「アンケート」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アンケートとは

2017-01-19

ネット通販で買ったノートPC、箱を開けずに1週間以上過ぎてしまった

メーカーから使用感についてのアンケートメールとか来てるが

そもそも見てもいない

てか初期不良だったらシャレにならない

から早速確認せねば

2017-01-18

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.mu/shibataism/n/n9b890eccca92

これnoteじゃなくて増田に書いたら爆釣りだったのに。

またしつこく続きなんか書いてるから「あーまたコイツか」って厳しい目で見られる。

そもそも訪日観光客旅行支出玩具市場に与える影響がどの程度大きいのか、いまいち理解できません。

それはお前の頭が悪いからだとブクマカからツッコミだ。

ブクマカ等がそれなりに理由付けるだろし、だいたい毎年の市場動向調査やらニュース観光客どうこうって話は必ず出てくる。

(もちろん具体的金額が計上できるわきゃない。せいぜいアンケート

しかし「影響がない」と思うのと「影響が数値化できないので評価できない」というのは別な話で、この文章では前者の意味しかなっとらん。

タイトル決算がどうのこうの謳いながら、ロクに公開情報に目を通しておらんってのが丸わかりというか前回もアンテナ弱いとかツッコまれてて、要はツッコミを明言しておきながら脇が甘いのでツッコまれる奴だこれ。

アメリカの「HOT TOY『初』」っていうのは、どういった意味でしょうか?

他人解説する書き物でありながら、自分で調べもしないってのは致命的。

米国版(日本版じゃなく)のトイザらスの2016 Hot Toy Listに載ってる。

また「17ヶ月連続トップベンダー」というのは素晴らしいことに聞こえますが、いったい何のベンダーなんでしょうか?

家具パソコンだったら面白いが、どう考えても玩具(あるいは着せ替え人形限定)だろう。

いったい何のベンダーなんでしょうか?

とか書いたら、タカラトミートップシェアなりトップ出荷数でない数的根拠を書けよ。

kyoumoeじゃないからクドクド書かない。



しかしあれだ、noteってやっぱいわゆる「プロブロガー御用達なんだな。

2017-01-16

元号なにが良いか? という街頭アンケート

仕方がないんだけどさ、馬鹿じゃねーのかと思ってしまう。

元号四書五経などの古典とかから採るわけで、既存熟語をだせばいいわけじゃない。

平成は『史記』と『書経から採っている。昭和も『書経』だ確か。

これってある程度常識じゃないの?

平和とか安直に言うんじゃねー。

ただ、平和字面からも出典を捻りだせそうなんだよな。筋は悪くない。実際。たまたまだけど。




これから元号が変わるから元号に興味持ったり、元号の是非や、元号の制定に関心を高めるためのニュースであるはずなのに、街頭インタビューをするのはおかしいと思うわけだ。筋がおかしい。

好きな食べ物とか漫画だとか自分の頭の中だけで答えられるものじゃない。本とか先例から考えなきゃならないものに街頭アンケートするなよって思う。

元号なんて東アジアもも日本しか採用してない謎レア古い制度なんだから適当認識で好きな言葉みたいな感覚アンケートとるなよ。

こういう安直な発想が、現場で行なわれるであろう作業への認識を遠ざけるんだよ。

歴代元号を見て、こんな漢字が使われるんですね、とかで良いじゃん。そういう番組もあるんだろうけどさ。アンケートおかしいよ。






ということで私のお勧め元号を紹介する。

良く議論されるアルファベット重複回避理論を踏まえるとKやJなんかが使いやすいと思うわけだ。あとはEとかOとか。




Kだと「広」「弘」「康」「建」「嘉」「慶」

Jだと「承」「貞」

Eなら「延」「永」

oなら「応」

あとBの「文」なんてのも字面が良いよなーって思う。

あとは適当よ。よさげな字を二文字めに持ってきて、歴代のに被んないようにして、適当に出典が有れば良い。

「広徳」とかでいーじゃん。「康徳」はダメだな。満州国元号からな。




あとちょっと考えなきゃならないのは画数だ。あと書き間違えやすいのも採用するべきではないのかも。

明治以降10画以上の字は採用されていない。偶然かも知れないけれど。

「慶」とか「嘉」とかはやや画数が多いのかも。「建」も「健」と紛らわしいかも。

それと、常用漢字と旧漢字との関係考慮しなくてはならないかも。

「応」なんかは、正式には「應」と書くべきなんじゃないですか? とかめんどくさいやつがしゃしゃり出てきて絶対議論になるから回避するべきかも知れない。

そしたら「広」も「廣」だから難しいかも。

こういう側面だと「文」はやっぱり良い。書きやすいし常用漢字の際の改めもない。




それと言いやすさ。「カ」とか「カン」とか「コウ(コー)」ってとても発音やすい。他の近代元号とならべた時に聴き間違えが無い。だから私はアルファベットで言うとK推し。

この点Jの「ジョウ(ジョー)は「昭和」と被りやすいかなと若干思う。




私は四書五経二十四史必要なところしか読まないし、元号念頭に読んでないか全然詳しくない。

元号なんて偉い人がちゃんと考えて決めるんだから庶民が考えなくたっていいんだろうけど、折角の何十年かに一度の話題なんだから、手元で扱える情報を集めて、素人なりに考えるのは面白いと思う。

たぶんそんなことにはならないと思うけど、何個か由緒ある候補有識者会議に出してもらって、皆で投票して決めるのも面白いと思う。





最後付言すると、決まった元号文句言うやつが絶対出てくると思う。この故事に際して縁起が悪い、とか、歴代天皇諡号と音がかぶってる、だとか、中国の悪い時代元号とおんなじだとか、私元号に事例があるからダメだとか、出典に由緒が無いとか。うるせークソ雑魚なめくじ。って思う。作ったもの文句言うのは、作ることそのものより非常に簡単なのだ

2017-01-12

[]

今回はガンガンオンライン


魔法陣グルグル2 第51章

アニメ化かあ。

あの頃特有体験はあの頃のものとしてそのままにしてきたから、私にとって待望の、ってわけではないけれども。

ただ、時期的には『グルグル』を当時体験していない新たな世代が、この新たなグルグルに触れる機会ができたということ。

それって俯瞰してみるとコンテンツというものが長く続いていることを加味しつつ、私のような立場人間はまた特別体験ができるとも解釈できる。

これはリメイクでもあり、リブートという意義も持つということなので、まあ面倒くさいだけの古参にはならないよう、このコンテンツがどうなるか見守っていきたいところだ。

余談はここまでにして、今回の話。

相変わらずキタキタが要所要所で意味不明活躍をしつつ、さすまたが大活躍

穴掘りにまで活用するとか、さすまたを無理やりにでも活躍させるという強い意志を感じる。

そして何やかんやでボスは倒したんだが、オヤジ邪魔消滅の瞬間が見えない。

これに対しての反応が「やったか!?」っていう失敗フラグセリフなのが個人的にツボだった。

ああ、そういう「やったか!?」の使い方もあるんだなあ、と。

ダンジョンボスの謎が明かされたのだが、中々に興味深いね

初めはちょっとした小休憩的なエピソードかと思いきや、今回のラスボスであろう魔王ルーツが秘められていたっていう展開。

現在魔王のものが語るのではなく、過去痕跡や思い出から人格を読み取るって構成が好きなんだよね。



月刊少女野崎くん 連載5周年記念アンケート企画番外編

千代の弟主体エピソード

前提となる解釈が間違ったまま話を続けるせいで、どんどんおかしなことになる、っていうズレたやり取りを楽しむのが本作の基本的スタイルだが、今回は事情を全く知らない登場人物主体になることで、改めて関係性や設定の妙も含めて楽しむ、っていう構成ね。

まあ、明らかに不自然なのに、途中で解釈方向性を変えないまま話を進めるあたり、この弟も大概ではある。

そこまで目新しい展開はないけれども、所々セリフの尖り方は見所あるね。

特に弟の「お姉ちゃん気持ち悪いって事しか伝わって来ない」とか、「すごく目に優しい!!!」とか、「サインくそダサいけど」とかキレがある。

2017-01-11

四月から路頭に迷うんだが働きたくなさ過ぎて仕事見つからない。

人間になってそのへんのビルの隅でじっとしていたい。

等価交換なんてどうでも良い・・・・・・




furutanikaede すべてを捨てて、明日からゴミ捨て場に寝ればいいよ。凄く楽になるよ。(私は出来ないが・・・

自分がやったこともないのに何言ってるんだろう。

死後の世界のすばらしさでも説いていた方がいいのでは。




mur2 楽になるよってのは、そうした悩みから解放だろうに。やれやれだぜ

そうした悩みから解放されるのは”悟り”の状態だろ。そんな簡単に出来るならブッダあんなに崇められているわけないだろが。やれやれはこっちのセリフだよ。



mur2 こんな寒い中、路上で寝たらどうなるかくらいわかりそうなもんだけどな。

ああ死ねって事でしたか理解が悪くて申し訳ない。頭が悪いから死んだ方がいいなマジで

とりあえずこの人↓は働きたくないなら死ねばよい論者ということで記録しておこうね。

furutanikaede すべてを捨てて、明日からゴミ捨て場に寝ればいいよ。凄く楽になるよ。(私は出来ないが・・・

furutanikaede 働きたくないなら死ねばいいのでは

と言ったわけでありそのブコメに星がついていると。

こいつらクソだなーと思うけど俺の方がクソなんだろうな。

この理知的なmur2とfurutanikaede様方にどうか皆さま多数の星を私の代わりに差し上げてくれ。

お前らみたいな人間的にきちんとした奴らだけで社会が回されるべきだわ。

疲れた



死ねるもんならさっさと死んでるしもうちょっと楽に死ね方法出してほしい。

凍死するくらいなら首吊るし。

憲法呪いとして顕現し「働きたくねえ」と憲法に反する思想に溺れれば発動してポックリ行くような世界になればいい。



Ez-style 書き捨てかと思いきや、ブコメ反論しててワロタ/やる気も能力も無いけど、他人バカにされるのはイヤというプライドだけ高いクズか。確かに岩人間になるくらいしか存在意義が無い。よく分かってるじゃん。

おっ。しょってるねえ。

この人がやる気があるのか能力があるのか他人馬鹿にされてもいいのかプライドが低いのかクズじゃなくて金塊なのか周囲の人にアンケート取ってみたいねえ。

子供の健診って本当に嫌だ

まずアンケート質問意味が分からない。

子育て不安を感じますか?

って、このご時勢不安が無い母親なんているの?

でも、「はい」に丸をつけると目をつけられるであろうことは分かってるから「いいえ」にした。

そこまでは良かったのに、その後バカ正直に書いてしまった。

テレビは見せてないとか、甘いお菓子ジュースも一切食べさせてないとか、

全部そうやって書けばよかった。

こっちは毎日育児我慢してストレスMAX状態なのに、

でも育児はずっと続けなくちゃいけないから、無理しないように、つぶれないように、詰まないように、できることは手を抜いたり、諦めたりして、何とかこなそうとしてるのに、

ああやって指導されるの本当に不快。できたら苦労しないっつの

態度悪かったから、おそらくチェックつけられただろうなぁ。

あ~あ。

2017-01-10

日本人生産性が悪いってこういうことじゃね?

日本場合

優秀なヤツ「これからはAが来ます! Aを取り入れたサービスを展開すべきです!」

上司「そんなもん根拠ないだろ。何か資料持ってこい!」

優秀なヤツ「一応こういうデータがありました。あと別会社の取ったアンケート結果も」

上司「これだと、Bがいいとも取れるぞ。そのアンケートも前提が曖昧だ」

優秀なヤツ「独自アンケート取ってみました。」

上司「よし、じゃあ上程してみるから資料作っておけ」

優秀なヤツ「できました!」

上司「不備があるからこことここ直して。あとここの言い方、引っかかるから表現変えておいて。」

上司「根回ししておくからちょっと一緒に来い」

上司部長はこの部分のリスクが引っかかっていたから、修正案考えておいて」

上司承認取れたぞ。4月から予算とれたからやってみろ」

優秀なヤツ「」



と、ここまでやらないとやらせてもらえない。本筋とは関係ない社内調整で追われ、それができないと何も新しいことができない。


生産性の高い国の場合(妄想)

優秀なヤツ「これからはAが来ます! Aを取り入れたサービスを展開すべきです!」

上司「よし、お前がそう思うならやってみろ。失敗しても会社としても知見が貯まるからいっきりやってみろ」


もちろん毎回都合よくこんな簡単にいくわけはないが、少なくとも日本よりマシだと思う。



## 追記

正直、半分愚痴で書いたんだが、そこそこブクマついてて驚いた。

IT系なんだけど、尊敬していた上司が、「こんな社内調整をやるためにこの会社に入ったんじゃない」

と残し辞めていった。

生産性の話で言いたかったのは、新しいことにチャレンジしていかないと従来の延長線上でしかなく、劇的な成長は見込めないが、

過度な社内調コストがあると、先見の明がある人はやる気をなくしてどこかへ行ってしまうということ。

## 追記2

ブコメを読んで何が本音だったかを考えると、

何でこんなに技術的知見を持った俺の意見採用されるのにこんなに時間がかかるんだよ、という愚痴に尽きる。

海外スタートアップ方法論を学んでから入社した。色々作ったり勉強した結果、ある分野では外部からそこそこ認められるようになった。

でも社内で色々やろうとすると、社内調整だらけでうんざりした。もっと本質的議論を重ねて、世界を驚かすものを作りたいのに。

こう思う俺は、起業スタートアップにでも行くべきなんだろう。

ちなみに、「こんなの作ってみたんですけど、どうですか」はよく使う。

2017-01-08

懸賞半年間応募し続けた結果

引き出しから、過去10年分の年賀ハガキ200枚とウン十年前の古い未使用切手が大量に出てきた。このまま眠らせておくのも勿体無いので懸賞に応募しまくって消費しようと考えた。

古い切手プレミアがついてると思い一応調べたが、今の世の中は切手趣味としている人が少ないため、50年前の未使用切手程度では全く価値が無いんだそうだ。売るより郵便で使っちまったほうがよっぽど良いと。

なので、なんの躊躇いもなく使っちまいます


で、この半年間、目に付いた懸賞に片っ端から応募してみて、個人的に思うことを並べていくよ。

まず、懸賞マニアブログなどでよく目にする「年賀ハガキでの応募は失礼に当たり、年賀ハガキで応募した時点で無効になる」との意見は完全なデマだ。

あとよく目にするのは「懸賞郵便ハガキ(いわゆる官製ハガキ切手を貼る必要のないハガキ)でしか受け付けていない。私製ハガキ切手を貼る必要のあるハガキ)での応募は無効になる」もデマ

だって、俺は年賀ハガキと古い切手と、昔ダイソーで買った50枚入りの私製ハガキしか手元にない。

ハガキ懸賞に応募するにしても、年賀ハガキ切手を貼ったハガキしか応募する手段がないのだ。

それでも、2004年50円年賀ハガキに2円切手を貼ったもの、【1991年お年玉41円切手1965年お年玉5円切手、第18回オリンピック競技大会記念5円切手、通常1円切手】という普通に使ったら失礼でしかい組み合わせで無理矢理52円に帳尻を合わせた切手を4枚、ダイソーの安っぽい私製ハガキに貼り付けたもの、どちらのパターンでも懸賞当選した。

というか、各懸賞事務局数件に電話で「年賀ハガキと私製ハガキの応募は無効になるか」と質問してみた結果、どこも「大丈夫です」と答えた。必要事項をしっかり書いて、郵送代も足りていて、応募条件さえクリアしていれば、どんなハガキで送ろうと届けばちゃんと抽選対象になるのだ。

よく聞く、「ハガキ蛍光ペンマスキングテープで縁取りして、可愛いイラストシールの一つでも添えたほうが当たりやすい」というのは、「午前中に打ったほうが勝つ」みたいな、ギャンブルにおけるオカルトと大差のない、根拠の無い思い込みしか言い様がない。たまたまそのハガキ当選しただけの話。

だって、綺麗にデコったハガキが優先的に当選するんだったら「厳正なる抽選」じゃないじゃない。

俺は普通にドンキホーテで1本30円で売っていた激安ボールペン必要事項を書いただけのシンプルハガキしか送っていない。読めないほどではないが、字も汚い。それでも当選するので、ハガキデコるだけ無駄努力だ。

最近は、ハガキネットの両方で受け付ける懸賞も増えてきた。懸賞マニアブログには「ハガキで送ったほうが当たる確立が高い」とあるが、個人的体感ではハガキで送ろうがネットで送ろうが確立は変わらない。ハガキ代を節約するためにも、そういう場合無料で応募できるネットだけにしたほうがいい。

あと、ハガキ懸賞を送る上で覚えておいてほしいこと。

裏面に印刷してある年賀状ってけっこう余るでしょ?これも懸賞に使える。「謹賀新年」とか「今年もよろしくお願いします」とかイラストデカデカ印刷されてしまっていても、商品を購入してバーコードレシートを貼って送るタイプ懸賞なら、イラストが書いてあろうがレシートバーコードで埋まってしまうので、関係ないのだ。

じゃあ希望する商品自分の住所氏名年齢などの必要事項はどこに書けばいいのかといえば、ハガキ表の宛先の下のスペースに書けばいい。

横書きで宛先を書けば、下に十分必要事項が書けるスペースが余る。そこに書いてしまえばいい。

それでも、裏面に印刷されたハガキが嫌だったり、宛先を書き損じた未使用ハガキなどがあった場合は、郵便局で交換してもらおう。

1枚につき手数料5円で、新しいハガキ切手に交換してもらえる。50円ハガキだった場合は、手数料5円プラス差額2円、合計7円払えば52円郵便ハガキに交換できる。

一度、上記のように41円切手やら5円切手やらをベタベタ貼り付けた私製ハガキを書き損じてしまい、郵便局へ交換に行ったが、1枚のハガキとしてカウントしてくれて、手数料5円だけで新しい52円郵便ハガキに交換できた。

ハガキ無駄なく使える、結構有難いシステムがある。覚えておいたほうがいい。

前書きが長くなったが、ここから半年送り続けて見えてきた、各懸賞の傾向を書いていこう。

クイズに答えて当たる

よくある、「日曜日国民アニメといえば『サザ○さん』、○を埋めて送ってね!」みたいな懸賞があるが、こんな誰でもわかるクイズ簡単に応募できる懸賞は応募数が半端じゃなく、まず当選しない。半年間、このようなクイズ懸賞に片っ端から応募してみた結果、一度も当選したことなし。送るだけハガキ代の無駄だった。


テレビ番組視聴者プレゼント

テレビを見ていればたまに視聴者プレゼントをしているが、まだまだテレビなんかはかなりの人数が目にしているメディアだ。

「こんな時間に誰が見てんだよ」的な、変な時間にやってるクソつまんねー北海道ローカル番組視聴者プレゼントも、この半年間毎週欠かさず応募し続けたが、一度も当選したことがない。テレビ視聴者プレゼントも、ライバルが多すぎて倍率が高すぎると思われる。


新聞の読者プレゼント

読売新聞夕刊は、毎日読者プレゼントをやっている。しかし、北海道から沖縄まで日本全国で読まれている全国紙の読者プレゼントで、しかも5名にしか当たらない懸賞なんて、そもそも当たらないだろう。半年ハガキを送り続けたが、一度も当選なし。


懸賞サイトで紹介された懸賞

現在募集中懸賞情報が大量に掲載された懸賞サイトがあるが、これもかなりの人数が見ているだろう。

よって、こういった懸賞サイトで紹介されている懸賞も、かなりの応募数があるだろう。

半年間、懸賞サイトで紹介された懸賞に送り続けて当選したのは一度だけ。

それも、アルミ協会みたいなところのキャンペーンで「アルミ缶のイメージハガキに書いて送った人の中から抽選1000人に缶ジュースを1ケースプレゼント」というものだった。

アルミ缶のイメージって何?そんな文章書けって言ったって、かなりハードルが高い。無理矢理捻り出して書いた。

このように、応募するハードルが高くて、尚且つ1000名という太っ腹な大量当選だった。しかハガキしか受け付けていない。

こんな特殊懸賞だったので、応募数も少なかったのだろう。懸賞サイト情報は、特殊で当たりやすそうなものだけに送るしかない。


SNS懸賞

最近増えてきた、「イイネ」したり、リツイートした人の中から抽選でっていう懸賞

そのタイムラインを見ればわかるが、アカウントさえ持っていれば一瞬で気軽に応募できてしまうために応募者数が途方もない数だ。

こんなもん当たる訳がねえ。それでも実験として様々な懸賞半年イイネリツイートをしたが一件も当選せず。当たり前だ。


さっきから否定ばっかしてるけど、お前は何の懸賞当選したんだよって書いてる俺でも思ってきたので、ここからは俺が実際に当選した懸賞を紹介する。

●モニプラ

モニプラというサイトがある。各種メーカーが、新商品モニター募集したり、商品サンプルをバラ撒くためのサイトだ。要は、実際に商品を使ってもらう形の宣伝をするためのサイトなので、けっこう当選やすいのだ。

会員登録したり、SNS企業アカウントフォローしたり、フェイスブックページにイイネしたり、キャンペーン情報リツイートしたり、無料メルマガの購読を契約したり、LINEで企業アカウント友達になったり、長ったらしいアンケートグダグダ回答し続けたりしなければならなかったりして、ここまでしたのに抽選なので応募するのが割りと面倒だったりするが、

俺はここで発売前の文房具や、既存商品の洗剤や発泡酒などの商品サンプルを丸々1個もらえた。

懸賞当選したことが一度も無い」なんて人は、ここで一度当選して賞品が自宅に届く喜びを味わってみると良いかも。


クローズド懸賞

商品を購入して、そのバーコードレシートハガキに貼って応募する懸賞クローズド懸賞という。

これ、実際に商品を購入しなきゃいけない分ハードルが高いので、けっこう狙い目だったりする。

個人的感覚だと、ひとつ懸賞ハガキ10枚程度送れば当選することが多い。

第一締め切り、第二締め切りと締め切りが複数ある場合は、第一締め切りを狙ったほうがいい。まだバーコードを用意しきれてなくて、応募数も少ないためだ。

これも個人的感覚だが、第一締め切りに複数ハガキを応募したもの当選したが、第二締め切りにしか応募しなかった懸賞当選したことが無い。

冒頭でも述べたとおり、裏面に印刷されたハガキでも有効に使えるので、バーコードさえ貯めれば応募するのはけっこう簡単だ。

不安場合スーパーにある専用応募ハガキを使うのも手だ。専用応募ハガキだと、切手を貼るスペースが1枚分しか用意されていないが、手元には50円切手と2円切手しかなかった。2枚切手を貼ってしまうと、最初から印刷されていた宛先が埋まってしまう。

そこで、50円切手を貼った下に2円切手を貼り、中途半端に残った宛先を修正液で消し、その上からボールペンで改めて宛先を書き直したものを送ったことがあるが、それで見事当選したこともある。


ラジオリスナープレゼント

ラジオになった途端、テレビよりも当選する確立がグンと上がる。毎週プレゼントしている番組に毎週欠かさず応募していれば、一度は必ず当選するレベルだ。

また、「メッセージ採用された方には番組オリジナルグッズプレゼント」なんて番組は狙い目だ。

早朝や昼にやっている帯番組なんかは、正直あまり面白くない緩いエピソードでも採用されやすい。時間帯に合った爽やかなメッセージを心掛けさえすれば良い。

深夜の芸人ラジオは、ラジオ花形でありラジオの中でもリスナー数が最も多い激戦区だ。芸人ラジオだけあって、こちらに求めているギャグレベルがかなり高いし、実力がモノを言う世界だ。

しか増田ブコメ皮肉ギャグセンスを鍛えたはてなーなら十分通用するはずだ。

好きな芸人さんに、自分ギャグを生で読んでもらえて、それに笑ってもらえるなんてかなり興奮するし、こんな嬉しいことはない。採用されれば番組オリジナルグッズももらえるし。

テーマに沿ったギャグを送った中から面白い奴3名にサインプレゼントという臨時特別企画があり、見事にそこに採用され、昔からずっとファンだった大好きな芸人さんのサインが自宅に届いた際は興奮が冷め止まなかった。


地元フリーペーパー雑誌微妙な読者プレゼント

あなたがもし田舎に住んでいたとすれば、かなり狙い目の懸賞がある。それは地元フリーペーパーの読者プレゼントだ。

街中で配っていたり、自宅のポスト勝手投函されているアレだ。あまり真面目に読むことは無いと思うが、けっこう読者プレゼントをやっているものだ。

都会ならまだしも、田舎フリーペーパーの読者プレゼントなど、応募数もタカが知れているだろう。

もちろん毎回当選という訳でもないが、他のどの懸賞よりも圧倒的に当選する確立が高い。

実際、俺は北海道田舎町に住んでいるのだが、地元フリーペーパー懸賞は頻繁に当選している。

実は、昨日も地元フリーペーパーによる「北海道に所縁のある本をプレゼント」に当選し、好きな小説家新刊が届いた。

これから読むのが楽しみだ。

以前にもフリーペーパー地元産の米や、地元牛乳を使ったケーキカゴメ野菜ジュースの新商品が自宅に届いた。

あとは、雑誌を読んでいれば「こんなの誰が欲しいんだよ」と思うような、微妙プレゼントをしていることがある。

「いらねー」とは思いつつも、試しに応募すれば、これがまた予想通り当たったりする。

例えば、オヤジ向け週刊誌を見るとAVやオナホールなど、大抵の人が「こんなもん家に送られても困るんですけど」と言いそうな読者プレゼントをしていることがよくある。これは応募者数も少ないだろう。


とりあえず、思いつく限りは書いたと思う。

半年実験的に懸賞に送りまくった結果、月に1、2個ペースで当選した賞品が届くようになった。

懸賞はまさに「数打ちゃ当たる」に他ならないということを実感している。

日常生活を送っているだけで、懸賞情報は割りと簡単にいくつも見つけることができる。

日常の隙間時間を少し使うだけで、簡単にいくつか応募ができてしまう。

ちょっとしたヒマつぶし程度の趣味としては、なかなか楽しいものだと思う。

最初のうちは中々結果が出ずに挫折しそうになるが、続けていれば必ず何かは当選する。

どこの家庭も引き出しや押入れに未使用年賀ハガキかもめーるが眠っていると思う。

眠らせたままにせず、郵便局で交換するなり懸賞に応募するなりに使ってちょっとした楽しみにするのはいかがでしょう。

2016-12-28

キュレーションサイトの中に未だパクったままにしているサイトがあった

先日、調べ物してたら、噂のキュレーションサイトぱくり問題そのまんまのサイトを見つけたので、運営側に教えてあげた。

「これ、ぱくり?ぱくりならまずくない?」と。

そしたら、返信があった↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは治療ノート事務局です。

この度はお問い合わせいただきまして誠にありがとうございました。

ご指摘をいただきまして、誠にありがとうございます

ご指摘の内容を受け、改めて確認をしたところ、該当記事について誤解を招く表現になっておりましたので、当該記事を削除いたしました。

弊社では編集チームによるチェック体制をしき、記事のチェックを行なっておりますが、今回の記事は十分にチェックが行き届いておりませんでした。

再度チェック体制見直し、再発防止に努める所存でございます

引き続きお気づきの点がございましたらご教示頂ければ幸甚です。

改めて、この度は貴重なお時間いただき、ご指摘を頂きまして、誠にありがとうございました。

今後とも「治療ノート」をどうぞよろしくお願いいたします。


【お問合わせ内容】

お問い合わせの内容をお選びください *

機能コンテンツに関するお問い合わせ

お問い合わせ内容 *

https://www.c-notes.jp/articles/400

この記事記載の内容が

http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_09_14_02.html

の内容と酷似しています

仮にファイザー許可を取っていないとすると、出典元を明かさず、あたか自分たち取材して書いたような記事は、法律違反のように思えるのですが、ご見解をご教授ください。

状況によってはかなり悪質と言わざるを得ないと思います

治療ノート事務局

=================================================

治療ノート - 治療法が選べる医療情報サイト

https://www.c-notes.jp

Twitterhttp://twitter.com/chiryonote

Facebookhttps://www.facebook.com/chiryonote/

メール送信専用メールアドレスから配信されています

このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。

意見、ご要望は以下のURLからお願い致します。

https://chiryonote.wufoo.com/forms/aaaa/

=================================================

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

別に魚拓取っていた訳でもないので、証拠はもうないんだけど、アンケート結果や医者コメントをあたか治療ノート取材たかのような書き方だった。

ぱくりそのものだった。引用とぱくりの境って難しいからなあ、とぱくり問題については遠巻きに見ていたけど、実際に現状をみてみると、これは悪質だよなあ、と改めて思った。

これではWeb業界の見識を疑われても仕方がない。

新しいことに挑戦するのは素晴らしいことだと思うし、多少のリスク積極的に取るというのは尊いと思うけど、これはひどい

さらにびっくりしたのが、あれだけDeNAが叩かれているのに、未だにこんな記事放置していて、指摘されたら、指摘された記事だけ消すリブセンス対応

キュレーションのぱくり問題は、ベンチャーから許されるといったたぐいの話ではないでしょう。むしろベンチャー業界が大切にするべきクリエティティへの冒涜でしょう。

ベンチャー企業の雄であるリブセンスが、このような対応というのは、日本ベンチャー業界レベルがこの程度と示しているようで悲しい。

2016-12-21

はてなーはなぜ結婚しないのか

はてなー諸氏よ、教えてくれ。

なぜ結婚しないのか。

自分の話をしよう。1970年代まれとだけ言っておく。

自分場合は「タスクリストに入ってこなかった」だ。

学校を出て会社に入って、仕事とは何なのか、どうすればいいのかずっと考えてきた。

結婚の流れになったこともあったが、自分のことだという実感は全くないまま別れた。

一言で言えば「実感がなかった」という表現が最も自分感覚に近い。

テレビなんかで「いつかは結婚したいか?とアンケートすると yes多数派からみんな結婚したがってる」とかやっているが、あんなもんに意味はないと思っている。あんなのは宝くじに当たりたいですか」と同じで、そうなりゃ嬉しいけどそのためにくじを買ったりというアクションを起こすべきだとは思ってない。

世の中には結婚すべき理由、すべきでない理由結婚したい理由、したくない理由が溢れているが、自分にはどれもピンとこない。そもそも自分の視界にないのだ。

みんなは自分のこととして考えているのだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20161220022239

アンケートで100%なら納得するって言うけどまだ日本はその段階ですらないと思う

性的少数者が8%っていう数字はおそらく定期的に調査されてる電通アンケートだと思うけど、その電通アンケートって調査するたびに性的少数者割合が増えていってるんだよね

まり匿名個人情報漏れませんよっていうアンケートですら日本LGBTは嘘の回答付くくらい自分セクシャリティに関しては隠してるんだよね

 

 

企業アピールするLGBTフレンドリーだったりダイバーシティとかは、単純に差別なく雇用したり商品提供したりして、企業の利潤を最大化しようという資本主義本能みたいなものだし

金がものを言う資本主義於いてセクシャリティ多数派少数派なんて利潤の最大化のためなら何の意味もなさな

これは逆に言うとお金にならないなら用はないってことでまさに今日本で揺れ動いてることの一つ

積極的ホモフォビア配慮して同性愛者を笑い者にするか、LGBT配慮(口だけの場合多し)して分かる人には分かるようにフレンドリーさを出すか、どっちが企業の利潤を最大化させるのかということ

2016-12-20

どうでもいいけどさあ

LGBTは繊細でナイーブものから絶対に取り扱い注意みたいな風潮がわからない

どうせこういうこと言ってる人って当事者じゃないでしょ

LGBTの人全員にアンケートとって100%そう言われたなら納得するけど…

単にその人が自分性的指向プライベートな部分だと捉えてるかどうかでしょ

その人が性的少数者かどうかなんて関係なく、誰にでもある秘密みたいなものなんじゃないの

秘密はばらしちゃいけないし、秘密じゃなければ特別扱いする必要もないんじゃない

確かにマイノリティには配慮必要なんだろうけどさ

それって単に多数決の少数派には配慮しろって中学校社会科で教えられるような単純な問題じゃないのかな

正解は当事者の数ほどあるだろうし、本当に「LGBT理解のある人」なんて当事者にも居ないだろうって思うんだけどなあ

2016-12-19

http://anond.hatelabo.jp/20161219124518

とりあえずアンケートだ、そういうの持ってたやつ手上げろや

2016-12-18

ストレスチェックだかなんだかのアンケート

自分には生きる価値がないと思う(はい・いいえ)」

みたいな設問があって

生きる価値が無いと思ってる人間カウンセリングなんかで他人の手を煩わせようなんて思わないのでは

と思いながらいいえに丸を付けている

2016-12-16

2016年放送の「SMAP×SMAP」での未公開エピソードまとめ①

東京ニュース通信社の週刊テレビ情報誌TVガイド』では「週刊スマスマ新聞」というコーナーがあり、1996年の「SMAP×SMAP放送開始直後から記者が収録現場取材メンバースタッフインタビューして記事を掲載している。

2016年1月18日以降放送の「SMAP×SMAP」の中から、特にTV未公開の収録現場でのSMAPの様子やメンバー同士の会話を中心に「週刊スマスマ新聞」の記事を引用しまとめてみた。

なお「SMAP×SMAP」の基本的放送内容は「gooテレビ番組」から引用させて頂いた。

2016年1月18日

BISTRO SMAP

今夜は、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に出演メンバーが登場した。注文は「自分でも作れる簡単なお鍋」

  • 客席アンケートでは月9チームが勝てばビストロ特製皿がもらえるはずでしたが稲垣くんが正解しSMAPチームの勝利に。「稲垣さんのせいでお皿もらえませんでした~(笑)」といじる中居くんに「何で勝ってこんな気持ちにならなきゃいけないの(笑)!」と稲垣くんナカゴロならではのやりとりに一同爆笑!
  • チーズが苦手という有村架純さんですが稲垣&草彅ぺアのおいしそうな料理に「挑戦してみようかな」と乗り気に。木村くんは取り皿に分ける稲垣くんに「チーズ少ないところ作ってあげて」と声を掛け稲垣くんも「チーズ克服できたらいろんなもの食べれるよね~」と。とても優しいシェフたちでした。
  • 今回の料理はお手ごろ価格で設定されており、「350円でできるんです」と稲垣くん。その後、少したってから中居くんが草彅くんに「で、いくらなんだっけ?」と試すように聞いてみますが、案の定草彅くんは「380円?」とすっかり忘れており…。「吾郎さ~ん」とお兄ちゃんに泣きつく草彅くんでした。
  • 稲垣くんにツボッていた高畑充希さん。カメラが止まった時でも気になって仕方ないようで、すかさず気付いた香取くんは「今吾郎ちゃん見てたでしょ~(笑)」。稲垣くんも「俺も視線感じてたよ(笑)」とニヤリ。認める高畑さんに、木村くんも「これはもうダメだ(笑)」とと追い打ちをかけ、爆笑の3人でした。

2016年1月25日

BISTRO SMAP

今日お客様は、小栗旬さんと山田孝之さん。「辛くてうまいもの」をオーダーした。

  • 小栗さんら来店のビストロにて。登場したアイテムが誰のものか当てるクイスで、見事一同をだましおおせた草彅くん。アイテムが出てきた時から相手チームを見ていたという山田さんに、「見てるなーと思ったから演技してたの♪」とのことで…。さすがの演技力を発揮した俳優·草彅くんでした。

チャレンジ!コップのツヨ子

草彅がコップのフチ子と同じポーズに挑戦する。

  • コップの外側には極厚マットを重ねてスタンバイしてます。コップの深さは2mぐらいでしようか。草彅さんは落ち方の反省もしていましたがセリフがないコントなので「台本覚えなくていいからイイね!」とも言ってました(笑)。

藤巻亮太×SMAP

SMAP藤巻亮太が「粉雪」「大切な人」を歌った。

2016年2月8日

シャッフルBISTRO

オーナー木村拓哉ゲスト稲垣吾郎。オーダーは、「稲垣吾郎に食べさせたい料理」。

  • シャッフルビストロで、稲垣くんはゲスト席に座りながら「いやいや、すごいなー。3人はこの気持ちを味わったわけだね」と、いつもと違う景色に戸惑い気味。木村くんも「俺もすっげーヘンな感じ。ビストロの収録で調理服着ないってさぁ」と、久しぶりのオーナー役にまた気構えも違うようでした。
  • シャッフルビストロにて。稲垣くんの私服について「今日持ってきた? 着てきた?」と尋ねる木村くん。稲垣くんは持ってきたそうですが、稲垣くんいわく「木村くんは普段のまんまだったよね」。木村くんは「ここに来たまんまで出た(笑)」と、自分ゲストだった時の私服について明かしていました。
  • 視力がとてもいい木村くんは、稲垣くんのメガネに興味津々。「結構強いの?」と尋ねながら掛けてみて「おお、強い!!」とビックリ。さらに「夜見えなくていいシーンでは外す」と言う稲垣くんに「見えなくていいシーン!?それってどんなシーンだよ(笑)」とノリノリでツッコんでいました。
  • 「年齢と共に好きなファッションって変わってくる」という稲垣くんに対し、「俺ホント変わんない」と木村くん。「あの黒のブーツのシリーズ、20代前半ぐらいから履いてるよね」と納得する稲垣くんに、「あのシリーズは高2から履いてる。今2代目」と、驚きのブレなさを打ち明ける木村くんでした。
  • 舞台活動が多い稲垣くんについて、木村くんは「歌収録の始まる5秒前までセリフ言ってるときあるよな」と感心。「でも木村くんも覚えてるじゃない?」と返す稲垣くんに、「量が違うよ。そのシーン終わったら忘れてもいいし」と木村くん。お互いをリスペクトしあうSMAPならではのやりとりでした。
  • 木村くんは「長距離の移動中とかずっと本読んでるよね。俺が雑誌を眺めてる横でずっと本読んでてすごいと思う」と、稲垣くんの読書量に感心。それに対し「移動中が勝負だから。でも楽しくやってる仕事だからね」と稲垣くん。「週に1回作家の方と会えるって楽しい」とアツく語っていました。
  • 稲垣宅の間取り図を見ながら「ベッドはどんなの?」と興味津々な木村くん。「厚手で高い位置にある。大阪で泊まるホテルあるじゃん? あんな感じ」と語る稲垣くんに木村くんは「あんな高いんだ?」と感心。「今イメージしてくれたんだ~?」「したした(笑)」とキャッキャする微笑ましい2人でした。
  • 「みんな朝とかサングラスするでしょ。剛はしないけど」、「何でしないんだろうな?」、「昔っからしない、あの子は」と語り合う稲垣くんと木村くん。キッチンで聞いていた草彅くんは「えー!?するよぉ」と異を唱えますがそんな本人の主張は無視で「あんまり印象ない」とあっさり否定する兄2人でした。
  • 席に着いてから料理をオーダーするまで、稲垣くんと木村くんはしばしおしゃべリ。「メンバーが待機してる後ろ姿ってこんな感じかぁ。今度から気を付けよう」と語る稲垣くんに、木村くん「背中からひしひしと"早くしろ!"って伝わるよね(笑)」とニヤニヤ。背中からも感情が分かる(?)SMAPでした。
  • クイズ稲垣吾郎で2人が同点となり急きょ「僕が最近メンバーちょっとだけイラッとしたことは?」という問題を出した稲垣くん。答えは「調理中草彅くんの味見が多い」で本人が見事正解。「ヤなの?」と気にする草彅くんに「急に思いついた問題だから気にしないでね」と優しい稲垣くんでした。
  • クイズ稲垣吾郎」で草彅くんが楽屋でギターを弾いているという話題に。「隣だけど聞こえてるよ」という稲垣くんに、草彅くんは「ちょっと気遣ってるの。聞こえちゃうかなーって」と恥ずかしそう。そんな草彅くんに稲垣くんは「でもうまくなったよね~」と、責めるどころか腕前をほめる神対応
  • 稲垣くん好みのオシャレなカキのパスタを出した草彅くんに対し、「そんなに好きじゃないと思う」となぜか否定する中居くん。「吾郎さん好きだよー」と頑張る草彅くんに、中居くんは「かっこつけてるだけだよ」と知ったかぶリをするも...「これおいしい~」と稲垣くんにあっさり覆されていました。
  • 試食が始まり、草彅くんの料理を味わう稲垣くん。その姿を見て、中居くんは「食べる瞬間さ、こうやって持っていって口の中に入れる時すごいゆっくリなのね(笑)」と指摘。稲垣くんは意識ちゃうよ、そんなこと言われたら」と言いながら、わざと大げさに再現してみせ、中居くんを笑わせていました。
  • 「お味のほういかがですか?」と木村オーナーに尋ねられた稲垣くん、"おいしい~"の振りだと気付かず、「うまい!」と普通に返答。「お前、この番組さー…(笑)」と木村くんにツッコまれようやく気付き、あわてて「そっか(笑)!おいしいね」と照れた様子。珍しい稲垣くんの天然発言でした。
  • "おいしい~"の草彅くんについて「どう?」と木村くんに感想を求められた香取くんは「まあ、思ってたよりは大丈夫」とベテランらしい寛大な評価。さらに「歌の尺がちょっと長いね。あれ半分でいいね」と的確なダメ出しもして…。「毎週やってる慎吾はすごいよ」と草彅くんも改めて感心でした。

スマラブ

メンバーが好きな曲をみんなで歌う新コーナー。今回は、草彅セレクトの「涙のキッス」。 

2016年2月29日

ペットPちゃん

PちゃんvsGちゃんのコント披露した。

  • ニュハーフを当てる対決は、2人ともリハーサルから真剣そのもの。本物を見定める流れで、彼女たちの後ろに回ってクンクンする木村くんを見た稲垣くんは「本番では俺もそれやろ~」とノリノリ。木村くんに「ダメだよ(笑)!」とたしなめられるなど、2人で楽しそうにしていました。

2016年3月7日

2016年最注目ceroスマスマ初登場!

ceroとSUMAPが「Summer Soul」を披露

  • ceroって聞いて"あのセロ?"と思って(笑)」と有名マジシャンと思ったと語る木村くん。木村「で、スケジュール見たら高城晶平って書いてあって...」中居「"セロ本名高城っていうんだぁ"って(笑)?」木村「一瞬そう思ったけど(笑)、あっ違うんだーって」。名前いじりで盛り上がる2人でした。

2016年3月14日

鼻うた検索SHOW

鼻うたで曲名検索に挑戦し、10曲成功を目指す。

  • 第1弾の時に比べてだいぶ不正解が少なかった今回の「鼻うた~」。締めのコメントで、香取くんは「アプリの進化は早いですからね~。聞き取りの性能が上がってね、このコーナー向きじゃなかったかもしれない」としたり顔。「おまえ(開発者の)一員だったの?」と木村くんにツッコまれていました。

2016-12-12

ユーリスポ根臭かったらただのスポ根として切っていた

私はスケオタとではなく、アニメも各季節ごとに2~3本見れたらいい名乗り難いアニオタである

声優や絵などで選り好みするのも悪いのだが、地雷が多いのだ。

たとえ声優監督、動きが綺麗であろうと、二次創作流行ろうとも、

バレーアニメ主人公の暑苦しさで悔し泣きしながら切るほどにスポ根が嫌いだ。

最近アニメにあるドキュメンタリーものも見た後には1日くらい鬱々としているのだ。

アイドル物のアニメがどれだけ流行ろうと壁を乗り越えうようという描写が嫌いすぎて見れない。

テレビドラマのようなキャラストーリーが苦手だと言えば伝わるのだろうか(怒鳴り声が嫌なのが大きいが)




私はただ声優と絵柄、Twitterでの盛り上がりぶりだけで1話の視聴をしたのである

スポ根ものにびくびく怯えながらつけた先で、あの滑らかで美しいスケート映像を見せられたのだ。




その後に衣装音楽、採点の話を聞いていた。

数話続いても崩れない各キャラスケートシーンを見ながら、丁寧につくってるように感じた。

キャラ自然だ。強要もしない、脅しもしない、ご都合主義も使わない。

本当にスケートって綺麗で素敵なんだ。好きって思わせてくれようとしているんだと思った。

ただただ説教がましいスポーツアニメでないことに感動と感謝を私はここで語りたいのだ。




本格スケートアニメを見たかったと嘆くスケートファンを知った。

事前にアンケートをとった話、そもそも本格スケートアニメであることを今知った。

しかに1クールではあれだけのキャラ大会シーンをまとめるので手一杯だったのだろう。

競技中以外もドキュメンタリーであったなら、もっと堅苦しいアニメになっていたと思うし、

ただのスポーツアニメだとげんなりして切っていたかもしれない。(本当に趣向なので申し訳ないが)

クールならゆとりは持てたのだろうが新作のアニメオリジナルで突然そこまで作る猶予がないのかもしれない。





愛について性についてで物議を醸している人もいた。

このアニメは悩まなくてはならないとされる性別の壁が、そもそも存在しているように見えない。

あの世界観にはLGBTという単語さえないように思う。盾にしようもないほどにない。

そういうところだけは本当にファンタジー世界になっていると思う。

から私はこのアニメ賛同否定も語れないのは確かだと思う。

その点も含めて重くなくすっきりした作りになっていると思う。もちろん腐女子であることを自負した上でのすっきりだ。

深夜に放送時間を選んだのは正解だったと思うし、PV男性人数で予知する人もいたらしい。

ただスケオタだったり、事前に感づかなかった人には衝撃的なのである腐女子もかなり衝撃を受けているのでなおさらである

そう思うと本格スケートという宣伝文句は危ういかもしれない。


追記

なんか複数コメントあるけどありがとうな!

せっかくだから通りすがりスポ根臭くないアニメおすすめでも書き込んでくれ!

スケオタとユーリファンアニメ齟齬とその他諸々のこと

日に日に尾鰭がついてここに匿名で書いたところでどうにもならないのかもしれないけれど。



まず、何故スケオタが自分たちが釣られたと思ってしまたかのこと。

一番の理由キービジュアル声優情報が出る前からアイスショー等に公式がスペースを出して宣伝に力を入れていたことだろう。

私自アニメもよく見るがかなり珍しい展開順だったのではないかと思う。

ファンなら誰もが知ってる振付師衣装ブランド名前も挙げられていたため結構盛り上がった記憶もある。

今でこそタブーになり消えたがキャラモデルになった選手たちも公言されていた。

スケオタ向けのメルマガアニメ円盤の特典映像についてのアンケート実施されたこともある。


ここまでするからには、実際の大会コラボし推奨作品になったりするようなスポ根ものアニメが見られると思ってしまったのだ。

スケオタだからこそ、普段見られないプログラム製作衣装作りの過程が見られるであろうことに勝手に期待してしまった。

実際私もスケ連も監修していると勘違いしていた。

勿論その後は個々人がどんな物語どんなジャンルを好むかの問題だし、今のままでも楽しんでいる人も悲観してる人も、追っている人も切った人もいるだろう。

ただ、本格スケートという部分にモヤモヤしている人がいるのは、スケオタについてはこういう事情があったことを分かって欲しいのです。



次に、本当にこのアニメは(当初からデリケートな性についての問題を描くつもりだったのかということ。このことについては私は否と言いたい。

だって、だったら男性キャラモデル実在女性スケーターを据え、彼女男性だったなら〜などと言えるはずがない。

(当初とつけたのはことが大きくなるにつれてこの設定が消えたからだ。)

他にも性についてやけに過激言動が目立つが、それらの言動が周囲から許容されること=寛容な社会なのではない。

異性間だろうと男同士女同士、それ以外だろうと常識マナーは一律であり、それはアニメ内だけでなくメタなところにも言えることで、

アニメだけを見て理解したつもりになるのは勘違いも甚だしいし、それを絡めて競技ルールや登場国の政治方針にまで言及するのはあまりにも危険なことだ。



少し矛盾するが最初、私は女性スケーターがモデルである件は好意的に受け入れていた。

創作における性の操作は繰り返されてきた表現手段であり現実世界問題とごちゃごちゃにして狭められるべきものではないと考えていたからだ。

しかし、このアニメファンが言うように本当にこのテーマを扱う作品なら話は別だ。

マナーの厳しいナマモノジャンルアニメ公式のものがなり得てしまうようなキャラ作りは避けるべきだったし、他記事にあった、LGBTを盾にしていると言われてしまうようなぼんやりとした作り込みで済ませられるようなものではダメなのだ

(ただし、この件は某原案者が盛り上がってるだけでアニメ公式の方はなにも言及していないのでなんとも言えない部分ではある。)


恐らく、話数が若い段階で物語方向性が変わったことは確かだ。オリジナルアニメではよくあることだし、製作スケジュールとの兼ね合いもあるかもしれない。

最初の項で書いたアンケートの、スケオタ自身の反応が芳しくなかった結果かもしれない(実際アンケートの取り方について少し炎上したのだ。)

ただ、その方向転換が大体的に打ち出したキャッチコピーを変えてしまもので良かったのか、変えた時点の残り話数で、実在するモデルがいると公言してしまった過去がある状態で描き切ることができる題材として正しい選択だったのか違和感を覚えてしまう。



長々と書いてしまったが、どちらのファンが悪いのかが言いたいのではない。スケオタの中にもどんどんヒートアップしてしまっている人もいる。ただ、苦言を呈している人が差別者呼ばわりされ、実在選手を盾に揶揄されることが悲しくてならないのだ。



早いもので残り2話だ。年明けも近い。ユーリファンもスケオタも納得出来るラストになればいいが、どうだろうか。

2016-12-09

http://anond.hatelabo.jp/20161208105156

エロ作家によるtwitterアンケートなどを何回か観測した印象では、半数以上の読者は和姦を求めている

エロを見て罪悪感を抱えたくないからだろう

しかし罪悪感よりももっとエロに直結する重要な要素はリアリティだと思う

リアリティのない絵空事で、真に迫ったエロ表現するのは難しい

花畑脳の都合のいい人形のような女の子描写で興奮できるという人は、

エロにおいて女の子人格を求めていないということだ

後味の悪くない和姦で、ある程度のリアリティ表現することに成功した作家ほとんどいない

2016-12-08

もしかして週刊少年ジャンプの話してる?

http://anond.hatelabo.jp/20161208195838

 

お腐れ様に20単位で媚びまくった結果、

メインだったはずの少年読者が全く読まなくなって後続が続かずに年々購入数が減っていってる週間少年ジャンプの話してる?

お得意のアンケート至上主義編集無能打ち切りラッシュ進撃の巨人蹴りしまくった結果、

3アウトで才能のある作家他所出版業界からかっさらわれていった週間少年ジャンプの話してる?

かいうと「他の方がもっとヤバい」という紋切り型擁護と慰めしか言えない少年ジャンプの話してる?

2016-12-05

http://anond.hatelabo.jp/20161205020400

キムチとかビビンバとか好きやで。 あと冷麺とかも。

あと韓国別に嫌いではない。

興味ないだけ。

たまに見かけるアンケートなんかでは嫌われてる比率もずいぶん上がってきてるようだけど、それもどうでもいい。

ネトゲギルドを抜けた話と愚痴

3つ目に入ったギルドをこの前抜けた。

 

1回目は、たまたま誘われたところだけどギルマスがログインしなくなってやめた。

2回目は、人数だけ多くて交流が全くないところだけど3回目のギルドに誘われたからやめた。

3回目のギルドは、知り合いで集まったけど方針とか無くて人も増えそうにないからやめた。

 

それで次に入りたいギルドを探しているのだが、難しい。

既にアクティブ率高い大規模ギルドなんて入る枠ないだろうし、

ガチ勢なところが多いかカジュアル寄りの自分には厳しい。

いっそ自分ギルドを造ろうかと思ったけどフレンドも少ないし自分ギルマスとしての魅力もない。

何らかのメリットがない限りはわざわざ入っているギルドを抜けてこっちに来たいとも思わないだろう。

 

そもそもまたギルドに入るべきなのか。

正直ギルドに入るよりも個人間で緩い繋がりで遊んでた頃の方が楽しかった。

ギルドメンバーだと素直にNOと言いづらい雰囲気になる。

ギルマスが自分ではハッキリとは言わないけど同調圧力かけたがる側の人間だったか何となくそう感じていた。

アンケートとかも取る前から話を裏で回して結論ありきで開始して、

反対票が少なかったらそのまま流して賛成採用みたいな事なかれ主義というより暗に強権発動して主導権握りたいタイプ

知り合いだからという理由で参加したギルドなのに強くもないリーダーシップでそういう物事の決め方されると白けてしまう。

そのとき自分肯定して欲しいだけのカカシを集めたかっただけなんだなって気づいたので興味がなくなった。

 

いっそのことステ用のギルドに入っとけばいいのだろうか。

それはそれで人から誘われるチャンスが無くなるし。

 

とにかくギルドって意外とめんどくさいんだなって思った。

人間関係で揉めるっていうかどちらかが上か下かという関係性になったときに出てくる方針や前提の違いが一番問題なんだろう。

フレンドでしかなかった関係とき干渉しないという選択があったがギルマスとギルメン関係になった途端に別の関係性になってしまった。

こんなことな最初に断っておくべきだったなあと後悔。

http://anond.hatelabo.jp/20161205020400

韓国って「善or悪」の「フラグ形式」な考え方なんだよ。

から日本も善か悪か、どっちかにしか倒れない。で、善にしたら叩かれるから、悪に倒してる。

「ほどほど」「まぁまぁ」が無いの。

から貴方は「一部の反日」と書いたが、実情はそうかも知れないが、アンケート取れば半数以上が未だに反日でしょうし、慰安婦のお婆さんの大嘘を疑う=悪だからあんな嘘丸出しの証言を未だに信じようとしている。何しろ「まぁどっちでもいいだろ」は無いんだから親日反日か、どっちかじゃなきゃ許されない。そういう幼稚な国民性

そんな方々と仲良くなったら、どんだけとばっちりが来るか。

当たり障りないように触れないと、いつ「悪」フラグに倒されて、グッチャグチャにされるかわからないよ?

2016-11-30

とある企画イベントDQNな人とグループを組んだ話

2.5日で各グループ企画を作ってプレゼンし合うイベントに行ってきました。大変でした。私は4人のグループを組んだのですが、1人、とても気むずかしい方がおられまして。大変でした。

ちなみに全体では22人で、5つのグループに分かれました。

異変は1日目から起きました。何も決まっていない状態だったので核となる部分だけでも仮決めするべきだと思った(そして最初アンケートネットに打つつもりだった)のですが、「僕は仕事時間外は絶対仕事しないことにしているんです」

見ると彼の表情がプルプル震えています。どうも感情的になってしまっているようです。こんなに簡単に?

これは無理かなとも思ったのですが、他のメンバーの助けもあり1時間かけて核となる部分を決めて、みんなが帰ったあと私はアンケートを作り、友だちに拡散してもらいました。

2日目は平穏でした。私は、時間通り終わらせることに腐心しました。

3日目に事件は起きました。実は3日目はいちばん年輩のメンバーが不在で、彼としては言いやすかったのでしょう。

あなたは人に指摘されたらコロコロ意見かえるいちばん大切なのは自分でしょう?チームから出て行ってくださいよ」

いやー、指摘を受けてコロコロ変えて良いものを目指すのが主旨のイベントだったのですが・・・それにいちばん大切なのはお客さんでしょう?

他のチームは楽しそうにやってました。特に隣のチームが楽しそう。分担を決め、生き生きと作業している。本気で出て行くことを考えました。

うちのチームは・・・問題人物はずっとスマホをいじっているし、もう1人の人も何かタブレットに打ち込んでいる。年輩のメンバーはいない。

孤独。私1人で発表時間までにサービスを作り、検証までしなければならなかったのです。

必死作りました。発表時間の30分前にようやく人に見せられるものができ、4人の人にインタビューして肯定的評価が2人いらっしゃったので「ああ、これなら発表できる」と思ったときには、もう会場の発表準備は終わってました。

自分たちのチームの番になり、3人で前に出ようとすると行きたがらない問題人物。強めに「来て下さい!」と言って何とか前に出させました。

発表は問題なく終わり、審査員の反応も悪くはなかったです。ああ良かった。しかしこの企画イベントは、この先2年くらいは行きたくないです。トラウマになってしまいました。本当に大変でした。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん