「マッキントッシュ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マッキントッシュとは

2017-04-05

マッキントッシュ欲しいけどっ!!!

予算がつかないから買わないっ!

そもそも必要じゃないしっ!優先順位とか高くないしっ!

でも、オシャレしたい!マックは希少価値だ!ステータスだ!

2017-02-02

札幌世帯年収800万の暮らし住まい小樽だけど)

住まい

小樽中古戸建て買ってリノベした

購入価格680万円、リノベにざっくり700万円。すごく満足の行く仕上がり。

自己資金ゼロで返済は20年ローンで月7万弱、札幌市内で賃貸マンション中央区地下鉄徒歩5分)+駐車場借りてたのより2万下がった。

敷地面積は90坪、1階からは無理だけど2階から小樽の海が見える、但し傾斜は少し辛い。

・家庭

会社員36歳 妻専門職31

妻は結婚から仕事継続中。

こどもは現在一人目を妊娠中、7ヶ月。8ヶ月で産休に入る予定。

年収は俺が550万、妻が250万

生活

ふたりとも食事趣味

から妊娠前はフレンチだの寿司だのよく食べに行ってた。

はいガチガチの高級店ではないので月4から5万くらいが外食費だったか

俺のランチは週に4000円程度、コンビニからちょっといいお店まで懐具合と仕事具合により、って感じ。

ワイン日本酒ウイスキービールは家でもよく飲む、小樽に来てから友達と飲むより嫁と話しながら飲むほうが多くなった、週に3日は休肝日

海外旅行

年に1回は行ってる。

道内旅行×2 国内旅行×2って感じ。

ただし俺が出張が多く、かつマイラーなので費用格安

・その他

貯金というか流動資産は800万ちょい、頭金に使わなかったのはその800万からもちょこっとずつ収益があるから

小樽駅まで徒歩10分、そこから快速札幌まで30分、札幌駅からは一度も外に出ること無く職場まで5分強。

交通費会社から出るし生活費用は札幌時代よりコンパクトになった。

車は国産中古、5ナンバー100万。もう一台購入予定、駐車場はもちろん敷地内。ローンではな無く現金払い

服はお互いそんなに高いものは着ないけどちょこっとずついいものは揃えてる。ジョンスメドレーのニットとか、トリッカーズのブーツとか、マッキントッシュゴム引きとか(英国モノ好き)

妻のはよくわからん

小樽拠点にしたことで、後志管内のドライブが増えたし(積丹方面ニセコ方面などアクセス抜群)海が眺められる住まいは超お気に入り

妻の希望もあって週末には札幌から車で遊びに来て酒盛りして泊まっていく友人たちとの時間結構持てるし、北海道定番、庭でのBBQも盛り上がる。

家を持つことで第一に考えたのは将来に渡る固定を削減できるか、の部分。

第一子を妊娠し、最終的には二人ほしいなぁと考えていれば家賃はやっぱり10万〜になるし、その他の費用もかさんでくる。

駐車場も2台必要だ、(とは言え一台15kくらいだけど)

庭付きの生活へのあこがれもあった。

んで最小の費用で一軒家を持とうと考えた結果が小樽での中古リノベーションだった。

上モノはもともと購入費用ほぼゼロだし、680万円の地面が将来に渡る資産になるわけでもないかもしれないがなんか安心感がある。

急に今の仕事ができなくなったとしても破綻するようなローンじゃないことが大きいだろう。

北海道事例で多くの増田には参考にならんかもしれんけどこんな感じ

http://anond.hatelabo.jp/20170201120618

2017-01-18

プログラミングって「得体がしれない」よな

プログラミングって、これから始めてみようっていうとき、なんだか「得体のしれない行為」っていう感覚がありませんか?

ぼく自身は、プログラムを書いてる側の人間で、いまでこそ少しはプログラミング本質的な難しさをわかってる気になってます。でもつい数年前までは、プログラミングは難しくはないけど得体がわからない、という感じでした。

そのへんのコードを組み合わせて動くものはできるけど、何がどうなっているのかは知らんし、ググって分からないものはできない、という方向で、「プログラミングは難しい」と思ってました。

最近になって、プログラミング義務教育必修化の話題とか、コピペプログラマー話題とかを目にするたびに、かつて自分プログラミングに対して抱いていた「得体のしれない行為」という感覚が思い出されてしまい、少しざわざわした気持ちになったので、ちょっとここに書きなぐらせてください。

だいたいが個人的な話なので、そういうのがうっとうしい人は無視してください。

ぼくが世の中にパソコンという道具があることを知ったのは、たぶん中学生ときです。30年くらい前。当時、電気屋の売り場ではけっこうな床面積を使ってワープロ文章入力する専用マシン)が陳列されてました。文章を書くのは好きだったけど、字を書くのが死ぬほどめんどくさかった自分は、ワープロさえあれば自分小説とか書くのになあと思いながら指をくわえて電気屋の店内をうろうろしてました。しかし、ファミコンすら買ってもらえなかった家計ではワープロなんぞ買ってもらえるわけもありません。そのうち巡回してた電気からワープロが消え、それに代わってパソコンのコーナーが広がっていきました。このパソコンというのは、よくわからないけどワープロとして使えるっぽいし、どうやらファミコンを持っていない僕にもゲームができるらしい、おれに必要なのはこれだ、というわけで、中学生だった自分パソコンという存在に興味を抱くようになったのでした。

はいえ、だからといってパソコンを買ってもらえるような家計ではなかったわけなので、カタログを熱心に眺めるだけの毎日が続きました。その当時の自分にとって、パソコンが欲しいといったら、それはNECを買うかエプソンを買うかという選択でした。冨士通からパソコンが出ていることは知りませんでした。マッキントッシュっていうやつもあって、このPerformaっていうやつはなぜか安いとか、よくわからないけどシャープとかソニー独自パソコンを作っているぞとか、そういう情報パソコンに対する認識のすべてでした。当時の自分にとってのパソコンは、電気メーカーから発売されている商品一種であり、ラジカセとかテレビと同列の存在でした。

なんでこんな話がプログラミングにつながるかというと、ひょっとして自分プログラミングにずっと感じていた「得体のしれなさ」の源泉の一つは、こんなふうにパソコン電化製品として見ていた当時の感覚の延長だったのかもなあと思ってるからです。

ラジカセなら、CDだのテープだのを入れて再生タンを押せば、そのハードウェア機能物理的に体感できます。それに対してパソコンは、プログラミングちょっとやってみても、その行為と、そのハードウェアとが、感覚的に結びつきません。もちろん、プログラミングというのは、物理的なデバイスに結びつけて考えなければできない行為ではありません。しかし、パソコンを「カタログ商品」として見るところから入ってるばかりに、そこでやるプログラミングという行為ハードウェアとの結びつきが見えにくい状態に、なんとなく居心地の悪さを感じていたように思うのです。

もし自分スタート地点が、パソコンを使って文筆やゲームをするところだったら、パソコンは文筆やゲームのための箱だったでしょう。その後でプログラミングを始めていたなら、プログラミングという行為を、文筆やゲームに関連した創造的な活動として学べたかもしれません。

ところが実際には、自分はつい数年前まで、パソコンという電化製品に対する漠然とした行為としてプログラミングを捉えてた気がします。

プログラミングを始めたのは、高校生になって誰も使わないFM77が部室に置いてあったので立ち上げてみたらF-BASICインタプリタが起動したからでした。とくに何をプログラミングすればいいかもわからなかったので、教科書雑誌コードを転記したり、ループで線画を書いたりして遊んでいました。大学に入ってからも、授業でFORTRANとかLispをやらされたけど、基本的自分目的をもってプログラミングするのは数値計算くらいのものでした。そのころになると、本で情報を探して(まだインターネット検索は使い物にならなかった)適当コードをつなぎ合わせるのがプログラミングだと思ってました。そんなん面白くないなあ、とも思ってました。

この感覚、完全に、いま揶揄されているコピペプログラマーのそれだったと思いますちょっと話はそれますが、ブロック遊びとか砂場遊びって、ほとんどの人はわりとコピペプログラミングと似たような感覚でやってるんじゃないでしょうか。パーツを勘で組み合わせたり、とにかく砂を盛っていったりすれば、家みたいなのができるよね、という感覚プログラミングは、自分にとってそれに近い作業でした。学生のころは、内心、自分にもパソコンサンプルコードさえあれば何かすごいものを作れるかもなあ、くらいに思っていたふしもあります

自分バカでした。パソコンがあるとかないとか、関係ないのです。パソコンさえあれば、なんて思う者に、本当のプログラミングがわかるはずがありません。

そんなこんなで、自分はまともにプログラミング経験しないまま社会人になったわけですが、幸いにもプログラミングに対するこの感覚は、仕事パソコンを日々使うようになってから徐々に変わっていきました。

具体的には、パソコンが、自分の中で「カタログ商品から武器」へと変わりました。それと同時に、プログラミングという行為が、武器開発という位置づけになりました。

武器というのは言い過ぎだとしても、ちょっとしたプログラミングは確かに業務上課題を打開しました。それなりに計算機科学教科書を読んで勉強をしたこともあって、いつのまにかプログラミングに対する「得体のしれなさ」も解消してました。

結局のところ、自分にとっては、プログラミングという行為の「得体のしれなさ」から解放されるまでにずいぶん長い時間必要だったことになります自分がそうだったからといって他人もそうだとは限らないですが、たとえば小学校で形だけプログラミングを教わっても、分かるとかわからないとか、好きとか嫌いとか以前に、なんかモヤモヤした気持ちになるだけの子もも少なくないんだろうなあ。それは不憫だなあ。

かといって、自分がいまプログラミングで少しは戦えてるのは、そのむかしパソコンに憧れがあって、得体がしれないなりにプログラミングをする機会が若いときたまたまあったからでもあるので、そういう機会になるなら小学校で形だけでも教えるほうがいいのかなあとも思います

オチがないので、このへんで。

2016-11-08

http://anond.hatelabo.jp/20161108094321

パソコンの話してるときマッキントッシュの略という意味マックという言葉を使ったら

「何こいつパソコンの話で突然マクドナルドの話を持ち出してるの?頭おかしい人かな?馬鹿なの?死ぬの?」

的反応されて腹立ったから、マクドって略した方がいいのになあと思うようになった。

2016-08-30

http://anond.hatelabo.jp/20160830164326

2年ほど前のある日、雷にうたれたように浮世絵にハマって、それから半年くらいは俺もそうだった。

少しでも食いついてくれたら、チャンスと思って布教活動してた。

いま考えるとかなりキモいが、布教用のプレゼンパワポ資料タブレットに保存して持ち歩いてた。

しか資料は1つでなくて、

面白いね!」

好感触だったら、次の資料、次の資料、と出せるように複数作ってあった。

ちなみに、全9種類。

だいぶ友人を失ったと思う。

オタクに悪気はないんだ。

許してやってくれ。

追記

間違いなく、ネットにあがってる浮世絵まとめのどれよりも、方向性が多岐にわたる資料だ。

ジブリ浮世絵を絡め、まどマギ浮世絵を絡め、細田守浮世絵を絡めてアニオタアプローチ用の資料

マッキントッシュジョブズ浮世絵を絡めて、アップル信者用の資料

世界史浮世絵を絡めて歴史好き用の資料

浮世絵を買い漁り(復刻含めれば100枚はある)手にとって色んな角度で鑑賞し、匂いを嗅いだり目立たないところを舐めたり頰ずりしたりするくらいハマった。

枕元に立て、眺めながら寝た。

資料作りをやめたのは、浮世絵の魅力を伝えるつもりで資料を作っていたはずが、なんとか説明しようと資料を作るうちに新しい魅力をわんさと見つけてしまい、

ダメだ、こんな薄っぺらい内容じゃ半分も魅力が伝わらない!」

資料をみせるのが嫌になったから。

最近は版画教室に通ってる。

彫刻刀を研いでは顕微鏡で覗いて研ぎの研究毎日

たまにこういうハマりかたをする人がいるらしい。

もっとすごいハマりかたをした人を、数人は聞いたことがある。

友人どころか、全てを失くしても浮世絵にのめり込む例もゼロではない

2016-07-13

意識高い系を黙らせるただひとつ方法

意識高い系

「ああ、それ、流行ってるやつですね」

この一言で大抵黙る。

今まで、ミニマリストのやつとか、1日1食のやつとか、マッキントッシュ大好きのやつとか、瞑想する奴とか、湯シャン野郎とか、いろいろな意識高い系が鬱陶しいアピールをしてきたがこの一言をいうと大抵もうその話はしてこない。あまり悪意のある言葉じゃないから角も立たない。愛想笑いはしたくないし、距離は置きたいが、仕事必要コミュニケーションはとれるようにしておきたい場合有効だ。

意識高い系には「俺は流行最先端で、マイノリティで、ちょっと変わったことをするかっこよくて面白い人だ」っていう意識が必ずあるからカウンターで「流行りにちょっと遅れて乗っかるザコいミーハー野郎」っていうレッテルを貼ってやると強烈に出鼻をくじくことができる。

おまけに、これをいうと「あ、ああ、流行ってるの?」とか「え、べ、別に流行ってないでしょ」とか明らかにキョドるので超面白い

欠点としては特殊な習慣やライフスタイル実践している人がその話を振ってきた時にしか使えないことだ。意識高い系本質的定義である、ただの「すごそうなことは言うけど何にもできない無能」には使えないので注意。

2014-11-03

きょうのにっき

なんでOS Xのことマッキントッシュって言うのかなぁ。WindowsPC/AT互換機って言う? 言わないでしょ? しっかりしてくれ、情報工学教授殿。

祝日から電車に乗り慣れてないのが多い。中学生集団で俺の両サイドの扉前塞いでんじゃねーよ。なぁにが「あー人いなくなってすっきりした」だよ、バカ。テメーらが邪魔で降りるに降りられん人間がまだ俺含めて5~6人いんだよ、このノータリンが。そんな状況でフォーメーションチェンジして、扉からかいの扉へと集団で壁作って座席側にいる人間を出さないって、嫌がらせのやり方が高度すぎるだろ。発車ベルが終わるギリギリで降りられたからよかったものの……だから祝日って嫌い! くたばれ剣道部

ホビーショップでパテ選んでたら、年上のおじさんに突然話し掛けられた。びっくりした。何が目的だったのかよく分からない。

眠い。寝る。

2014-10-19

http://anond.hatelabo.jp/20141019172146

なんだこれ。

マッキントッシュとか言ってるオッサンと同一人物か。

キモオタかつこのSPAとか愛読してそうな気持ち悪いオッサン思考ってもう公害レベルだろ。

http://anond.hatelabo.jp/20141019173942

マッキントッシュかい単語が出てくるのもいかにもオッサンだし、

時代についていけないロートルキモオタがゴチャゴチャ言ってるとか不快以外の何物でもない。

ちなみに俺が初めてwindowsからmacに以降したときsnow leopard辺り)慣れるのに1日もかからなかった。

適応能力低すぎだろう。

2014-10-11

http://anond.hatelabo.jp/20141011162443

マッキントッシュはもう存在しない。マックだ。

Mac基本的操作Windowsと一緒だよ。

マウス普通に右クリック使えるしさ。

ただ最近iOS的な操作ガンガン取り入れてるから

使いこなそうと思ったらそっちにも慣れなきゃいけないんだよね。

マッキントッシュ普通に使えるようになるには

どのくらいの時間を要するだろうか。

普通に仕事で1日10時間ぐらいパソコンをいじっている。

ウィンドウズのみだけど15年ほど向き合っているので一般的には使える。

でも嫁さんが完全にマック一本なんだ。

家にパソコンは二台あるんだけど、なんかちょっとあってマックの方を操作するときネットで簡単な調べ物。マックの方だけが立ち上がっていた)まずマウスからしてストレスがある。何あれ?

たぶん、少し理解してのれんをくぐれば、いくら何でもウィンドウズとの共通ソフトまで使い方が違うことはないだろう。ストレスは激減するとおもう。

別にマックで何かをしたいわけじゃない。

ちょっとしたときExcelで簡単な計算をしたり、検索をしたり、五分もかからないことのためにウィンドウズのパソコンを立ち上げると起動までの時間がかかってしまうので、少しだけ動かせたらそれでいいのだ。

ウィンドウからマックに移行した人はどれくらいで基本操作理解した?

2012-08-24

http://anond.hatelabo.jp/20120824113418

いやいや、20年前にはNECが誇るPC-98って言うパソコンはあったし、X68000もあったし、マッキントッシュも有ったはずだ。

2012-03-04

マッキントッシュウイルス

マッキントッシュウイルス感染心配がなくて安心です!ウインドウズ(笑)

↓意訳

ブス「男の人にレイプされなくて安心!ブスで良かった!美人(笑)

----------------------------------------------------

ち、ちなみに神戸卒TOEIC700です… (; '‘ω‘`)

2011-10-11

http://anond.hatelabo.jp/20111011181220

Apple信者とやらが業界趨勢を決定付けられるほど大量にいるなら、とうの昔にAppleMSを追い落としてるよ。

業界標準になってるから使ってるってだけで、MS信者は少ないね

Windowsが生きのこったのは、MS-DOSからの流れ。

当時高かったんだよ、マッキントッシュは。(ソフトも破格だったし、プロ御用達だった。)

あの頃に、今みたいな戦略してれば、標準は違ったかもね。

当時にしてみりゃ設計は素晴らしかったのに、互換性維持を売りにしたWindowsに食われちゃった。

2011-01-18

http://anond.hatelabo.jp/20110118132231

モノヅクリ礼賛ってわけじゃないけど、Apple起業したジョブズマッキントッシュを作って世に出したけど、GREEモバゲーFacebookはなにをつくったの?

なにをもたらしたの?

誰がこの問題を解決するか?どう解決するか?

そういう気合がないじゃん。

2010-10-22

http://jp.techcrunch.com/archives/20101021new-macbook-air-review/

マッキントッシュなんてもう10年くらい触ったこともない。OSがどうなっているかとか対応アプリとかまるでわからない。

なのに欲しい。だが、これは罠。アップルの罠ッ……!!

2010-03-07

日本が再び輝きを取り戻すために必要なこと

日本ではイノベーションなど起こるはずがない。

日本は、いい意味でも、悪い意味でも、「他人に迎合することが重要視される」社会だからだ。

僕が考えるに企業世界で成功するためには、以下の2つの方法しかない。

・Professionalを集め、カイゼンを繰り返し続ける。

(例:トヨタマイクロソフト

・Great Thinkerが、イノベーションを起こす。

(例:アップル

トヨタは既にあった自動車産業に進出し、絶え間なく自動車の性能をカイゼンし続けることによって今の地位を築いたし、

マイクロソフトも、マッキントッシュを模倣したWindowsロータスを模倣したマイクロソフトオフィスカイゼンし続けることによって今の地位を築いている。

日本もこれまで、高い教育水準終身雇用による人材の囲い込みによって、Professionalによるカイゼンを推し進めたから、世界で成功してこれたのだ。

逆に、これまでに日本からイノベーションを起こしたような企業はないし、これからも出ないだろう。

なぜなら、日本のような迎合社会では、他人と異なる考え方は受け入れられないため、たとえGreat Thinkerたりうる人間がいたとしても、そのものがイノベーションを起こすに至る前に潰されてしまうからだ。

例えば、ホリエモンWinny作者もその例だ。彼らは、日本以外の国ではヒーローのような扱いをされるべきだと思うが、日本では社会によって潰され、ほとんど犯罪者のような扱いをされている。

だからホリエモンも今では、他人のために汗水かいても最終的には得をしない。という考え方や、今後も上場を目指して会社を起こすことはないだろうとTwitter上で発言している。

日本からイノベーションを起こすには、といった議論はあまり意味がないように僕は思う。

ルネサンス期のイタリアからミケランジェロダ・ヴィンチが生まれたようにイノベーションを起こすためにはその為の文化的背景が必要であり、

日本にGreat Thinkerが出てくるような文化をこれから築くのは、無理だと思うからだ。(それは迎合的文化をやめることを意味する。)

前置きが長くなった。

しかし僕は日本にGreat Thinkerが出てこないからといって悲観する必要はない。

また、日本が今後輝きを取り戻すのも難しいとは思っていない。

かつて日本がやっていたことをもう一度やればいいのだ。Professionalを大量に雇用し、世界髄一のペースでカイゼンを行い続ける。

ところで、僕は単純に仕事という観点から人を見たとき次の4つに分類されると思う。

①既存の事業や製品ベースに、それを飛躍させることが出来る人

②既存の事業や製品ベースに、それに積み重ねるをすることが出来る人

研究者開発者など)

③与えられた職務を、忠実に実行することが出来る人

税理士公認会計士弁護士アクチュアリー医者などは知識レベルは高くても、ここに位置する)

④与えられた職務を、忠実にこなせない人

日本が今、世界の中で衰退し続けている理由はこのうちの②、③の人材が少ないからだ僕は思っている。

なぜこうなったのか?

それは、少子化により、人材絶対数自体が減っていることに加えて、大学全入時代突入し、大学全体の平均学力も下がり続けているからだ。(これはかつてのゆとり教育により更に助長されるような結果に陥っている。)

この現在の状況を改善することが出来るならばきっと日本世界での地位をまた取り戻すことが出来るはずだ。

そのためには、下記のような対策を行えば良い。

①に対して

→Great Thinkerを日本から生むのは無理だと割り切り放置

②に対して

大学を減らし、博士号取得にかかる費用を限りなく下げることで、大卒者全体の学力レベルを大きく向上させる。

③に対して

高等専門学校専門学校資格学校の数を増やす。

④に対して

→ここに位置する人材は、②、③の人材の効率性を下げ、結果的に企業全体の成果を下げてしまう。

よってベーシック・インカム制度などの導入で、出来るだけ企業と関わる量を減らすことが好ましい。

これが成功すれば、日本の将来は明るいはずだ。そんなことを最近考えている。

2009-12-24

http://anond.hatelabo.jp/20091224051220

釣りじゃなくてそう思っているならジョブズスピーチを聞いてくれ

http://www.youtube.com/watch?v=qQDBaTIjY3s

http://www.youtube.com/watch?v=ShoOOS2GrWU

翻訳

http://sago.livedoor.biz/archives/50251034.html

こういったことは、どれも生きていく上で何ら実践の役に立ちそうのないものばかりです。だけど、それから10年経って最初のマッキントッシュコンピュータ設計する段になって、この時の経験が丸ごと私の中に蘇ってきたんですね。で、僕たちはその全てをマック設計に組み込んだ。そうして完成したのは、美しいフォント機能を備えた世界初コンピュータでした。

もし私が大学であのコースひとつ寄り道していなかったら、マックには複数書体も字間調整フォントも入っていなかっただろうし、ウィンドウズはマックの単なるパクりに過ぎないので、パソコン全体で見回してもそうした機能を備えたパソコンは地上に1台として存在しなかったことになります。

もし私がドロップアウト(退学)していなかったら、あのカリグラフィのクラスにはドロップイン(寄り道)していなかった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん