられて、いかに私が無駄時間お金を使っているか説明しようとした。

そうじゃなくて、例えば新鮮な野菜はココ、美味しい魚はこの鮮魚コーナー、だいたい特売になるのはココと買い物しながらレシピを決めたり、その時の調子や売り物でも決めているんだよねっていう話をしたら、「お前は合理的思考理解できない」と不機嫌になり、そのまま。

これだけじゃないけど、だんだん器の小ささが気になってきた。

2015-11-24

懺悔

学生の頃の話

バイトの休憩場で休憩してて最近新しく入った品出し?鮮魚コーナー?かどっかに配属されたおじさんもいて

私はパン食べてたんだ。おじさんはテレビみてコーヒー飲んでた。

もうすぐ休憩終わるなぁってボヤっとしてたら

おじさんが振り返って話かけてきた

「俺の兄貴バイク事故って死んだし、弟は自殺した。俺は前配達業者で働いてたけど、やめてここにきた。俺ここあまり続かないかもなぁ。…………じゃ休憩終わるし行くわ」

最初の方他になんか言ってたけど突然の事に理解できず、衝撃的な事は覚えてる。

私は、おじさんの話聞きながら「えっ」「あっ」しか言えず

休憩場を去るおじさんの後ろ姿を見たのがその時で最後だった。

死んだのか死んでないかは分からない。でも、相当折半つまって吐き出したかったのだと思う。

私には兄弟はいないし、大事な人が亡くなった悲しみもまだ分からない。それは辛いなぁとしか他人事のようにしか思えない。

辛いですねぇ」って言えばよかったかな。

あの時何を言えば良かったんだろう。あの時何か言ってたらあの人の何かを救う事ができたのではないか。

どっかで生きてたらいいなぁ。

過去自分を救いたいだけかもしれない。

2015-10-16

差別用語じゃない言葉って存在するの?

例えば「ホモ」は差別用語って言われるようになったが、別に自らを「ホモ」っていう同性愛者はたくさんいるし、

八百屋」とか「魚屋」「肉屋」も自らを「青果店」「鮮魚店」「精肉店」なんて言わない人もたくさんいる。

青果店」なんて「生花店」「製菓店」と被ってかえって厄介にしている。

前にいいとも年寄りの爺さんが自分のことを「つんぼ」って言ったらテレビ局謝罪していたが、

自分を指していうのも駄目なのはおかしいし、きっと「『つんぼ』という言葉不快に思う人がいる」ってことで

謝罪してたんだろうけど、それだとどこまでがセーフでどこからがアウトなのかの基準曖昧になってしまう。

デブ」「ハゲ」「チビ」が規制されていないのも納得できないしね。

2015-10-07

地元のチェーンスーパーにて

関西ローカルチェーン店なんだけど、

鮮魚コーナーのところにポップで

今日サンマ祭りだぞ!」と書いてあった。

(……ひとでかよ)

「くっくっくっ」と一人でひき笑いを起こしたら、

通りがかった主婦から変な目で見られたので、

逃げるようにその場を去った。

おかげでサンマを買いに行ったのに買いそびれてしまった。

しかも、先にカゴに入れていた「すだち」をすっかり忘れてしまい、

すだちだけ買ってしまったやないかい

おかげで今晩はすだち祭だった。

2015-07-22

切り身が泳いでるわけじゃないのは知ってるけど

でかくて立派な刺身用の切り身(サクっていうのかな?)を見ていると、

ハマチさんやブリさんの生前の勢いそのままに、今にもラップを突き破って、

切り身がビターン!と頬をうちつけてくるような気がして怖いから最近鮮魚コーナーを足早に抜けるようになった

しょうもないことだけど、通ってる心療内科医者相談した方がいいかなあ……

2015-05-18

大人の勝手な行動やご都合主義子供犠牲になるということについて

まりにも理不尽すぎてメールクレームを出したけどもやもやがとまらない。

無意味な行動だとはわかっているけどここに吐き出す。

どうすればよかったのだろう。

本日勝どき店での出来事について

○○○様

私は勝どき店を日ごろから利用しているものです。

本日はどうしても一言申し上げたくこうしてメールさせていただきます

まず本部の方はご存知でしょうか?

勝どき店ではレジ混雑解消の為、現在レジ毎にそれぞれ並ぶよう店側が客にお願いしている状況です。

これは、客がレジ毎に並ばず1列で並んだ場合飲料コーナーから鮮魚コーナーまで長い列ができてしまい購入の妨げになることもあった為だと思います

この対応のものは店側の考えでどうすればよいのかという点について私は答えを持ち合わせておりません。

ただこの対応を巡ってはこれまでも中途半端対応から客同士で何度かトラブル又はト ラブルになりかけているところを目撃しておりました。

しか本日見た光景は単なる店側の怠慢や客同士のモラルという次元を超えており、子供を持つ親として、私もどう受け止めるべきかいまだに答えが見つかっておりません。

大変身勝手意見だと感じるでしょうが、いち消費者意見としてでかまいませんので一読いただき、その事について考えていただけないでしょうか。

本日夕方レジの前では先頭の客がレジに進まず列ができ始めていました。

先頭の夫婦がやっとレジに進み、後ろの女性がまたレジに進まず立ち止まりました。

ここまでいつもの中途半端でいい加減なルール実施されているだけでイライラするもののそれほど気にするものではありません でしたが、その直後でした。

小学校2年生ぐらいの女の子でしょうか。お使いをお願いされたのか商品を手に持ち、レジ横の道からレジ周囲をうかがうとそのまま空いているレジに進みました。

私はこの瞬間「大丈夫かな」と一瞬不安を感じたものの、その事はルールを守った行為で店側が出しているルール無視し、自分の望むレジに進めるまでレジに並ばずレジ前で動こうとしない女性客に本来配慮する必要等ありませんが、それでも「正しい行動」を「正しく」評価する人ばかりでない事を理解しておりましたので、そういった意味でも「大丈夫かな」と不安を感じました。

子供の目から見れば、早く家に帰りたかったでしょう。

いつもはお母さんと来てお り、空いているレジに進まないとだめなんだと教わっていたのかもしれません。

それ以前に、レジ前は空いている状況で子供がわきの道から来れば全て空いているように見えても全くおかしくはありません。

まりあの子から見れば、レジ前はあいており、ごくごく当たり前に空いているレジに進んだのだと私は感じました。

しかし残念ながら不幸な事が起きました。

先頭にいた女性、60歳~70歳ぐらいでしょうか。

女の子が進んだレジの後ろにわざと進みその子に向かってこう言ったのです。

「あのね、みんなちゃんと並んでまっているのよ?見てわからない?ちゃんとルールは守らないとだめよ?」

私は呆気にとられ、いったい何が 起きているかわかりませんでした。

ただ、女の子の悲しそうな目と周りの大人の無責任な行動だけはわかりました。

その中でも一番私が許せなかったのはそのレジ従業員の方のその時の態度です。

女の子にわけのわからない罵声を浴びせた女性女の子をどけ自分レジの番だと一歩前に進んだ時、あろうことかそのレジ従業員は半分笑みを浮かべてあたかも「困ったお子さんですね」と言わんばかり女性と目をあわせていたのです。

私にはわかりません、どういうつもりでその従業員の方が自ら店側が決めたルールを守ったにも関わらず他の客から罵声を浴びせられている事を放置し、それだけでなくそ罵声を浴びせた客と笑みを交わす行為を行っ たのか。

ただ、その一部始終を見た私は、自分の子供が同じ事をされていると感がると悲しさだけでなく恐怖すら覚えました。

それと同時にその時声を上げる事ができなかった自分が情けなく、大人になったはずの自分子供を守るべき母親である自分がこんな理不尽行為犠牲になっている子供を助ける事が出来なかった現実に今もどうすればいいのか、なぜ自分はあの時動けなかったのか後悔を越え情けなさで一杯で、どう表せばいいのかわかりませんが怒りと悲しみがあふれている状況です。

私と同じ気持ちだったのでしょうかその時ある夫婦連れの男性が別なレジでしたが従業員の方に詰め寄っていました。

確認したいのですが、各レジに並ぶのが正しいルー ルではないのですか?」と、従業員の方は「そうです」と答えられていました。

続けて男性の方は「なぜ子供ルールに従ったにもかかわらず大人に説教をされなければならないのですか?」と。従業員の方は「状況がわかりませんので何とも言えません」と仰いました。

そして最後男性の方は「店自身自分たちで決めたルールを守った客を見捨てて身勝手な大人の言い分を通すならもうそんなルールやめればいいんじゃないですかね?理解できませんよ?」と。

私は多少あの男性言葉ですくわれたような気がします。

ただ、あの子供はどうだったのでしょうか。

ただただ一方的に大人の身勝手な言い分をさも正しい事のようにぶつけられ、そして誰も客も従業員も助けず見捨てるという現実を受けて。

私は今子供を寝かしつけ、今日起きたこの出来事とどう向かいあうべきだったのか考えています

ただ不幸な出来事だったと思うべきなのか、だとすると次の不幸な出来事犠牲者は私の子供だったとき私は「不幸だったね」と、ただ一言いうだけで子供自分を納得させることができるかのと。

の子はどういう気持ちであの時店に来ていたのでしょうか。

年齢的に親が一緒に買い物に来るべきだったと思わなくもありません。でもあの子は一人でした。

私も今二人目を身ごもっており、もしかするとあの子には小さい弟がいたり、もしくはお母さんが何か事情があって出られずお手伝いをしたいという気持ち一所懸命勇気をだ してあの場所まで来たのかもしれません。

本当の事はわかりません。でも、あの子がどういう気持ちであの場所まで来て、そしてあのような理不尽仕打ちを受け、お店の方からも周りの大人からも見放されてしまい、あの子がその事をどうこれから思うのかわかりまえん。

願わくばの子があのことでルールを守るという事や素直でいるという事が世の中では間違ったことだと感じ、それがあの子人生に大きな影響を及ぼしてしまうようなことがあれば、私の子があのような仕打ちを受け私に話すこともできずもしも悩んでいるような状態になっていたとすると。

今も心の中にもやもやが渦巻いており、このようなメールを出したところ何が変わるとも思いません。

ただ、子供の親としてお願いしたいのは、子供を大人や身勝手社会犠牲にしないでください。

従業員が誤った行動をとる客に何も言えず、その結果子供犠牲になるのであればそんなルールはいりません。

今までも中途半端ルール管理で客同士でもトラブルになりかけている事は見ていましたが、今日のように子供犠牲になるのであればもうそんなルールはいりません。

大変身勝手な言い分だと思うでしょうが今日の出来事は子を持つ親としは大人や社会勝手というにはあまりにも理不尽すぎる出来事一言わずはいられず意見させていただきます

今日のような事が二度と起きなければと願っております

それでは失礼いたします。

2015-03-03

老村〜村のホットステーション

去年の夏のことだ。私の住んでいる地域にも

「ろうそん」が出来たと母親から聞いた。

それで早朝にジョギングがてら物見遊山のつもりで行ってみたら、

そこにあったのは茅葺きの一軒家だった。

玄関看板で「老村」と書いてある。


私は早速入店することにした。もちろん自動ドアではないので

自力で開けなければならない。中に入った途端、魚の生臭い匂い

コロッケを揚げるシュウシュウした音が渾然一体となって迫って来た。

店内は駄菓子屋を少し広くして、余ったスペースで

鮮魚煮物や揚げ物や野菜を売っているというような構造だ。

空調は効いていないのに涼しい


「いらっしゃいませ」と奥から老婆がやって来た。

老村クルーのあきこオババだ。

「おはようさん。有難うね。良かったら見て行ってちょうだい」

「そうですね。どれにしようかな……」

駄菓子を食うような年齢ではない。私はしばらく眺めていた。

店内には BGM は流れていない。それでいいのだ。

強迫観念的に流される BGM など聴きたくない。


夏だったので井上陽水の「少年時代」を口ずさみながら

店内をぐるりと一周していると

鮮魚コーナーで売られている鮮魚が目を引いた。鮎や真鯵だ。

「美味しそうですね」と私は言った「今頃が旬なんですよね」。

「おやお客さん。旬が分かるのかい?」店の奥から

笠智衆連想させる頑固そうな爺さんがやって来た。

「昔、魚屋バイトしてたことがあるんですよ」と私は言った。

「何だったら買っていくかい? 真鯵ならワタはタダで抜くよ」

「どうしようかな……」

迷っていると、店の片隅に美味しそうなスルメイカ

売られていることに気がついた。スルメイカも今頃が旬だ。

「じゃあ、これ一杯もらおうかな」

「ほう、通だねえ。釣りたてだよ。ワタも塩辛に出来る」

「是非下さい」


それだけだと何だか物足りないような気がしたので

店の隅のコーナーを見ると林檎が売られていることに気がついた。

私はそれを手に取ってしげしげと眺める。

そして、林檎も買うことにした。「じゃあ、これも下さい」

私が渡した林檎を見た笠智衆似の店員は言った。

「お客さん、悪いね。この林檎傷がついてる。新しいものと交換するよ」

「いえ、それで構いません」と私は言った。

「何かの本で読みました。林檎は傷がある方が甘いんだって人生と同じく」

「こりゃ参ったねえ」とあきこオババが笑った。

「そうさね。人生と同じだよ。傷がある方が甘いんだ」

「こんなお客さんに恵まれているなんて幸せだねえ」

笠智衆似の店員が言った。

「こんな僻地開店した甲斐があったってもんさ」


私はスルメイカ林檎を買って帰った。林檎は百円に負けてくれた。

おまけにあきこオババは皮まで剥いてくれた。ゴツゴツした手が

魔法のようにりんごの表面をつるつると剥いて行く。

「ここまでして下さって、申し訳ありません」

「いいさ。お客さんは当店始まって以来最初のお客さんだからね」

「有難うございます

「いえいえ」とあきこオババは言った。「また顔を見せておくれやす

「そうします」

「ただ、流石に歳なんでね。九時には閉めちゃうけれど」

「分かりました。夜中に散歩する時にまた行きますね」


私はスルメイカでいかそうめんを作った。

耳を外し、皮を剥く。手に塩をつけた方が

やりやすいと聞いたことがあるが、試したことはない。

抜いたワタはクックパッドを参考に酒のつまみになるように調理した。

新鮮そのものスルメイカのいかそうめんは旨かった。

これからもあの店に行こう、と思いながら。


しかし無情にも、本物のローソンが近所に進出して来た。

こればかりはどうしようもない。

「老村」の寿命は短かった。撤退せざるを得なくなったのだ。

それが去年の冬のことだ。


昨日、桜鯛の売られているスーパー鮮魚コーナーを歩いていると

ふと私は林檎が食べたくなった。

そこで林檎を見てみたのだけれど、どれもこれも傷ひとつついていない。

傷物はやはり嫌がられるのだろう。

私は「老村」で買って食べた林檎甘味を思い出していた。

林檎人生も傷があればそれだけ甘い、そういうものなのだ、と。


ちなみに、あとで聞いたところによると私の母親も近所の友人も

「当店始まって以来最初のお客さん」として

手厚くもてなしてくれたという。

ローソンで、たまに愛想の悪い店員に

接客応対されている時に私はそのことを思い浮かべる。

またあの「老村」で買い物をしたいものだ、と思いながら。

2015-02-11

仕事終わって近所のスーパー行ったら

店内ではインストゥルメンタルっていうのか、歌のついてない有線の音楽がかかってた

野菜売り場でキャベツを買うか白菜を買うかで迷っていたら、店内の音楽に何か小さな違和感を感じた

白菜を持ったまま耳を傾けると、その曲は「ひなまつり」だった

あかりつけましょ~」という旋律電子音でなぞっているんだけど、「~今日楽しいひなまつり」で終わった瞬間、ピアノソロが始まった

そのピアノによる間奏がノリノリのラテンだったから、びっくりしたのだ

たらったたーたたた…て感じで同じフレーズを繰り返すサルサピアノなの

キューバの「Los Van Van」という老舗グループ名曲サンドゥンゲラ」のピアノパートに少し似ていた

しかも次第にテンポが早まる

とにかくなんか煽ってくるんだよ、そのひなまつりサルサが!

なんだか楽しくなってくるんだよ!

俺は昔、その当時付き合ってた彼女サルサダンス教室へ無理やり連れていかれたことがある

先に彼女がはまって、「サルサペアダンスから一緒に習って!」と言われてイヤイヤ行ったのだ

そこで基本のステップを習った

俺は飽きっぽくて3ヶ月くらいでやめてしまったが、音楽は今でもたまに聞く

ちなみに彼女は、なんの仕事してるのかよくわからないペルー人にとられて別れた

あの野郎…とか久しぶりにそのことを思い出しながら、本当に本当に、少しだけ足を動かして基本ステップをふんでみた

踊れたワロタ

アスーカル!!

白菜は戻して鮮魚売り場へと移動し、寿司を買って帰った

2014-05-21

http://anond.hatelabo.jp/20140521163849

メンツ胡散臭いけど、ビジネス自体は、 鮮魚流通中抜きを省くやつでしょ?

日本漁業の大きさがそのまま、この会社頭打ちになるだろうけど、

中小企業としては普通にやっていけるんじゃないかな。

2014-05-13

http://anond.hatelabo.jp/20140513204930

私もあなたと同じような境遇で生きてきた。

原因は親にあるかもしれないけど、就活で壁にぶち当たるまで放置し続けたのは自分責任でしょ?

アルバイトだって大学だっていくらでもオヤジと話す機会はあったはずだ。

でもあなたは十分な経験を積むことから逃げた。

私は「このままじゃ社会出られないな」って感じたからできるだけ人付き合いするように心がけたよ。

鮮魚店のおっちゃんに今日オススメを聞く、とかそんなことでいい。

面接の時は口角と声のトーンをいつもより一段階上げて。

失敗しても笑顔でいること。扱いやすそうな感じ出すこと。

2014-01-21

フナってどぶ川に棲めたか?

anond:20140121202016

鮒なんていないって。酸欠で死んでるからアカムシくらいでない?

男もどぶ川に参入する時点で、自分が「鮮魚」じゃなくて「腐ってる」ってことを自覚……してますがなにか?

ねずみ男以下だもんなぁ。

2014-01-08

ホテル食品偽装は味よりも安全性の問題で怖い。

クルマエビブラックタイガーだとか鮮魚冷凍魚だとかそれくらいはまだ我慢出来るが

ローストビーフが成形肉っていうのが怖すぎるんですけど。

牛肉は表面には細菌が付着しているが中身には細菌がなくって

から普通ブロック肉ならローストビーフは安全らしいが、成形肉は危険なんだってよ。

しかし堂々と「成形肉を使用」って書いてある某夢の国のホテル

吉兆は回収騒ぎになったのになんでだよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん