「大貫妙子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大貫妙子とは

2021-06-08

伝承の味のハム増田は時を超えてエコを木とは出す魔飲む派のジアのうょ新手(回文

おはようございます

あのさ、

任天堂のさ3DS

よくよく考えてみたら定価でダウンロード版を買うより

今ならお求めやすカートリッジ版のをどこかから探して調達してきた方が

調達課の課長は安く抑えたよくやった!って喜ぶんじゃない?

そんでね、

マリオカート7早速ゲッツよ。

もう11年前のソフトで私とほぼ同い年でもあるにもかかわらず、

インターネッツ対戦には今だたくさん人がいて

何このディストピア!って少し恐怖を覚えるとともに、

この人達は本当に実在するのかしら?ってちょっと心配なるレヴェルなんだけど

調子こいて早速インターネッツ対戦を申し込んだけど、

やっぱり初戦デビュー戦は最下位をめでたく飾り幕を切って下ろした火蓋なのよ。

でもさ、

11年前の古いっちゃー古い年代なんだけど、

さっきも言ったとおり、

インターネッツ対戦には人がいて本当にこれ生身の人間なのかしら?って再度思っちゃうほど、

メトロポリタンミュージアムの大好きな絵の中に閉じ込められた大貫妙子さんを地で行くような

マリオカート7インターネッツ対戦でいる人は

過去インターネッツ世界に閉じ込められてままなんじゃないかしら?って

もしかして

時空を超えてインターネッツ繋がってね?って思わせるそんなファンタジーマリオカート7でもあるわね。

トップビュー画面で接近警告が出ない緑甲羅が飛んできても分かるけど避けられないのは避けられないけど

カレーに避けたい大盛りをおかわりする勢いよね。

またSwitch版のマリオカートとは趣が違うというかなんというか、

ただただそこに居るインターネッツ対戦の住人たちが、

時空を超えて11年前の人たちなのかしら?って一抹の不安があるだけで、

あとは面白い出来栄えレーシングゲームであることは間違いないみたいね

唯一驚いたのがイカの墨が飛んでくるときに躍動感というか3Dを活かしたイカだけに墨の飛びっぷりに思わず避けそうになっちゃったぐらいよ!

でも私の2DSLLなんだけど!

そのぐらい放物線を描いて飛んでくるイカスミに今日イカスミパスタにしようかしら?ってママ献立捗るママーのパスタにしようかな?って

まりイカスミがリアルなのでイカスミパスタが食べたくなっちゃう勢いを

そのまま飛び込み前転して食欲を抑えたいところ。

やっぱり

かつての任天堂のさ最先端当時は現役ハードだったわけで

探せば色々なゲームがたくさんあるかもしれないし、

「猫にエサをやるな!」って怒ってるおじさんにも

ダウンロード版じゃなくてお安くカートリッジ版を探して買った方がいいわよ!って大きな声で教えてあげたいもん。

でも何度も言うけど、

11年前のソフトなのにインターネッツ対戦には人がたくさんいて

これマジで11年前の時に閉じ込められてるんじゃないかしらって。

大貫妙子さん現象というか随分メトロポリタンを省いちゃったけど、

ここはナポリタンじゃなくてイカスミパスタなんだなーって納得のいく次第なのよ。

これもしかして

インターネッツ対戦と見せかけて

私が1位になったらその人たちを救出できる実はストーリーモードなのかしら?って

ペコパさんに時を戻そうってお願いしなくても良くなったから、

インターネッツ対戦と見せかけて、

時に閉じ込められた人と救出すべく

私はネッツ対戦で1位をとるという新たなるドラクエV的なクエストマリオカート7で行わなくてはならないし、

いい加減にしなさい!って怒られそうよね。

DSの充電があるうちに、

いろいろと救出できたらな!って思うわ。

もしかして今でもすれ違い通信してすれ違って何かが交換されていたら、

それは今の人たちの近未来というか現未来の人たちの生きた証として私は伝承していかないといけないし、

伝承と言えば日本ハムのあの美味しいハムを思い出すとともに、

スープハムだけでいい出汁というかスープが出るから

なるほどねーふむふむ!そこはふむふむじゃなくてハムハムって言いたいところ。

から私は日本ハム伝承の味を食べながら

マリオカート7でのインターネッツ対戦に閉じ込められた11年前の人たちを救う旅に出るわ!

私もミイラ取りがミイラになるというか、

蜜柑取りが蜜柑になる前に、

ちがうちがう、

メトロポリタンミュージアムに行った大貫妙子さんが絵に閉じ込められないように、

イカスミパスタスプーンを使わず

フォークだけで上手く皿の手前にくるくるパスタ麺をフォークで回す場所を作って器用に巻いて食べるのが

イタリアスタイルだよ!って

あのLEONの表紙の人誰だっけ?

うそパンツェッタジローラモさんが上品パスタの食べ方として教えてくれたわ。

ちなみにスプーンを使ってくるくる回して麺とフォークで掴んで、

スプーンの上にミニパスタ定食を作って食べるのは北イタリアのちびっ子がよくやるやつって言ってたところも納得だわって思ったし、

ぜひイタリアに行くなら南イタリアに!って言った方がちょっとなんだかイタリア慣れしている感じがしない?

からイタリアに行った!って言うんじゃなくて、

ちょっと南イタリアに行ってきてさーって言った方がなんか雰囲気出るから

なんでも土地地名に南を付けるとすごく慣れた人に見えるから

巣鴨も南巣鴨って言い方したら、

ほら!すごく雰囲気出て巣鴨に詳しい人みたいに見えるでしょ?

から地名に南を付けることをオススメするわ。

浅倉南からのお願いね

なんつってー!

うふふ。


今日朝ご飯

ハムタマサンドしました、

こっちの方がヘルシーアンドお値段も控えめなので、

今日からダイエットです!

結果は減って気分がよかったら報告します!つってね。

新しいダイエット方法が日々開発される中、

ハムタマサンドダイエットに私は挑戦するわ。

デトックスウォーター

レモンウォーラーよ。

炭酸レモンレモン果汁を追いレモンしたおーいレモン!って感じのレモンたっぷり

レモンウォーラーね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2021-05-05

anond:20210505214722

昭和の昔は音楽結構お金つかってたと思う。それなりにビバルディとかポールモーリアとかYMOとかレコード買って聞いてた。

なので昭和のおじさんおばさんの音楽教養度は今の人よりずいぶん高い。

平成生まれ若者たち音楽環境は便利なようでして貧しい。いまはサブスクで気軽になんても聴ける。

でも体験は乏しい。昭和山下達郎とか大貫妙子とか竹内まりあとかとてもハイレベルだったので、

シティポップとか言ってアメリカとか韓国とか海外山下達郎レコード聴いている人たちがいる。

2021-03-07

海外City Pop / Japanese Fusionの受容に関して

 間違いや広く知られていることもあるが、思うところがあったので書き殴っておく。

 ここ最近YouTubeSoundCloudにおいて70~90年代city popJapanese jazz/fusionは一部の人たちに再発見?されてアップロードされた結果、それらのジャンル他国で(少なくとも以前と比べれば)人気が高まっているよう見受けられる。多くのアルバムが丸々アップロードされているが、例えば間宮貴子の『LOVE TRIP』は254万回再生されているが、(少し古いけれど)Thundercatの『Drunk』は211万回再生である。他にも大貫妙子アルバムも同程度に再生されているし、福井良に至っては1000万回以上再生されている。

 ただ人気が出てきて静かなブームになっているのなら、わざわざこんなことは書かない。次のページを見て欲しい:(https://www.youtube.com/post/UgyolPz5qn-J05oe5wB4AaABCQ) このコメント欄では'Its a shame this happened at all. Youtube is one of the only ways for this sort of music to be listened to here in america'

'I love Momoko Kikuchi music, but her agency really does not understand how her name is much more valuable now than in the 80's. Meme power is the new key to success in the internet marketing'といった傲慢かつ自分勝手コメントが非常に目立つが、ここのコメント欄を見ていて既視感はないだろうか。最近だと漫画村を利用して自分たち無料で読むことを、少し時代を下るとマジコン使用PSPWiiクラックを、さらに下るとMicrosoft officeなどのソフトウェアを貸し借りすることを当然のことと主張する/良心の一切傷まない/自己利益追求に熱心である人たちを私は想起してしまう。

 これらのコメントに対して何かを述べる前に前置きしておく。楽曲制作には金も時間もかかるし、関係者にとっては生活の糧であるアルバム売り上げだけが収入源という訳ではないが、違法アップロード利益が一切もたらされないのならば、関係者生活基盤に負の影響がもたらされるは自明である著作権保護期間がどうして長期に渡るのかとということとも関連づけておいて欲しい。それから改めてコメントを見てみる。まず前者のコメントであるが、ちゃんちゃらおかしいと言わざるをえない。こういった楽曲はDiscogsで買うなり日本レコード店から輸入するなり聴く方法はいくらでもある。聞く前に情報を集めるということを考えても、SNSで他の人に訊ねたり、本やレビューを調べたりするといったように、いくらでもあるのは言うまでもない。ただ自分正当化したいだけのコメントと断言して良い。次に後者コメントを読んでみると、評論家気取りの無銭厄介ファンであることが窺える。まず菊池桃子楽曲を愛しているのならまず違法アップロード違反申告するのが筋であり、違法アップロード他人収益を得うる状況なんてどうしたって擁護できない。そもそも金は落とさず非公式な場でのみ姿を表す者を人はファンと呼ばないのに、どうして口を挟むことができようか。まさか違法アップロードを削除したら自称ファンから非難されてマーケティングにまで口を出されるとは予想もしなかっただろう。

 さらに状況を複雑にしているのは、違法アップロードという名の布教活動を行う無駄に熱心な人たち、利益を掠めようとしてあの手この手を尽くす輩などの全く無関係な人だけで構成されたエコシステムが完成しうる状況だ。YouTubeでは権利者の利益を守るために色々と仕組みが作られているのは分かるが、それが完璧機能しているとは言い難い。例えば先述した間宮貴子の『LOVE TRIP』のYouTube動画には広告が付いているのだが、その収益を得るのは「CΘNSUMΞ フローラルマンガ」という間宮貴子サンプリングしたどこぞのアーティストである。これはSoundCloud傘下でアーティスト収益を守るはずのRepostNetworkが、間宮貴子とある曲をほぼ丸パクリ(私サンプリングRemixとはかけ離れているといっても良い)したものを「CΘNSUMΞ フローラルマンガ」のオリジナル曲認識してしまったため、パクられた側の曲のLicense HolderとしてなぜかRepostNetworkが登録されてしまっている。一応概要欄には'This video has been claimed by the rightful copyright holders, Kitty Records, and all revenue is now going to them.'とは書いてあるが、実際は分からない。概要欄に書いてあることを偽と判定するならば、このように全く関係のない人たちだけが利益を得る最も不毛な状況が一部で出来上がってしまっている。

 このような人たちが昨今の人気を支えているのなら、人気や知名度の割に儲けがない、という悲しい状況下にCity PopJapanese Fusionはあるということだ。儲けのない産業/ジャンルに人が集まっていくはずもなく、改善されない限り先細りが予想される。金を出さなファンはどれほど数が多くとも0と同義であるさら違法アップロードに関するコストを考えると、違法アップロードされた楽曲布教活動を行っている自称ファンは、0以下の赤字をもたらす存在/癌なのかもしれない。海外PCゲーム業界とか似たような状況から抜け出していったものは確かにあるにあるが、色々と条件が業界側にとって有利であったというのは大きかったし、未だに傷跡は残ったままで完全に抜け出したとは言えない。

 国産漫画/アニメなどの業界デジタル時代海外でしてしまった失敗を音楽業界も再びしてしまうのだとしたら、日本の主要な文化全体でどれほどの損失を出してきたことになるのだろう。

2020-01-01

最近音楽がよくわからない。特にここ10

パフューム中田ヤスタカとかレミオロメンとかエルレガーデンとかサンボマスターとか椎名林檎とかニコラコンテくらいまでは、なるほどなるほど、とリアルタイムに聴いていた。

でも最近音楽がよくわからない。一方でシティポップとか言いながら山下達郎竹内まりあ大貫妙子っていうのはなんか退行してるような気がする。

2019-05-17

anond:20190512000726

山下達郎

大貫妙子

大瀧詠一

は、レコードが売れすぎてるので聞かないでください。

値段が上がって困っています

2018-12-04

Eテレ無駄遣い

いま30歳代後半の男で、少し前に初の子どもが生まれた。1歳ごろからだんだんテレビ音楽にわかやすく反応するようになって、家事をやらなきゃいけない朝の時間帯は、たぶんほかの親もそうしているように、Eテレを流して見せてるんだけどさ、あの地味に豪華なキャスティングはなんなの。

NHKの、子ども向けじゃないほかの番組無駄に豪華なのはそうなんだけど、あれは見てるのが大人から、まぁわかる。けど、子ども向けの番組の、なんでもないキャラの声を有名俳優がやってる意味マジでからない。

たとえば「デザインあ」のコーネリアスとか、昔で言えば「みんなのうた」の大貫妙子とか、未発達な子ども感性に訴えるセンス良さげな音楽を使うことは大賛成なんだよ。けどさ、今朝の「みんなのうた」がAAAオカモトズでさ、あれはダメでしょ。凡庸なJPOPで(AAAコブクロみたいで、オカモトズはオアシス笑のパクリみたいな曲)、アニメーションも取ってつけたようなもので。

Eテレを見てる時期の刺激が美的感性形成するうえで決定的な影響をもたらす、とまでは言わないが、わざわざ金かけてつまらないものを作るなよ。

ただし、コレナンデ商会の吉木りさは素晴らしいと思う。大変好きである

2018-08-16

anond:20180815141704

若い時の大貫妙子カッコ良すぎ!CDポチったわ。ROMANTIQUE

https://ja.wikipedia.org/wiki/ROMANTIQUE_(%E5%A4%A7%E8%B2%AB%E5%A6%99%E5%AD%90%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A0)

anond:20180816073551

わかるなぁ、わかるけど、

ここまでくるともう元増田関係なく、「昭和後半世代の俺が大好きな歌姫」だよね。

薬師丸ひろ子(54)、斉藤由貴(51)、原田知世(50)、八神純子(60)、宇宙戦艦ヤマトの人(川島和子)、

久保田早紀(60)、大貫妙子(64)、橋本一子(66)、岡村孝子(56)、松任谷由美(64)。(今50歳~70歳くらい)

新井昭乃(58)さんとても息が長い。歌姫じゃないけど菅野よう子さん(54)もこの辺かな

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん