「コマンドー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コマンドーとは

2020-03-21

ワニが死んだ途端おもくそ商業展開してて引いたって人がいて引いた。

http://lady-joker.hatenadiary.jp/entry/2020/03/21/072217

Twitterでも観測してるし、特にはてブランクインして目立ってるから上のリンクの人のことについて"アンサー"するね。先に謝っとくけど、Twitter観測してるやつらに対する怒りも全部この人に向けてるから結構ひどいこと書いてるよ。ごめんね。

なんか「猫ブログの猫が死んだ途端関連グッズが出たら引くでしょ」とか言ってるけど、いや違うだろ。ワニは死ぬこと確定してたじゃん。

そりゃ猫ブログ運営が猫を死ぬこと見越してグッズ展開の準備を虎視眈々としてたら引くけど、今回のワニは非現実存在かつ、初っ端「100日後に死ぬ」ことが確定してたわけじゃん。そして死ぬまでがコンテンツだし、死ぬこと含めてのコンテンツじゃん。流石に同一視するのは無理でしょ。

ワニ3日目の「気をつけないと死んじゃうよ!」なんてワニのセリフも、「いや死ぬのはお前なんだけどw」というシュールさも込みの面白さでありコンテンツだったでしょ。そんなに死を商業利用されるのが嫌なら、あそこでふるい落とされろよ。なんで全部見てんだよ。

この人は「作者はワニが死のうがなんだろうが何ら痛みを感じておらず、飯の種、名声へのステップくらいにしか思っていないでしょう」なんてゲスパー言ってるが、俺からしてみれば、人気増田に「アンサー書いた」なんてブログ貼り付けて、「私は物語の力を信じている」なんて持論かましいか自分が繊細かつ漫画から力を得てきたか自分語りしてる時点で、「お前のほうこそワニ作者の気持ちを鑑みずに銭ゲバだと勝手に思い込んで、しかもここぞとばかりに人気作品に便乗してブログ貼っ付ける自己承認欲求マンやんけ」としか思えない。

コンテンツで儲けて何が悪いの?


この人は「キャラクターの死と金とのどっちを優先するの」の2択に「金」を選んだワニ作者および関係者が嫌かつ、コンテンツのものも嫌ということなんだけど、「客」という視点が抜けている。あのワニの漫画の100日目は2020年3/21現在、74.1万RT、ファボ204.1万もされている。つまりコンテンツ楽しんでる側の客は204万人がいいねしてんだよ。

この204万人はワニが死ぬことを楽しみにしてきたやつで、ちゃんと死んでよかったと思っていいねしてんだよ。製作者側が死をビジネスにして死者に敬意を払ってないというなら、それに群がってたこいつらはなんなんだよ。同様に死を楽しみ、コンテンツとして楽しんでた同類だろうが。そこに金稼ぎを見出すか、見出していないかの違いこそあれ、死を楽しんでた同類だろうが。きちんとユーザーにも怒れ。まあブログ宣伝のためのファッション怒りだろうからしないんだろうけど。

死を売り物にするコンテンツが悪いの?

「作者が、自らがクリエイションしたキャラクター思い入れ、その死と向き合い、自然と湧き上がってくる弔意とのバランスを取りながら物語を紡いでいるのが伝わってくるのなら私はすごく共感するのだが、(中略)今回のはその俎上にも上っていない、論外である。」

としてるけど、うーんなんだろう。じゃあアブドゥルを殺した荒木自然と湧き上がってくる弔意があるはずだから、喪に服して連載を止めろみたいな話なんですかね。アブドゥルが死んだとき、「え?マジでアブドゥル死んだの?」と思っただけでページを捲った俺は死者に敬意を払えない人間ってことですかね。まあそれでもいいけど。

この世の大抵の漫画なんて、死をコンテンツとしてるといっても過言じゃないだろ。意外なキャラをどう死なせるかとか、クソキャラをどう惨たらしく死なせるかとか、死ぬ必要はなかったけど話の都合上このキャラは死なせたよねとか、そういう作品ばっかじゃん。ガンツとかまどマギとか学校ぐらし!とか。

そういう漫画は、「死は儚い」とか「親友の死を乗り越えて成長」とか(寒々しい)テーマ乗っけて話を展開させてるんだけど、「死」をコンテンツとしてるのは違いないだろ。そういうのワクワクしてるのが俺らユーザーなんだよ。それともテーマが乗ってりゃ満足なのか?今回のワニも、「死は唐突理不尽です」みたいなテーマはありそうだけど、それでもこの人は許さなくて、「死を利用して喪に服す間もなく商業展開していくのが気に食わない」って話だろ? 俺には全部「キャラの死を利用して話を描いていく」前述の漫画と同じに見えるけどな。構成が違うだけで。

死を不誠実に扱うからこそ生まれコンテンツもあるのでは?


「ただ今回はメメント・モリ(死を忘れるな)的なもの作品の中核テーマとなっているわけで、『100日後に死ぬワニ』は『コマンドー』とは違い「死」そのものの重たさ、日常と地続きに唐突に・不可避的に訪れる喪失を描こうとした作品であろう。そういった作品が死をテケトーに軽々しく扱っているのはどういうわけだ。これはあまりにも不誠実だと思う」

いや、メメント・モリテーマなのはそうだけど、「メメント・モリを扱うときはテケトーに軽々しく扱ってはならない」ってルールはどっからきたの。全部お前ルールじゃん。

アブドゥルだってテケトーに死んだだろ。「お前がピンチでも助けない」とか唐突死亡フラグ立てて、その後すぐに仲間をかばって死ぬとか、テケトーやろ。少なくとも俺にはそう見えたぞ。

100日間丁寧に日常を描いて死んで見せたワニの方が、よっぽど丁寧にメメント・モリしてたけどな。

コマンドーキャラ適当に死んでもよし。俺の好きなキャラは軽々しく死んではないから重みが違う」なんて、人の死をランク付けするなんて何様だよ。

2020-01-28

日本限定ヒット映画の逆

日本だけで人気のアメリカ映画というのが結構ある。

コマンドーシャークネード、バトルシップ等々。

逆に日本だと評価されてないけどアメリカとか他所の国ではカルト的人気を誇る邦画ってのはあるんだろうか。

多分ありそうだけど知識が足りないので詳しい人に教えてもらいたい。

2020-01-09

実は男も性的に見られることが嫌で露出が少なくなった時期ってあるわけで

っつうのはさ、80年代ハリウッドとか洋ゲーとかさ

あれっていわゆる「ブロックバスター枠」のコンテンツだと大抵裸の男が主役だったし

大衆にもマッチョで裸(に近い)の男を描きがちな時代があったんねん

 

アメコミはもちろん、ランボーとかコマンドーとかベセスダゲーのパッケージでも

女は当然、男もマッチョピッチピチスーツが当たり前だった時期があったんだよ

SWのベーシックフィギュアなんてルークまでマッチョに造形されたりさ

男だろうとケツの割れ目まで描写してたんだわ

  

でも同時期にHIVやら、ヴィレッジピープルみたいなゲイカルチャー話題になって

「キャー!ゲイマッチョな男を見て興奮してるの!アイツらもマッチョになってるの!」

っていう性的消費がだんだん明らかになっていくと

なんかわざわざマッチョになるの嫌じゃね?ってことで

ピチピチのマッチョ=カッコいい男のイメージって消えてったんだよな

2019-04-18

コマンドー名言集がねえなぁと思ったらただの本編があった

実質名言集では・・・

2018-10-10

コマンドーラストアリアスとの撃ちあいのところで

お互い遮蔽物に隠れて交互に散発的に三発ずつ撃っては隠れてを繰り返すんだけど

普通こっそり相手の方を覗き見るとか、銃だけ出してめくらに撃つとかやるよね

なに素直に体晒して腰だめで撃ってるんすか

2018-10-09

anond:20181009120357

世界で300万本売り上げた日本オタクゲームには、

セーラー服を着ているリョナ絵』が出てくる

少女監禁拘束して恐怖する姿を撮影して喜んでるサイコパスが愛好している

そういうことだ

世界で300万本売り上げた」=「300万人に受け入れられてる」以上の何かではないが。

フィクションで好むことがサイコパスかどうかを判断する基準になると思ってるの?

もしなるのならミステリーを年50冊読んでる奴ってシリアルキラー気質か?

毎週火サス見てた俺のばあさんは?スタローンファンは?

コマンドーセリフ暗記してる奴はどうなるんだ?


からフィクション現実区別はつけろって。

2018-08-01

ガンダムとかコマンドーとかスターウォーズとかさー

吹き替え音声再収録とかするとぜったいコレジャナイものなっちゃうよね

やらなきゃいいのに

2018-05-18

四六時中怒りまくってる作品

例:コマンドーDOOM(2016)、ゴーストライダー2、GTA5

その他なんかある?

2018-03-31

シリアスなシーンをネタにする文化つらい

ハンターハンターの「ゴンさん

FF15の「やっぱつれぇわ」

ラピュタの「バルス!

鉄血のオルフェンズの「止まるんじゃねぇぞ…」

作品自体だとコマンドーテニプリ彼岸島など

こういう制作はいたって真面目に作ってるものネタにして台無しにして笑いものにする文化ネット界隈で完全に定着してしまってるのがつらい

ネタにするのやめようよ!と言うと「ネタにしてやってるんだから公式はむしろ感謝するべき」「ネタマジレスするな」「無粋」「お前ノリ悪いな、友達いないだろ」とか言われる

圧倒的な同調圧力ゴリ押しされるイジメでしょこんなの…

ネタにしてる人たちは罪悪感とかないの?

2018-03-17

田舎暮らしの何が辛いって

テレ朝ネットされてないかコマンドー見られないぐらいだよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん