「相互確証破壊」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 相互確証破壊とは

2020-09-05

台風がくる、雨が降る。

膨大な情報の渦の雨が降る。 ごうごうと風を轟かせ

稲妻がまたひとつ光る。

あぁ気付いてくれるといいなぁ。

極限まで発達した文明からの膨大な圧縮されたメッセ-ジが今もまた降り注ぐ。

自らのことさえ解らなければ、文明の発達を歪めてしまうもんなぁ。

せめて相互確証破壊レベルでないとお互いに安全と言えるコンタクトはとれないからね。

まぁあれだけの文化的贈り物をすれば気付いてれば喜ばれてるでしょ。

そうだといいね

そうだね。



そうして今日もまた氾濫する情報の禍に押し流されていく人類なのであった。

2020-09-02

anond:20200902210329

ポリコレ相互確証破壊兵器から

誰かがそれを持っているなら他のすべての死にたくない者は同じように持つしかない

2020-08-11

anond:20200811101455

相手軍隊相手ミサイル基地などを破壊して侵略を止める能力があれば十分だぞ

核ミサイルの利点は、1発で相互確証破壊リスクを与えられるという部分であって、核ミサイルでなければいけないなんて理屈はないぞ

2020-04-10

コロナウェーブ1

2020ってキリが良くてかっこいい数字だし、人類は今年滅びる

で、コロナだけだとさすがに無理だし絵面が地味じゃん これはウェーブ1なんだよな まだ4月だし

映画で言えばまだ開始2分とかだよ 主人公が自室で飯食ってたら外から町内放送で「新型コロナウイルス感染が…」とか言ってるのが聞こえてきて、テレビをつけたら東京都で○○人感染確認とか出てる そういう導入シーン以前のフェーズ

ここからどんどん来るぞ 各地で大地震大津波火山噴火、…ときてなんかの弾みで核が撃たれ相互確証破壊システム大陸が壊滅 最後宇宙人UFOから降りてきてENDよ

2019-10-30

anond:20191030074534

ポスター潰しに躍起になってる連中も同類だということに世間が気づいたらオタク側の勝利だよ

核兵器と同じで、相互確証破壊こそが抑止力になりうる

それ以外の道はない

2019-07-30

anond:20190730191800

現状の相互確証破壊的状況が読めないほどの無能は、少なくとも支配者層には居ないと思われる。しかしまあ、相互確証破壊絶対ではない。たしかに。

今度の対韓国経済戦争は「炎上」になるだろう

ニュースアプリヘッドライン韓国のことばっかりだ。いつもの朝日日経記事のほかに普段トップに登ってこないソウル通信社記事とかがずらずら並んでる。

まあね、そりゃそうだ。

これはいよいよ戦争だしな。本格的な経済戦争だ。

 

とはいえ軍隊がやりあうみたいな戦争に発展する可能性はないはずだ。何しろお互い全く利益がないし、片方が軍事的に圧倒的に強力ということもなく、欧米監視や中露の脅威もある。核兵器がなくても相互確証破壊は成り立つ。いま日韓にあるものがそうだ。

しかし、軍事力に発展しないことは、かえって別のエスカレーションを生むだろう。

近代以降の戦争っていうのは普通、片方あるいは両方の当事者疲弊し尽くすことで終わる。たくさん身内も死んだし、国内厭戦気分が漂って、これ以上は続けられないというムードになることでしか戦争は止められない。

翻って、経済戦争という形態戦争では、まあ打撃があるにせよ身内が死ぬわけでもないし、なんなら戦争しているとの実感すら国内に起こらない。

この状況下において、戦争っていうのは止まるのか?

落とし所なんて作れるのか?

 

実際のところは、正直わからない。

俺は国際関係論なんて学生の頃少しかじっただけの素人だ。

ただ、上記のように考えるのは、自分に「炎上」についての知識が多少あるからだ。ちょっとカッコよく言えばフレイミング。所謂ネット上の口論のことだ。

ネットでの口論は、なぜ「炎上」になるのか?

それは、疲れないからだ。リアルタイムで顔合わせの口論なら、少なくとも数時間もすればどちらもが疲れ果てて、それ以上喧嘩を続けられなくなり、仲直りはしないまでもその場は収まる。しか掲示板での書き込みを通じて喧嘩をしてしまうと、別に疲れたら寝て起きてまた書き込んでもいいわけで、レスポンスの殴り合いは原理的に永遠に続いてしまう。日本観測された最初の「炎上」は雑誌読者投稿欄における非難応酬だったとされている。

(なお、昨今は利用者側に、さっさと立ち去った方が勝ちだ、みたいな認識が広まってるので、お互いが余程のアホでなければ日を跨ぐような炎上は起きにくくなっている)

 

翻って、もう一度考える。

我々は経済戦争という状況下にあって、厭戦気分に入ることができないのではないかと思われる。

なら戦争のやめ時ってのは、どこにもなくなるんじゃあないのか。

ちょうど、疲れずにレスし続けることで単なる口論が「炎上」になってしまうように、際限ないエスカレーションに陥ってしまうのでは?

 

もしそうなれば、あり得る帰結は二つだろう。

一つには、両方の政府トップが、抗戦を求める国民の声無視した鶴の一声を発し、さっさと戦線から離脱してしまうことだ。

しかしこれはそもそも難しい気がする。両国とも今のトップにその気がなさそうだし、次のトップを選ぶ際にも敵国への譲歩を唱えて次のトップになれるような状況も考えにくい。アメリカなどが頭ごなしに両方に命令する的な状況を想定しても、なかなか厳しいのではないかと思う。

もう一つは、経済戦争エスカレーションが行くとこまで行って、完全に交流ストップする。化学製品韓国国内で作ればいいという奴がマジで出来てしまい、日本国内でも保護貿易が進み、その状態経済が安定してしまう。

2番目のコースに入るんじゃないかと思うなぁ。

 

そうなった時にどうするか、という前提でこれからのことを考えねばならないんじゃないかと思う。

国家にあたっては、韓国自体との競争よりも中国米国との保護貿易競争に備えるとか。身近な範囲では、海外輸入品食材料理店をするのはリスクなので控えるとか。

経済戦争エスカレーションする、という前提でいろいろ考えないといけないんじゃないかと思う。

2018-12-12

anond:20181212094539

お前も馬鹿

だったらなんでイランには制裁できるんだよ。

相互確証破壊なら制裁なんてできねぇーだろボケ

2018-11-06

anond:20181106093747

いやいやいやいや……そこまで言えるんだったら、法律憲法なんて国際紛争の前にほぼ関係ないことがわかってるだろう。

核兵器相互確証破壊のせいだよ。

残念ながらね。

2018-05-17

anond:20180517115751

まあその通りである

ましてやアメリカ相互確証破壊平和を維持しようとしてきた国なので

保有文句を言うならまず自国過去行為について深く反省していただかないと理屈にあわない

2017-09-11

anond:20170911123121

敵に核を三十発ぐらい撃つ

それで勝てるなら相互確証破壊なんて成立しねえよ。

仮にそれで相手の反撃を許さずに破壊しつくすことに成功したとしても、

そのあとで国際社会のなかで日本国が生き残れないのは火を見るより明らかだよね。

2017-08-28

相互確証破壊に基づく核抑止論破綻していることは

西友オーケーストアの競合店対抗値下げ合戦が泥沼に陥っていることから

庶民には肌感覚でわかるのだが、その旨を指摘しても塾講師には通じないのでお前はいつまでたっても塾講師なんだよ

2017-08-12

ドナルド・トランプは既に中国北朝鮮相互確証破壊の段階にあることを気付いていない

or 意図的無視している。というかトランプ以外のみんなも気付いてないか無視してるよね。

北朝鮮韓国日本アメリカといった敵国を核攻撃するには国境を越える運搬手段必要であり、通常それには弾道ミサイルが用いられる。よって、弾道ミサイル技術および核弾頭の小型化が完了しない限り、これらの国を核攻撃することはできない。しかし、中国を核攻撃したいのであれば、陸路で輸出する石炭に紛れこませて中国国内搬入したうえで、トラックかなんかで北京上海深セン重慶北戴河といった大都市に運びこみ起爆すればよいだけだ。これであれば別段高度な技術はなにも必要ない。大型かつ非効率ガンバレル型の核爆弾でもなんでもよい。

習近平としては、既に北朝鮮によって自国の主要都市のどこかに核兵器が隠されており、いつでも金正恩命令でこれが起爆されるという前提で政治をしなければならない。いつ、北朝鮮核兵器によって自分が爆殺されるか分からないというのが彼の感覚であろう。アメリカであれ日本であれ、この点を考慮して習近平交渉しなければならないはずだ。「お前の舎弟だろなんとかしろ」と言われたところで、彼にしてみればもはや事態はとっくに終局を過ぎた後なのだ

2017-04-12

アメリカの実力をもってすれば北の体制を潰すのはたやすい、が…………

問題は”どうやって”北朝鮮体制を潰すかであり、もっと言うならば”どうすれば、体制崩壊の混乱に伴い核&ミサイル技術流出を避けられるか”だ。

元増田も指摘している通り、結局のところアメリカ北朝鮮無視できないのは核兵器&それを運ぶ技術弾道ミサイル)を持っているからだ。その点に異論は無い。

だが、不確定要素は多いにせよ、まだ北朝鮮しか技術を持っていないならば、差し迫った脅威にはならない。

金正恩にしても別に自分の命に代えてもアメリカ人or日本人絶滅させねばならない』のようなことを考えているわけではなくあくま自分たちの生き残りを考えていて、

同時に「核を使ったら流石にアメリカ無視できないし、それで全面戦争になったら自分たち絶対に勝てない」と金正恩は考えているだろうことを踏まえてアメリカ中国も動いている。

「北が核を使えば、アメリカ武力行使する」。相互確証破壊とはそういうことだ。

この前提が通用しなくなるのはどういう時かというと──北朝鮮がよく分からないけど物凄い勢いで国力を伸ばしたらそれはそれで覆るが、それは十年二十年どころかもっと先の話だ──核とミサイル技術流出する状況だ。

中国ロシアは、この点において北以上の技術を持っているから今更流出しても変わらない。韓国日本流出した場合、多少のパワーバランスの変化は起こるだろうが、それも喫緊の脅威ではない。

アメリカにとってもっとも困るのは、技術テロリスト流出する場合だ。

先述したとおり、「北朝鮮が」核を使ったならば北朝鮮報復攻撃すればいい。だが、テロリスト北朝鮮から流出した核技術を使い、アメリカ欧州日本テロを起こしたら、どこへ報復攻撃すればいいのか直ぐには分からない。相互確証破壊が成立しなくなる。

からアメリカは単に北朝鮮を潰せばいいというものではない。問題は、北朝鮮崩壊の混乱に伴い、核燃料や技術テロリスト流出する可能性を可能な限り潰さねばならない。

そちらの十分な目処まで現時点でついているのかというと…………おそらくCIA案件から読みきれないが、一朝一夕にその目処が立つとは思えない。

からもしアメリカ北朝鮮全面的に(陸上兵力まで投入して)潰しにかかるとすると、『オバマ政権時代から流出を阻止する目処は立っていたが、政権として武力行使をためらっていた』というケースだろうか。

もちろんこれは、空爆ミサイルによる核関連施設への攻撃可能性は除外しない。

http://anond.hatelabo.jp/20170412085744

2017-03-25

婚姻関係、お互いに致命的な弱みをにぎらせるという方法相互確証破壊的に牽制を図ったら浮気は発生しないのでは。

2015-09-02

世間暴力相互確証破壊不要。さくっと殺しあえれば誰も不快を感じない社会になる。正義殺人と銃解禁を許容しよう。そこでは相手の報復国家権力もおそれなくていい。

2014-08-31

おまえには音楽の話を自由にする権利などない。なら勝ち取れ。

https://twitter.com/sahoobb/status/505525364521570304

 彼女の嘆きに対する解答はラストコマで既に自ら出している。

 要するに、「音楽の話をせずに」、「好きなもんを好きな様に聞けば」いいのだ。

 そうやって過ごせれば、こんなに平和なことはないなんて赤ん坊でもわかる。そうやって過ごせればどんなにいいか。

 「音楽国境はない」。とても有名で、とてもすてきな言葉だ。たぶんボブ・ディラン歌詞だろう。音楽関係名言の九割はボブ・ディランの口から発しているとされおり、すごく有り難い。

 ところが現実ボブ・ディランではない。各国の土着・民族音楽に使用されている音源はおのおので笑えるくらいに異なり、「国境なんてないんだ」などとほざいて通じるように聞こえる西洋音階によるポップチャート侵略主義の結果に過ぎない。しかしだ。ここはあえてボブ・ディランに百歩譲りたい。音楽国境はない。その呑気なテーゼを容認したうえで、ボブ・ディランはこう付言する。

 「音楽の話においては万人が万人へ対する闘争状態にある」と。

 http://b.hatena.ne.jp/entry/togech.jp/2014/08/30/12027

 ここにコメントを書いているブクマカ(死語)は全員、本質を見誤っている。

 音楽の話において、人が他人を見下すのはそいつマイナージャンルを好きだからではない。過去自分を見ているからでもない。人間は見下すように生まれた動物から、というのはちょっとあるが、決定的ではない。

 女が泣くのは、音楽の話をコミュニケーションの道具に使うからだ。

 そもそも音楽の話はコミュニケーション媒介として非常に燃費が悪い。なんせ、実物がないとその曲がどういうものか、ぼんやりとすらわからない。小説漫画には筋がある、映画には役者がいる、スポーツには様式化されたアクションが、アイドル芸能人にはゴシップが、文学にもゴシップが、それぞれ素人にも言語化しやすい形で道具として可視状態にある。

 音楽には何もない。楽器に触れたこともない素人二人が互いに片方しか知らない曲の話をする場合、だいたいはエモーショナルでよくわからない表現に頼るしかない。あるいは「いいんだよ」だ。「うまく言えないけど、とにかくヤバイの」。これでは何も伝わらない。即時性を重要視するコミュニケーション現場では、音楽など、口下手な二人の間で放置され冷めたフライドポテトよりも価値がない。すくなくとも冷めたポテトは「まずい」という互いがすぐに了解しあえる話題のフックを備えている。

 とかく、音楽の話はコミュニケーションに向かない。

 なんだ、当たり前の話じゃないか、そんなことは昔からわかっているよ、とあんたは言うだろう。

 ところがあんたは昔とおなじくらいに何もわかっちゃいない。

 順序を間違えている。

 人は他人を見下す生き物であり、だから音楽の話でコミュニケーションを取ろうとすると悲劇が起こる、あんたはそう考えている。でなければ、あんた以外の誰かはそう考えている。

 違う。逆だ。

 音楽の話でコミュニケーションを取ろうとするから他人を見下す生き物としての人の顔が顕現してしまうのだ。これは理屈でも論理でもなく、真理だ。

 音楽の話が諸悪の根源なんだ。 

 音楽は門戸がビッチの(ピー)なみにガバガバに広い。食べ物と似た感覚で「うまい」と「まずい」を直感的に判断できる。その直感は、一見まじりけなく、自分本質、アーイデーンティーティがぁーー♪に直結しているように思われる。

 だが、アウトプットしようとなると、童貞のケツ穴のごとく狭窄だ。和音? コード進行? ポリフォニック? Perfumeゴリラ

 なんだそれは? なんだそれは? なんだそのわけのわからない……専門用語は?

 そして、俺を含めた素人の九割はその意味を知ろうとしない。「しろうと」だけに。これは駄洒落でも冗談でもなく、真理だ。いや、ほんとうに。

 ゆえに、聞く行為のもの直感的な好みへ直ケツし、下痢気味の短腸生物のごとく未消化でそのまま「おれのアイデンティティ」へ繋がる。

 すると、どうなる?

 コミュニケーションバトラーたちは「○○を聞いている俺=俺自身」で勝負するしかなくなる。変化球切り札も伏せカードも強欲な壺もない、各種ジュアルルール適用されない生の殴り合い。怯んではならない。ダウンしてはならない。なぜなら、その曲は「俺」の魂そのものであるからだ。

 それはかつて冷戦下で想定された最悪のシナリオ酷似している。発動されてしまった相互確証破壊戦略スクリーンを飛び出してしまったスター・ウォーズ。後には誰も残らない。灰と水曜日以外、残らない。

 20XX年、ここは音楽の話の核の炎に包まれた日本だ。モヒカンゲスの極み乙女。)が汚物(イグザイル)をルールする日本だ。

 みんなが音楽の話をしている。フェイスブックで、twitterで、日常会話で、好きなアーティストを主張しまくっている。もう手遅れだ。

 最初の女の嘆きに戻ろう。すまない。君には嘘をついた。「君一人が黙ればすむ」だなんて。

 でも、さっき言ったように、ほんとうはもう全世界的に手遅れなの、君一人が黙ってももうダメなの、ごめんね、でもほんとうです。

 しかし、本当のおわりが来る前に試みることができる解決策が二つ、ある。もちろん、択一だ。どちらかが正解のコードかもしれないし、どちらを切っても結局爆発するのかもしれない。なんであれ、やってみるだけの価値はある。

 一つ目、耳を塞いで今君のいるコミュニティフィジカルものバーチャルものも)から遁走し、誰も音楽になんてプリミティブな代物以上の興味を持たない新天地老人ホームおすすめだ)を探し出し、そこに逃げ込んで、鼓膜を破り、二度とiPhone再生ボタンを押さないことだ。

 二つ目――これはきみが臆病者でない場合プランだ、当然、保険はきかない。

 とりあえず、だれでもいい、きみの周囲のモヒカン無作為に選び出し、襟を拳で持ち上げ、殴れ。

 ボコボコしろ。そして、耳をかっぽじってよく言い聞かせるのだ。

「これから二度と私の前で、音楽の話なんてするんじゃないよ」と。

 相手は腫れ上がったクチビルで言い返すだろう。「勘弁してくれ、音楽は俺の魂なんだ」と。

 言ってやれ。「あんたは○○○かい? 音楽なんざいくらでも聞きな、あたしは『音楽の話』をするな、って言ってんだ!!」

 それから、相手の携帯を出すように命じろ。ロック解除のパスワードを聞き出したなら、フェイスブックとその他諸々のSNSアクセスしろ。まず、プロフィール欄の「好きな音楽」を抹消しろtwitterプロフィールは「わたしは卑怯ネオナチ豚野郎です」と書き換えろ。

 それからそいつ過去web上で行ったあらゆる音楽関係の発言を消してまわれ。終わったら、君はその携帯を愛をもって持ち主に返却するか、悪魔の笑みを浮かべて膝で叩き割るか、電子レンジでチンするか、そのどれかを選べる。この選択は択一ではない。

 悪を根本から断て。音楽の話を滅ぼせ。本物の音楽のために。

 君に関係する豚野郎もの携帯がすべてアルミメルトチーズと化したころ、君はようやくお気に入りのイヤフォンであるATH-CKN70を耳孔に接続できる。

 音楽聴くことができる。

 もはや君の周囲で音楽の話をする豚はいない。君に話しかける人間もいない。誰にも邪魔されない。

 本物の安寧と平和が手に入る。

 本物の安寧と平和、いい言葉だ。きっとボブ・ディランが作ったに違いない。あるいは残りの一割を司るアジカン眼鏡が。

 ピース 

 

 

 

2013-02-17

http://anond.hatelabo.jp/20130216165817

銭ゲバ弁護士と組んで法外な金額を成金から搾り取る事は出来ないのだろうか

子供学習院に入れる様な親って訴えられたら幾らでも和解金払ってくれそうなイメージなんだが

エスカレーターから転げ落ちる可能性が見えただけで必死札束積んでくれそう

逮捕時にミランダ警告を読み上げる様に

学校でも入学時にいじめっ子や教師、学校を訴える方法を教える義務を課したら良いのでは無いかと思う

相互確証破壊平和になるよ

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん