「グラスリップ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: グラスリップとは

2018-12-18

anond:20181218213217






グラスリップ」を絶賛する奴とは分かり合えない。


 

2018-04-24

19歳女による2018冬アニメ感想(4/28追記)

ゆるキャン△

しまりんかわいい

日常系で久々にハマった気がする

ナレーションも良い味出してた

追記

なでしこかわいい

ポプテピピック

声優知識がないため知識がある人よりは楽しめなかった

方向性は合ってたと思うけどディズニーチャンネルのおっはよー!アンクルグランパとかほど振り切れてなくて消化不良な感じ

最後まで見る程度には面白かった

訂正

ディズニーチャンネルではなくカートゥーンネットワークだった

最近電脳ムシオヤジ見たので混ざってしまっていた、申し訳ない

電脳ムシオヤジあんまり面白くなかった

宇宙よりも遠い場所

OP冒頭のぐるってなるところが好き

単純にストーリー面白かった

ちゃんと全要素を回収しきれていて毎回テンポ良く進むので全話一気に見たら絶対楽しい

博多豚骨ラーメンズ

登場人物驚異の男率

主人公の林ちゃん女装男でシャワーシーンまであったのにパンツが女物かどうかの描写がなかったのが少し残念(あったらあったで妄想余地がなくなるので少し残念)

あと服買うシーン入れるぐらいなら毎回服装変えろ

終盤の全員が力を合わせる流れに違和感あったけど一部アニオリらしい

ストーリーは気になる点が何個もあったけど林ちゃんがかわいかったので良し

りゅうおうのおしごと!

将棋分かんないけど楽しかった

歩夢きゅんの出番が来て終わる度にそれだけ!?ってなってた

その他

大罪好きだったか美徳も期待してたけど結局見なかった

毎期必ず全アニメ1話は見てるのに忙しくて0話切りアニメが多くなってしまったのは非常に心残り

キリングバイツは途中まで見て面白かったのに録画を見る時間がなくて切ってしまった

今期もまだメガロボクス銀英伝ウマ娘とされ竜しか見ていないので同じ流れになる予感

追記

sin七つの大罪は本当に最高のアニメだった

2017年春はこれと冴えカノと有頂天家族2期とロクでなしとすかすかとフレガと恋愛暴君カドサクラクエストを見ていたがこの中で面白さ第1位(サクラクエスト以外全部1位)

アートランド大変だったみたいだけど大きな作画崩壊はなかったし最終話普通に感動してしまった

エロ大丈夫な人には普通におすすめできるアニメ

ウマ娘PAなので放送から期待していた作品の1つだった、内容は期待以上

PA作品はCANNAN(再放送)、AB(再放送)、Another、RDG、有頂天家族(2期も)、凪あす、SHIROBAKOCharlotteハルチカサクラクエストを全話見ているので結構好きなんだと思う

グラスリップだけは途中離脱、他はそもそも見てない(クロムクロは見たかったがあの時期のアニメは全く見れてない)

好きなのはAnother有頂天家族SHIROBAKOハルチカ

ゴールデンカムイはまだ見てないけど事前情報全くないので1話を見るのが楽しみ

2018-01-21

2008年アニメ監督とその後の監督

狼と香辛料高橋丈夫狼と香辛料II」「ヨスガノソラ」「だから僕は、Hができない。」「まおゆう魔王勇者」「六花の勇者」「ひなこのーと」「citrus
AYAKASHI高田-
シゴフミ佐藤竜雄モーレツ宇宙海賊」「輪廻のラグランジェ」「魔弾の王と戦姫」「アトム ザ・ビギニング
君が主で執事が俺で工藤進まじっく快斗1412」「南鎌倉高校女子自転車部」「Dies irae
破天荒遊戯高本宣弘07-GHOST」「おおかみかくし」「べるぜバブ」「ガイストクラッシャー
true tears西村純二ぬらりひょんの孫」「DOG DAYS」「グラスリップ」「ばくおん!!」「ViVid Strike!」「バジリスク 〜桜花忍法帖〜
PERSONA -trinity soul-松本淳閃光のナイトレイド」「BROTHERS CONFLICT
H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-橘秀樹ドラゴンクライシス!」「BLAZBLUE ALTER MEMORY」「武装少女マキャヴェリズム
ロザリオとバンパイア稲垣隆行ロザリオとバンパイア CAPU2」「ジュエルペットサンシャイン」「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」「聖剣使いの禁呪詠唱」「空戦魔導士候補生の教官」「初恋モンスター」「タイムボカン24
のらみみ湖山禎崇のらみみ2」「はんだくん
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-石踊宏私がモテてどうすんだ」「境界のRINNE(3期)」
墓場鬼太郎地岡公俊ドラゴンボール超
俗・さよなら絶望先生新房昭之ひだまりスケッチ×365」「まりあ†ほりっく」「夏のあらし!」「化物語」「【懺・】さよなら絶望先生」「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」「荒川アンダー ザ ブリッジ」「それでも町は廻っている」「魔法少女まどか☆マギカ」「電波女と青春男」「ささみさん@がんばらない」「ニセコイ」「メカクシティアクターズ」「幸腹グラフィティ」「3月のライオン
ARIA The ORIGINATION佐藤順一うみものがたり 〜あなたがいてくれたコト〜」「ファイ・ブレイン 神のパズル」「たまゆら〜hitotose〜」「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」「M3〜ソノ黒キ鋼〜」「あまんちゅ!
みなみけ〜おかわり〜細田直人未来日記」「はたらく魔王さま!」「失われた未来を求めて」「十二大戦
ウエルベールの物語 第二幕浜名孝行図書館戦争」「獣の奏者エリン」「もしドラ」「ムシブギョー
ポルフィの長い旅望月智充さらい屋五葉」「pupa」「雨色ココア「バッテリー」

2017-09-24

サクラクエストのどこが駄目だったか

1 代わり映えのしないストーリー

 まずこれですわあ。ひたすら一本調子だよね。1クールなら金太郎飴でいいけど2クールそれだとキツいよね

2 主要キャラ物語の薄さ

 下手するとサンダルさんが一番ストーリー濃いよね。準レギュポジなのにね。

3 題材選びの失敗

 田舎が寂れてるから観光を頑張るぞい。でも売りになるものあんまりないぞい。どう盛り上がれと。

4 カタルシスの薄さ

 25話見たのにいまいち物足りないよね。ああ普通に祭り王国終わったね―無事終わって良かったーぐらいの感じ。通ぶりたい人はそこを褒めるんだろうけど、それとトレードオフにした物が大きすぎますよ。木  春由乃みたいないいシーンもあるけど全体的にはシメとしては弱いよね。

5 宙ぶらりんな物の多さ

 後々の布石だけ用意しておいて最後までやりきってない感じがする要素がちょくちょくあるよね。ワンピース伏線じゃないんだからいつまでも散らかし放題にしないで。

6 安心感の薄さ

 続編を作るような作品じゃないんだから見終わったあとは、登場人物がそのあと幸せ暮らしていけることがイメージ出来る終わり方のがいいよね。作品にもよるけどさ。ちょっとまだまだ先行き不安すぎません?

7 扱いきれてないキャラの多さ

 5に近いけどキャラフォーカスあてるバランスいまいちだよね。モテい組とかサンダルさんみたいなストーリー最後まで走りきったサブキャラもいるけどそうじゃない人も多いよね。なんか尻切れで終わってるよね。

8 メインキャラすらも物語の途中

 扱いきれず中途半端な所で話が終わってるキャラの中にメインキャラも入ってるのはちょっと参るよね。なんかこう「ここまで来たらこの人はもうこの先絶対折れないな」と言える所まで辿り着けてない感じのキャラが本当に多いよね。

9 帯に短し襷に長し

 結局ここだよね。2クールという枠に対してやろうとした事が多すぎたのか少なすぎたのか全体として中途半端だよね。とにかく中途半端中途半端いいすぎだろって自分でも思うけどこの作品の駄目な所本当にそこなんだもの

10 期待値の高さ

 同じシリーズの前作が良すぎたね。というか最近PAは頑張ってるから皆期待しすぎてた。これがグラスリップの直後で、お仕事シリーズ第一弾だったら普通に面白い程度の評価にはなってたんじゃないかね。まあ普通に面白い範疇な気もするけどね。期待しすぎてたんだね、私こそがこのアニメに期待しすぎてたんだね。

艦これサクラクエストが何故クソかというと脚本監督のせいだけではない

何でもやりたい事を指示したプロデューサーが悪いのを知らずに安易脚本のせいにしちゃうようなにわかアニメ語って欲しくないですね。

理由オリジナルの別作品担当する同じ脚本家監督がその有能さを発揮しているから。となるともっと上の人間の指示が大きく影響した結果だろう。

かつてガンスリンガーストラトスというクソアニメがあったが、そもそもクソつまらんのにこれを不朽にしたのは最終回放送前後放送されたアニプレの某プロデューサーインタビュー番組で、氏が仕掛けたという、

つのエンディング展開という話があったが、問題はそこじゃない。そこじゃないというか、アニメ全体を通して見て何故アレにOKを出せたのかという点だ。

きらきら星かよと今なら思う出来事だった。あの時のPのドヤ顔が忘れられない。

艦これサクラクエストも同じでPがやりたい放題した事は各スタッフ関係者の(削除済み)ツイッターイベント等で確認できる。

艦これ2期は件のPが干された為に制作中のまま頓挫するのではと某所で批判されたので、なるほどプロデューサー必要だわと思った。

ましてやヒットメーカー田中某氏のいないお仕事シリーズが名作の訳がないじゃないか。いわば生みの親だぞ、あの人は。

本当に名作だと思うなら何で最終回放送後に虚無感、空虚感が芽生えたのか(まるでグラスリップ)、是非ともご教授願いたいところ。

https://anond.hatelabo.jp/20170924023251

2017-09-01

https://anond.hatelabo.jp/20170901024357

答えるしかねーな、答えるしかねーよ。



①「グラスリップ

クソアニメといえばこれ。

全話見たあと、「後悔している事は何か?」と尋ねられたら確実に「グラスリップを全話見てしまったこと」と答えるだろう。



②「ケイオスドラゴン

クソアニメといえばこれ。

アニメ×スマホゲーム×ボードゲームが連動する企画だったが、アニメは爆死、スマホゲーム一年サービス終了。

さて。

ボードゲームはどうなったかというと全く音沙汰がない。

公式サイト http://sai-zen-sen.jp/special/chaosdragon/ には2015年夏発売とあるが……もう2017年夏も終わるんだが?

せめて発売延期告知くらい出せ。

話がそれた。

星海社太田克史よ。ケイオスドラゴンアニメ放送前にこんなことを呟いてたよな?



太田克史?@FAUST_editor_J

> 深夜の勢いで呟きますが、アニメ製作現場に興味のある人、とりわけ「脚本家志望者」のひとは

本日7/2(木)から放送開始される『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』を騙されたと思ってぜひ録画して

> おいてください。マストです! #chaos_anime #ケイオスドラゴン #ケイオスのある暮らし

太田克史?@FAUST_editor_J

> きのう勢い余ってつぶやいてしまった、脚本家志望者のひとは『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』をぜひ

> 録画しておいてねツイートですが、一ヶ月ほどするとちょっと(?)いいことが起こるように只今じわっと

準備中です。録画データ、消さずに待っていてくださいね。<(_ _)> #ケイオスのある暮らし


逃げるなよ、太田克史。お前の口から聞きたい。「いいこと」ってなんだよ?



③「ウィザードバリスターズ 弁魔士セシル」

一話だけは良かった。一話だけは。



④「ガリレイドンナ

これも一話だけは良かった。一話だけは。

オーバーオールにつられて最後まで見たのは俺だけじゃないはず。




以上だ!

2017-05-09

覆面系ノイズやばい

話の展開もキャラクター性格言動理解不能でとにかくやばい

BSフジで見ているが、前クールでやっていたアイドル事変が狙ったやばさだったのに対しこっちは天然のやばさを感じる。例えるならグラスリップか?

自分の語弊の無さだとやばいしか出てこないが、とにかくやばい

2016-01-07

妹萌えコンテンツが少なくてつらい

シスコンを一括りにしてはいけない

シスコンだとか妹萌えだとか簡単に言ってくれるが、同じ「シスコン」のあいだにもそれはもう深い深い溝がある。俺たちは同じシスコンであっても、決して分かり合えない。

シスコンに「実妹派」と「義妹派」があるのは御存知の通り。この両者は、きのこの山たけのこの里ほどの違いがあり、たびたび紛争が生ずる。

それだけでなく、妹萌えには「実存派」と「ロマン派」があり、さらに「三次元派」と「二次元派」に分かれ、そのさらには「兄妹派」と「姉妹派」に分かれる。

ちなみに俺の立ち位置は、実妹派で実存派で二次元派でそのなかの姉妹派に属する。どのような作品が好みかと告白をすると、となりのトトロサツキとメイであるとか、グラスリップの透子と陽菜なんかに萌えを感ずる。世に溢れている妹萌えコンテンツほとんどが「兄妹萌えロマン派」そしてR18でないラノベだと「義妹派」となるため、俺のようなマイナー属性持ちのシスコンには非常につらい。

妹萌えコンテンツは溢れているのに、自分理想の「妹萌え」をどれだけ探せども、めったに巡り会えない。砂漠の干からびた魚のような虚ろな瞳で、今日も俺は「妹萌え」を謳った商品を買い漁る。が、満たされない。

俺は実妹持ちだ。実妹持ちにとって、通常の「妹萌えコンテンツにおける「兄」という存在萌えるための最大障壁となる。兄妹モノの官能小説も数十冊読んだが、総じて「兄貴サイテーだな」という自己嫌悪の念しか抱かない。

ゆえに姉妹モノでしか萌えられないわけだが、二次元アダルト小説だと、姉妹百合は少ない。誰かおすすめ姉妹百合R18小説を知っていたら教えてくれ……。

このままでは萌え欠乏症になって倒れてしまう。

2015-08-06

http://anond.hatelabo.jp/20150806153842

煽りではなくて「グラスリップ」もですか?

こちらは脱落したので、そういう評価を持っている人がいても、全く不思議ではないのですが。

true tearsは好きだったので、かなりガッカリしたのを覚えているのですが。

2015-07-26

Charlotte4話 どうしようもなくつまらねえ

3話に引き続いて4話もつまらないとかありえねえ。5話もつまらなかったらどうしよう。最後までつまらなかったらどうしよう。

展開がトロいしだるいし盛り上がらないしでもう最悪。

だーまえいい加減だらだらした日常ギャグシーンに伏線張っておく、みたいなノリやめろよ。

伏線仕込むという目的があるのはいいけど、それで各話ごとの面白犠牲にしてたらダメだろうが。

エロゲじゃないんだからもっとメリハリ付けてやれよ。

どうせ最後まで見てくれるだろうみたいな甘えがあるんじゃねえのかやっぱり。

キャラ掘り下げたいのか、ストーリー伏線貼りたいのかどっちかが曖昧な3話、4話はほんま最悪だぞ。

それともこれだーまえじゃなくてPAWORKSが悪いのか? 

PAWORKSは何でもかんでも大げさでハイテンションごまかそうとするからギャグ描写ホントヘッタクソだと思ってるけど、PAWORKSとだーまえ脚本相性悪すぎるんじゃねえの。

本当にテンション高いのが適してる花咲くいろはSHIROBAKOは良かったし、無理にギャグしない凪のあすからはよかったし、ANOTHER原作と違った作品に化けたがあれはあれでよかった。だが、グラスリップといいこれといい、ひたすらにダダ寒い

CLNNADの「それと便座カバー」だとか杏と体育館に閉じ込められる、みたいなギャグ見かえしてみたけど同じように繰り返ししてるようにみえ苦痛じゃなかったし、体育館のシーンも結構時間かけてたけど苦痛じゃなかった。CLANNADでもリトバスでもこの作品でも野球やってるが、京アニ作品CLANNADにかぎらずリトバス面白かった。なんでこの作品だけダメダメなっちゃうんだよ。やっぱりPAWORKSがだーまえ作品担当したのがダメなんじゃねえの。

1話であんだけ話詰め込む力合ったのに3話4話と10分も書けずに放送できるような内容をだらだらと。

3話で完全な能力が発動する条件がわかりました、程度。

4話では主人公ちょっと今までから変わってきて、他人に心を開くようになりましたを象徴するために野球やったはいいけれど、主人公が完全な能力に目覚めたらどうなるのかって話と、主人公能力発動してる時相手はどこにいってるのかという話に。そんなんオチは1話の「我、他人を思う」の時点である程度わかりきってることじゃねえか。

そんなん、どーでもいいわ。

2015-07-22

Charlotte3話見たが麻枝准はやっぱりアニメ脚本ダメだわ

http://www.nicovideo.jp/watch/1437122012

この話は単体で見たらどうしようもないくらいくだらない話だった。内容ペラペラでその分お寒い演出をだらだらと。これ10分くらいで出来ただろ。

なにより西森柚咲の扱いがひどい。がっこうぐらし!に出てくる現実逃避女よりこちらのほうが数段やばい唐突意識を失って気づいたら数時間飛んでて知らない間に自分がなにかやらかしているらしいのに全く動じていない。そんなことどうでもいいと言わんばかり。何考えてんだこの女気持ち悪い、でもフォローあるんだろ?って思って待ってたら途中で姉の美咲に入れ替わってから一切フォローなし。姉の美咲はすっきりするかもしれないが、妹は?姉は不良仲間のクズを励ます暇があったら、いきなり違う学校に転校させられる妹に何かいことなかったの?手紙でも書けばよかったのに。

そりゃきっと見えないところでフォローするんでだろう。きっと見えないところで柚咲は姉の存在を感じ取っていて言葉不要なんだろう。でも、他の余計な部分をだらだらと描写する暇があったら、ちゃんと描けよ。と見ていてムカムカさせられる展開だった。相当こちら側で脳内補完しないと耐えられんよこれ。

ただ、後への伏線とかんがえるとかなり重要情報がたくさん提示されている。今回の肝は西森美咲だけは能力が不完全ではない完璧能力であることだ。あれだけいちいち他の人間能力に「なんて不完全な能力なんだ」とツッコんでいた主人公がそれを指摘しないのだからまちがいなかろう。ここから逆算すると、学生能力発言する条件、それから能力が不完全な理由もわかってくる。そして、OP及び1話の演出から主人公の妹が能力発言することはほぼ確定であるし、おそらく不完全ではない能力に目覚めるであろうことも推測できる。となると、アホで可愛い妹がどういう状態に追い込まれるかもうすうす想像がつくだろう。また、今回のお寒いシナリオだが、麻枝准のクセからして、今回のストーリは主役級のキャラリフレインすることになる。以上の条件を満たすとだいぶこの先の展開が絞られてくる。

ってことで、これがラノベ美少女ゲームだったら伏線貼り、ってことで納得できる。情報的にも重要な話だというのもわかる。だが、そこをもっと面白く見せられなかったのか。アニメは1話1話が面白く無いとダメだろうが。しまもよりによって3話だと3話。一番大事なところだ。一番大事な3話でこのクオリティはあり得ない。グラスリップの方がまだなんぼかまし。ま、グラスリップと同じように最後まで見れば面白い可能性はあるが、最後までみないと面白さがわからなくなってしまうというのは、アニメ脚本としてはやはり難がある。

いろいろ文句は言ったし実際3話は単体ではどうしようもないくらいつまらないという結論は変わらないが、文句を言った以上最後まで見るつもりだ。

2015-04-14

友達SHIROBAKOは素晴らしい。PAアニメ会社で№1だ」

オレ「じゃ、グラスリップとAngelBeats見ても同じ評価なのか?」

友達「……」


なるほど。

2015-02-25

グラスリップについて、グラすってリップ

 P.A.WORKS製作したアニメの『グラスリップ』見ましたよ。中々でした。

#

※以下ネタバラシ有

#

ネットでの評価はよろしくない

#

 売上が良くないと言われたら「そうだね」としか言えません。

グラスリップ』には「あざとい」もそこまでありません。

もっと金を巻き上げてよかったのでしょう。次の『SHIROBAKO』が人気だから、まあ、ほら。

#

 内容に関しては「おや突拍子もないね」というシーンはありましたが言われている程は、

気になりませんでしたね。口下手な脚本さんなのでしょう。いいじゃありませんか。

だけど頻繁に家を訪ねるの、あれは気になりましたね。ジャスコ行きなよ、田舎学生なんだから

#

伝統試行錯誤

#

 ともかく舞台P.A.WORKSらしいというか『true tears』っぽかったです。

主題歌、学園、ニワトリ、ちびキャラの走るエンディング三角関係、とかとか。

その一方で止め絵とかアイコンとか、新しい要素もあって感心しましたね。

#

 デフォルメアイコンを出してコミカルにやるのは慣れましたね、悪くなかったかも。

止め絵は基本的には「ここで止め絵かいな」とよく思いましたけど、

個人的には「いいな」ってシーンも一回二回ありました。難しいでしょうねアレ。

止め絵で映像は停止しているのに音声とか時間自然に流れていくので、

真面目なシーンで止め絵が入ると「今どうなってるの! 早く!」って気になって、

止め絵が好きになっちゃう人もいるでしょうね、私みたいに。でも、不評でしょうね。うん。

#

 あ、あとダビデくんの分身心の声。アレ、実写だとそこまで違和感ないでしょうし、

気にならなかったのですけど、ネットだと面白おかしく取り上げられてますね。

人間生きてれば分身ぐらいすることもあるでしょう、さもありなん。

#

 やっぱりアングルはやや斬新でしたけど、そこまで感心するところはありませんでした。

改善要求する。評価としては三角しょうが挑戦したその心意気や良しという感じですね。

#

恋愛要素

#

 ダビデくんの父親が半分専業主夫みたいだったり(建築家らしい)、幸(薄幸目鏡文学少女)が新しい恋愛したり、

そういう革新的なところ評価できますね。

「私は女だけど透子ちゃんも祐くんも恋愛的に好き」って、二人を呼び出してさらっと殴った割に

「(透子にはダビデがいるし?)(祐と二股になるし?)透子ちゃんとはこれから友達として」って、凄いですよね。

幸(薄幸)ちゃん新しい、素晴らしい。

ともかく世間を先取りした恋愛提示するのは名作の役目ですね。『グラスリップ』が名作かどうかは、まあ。

#

 恋愛全体に関しては、感情移入しませんでしたが逆に悪くないような気もしました。

一話でニワトリをどうするか突然悩んで「相手の意見なんて自分はこれまで聞いてこなかったんだ」という、

当然の事実主人公の透子は気づいて、そこから周りに目を向けていったら無神経な透子は裏目裏目で悪くなっていく、という。

#

 改めて周りを見れば、透子を含めて相手と上手くコミュニケーションできない人間ばかりで、

不和も生まれるのだけど「そういう無神経なところ(不器用さ)が好き」という結論採用されていく。

そういった「相手を許していく」作風なので、ネット的・自己責任論的・他罰視点で見ると面白くないでしょうね。

#

恋愛要素;不器用なやつら

#

 キャラクターを見る際に例えば「透子を取られてしまうのではないか」という問題が作中ありますが、二通りに分けましょう。

ダビデの突然の登場に戸惑って喧嘩する雪哉に対して、やなぎはダビデと直に話す(怒る)ことで場を収める直接性を示す。

透子とダビデの仲を静かに壊そうと企んだ幸に対して、祐は静かに怒って山に登るというまるで口下手な間接性を示す。

#

 こう「関係を壊す」際には直接性と間接性と分かれるのですけど「関係を築く」際には統一性があるかもしれませんね。

やなぎは独白のように一方的に雪哉に告白したり、雪哉は電話をかけて「お前と話すと落ち着く」と言ったり直接的で、

幸と祐とも一応告白という形を取ったり唐突に親にボーイフレンドだと紹介したり大胆で直接的に関係を築くと。

仲直りの際には、やなぎと幸は口下手なメールを相手に送って、相手がそれに応えるという静かな感じで。

仲直りは静かで、告白は激しくて、分かりやすくていいですね。古典的で。確かにもう少し斬新でも良かったかもしれない。

#

 透子とダビデはいつも全力という感じで「コミュニケーション滅茶苦茶下手」って感じですね。言うまでもない。

#

⑤小さな平和

#

 ダビデの親夫婦の仲睦まじい感じや、透子の親夫婦デコボコだけれど仲の良い感じ、

なんだか悪くなかったですね。イチャイチャとしていて、平和で、健やかで、落ち着いていて。

#

 ガラス工房の娘の透子が未来を、ガラス等がきっかけとなって「見える」と言うのと、

ピアニストの母を持つダビデ未来が「聞こえる」というのは似た者同士というか、恵まれているというか。

#

 こう似ている割に、誰からも好かれる透子と、侵入者として扱われて✝唐突で当たり前の孤独✝を抱えたダビデという、

無神経でコミュニケーション下手同士の癖に、まるで察せない透子と相手を知ってもまるでなってないダビデという、

なんとも対照的というかなんというか、という感じでしたね。なんというか、かんというか。

#

青春;動揺と、そのあっけなさ

#

 『グラスリップ』のネット上の感想ざっと見ると「展開動いて」という意見が、ちらほら。

例えば物語序盤に「未来カケラ」という未来を見聞きする能力のせいで透子とダビデは知り合うのですが、

実際に透子とダビデが見聞きしていたのは未来でもなんでもなかったという、あっけない結論に落ち着きます

この「未来カケラ」は恐らく夢のようなもので、まぐれで「正夢」を見聞きしただけで結局は現実でもなんでもないと。

#

 序盤に「未来カケラ」として見えた、線路を歩く「スタンド・バイ・ミーごっこ」も起きなかったし、

ダビデが墜落していくこともなかった上に、幸が入院するのもまるで大したことないと。なんともないと。

#

 なんじゃそりゃ。

#

 ただ、そういったハリボテの幻覚に透子は悩まされていきますしハリボテの「未来カケラ」のおかげで、

最後ダビデの気持ちが分かったようになった、と。なんだかハリボテに悩まされもしたけど、悪くなかったと。

#

 透子は母親から青春時代未来を見てると勘違いしてたけど、なんでもなかった」と言われ、

母が同じく昔「未来カケラ」を見ていたことを知りますが更に、これより以前に透子は母親から

本当に未来のことが分かったとしても「一粒で二度おいしい」だけで、別になんてことはないと諭されています

混乱しても全然なんてことはない、と。『グラスリップ』はあっけない感じに持って行くのですよね。

#

 劇中あっけないシーンは割と多くて、例えば「てへぺろ」を連発するおちゃらけた祐の姉が、

珍しく泣いて病室から出てくると思ったら、どうやら病室にいるのは彼氏らしいと。一大事じゃないですか。

だけど時が経つと無事に退院してコーヒーを飲みに来ると。なんてことはなかったと。そうなの? 嫌いじゃないけど。

#

 新しい恋愛体系とか「そういう無神経なところが好き」とか、なんだか『グラスリップ』ってとても、

許容的で包容力あるなって思うのですよね。「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」って感じで。

あっけなくて拍子抜けでコケオドシだけれど『グラスリップ』は積極的に許していくスタンス評価に値します。

#

⑦雑な総括

#

 基本的映像も美しいですし、終盤の空とかガラスとか月とか綺麗ですよね。

私は『グラスリップ』、とても綺麗な作品だなと思いましたね。別にそんな悪くなかったです。

ヘイトスピーチ」とか「過激派組織IS」とか排外的問題が取り巻く今に、

グラスリップ』みたいな包容力のある作品が出てきて良かったと思いますけど。

弁護、になっちゃいましたかね。『グラスリップ』を作ったみなさん、ありがとうございました。では。

2014-12-29

2014年アニメ7選byアニメをあんまり見なくなったリーマン

月刊少女野崎くん

少女漫画しすぎてなくて見やすかった。

ちよちゃんかわいい

ありがちっちゃありがちかなあと思ったけど。

2倍速で見てちょうどいいテンポだった。

あとOPED歌が両方よかった。

個人的に好きだったのはOPのサビあたりのたぬきに切りつけ→爆破シーンと、

野崎くんとちよちゃんの足元がアップになって、歩く歩幅の違い的な演出があったところ。

残響のテロル

序盤のワクワク感はかなりよかった。

中盤から後半にかけてが残念だった。

序盤のノリで丁寧に作り直してほしい。

あと妙に神話に詳しい刑事さんとかはお腹いっぱい。

ちょっと話それるけど、タイムスリップした人間たまたま歴史に詳しいとかも本当都合良すぎるからやめて欲しい。

全体的に竜頭蛇尾

SHIROBAKO

ダークホース

TARITARIやらグラスリップやら凪の明日からやらあたりで凋落したと思ってたピーエーワークスの本気を久しぶりに見た。

お仕事アニメとして面白い

社会人がメインになるアニメってだけでなんか安心して見れる。

一週間フレンズ。

エロゲの1ルートプレイしている気分になった。

作画も声もよかったけど、終盤の展開がやっぱり多少無理矢理感があったのと、もともと一発ネタ的な意味合いが大きかったから、30分1クールやるのはちょっとダレた気がする。

EDの歌がよかった。

スペースダンディ

空っぽにして見れたからよかった。

クリエイター趣味全開って感じで。

商業主義の昨今でここまでいろいろやりまくったのはほんとすごいと思う。

そのくせ最後はなんだかんだでうまくまとめてたし。

世界征服謀略のズヴィズダー

DTB星空めておってことで見ることにした@昔はエロゲーマー

メインのストーリーが投げっぱで終わったのは残念だったけど、中途半端にメインとサブの話を混ぜたり、ノリが前半と後半で変わるよりはよかったと思う。

肩の力を抜いて毎回楽しんで見れた。

中二病でも恋がしたい!戀

キャラがメインでからんでくることが多かったのと、

もうゆーたとりっかがくっついてどうこうって話だったから、

俺の好きなでこさまペアがあんまり見れなかったのが寂しかった。

でもにせさまーの回はかなりよかった。最高。

途中で挫折したシリーズ

グリザイアの果実

原作やろうと思って見なくなった。

ググれコックリさん

最初面白いかなと思ったけどさすがにワンパターンすぎて飽きた。

ガンダムGのレコンギスタ

富野節に耐えられなかった。

白銀の意思 アルジェヴォルン

軍にいるのに好き勝手する主人公と、行き当たりばったりなストーリーに耐えられなかった。

あいまいみー2期

マンネリ

天体のメソッド

昔ながらのエロゲをやってる気分になった。

主人公ヒロインが男だったらもろにエロゲ

テンプレ過ぎてフェードアウトするように見なくなった。

久弥直樹ってことで期待しすぎたのもある

その他バトルものハーレムもの最初から除外してた。

オリジナルアニメを見ることの方が多い。

原作あれば原作は読んだけどアニメは見てないってのも結構ある。

クロスアンジュとゆうきゆうなは勇者である面白そうかなあと思ってるけど、さすがに話数が溜まりすぎてなかなか手が出せない。

特に後者タカヒロアカメがっかり感があるから最後まで見るのが少しこわい。

参考にしたのはWikipedia2014年のテレビアニメ

2014-11-18

SHIROBAKO内輪ネタが盛り上がってて気持ち悪い

元来食わず嫌いではないけれども、この手の内輪ネタはあまりに寒くて苦手だ。

くろみちゃん然りの企画倒れなんで、まあ語れるのは作画と誰がモデルなのか位で

肝心のアニメ作品としては微妙、これに尽きるのだ。

以前グラスリップでも似たような事を書いたが、SHIROBAKOもまた俺のオススメアニメってのを見せられてるのだ。

業界の闇を長々と見せられてもこれといって響かないのは、単にこの手の雛壇芸人による内輪コント嫌悪感を抱いているに過ぎないわけだ。

その点PAWORKSという会社はあえてそうなるよう仕向けて描いてる感があり、スタッフ的にこの反応は大成功だと感じてるのではないか。

それだけ業界業界だけに閉鎖的でしかも薄暗いし大人の事情が常日頃渦巻いた世界という点で表では華やかだけど裏では・・・、となるのが常識で、

その辺を察してやれるだけの器量があれば何ら問題ない内容に仕上がっているのは、このスタッフ陣が如何に努力して見せられる業界アニメ

ないし内輪アニメを目指したのだろうか、と考えてしまうのである

しかしながら、白箱面白い所はどこだろう?

そうはいっても内輪ネタ以外で楽しめるのは新人制作進行の仕事ぶりとか、アニメ関係仕事をする他の登場人物をそれぞれの視点で描いている所で

そこは素直に評価してるし、何より業界モノだと分かった上で見ているのでなるほど納得する所が多い。

そもそもこのPAファンタジー要素さえなければ中々の名作が多い。いろはとかTARI TARIとか現実的な、ちょっぴり非現実的境界で描いている分が面白い

逆に少しでもファンタジー要素のある作品は不得手という印象がある。グラスリップとかTrue Tearsとか別に西村〇二監督非難してるわけではないが賛否両論になり易い。

その中で、やっぱり原点は現実路線であろう。

という事で今期はSHIROBAKO業界ネタ内輪ネタ勝負をしに来たのだろう。

しかしながら、面白いのは業界人と作豚と懐古厨だけだろう。

何故なら、そういった業界にズブの素人である筆者が、何を言っているのか時々分からない単語とある制作進行の存在が非常に不快からである

あいった業界不快系の業界人が話の根幹に必ずいるので、話をまとめるために更に風呂敷を拡げないと話がまとまらないというジレンマに陥るのだ。

その不快さがただでさえ業界ネタが人によってはつまらないと感じるのに対し、物凄い相乗効果となって顕れて結果、この手のアニメ敬遠しがちになるわけである

要は不快系をどうしたら取り除けるかをSHIROBAKOに見ているのに、一向にその不快を取り除く気配がない。

それどころか、その不快キャラがある種作品キーマンになっている様に感じられるのである

これは恐らく失敗を糧に成長していくサクセスストーリーを内含しているのかもしれないが、実際最新話になってもその様子は感じられない。

恐らくそのせいで主人公が苦労するといったコンセプトなのだろうが、見る側としては一通りの着地点を用意しない限り極めて不快で見るに堪えないと言わざるを得ない。

だがしかし、それなら見るのを辞めればいいじゃないかという声もある。

折角最新話まで見ておいて今更視聴を辞められない、またアニメ視聴において3話までで大体のテーマや内容が分かると言われている中で、

それでも面白そうだと感じて視聴を継続する人も存在するのではないか?

少なくとも筆者はその一人であるので、期待も大きいのだ。

内輪ネタがつまらないと一言で言ってしまえば簡単だが、どのあたりが酷いのかという事を指摘するのは実は非常に難しい。

SHIROBAKOけが抱えている問題というわけではないが、とりあえず何を一番伝えたいのかを明確にする事、明らかに浮いた人物の補足や単語の説明を入れなければ

ゆゆゆやコパスのような唯我独尊アニメや説明し過ぎて駄目になりつつあるテラフォーマーズの様な取り返しの付かないアニメの様な事になってからでは遅いのである

2014-10-10

医学的に正しい統合失調症アニメ4選

みたいなの誰かに作ってほしい。

個人的には、

パーフェクトブルー

serial experiments lain

グラスリップ

あたりがどうかと思うが、もう一つが決まらない。

2014-10-09

グラスリップみてる

下半身丸出し(しかし触れない)で見ると良い事に気付きました。

2014-09-30

http://anond.hatelabo.jp/20140930165845

アホが「グラスリップみたいな青春理解できない!糞!」って言ってるだけならまだいいんだが、

問題はそういう社会不適合者がアニ豚の多数派だということなんだよな。

からけいおんや咲のようなアニ豚が自慰やすい異常なアニメばっかり作られ、アニメ文化が一般社会からどんどんかけ離れていく。

気づいたときにはもう手遅れ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん