「ロードショー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ロードショーとは

2020-04-08

映画ケイザイを止めるな!」4/7ロードショー

「この政策ね、表向きは市民を思ってつくられたんだけど…裏ではある思惑で発令されたんだって。」

「ある思惑?」

自己保身」

新型コロナウイルス蔓延

日本史をぬり替える

労働は続ける!ケイザイは止めない!」

ー一ヶ月無補償市民サバイバブ

「あの噂は本当だったなんて」

「最高かよ!おいぃ!」

2019-11-15

今金ロードショー見てたんだけど、映画の合間にやるCMドラマ風の物語長尺CM流すのってどうなの?

真剣に見る奴なんかそんな居ないだろうけど、映画に集中させろよって思わないのかな? 

百歩譲って普通CMはいいけど、映画以外の物語を入れるの邪魔でしょ

2019-08-15

Midas先生あいちトリエンナーレ表現不自由展」を語る

どうもMidasファンです。

面白かったのでブクマをまとめました。

https://b.hatena.ne.jp/Midas/

芸術政治化」ではなく「政治芸術化」こそが問題



 もう少し左翼好意的に言っておくとこの件(「消すぐらいならやるな」と憤慨してるひとがいるように)「政治政治ちゃんとやれよ(天皇制を打倒したいなら『表現の自由w』とか言ってないで現実で打倒しろ」につきる。めざすべきはあくまでも現実世界での天皇制廃止ないしは社会改革であって展覧会で「これがボクたちの考えた芸術です」は単に『表現w』の世界へ逃げこんでるだけ(「現実では何も変えれない」敗北宣言にこれも等しい。

 このへんの不純さ、不誠実さが(右翼のみならず)いわゆるノンポリのひとたちの嫌悪感を誘ってるのは疑いないので。結局「歴史上の人物から問題ないですよね」がいまだに大失言だと気づいてないのはそういうとこ。「これは表現の自由だ」が『政治』になりうるためには当然ながらそんな2代まえなんかの肖像いくら燃やしてもアクチュアリティのかけらもないわけで(「歴史上」は「ノーカン」でしかないので)いまの天皇を燃やすべき。ところが令和の陛下が犯した悪行といえば柏原芳恵ラブレター書いたのと嫁の生理があがってオトコみたいなツラになったくらいしかないのであってその責任を問おうにもポイントがみつからない(お人柄もいいらしいし。

 「2代まえのひとだから(歴史上の人物なので」と『表現の自由』だけを切り分けようとするほど政治的には効力を失ってしまうというジレンマがある。「いいかな?」とか言ってる場合ではないのである。かんたんにいうと今回の件が決定的にダメなのは(ちまたで言われてるような)「芸術政治化(本来ニュートラルであるべき美術世界稚拙プロパガンダ芸術をもちこんだ」からではなく逆「政治美術化した」から

 政治美術化とはいうまでもなくファシズムの最も簡潔な定義なので。政治美術館での鑑賞の対象にするとは現実世界矛盾一見みんなで共有してるようでその実は単に審美的判断をくだすだけ。くり返しいっとくが政治ギャラリーでの鑑賞の対象にして「考えさせられました…」とか言ってるのは現実改革あきらめたしるししかないのである政治展覧会ネタにしてはならないとはそういうこと。



表現不自由」よりも「差別排除時代」の方が問題



 たぶんガイジンさんには今回の「表現の自由」いったいなにを争ってるのか全く理解できてないと思う。ちなみに「表現の自由がー」必死に言ってる連中もこれが極めて日本的な『どこに由来してる』か自覚してない。

 (まさかと思うかもしれないが)この『表現の自由はいわゆる『朝日的な』もの(サヨクん)ではなくルーツ雑誌ぴあ』にある。町山が「はあ…昔の『ぴあ』はよかった…」言ってたのを軽くみてはならない。日本の68年以降の文化史ではそれまで『朝日ジャーナル』を小脇にかかえて歩くのが学生さんヤングのひとたち『かっこいい(政治意識がある』と言われてた。雑誌ぴあ』はまさに『朝日ジャーナル』の次にあたる。朝日ジャーナルにかわってこんどは『ぴあ』をかかえて歩くのがかっこいいヤングの条件(ちなみに朝日ジャーナルのまえは『平凡パンチ』とか)になった。『ぴあ』がかっこよかったのはいわゆる『情報誌』だったから。

 ロードショーから場末ポルノ歌舞伎展覧会にいたるまで情報を『差別』せずフラットに扱った最初の例が雑誌ぴあ』。フラットに扱うとは『価値判断をしない』。ただしこの『価値判断をしない』がくせものであって…「町山さいきんクソサヨクなっちゃってどうしたの…(脳に毒がまわったのかな」ふしぎに思ってるひとも多いが情報コンテクストにおける『価値判断しない』は結局は「愚弄する(冷笑する。もちあげない」なので津田やあずまくんにしてみれば「まさかこんな反発くらうとわ…」なのもまあわかる。あの「歴史上だから、まいっかと思って」もホントだったら慰安婦像つくったひとにむしろ「ふざけんな!」言われてるべき態度。

 慰安婦像つくったひとは(わたしにいわせればデタラメもいいとこだが)マジで日本人よ…はんせいしろ」思って(たぶん)あれつくってるので。津田やあずまくんがやってた「表現の自由」実はそこまでの政治性はない。

 雑誌ぴあ』が今週おこってるいろんなイベントおもしろおかし無差別にとりあげれたその点において表現自由だった(ロマンポルノのとなりにハイソ演劇が並んでてよかったね自由社会で)くらいのニュアンス。もちろんそうしたフラットなあつかいができるのも世の中がへいわで経済繁栄しててみんながそれなりに理解力があって寛容だったから。なのだが(実際に「ポルノと一緒にされちゃたまらん」感じてたひともいるはず。

 高尚な演劇とかでポルノと並列に扱われたら明らかに侮辱だ」思うのもまた自然ことなので。『全てをフラットに扱う(価値判断しない』だけでも『表現の自由』そんなに長続きしないしそもそもありえない。もちろんそうしたフラットなあつかいができるのも世の中がへいわで経済繁栄しててみんながそれなりに理解力があって寛容だったから。なのだが(実際に「ポルノと一緒にされちゃたまらん」感じてたひともいるはず。高尚な演劇とかでポルノと並列に扱われたら明らかに侮辱だ」思うのもまた自然ことなので。『全てをフラットに扱う(価値判断しない』だけでも『表現の自由』そんなに長続きしないしそもそもありえない。

 みんな(とくに憲法がくしゃとか)大いに勘違いしてるけどこれ要するにそういうことなので(どうしてこんなかんたんなことがわからんのだという感じ。なぜそうなるかというとつまるとこ『インダスリー』のもんだい。たとえばこんかいあずまくんいきなり前言ひるがえしたりして「なんなのこのひとは…(このていどのこと最初からわかれよ」思うひともたぶんたくさんいるはずだが別に彼らに一貫したものなどありはしないので、こないだまで河村disってたはずのあずまくんいきなり「津田がわるい」になるの丸山ぎいん「みなさんNHK受信料はらうのは国民のぎむ」からの「NHKぶっこわす!」入りと全くおなじ。

 インダスリー問題とはすなわち文化産業問題であり雑誌ぴあ』の「表現の自由」が成立してたのはみんなが中産階級だと思ってたから。永六輔とか旧NHKこうした平等社会の構築に焦点あわせてたしこの環境産物。こうした文化産業の仕組み(従事してるひとたちも含めまだ巨大なインフラが半ば廃墟と化しながら残ってる)いまどきこれでやってけるはずない(もう残念ながら時代おくれ)と誰もが思ってるのは確かなので。

 若干専門的な話でしめとくと(もうネットにたくさんいる情報産業のひとにとっては常識だろうが)おどかすようですまないがこれからは「情報フラットに」ではなく「差別排除」の時代なので(あれこれいってもムダ。差別排除とはゲートキーパーが誰をはじくか決めてその(誰でもゲットできるはずの)情報へのアクセス権がそのひとの社会的な地位をしめすアレ(要は「ブロックだ!」「不可視にする!」みなさん楽しそうにやってるやつ。

 表現の自由なんかよりそっちのほうがよっぽどだいもんだいじゃないの?wという感じだが世の中よくできたものホント重要なことは展覧会テーマになんかなったりはしないのである(みんなのメシの種になってるから

2018-12-26

anond:20181225223301

まずはポパイホットドッグ読んで女の落とし方勉強して、

メンズノンノとかのファッション誌で格好つける。

デート誘うための街の情報集めるために、ぴあhanakoウォーカー系読んで

映画のうんちく増やすためにロードショーとか

バンド情報詳しくなるためにロッキングオン音楽と人クロスロードとか、日経情報誌とかをおさえとく。

ちょっと気分出したいときは、

自然系ならシンラ、Geoニュートンなど、

アート系ならCut、SWITCH、エクスワイヤとか

笑いたいとき宝島Vow

エロならスコラ

アイドルなら明星、平凡とか。

女性なら、non-no、an-an、Camcan、とかを大学生新社会人くらいが読んでて、社会人になるとそっから各自好きなファッション誌へ。ちょっと個性的女の子オリーブとか。

おっさん週刊新潮週刊文春週刊ポストなどの週刊誌を。そこに若者向けのしょーもない情報誌としてSPAとかAERAとか。

意識高い系日経新聞とか日経とか東洋新聞とかプレジデントとかの経済誌

仕事情報は毎週月曜だか日曜だかの朝日新聞の朝刊か、有力地方新聞の朝刊チェック。

アルバイトならAn、FromA、転職雑誌は今もあるリクルート系かな。

本好きなら、文春、新潮ダカーポ本の雑誌とか。

駅のキオスクにも雑誌はあったし、駅前にはちっちゃな本屋が大抵あったし、大都市圏には大規模書店がど〜んとあったし、CD大量に売ってるタワレコHMVかに音楽とかアート系とかおしゃれな雰囲気雑誌出てたし。

イオンモールかにある雑貨置いてるあの変わったお店の雑誌コーナーとかには当時の面影ちょっとあるかな

2018-09-29

anond:20180929005824

今はすっかり映画ファンなんだけど、テレビロードショーをぜんぜん見せてもらえなかったか

その皆、みんなそこ通ってるでしょみたいなのも、ちょっと

2018-08-23

anond:20180823185516

しねコンとか木根とか怒りのロードショーとか、ネット情報原作みたいなひどい内容だよね。映画好きから結構嫌われてる。作者も映画よりまとめサイトが好きなんだろうな。なんで監修とかつけないのかなー。

映画が好きじゃない人はあれくらいでもいいんだろうけどさ、単語並べてるだけ。夏目芥川!太宰!とかいってる小説漫画くらい苦しい。

れいろんなジャンルウェブ漫画である

個人的には格闘漫画ケンガンアシュラ連想した

原作者はウエイトトレーニング格闘技にすごい経歴あるとか匂わせてるけど完全にフカシ

格闘技モヤシオタクウェブで調べたような浅い知識ばっかりだし

ウエイトなんてフォームが頻繁に間違ってる

今週最終回なんだけどバーベル担いでる人間が謎のフォームしてる

あれはウエイトやってる人間なら絶対ああならん

バーベルさわったこともないようなやつだよ

格闘技も「バリツ」だの「蹴早相撲」だの単語と表層ネタ拾ってきただけで掘り下げなし

そんなんばっかし

anond:20180823115109

しねコンとか木根とか怒りのロードショーとか、ネット情報原作みたいなひどい内容だよね。映画好きから結構嫌われてる。作者も映画よりまとめサイトが好きなんだろうな。

なんで監修とかつけないのかなー。

映画が好きじゃない人はあれくらいでもいいんだろうけどさ、実際単語並べてるだけで超表面的。

夏目芥川!太宰!っていえば文学わかってる扱いになるくらい苦しい。

登場人物の好きな映画リストってのも絶対寒いからやめるべき。3本選んでそのチョイスって絶対そのキャラ映画きじゃないだろとしか思えない。

あとぽんぽで映画愛とかのコメントはさすがにふざけんなよ・・・

主張と内容が食い違ってて映画馬鹿しまくりの糞漫画だろ。

あれが映画好きが描いた漫画に見えるってのが衝撃だわ。

この増田を読んで「娯楽作品芸術性求めてけなすタイプ」とか思っちゃうコメント映画にも漫画にも興味ないんだろうけど、なんで口出してくるのかがわからないわ

シネコン沿革

1993年外資系ワーナー・マイカル・シネマズ日本第一号・海老名店がオープンアメリカ式シネコン嚆矢

1995年外資系AMCシアターズの日本第一号・AMCキャナルシティ13がオープン

1996年外資系ユナイテッド・シネマ日本第一号・大津店がオープン

1997年国内系の松竹MOVIX第一号・六甲店がオープン

1998年国内系の東急109シネマズ第一号・港北店がオープン

1999年外資系ヴァージンシネマズ第一号・トリアス久山店がオープン

1999年国内系のシネプレックス第一号・平塚店がオープン

2000年大店法廃止。大型ショッピングセンターの駆け込み出店。併設のシネコンも急増。

アメリカ本国ではシネコン競争過熱して2000年前後映画興行チェーンの倒産が続出。

2001年外資系ロウズが日本出店を計画するも、本社倒産して撤回

2001年マイカル経営破綻2003年イオン傘下)。2004年までワーナー・マイカル・シネマズの出店が止まる。

この頃から国内ロードショー館の都市型シネコンへの置き換えが加速。

2003年ヴァージンシネマズ国内系の東宝が買収。TOHOシネマズに変更。

2004年ユナイテッド・シネマ親会社日本撤退株式住友商事に売却(2014年ローソン傘下)。

2005年AMCシアターズが日本撤退国内事業をユナイテッド・シネマに売却。

2006年まちづくり3法改正。大型ショッピングセンターの駆け込み出店。併設のシネコンも急増。

2013年ワーナー資本撤退ワーナー・マイカル・シネマズイオンシネマに変更。

2013年ユナイテッド・シネマシネプレックス吸収合併

90年代外資系シネコンが増加。

90年代から2000年代初頭にかけてシネコン建設ラッシュ

2005年までに外資系撤退国内シネコンが増加。

まりこういうことだろ?

anond:20180822142552

映画語り漫画面白いものがまだ一作もない事実

メシ語り漫画やら山語り漫画やら

あらゆるジャンル語り漫画がこれだけ豊作なのに映画語り漫画はひどい状況


・『木根さんの1人でキネマ』

知識見識浅く感性凡庸

映画以外のドラマ部分はもっと凡庸(作者会社めしたことなさそう女の知り合いとか少なそう)

映画についての感想や話し合いが1ミリ面白くない

おまけに漫画が下手


・『おやすみシェヘラザード』http://yawaspi.com/oyasumi/

木根さんよりは作者が熱心に映画見てる感じ

だが語りと漫画が下手すぎてどんな名作でも面白さが全く伝わらない

自虐的に「説明が下手なヒロイン」というキャラ設定をしてるが

そんな自虐より漫画説明の上達を目指すべき

twitterで喋ってると面白い人でオタクとしてのレベルは高そうなのにとにかく壊滅的に漫画が下手


・『私と彼女のお泊まり映画https://www.cmoa.jp/title/123688/

映画漫画と銘打ちながら映画成分が薄く、映画じゃない部分も薄い

作者に描くことが何もなくてとりあえず女の子出したけどスカスカになりました、だけが伝わってくる

映画にも日常にも興味薄そう

正直この人については「なんで漫画描いてんの?」というかんじ



・『怒りのロードショーhttp://comicmcclane.web.fc2.com/

映画についての駄弁りと罵り合いに特化した漫画

扱う映画流行ものスタンダードしかないが論争はあるある

ただどの論争についても掘り下げてくれずに触れるだけで終わり

何についても触れるだけで終わりなので見た目に反して読み味が物足りない

絵柄が何かに似ている




いかがだろうか

映画語り漫画なんてめっちゃ面白くできそうなのに面白ものがまだ一本もないのだ

どうなってんだこれ

誰か面白いの描いてくれよ



トラバで教えてもらったやつ

・『邦キチ! 映子さん』 http://comip.jp/spinel/works/eiko/

トラバで教えてもらって早速見てみた。

おもろいやんけ・・・

マニアック映画やクソ映画を読者が見てない前提で紹介してきちんと笑える説明昇華する

おやすみシェヘラザードがやれなきゃいけなかったことを完璧にやってる感じ



・『水曜日シネマ』https://comic-days.com/episode/10834108156629722348

映子さんの逆にしっかり映画以外の部分のとこも頑張ろうとしてる感じ

映画はどっちかっていうと従なのかもだが

『私と彼女のお泊まり映画』を100倍ちゃんとさせた感じとも言える

映子さんの方が好きだがそれ以外の俺が紹介したやつよりはこっちがよい

ところでこれに出てくるメガネといい怒りのロードショーのクソキャラといい「何が面白いか・つまらいか」きちんと言語化することを自他に求めるタイプ人間って何故か嫌な奴・悪い奴みたいにされがちだよな。だいたい不必要なほど口汚い挑発的な煽りキャラにされて。



・『ケンガイhttps://csbs.shogakukan.co.jp/book?book_group_id=4110

あれはずーっと前に読んでたけど映画語り漫画と言うよりサブカル自意識漫画でしょ

地獄のような難易度マックス女子がめげずにアタックしてくれる男に酷いことし続ける話

長瀞さんですら日和る昨今あの難易度設定は嫌いじゃない



・『シネマこんぷれっくす』https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_FS01000045010000_68/

うーんキツいっす

まず画面の整理が出来てなくて目がすべる

テンションも緩急なくずーっとハイテンションで目がすべるすべる

これ『おやすみシェヘラザード』と同じ漫画の下手さがあるな

しかも絵のクオリティではシェヘラザードにかなり負けてるへろへろな線と絵なのでかなり辛い

知識的にも「カンフー映画」という雑な括りや「片腕ドラゴン」というチョイスなどにわか臭すごい


・『映画に毛が3本!』

古すぎて試し読みもないみたいだから買って読む

黒田硫黄なのでそこそこ楽しみ


・『映画でにぎりっ屁!』

同じく試し読みがないけど買って読まない

榎本俊二なので想像つくしつまんなそー



名探偵登場

AQM わー、「邦キチ! 映子さん」の1巻の発売日はたまたま明日なんですねー、すごい偶然ー

ほんとだーそうだねー


…は?

ステマかなんかだといいたいの?

あのなあ

俺がステマしようと思ったらもっとめっちゃ面白そうに書いてブクマ稼げるわ

そもそもそういう宣伝なら映子さんを文頭に持ってくるし文字量増やすし他の余計な情報削る


だいたい映子さんのステマなら木根さんとかをこんなに罵る必要ねーだろが

車や掃除機じゃねーんだから漫画宣伝で同種商品蹴落とす必要なんか微塵もねーんだ

ネガティブなこと書けば書くだけ反感買うリスク高まるんだから広告無駄ネガるわけねー

なんで木根さん他を罵ってるかと言うと純粋に俺が罵りたかたからだよ「つまんねーんだよ」って


わかったかチンカス名探偵

頓珍漢なダウトかける前にその貧弱な脳味噌フル回転させて論理的検討しろチンカス


kei_mi “誰か面白いの描いてくれよ” -> “おもろいやんけ・・・(笑) 『邦キチ! 映子さん』じゃしゃーない 4 clicks

何がしゃーないんだ

「知能の低い人間安易すぎる推理を『自分けが気づけたすごい洞察』のように感じて興奮してしまうからしゃーない」ってこと?

そんなチンカス界だけで通用する定石でものを言われても


いや真面目にさあ

俺は単純にお前らのような低能不快でしゃあない

お前らは俺が何回おんなじような釣りをやっても気付かずピチピチと釣られて

どんなに手がかりを放置しておいてもそれには一個も気付けない注意欠陥障害のくせに

たまにまるで見当外れなところに「真相尻尾」を見出して何か凄いことを洞察したように確信する


ステマ認定同一人物認定政治機関工作員認定

バカじゃねーのかと

そういうものは癖のある文章なんかでやらねーんだよ

はいま滅茶苦茶癖を出して文章を書いてる

偽装しようと思えば全く別の癖も出せるし何の特徴もない文章も書ける

15歳中学生やら中年貧困女子やらKKOやら外国人やらいろんなもんに成りすましてホッテントリ取ってるが騙りがバレたことはない

ほんとに一部の勘のいい奴が具体的な疑いを出せた時はそいつidは「えらいこ」リストメモってるがそういう奴の声は聞き流されて騙されてる奴やとんちんかんな奴が☆を集めるはてなはメクラの群れだ


俺はお前らみたいな単純な脳味噌の奴がもっと面白がる文章ももっといい気分になれる文章も怒って突っ込みたくなる文章もどーとでも書ける

この間の「騒ぎ続ける子はどっかおかしい」っていうのも只の悪ふざけで書いてんだ

俺には子供なんかいないし騒ぐ子が憎くもないしなんも思っちゃいない


お前ら程度の頭蓋骨にチンカス詰まってるような注意力の人間誘導して特定漫画に注目集めたかったら

そんなもんいっくらでも華麗に何のノイズもなくやってみせるわアホ臭い


俺はもう何年も前からお前らの低能ぶりにはあきれ果ててるけれども

売れない漫画家のニッチ漫画ステマとか決め付けられると関係方面に具体的なご迷惑がかかるだろう

そんときにこのAQM kei_mi のチンカス両名は責任取れるわけか?

この木根さんらを罵りまくる超口汚い奴が映子さんの作者だなどと言いふらして

根拠といえばチンカス一流の直感だけで


でこうして低能低能言ってると「低能先生www」とか言って喜ぶアホが現れそうだが

あいつの口癖が「低能」になったのはずっと昔の一時期俺があいつをいじめて「低能」と罵ってたからだ

ニーターパンおじさんと低能先生はどっちも俺が育てたといえる

(というか出現時期が入れ替わりだから同一人物かと思ってた、あんま興味ないからどうでもよいが)


まだ俺が映子さんの作者なり関係者なりだと思えるだろうか

まあ思えるのかもな

低知能のチンカスほど自分の「冴えた閃き」がすごいアイデアだと信じてどこまでも固執するもんだから

俺は俺なりにチンカスにわかるよう丁寧に説得はした

この上で名探偵AQMが映子さん作者に不当な迷惑かけるならそれはもうAQMが責任取るしかないことだ

チンカスのやること1から10まで面倒見切れん



その他

怒りのロードショー村山みたいに娯楽作品芸術性求めてけなすタイプでしょ増田

怒りのロードショーざっとしか読んでないかキャラ名なんか覚えてないけどどのキャラのことかわかるぞ

で、たとえば俺がここでの漫画評でどう芸術性の話なんかしてんだ

娯楽としてクソだってしかしてないだろ

「画面の整理・テンポの緩急がなってない」「漫画が下手で読みにくい」とかな

高尚ぶってもないし抽象的でもない

バカでもわかるレベルの端的な指摘に徹してる

娯楽に芸術性求める人間は映子さんも水曜日シネマも認めたりはしない

因縁付けるにしてももちょっと脳を使え

2018-02-25

なんでシネコンってロードショーものしかやらないのか

よく言えば大ヒット間違いなし、悪く言えば商業的すぎる映画しかやらないシネマコンプレックスが、地方における文化貧困の一因な気がする

スクリーンはいっぱいあるし、1スクリーンだけ考えたら画面サイズ座席数もちょっとしたミニシアターみたいなもんなんだからシネコンの中で1スクリーンだけ新宿とか渋谷しかやってないような映画をやればいいのに。

と思った話でした。

2017-12-06

anond:20171206165507

アニメとか見るためにテレビ置いてるけど、AmazonプライムdTvがあれば割りとマジでテレビいらねーんじゃねぇかなって思ってきたわ。

唯一、仮面ライダーと金ロードショーのためだけにテレビ存在している。

2017-07-05

「怒りのロードショー」第10話が気持ち悪すぎる

http://comic-walker.com/viewer/?tw=2&dlcl=ja&cid=KDCW_EB00000020010009_68

世界村山くんを一方的に拒絶して終わるこの回

読んだ時吐き気を催した

作者は何を思ってこんな回描こうと思ったんだ???

村山くんはかねてから映画クソオタクあるあるキャラとして意図的な「疎まれ役」の立場であったが、こういう人間も一つの見方として許容される漫画なんだと思っていた

少なくとも俺はそう思っていた

村山はクソ野郎だが一本筋が通っている。彼は彼なりの美学や信じてる物があるんだというそういう部分には割りと好感を持っていた。

現にこの10話でも彼はそれを貫き通した。良く分かってない取り巻きメガネに対して「何言ってんだバカ 作品テーマメッセージ必要だろ」と言い切る彼は普通にかっこよかった

しか主人公含む他の誰もが「お前だけはねーわ」と全否定しにかかる

村山くんはそりゃ誰からも好かれるような人間では無いだろう

しか言動の節々からシェリフと本当は友達になって映画を語り合いたいんだと、読み手にはそう感じていたし、割りとそれまでの描写だってシェリフにとっては悪友ポジションみたいな描かれ方してたと思うんだ

でも第10話では、シェリフにとっては村山くんの事など何一つ友人とは認知していないという描かれ方をしていた

あんまりだ。


そしてクラス全員から存在を拒絶される上に暴力まで振るわれる。

シェリフには「自業自得だ」的な事言われるけどそこまでされなきゃいけないほどだったの?オーバーキルにも程がなくねえ?


何なんだろう

これってこの回の内容そのものに何かメッセージ性があったって事なの?

メタルギアソリッドVのヒューイの件みたいな「1984」のような全体主義風刺するような意味が隠されてたって事?

それともこの回自体なにかの映画になぞらえたパロディみたいな事なの?

まさか作者の純粋まっすぐな「セーギ感」で、「クズ野郎を懲らしめてやったぜwwスカっとするだろ読者???????」みたいな安直な考えで描かれたとは思いたくない。

こんな漫画スカッとしたと感じる奴とはマジで関わり合いになりたくない。

気持ち悪すぎるもの

「怒りのロードショー」始まったばかりの頃は普通に好きでした。

でも回を追うごとに「村山虐め」が露骨になりだして若干の気味悪さを感じた中でのこの10話、もう無理です。

映画には色んな見方があっていい、けど村山テメーはダメだ」というのがこの漫画結論なら僕はもうこの漫画生理的気持ち悪すぎるのでこれ以上読むことは無いですし単行本も買いません。

さようなら

2017-06-11

恋人趣味があわない

23歳の時、37歳の男性と付き合っていた。

彼とはあまり趣味があわなかった。はじめは、年齢が14歳も離れているのでジェネレーションギャップは仕方がないと思っていた。しかし、付き合いが長くなってくると、私と彼の趣味の相違は年齢が原因ではないことに気がついた。「この人と同級生でもあまり話があわなかっただろうな」というタイプだったのだ。

美大に通っていた私は、いわゆる青文字系サブカルチャーみたいなものが好きだった。好きな芸能人ピースの又吉と小松菜奈好きな音楽くるりtofubeatsや好きな映画岩井俊二とグザヴィエ・ドラン。赤い口紅をつけて、現代アート展覧会デートたかった。

大手メーカー営業をしていた彼が選ぶものは、私の感覚と少し違った。好きな芸能人磯山さやか好きな音楽キロロミスチル、好きな映画インディペンデンスデイ。カラオケ好きな人で、キロロの「長い間」という曲を覚えて歌ってほしいとリクエストされた。彼は赤い口紅を嫌っていたし、ゴッホゴーギャン区別ができなかった。

私には彼の趣味がよくわからなかった。磯山さやかかわいいし、キロロの「長い間」はいい歌だし、インディペンデンスデイは今日の土曜ロードショーだった。それらの良さがわからないわけではないが、そういうものを「良い趣味」だと感じることは難しかった。これからも難しいと思う。

彼は、私が赤い口紅をつけると「ちょっと派手だな」と顔をしかめた。彼とデートするとき、私はピンク口紅をつけ、赤文字系の店で購入したワンピースを着るように心がけた。彼はとても優しく、マメ性格で、仕事を精力的にこなしており、私はそんな彼が好きだった。ただ時おり漠然と、「この人は私のパーソナリティーにあんま興味なさそうだな、興味ないってか私の趣味領域について考えたこともなさそうだな」と思って寂しくなった。

結局、「早く結婚して子どもが欲しい」という彼の期待に応えることができず、半年もたたず破局した。

そのすぐ後、ものすごく趣味があう男性出会った。彼は当時26歳だったので、年齢も近い。ただ、「この人とは年齢が離れてても話があうだろうな」と思うような人だった。

彼の好きな芸能人二階堂ふみ好きな音楽くるりtofubeats、好きな映画ダージリン急行だった。ガロ系漫画町田康小説が好きで、とにかくサブカル臭がすごい人だった。恋に落ちるのに1秒もいらず、私は久しぶりに赤い口紅をつけて彼とデートを重ねた。彼は私の口紅をほめてくれた。音楽映画小説お笑い、彼の話はどれも面白く、「世の中にこんな趣味のあう人が存在しているんだ」と私は有頂天になった。彼は無精な性格で、仕事への情熱はあまりなかったが、それでも私は彼を好きだった。

しかし、彼とは2回目のセックスのあと連絡がとれなくなってしまった。「愛してる」、でもまさかね、そんなこと言えなかった。彼とはそのまま終わってしまった。

趣味があわない人とも、あう人とも、私の恋は上手くいかなかった。

2016-10-28

http://anond.hatelabo.jp/20161028162734

そうなんだ。ありがとう

受信機がないことを告げたり、お帰りくださいと告げると、相手は帰らざるを得ないことは知ってる。

俺は野球ガキの使いと金ロードショーしか見てないけど、その場合訴えられたら負けなんだね。

それなら契約する義務があるという判例が多数あると言ってくれたら良かったのに。

2016-09-10

ゴミクズの回収日は、

来週の火曜金曜

ロードショーです。

2016-08-04

おじいさんは山へ芝刈りへ

おばあさんは川へ洗濯

桃太郎は桃の中へ

大道具さんは桃を川の上流へ

ADカチンコを鳴らしにカメラ前へ

PEはどんぶらこを流すために音響室へ

監督撮影を終えた映像のチェックへ

無事終了GOがかかり全国ロードショー

おじいさん、おばあさん、桃太郎、鬼は試写会場まで舞台挨拶

映画は大ヒットしましたとさ

めでたしめでたし

2016-06-13

元増田のための最近2010年代)の3Dアニメ映画がわかる11

http://anond.hatelabo.jp/20160613091056


つってまあ、そんだけ見てりゃピクサーディズニーの新作追ってりゃいいと思うけれど。

とはいっても2010年代アメリカアニメスタジオ群雄割拠。これにストップモーションアニメ勢や日本やフランスの伝統的な2Dアニメ勢が絡んできて大乱闘スマッシュブラザーズだし、中国や韓国の新興スタジオも力を伸ばしつつあるわ。

もしかしたら、今が世界的にみて一番アニメが豊潤な時期なのかももしれない。


そんな混沌としたアニメ勢力図を一スタジオ一作品で把握できる、ステキリスト元増田にプ・レ・ゼ・ン・トよ♥



1. ドリームワークス:『ヒックとドラゴン』(クリスサンダースディーン・デュボア監督、2010年

 『リロ・アンド・スティッチ』の監督(とスティッチの声)を務めながら、ドリームワークスに移籍したクリスサンダース。名監督、会心の復活作よ。

 人間不信ドラゴンドラゴン使いの一族のおちこぼれ少年が育む純粋無垢な友情の物語に涙しないものはいないわ。

 監督が変わった『2』もDVD/ブルーレイリリース済み。評価は分かれてるけど、1を楽しめたら是非観てもらいたいわね。


 ドリームワークスディズニー/ピクサーの昔からのライバルよ。

 創業者の一人であるカッツェンバーグ氏は元ディズニーの幹部。低迷していたディズニーに『トイ・ストーリー』以前のピクサーと手を結ばせた功労者だったけれど、ディズニーお家騒動に巻き込まれて会社から追い出されちゃったの。

 それだけにディズニーピクサーに対する恨みは深くて、自分が退社する直前に挙がっていたピクサーの『バグズ・ライフ』の企画をパクって『アンツ』を作ってほぼ同時公開し、ラセターをブチ切れさせた逸話もあるわ。

 ディズニーとの最大の違いはその量産ペース。たまにハズレもあるけれども、成功した作品はめざとくシリーズ化して貪欲に稼ぐわ。

 『シュレック』、『カンフー・パンダ』、『マダガスカル』がそうね。元増田は『マダガスカル』がお肌に合わなかったみたいだけど、『シュレック』は『カンフー・パンダ』並に観といて損はないわ。『マダガスカル』は作品ごとに評価の波が激しいけれど、この二作のシリーズは一貫して高評価を受けていて安心して観られるわよ。

 単発作品では、『ガーディアンズ 伝説の勇者たち』たちなんか玄人好みの作品ね。



2. ワーナー・ブラザーズ:『LEGOムービー』(クリストファーミラーフィルロード監督、2014年

 『シュガー・ラッシュ』以降の現代的なウェルメイド作劇に感動した元増田なら、『LEGOムービー』は外せないわ。

 チャーミングなテクスチャの質感、とぼけたオフビートキャラクター、意外に王道な感動ストーリー、アッと言わせる伏線やオマージュネタの数々……

 クオリティだけでいえば近年の3Dアニメのなかでもトップクラスと言ってもいいわ。たかがLEGO、とあなどるなかれ。あなたの涙腺をしぼりとる大傑作よ。


 WBは元々バックスバニーなどで知られるアニメ業界の最大手。テレビでは「カートゥーン・ネットワーク」を系列に抱えてるわね。けれども映画ではディズニーに遅れをとってきたわ。

 散発的に『アイアン・ジャイアント』や『ルーニートゥーンズ:バック・イン・ザ・タイム』といった良作を自前で生み出してきたけれども、基本はポケモンや他社製作のアニメの配給が中心。ようやく自社制作で気合入れだしたのはそれこそ2014年の『LEGOムービー』からよ。

 これからは豊富なキャラクターコンテンツを利用して『原始家族フリントストーン』や『宇宙家族ジェットソン』、『スクゥービードゥー』といった作品を映画化するみたい。


 ちなみにワーナー傘下にはヴィレッジロードショー・ピクチャーズっていうオーストラリアの映画製作会社があるんだけれど、

 そこで『マッドマックス』のジョージ・ミラーふわふわペンギンヒップホップダンスマッドマックスミュージカル映画ハッピーフィート』、

 『ウォッチメン』や『300』ザック・スナイダーふわふわフクロウガチ殺し合い300映画『ガフールの伝説』と、

 ヤバい映画の監督に見た目かわいい内容ハーコーな動物3Dアニメやらせててどれも最高よ!



3. ソニー・ピクチャーズ:『モンスターホテル』(ゲンディ・タルタコフスキー監督、2012年

 それまでディズニーの独占市場だったアニメ映画界に風穴を開けた90年代ピクサー2000年代のドリワの活躍を見て大手映画会社はこう考えたわ。

 「3Dアニメは儲かる!」。

 ソニー・ピクチャーズアニメーションはそうやって便乗的に2006年ごろから作品を継続的に発表しつづけてきて、それなりに稼いではいるけれど、他と比べてあまり元気がないわね。特に日本だとほとんど知られてないんじゃないかしら? アニメ映画界で重要なプレイヤーとは言いがたいわね。


 ここは『レゴムービー』の監督のデビューであるくもりときどきミートボール』を挙げときたいところだけれど、『レゴムービー』を観たなら薦めなくても観るでしょう?

 あえて『モンスターホテル』を推しとくわ。

 監督のタルタコフスキータルコフスキーパクリみたいな名前だけど、アニメ業界ではレジェンド級のアニメーターよ。『デクスターズ・ラボ』や『サムライ・ジャック』を作った男、いえばすごさが伝わるかしら。

 『モンスターホテル』は雇われ仕事で、お世辞にも脚本は最高の出来とは言えないけれど、彼が担当したキャラデザや動きはとても艶やか。特に主人公ドラキュラ娘のキュートさといったら! 3Dアニメが実は2Dアニメと地続きだということがよくわかるわ。



 

4. イルミネーションエンターテインメントユニバーサル):『怪盗グルーの月泥棒』(ピエール・コフィン&クリスルノー監督、2010年

 『怪盗グルー』シリーズの大ヒットで一躍アニメ業界を席巻したのがイルミネーションスタジオね。

 大手のユニバーサル後ろ盾にいるだけあって、よく広告なんかでも観るんじゃないかしら。「バナナバナナ」と喋る、サスペンダーを来た黄色い丸っこい謎生物のキャラ、あれがイルミネーションが誇る人気マスコットミニオン」よ。そのミニオンたちのデビュー作がこの『怪盗グルーの月泥棒』。

 偏狭な中年大泥棒がいきなり現れた三姉妹の世話に追われててんやわんやになる、といった筋は『モンスターズ・インク』を思わせるけれど、堅実なアニメーション表現とドギツいスラップスティックさでピクサーとの差別化が成功しているわ。

 特にスピンオフであるミニオンズ』はイルミネーションスタジオの「ヤバさ」が最もよく出ている作品なので、『怪盗グルーの月泥棒』『怪盗グルーのミニオン危機一髪』を観た上で是非ごらんになってほしいわね。


 しかし、イルミネーションの本領が発揮されるのは今年からだと言ってもいいわ。

 2016年に発表されるオリジナルタイトル二作品――『ペット』と『Sing』(邦題未定)。このふたつを注視していきたいわね。


5. ブルースカイスタジオ20世紀FOX):『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』(スティーブマルティーノ監督2015年

 20世紀FOXは自前のスタジオもあるんだけど、まあせいぜい作ってるのはシンプソンズ映画くらいだし、3D作品は基本ブルースカイ作品と言っていいわね。

 2000年代の仁義なきアニメ戦争の最初期に反応したスタジオひとつで『アイス・エイジ』は観た人も多いんじゃないかしら? あまり印象に残る作品はないし、批評家筋の評価は芳しいとは言いづらいけれど、ソニーなんかと比べると安定して高収益を叩き出してきたブランドね。


 そういうわけであまり過大な期待を持たずに『スヌーピー』も観に行ったんだけれど、これが思わぬ収穫だったわ。

 原作の感じそのまま活かそうとした2Dと3Dの中間めいた微妙な表現は賛否両論あるだろうけれど、88分でチャーリー・ブラウン恋物語うまく落とし込んだ良作よ。

 『スタンド・バイ・ミー ドラえもん』がやろうとして大失敗したことをうまくやるとこうなる、という感じで、見比べてみると作劇の勉強になるわよ。



6. ウォルト・ディズニーアニメーションスタジオ:『塔の上のラプンツェル』(バイロンハワード監督、2010年

 ディズニー映画は2008年の『ボルト』以前と以後で大分変わってくるわ。簡単にいえば、元増田が昔観たであろうオールドグッドな2Dディズニー映画が以前、元増田が大好きだっていうウェルメイドな作劇の3D作品が以降。このラインを意識すると効率良くディズニー映画を愉しめるわ。

 もっと元増田は08年以降のディズニー3Dアニメ映画をだいたいチェック済のようね。


 でも『ラプンツェル』を見逃しているのはいただけないわね!

 90年以降生まれの女子にとってはマイルストーンといってもいい、新しいディズニープリンセス物語の決定版よ!!

 女子にモテたければ是非観るべきだし、女子になりたければ絶対観るべき、現代女子力のパワーソース(力の淵源)よ!



7. ピクサー・アニメーションスタジオ:『インサイド・ヘッド』(ピートドクター監督、2015年

 シュガー・ラッシュ以降のピクサーを観た元増田なら当然鑑賞済みかしら?

 現代アメリカアニメを支配するピクサーの作劇の極致ともいえるのがこの『インサイド・ヘッド』よ。

 物語自体の面白さもさることながら、「私たちはいつ、どのように成長していくのか」についてここまで丁寧に描いたフィクションは稀有だと思うわ。



8. オン・アニメーションスタディオズ(メソッドアニメーション):『リトル・プリンス 星の王子さま』(マークオズボーン監督、2015年

 フランスは日本とおなじく2Dアニメーション映画が主流だけど、日本にも白組があるように、フランスなかにも3Dに情熱をそそぐスタジオがあるわ。

 それが、オン・アニメーションスタディオズ。

 まだまだ知られるとはいえないスタジオだけど、『カンフー・パンダ』のマークオズボーンが監督した『リトル・プリンス』で一躍名を上げたわね。

 アメリカの大手がかかわっているスタジオでは見られないようなヨーロッパ的な叙情が特徴よ。

 今後はこういう小スタジオの3D作品もバンバン出てくるんじゃないかしら?


 


9. ライカ:『コララインとボタンの魔女』(ヘンリー・セリック監督、2009年

 ここからはちょっと趣向を変えて同じ立体アニメでもストップモーションアニメを紹介するわ。

 元増田は『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』という映画をご存知かしら? 

 ああいう人形を使ったアニメストップモーション(コマ撮り)アニメと呼ばれてファンも多いわ。一番有名なのはウォレスとグルミット』かしらね

 『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』はティム・バートンの監督作だと勘違いしている人も多いけれど、実は監督を担当したのはこのヘンリー・セリック

 彼が自分のスタジオであるライカ」を立ち上げての第一作目が、この『コララインとボタンの魔女』なのよ。

 ストップモーション特有の質感を保ちつつも3DCGと見まごうばかりのなめらかなアニメーションは、気が遠くなるような数の人形パーツによって実現したもの。

 セリック独特のゴシックな美意識が溢れる画面は観ているだけでため息が出るわ。

 この『コララインとボタンの魔女』の成功によって、ライカイギリスアードマン・アニメーションズと並ぶストップモーションスタジオとして一躍地位を確立したわけ。

 ライカはこれまで三作しか発表しておらず、日本に入っているのは『コラライン』含めて二作だけだけれど、二作目の『パラノーマン』もすばらしい出来なので是非見てね。



10. アードマン・アニメーションズ:『映画 ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』(マークバードン&リチャード・スターザック監督、2015年

 で、ストップモーションアニメの老舗であり、ストップモーションといえばアードマンと言われるほど有名なアードマン・アニメーションズ

 配給会社はそのときどきによって変わるけれど、一貫して温かみのあるゆるさと精緻な細部へのこだわりをふせもった上質なストップモーションアニメを世界に供給しつづけているわ。

 もちろん、去年発表された『ひつじのショーン』も最高だったわね。

 『ウォレスとグルミット』とおなじく、テレビシリーズの劇場映画化だけれど、TV版をみてなくとも十全に楽しめるわ。むしろ、テレビシリーズの入り口としてちょうどいいくらい。

 アードマンの作品はそのルックを一目見れば即座にわかるので、公開されたらとりあえずチェックしときたいわね。



11. スターバーンズインダスリーズ:『アノマリサ』(チャーリー・カウフマンデュークジョンソン監督、2015年

 スターバーンズインダスリーズテレビドラマで活躍するダン・ハーモンが立ち上げたストップモーションアニメ会社

 その第一作目に『マルコヴィッチの穴』などで知られる個性派脚本家チャーリー・カウフマンを監督に迎えて作ったのが、この『アノマリサ』。

 アードマンにしろライカにしろ「子どもも大人も愉しめる」映画が信条のストップモーションだけれど、この『アノマリサ』は完全にオトナ向けよ。

 カウフマン特有の奥行きある哲学的ストーリーもそうだけれども、一番子どもに見せちゃいけないのはセックスシーン。

 なんと精巧に作られた人形同士(男女ともにくたびれた中年)がヤッてる姿をえんえん見せつけられるの! クンニから挿入、絶頂、事後まで全部よ!

 ちょっと変わったアニメ映画を観たい、と思ったら今すぐこれを借りにレンタル屋に向かうべきね。 

2016-02-06

岩井俊二のMOVIEラボ シーズン2を見た

Eテレで今やってるんだけど、シーズン1に比べてすごくつまらなくなった。

進行役に千原ジュニアと誰だかよくわからない女の子が入ったんだけど、いる意味がない。場を捌けないしもたつくし自分が前に出たがるし。

映画の作り手たちがテーマにそってグダグダ喋るのが面白かったのであって、お笑い芸人や誰だかよくわからない女の子がモタモタ時間を浪費してるのを見たいわけじゃない。

「1分スマホ映画ロードショー」がほぼメインという構成もどうかと思う。

2015-12-30

親と和解するという物語

親と子が理解しあえず不和になるという物語は珍しくもなんともない。

世の中そこらじゅう親子だらけだからね。

それだけにテーマとするドラマとか映画もよくあるんだけど、

主たる流れが「子供が大人になったことで親を許して和解する」っていうの。

いや、わかるよ、わかります

物語ってのは物事の変化を描いているわけで、「親との不和は解決しませんでした」って流れより、

そっちの方が収まりがいいし、大多数の人は気持ちよくなれるよね。

「解決しませんでした」の方は全国ロードショーは無理だもんね、

どうしたって単館上映になっちゃうよね。

でもやっぱり納得いかない……

それなりに親との不和を抱えた私としては。

結婚式の前日に」低視聴率は、フツーにドラマとしてつまらなかったんでは?

不治の病+親子の不和って盛りすぎじゃない?

しかも親のノリがアレすぎてついていきたくない感じ。

闘病ものだけど、重くなり過ぎないように…って、あえてのこのノリなのかなって思ったけど、

拒否反応ヤバかった。

そもそも自分で合わせたチャンネルじゃないけど。

最終回見てないんだけど、母親とはかなり和解した状態にはなってたよね。

やっぱりそうなんだな~~って思いながら見た。

なんのドラマか忘れたけど、海外ドラマで不仲の親子の話で、

(ろくでもない親に子が苦しめられるパターン

「親を理解してやれないことで自分を責めることはない」ということを、

子供に向かって言ってくれる人がいた。

海外ドラマはこういうことを具体的な言葉にしてくれるんだよなって思った。

親子の不和存在することを認めて、なおかつ子供に親を許すことを強要しない。

なんとなくだけど、日本ドラマには深刻な親子の不和を認めようとしない空気がある。

しかも「子供が大人になって解決する」ことで丸く収めようとする。

そういうことがあるだろうことは否定しないけど、

もっと子供が親を許すことができない場合も許容してくれないものだろうか。

許せない方は、許せないことで苦しい。

なのに、それを第三者から「お前が大人になれないから許せないんだ」みたいな空気を出されると、

もっと苦しい。

「許せないからぶっ殺す」とか言ってるわけじゃないんだから

心の中で「やっぱり許せない」って思うことくらい「許して」くれないですかね?

2015-08-18

最後の1本

最後の1本」って映画今上映してるじゃないですかぁ

どこか外国博物館で珍宝を集めててぇ

そこに欠けてる最後の珍宝を寄付してくれる人を探す話みたいなんですけどぉ

男の人って自分の珍宝を博物館で展示されるとしたらどんな気持ちなんですかぁ?

ねぇ、どんな気持ちぃ?

追記:公式サイト↓ 動画注意

映画『最後の1本~ペニス博物館の珍コレクション~』公式サイト|8月8日(土)ロードショー

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん