「fb」を含む日記 RSS

はてなキーワード: fbとは

2020-08-11

昨今の香港中国事情コメントを求められても困る

たまたま中華料理好きが高じて

北京留学して、何年も中国仕事をし

帰国後も中国関連の仕事をしてるけど

昨今の中国政治体制については

他の人と同じくらいの意見しか言えないので

期待されても困る

FBウヨっぽい人に絡まれてる

親中コメント求められてんのかな

しつこい

anond:20200811144742

社会人になって始めたFB中学時代同級生と再会して数年間定期的にやり取りしてたんだけど、

正月実家に帰った時にその話を両親にしたらそいつ大学卒業する前に事故で死んだって話を聞かされた時。

2020-08-04

フェミニスト的に理想セックスってどういうのなの?

ミサンドリーとか異性嫌悪とかセックス恐怖症とかそういうのじゃなくて、ごく普通フェミニストにとっての理想セックスってどういう手順で行われるのか、知りたい。

男女でのセックスね。男性器と女性器を使ったセックスのことね。ただの生殖目的じゃなくて、愛し合う行為としてのセックスね。

煽りとか、揶揄とか皮肉とかそういう物はすべて捨てて、純粋理想セックスを教えてほしい。

セックスってボディランゲージとかスキンシップの延長にあるわけで、最高に好きな相手とするセックス幸せもののはず。

から理想の手順のセックス」って絶対あるはず。

もちろん、理想セックスは人それぞれ違うので、「過激派ではなく、ごく普通フェミニストあなたにとって、理想セックスは?」が正確な質問かと思う。

なんかブクマとか見てると「セックスする前に同意書を取れ」とか書いてる人がいるので、それは本心なのかが知りたい。

ちゃんとした書類を作って、セックス同意するのが「理想」なのか、知りたい。

あるいは、実は書類必要ではなくて、単に男性が「完璧なふるまい」をするのであれば書類不要なのか。そしてその場合、「完璧なふるまい」とはどのようなものなのか。知りたい。

こういう話は5chではできないし、Twitterでもできないし、もちろんFBでもできない。

しかし俺は知りたい。フェミニストにとってのセックスイデアを。

セックスというのはそんなに高尚な世界ではないから、「セックスについては、『~でない』『~でない』としか言うことができない」という古代インド哲学の奥義みたいな話ではないはずだ。ちゃんと「これが理想セックスです」と言えるはず。

「それはフェミニストではない」という古代インド哲学の奥義のようなフェミニスト論ではなく、「こうしてほしい」「こうしたい」「これが理想に近いはずだ」というご普通の話がしたい。

そういうわけで、理想的なセックスが知りたい。

別に下世話な話をしたいわけじゃない。セックスなんて誰だってする。したことない人も、明日するかもしれない。そういうレベル普遍的ものだ。

もちろん、これは多分に個人的嗜好が入る話なので、「これは個人的な嗜好だな」と感じたらそこは省いたっていい。俺も髪コキしたいとか思うけどそれは個人的な嗜好の範疇から「髪コキこそ理想セックス」とは言わない。

というわけで、フェミニスト理想セックスが知りたい。

まぁ手順を教えろというのはハードルが高すぎると思うので、「こういう雰囲気で、こういう男性との、こういうセックス理想である」という形式でも全然いい。

古代インド哲学の奥義みたいな話をし続けちゃうと、何が正解なのかわからなくなって人類絶滅する。

梵我一如の境地に至った人間は、多めに見積もって数千人だろうと思われるが、セックスはそういうわけにはいかないからな。

2020-08-01

2020-07-28

anond:20200728222356

anond:20200728222244

apt moo

anond:20200728214501

2020-07-24

anond:20200724133838

還暦過ぎた親父が普通にFBとかで流れてくる胡散臭い広告見て買い物ししててビビった

2020-07-22

はてサってスターを贈り合う相互扶助をやってりするんだよな。

FBネトウヨコミュニティが居心地がいいからそうなっているように、

はてサはてサコミュニティ承認欲求が満たされてるから所属してるんだと思う。

https://anond.hatelabo.jp/20200722185230

2020-07-21

anond:20200721110318

一般的用語じゃなかったんか?w

一般的スレッドって意味がわかってるなら、TwitterでもインスタでもFBでも「スレッドにする」とか「スレッドを見る」とか出ると思うけど、「スレッド」の仕組みを使ってても、「ツイートの追加」とか「返信」とか「リプライ」になってるよな。

なぜならSNS用語じゃなくてネットワーク用語からだよ。

じゃあ、お前リアル増田って使ってみろよ。

ここは流石に頭悪すぎで笑えたw

楽しいやつだな君

2020-07-17

anond:20200716184659

5chのルール変更の裏にあるのは常に金の動きだよ

これはひろゆき2ch時代から変わらない

表現を守るという点においてFBTwすら透明性で遠く及ばない

2020-07-16

anond:20200707191640

まあ増田が求めてる、現実だと行動しにくい、気軽に参加しにくい、ていう障壁は逆にいうと、そういう被害者を気軽に暇つぶしおもちゃにしていたぶってやりたいっていうどうしようもない連中を弾く障壁にもなってるから

それを解消するとFBとかの実名でってなるんだろうけど実名ネットで広くコミュニケーションするってなるとむしろ現実より危険な気がするし、FBクローズドグループ作るとかが妥協点かな

気軽かは微妙だけど

2020-07-13

はてブも相当だけどFacebookNewsに対するコメントも相当だよね

はてなの人はfbとかやっていないから知らないかな。

2020-07-10

さよならふつう日本人

私には素晴らしい友人がいる。

しかも何人もいる。

彼らは思慮深くて理知的ユーモアがあり好奇心旺盛、話していると本当に面白く、何時間でもいっしょにいたいと思わせる、心優しき人たちである

離れてしまっても付き合いが途切れないよう、こつこつと人間関係メンテナンスし続けてきた。彼らの存在は私の財産だ。

そしていま、私には悩んでいることがある。

彼らがあまりに素晴らしく、尊敬すべき、愛おしい人たちであるので、

そうではない他の人がなんだかものすごくどうでもよくなってきてしまったのだ。

どうでもいい、と言うと語弊がありそうなので具体的に言うと、

私は昔からわりと人付き合いが好きなタイプだったので、学生時代友達地元友達、元職場の同僚たちなど、

いろいろなコミュニティの繋がりをそれなりに大切に思っていたはずだったのだが、

この人たちとこれ以上いっしょに時間を過ごすことが、ちょっとしんどくなってきてしまった。

彼らは新聞を読まない。本も読まない。情報源まとめサイトTwitterトレンドだったりする。

彼らは自分たち中立だと思っている。右翼左翼もこえーよwと笑う。

彼らは差別や生きづらさを訴える人を自己責任、甘えだと言う。

彼らは日本に住んでいる外国人を疎ましく思っていて、特に韓国人が嫌いだ。

彼らは社会のために活動したり発言したりする人のことが内容如何に関わらず全員うっすら嫌いだ。

彼らには目標がない。死ねるなら今すぐ死にたいと言う。だから将来について話したりもしない。

もちろんこれの全てに該当するわけではないのだが全員この中の2〜3個くらい当てはまる。

そしてそういう部分をチラリと見せてくるたびに私は、なんだか必要以上にがっかりして疲れてしまう。

彼らがいわゆるふつう日本人だということは理解している。

そうではない友人たちのほうがこの社会ではマイノリティなのだということもちゃんと分かってる。

彼らのほとんどは名の知れた大学を出ている。

結婚している人もいればたくさんの部下を指導する立場の人もいる。

彼らが特別差別的だったり、冷笑主義だったり、無気力・無関心なのではない。彼らはふつうだ。

そして私はこの、日本人の8割くらいを占めると思われるだろうふつうの人たちと、正直もういっしょにいたくない。

今までも、彼らと話していて「うっ……」と思うことはあった。

それも「まあ、100%私と同じ考え方や感覚の人なんていないし」と受け流して付き合ってきた。

自分とは対照的な考え方をする人と付き合うことでバランスをとっているつもりでもあった。

しかし、100%とは言わないまでも、ものごとへの基本的姿勢や時事的な知識の多くを共有している人と出会い

同じくらいのテンポと強さで会話のラリーができる心地よさを知ってから

(同じくらいと思っているのは私だけかもしれない、相手が私レベルに合わせてくれてる可能性は十分にある)

「うっ……」と思う発言に身構えながら、こちらも迂闊な発言をしないよう気をつけて、相手の機嫌を伺い、

当たり障りのない会話をすることにほとんど意義を見出せなくなってきた。

私に残された選択肢はふたつだ。

ひとつ。「ふつう日本人」たちとの交流をそれとなく当たり障りなく徐々に減らし、将来的にはFBで繋がってるだけの人たちにする。

ふたつ。彼らの前で、私の意見を素直に言ったり、彼らの意見に異を唱えたりする。今度は私が「うっ……」と思われる人になる。それで相手が去っても追わない。

それで、今まで「ふつう日本人」たちに使っていたリソースを、あの素晴らしい人たちと文化の話をしたり、社会の話をしたり、仕事の話をしたり、これから私たちがどうなりたいかについて話したりして、いい時間を過ごすために使う。

どちらの手段を取るかは、もう少し考える。

いい友達だと思っていたはずなのに、私は彼らのことがもうそんなに好きではない。

ひどく身勝手だけど、それがすごく寂しい。

2020-07-05

女性風俗体験レポ④ リピート

レポ④ リピート

↓前回記事

女性風俗体験レポ(https://anond.hatelabo.jp/20200423213710)と

女性風俗体験レポ②(https://anond.hatelabo.jp/20200516090026)

女性風俗体験レポ③ リピート生理きちゃった編(https://anond.hatelabo.jp/touch/20200620094443)

また推しセラピに会いに行った。今回で3回目。

夜の渋谷仕事が終わり19:00待ち合わせ。天気は雨。

最近全国ランキングランクインしたとかで、掲示板でやれチビだのインポだの叩かれ始めたが、まあ本番もしないし健全セラピなので私は好きで会いに行ってる。

感覚的にはお気に入り美容師に予約入れるのと似ている。

18:56あたりに待ち合わせ場所に着いたが、セラピは既に待ち合わせ場所に居て、時間前に来てくれることを重視していた私にとってはとても好感の持てる対応だった。

さすがに3回目ともなると会ったときの「初めまして」感はもう無く、待ち合わせ場所で目が合って互いに「わ〜久しぶり〜」と近づくみたいな距離感になっていた。

けれどもエスコートはぬかりなく、ホテルまでの道中、相合傘をしてくれて私の傘を持ってくれた。

いつもと同じホテルに入った。よく考えたらショート利用3400円でそこそこ部屋が広いのでコスパが良いホテルだった。

2回目以降カウンセリングは無く、いつもどおりヘッドマッサージをし、性感に入るという手順だ。

個人的に、何か突出した技術を持ったセラピストが人気がある印象で、推しセラピはヘッドマッサージが得意だった。

今日労働の話、最近同居人との性生活の話(立ちバックで足首痛めた)、その他、他愛のない話などをし、精算を済ませて風呂に入った。

セラピも昼職後だったため、男性の1日の労働後の香りを嗅ぎたいと思い、風呂入らず施術に入らないか?と打診したところ、断られた...そうだよね...。

「湯通しくらいはさせてくれ」とのころだったので、本当に軽く済ませてくれと念を押した。

セラピが風呂から上がり、施術が始まった。

ホットアイマスクをするか?と聞かれたので「推し身体見れない時間があるのは勿体ない」と言ったら「エロ親父みたいな発想だ」と言われた。そうなのか?

ヘッドマッサージ最中、角度によってはセラピストの股間が接近してくるので「絶景がな、絶景がな」など小気味いコミュニケーションをして楽しんでた。

突然だが、私は20代にして親が死んだり入院している関係実家を売ってしまったため、実家が既に無く、正月に帰る家が無い。同居人地元に帰るし姉夫婦のところへお邪魔するのも忍びない、2日からは同じような根無草の女たちと集まって過ごすのだが、元旦の夜はいつも一人で過ごしてる。

セラピストに「この仕事正月まで続ける気はあるか」と聞いたところ、その予定とのころだったので、元旦の夜来てほしいなと伝えてみた。まあ半年後のことなんてわからないけど、全然いいよとのことだったので正月呼んでみようかな。

本名も、本当の年齢すら知らないコールボーイと過ごす正月想像したら、なんだか面白かった。

そうこうしているうちに性感マッサージ時間になった。

キスからまり乳首をめちゃくちゃ舐めてくる。

その後クンニが始まる。的確にクリトリスを責めてくる。

続いてGスポットを熟知した手マンポルチオを攻めながらへその下をグイグイ押してくる。

自分は多分中イキはできないので申し訳ない気持ちになったが、そんな引け目を感じさせることなく、どんどん攻められる。

が、やはりイけないものはイけないので「ポジション交代しましょう」と申し出てセラピにマグロになってもらう。

彼に馬乗りになり、乳首舐める。首筋を舐めたらしょっぱくて、労働後の、繕ってない男性の味が堪能できた。

全身をくまなく舐めていると、股間が少し膨らんでいた。前回、前々回はバイアグラ的な錠剤を飲んでいたので、飲まずとも膨らんでいたことで、私の何か欲が満たされた。

舐めると途端に完勃ちとなった。

今日イラマと顔射をしてほしいと申し出ていたため、さっそくイラマをして欲しいと頼んだところ、喉の奥まで容赦なく突っ込まれた。

前回の浅いイラマチオとは違い、息ができない。

前回の事後FBイラもっと苦しくしてほしいと言ったのが反映されたのか、声が出ないほどに突っ込まれたのはよかった。

「馬乗りになってイラマしてほしい」と申し出たところ快諾してもらい、セラピが私の胸の上に馬乗りになった。

腕を用いて抵抗できない状態になったことに興奮を覚えた。先ほどよりも深く陰茎を突っ込まれ、息も抵抗もできない状態ピストン運動をされてとても興奮した。

セラピの息がどんどん上がっていき、「ヤバ...」と声がした。この言葉を発したときはだいたい絶頂が近い。

「イくよ?」と言った途端、顔にかけられた。

前回、精液が目に入ったら結膜炎を起こすと話したのを覚えててくれたのか、出し終わったらすぐに目元を拭いてくれた。

口についた精液を舐めたところ、無機質な味がした。

3回目の顔射。いつもと同じ味の精液、だんだんと、この安定感が心地よくなっていた。

セラピとの行為は、私にこそ絶頂はないものの、こんな美しい人が私の手によりイってくれるという事実が私を満足にさせている。

私は結局、人間として他者に影響を与える実感が無いと満足ができないんだな。

また書きます

以上

2020-07-04

100日後に詰むテトリス 2日目

あと98日

anond:20200703144318

後 -

ねむい

2020-07-03

100日後に詰むテトリス

あと99日

anond:20200704204643

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん