「ルアー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ルアーとは

2022-06-23

男が結婚する上で相談してはいけない相手一覧

・女

魚に釣り方を聞きますか?


・親

わが子なので非モテかどうかすら客観的に判定できない。


・既婚男

n=1の成功例を恋愛百錬磨だと勘違いしがち。自慢話するおっさんと同じ。


・知り合い

相手に親身になるやつはまずいない。敵と見なすべき。馬鹿なのでアドバイス厨は真逆のことを言いがち。


結婚相談所

相談員は女に偏り。運営相手も金目的ATMになりたいならどうぞ。


恋愛アドバイザー()

将来詐欺に合うかもしれない心配をしよう。


アルファオス

天才監督にはなれない。総じてメンタルが弱すぎか馬鹿


モテるベータオス

ただのマウント厨になりがち。再現性皆無の手法マウントかます哀れな生物


専門家学者()が書いた恋愛

BBQの焚きつけにでも使っとけ。



以下、現実的相談


ナンパ

8割はゴミだが、欧米のPUA文化から受け継ぐ蓄積は見過ごせない。


・ネトナン

上記と同じ。ストができない人はこっちが現実的


・男友達

アルファオスでなければそれなりに使える。別にいなくてもいい。


アドバイスしてくる知らん男

同類そうなら信頼できる。知り合いのアドバイス厨の100倍マシ。


https://anond.hatelabo.jp/20220622031025


追記

daydollarbotch 親切な魚で、好みのエサとか教えてくれるなら、魚に釣り方を聞くかもしれない

dogdogfactory 魚が答えてくれるんなら、魚に訊くのがいちばんいいとおもう。「あんたがこだわってるルアーとかまったく関係なくって、こっちが空腹ならたいがいいけますよ」とか教えてくれそう(男を釣るのはそれに近い)。

mobile_neko 人語を解する魚がいたら世界中釣り人は話を聞くと思うぞ。その話を鵜呑みにするかは別だが。世の中のエンドユーザー向けの企業顧客の声を聞かない企業存在しないだろ。

morimarii マジレスすると魚に釣り方聞くのが一番いいんでない?/恋愛結婚生活ススキスズキぐらい全く攻略法が違うので注意

mayumayu_nimolove 女は釣るものだと思ってる時点で増田は終わってるよ。一番ためになるのは女だよ。

duckt わからんなあ。この人は仕事するときクライアント要望より門外漢意見を優先させるのだろうか。

マクドナルドアンケートを取ると必ずヘルシーなメニューが挙がるが、実際には売れない有名なあの話を知らないんですか???


zonke 現実的相談先がバグってる。 ナンパ師って結婚に詳しいのか?

junjun777 ナンパ師は、セックスしたいなら聞けば良いと思うけど、結婚したいなら間違いじゃないかな。既婚者ねぇ、決まったパートナー幸せにしている人なら余裕があって視野が広いから聞いても良いと思うけど。

neet_modi_ki セックスしたい、あるいはまだ恋人作りたいならわかるけど、結婚についてはナンパ師やPUAは門外漢では?

Dai44 結婚恋愛またはモテとの区別がついてない感(生活を共にする相手探しと一夜の相手探しは違わないか

noseld 恋愛工学界隈、女を統計しか見てないので一人の大切な相手を作るには不向きだよ

zaikabou それは結婚目的相談相手なのか…?

リアコミュ結婚できる男やピル詐欺授かり婚を迫られる男以外のほとんどの男はどこかで必ずナンパ技術必要ですよ???

逆に男はナンパができれば結婚できるのでこのタイトルです。受け身でなんとかする女から想像できませんよね。わかります

ちなみに、知らなかった人は息子を非婚にさせる才能があるので自戒自制してください。


2022-06-01

成長するキャラクターが好きだ

最近ガンダム語りを見てて書きたくなったから書く。おっさんだが、ガンダム最近まとめて見た程度。リアルタイムでは全然見てなかった。


ZZガンダムでは、グレミートトが好きだ。圧倒的に好きだ。なぜなら序盤でマシュマーにこきつかわれる新兵として登場しつつも最終的にラスボスへと至る圧倒的成長をするから

(シャアを出せなかったシナリオ上都合上、そうならざるをえなかったとか大人の事情は聞かなかったことにする)


同様に、ビーチャも只の悪ガキとして出て来たにも拘わらず最終的にネールアーガマの艦長代理を務めている。

Zガンダムなら、ファ。カミーユにくっついて来ただけなのに、いつのまにやらメタスに乗ってるし。

Vガンダムだったらオデロ。。。つらい。。。


単に成長すればよい。という訳でもない。

主人公主人公であるがゆえに、最初弱くとも成長が義務づけられているから。

ジュドーはなんかすごい能力持ってることになってるみたいだし、ウッソであれば変態的なエリート教育を受けてるし。


そう。つまり意外な人物が成長する。というやつに弱い。

GS美神だったら横島忠夫。

ジョジョならば最初から全員強そうな風格がある3部より、4部。とりわけ康一君だ。


意外な登場人物が意外な成長をする物語を教えてくれたら嬉しい。

2022-04-25

シーバス初心者が独学で1匹釣るまででの振り返り (10日)

やったことと雑感

道具についての雑感

最後

2022-03-08

昭和の頃、オカンたちがおかんアートしてたときおとんたちも趣味をしていた。

何かをつくる系なら、ラジオとかオーディオ自転車や車の整備、釣りルアー自作日曜大工

昭和には、出かけていく趣味の人も多かった。ゴルフ草野球釣りとか。

たまにそういう趣味を極めた初老男性TVに出たりした。毎週末登山してるんです、とかオーディオに夢中でひと財産つぎ込んじゃいました、とか。家のことは女房にまかせっきりでは頭が上がりません感謝してますハハハ……とか言って。

奥さんもウフフお父さんは野球大好きだもんねえ、野球してる時が一番楽しそう、とか理解あるんだな。それはそれで幸せな家庭の一類型ではあった。

そういう時代だった、個々には違った家庭もあっただろうけど。

平成も前半はまだ昭和を引きずった中高年夫婦も沢山いて、そんなもんじゃいかな。そしてそういう趣味男性高齢まで趣味を続けると、カッコイイ爺さんになる。

うわー、おじいちゃんお年なのに偉いですねえ、頑張ってくださいねいつまでもお元気でね、……って言ったらちょっと失礼かなって感じの。

金だ、金がほしい、金さえあれば時間が買える、百億万円くれ。趣味を究めた年寄りになりたい。

2022-02-03

anond:20220202082703

アメリカ実写映画日本アニメ映画を比べるのは、ビッグマック存在感クイックルワイパーの回転率比べてるようなもんだぞ。

釣るにしたってルアーが雑すぎる。お前はキン消しで鯛を釣ろうとしてるぞ。

2022-01-28

anond:20220123202525

ないわー ってなってるけど、下手くそルアーでも食いついてくる魚がいっぱいいるのは ヤフー知恵袋 だけだろ?

知り合いだったら、逆にそれをお題に各自でいろんなケースをシミュレーションするというのはなかなか楽しい遊びじゃないか

どっちにせよ、遊びが下手すぎるな元増田

2022-01-24

anond:20220124182512

海外トップ企業の話しか日本に入ってこないか海外は素晴らしいって思うかもしれんけど、実際はヘルアースやと思うで

2021-11-15

anond:20211115231022

ゴミ外道(食べられない魚)をその辺にポイ捨てしたり

針やルアー釣り船に引っ掛けたり

釣りマナーが悪すぎて全国で漁港釣り禁止が増えてる。

2021-11-01

ひさしぶりにルアーフィッシングがしたい、ゼルダの伝説時のオカリナのなかの。

あのやっさんもどきに久しぶりに会いたいよ。

2021-08-28

アイアンリーガーに騙された -3-

2(https://anond.hatelabo.jp/20210828220400)のつづき

意志を持つということ

アイアンリーガー』は、基本的には優しい物語だ。彼らの努力や苦闘は最終的には報われ、そして(恐らく)最後ハッピーエンドを迎えるだろう。(迎えますよね?)

 しかし、物語ロボットたちが直面する苦難は、決して甘いものではない。先述したロボットとしての宿命はもちろんのこと、彼らが心を持つモノであるが故の葛藤は非常に厳しいものだ。そして彼らの葛藤を通して僕たちに投げかけられている問いも、また厳しい。

 彼らは意志を持つモノだ。意志を持つからこそ、自らの宿命を乗り越える余地がある。しかし一方で、意志は必ずしも良いものとは限らない。あるいは、仮に良いものであったとしても、それが良い方向に働くとは限らない。一つの意志は、別の意志を阻害する可能性を持っている。あるいは、意志もまた一つの「制約」になりうる。トップジョイと彼を取り巻くシルバーキャッスル葛藤は、その象徴的な物語だ。

 トップジョイスパイ行為がまだ明るみになっていなかった時点で、トップジョイシルバーキャッスルは相容れない様相を見せていた。ラフプレーをするトップジョイを、シルバーキャッスルは認められないのだ。

 それまで、シルバーキャッスルメンバートップジョイを温かく受け入れていた。そしてトップジョイ自身も、スパイという立場でありながら、シルバーキャッスル好意を抱いていたに違いない。それにも関わらず、ラフプレーを繰り返すトップジョイに、シルバーキャッスルは厳しい態度を取った。

 ラフプレーは、トップジョイスパイ行為としてのものではなく、真にトップジョイが良かれと思ってした行為だった。それでも彼らはそれを認められなかった。試合決勝点となるオウンゴールを決められてしまった時でさえ「笑って済ませた」彼らが、である。彼らは結果として、トップジョイを追いやったダークのバスケットチームと同じことを、トップジョイに宣告する。

 それは、シルバーキャッスルの「意志」と、トップジョイの「意志」が対立した結果だ。

 フェアプレーを貫く。それがシルバーキャッスル意志であり、同時に、シルバーキャッスルシルバーキャッスルである理由だ。もしトップジョイラフプレーを受け入れてしまえば、シルバーキャッスルとしてある意味がなくなってしまう。特定目的(つまり意志)を持った集団は、その目的意志に反するモノを本質的に受け入れられない。たとえそれが悪意でなかったとしても、そして、「あなたが好き」であったとしてもだ。

 そしてトップジョイスパイ行為が明かされた時、シルバーキャッスルは、彼に手を差し伸べることができなかった。

 シルバーキャッスルリーガーたちは、皆善性の象徴のような存在として描かれている。それまでの話を通して、彼らの正々堂々を尊ぶ精神や、仲間を思う優しさ、苦難を乗り越える強さは、繰り返し描かれていた。その彼らが、目の前で苦しんでいるトップジョイを、仲間として助けることを一度は拒絶したのである

 そこで提示されたのは、彼らが、彼らの持つその善性故に救えないモノがあるという事実だった。

 仲間を傷つけかねない状況を作ったトップジョイを、彼らは許すことはできない。仲間を、大切なものを守りたいからこそ、それを裏切ったトップジョイを許すことはできない。彼らは自らの意志で彼を拒絶することを選んだ。それは決して悪意ではなく、誰かから強制されたものでもない。

 トップジョイの背景を知っている僕たちは、その光景に胸を痛める。しかしその光景は、僕たちに一つの事実を突きつける。僕たちもまた、トップジョイを受け入れられないかもしれないという可能性を持っているということだ。あのシルバーキャッスルでさえ、彼を受け入れられなかったのだから

アイアンリーガー』は、シルバーキャッスルリーガーたちを聖人にはしない。彼らもまた迷い、限界を持つ、あくまで僕たちと地続きの存在として描く。それ故に、シルバーキャッスルの姿は僕たちの一つの側面である。時に悪意のないものを悪とし、集団から排除する冷酷さを、僕たちは抱えている。

 シルバーキャッスルの「シルバーキャッスルを守りたい」という意志は、トップジョイの「ここにいたい」という意志を阻むものだった。それは同時に、トップジョイが好きだという、シルバーキャッスル自身意志をも阻んでいる。「意志を持つ」こと、そしてそれを貫くということの逃れ得ない宿業を、『アイアンリーガー』は真正から描き出す。

 しかし、それでもなお、『アイアンリーガー』は希望提示する。トップジョイは自らの意志でダークの呪縛を断ち切り、シルバーキャッスルメンバーもまた、彼を許し、受け入れる。

 トップジョイもまた、自らの意志が自らの制約となっていたキャラクターだった。過去に観客を沸かせて得た喜びと、それに基づく「あの場所に帰りたい」という意志は、新たに生まれた「シルバーキャッスルにいたい」という意志最後まで阻み続けた。第八話から続いた、シルバーキャッスル子どもたちと心を通わせながら、ダークのスパイであり続けるという彼の矛盾した行動は、その葛藤の現れだったのかもしれない。

 しか最後トップジョイは自らの中にあった意志相克を決着させた。本当に自分にとって大切なものは何かを、自分意志で決めた。そして、たとえそれがシルバーキャッスルに受け入れられなかったとしても、ダークにも、そしてシルバーキャッスルにも、どこにも自分の居場所がなくなるとしても、それでも「守りたい」という意志を貫いた。外面的な制約も内面的な制約も乗り越えて、トップジョイ意志を固め、それを全うした。

 シルバーキャッスルも、そんなトップジョイを受け入れることを選んだ。それは、トップジョイシルバーキャッスルに受け入れられるようになったから、というだけではない。許すという行為簡単なことではなく、受動的な行為でもない。彼ら自身トップジョイの行動と意志を見て、彼ら自身意志で、彼を許すと決めた。彼を再び仲間として迎え入れることを選んだ。「トップジョイと一緒にいたい」という意志を貫くことを決めたのだ。

アイアンリーガー』で描かれているのは、人間に操られる可哀想ロボットたちの悲劇ではない。第十三話の最後、仲間に囲まれトップジョイの絵に描かれているのは、与えられた場所で、与えられた形で生きざるを得ない「意志を持つモノ」ーーそしてそれと地続きにある僕たちーーが、その意志故に苦しみながらも、最後に至った希望の姿だ。意志を持つモノは、僕たちは、内にそれ故の冷酷さを抱えたままで、それでも誰かに優しくなることができる。過去呪縛を振り切り、過ちを許し、弱さを乗り越え、そして、自由になることができる。『アイアンリーガー』は、意志を持つということの宿業に向かい合いながら、それでもその先にある希望を見つめている。

その旅路の果てに

アイアンリーガー』という作品を、あえて外形的な説明を諦めて一文で表すとしたらーー月並み申し訳ないが、「意志を持つモノが思う通りに生きるために戦う物語」とでも言うのだろうか。

 ロボットという存在が、人間隠喩としての機能を持っていると既に述べたが、それは作中で描かれているスポーツにしても言えることだ。確かにアイアンリーガー』でロボットたちはスポーツをしているが、作中ではどうにもスポーツに対する拘りが見えない。グローブをはめてサッカーフィールドに出るわ、サッカーチームが野球試合に出るわ(おまけに「野球なんて簡単よ」という暴言まで吐く)、剣の道はバッターボックスにあるわ、スポーツをしている人間が怒り出しそうなほどのいい加減さが、『アイアンリーガー』にはある。

 結局のところ、スポーツもまた、一つの隠喩象徴に過ぎないのだろう。大切なのは彼らが「思う通りにやりたいことをやる」ことであり、その場がたまたまスポーツだっただけだ。乱暴に言えば、別にクラシックが持て囃される世界ロックを奏でる物語でも、新古典主義に対抗する印象派という物語でも良かったということである。もしかしたら『アイアンリーガー』の世界のどこか別の場所では、やはりロボットたちがそんな戦いを繰り広げているかもしれない。いずれにしても、それがどんな場所であれ、大切なのは彼らが「思う通りに生きる」ということである

アイアンリーガー』の中で、ロボットたちは「人」と呼ばれる。『アイアンリーガー』では、人間ロボットも、同じ意志感情や心を持つモノとして、同じように「人」と呼ばれているのだろう。ロボットたちは「人」として、「人」故の葛藤に苦しみながら、自らの意志で、為したいこと為したいように為す。それはシルバーキャッスルロボットであろうと、ヒール側のダークに所属するロボットであろうと同じである。誰が何と言おうとも、それが望まれものでなくても、それが好きで、ここが好きで、ここにいたいから、だから、戦う。世界と、そして、自分と。

 マッハウインディはダークの支配を、ブルアーマーは生まれながらに課せられたバグ過去を、極十郎太は剣士としてのプライド固定観念を、キアイリュウケン自分に与えられた役割機能を、トップジョイは与えられた心の特性と思い出という呪縛を乗り越えた。

 S-XXXは、その可能性を垣間見せつつも、乗り越えるところまで行き着くことができなかった。悲劇ではあるが、それもまた戦いの一つの結末である

 そして、マグナムエースは、GZはーーそれはきっと、これから描かれていくのだろう。彼らの物語は始まったばかりだ。

 そういうわけで、冒頭に戻る。「ロボットスポーツをするアニメ」では『アイアンリーガー』の何たるかは一ミリも伝わらないし、しかもこのアニメ子ども向けでもない。いや、もちろん子どもも観れる内容であるし、ぜひ見てほしいアニメであるが、しかし、この物語に真に共感するのは、社会の中で何らかの役割立場を与えられて生きづらさを感じている大人の方ではないかと思う(無論、子ども子どもで様々な制約の中で生きているのであるが)。覚悟もなく軽い気持ちで見始めた人間が、何もかもが詐欺だと喚き散らすのも許してほしい。心の遣り場がないのである

 覚悟ーーもちろん『アイアンリーガー』というエンターテイメント作品を楽しむのに覚悟などというもの不要な訳だが、しかし、彼らの生き様に心を震わせられる僕たちは、ロボットたちの姿に、一つの覚悟を問われているような気がしてならない。

「正直に生きろ」マグナムエース第一話でそう言った。

 意志を持つということ、意志を貫くということは、痛みや葛藤と隣り合わせだ。しかしその道の先に、意志を持つモノだけが見ることのできる世界が広がっている。僕たちを雁字搦めにする世界のあらゆる制約の中で、それでも、僕たちが「意志を持つモノ」として生きていくことへの厳しくも温かい声援が、僕が第十三話の時点で『アイアンリーガー』に見た、僕の指針としてのテーマだ。

アイアンリーガー』は三十年近く前の作品だが、未だ色褪せることのない魅力と、令和の時代にもなお僕たちが向き合い続けている命題を宿している。この時代にこの作品出会えた幸運に思いを致し、僕にその切っ掛けを与えてくれた先達たちに心より感謝を申し上げる。

 そして、彼らの旅路の果てを、遅まきながら見届けたいと願う。

 おわり

※本筋とまったく関係がないのでここに書くが、そもそもとして、作品テーマというものは、作者が自分表現したいものを「表現するための」指針の一つであり、そして作品受け手の側に立てば、受け手が自らのフィルタを通して、ある種「勝手に」見出した「何か」、あるいは作品を「受け取るための」指針であると僕は考えている。そして、作品というものが、作者の発信と受け手の受信の双方によって初めて成立するものである以上、作者の意図するテーマ受け手の受け取ったテーマが異なっていたとしても(あるいは、作者がテーマを全く設定していなかったとしても)、そのどちらかが正しいということはあり得ない。(曲解を元に作品や作者を誹謗中傷するのなら、それは作品テーマ解釈とは別問題である。)作品に「真のテーマ」などというもの存在しないし、作者が作品テーマを込めようと込めまいと、そして受け取り手テーマを見出そうと見出すまいと、それは作品本質には何ら関係がないのである

アイアンリーガーに騙された -1-

注 この文章は『疾風!アイアンリーガー』を第十三話まで鑑賞した人間が書いています

撒き餌に釣られた者の末路

 とんだ詐欺もあったものである

アイアンリーガー』というアニメを知る人ならば、この「初見人」の慟哭意図を察してくれるに違いない。

 これを呟いたのが、学生生活記憶もとうに色褪せ、メディアを賑わせる人々が自分よりはるか若いことに日々愕然とするようになった齢の人間であり、かつ令和の時代に『アイアンリーガー』というアニメを初めて目の当たりにし、そして今こんな文章を書くに至っているという事実を踏まえれば、なおさら

 何が詐欺か。何もかもである

 多少の表現の違いこそあれ、アイアンリーガーというアニメは「ロボットスポーツをする子ども向け熱血(スポ魂)アニメ」というような説明をされる。

 おそらく、それは間違いではない。間違いではないが――世に溢れる詭弁の数々が皆そうであるようにーー嘘を言っていないことと、それが真実であることは必ずしも一致しない。

 はじめに断っておくが、僕は別にアイアンリーガーというアニメについて「実はこういう真のテーマが隠されている」などと声高に主張する気は全くない。

現実世界に『テーマ』などないように、映画はそこに、ある物語にそった映像を映し出しているだけです。」と、かの伊藤計劃氏も述べているし(伊藤計劃:第弐位相「自腹は神様ではない」https://projectitoh.hatenadiary.org/entry/20060211/p1)、それはアニメも同じであろう※。僕がここに書き散らしているのは、アイアンリーガーというアニメ勝手情緒を乱された人間のお門違いの怨念に過ぎない。諸賢におかれては、どうか哀れみの心で受け止めて(あるいはスルーして)いただければ幸いである。

 話が逸れた。『アイアンリーガー』についてである

ロボットスポーツをする」。何ら間違ってはいない。この物語主人公ロボットであり、「アイアンリーガー」とはロボットスポーツ選手のことである。彼らはスタジアム(他の場所のこともあるが)でスポーツ試合をし、勝利を目指しながら、物語は進んでいく。

 だが、少なくとも十三話までを観て、それはこの作品本質ではないと僕は思っている。(ちなみに、なぜ十三話という中途半端な時点でこんなものを書いているのかと言うと、YouTubeでの無料配信十三話で終わったかである。)

心を持つ工業製品

 作中のロボットたちは、確かにロボットである。彼らはバッテリーで動き、金属身体にはギアが埋め込まれコードが張り巡らされている。外側は一応人間の姿形をベースデザインされているが、人間そっくりアンドロイドではなく、ひと目見て「ロボット」と分かる。大きさも、人間比較すると(その可愛らしい見た目とのギャップ唖然とするほど)かなり、でかい

 それでありながら、彼らには意思感情がある。人間と同じように傷ついたり喜んだりし、迷い、成長し、心を通わせる。彼らの持つ「心」は、ほとんど人間と変わりがない。フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』で、限りなく人間に近い意思を持つアンドロイド人間の、それでも厳然と残っている(とされている)「共感力の有無」という差異も、『アイアンリーガー』では存在しない。

 そんなロボットたちが存在する世界の側も、彼らをほとんど人間と変わりのないモノとして扱っている。アイアンリーガーロボットでありながら、チームと「契約関係にあり、チームの所有物ではない。チームから脱退することも(少なくとも建前上は)、第一話でマッハウインディたちがそうしたように、契約が許す限りにおいては可能なのだアイアンリーガー金も稼ぐし、転職もするし、山にも帰る。

 そうしたロボットロボットを取り巻く世界の在り方は、作品内で自明の理とされている。それについて何ら特別説明をされることもないまま、当然のごとく物語は進む。ロボットたちはガショガショと金属音を立てて歩き、「オイルを飲んだり燃料を食ったり」しながら、人間と全く同一のレイヤーで生き、スポーツをする。

 そして、人間人間関係性の中で生まれる、いわゆる「人間ドラマ」を繰り広げている。

 そのあまりギャップ作品に可笑しみをもたらし、人間とそれ以外のモノがボーダーレス意思疎通しながら共存する世界観は、絵本おとぎ話のような「子ども向け」の空気を感じさせる。

 僕はいわゆる「ロボットアニメ」をこれまでほとんど観たことがないので、そうした世界観が『アイアンリーガー特有のものなのか、この手のロボットアニメではよくあることなのかは分からない。

 だがいずれにしても、この奇妙なまでの人間ロボットボーダーレス世界観こそが、『アイアンリーガー』という作品の(はまる場所、という意味での)「深み」である

アイアンリーガー』における人間ロボット関係性は、もはや「共生」というレベルを超えている。人間ロボットの違いはもはや生命の有る無し「程度」にしかなく、作中でも殊更に「人間ロボットの」違い(と共通点)や、その関係性に焦点を当てることは(少なくとも十三話の時点では)ない。

 もちろん、『アイアンリーガー』の世界には人間もいるので、人間ロボット交流も描かれる。第八話のキアイリュウケンオーナーの話などは、それがメインテーマだ。

 だが、そこで描かれているのは「人間ロボットの」交流ではない。あくまで「同じように意思(心)を持つもの同士」としての、オーナーとキアイリュウケン交流、つまり個人個人交流だ。

 人間ならではの心、ロボットならではの心、という概念は『アイアンリーガー』にはない。『アイアンリーガー』は、『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』のように、アンドロイドロボットと似た存在と考えてよかろう)と人間の間で登場人物が苦悩する物語ではない。あるいは『ターミネーター2』のように、本来自分意思感情のない「はずの」ロボットが、人間との交流の中でそれらを獲得していく、という物語でもない。『アイアンリーガー』では、人間ロボット交流も、ロボット同士の交流も、人間同士の交流も、全く同じものであり、それが世界の前提なのである

 しかし一方で、人間と全く同じ「心」を持つロボットは、人間に「発注」され「納品」され――そして恐らく「売買」される存在であるということが、ブルアーマーの過去が明らかになる第三話、そして(よりにもよって)キアイリュウケンオーナーの絆を描いた第八話で明言されている。

 第三話では、なぜブルアーマーのバグを直さなかったのかという問いに対し「バグを直すよりも新しいリーガーを入れた方が早い」とエドモンドが答える。第八話では、キアイリュウケンが「空手リーガー」であり、本来サッカー野球「用」には作られていない、ということが明らかにされる。作中では明言されていないが、恐らく間違って納品された先がシルバーキャッスルでなければ、彼は工場に「返品」されていたはずである

 ロボットたちは、人間と同じ意思感情を持ちながら、同時に「工業製品」「商品であるという事実が、スポーツ試合の影で徐々に明らかになっていくのである

 彼らが工業製品であり、商品である以上、逃れられない宿命がある。ロボットは、人間役割を与えられ、それに相応しいように設計プログラムされて生み出される。

 その現実が、第九話から急激に深刻になっていく。トップジョイ、そしてS-XXXの登場である。彼らの存在が、今まで「人間ロボットボーダーレスに生き、スポーツをしている」という、どこか楽しげで夢のあるアイアンリーガー世界観を大きく覆す。

なぜか途中で切れてしまうので 2(https://anond.hatelabo.jp/20210828220400)につづく

2021-08-23

釣り客のマナーが悪い

煙草、餌が入っていたプラ容器、ルアー釣り糸のポイ捨て等。

地域全体でそれに対して注意した上で、一部釣り場を閉鎖。

すると「釣り客だけ悪者にして何様だ」と逆ギレ

もちろん一部の釣り客のマナーが悪いのは分かっているが、釣り人界隈でマナー向上に努めてもらうしかない。

でも、誇張無しにマナーが悪い釣り客が多い。

2021-07-09

趣味のために10万円以上の物を買う人

自分20代男。年収は平均くらいの正規雇用

土日と赤い日は休み

未婚で関東賃貸暮らしている。

バス釣り趣味だ。

バス釣りの道具はなかなか高い。

竿やリールそれぞれ2万円から6万とか。

ルアーは1個 1500円から数千円のものも。

ボートにのったり、レンタカーで移動するだけで1回 数千円から1万円ほどかかる。

サラリーマンお小遣いのおじさん達は、みんなどうやってそんな道具を買っているんだ?

自分は月に3,4回 友達飲み会行ったりして数万出費しているけど、みんなそれを我慢してるのかな?

2021-06-23

昔に比べて増田発掘ブクマカって圧倒的に減った?

なんか1ブクマ付いてるのを見てると、ああこれは明らかに1人が連続ブクマしてるなってのが如実にわかることが多くて、

それってそいつ以外は全然マークしてないってことなんだよね。

そんなのが結構連日ある。

3ブクマ超えて餌やルアーがあからさまな奴があからさまに100ブクマ超えるってだけで、

なんというか、面白いものを幅広く集めるという雰囲気がなくて殺伐としている。或いは味がしないご飯というか。

100ブクマ超える増田工業製品みたいなのばっかりだ。

2021-03-10

anond:20210310163411

極彩色のケバケバしいルアーを餌だと勘違いする魚のことを笑えないなと思いました。

2021-02-14

**玄* タペストリー インテリア モダンアート おしゃれ壁掛け 大判 装飾布 ウォールアート 布ポスター ファブリック装飾用品 多機能 室内 窓や壁の飾り お店 人気 新居祝い 個性ギフト 150x100cm

ってのがAmazon

これっていいの???肖像権はどーなんですか

2020-11-29

ガンダム全部見る

友達に進められたパトレイバーを見るためにバンダイチャンネルに入会したんだけど、オススメにでてきたガンダムUC見たら超面白くて、すっかりガンダムにハマってしまったアラフォー女です。

1st、Z、逆シャア20年くらい前に一度見ているのだけど、これを機にガンダムリーズ全部見る(見直す)ことにしました。

※現状バンダイチャンネル試聴できるもののみ。

※■→試聴済み ▲→ずっと前に試聴済み □→未視聴 △→試聴途中

クロスボーンガンダム漫画作品ですが原作富野由悠季なのでリストに含めてます

上記以外の漫画作品収集つかないので含めてません(THE ORIGINは含めるか迷った)。

当方貴腐人の為、感想にそれなりの内容が含まれていることがあります

※抜け漏れあればご指摘いただけると幸い。

宇宙世紀

機動戦士ガンダムTV】全43話

機動戦士ガンダム劇場3部作

そこそこ内容を覚えているので見直し優先度低だったけど、最近YOUTUBEガンダムチャンネル1話から配信が始まったので見たらめっちゃ面白かった。第1話情報量の多さ半端ない

機動戦士ガンダム THE ORIGINOVA】全6話(【TV】全13話)

めっちゃ面白かった。池田さん、エドワウ兄さんの声頑張って出してた。あとガルマがめっっっっっっっちゃかわいかった!!

これは、デギンパパもドズル兄さんもデレデレになるわ。むしろギレンとキシリアはなんでデレないの?年の離れたこんな可愛い弟いたら絶対可愛がるでしょ普通。ザビ家おそるべしやな。

機動戦士ガンダム MS IGLOO 1年戦争秘録【OVA】全3話

機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079【OVA】全3話

機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線OVA】全3話

情報ほぼなしなんですけど、ガル三部作2ちゃん)に出てた人いるのは知ってる。

機動戦士ガンダム 第08MS小隊【OVA】全12

機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズリポート劇場

まり覚えてないんだよなぁ。ロミオとジュリエットみたいな話だった記憶

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争【OVA】全6話

試聴後あまりに泣きすぎて復調に3日かかった記憶

機動戦士ガンダム サンダーボルト 第1シーズン配信】全4話

機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2シーズン配信】全4話

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY劇場

機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER劇場

情報なし。

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY【OVA】全13話

機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光【劇場

OVA版4話まで試聴しましたが、まだパープルトンさんは本気出してない模様。

機動戦士ΖガンダムTV】全50話

機動戦士Ζガンダム劇場3部作

TV版すごく好き。今のところ作品の中で一番好き。

だってアムロシャア共闘するってだけで最高じゃん。

クワトロ大尉のヘッポコ苦悩っぷり最高。とにかくシャアが最高。

劇場版は作画が新旧コロコロ変わるのが嫌で見てないのですが、クワトロ大尉ケーキねだるシーンが見たいのでそのうち見ます

機動戦士ガンダムΖΖ【TV】全47話

20年前、冒頭の軽いノリについていけず挫折したんだけど、最近見たらめちゃくちゃ面白くてびっくりした。

キャラクターがみんなかわいい特にジュドーかわいい

てか新造戦艦子供に任せちゃうブライトさんの肝のすわり方がすごい。ほぼ少年兵1年戦争生き残った人は違うな。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア劇場

20年前、小娘だった私はシャアの劇中最後セリフドン引きしてしまい、周囲の大絶賛が意味不明状態ガンダムから離れることになってしまったのだが、おばさんになってから見ると全然印象が変わる。いや、最後セリフは相変わらずドン引きですけど、クワトロ大尉のヘッポコぶりを許せる私にはもはや恐れるものは何もない。そんなことよりアムロノーマルスーツすけべすぎない?

機動戦士ガンダムUC【OVA】全7話(【TV】全22話)

全ての元凶。もうマリーダさんが最高すぎてマリーダさんまマリーダさん。語彙力死ぬ

ZZ見てなかったから、ネェルアーガマとかプルトゥエルブとかその辺調べながら見たので、落ち着いたらもう一度見直す。ピクシブブクマがプル姉妹で埋まっている。

機動戦士ガンダム Twilight AXIS【配信

うーん、なんか後付け設定感がすごすぎてなんだかなぁ

機動戦士ガンダムNT【劇場

ゾルタンアッカネンが3分間で紹介する動画は観た。

機動戦士ガンダムF91【劇場

4DX上映で見たんですけど、マジ椅子揺れて欲しくなかった。その後すぐにYOUTUBE期間限定配信されたのでそちらも見た。内容駆け足なので2回観てちょうどいい感じ。映画だとセシリーがなんだかよくわからない女になっているので、TVリーズでみたかった。

機動戦士クロスボーン・ガンダム漫画】全6巻

昔弟に借りて読んでめちゃくちゃ面白かった記憶。きっと弟は貸してくれないので、近いうちに購入する。続編もたくさんでてるみたい。ジュドー長生きしているようでうれしい。

機動戦士VガンダムTV】全51話

子供の頃に弟が見てた記憶があるんだけど、これ子供に見せちゃダメなやつでしょ。なんだよお風呂拷問て。ネネカ隊て。見終わった後の後味最悪だったけど、ふと振り返るとカテジナさんばかり思い出しちゃって、なんだかんだでカテジナさんは最高だったよ。

宇宙世紀以外

機動武闘伝GガンダムTV】全49話

子供の頃弟が(以下略)。「ゴッドフィンガー!」て言いながら弟が私の頭わしづかみにされた忌まわしき思い出。

新機動戦記ガンダムWTV】全49話

新機動戦記ガンダムWOPERATION METEO / OPERATION METEO II【OVA】全4話

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz / Endless Waltz 特別篇【OVA】全3話

25話まで試聴中。中学の頃周りの友達めっちゃ好きだった。私はその時FF7に夢中だった。

イケメンガンダムてことばかりが目立つけど、ストーリー普通面白い。5人全員完璧なようでいて未熟、そして純粋。迷ったときには彼ら以上に男前女性叱咤し助けてくれる。6人目の主人公ゼクス最初シャアからポンコツ要素をなくした面白みないキャラだと思ってたけど、彼がもっとバックボーンがはっきりしてるので、感情移入やすい。EDリリーナ嬢のドSな表情もかわいらしい。毎回見ちゃう

機動新世紀ガンダムXTV】全39話

主題歌がいい歌。

∀ガンダムTV】全50話

∀ガンダム I 地球光/II 月光蝶劇場

ターンXはターンAのお兄さん。

機動戦士ガンダムSEEDTV】全50話

機動戦士ガンダムSEED DESTINY【TV】全50話

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 -STARGAZER-【配信】全3話

1作目は超面白いけど2作目は……みたいな評判がある。

SDガンダムフォースTV】全52話

トロッコに乗ったシロッコのやつですか?

機動戦士ガンダム00 ファーストシーズンTV】全25話

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズンTV】全25話

劇場機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-【劇場

俺がガンダムだのやつ?

□超電影SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors劇場

SDガンダム三国伝 Brave Battle WarriorsTV

情報なし。

模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングGOVA】全3話

情報なし。

機動戦士ガンダムAGE【TV】全49話

機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN【OVA】全2話

ある意味一番見るの怖い。

ガンダムビルドファイターズ【TV】全25話

ガンダムビルドファイターズトライ【TV】全25話

ガンダムビルドダイバーズ【TV】全25話

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 1st SeasonTV】全13話

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 2nd SeasonTV】全13話

会社の人におすすめされている。ガンダム遊戯王みたいなかんじ?

ガンダム Gのレコンギスタ【TV】全26話

ガンダム Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター劇場

ガンダム Gのレコンギスタ II ベルリ 撃進【劇場

ガンダムデザインがあまり好きな感じじゃないんだけど、あれはキングゲイナー系譜かもしれないと思ったら受け入れられそうになった。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1期【TV】全25話

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期【TV】全25話

2話まで試聴。なんか面白そう。

2020-10-20

ルシHLのススメ

6属性集めて各自担当試練を分けて、ちゃんとやらないと勝てない!まぢムリ!みたいなことをよく言われてるけど

今どきはもう装備のインフレは進んでるし、別に試練なんて適当でいいし風がいなくても全然いける。

試練8(ファランクス無効)だけは解除しないと難しいがほかの試練は忘れていい。

なんかだらだらと書いてある行動表とか忘れてこんだけ知ってれば5,6割は勝てる

パラロスくらったら翌日もっかいやればいい

2020-10-05

嫌なことがあったか湖岸ベンチで黄昏てるのに、横から割り込んで目線の先に投げ込んで釣りおっぱじめる頭ルアー野郎どもは死ねばいいのに

海釣り

竿とリールを買う。

初心者最初にやる釣りなんて、大抵サビキに決まっている(断言)。

・投げ釣りをやったとしてもせいぜいがチョイ投げだし、今どきのシャレオツな兄さん姉さんは大抵がルアーを投げるに違いないので、ちょっとした餌釣りやサビキもできる8フィートくらいのルアーロッドのセットを買うのがよい。

・どうしても最初からちゃんとしたブランドじゃないとなんかヤダっていう人はシマノビギナー向け商品ルアーマチック S86ML か S80L と アリビオ C3000 あたり)を買うのがよい。ダイワの安物よりシマノの安物のほうが品質が良い。

バケツクーラーボックスなどの小物

・小さめのクーラーボックスでよいので買おう。バケツは折り畳み式のやつ。フィッシュグリップとハサミ(文具のハサミは釣りにはとても使いにくいです)。

・その他ほしくなるものちょっとした釣り用の肩掛けバッグ。

仕掛けやルアー

最初はサビキやりに行きましょう。陽渚ちゃんだってサビキをやっていた。4~6号くらいの針でよい。とりあえずフルセットの仕掛け(オモリとか針のついた糸とかの部分をこう言う)を買おう(こういうの https://www.amazon.co.jp/dp/B07GBTCNQM)。

・あと道糸につなげるスナップ。とりあえずスナップ付きのサルカン4号とか買っとけばよい。

・チョイ投げも仕掛けセットがある。なんなら「ボウズのがれ」セットみたいな、チョイ投げ+サビキみたいな謎仕掛けもある。

ルアーアジを釣るならフロートとジグヘッド+ワームの組み合わせ。マゴチなら重めのジグヘッド(静ヘッドみたいなの)と大きいワーム。何でもやりたいなら18gくらいのメタルジグ。でもとりあえずサビキやろう。

最初に覚えておかなければいけないこと。

釣り竿への糸の通し方(リールから出ている釣り糸をベールの下から通して釣り竿に通す)

リール操作方法ベールを立てると糸が出る。寝かせると止まる。ハンドルを巻くと糸が巻かれる)

・糸の結び方(最初クリンチノットかユニノットだけ覚えておけばよい。リールから出る糸をサルカンに結んで、市販の仕掛けに取り付ける)

・持ち方(竿尻を持たない。陽渚ちゃん最初からちゃんと持っていてエライと思う)

・投げ方。サビキでは投げるな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん