「どどめ色」を含む日記 RSS

はてなキーワード: どどめ色とは

2019-05-08

とうとう平成ジャンプもしちゃったし俺はもう一生結婚はおろか恋人すら出来ない

いよいよ新元号が始まってあちこちで『祝・令和!』ってやってるけど、平成は終わったんだからめでたさは差引ゼロだよなあ、と思う今日この頃

真夜中、帰宅の車中で無性に叫びたくなる(というか叫んでる)。

最近夜になると妙に寂しいというか、不安というか、色んな形容し難い感情がごちゃ混ぜになった、どどめ色感情が襲ってくる様になった。

クソ、以前はこんなこと無かったのに。給料が低くても、独り身でいることも全然苦では無かったのに。『番を見付けたり子孫を残すことが人生の至上の目的』、みたいな価値観に対して「せっかく人間に生まれてやることがそれかよ。けだものかよ」とまで思ってたのに。

いや待て、俺は独り身を苦痛と感じているのか? …否定しきれない自分が悔しい。思い直しかけてる自分がいる。「人間所詮はけだものかもなぁ」と少し思うようになってきた。

しかし認めたからと言って、けだものとして生きる決心が付いたわけでもない。いや、仮に決心したとて何をどうすればけだものに成れるか、皆目見当が付かないのが正直なところだ。

結局俺はけだもの性を発露しない、『可能性のけだもの』として生きるしかないのかも知れない。いや、まあ可能性なんて無いんだがな。

別にそういうことを殊更嫌って生きてきたつもりもない。令和になったので平成自分を振り返ってみたが、他人を好きになったこともあった…はず。いやあった。あれは高校生の頃だったよな…。20年前か。まあただの片想いしかなかったが。

何で今なんだろう。こんな気持ち生来なくて良かったのに。「独り身でいいや~」と一生思えていればもっと楽に生きられたのに。

この先の人生絶望が続くかと思うと気が滅入る。またいつか、独り身でいいやと思える日が来ると良いな。

2010-11-08

http://anond.hatelabo.jp/20101108223524

アートイベントっておされな人とか個性的な人たちが多いんじゃないの?

と言っていながら、

大人しいのになんか印象として一クセある服装してたり。「目立ちたくないならユニクロジャストサイズのシャツスカート買えばいいのに。白と黒で」って余計なお世話なことを思ったりしてた。

と言う矛盾。

まぁ、個性的だけとおしゃれじゃないと。言いたいんだろうが。

なぜ自分はそんなに「キモイ・・・」と全力でひいてしまったのか

アートイベントに対する期待と実際に感じた事のギャップ。

日本アートシーンに対しての理解不足からくる違和感

そんな辺り。

日本と言う国は、他国と比較した場合に異常なほど無彩色に近い色の表現名が多い。

江戸時代平民に無彩色が推奨されていた時期があるからなんだが、わずかな違いで名前が違う。

黒ですら、黒、漆黒、濡羽色、少しでも色が付くと紅黒、黒緑、烏羽色などと呼ばれる。

そんな国のアートが、無彩色に近いどどめ色とか、豊富にある和彩色で表現されていても何も驚く事は無いと思う。

なぜ「キモい」ことはいけないのか?

理解できないから。

理解できないから、危険かどうかが分からない。

というか、理解できないものは危険な事が多いから避けたいと思うのは当たり前。

2009-10-20

http://anond.hatelabo.jp/20091019124236

大変参考になりました。

というか、最初の外見が私の彼氏の最初の外見と一緒…笑っちゃうぐらい一緒。

今のところ美容院に行って髪を短めに切って眉毛を整えるステップ1まではしてもらったのですが、そこから頭を抱えておりました。

メンズのオシャレにはとんと疎くて…。

夏の間は明るめのジャストサイズポロシャツを買って着てもらったのですが、冬になって、またどどめ色ネルシャツが復活しております。

また黒の古着コート復活の予感です。

男性のちょっと小綺麗なアウターというのに悩んでいました。ダッフルコートですか、探してみます!

2009-10-19

「いかにも理系」だった元彼氏がそこそこさわやかになった3つのステ

「お洒落じゃなくても、清潔感があればいい」という言葉に「じゃあ具体的にどうすれば」という人もいるだろう。

ここにひとつの実例を記録しておきたいと思う。

25歳童貞だった、理系修士卒の元彼氏

出会った時の印象は「暗い、いかにも理系くん」。

でも、話してみると意外とウマが合って、いろいろあって付き合うことになった。

彼の外見は、

身長は高い。細マッチョ気味。

・足短い、頭でかい

・真っ黒な剛毛、一応短くしてますってだけの髪型

タックインはしてないけど、どどめ色ネルシャツ

古着屋で買った、くすんだベージュミリタリーコート(冬中いつもこれ)

・黒いナイロンリュックサック

・おじさんぽい皮のスニーカー

・まゆげぼさぼさ(太い)

よく見るとかわいい顔してるのに、これはもったいないなーと思った。

本人は、こぎれいにしたいという気持ちはあるけど、どうしていいかわからないという。

で、買い物や、服のコーディネートに関して、全面的に相談に乗ってほしいと言われた。

そして、お洒落な知人男性から知恵を借りつつ、試行錯誤で実行したのが以下のステップである。

1.美容院に行った

一人では怖くておっさんがやってる床屋にしかいけない!というので、一緒に美容院に行った。

髪型美容師さんにお任せ。

社会人なので染めることはしなかったけど、多すぎる髪をすいて、短めに切ってもらった。

ワックス等あまりつけなくても維持できる髪形。(沢村一樹みたいなの)

これでかなり劇的に垢抜けた。出来上がりを見て思わず笑ってしまったほど。

あと、私が持っていたアイブローお手入れセットで眉毛を整えた。

(本当は美容院でやってもらえばよかったのだが、当時それができることを知らなかった。)


2.ユニクロコムサで買い物をした

まず、当時主流だった濃色ストレートデニムを購入。

それから、色味がきれいで、ジャストサイズのトップスを何着か。

とにかく、着古してよれてる、暗い色の服ばかりだったのでこれを一新した。

「着心地が楽」というだけで選んでいた、大きめサイズから、体にフィットするサイズに。

せっかくきれいな体してるのにもったいないもんね。

ここまでで、ぱっと見の「暗い」という印象はかなり変わった。


3.ボーナスセールを利用してアウター、バッグ、靴を買った

ずっと着てた微妙すぎるミリタリーコートのかわりに、アバハウスジャケットときれいめダッフルコートを買った。

靴はマルイカジュアルな革靴と、ABCストアでほっそりしたシルエットのスニーカーアディダスかな?)を。

遠距離恋愛で、リュックにぎっちり荷物を詰めて会いにきていたので、モノコムサで鮮やかな黄色のキャリーを買った。

それからポーターの小さい肩掛けバッグを買って、財布・携帯を入れるようにした。

時計をしていなかったので、FOSSILのファッションウォッチを買った。

デニムも、ディーゼルでラインのきれいなのを一本追加。これが本当に足が長く見えて驚いた。


ステップ2までは3ヶ月くらい、ステップ3でさらに半年くらい。

結果としては、ずいぶん明るい印象になったし、さわやかになったと思う。

(と言って、モテになったわけではないけど。人見知りな性格が問題。)

洒落!ではないけど、清潔感がある、見た目がプラスにもマイナスにもならない状態ではあると思う。

今でも自分で服を選んだり、服屋の店員と話すのは苦手なようだが、ワンシーズンに4,5着は買って、新陳代謝させている。

試行錯誤する中で、ユニクロでもなんでも、とにかくジャストサイズで、きれいな色の服を選ぶのが大事だと思った。

黒、グレー、カーキだけじゃなくて、さし色を入れていくこと。

それから、使い古しすぎているものを更新する。

本人は気に入っていて使い勝手もいいかも知れないけど、客観的にはやっぱりちょっと違和感がある。

というか、そのひとつアイテムだけで、貧乏くささがMAXになる。


店やアイテムの選び方について、上記のは本当におしゃれな人から見れば笑っちゃうようなチョイスかも知れないけど、

そういう「おしゃれ界隈」での評価にとらわれずに、まずぱっと見こぎれいにしていくっていうのも、第一歩としては大きいのではないだろうか。

洒落な人に「お洒落」と認めてもらうことが目的ではないからだ。

学生さんだと、スクールカーストファッションによる友人選択が行われていて、難しい面もありそうだが…。

ちなみに「元彼氏」と書いたが、現在は「夫」になっている。

追記

増田に初めて書いたのですが、いっぱいブクマされておびえています。

特定怖いので少しだけ変えました。

小心者なのに深く考えず書いてしまい申し訳ありません。

私はもともと洋服は好きだったのですが、メンズにはあまり興味がなかったです。

あと、「プラスのお洒落」というか、特徴あるアイテムを買って凝った格好をするのが好きなのです。

つまり、私自身は服オタの気があるということです。

それで、「プラスマイナスゼロ」っぽいメンズの着こなし(と言うほどのものでもないが)と言うのをいろいろ試行錯誤しました。

そのときのノウハウのようなものを参考にしていただければなーと思って書きました。

完全にスタイリストみたいに振舞ったのではなく、二人三脚でいろいろやってみた、という感じです。

それから、さし色と言うのは、モノトーン(白黒グレー)や地味な色合いの服装をしたときに、

一色きれいな色(黄色、緑、ピンク、紫など)を加えることでワンポイントにする、というテクニックです。

きれいな色と言うのは、普通に見てきれいな色のことです。

グレーやカーキのような、くすんだ印象の色でなく、原色でもない、普通にきれいな色を指します。

さらに追記

きれいな色」の例示ですが、実はこの質問に答えるのすごく怖いですね。

私だって、自分のセンスにそんなに自信があるわけでもないですし。

実物を見て選んだわけではないので、あくまで参考で。私個人の趣味感覚です。

たとえば全身白黒でも、下のようなマフラーを追加するだけでアクセントになると思います。

(3色とも)

http://www.selectsquare.com/greenlabelrelaxing/g252301si/

ベーシックジャケットインナーにこんなのとか。(黒とグレー以外の色参照)

http://www.selectsquare.com/journalstandard/g240564/

定番チェックシャツならこんなのも。

http://www.selectsquare.com/quadro/g249131/

あと、お金ですが、ユニクロに行ってトップス2着とデニム1着で1万円くらい。

美容院は安いところ探せば3000円であります。

靴は奮発して2万円くらい(ここはあまりケチらないほうがいい)。スニーカーなら1万円。

アウターはとりあえず1万円前後のものを買う。

バッグ、時計etcは後回し。ステップ2までをさっさと進めるのがいいと思います。

ステップ3は、ボーナスバーゲン(冬物は年明けにあります)を有効活用

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん