「小日向文世」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 小日向文世とは

2019-06-17

いぬやしき映画みた

アマゾンプライムで。去年の映画なのに早いなって思った。

原作と終わり方が違う。終始、娘のアタリがつらい。ヒロ役がどう考えても高校生じゃない。

悪くはないが良くもない。妥協妥協を重ねたなって感じ。でも、やっぱ隕石破壊までやってほしかった。家族と解り和えて未練なく隕石破壊ってのがいぬやしきの終わり方の美しい点だと思ってるから

木梨憲武の配役は良かったと思う。老けてるおっさん感でてる。体型もそんなもんだろうって感じ。

でも、アニメの声がかなりよかったので小日向文世が演じても良かったと思う。

2016-05-13

松田龍平に狂わされた男たち

御法度で中3のとき衆道映画で激烈デビューした松田龍平が狂わせた男たちをリスト化する。

青い春時代同級生だったが特に関わることも無く死んだ。 

親父と口論してたらブチ切れた兄龍平に親父を殺される。そして強くたくましく生きていたが畜生だったため兄に殺される。

転生し今度は純朴な人になるが、優しく面倒みてくれた龍平が死に、狂った後人殺しになる。

その後転生し、過去に指をちょんぎってしまったことを龍平に脅され、居候され、なんだかんだでブチ切れて人を殺しかける。

指摘からの追記

  • 塩見省三<あまちゃん> やっとできた弟子に大喜びだったが、早々に裏切られ、大切な琥珀ゴミ箱に捨てられたりベンチに放置されたりする。数十年の努力無駄になるほどの成果を一瞬で奪われる。
  • 大泉洋探偵はBARにいる> 助けに来る約束をしているはずなのに助けに来ないので、何度も瀕死になる。龍平「一人っきりの友達、失くしたくねぇや」←なら直ぐに助けにこい。

2015-06-18

朝ドラまれ」のセクハラマイルドヤンキー嘲笑がひどい

少女漫画コードに基づいたコメディ、というのはわかる

クドカンとか三谷幸喜シュールさも、リアリティも、描こうとしてないのもわかる

少女漫画ドタバタ基調となったラブコメなだけだし、細かいこと言わなくていいのかもしれないけど、やっぱ気になる

から見るにはセクハラが多すぎ

柳楽優弥まれに酔っ払ってキス小日向文世まれに「お前男と付き合ったことなからケーキが作れないんだ」、

りょうまれの話を聞いた時関係ないのに「ストーカーって何をするかではなくて誰がするかよね」とか

「私なんで彼氏できないの」スーシェフも、朝ドラであそこまで露骨に見せるのは自虐じゃなくてセクハラだわ

夜飲みながら話すならいいとしても、朝ドラで朝から見るにはちょっと不快過ぎる

脚本家が女の人だから、「女なのにこんなこと言っちゃうアタシ」感を出したいのか、はたまた、男性では書けない、

男性ではまさにセクハラ不快と言われるようなことも女性なら書いていいと思ってるのか知らないけど、不快なもんは不快

実際、演じているのは男性俳優だしね

それから、全編を通して「ぼくがかんがえたマイルドヤンキーの現状」が出過ぎ

主人公の周りは全員高卒

田舎でも大学行く人だってそれなりにいる

そして「村全体が家族」を出せば出すほど、劇中に出てこない村人が気になって気になって仕方ない

「目につく土地と目につく人しか大事に思えないんでしょw」を出しすぎてて引く

土地家業手伝うだけなら高卒でもできるもんねw」出し過ぎ

田舎に残る人は残りたいだけの理由があるので、そういう人物を描けばよいのに描けてない

ただ、「土地が好きだから」は他者に対して説得力を与えない

それと、同級生と弟を、大した理由説得力もなく高卒すぐに結婚させた意味もわからなかった

ストーリーに影響が大きくない人物を誰か、マイルドヤンキーらしく10代で結婚させとこw」でしかなかった

いや、ほんとに田舎をなめ過ぎ

ふざけ過ぎ

キャリアのある脚本家だし、劇中でも三角関係をあちこちに散りばめて人間関係に幅を出したり (けいたとまれいちこ、けいたとよういちろうといちこ、ふみとがんじとけいたのじいさん、まれゴン太とみなみちゃん、シェフとわこと亡くなった妻、これから察するにたかしの想い人はみのり?、いちこ大阪の男が出現?) 、少女漫画コードで書いてみたり、きちんと計算して書いてるのがわかるからこそ、不快感がすごい

実力のない若手が意図せず書いちゃった、ではないのが明らかだから

からコテコテ恋愛ものの、セクハラ満載コメディ少女漫画見せられて、面白がるだろうと思ってる神経が理解できない

あまちゃんとか受けたから、自分朝ドラで新しいことしてみたかったのもわかるけどさ、朝ドラ朝ドラコードを踏まえるからこそ、面白いものが出来てくるのもわからんのかね

いや、朝ドラコードは踏まえてるんだけど、朝ドラが踏み越えちゃいけないものは越えないでよ、と言いたい

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん