「倫敦」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 倫敦とは

2020-06-27

ポリコレ棒でまたアニメを叩きに行くのか…

黒人を描いたNHKアニメ動画はなぜ差別的で、「許されない」表現なのか

https://news.yahoo.co.jp/articles/52b551c785aabf5a6db98195c44fdac5362edf49

黒人」という呼び方差別か? 日本在住の外国人意見【Black Lives Matter】

https://news.j-wave.fm/news/2020/06/post-6201.html

関連;アメリカ黒人殺害抗議デモは、日本自身のことだし、人間としての問題です|月が綺麗ですね 綾の倫敦日記

https://news.yahoo.co.jp/articles/e963e8a9e6c90a7c6e9927b0d3dac3f6c9f8fe62

ただでさえこコロナ問題になっている時期に空気が読めずにデモをしでかして反社集団イメージがついてきているのにまた懲りずにアニメ界隈に殴りかかりにいっているのを見てもこの人達物凄く空気が読めていないのだなと思う。

今もデモ以降コロナが増加した事を指摘されて、それでただでさえ世間的にもイメージ悪化をしていて、これまでもポリコレ棒を汎用的に使い過ぎて、結果反差別こそただの人権ゴロだと言うイメージ世間一般イメージもついてきている中でまたこの様な事をしでかしているのだからね。

まぁ、騒ぎ立てて席を要求するのがこの人達のいつもの手口なのだけども。

ただこんな事ばかりしていたら黒人と言う人種こそ毛嫌いされる事になっていくだろうし、今後どのような創作においても黒人自体にも登場させられる事すらなくなっていく事だろうね。

しかもやっている事がこの人達反差別を盾にした言葉狩りであり、表現言論の抑圧でしかいからね。

またそれこそ人種自体否定し出す事はその自身人種をも否定している事とも言えると思うが。

もうこの事自体、この人達自身こそが自身人種卑下し、差別しているよね?

それとこの人達自身権利自由を主張する癖に他人権利に対しては物凄く不寛容であり、やっている事は他者に対する弾圧のものな訳だからね。

最も昨今漫画家漫画家著作権海賊版を盾に屁理屈を押し通して、DL違法化拡大と言う海賊版対策としてもおかしな代物を一般人に対してしでかしたけど。

そもそもアニメなんざピンクや緑の髪の毛とかデフォで出ている時点で人種とか騒ぐ奴等の方がおかしい連中と言うイメージしかもたれていないのにね。

しかリベラルリベラルで本気でこの時期に空気を読めていなさすぎて、自滅して言っているよなと思う。

そもそもこう言う事している癖に日本人にも黒人デモの件を自分の事の様に考えてほしいとか余りにも虫の良すぎる事を言っているとしか思われないからね。

当時の児童ポルノ禁止法や都条例等の騒ぎから思うけど、この手の反差別だの人権だのの人達そいつ現実空想区別がついていないのだろうなとは見ていて思う。

2020-06-22

そりゃ今の時期にデモなんてしたらコロナ増えるのも当たり前だよ

アメリカ黒人殺害抗議デモは、日本人自身のことだし、人間としての問題です|月が綺麗ですね 綾の倫敦日記

https://news.yahoo.co.jp/articles/e963e8a9e6c90a7c6e9927b0d3dac3f6c9f8fe62

米、新型コロナ感染者200万人突破 検査拡大やデモ参加なども背景に

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/06/200-21.php

アメリカ南部感染者再び増加 経済活動再開早すぎ?

https://www.fnn.jp/articles/-/54654

笑えないけど草。

そりゃこんな時期にデモなんてやらかしたら増加するのは当たり前だよ。

しっかし人権派だのリベラルだの反差別だの言う人達はこういう時はいっつもグローバル化だのなんだのや日本人にも自分事に考えてほしいとか都合の良い事ばかり言い出すよね。

少し前のニュースでもこんな事を言っているような人がいたからね。

マスメディアにもこの手の方々が多いのは事実なんでしょ。

そもそも世間的に反差別リベラルが嫌われ出したのは女性の子供だの人権だのLGBTだのの権利自由を主張する癖にその権利自由とやらで一般人に対して規制だのの抑圧や逆差別ばかりしでかしたからこそ毛嫌いされたのはあるのにね。

それこそ世間からポリコレ棒と呼ばれる程度にはこの人達が大暴れしていたのは事実

今のリベラルの退潮はそれこそこの反差別による一般人に対しての逆差別や抑圧によるものからね。

それに今回のこれ自体大統領選に使う目的なのは見え見えだしね。

当時でも別にトランプが良い訳ではないからね。

差別主義者と権利自由平等を言いながら、一般人を抑圧し逆差別してくる綺麗事を言う連中じゃまだ初めから差別主義者の方がマシだと判断されただけ。

どっちも論外の事には変わりがない。

それにこんなイベントすら今自粛されている時期にデモなんてやらかしたのは逆に世間的にもこの人達反差別の方々のイメージを押し下げる事にも繋がる事でしょう。

何せ反差別の方々は寄りにもよってこんな時期にデモ何かしでかして、寄りコロナ拡散させかねない危険な行動をしでかしたのだから世間的にはこの人達反差別黒人の方々こそ反社会的集団とみなされても仕方がない事でしょう。

から左の方々は左の方々で本気で空気読めていないよねと見ていて思う。

でも右も左もどちらもだけど、政治思想が偏っている人達はこのコロナ禍の時期においても平時と同じ感覚危機感がないよなと思うよね。

アメリカに関しては黒人デモ以外にも以前のコロナ自粛に反対するデモとかもあったみたいだし。

しか日本の寄りにもよってこの衛生面が言われている時期にレジ有料化をやらかそうとしている事と言い、このコロナ騒動を見ていると色んな意味空気が読めていない人が上や政治思想が偏った方々こそ多いなと思う。

2016-03-06

蛇の夢コンコースましったwwwwwwwwwwwwwwwwwww

天鵞絨じゃんけんブルメーター、めとっとろうさ、

「下記ライタ?」「切る槽目?」倫敦かまど、

馬事れん灯籠キスメwwwwwwwwwwwwww

舵wwwwwww舵wwwwwww

腎、敢然とう6区ら、馬林麒麟ダライ。

齧らネントレス

2010-10-31

http://anond.hatelabo.jp/20101031014814

去年俺は倫敦に住んでいた。

TUBEの中は魔女魔法使いミイラドラキュラマッドドクターやら真っ赤に顔を塗りたくった人に占拠され、

バスの中は家族連れの魔法使いがいて、

Piccadilly Circusの前にはローラーブレード履いたドラキュラの集団が走り抜けていった。

町中はハロウィンを売りにした商品が並びクラブはこぞって仮装ナイトをやり、3時頃になっても人は外歩いてた。

トリックオアトリートはやってなかったな。まあそんな感じだ。時代の流れってやつだ。


元々ハロウィンアイルランド移民お盆適当ぼったくりイベントアレンジしてるだけなんじゃないの?

2009-04-22

漱石の「私の個人主義」を読み返した。

私は始終中腰で隙(すき)があったら、自分の本領へ飛び移ろう飛び移ろうとのみ思っていたのですが、さてその本領というのがあるようで、無いようで、どこを向いても、思い切ってやっと飛び移れないのです。

 私はこの世に生れた以上何かしなければならん、といって何をして好いか少しも見当がつかない。私はちょうど霧(きり)の中に閉じ込められた孤独(こどく)の人間のように立ち竦(すく)んでしまったのです。そうしてどこからか一筋の日光が射(さ)して来ないかしらんという希望よりも、こちらから探照灯を用いてたった一条(ひとすじ)で好いから先まで明らかに見たいという気がしました。ところが不幸にしてどちらの方角を眺めてもぼんやりしているのです。ぼうっとしているのです。あたかも嚢(ふくろ)の中に詰(つ)められて出る事のできない人のような気持がするのです。私は私の手にただ一本の錐(きり)さえあればどこか一カ所突き破って見せるのだがと、焦燥(あせ)り抜(ぬ)いたのですが、あいにくその錐は人から与えられる事もなく、また自分発見する訳にも行かず、ただ腹の底ではこの先自分はどうなるだろうと思って、人知れず陰欝(いんうつ)な日を送ったのであります。

 私はこうした不安を抱(いだ)いて大学卒業し、同じ不安を連れて松山から熊本へ引越(ひっこ)し、また同様の不安を胸の底に畳(たた)んでついに外国まで渡(わた)ったのであります。しかしいったん外国留学する以上は多少の責任を新たに自覚させられるにはきまっています。それで私はできるだけ骨を折って何かしようと努力しました。しかしどんな本を読んでも依然(いぜん)として自分は嚢の中から出る訳に参りません。この嚢を突き破る錐は倫敦ロンドン)中探して歩いても見つかりそうになかったのです。私は下宿の一間の中で考えました。つまらないと思いました。いくら書物を読んでも腹の足(たし)にはならないのだと諦(あきら)めました。同時に何のために書物を読むのか自分でもその意味が解らなくなって来ました。

 この時私は始めて文学とはどんなものであるか、その概念(がいねん)を根本的に自力で作り上げるよりほかに、私を救う途はないのだと悟(さと)ったのです。今までは全く他人本位で、根のない萍(うきぐさ)のように、そこいらをでたらめに漂(ただ)よっていたから、駄目(だめ)であったという事にようやく気がついたのです。私のここに他人本位というのは、自分の酒を人に飲んでもらって、後からその品評を聴いて、それを理が非でもそうだとしてしまういわゆる人真似(ひとまね)を指すのです。一口にこう云ってしまえば、馬鹿らしく聞こえるから、誰もそんな人真似をする訳がないと不審(ふしん)がられるかも知れませんが、事実はけっしてそうではないのです。近頃流行(はや)るベルグソンでもオイケンでもみんな向(むこ)うの人がとやかくいうので日本人もその尻馬(しりうま)に乗って騒(さわ)ぐのです。ましてその頃は西洋人のいう事だと云えば何でもかでも盲従(もうじゅう)して威張(いば)ったものです。だからむやみに片仮名を並べて人に吹聴(ふいちょう)して得意がった男が比々皆(みな)是(これ)なりと云いたいくらいごろごろしていました。他(ひと)の悪口ではありません。こういう私が現にそれだったのです。たとえばある西洋人が甲(こう)という同じ西洋人の作物を評したのを読んだとすると、その評の当否はまるで考えずに、自分の腑(ふ)に落ちようが落ちまいが、むやみにその評を触(ふ)れ散らかすのです。つまり鵜呑(うのみ)と云ってもよし、また機械的の知識と云ってもよし、とうていわが所有とも血とも肉とも云われない、よそよそしいものを我物顔(わがものがお)にしゃべって歩くのです。しかるに時代が時代だから、またみんながそれを賞(ほ)めるのです。

 けれどもいくら人に賞められたって、元々人の借着をして威張っているのだから、内心は不安です。手もなく孔雀(くじゃく)の羽根を身に着けて威張っているようなものですから。それでもう少し浮華(ふか)を去って摯実(しじつ)につかなければ、自分の腹の中はいつまで経(た)ったって安心はできないという事に気がつき出したのです。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/772_33100.html

  • 「霧の中に閉じ込められた孤独人間
  • 自分の酒を人に飲んでもらって、後からその品評を聴いて、それを理が非でもそうだとしてしまういわゆる人真似

100年後も色あせない漱石先生の表現力には恐れ入谷鬼子母神

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん