「はてなブログ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: はてなブログとは

2017-02-20

昔のはてなダイアリー読んでたら

萌絵と文章書いてブクマでちやほやされてる人がいて、今のはてなブログとそんなに変わんないなと思った。



ちなみに有村悠さんではない。

2017-02-19

SIer選択

ネット上でSIerスキルの低さについて論じられる場面が多い。はてなブログがその中心だろうか。それをわたしはぼーっと眺める。

そんなもの東京だけの話だからだ。

私のくらす街では、そんな選択肢がない。スキルなんてもの必要がない。単にコンピュータを使えるようにできる人だ。使える人だ。客先はXPが動いている。そんな世界に、ネットで言われる「スキル」なんてもの必要がない。

東京で生まれた人はその幸運を喜んでほしい。

進学で東京に行けた人はその幸運を喜んでほしい。

大学を出ても地元に帰らずに済んだ人はその幸運を喜んでほしい。

東京に居続けられる人たちはその幸運を喜んでほしい。

その豊かさを大切にしてほしい。

はてなブログ検索流入が減ったのは互助会スパムのせいでは?

Googleは質の高い読者が気になる記事を求める

最近はてな

2017年版】おすすめ邦楽ロックバンドなどベスト100を紹介します! - 消えゆく僕らの音楽雑記

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.bokurano-music.com/entry/hougaku-rock-osusume

Amazonプライムビデオで観られる個人的オススメ映画を紹介する - 徒然なるままに・・・変更する

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.tedium-life.com/entry/2017/02/05/213048

学生が月収153万円稼いで気づいたこと8個 - 今日はこれを証明しようと思う。

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.proof0309.com/entry/tuki100mankasegu


のような根拠もないし読みたくもないクソ記事スパムで上位に表示される

Googleがこのようなサイトを上位にする必要がないかはてなブログドメインごと順位を下げたのではないだろうか?

はてなには有益情報が集まるから来ているというユーザーが多いだろうになぜこの問題放置するのかわからない

はてなブログドメインに限るとどうか

エントリー http://anond.hatelabo.jp/20170219014318


新着エントリーに入ったはてなブログ12エントリー

そのエントリーブックマーカー中で公開して重複ブックマークを行っていたID

重複出現回 ID
5 1
3 1
2 5
1 73

(注: n重複のID数の中にn+1重複のID数は含まれていない)

非公開ブックマークが行われた回数は32回。

50%以上が非公開ブックマークだったのは2エントリー

コメ非表示設定サイトが1エントリー。 (※この行あとから追加)

2017-02-18

Twitterですでに一定の人気がある人が書くブログの質は高いが

これはつまり、今のネットで有能な人材は軒並みツイッターメインでネットをやっていて、ツイッターにその才能やスキルを全振りしているようなものだ。

ブログがつまらなくなったと言われて久しいが、つまり今メインでブログをやっている層は井の中の蛙、競合相手が少ないところで戦っているとも言える。

一昔前ならブログをメインに有能な人材が集まっていたが、今はツイッターに有能な人材が集まっている。それだけのことなのだ。

例えば、はてなブログランキング上位100くらいを見ても、正直言って面白いものは少ないし、面白いなと思う人はだいたいツイッターでも人気な気がする。

はてなでも2chでも目立つ有能な若い人が少なくなったように思うが、これもツイッター若い有能な人材が集まっているからだ。

彼らが気まぐれに書くブログはたいていバズるし(知名度ブーストもあるが)、質もブログメインで活動している人たちより普通に高い。

仮に今ツイッター活躍している人たちが一斉にブログ界隈に乗り込めば、旧来のブロガーたちは質的駆逐されるのではないかと私は思う。

しかし私は今のこの状況が少し残念に思える。

私はもっと彼らにブログというものを書いてほしい。

Twitterという拡散力があり誰にでも見てもらえて承認欲求がかなり満たしやす環境も良いが、彼らが書く長文、ブログ文章というものが見てみたい。

一昔前のブログ全盛期とはまた違った潮流が、今のツイッターをメインにネット活動する人たちからまれる気がするからだ。

Twitterは今やネットメインストリームといってもいいぐらいの規模なので、そこで活動してればだいたい事足りるが、もっと有能な人はいろいろな場所活躍してみてほしい。

まあ、なんだかんだ言って単純に、Twitterのアイツやアイツがブログ書いたらどうなるかなという興味本位なだけだが。

はてな感想雑記ブログをやってた

少し前まではてな感想雑記ブログをやってた

それを嫌気がさして消して、「あーあ、ブログ無かったらもう感想文なんて書かないだろうな」と思ってた

そしたら今ではせっせとファンレターもしくはファンメールを書いて作者に送ってる

書いてるじゃん、書きたいんじゃん

文面をEvernoteに打ち出すところまでは同じ

それを紙に書いて切手貼ってだすか、もしくはアドレス打って送るかどうかの違いだけ

手を変え品を変え「あなた作品のここが好きです。なぜならこうだからです」と言葉を探して当てはめるだけの事がどうしてこんなに楽しいんだろう

ただこれ、作者と私という一対一かつクローズド手段からこんなにも今楽しめているわけで

やっぱり私と作品との感想を、ブログ記事にして不特定多数の人に公開するのは間違ってたよなあなんて思う

少なくとも、私の感覚では長く続けられないことだった

私のブログをいつも読んでる、面白いって言ってくれた人もいたけどさ……なんかそれ思い出す度に申し訳なくなってしま

ネット上で固有の名前を名乗って、居場所を作ろうとするのを諦めただけだから

私はずっと何かの感想文を誰かに対して書いてるから

から、あの時唐突ブログを消してしまってごめんなさい

毎日アクセスしてくれてありがとう、私は何も変わらずにこの世界の片隅で生きてます


あと、はてなブログはやっぱり書きやすかったよ

Amazon画像リンクとか、iTunes試聴音源の挿入とか、そういうのすごく簡単で楽だった

2017-02-16

http://anond.hatelabo.jp/20170215193247

記憶だと3年くらい前からどんどんブクマ数が増えてる感じ。

ちょっと炎上したり論争になってるエントリだとすぐに500行くようになった。

その中でちょっと気合入った記事とか時事ドンピシャだと1000超えてくる。

今この内容と影響力だったら確実に500〜800は行くと思われる2009年くらいのエントリブクマ数見ると100程度しかなかったり。

アフィ狙いの互助会も3年前あたりから増えてきたのと、それまでツイッターネットニュース文句言ったりバトったりしてただけの人たちがはてなブログ書き始めてツイッターに流す→話題になる→ブクマ増えるって現象があると思う。

投稿ブログ記事がいきなりブクマ500超えしてるしてるのとかここ3年で結構あるんだけど、ほとんどはツイッター特定界隈に知られてる(フォロワーがそこそこいる)アカウントが書いてる。

勘違いされてそうだけど、保育園落ちたより以前からこういう状態

逆に言えば、保育園落ちたの人ははてなブログ増田含む)-ブクマ-ツイッターブースト構造をすでに知ってて増田に書いたと思う(それが仕込みとかい意味ではない)

最近だと借金玉の人がそのあたりを分かりやす公言してたが、鶉まどかとかあのへんの人も最初から出版社に(多くは口約束で)ブログ書いてみて話題になれば本出すかもと言われて開設したんじゃないかと。

こういう、最初ツイッター存在感ゲットしてからはてなブログ開設→出版デビュー狙ってるっぽい人はかなり多くなってきた。

(くどいけど保育園落ちたの人がそうと言ってるわけではない。あれが2000超えるとはたぶん本人も予想しなかったはず。ただある程度バズらせてやるとの意気込み、計画はあったのでは)

ちょっと話ずれたけど、要するに最近ブクマ数増加はアフィ互助会だけの話というより、はてブ日本ネット上のバズに貢献する=ビジネスになると確信を得た勢力流入の影響が大きいと思う。

300超えるくらいになるとスパムとまでは言えないが明らかに個人の記録用じゃなさそうな無言ブクマが増えてくるので、話題になってるエントリにとりあえずブクマして目くらましっぽくしてる勢力もありそう。

互助会はてなブログしかブクマしない場合ほとんどなので、ニュース記事2chまとめやバズった個人ブログなど何でもかんでもブクマしてるこっちの勢力とは別な気がする。そもそもブログ持ってないアカウントも多い)

付け加えるなら、以前ならそれぞれブログトラバしあって言及してたものブクマツイッターで短文の反応を返すほうが楽だし注目を得られるとなってきたのもあるかなと。

はてなダイアリーからブログ正式版に移行した時期と被るので、はてな内で完結しがちなトラバ文化よりブクマ拡散を狙おうという社内の目論見もあったのかもしれんね。

はてな匿名ダイアリー参加難しすぎ問題

1 ユーザー登録→すぐ

2 はてなブログを書く→すぐ

3 「はてラボ」に辿り着く→2年

※未だ「はてなトップページ上に「はてラボ」へのリンク見つけられず

4 「匿名ダイアリートップ右上に「日記を書く」を見つける→半年

※「PCサイト切替」によって遂に出現

5 匿名ダイアリーを書く←今ココ

……追記1

6 コメント的なものが来たが、応答の仕方がわからない←今ココ

スマホではなく、タブレットを使っているのだが、すべてはそのせいか……?

2017-02-12

はてなブログアメブロみたいなの増えてない?

次は何処へ行こう

2017-02-07

明らかにこれ複垢ブクマしてるやろ〜っていう受験勉強方法書いたはてなブログ最近学びタグ汚染しているのですが通報の仕方が分からないので誰かやっといてください

炎上バズはさせたくないのでURLは貼りません

2017-02-03

増田バズるんだけど

俺の書いた増田は、最近、平均500ブクマほどいただけるようになってきた。

「今はてな匿名ダイアリー話題です」で始まるネットニュースでも扱われることがよくあって、嬉しい。

そのうちブコメで「この増田ブログやってほしい」「この情報ブログでやればアフィで儲かる」とか、ブログ待望論がチラホラ見え始めたので

はてなブログをやりはじめたんだけど

だっっっっれも来ない!

「このネタは受けるだろうなー」と思って書いた増田バズるのに、

ブログは全くアクセスされない!

どうすれば人に見てもらえるのか…

人に読んでもらいたいだけで、アフィで儲ける気はないよ。面倒だし

http://anond.hatelabo.jp/20170203211006

あきらかにはてなーっぽいtogetterまとめ人って他にもいたよね。

あの人もたまにはてなブログ引っ張ってくるけど、togetter民に通じてるのか気になる。

いや関連記事を載せてくれるのは、少なくともはてなーである自分には分かり易いが

村の中身を知らん人達に伝わるのかなあという意味で。

2017-02-02

今朝のホッテントリはてなブログ運営報告が3つも入っててくそうぜえわ

2017-02-01

ブログ

こっちに書きたくてID取得したんだけど先にはてなブログの方書いちゃった

意味ないじゃん

2017-01-31

http://anond.hatelabo.jp/20170131111444

2000idも非表示にしてたらほとんどブクマ見えなそう

つかはてなブログで、

いちいちIDコールしてお・ま・え!今非表示するから!」っていう報告ブログやればいいじゃね?

2017-01-30

http://anond.hatelabo.jp/20170130004350

その体験はてなブログに書いてほしいわ。

自分で書いた文章という意味価値のあるブログなら、アフィで儲けたってかまわないのだから

2017-01-27

http://anond.hatelabo.jp/20170126232846

デジタルネイティブ世代の顔出しに対するハードルの低さが恐ろしい

顔出しで発言できる(ブログ書ける)やつが強くて

顔出しできないやつの発言は軽んじられる

はてなブログ顔出し全盛期の幕開けを感じる

2017-01-26

2006年付近:はてだ界隈を中心としてSEPGなどイノベーションに目を輝かせた人たちが集まる。アルファブロガー()全盛期でTV出演など華やか。

2008年付近:よそにいたので知らない。

2011年付近池田信夫はてなをやめる。有名人が次々脱退。

2013年付近シロクマなど文章力では秀でた人材が若干は残った。しかし段々と中身がないものが多くなる。

2015年付近青二才イケハヤなどが特に話題になる。裸の王様だが当人たちは有能である錯覚プライドと中身が釣り合わない。

2016年付近:偉そうで中身もなくプライドが高い、人を口撃する人だけが残留はてダの衰退ではてなブログのゆるさが許容され始める。

2017年付近:中身のない人ですら敬遠するはてなへ。

http://anond.hatelabo.jp/20170126014127

個人はてなブログを利用したことやはてブスパムを利用したことをはてな村民のせいにして何かいいことあるの?

韓国デマニュースサイトはてな村民が作った

韓国関連のデマニュース拡散するサイトBuzzFeed記事にしたことで、そのサイトのことがはてな村内でも話題になっている。



大量拡散の「韓国人による日本人女児強姦」はデマニュースか サイトは間違いだらけ - BuzzFeed

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.buzzfeed.com/kotahatachi/korean-news-xyz



この件では桜井誠やいわゆるネトウヨが担がれたことを一向に直視できないことを批判する人が多い。

それはけしからんが、はてな村民はてな村民でこのサイト前身はてなブログで始まりはてな運営によって追い出されて次に作ったサイトでも記事はてブスパムされ続けていた、はてな起源サイトである事が直視できないでいる。

ウヨサヨのたまり場となり、炎上売名の頻発によってはてなブックマークがつまらなくなって久しいが、はてなのお騒がせ体質はもう少しなんとかできないものなのだろうか。

2017-01-24

http://anond.hatelabo.jp/20170124132602

不思議だがそういう女ほどあっさり結婚して子育て専業主婦とかしてたりする

Twitterとかはてなブログとかで男性社会への呪詛を吐いてるやつの大半は既婚者である

しかしたら結婚して子育てしていくうちに男性嫌悪に目覚めるのかもね

2017-01-22

今こそ都会人が立ち上がるとき

gudachanことbonchacchangaです。2013年から2016年まではてなブログをやっていた者です。

私は本当の意味での田舎者なんですけど、今回声を大にして訴えたいことがあります

それは「都会の鉄道公有化」と「都会の道路交通整備」です。

私は神奈川県湘南地方に住んでいるいわゆる田舎者です。買い物で川崎横浜東京に行きます

鉄道日本人からすれば大きな商売かつ貴重な交通インフラです。でも良く考えてください。

今は昔と違って本当の意味での貧しい人は多くいません。増えたのは富裕層でないという意味での貧しい人です(中間層存在を思いつかない頭の貧しさにもうんざりします)。本当の意味での貧困者は減っているんですよ。車は駄目でもオートバイとか自転車持てる人がいくらでもいます20年~30年前より減っているはずです。人口減少ほど豊かになると言うことを考えれば、人口増加説が当たらない限り日本さらに豊かになるはずです。

たかも都会の人々を社会ぐるみ障がい者みたいに特別扱いしているのと同じです。都会人だって障がい者よりかは健常者のほうが多いですし、貧しくない人のほうが貧しい人より圧倒的に多いです。まさに「日本くたばれ!!!」ですよ。都会人が田舎者以上に見下されているんですよ。

しかも、都会の財政地方に比べて豊かです。地方私鉄が多いのは、法人税を回収するためなんです。地方はとにかく貧しいんです。そうでなければ今時公営鉄道か本物の車社会になっている筈です。もちろん私は公共交通が駄目になりますます車社会に苦しむ地方にも同情します。

また、欧米では少なくとも都会の旅客鉄道は「原則公営」です。あくまでも公共インフラに過ぎないからです。

最近鉄道会社商売に煩くなってますが、公共インフラとして利用している人にはい迷惑しかありません。

さらにいえば、外国のどの都市道路日本で言う地方道路並に広くなっていて使いやすくなっているのですが、日本都市どうでしょうか?

財政の豊かなはずの都会が道路整備公共交通整備を怠り、民間鉄道インフラを使わせているという状況に外国人日本田舎者すらあきれています。都会人はどう思っていますか?

田園都市線問題を期に今こそ、都会人が立ち上がるときなんですよ。都市部でのインフラ欧米水準少なくとも韓国台湾中国水準に引き上げるべきです。

大都市私鉄レガシーになり、都会の鉄道公共のためのものにすべきなんですよ。道路を便利にしよう、「狭い道路時代遅れ」に田舎も都会もないんですよ。

札幌仙台名古屋大阪福岡みたいなところや地方都市には私鉄必要ですが、首都圏からみればダサいもいいところですよ。

皆さんが鉄道通勤ラッシュ鉄道副業第一のことを外国人田舎者に叩かれても都会人は何も疑問に思わない。東京私鉄社会は終わりです。JR都営鉄道しましょう。そして道路拡張などの整備を促しましょう。

車は公害の元は昔のものです。ハイブリッド車エコカー電気自動車オートバイなら電動バイクがかなり普及していますバスをみて下さいよ。排ガスの黒い車はほとんど走っていません。

皆さん声を上げましょう。都会のインフラ近代化です。私も闘います。都会のために。

私は東京道路の使いづらさに苦しむ人達悲鳴を何度も聞きました。時代遅れ偏見のせいで道路整備が進まない。だからこそ訴えているんですよ。

暴走族が怖いだ?暴走族はとっくの昔に絶滅してます。(※完全には絶滅していないという声もありますが、個人の悪ふざけ以外殆ど見かけません。集団でのそれなんて私の知る限りここ5年間見ていません。そもそも私の住む街には2014年最後にそれら含めて1度も見ていません。)

途上国公害の多かった昔なら別に鉄道一極集中でもいいですが、今は2017年です。車の騒音も静かでしょ?

皆さん、都会人が立ち上がれるように日本の片隅から頑張りましょうよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん