「暴言」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 暴言とは

2016-06-24

むかし地下アイドル握手会嫌がらせっぽいこと言ったことあるけど

昼間から飲んだ後、ドルヲタの友人に連れられて某地下アイドルライブ握手会に参加してみた。

友人からそのグループの一人が過激グラビアDVDを出していることを教えてもらって、スマホでその動画もチラ見していた。

いざ握手する段取りになったとき、俺は酒に酔って気が大きくなっていたので、その子を目の前にして暴言を吐いてしまった。

グラビアDVD、見たよ。あれエロいねー。ほんと夜のオカズにいいよねw」



言った瞬間、「しまった!」と思ったが、女の子は平然とした顔をして

ありがとうございます! こんな私でもお役に立てるなら光栄です!」と返答。

俺は唖然として暴言を吐いたことに後悔しつつ、心のなかで「こんな神対応されたらハマる奴がいるのもわかるな」とも感じた。

ちょっと前のストーカー男の例を挙げるまでもなく、日本地下アイドルちょっと無理し過ぎだとおもった。

twitterの大改革案

攻撃的なtweetを検知すると自動的アカウントが凍結。

ほんわかレス限定のほんわかSNSとなる。

入力したtweet香ばしいときは、

「個人や集団に対し攻撃批評的な文章を書きたい場合ブログ等に書いて

リンクを貼ることを推奨します」とか誘導してくれる。

毎日から晩まで暴言や見下しtweetしてる人も、それから解放されてハッピー

2016-06-23

AKB48と社民党・・・22年前に意外な接点 AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」


AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」

指原さんは「私なんかが1位になれるなんて」と言っていた。

実は、22年前にも同じようなことを言った人がいる。

 その人こそ同じ大分村山元総理だ。

まさか自分総理大臣になるとは思わなかった。」

当時社会党は70議席まさか自民党(220議席ほど)と連立。

1993年、当時、社会党は45年ぶりに政権についた。

熊本県知事だった細川さんが日本新党当選。その細川さんを首相とする細川連立内閣社会党新生党(当時)、公明党日本新党など7党ぐらいの政権

細川さんというのはあの都知事選小泉さん応援で出た人だ。

その後,羽田さんが総理になったが、このとき社会党以外の政党の3党が社会党内緒勝手会派を作ったことに社会党が反発。政権を出て、自民党、さきがけと連立を組んだ。これがいわゆる自社さ政権。長年対立していた自民党社会党が組んだので野合という言葉も出た。

その野合に当時、新人議員安倍晋三も参加。なのに今になって民進党共産党野党共闘に「野合だ」とケチをつけていい気になっている。

安倍自民党から政権につけるから入れただけ。安倍だけではない。安倍所属してた派閥森喜朗(今の五輪会長)はせっかく村山さんに建設大臣にしてもらったのに「この内閣は暫定内閣だ」、つまり村山内閣なんてすぐつぶれちゃうよ、と暴言。こいつは昔から暴言王。

こういう人が後に安倍総理や森五輪会長となる。

指原さんは安倍政治家に向いてるなどといわれていい気になってるようだが、いっそのこと安倍自民党批判を始めてはいかがか。

あと、秋元康さん安倍総理組閣ごっこなんてやってないで、真面目に政治のこと考えてみてはいかがですか。

AKB48と社民党・・・22年前に意外な接点 AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」

AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」

指原さんは「私なんかが1位になれるなんて」と言っていた。

実は、22年前にも同じようなことを言った人がいる。

 その人こそ同じ大分村山元総理だ。

まさか自分総理大臣になるとは思わなかった。」

当時社会党は70議席まさか自民党(220議席ほど)と連立。

1993年、当時、社会党は45年ぶりに政権についた。

熊本県知事だった細川さんが日本新党当選。その細川さんを首相とする細川連立内閣社会党新生党(当時)、公明党日本新党など7党ぐらいの政権

細川さんというのはあの都知事選小泉さん応援で出た人だ。

その後,羽田さんが総理になったが、このとき社会党以外の政党の3党が社会党内緒勝手会派を作ったことに社会党が反発。政権を出て、自民党、さきがけと連立を組んだ。これがいわゆる自社さ政権。長年対立していた自民党社会党が組んだので野合という言葉も出た。

その野合に当時、新人議員安倍晋三も参加。なのに今になって民進党共産党野党共闘に「野合だ」とケチをつけていい気になっている。

安倍自民党から政権につけるから入れただけ。安倍だけではない。安倍所属してた派閥森喜朗(今の五輪会長)はせっかく村山さんに建設大臣にしてもらったのに「この内閣は暫定内閣だ」、つまり村山内閣なんてすぐつぶれちゃうよ、と暴言。こいつは昔から暴言王。

こういう人が後に安倍総理や森五輪会長となる。

指原さんは安倍政治家に向いてるなどといわれていい気になってるようだが、いっそのこと安倍自民党批判を始めてはいかがか。

あと、秋元康さん安倍総理組閣ごっこなんてやってないで、真面目に政治のこと考えてみてはいかがですか。

2016-06-22

私が今まで受けてきたものライト虐待だったのだろうか。

アラサー世代女性で、小さい頃から父親から叱られる=父親から叩かれたり、頬をつねられたり、つまりは痛い目にあうことがデフォルトだった、という方はどれくらいいるのだろう。

叱られるのにはきちんと理由があって、自分でも「ああ、これが悪くて叱られているのだな」と思えるのだけれど、とにかく痛いし怖い。そして「お前はこういうことして叩かれているのだ、わかるなバカ者!」というような言葉サービスで付いてくる。すぐに思い出せる幼少期の記憶だと、リビングに貼られた九九表の前に私が立ち、泣きながら8の段を言っていて、間違えるたびに大声で「違う!!!!」と怒鳴られ、叩かれる情景が浮かぶ。思い出していて気付いたけれど、昔の父親記憶で怒られたこと以外の記憶ほとんどない。お風呂冗談で突き落とされて泣いたことを急に思い出したけどそれは今回あまり関係ないのでこれ以上思い出すのはやめようと思う。

私が叱られる原因の8割から9割は勉強のことだった。父親勉強至上主義で、「この世の中で勉強が1番楽しい」が信条だった。そしてそれを娘の私に身をもって体験させてくれた。お陰で私は幼少から東京に住み、一人っ子長女としてすくすく育ち、訳も分からないまま中学受験の為の塾に通い、やっとのことで第2志望の私立合格(補欠)、進学校を謳っている学校大学受験に向けてまた勉強、やっとのことで大学合格(滑り止め)した。

特に父親語学に厳しく、中学に進学してから私に徹底して英語を教え込んだ。

その頃は彼が単身赴任だったため、私としても気が楽だったが、中1最初英語の小テストが悪かった私に電話越しで大激怒。以来ほぼ週末ごとに帰ってきては何時間も何時間も私「と」勉強、私も夏休み連休の時には彼の元へ赴き、何もない暖かな田舎街でいつ飛んでくるか分からない鉄拳リモコンに怯えながら英語勉強をしていた。

叱られて叩かれるのが嫌なら自分勉強をして成績をあげれば何も言われないのでは、と思う方がたくさんいると思う。私もきっと昔はそう思っていた。自分なりに勉強したつもりで彼に備えていた。でも、私の一生懸命と彼の一生懸命が違えばまたそれで叱られることになるのだ。父親の彼が正しいと思う「ものさし」は鉄のように硬くて、私のような非力な子どもには曲げることができなかった。

そうなると、どうせ何やっても叱られるんだから何もしないでその場限りで痛い目にあってしのごう、という考えにシフトしていく。そうすると、どんどん「叱られている」という感覚が鈍くなっていく。「またいつものやつだから耐えよう」というある種のルーティンだった。反抗するなんて考えたことも無かった。それは「おとなしくしていればいつか終わるし、反抗なんかしたら絶対殺される」と思っていたからだ。寝ている間に殺されたらどうしようと眠れない夜を過ごした時もあった。反抗はしなかったけれど、殺られる前に殺ろう、とは思った。けれど、犯行がばれて自分人生を棒に振るのがもったいなくて実行はできなかった。母に迷惑もかかる。

そういえば母は私をこっそり助けてくれたけど叩かれている私をかばうことはしなかった。母も父親には逆らうことができなかったからだ。私も母が痛い思いをするのは嫌だったので何で助けてくれないんだろうという気持ちよりは母にとばっちりがいくことの方が心配だった。

いろいろ思い出しながら書いていたので長くなってしまったけれど、結局私はやっと終わると思っていた父親との勉強暴力コンビが終わらなかったことに耐えかねて(大学の授業には必修で語学がある為)、初めて反抗期を迎え、やる気を失い、いろいろあって今現在アラサーニートである

ここまで娘がおかしくなってしまったので(父親プランでは娘の私は大学を4年で卒業し、そこそこ名前の知られた企業就職して、今頃は結婚して子どもがいる予定だった為)最近では暴力を振るったことに対する謝罪も聞くことができるようになったが、あくまでも彼の暴力教育の一環、延長であり、虐待とは違う、という思いであるらしい。あと、教育以外のことにはほとんど口出ししてこなかったではないか、とも。確かに交友関係などには口出しされた覚えはないけれど、でもマンガ捨てろとか、スカートが短すぎるとか、化粧濃いとか髪の毛染めるなとか、言われてたぞ。勉強関係ないことをやりすぎとか、思い出してみると結構言われている。


周りに私のような体験をした人がいないので、とても気になって今回色々と書いてみた。こうやって育てられたけれどもきちんと優秀な成績を修めて大学卒業して就職して今幸せ、という人にはどうやって親を克服したのかぜひ教えて欲しい。

それから条件付きとは言え子どもに手を上げてしまうような教育をしている方は即刻やめてほしい。状況とか回数とかそういう問題ではないから。少なくとも私にはそうだった。頭を殴られた痛みはしばらく続くし、またそういうことをされると思うと萎縮してしまう。放たれた暴言はわんわんと脳みそに響きわたり、ふとした瞬間に思い出されて苦しい。多分教育効果もない。上にも書いたけれど、自分行為反省するきっかけにはならなくて、暴力暴言に耐える修行みたいになってくる。

あとお子さんが私のように大人になってから爆発すると、親子関係がとてもギスギスする。お互いの距離感が掴めなくなるからだ。距離は縮まることはほぼないと思う。

タイトルには、虐待だったのだろうか?というタイトルをつけたけれど、これが虐待だろうがそうでなかろうが、今となってはどうでもいい。痛みに耐えるだけの思春期はもう遥か昔のことになってしまって、取り戻せない。ただ自分が考えているより今までがしんどかったので今回文章にまとめてみた。お前よりもっとしんどくて苦しい人はいると言われたって私の辛さは私だけのものだと思っている。長くなってすみません

http://anond.hatelabo.jp/20160621152011

身内がDV被害に遭ってるから、身を守ったり逃げたりする方法を教えてくれたほうが助かる。

「俺が謝る」ことばかり考えて、怯えてたのに追ってなかった?

信頼なんか回復しないよ。犬の躾じゃないんだよ

元彼女は広い心で無かったことにしてくれてるだけで、やったことは一生消えないよ

女は忘れないよ。心に溜め込んだまま接する必要があるならそうするよ

殴って暴言吐く奴だって分かってるのに引き金引くようなことしたくないからな

2016-06-21

人の悪口は言うなと育てられたという安倍総理しかしその安倍総理障がい者暴言を吐いてます。「集団的自衛権行使できないのは禁治産者と同じ」

人の悪口は言うなと育てられたという安倍総理

しかしその安倍総理障がい者暴言を吐いてます

集団的自衛権行使できないのは禁治産者と同じ」

平成12年05月11日 衆議院憲法調査会議事録

禁治産者」は民法改正で「被後見人」となりました。

平成12年4月のことです。

理由の1つは用語差別的に使われていたことです。

それを1か月後安倍総理

集団的自衛権行使できないのは禁治産者と同じ」

平成12年05月11日 衆議院憲法調査会議事録

安倍総理に告ぐ。あなたは人ではない。

人の悪口は言うなと育てられたという安倍総理

しかしその安倍総理障がい者暴言を吐いてます

集団的自衛権行使できないのは禁治産者と同じ」

平成12年05月11日 衆議院憲法調査会議事録

禁治産者」は民法改正で「被後見人」となりました。

平成12年4月のことです。

理由の1つは用語差別的に使われていたことです。

それを1か月後安倍総理

集団的自衛権行使できないのは禁治産者と同じ」

平成12年05月11日 衆議院憲法調査会議事録

安倍総理に告ぐ。あなたは人ではない。

大事なモノを捨てられた、とある男のリアルタイムログ

雑な書き溜め。乱文ご容赦。そして、フィクションであってほしかったノンフィクション


8:00 通勤途中(鉄道)にて

イヤホンを耳に突っ込みスマホに入っている音楽を全シャッフルでぶん回す。ぐるぐる回る思考落ち着ける事、5分。

震えなくなった手でおもむろにメモアプリを開き、文字を打ち込んでいく。

以下、回想という名のまとめ。

雨降る朝。

色々あってメーターぶちぎった母上が激おこモード突入

あらん限りの罵詈雑言を投げつけまくった挙句、僕のマンガを破棄すると言い出した。

ああまたか。久しいな。2年ぶり何回目かは忘れた。幸か不幸か出勤前で時間も無い上に、下手にモーションかけると他のモノまで被害行くから、バレるとまずいあの3冊だけ絶対隠そう。それとマンガって言っても、マンガ保管箱の下のラノベ保管箱も含んでんのか?見たら一緒くたにはされそうだが、それ逃がすと目標を上の棚の雑誌群に切り替えそうだし、雑誌群の方がずっとレア度が高い。半分ほどは確実に買い戻せないし、ダメージがでかい。この際、ラノベ犠牲はやむなし。すまん。

上記の宣告からわずか5秒で判断絶対宣告が出された際に、この思考回路へと切り替えるのも前より早くなった。嬉しくない。

一応現状この場で打てる手として、涙目でひたすら謝罪と宣告拒否だけはしておこうか。土下座オプションつけた方がいいかな。多分意味ないけど。

ある程度やったら、例の3冊だけを隠し場所に放り込み、出勤。

近所の皆さん、朝っぱらからすみませんと思いながら、雨の中を小走りで急ぐ。

今に至る。回想終わり。

別に自身に対して何言ってくれても構わないし、気が済むまで殴る蹴るしていただいてもて痛いなーぐらいしか思わない(思わなくなったとも言う)。体丈夫だとこの辺有り難い。

ただ、僕の世界を壊すのはやめてくれ。僕のモノを壊すのだけは勘弁してくれ。

こずかいで買おうが、給料で集めようが、それらは僕の意思価値観に基づいて選び得たモノだ。それら全ては肉体以外で僕自身構成する、無機物でできた体そのものだ。

それを否定し捨てられる行為はどんな暴言暴力よりも、大きく身を削られる、抉られる。

この喪失感は何度味わっても、決して慣れることはない。

ただただ苦しい。

そして、この感覚は母には多分一生伝わらない。

判決メールはいまだ来ず。いや、できれば来ないでほしい。


8:45 通勤途中(徒歩)にて

アレからメールという名の判決が来た。

判決マンガ水浸しの刑

……捨てられてはいないのな、保管箱に水入れられただけならワンチャンあるか?、と一瞬冷静に判断してしまった自分が居たことに、悲しさとたくましさを覚える。でも、そのたくましさは本来いらなかったはずのものだ。

ごめん、30冊のマンガ。家帰ったらすぐ干してやるから

……そもそも家、入れるか……?


9:30 会社トイレにて

メール初見時には平静を保っていたが、確認して数分後に歩きながら叫び泣き出しそうになった(20代男性)

なんとか耐えて、仕事開始。今に至る

よく耐えたよく耐えたよ自分

大丈夫メールの文面からするに漫画箱に水ぶちまけたぐらいだから多分

捨てたなら捨てたって書くかならいつも

その方がダメージ大きいの知ってるからアレ

わざわざ部屋から運んで水かけて捨てる手間はしない

から安心しろ

とは断言出来ないが多少はマシだ

昔に比べれば被害額も修復労力もメンタル全然大丈夫

幸いにも限定版やらは入ってなかったし薄い本にも気づいてはない

CDも入ってたけど、CD文字文面にないかホントに水かけただけだろう

通常のコミックスが大半だから諭吉さん1人で買い戻せる

来月のボーナス使って買ってやれ


12:30 昼食なう

今日のご飯は豚丼自作。美味しい。

向こうからは音沙汰なし とりあえず平和

朝よりはだいぶ落ち着いてきた

本がどんな状態かによってまた変わってはくるだろうが、今の所一番マシなのを考えている、考えるようにしている

これはメンタルが強いのか弱いのか……弱いな弱いよ見事なチキンハート

まぁ、傷ついたメンタルにパテ塗り込んで修復、耐久力を上昇させてきた感はある

元のヤツはもう面影もない

このたび、今回の件はネタとして扱うことにする

ブログにぶち上げて、同情・顰蹙・喧嘩・アフィでマンガをかう方が精神衛生上よっぽどいい

なにより自分精神状態文字にして、時間をおいて見直すことで結構楽になった

被害が小さい(推測もとい願望)事もあるだろうけど、これのお蔭か回復がいつもより幾分早い気がしなくもない

……それか今読んでる、混沌としたとある方のブログの色々と自分比較して、マシに見えてくる現象が起きているだけかもしれないが

ネットは広大だわ……

家帰りたいけど、帰りたくねぇ


15:30 再び会社トイレにて

雑なリアルタイムログを書いてみて雑感

僕は今まで、マンガ小説を"読む"ことで度々救われてきた。

今回初めて"書く"という行為で、救ったとまではいかないが自分自身浮き輪を投げる事ぐらいはできたのではないかなと思う。思った書くこと自体は何度かやっていたが、吐き出すために書いたことは無かった。飲みすぎて人前で吐くときの心情もこんな感じなのだろうか。吐いたことがないのでわからない。

こうして自分で膨らませた浮き輪が今回得られたものである。失ったモノと釣り合わないが、何もないよりずっとマシだ。

最初ブログに載せようと思ったが、改めて見るとアクセル踏み込み過ぎている感が物凄い。ブレーキ効いてない。途中から効かせる気がなくなっている。

そこで増田に落とすことにした。ここまで書いてこのまま消して無かった事にするのが嫌だったのと、匿名でも残せるならばその方が自分感情の供養になるかと思ったからだ。


17:30 終業、自席にて

アレから着信が入っていた

[吐き気レベル3/10→6/10]

メールは無い

[吐き気レベル6/10→4/10]

ので、取りあえず初回は無視

と同時に、他のモノまで被害が行ってはいいか心配になり始める

[吐き気レベル4/10→5/10]

……ますます帰りたくなくなってきた



気が向いたら(余力があったら)、帰宅編。

6/22 ごちゃごちゃになっていたので修正

追記: 高校生の時、俺はとんでもないDV野郎だった

http://anond.hatelabo.jp/20160621003527 の追記

 あの記事趣旨は、まだ気づいていない同じような加害者たちに伝えるためで、懺悔のためではなかった。だからブコメで真っ当な人たちにボコボコにされているこの反応は当然だと受け取っている。犯罪者だな、と言い捨てられるような、真っ当な人たちには理解できなくて当たり前だよ。真っ当な素養を持って生まれた人には、崖の端っこを歩いている、若しくは踏み外してしまった人間思考回路はわからないんだと思う。でも、そんな真っ当な人間ばかりじゃないんだよ。犯罪者素養という爆弾を持っていても、それを外から見つめてうまく自分コントロールして、何とか普通に社会で、胸を張って生きれるようになりたいんだよ。俺は、ボコボコにされるとわかっていながらも、こういう文章を書く。同じような過ちを犯しそうな奴らには早く気づいてもらいたい。それが俺が社会に対してできることだと思っている。じゃないと叩かれると分かってて書かない。俺の文章は、まともな人たちに向けて書いたんじゃない。俺の文章は、俺のキモい思考回路がそのまま入ってくるような、同じようなやつのために書いたものだ。なぜ俺が「皆」と、呼びかけたのか。それは、ただ「DV加害者の皆」と呼びかけても、当人たちは気付いていなわけで、一般化することで、自分のこととして考えて欲しかたからだ。それが、誰かの気を逆撫たかもしれない。

 その後、被害者側に立った話もあるけど、ずっと後の話で、俺はその人を変えられなくて、そもそも人を変えることなんて無理で、そこからは離れた。だから被害者側の気持ちも多少なりと分かるけれど、それとこれとは別の話だし、「本当の意味でお前は分かってない」と結局罵られる。だからその話はしない。一人っ子だったことだけが原因ではないことは理解してるけと、半生を語るわけにもいかいから、その話もしない。人は逸脱行為理由を、単純化抽象化して理解したがるものから、そういうものだと思っている。

 例えば「恋人貴方のやりとりは、友達にそのまま見せられるか?」と問われて気付いて、行動を変えて、それから「成長した俺、かっこいい」と思っていたとして、それはキモいことだけど、それでDVが止まれば、結果的社会にとってはいいことじゃないかなと思う。




 あの記事謝罪したところで、彼女には届かないし、あの記事で謝っても話の焦点がブレてしまうし、俺のための懺悔しかならないから、あそこでは特別に謝っていないけど、俺はあの後数年かけて彼女に謝り続けたんだよ。書かれていない背景を想像して徹底的にコメントで叩かれているけど、それは書いていなかったことだから仕方ない。もう別れていてたけど、学校という同じ空間にい続けた。言葉だけの謝罪なんて意味がなくて、自分が変わりつつあること、変わったことを示し続けることでしか、信頼を回復できないと思った。最初は口も聞いてくれなかったし、怯えた目で俺のことを見ていた。けど、数年経って、態度が柔らかくなってきて、それからはお互い恋人がいる状況でも困ったことがあれば相談してくれてそれを本気でお互い解決したりもして、お互い結婚した今は向こうから声をかけてくれるくらいのお茶友達だよ。実際心の底で許してくれてるかなんてわからないし、許して欲しいと思っていないし、許されないことをしたことは変わらないけど、それ以上どうしたらよかったんだろうか。




 「またきっかけがあればきっとやるよ」「殴る相手がいなかったから殴らなかっただけ」「サイコパス野郎」と言われても、その後同じようなタイプ大人しい子とも付き合ったけど殴らなかったし、暴言も吐かなくなったし、今は本当に大人しい奥さんだけど、同じような状況になっても殴る気持ちなんて起きない。そういう人は俺が刑務所に入れば満足するんだろうか。その人は、俺が刑務所に入っても、当人たちがもういいと言っても、俺がどんなに変わっても、きっと満足しないで、犯罪者レッテルを張り続けて、俺を社会に参加させないようにするのかもしれない。10年そういった行為をしないでいるけど、それでもお前の本質は変わらないよと言われる。俺は、どんなに更生しても一生犯罪者と呼ばれて、やり直せないのかもしれない。

 犯罪心理学ラベリング理論というものがある。非行に走る者に非行者というレッテルが貼られて、社会からつまはじきにされるせいで、非行者たちが自暴自棄になって非行を繰り返したり、非行者たちが集まって更なる非行行為に走るというものだ。おそらく貴方たちの中で俺のレッテルは、一生剥がれないのだと思う。もうそれでいい。周りが何と言おうとどう見られようと、俺は俺の意思で、もう二度と人を傷つけない道を選び続けるから、それでいい。素質や頭の中がどうであろうと、俺はもうやらないし、今目の前にいる人たちや、当時被害者だった彼女をかけがえのない友人として大事にするから、それでいい。




 何度も言うけどDV加害者加害者であると気づかないこと、密室内で行為が行われて第三者が介入できないことが深刻な社会問題だ。そして、被害者からはそこから逃れられない。手が出なくても、機嫌が悪くなったり、舌打ちや態度で威圧して、相手コントロールするだけでもそれは精神的なDVモラハラ)なんだよ。一度もそんなことをしたことがない人間っているのかな。いるのかもしれない。多分そういう人は聖人なのだと思う。そういう人が社会の大部分なんだと思う。手は出ないけど、そういう理不尽な親父とかたまにいるじゃん?それで、家族が顔色を伺って、気を使うというやつ。あれもDVで、その家族DV被害者なんだよ。そしてその家族たちも、それがDVであることに気付いていなかったりする。それ、DVから気付いてくれよ。加害者が変わんないとダメなんだよ。

 ガキのころと違って、社会に出たら自分の思い通りにいくことなんて少ないし、人の心なんてコントロールできるものではない。世界自分の思い通りになんかいかない。自分を守るために、人を傷つけるようなことはしてはいけない。15のガキだった俺に説教しても分からいかもしれない。俺はただ、とにかくこういった行為が無くなることを望む。

2016-06-20

はてブの住人層のわかりやす比較

軽く炎上した千葉日報オンラインの免責事項のページ


144ブクマ

はてなブックマーク - 免責事項 | 千葉日報オンライン


167ブクマ

はてなブックマーク - 免責事項 | 千葉日報オンライン





同じ記事だが、下のページははてブアプリで見ると強制的に飛ばされるページである

ここからわかることは2つ。

下のページの方が後にブクマされているが、ブクマ数で上のページを抜いている。

まりアプリはてブをしている層はそのような単純で感情的な層が多いと考えられる。

これは、はてブアプリホットエントリに不満を言う層が攻撃であることと辻褄が合う。

おそらくホットエントリに入ってきた互助会ブログに対して、罵倒するためだけにブコメを書く人たちもはてブアプリを使っている人が多いのだろう。

AKB48と社民党・・・22年前に意外な接点 AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」


AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」

指原さんは「私なんかが1位になれるなんて」と言っていた。

実は、22年前にも同じようなことを言った人がいる。

 その人こそ同じ大分村山元総理だ。

まさか自分総理大臣になるとは思わなかった。」

当時社会党は70議席まさか自民党(220議席ほど)と連立。

1993年、当時、社会党は45年ぶりに政権についた。

熊本県知事だった細川さんが日本新党当選。その細川さんを首相とする細川連立内閣社会党新生党(当時)、公明党日本新党など7党ぐらいの政権

細川さんというのはあの都知事選小泉さん応援で出た人だ。

その後,羽田さんが総理になったが、このとき社会党以外の政党の3党が社会党内緒勝手会派を作ったことに社会党が反発。政権を出て、自民党、さきがけと連立を組んだ。これがいわゆる自社さ政権。長年対立していた自民党社会党が組んだので野合という言葉も出た。

その野合に当時、新人議員安倍晋三も参加。なのに今になって民進党共産党野党共闘に「野合だ」とケチをつけていい気になっている。

安倍自民党から政権につけるから入れただけ。安倍だけではない。安倍所属してた派閥森喜朗(今の五輪会長)はせっかく村山さんに建設大臣にしてもらったのに「この内閣は暫定内閣だ」、つまり村山内閣なんてすぐつぶれちゃうよ、と暴言。こいつは昔から暴言王。

こういう人が後に安倍総理や森五輪会長となる。

指原さんは安倍政治家に向いてるなどといわれていい気になってるようだが、いっそのこと安倍自民党批判を始めてはいかがか。

あと、秋元康さん安倍総理組閣ごっこなんてやってないで、真面目に政治のこと考えてみてはいかがですか。

マウンティング必要性


現代人は、皆一緒という思考が強くなっていて、

分をわきまえる、という賢さがなくなってしまった。


偉い経営者や、知恵のある先生組織を束ねるリーダーにも、上からモノを言い、暴言を吐きまくり、好き勝手に暴れる。なのでマウンティングをされる。実力が違うでしょう、という風に。

2016-06-19

終わり方

好きな人と別れる時はいつも綺麗に終われない。

縋り付いて、拒絶されて、暴言吐いて。

電話したって、もう話すことなんて何もないって

分かってるのに電話して。

今話したところで何も変わらない事も

経験で分かってるのに。

こんな女別れて正解と、彼の意思

確固たるものにして終了。

綺麗に終わることができる人って、

世の中にどれくらいいるんだろう。

そもそも綺麗に終わるってどういうこと?

2016-06-18

好きな人に、好きな人ができた

好きな人好きな人ができたらしい。

ずっと、都合のいい関係でいたら、

つの間にか置いていかれた。

すがったら、そんなに深い関係じゃなかったのに、

何を今更とあしらわれた。

暴言ラインに、鬼電してしまって

完全に終わった。

少しでも優しくされたら

甘えてしまって連絡してしまうので

いつも完全に嫌われてから終了させる。

たぶん、ブロックされるだろう。

自分馬鹿だよ

2016-06-17

認定厨気持ちが一分もわからんチラ裏

自分関係のない他者認定暴言を投げつけて一体そいつはなんの得をするのか。

まして認定拒否されるとしつこく攻撃する特徴が大体の認定厨の行動だったりする。

そこで若かりし頃にレッテルを貼りたがっていた自分をよく思い出してみると、自分の弱さゆえに許容できないものをバッサリ分別するために決めつけてたような気がするんだよね。

それは自分意志があるから切り捨ててるんじゃなくて、自信の無さの裏返しとして切り捨てててる感じ。

そうすると整理されたような気がして当人はすっきりすると思ってんだけそ、どこかでいつもわだかまっている。

整理されないのよ、そういうのは。自分自身もやもやして区分けできないから切り離したいと考えているだけで。

もちろん粘着してきたりする奴に真摯対応を見せる必要性もないけど。

嫌いなものに対して存在してる事自体勝手にすればいい、という感覚がないんじゃないかと。

存在を許さない感じになっちゃう。まあ、実際気持ち悪い奴に当たると瞬間的に死ねって思うけどね。

後でどう感じるかが大事



からなんだけど煽り屋の気持ちも一分もわからんね。

ファーストコンタクトで人をバカにするという品性のなさが理解できないし、まずはその人物を知ることが多分大事なんじゃないだろうか。

一発目の印象が最悪なやつだっている。物腰が丁寧なフリして笑顔が嘘っぱちで胡散臭かったり(このタイプ理解できない)、威圧的空気を出してるのに言ってることはオブラートに包まれていて相手を圧殺するタイプもいる。

そういうのは理屈じゃなくて感覚的に拒否していいだろう。

だけど少なくとも文面のやり取りにおいて開口一発で煽る、おちょくるという心理がわからない。

一種病気かよほど卑屈なのかのどちらかだろう。



で、この文面も多分絡まれる予感アリアリ。一昼夜やり通せる人だけ絡んでね。


責任者に、口汚く暴言を何万人で浴びせ続けるが、

嘗めるように、責任者に、欠点がないか言葉がりをする国民

2016-06-16

暴言でもたまに吐き出さないと心が澱む

穢れとは恐ろしきかな、罵詈雑言にまみれたところを見ているとネガティブうつる

こうして私はクサイモノに近づかないようになった

今まで吐き出した自分暴言に目を瞑って

2016-06-15

貰って、貰った事を忘れて妬んで、暴言を吐いて切れて、また貰って、また忘れて、また妬んで切れて、落とし入れ、また貰う、そしてまた妬む。というループを繰り返す人々。どこかでストップをかけないと、どんどん地獄へ落ちるぞ。与えてくれる人を妬む行為は、自分の心身を壊していく。感謝と敬うことを知ること。



自分と比べないこと。皆、同じではない。はっきり言って次元が違いすぎる。格が違いすぎる。

格が違いすぎるもの自分を比べない。そういう人も世の中にいること。自分とは、格が違う、という発想ができる様になること。それが賢さであるということ。

2016-06-12

ヘイトスピーチ動画見たけど

最近動画でもないと思うがヘイトスピーチって暴言はいてる人たちを警察が護衛してるという異様な光景になってるんだな。確かにこの状況は明らかにおかしい。

2016-06-11

過去に、切れられたり、暴言はいたりした人と出会うのは、トラウマになってて億劫

人材が無さすぎる…。


メディアに流されやすく、自分がなく、保守派で、プライド肥大していて上下意識が強く、自分が下だと思えば精神崩壊やすいあげく、仕事スキルがない。

妬みが強く、貰っても、足を引っ張り、暴言を吐き、切れて、手がつけられない。


人材が無さすぎる…

2016-06-10

実体験!障害児を黙らせる方法

http://anond.hatelabo.jp/20160609151641



俺が小学5,6年のときクラスにこんな感じのモンキーがいた。

そんなモンキーを黙らせられる人が2人いたんだよ、クラスKさんと4組の女教師

今だったら体罰と騒がれるが4組の先生はこのモンキー他人暴言暴行を加える度、殴っていた(今思うと多分手加減していた)。

めちゃくちゃ怒鳴って殴るのでモンキーも4組の先生が見ている集会では騒がなかったね。

親も相手女教師からなのか寧ろ感謝しているようで、授業参観で会った時、廊下で怒鳴られているのを見ても目をそらしているだけだったのを覚えている。



クラスKさんもこんな感じだった。

Kさん身長が高く少し怖かったのを覚えている。

最初4月モンキーが筆箱を持って襲いかかった時、椅子を持ち上げてモンキーを殴った。

「触んなやガイジ!死ね!」と良いながら反撃したKさんはかっこ良かった。

モンキーKさんKさんの友人には近づく事は無くなったよ。



小学校卒業した後、同じ中学校には進学出来なかったのかそのモンキーは居なくなったが、結局モンキーを黙らせるのは暴力しか無いのかもな。

モンキー大人になった時に、同じように暴力に…と思ったが元々暴力行為に出ていたので関係いか