「むずがゆい」を含む日記 RSS

はてなキーワード: むずがゆいとは

2020-11-27

anond:20201127200007

満を持して、村上春樹を読んでみました。

めちゃ売れてるって評判だし、本屋でも下品なぐらい平積みされてるし、アイフォーンの新作かってぐらいの長蛇の列がテレビで流れていたので、あんまりウザイから読んでみたのです。

 読んでみてすぐに王様のブランチ本仮屋ユイカとかが「うーん・・・なんか難しいとこもあったんですけど・・・最後にすごい村上さんから明るい励ましのメッセージをもらったようで元気になりました!」ってぶりっ子然な感じでなんの生産性もないコメントをしているのがなんとなく目に浮かび・・・

その脇で谷原章介が「うんうんそこが村上作品の魅力だよねー」とスカした感じで頷いてる光景脳裏によぎりました・・・

王様のブランチで褒められている小説はたいがいろくでもないという相場は決まっております

から変な期待を持たずに読み終えることができました。

あらかじめ言っておくと、ボクは村上作品のいい読者ではありません。

ノルウェイの森も途中やめにしてるし、アウターダークも途中退場、まともに読んでるのは象の消滅っていう短編集と風の歌を聞けぐらいで、1973年のピンボールなんか朝おきたらベッドの中にかわいい双子のおんな子がいたー!って時点で床に叩きつけています

言わずもがなカートヴォネガットとかレイモンドカーヴゃーもフィッツジェラルドも読んでいないし、ちょっと周りがもてはやしているから読んでみよう。

でもいまいち良さがワカランなぁぐらいのレベルなのです・・・

しかし「風の歌を聴け」をはじめて読んだときは衝撃をうけました。

その主人公のあまりオシャンティーぶりに全身から血の気が引きそうになったのを覚えております

だって・・・あれだぜ・・・

ジャズバーにいたら自然と女が寄ってきて、そんで全然そんな気ないのに、ちょっと会話してたらもう部屋に連れ込めてるんだぜ? そんでワインコルク果物ナイフの先っぽでこじあけようとしてんだぜ? 果物ナイフでだぜ!? 「ビーフシチューは好き?」とか女に聞きながらだぜ・・・

コルク抜きとかつかわないんだぜ・・・

なんか石田純一が女の前でりんご果物ナイフで切ってそのままナイフにのせて食べるって言ってたのと同じレベルの、スカシっぷり・・・じゃね?ジャズレコードがかかってるムーディな部屋でだぜ・・・

しかもそのムードのまま、しっぽり、やれちゃうんだぜ。

しかもやってる最中に、「あなたポコチンはレーゾンディートルね」とか言われちゃうんだぜ? なにそれ? レーゾンディートルってなにw? クソ意味不明なんですけどw ググる気にもなんないんだけど・・・。仮性包茎のこと?ここでノックアウトされるものハルキニストになり、ここで「ちっ」と舌打ちするものアンチ村上に転ずる、と言われております

ボクは、舌打ちするほうだったのでアンチとは言わないまでも、そんなオシャンティー村上作品に対し、どことな嫌悪感を抱いておりました。

齋藤孝氏が「これは僕のなめた孤独とは違う」と言っておったのが、大多数のアンチ村上意見なのではないのでしょうか。

 さて、じゃあ本作は主人公、多崎つくるくんはどうかというと、これもまた案の定孤独です。

まず冒頭二ページでこんなんです。

―――用事のない限り誰とも口をきかず、一人暮らしの部屋に戻ると床に座り、壁にもたれて死について、あるいは生の欠落について思いを巡らせた。

彼の前には暗い淵が大きな口を開け、地球の芯にまでまっすぐ通じていた。

そこに見えるのは堅い雲となって渦巻く虚無であり、聞こえるのは鼓膜を圧迫する深い沈黙だった―――ぼっちです。

これは共感がもてます

大学生なので深刻です。

これは辛い自体です。

しかし、いちいち言い方がおおげさなのが玉にキズです。

暗い淵が地球の芯にまでって・・・いくらなんでも深すぎです・・・

しかも「渦巻く虚無」とか「深い沈黙」とか「生の欠落」とかいちいち出てくる単語思春期こじらせた中学生が書いたブログに出てくる言いまわしみたいでイカ臭いです。

「深い沈黙」が聞こえる・・・ってのも意味がわかりません。

 しかしそんな瑣末なことにいちいち目くじらを立ててもしょうがないでしょう。

大事なのはなぜ彼がぼっちになったか?ということです。

そこも読み始めてすぐに説明されます

高校時代に仲の良かった五人組と、突然「おまえとは縁を切る」と言われたらしいのです。

それ以来、人間不信に陥り、他人とうまく関係を築けなくなったということがわかってきます

と、ここまで読んでいくと、「泣けてくるほどのぼっち小説ではないか!」と思ってしまますね。

しかし、すぐにその予想は鼻先でピシャっとやられます・・・

読む進めていくうちに、「あ、これはおいらとは違う」といつもの村上カラーが炸裂してきます

20ページぐらいで主人公恵比寿バーで女と喋っています

もうどこかで見た光景です。

しかもそのバーに入った理由が「とりあえずチーズナッツもつまもうと思ったから」です。

こんな軽い理由恵比寿バーに入れる人間をボクは同じ血が通っているとは思えません。

しかも、会話もこんな感じです。

 つくる「それが存在し、存続すること自体ひとつ目的だった・・・」「たぶん・・・」女 「宇宙と同じように?」  つくる「宇宙のことはよく知らない」「でもそのときの僕らには、それがすごく大事なことに思えたんだ。

僕らのあいだに生じた特別ケミストリー大事に譲っていくこと。

風の中でマッチの火を消さないみたいに」女 「ケミストリー?」つくる「そこにたまたままれた場の力。

二度と再現することのないもの」女「ビッグバンみたいに?」つくる「ビックバンのこともよく知らない」「け、け、け、け、け、ケミストリー・・・・!」「い、いま、なんつったこいつ・・・!?」「け、け、ケミストリー!?!?」「ま、まじか・・・そんな尻こそばゆい単語・・・始めて聞いたんだけど・・・なにそれ・・・すっごいむずがゆいんだけど」「背中ぞわぁってするんだけど・・・すごい・・・変な汗出てきたよなんか・・・」「しかも、なんかケミストリーって言ったあとで、風の中でマッチの火をどうたらこうたらって、すごい恥ずかしい比喩表現上乗せしちゃってるよ・・・

恥の上塗りだろこれ・・・なんだよケミストリーってこええよ」「こんなやつバーで隣にいたらタコ殴りにしてるよ・・・」「しかもなんかあれだよ・・・女の子がせっかく『それは宇宙なのかなぁ?』とか『ビックバンみたいな感じ?』って必死合いの手差し伸べてくれてんのに全部『それは知らない』の一点張りだよ・・・

会話合わせる気ねぇよこいつ・・・どんだけ宇宙ネタ嫌いなんだよ・・・・。

こんなやつ絶対モテねぇよ・・・

 その後も頻繁に「ケミストリー」とつぶやくつくるくん。

ケミストリー押しがすごいです。

ところがモテしまます

なぜか、このつくるくん。

二十歳で童貞だったわりには、女の子とはしっぽりしけこめてしまうのです。

しかもその調子が、いつもの村上節です。

心に大きな空洞をかかえたまま、他人に心を開いてないのにもかかわらず、ちゃっかり女は寄ってくる。

いつものやつです。

というか村上春樹小説キャラクターってこんなんばっかりじゃね? しか童貞喪失ときに―――初めての体験だったが、それにしては何もかもがスムーズに運んだ。

最初から最後まで戸惑うこともなく、気後れすることもなかった―――p132って、こんな都合のよろしい童貞っていらっしゃるかしら? 「村上さんの登場人物避妊しないんですか?」というファン質問に対して「うーん・・・いちいちゴムつけるとこ書くのめんどくさいでしょ」みたいな発言をしていたのを思い出しましたが、いくらめんどくさいからといって童貞をこんな女のあつかいに長けたサオ師みたいに描くのはやめていただきたい。

まりにもリアリティシカトしすぎです。

童貞を舐めないでいただきたい。

「ヤ●チンヤ●チン」とずいぶん批判されてきたのに業を煮やしてか、やっとこちら側に擦り寄ってきたかと思いましたが・・・たこれです・・・やってることはやっぱりヤ●チンです。

 いろんなところに目をつぶってみても開始何ページ目かでボクはあまりオシャンティーぶりに卒倒しそうになりかけました・・・・。

嫉妬とはーーー世界で最も絶望的な牢獄だったーーーとか、人の心は夜の鳥なのだーーとか、彼は荒ぶれた闇の中で消え入るように息を引き取り、森の小さく開けた場所に埋められた。

人々がまだ深い眠りについている夜明け前の時刻に、こっそり密やかに

墓標もなくーーとかいちいち目を覆いたくなるような、ゴミ箱からほのかに漂ってくるようなスペル臭い言い回しとも必死で戦いました。

 ところが、多崎つくるくんひとりならまだしも、つくるくんの友人がこれまたひどい・・・とくにアカはひどい。

女に「友達に嫌われた理由を探してみたら」と言われたので、十年ぶりにつくるくんは昔の友達のところへ尋ねるのですが、このアカってやつが、なんというか、もういろいろこじらせちゃってます

ビジネスセミナーコミッショナーなんですけどね。

もうなんかビジネスセミナーコミッショナーからなのかあれなのか、身のこなし、言葉の節々から自己陶酔感がただよってるんですよ。

もちろん応対するのは昔の友人(つくる)ですが、それにしても自分大好きオーラでまくってます

だってこれですぜ。

 アカ語録。

 アカは笑った。

「嘘偽りはない。あのままだ。しかしもちろんいちばん大事な部分は書かれていない。それはここの中にしかない」、アカ自分のこめかみを指先でとんとんと叩いた。

「シャフと同じだ。肝心なところはレシピには書かない」  「あるいはそういうこともあるかもしれない」とアカは言った。

それから愉快そうに笑って、指をぱちんと鳴らした。

「するどいサーブだ。多崎つくるく●にアドヴァンテージ」  アカは言った。

「俺は思うんだが、事実というのは砂に埋もれた都市のようなもの・・・」    福山雅治なら許されます

ガリレオときの雅治なら許されます

しかし、それ意外は、断じて許されません。

無論。

こういうことを言って、「おめーいてーよなんだよそれ。鋭いサーブだってなんだよw」「なにが多崎つくるく●にアドヴァンテージだよw」なんていう人間はひとりもおりません。

自然なのです。

「封を切ってしまった賞品の交換はできない」とか「まるで航海している船の甲板から、突然ひとりで夜の海に放り出されたみたいな気分だ」とか村上小説登場人物は総じて、もういちいちなにかしゃべるときは、気の利いたこと、おしゃれな比喩を言わないとすまない性格だと肝に銘じたほうがよさそうです。

 しかしここまでこの書評を読んできて、話の内容がいまいち見えないという人も多いでしょう。

ものすごくざっくばらんにネタバレしますと、多崎つくるくんが友達と再会を通して知った自分が絶好された理由とは「シロというおなじ五人グループ女の子をレ●プしたから」というとんでもないものでした。

まりすごく雑に流れをまとめるとこうなります

 オス!おいら多崎つくる!なんかよくわがんねーけど、すげえいきなり友達から絶好されちまった!――――→なんかそれがきっかけで自信もなくしたし、人間不信なっちまった!――→でも職場で知り合った女(沙羅)がすごいいい女で、結婚してーって思った!――→でもなんか女から友達に再会してみたら」って言われたんで会ってみることにした!ーー→友達に何年かぶりに会って理由聞いたら、おれが勝手友達(シロ)をレ●プしたことになってた!――→なんかもっとよく聞いてみたら、シロ死んでて(好きだったのにショック)、しかちょっとメンヘラだった!!!――→外国に住んでる友達に聞いたら、なんかメンヘラだったシロを救うためにやむなくついた嘘だってことがわかってきた!――→怒ろうかと思ったけど、すごい謝られたし、なんかすごい「ずっと好きだった」とか「自信を持ってー!」って言われたから「うん、おで頑張る!」ってなった!――――でも沙羅浮気してた・・・

沙羅に振られたらたぶんおいら死んじゃう・・・電話してみたけど・・・反応よわい・・・おいらを選んでくれんのかなー・・・うーん、やきもき・・・

―――→完!!!  うーん・・・この物語になにを感じればいいのでしょうか・・・

読んでしばらく考えてみましたが、なにひとつ感想が浮かんできませんな・・・

作品にちりばめられたメッセージ「あの頃の思いがどこかに消えるわけじゃない」とか「自信を持ってー」「あなたあなたのままでいいのよー」とかも、なんというか鼻息で一掃したくなるようなしろものだし。

なにが面白いんだろうと思ってアマゾンで星5のレビューとか読んでみたら、けっこう「自信をもらいました!」っていう感想が多くありまして、意外に多崎つくるという主人公感情移入している人が多いことに気づくのです。

個性のない、なんのとりえもない、そんで自信がもてない、自己評価が異様に低い、こういう人は世のなかにたくさんいますし、この小説を読んで主人公同化して「よっしゃ、なんか自信出てきたわ」ってなる人は、それはもちろん悪いとは言いませんが、そういう人はもともとかなり健康なお方なのではないのかと思いました。

生きづらさを感じている若者へのエールって書いてる人もいたけど・・・いやーすれてないですなみなさん・・・

まさに生きづらさを感じている者の代表として言わせてもらいますとボクは読んでるあいだ、終始、「多崎つくると俺は違うからなー」と思っておりました。

だってあれだぜ。

ラスト恋人から電話を待ってる時にオリーブグリーンバスローズきてカティーサークのグラス傾けながらウィスキー香りを味わってんだぜ? オリーブグリーンってクソ緑だぜ? 趣味悪くね? そんで「孤独・・・・」とかつぶやいてんだぜ? 石田純一なの? 孤独ってこんなオシャレだっけ? こんなやつに感情移入なんかできませんわな・・・

しかもこの小説の着地点も、シロというミューズを失った主人公が沙羅という新しいミューズ出会うという、「けっきょく恋愛だよねー」としか言い様がないイラッとくる結論だし。

なぜイラッとくるかといえば、「それができない人はどうするの?」と読んでいて頭に疑問符が湧いたからであります

これを救済とか、救いととるなら、こんな残酷な救いはありませんな。

沙羅という見ただけでズキューンとなる女に物にしないと自信を取り戻せないなんて・・・

そんな女に出会えないのが大多数の人生なのに・・・

なんでこれをよしとしているんだろうって思ってアマゾンレビュー読んでたら、ひとりぼっちな男が救済されて元気出すにはやはり沙羅のようないたれりつくせりな女性に手伝ってもらわないと、、というかこんな女性に救済されたいなぁ、、とくたびれ果てた男どもが勝手妄想するのが沙羅なんです。

って書いてあって、あぁなるほどと納得いたしました。

これはつまり孤独サラリーマン妄想小説なのですな・・・

いやー・・・そんなイカ臭妄想には付き合っていられません・・・

http://www.amazon.co.jp/review/R9F23X7FKJEE2/ref=cm_cr_dp_title?ie=UTF8&ASIN=4163821104&channel=detail-glance&nodeID=465392&store=books

2020-09-28

「酸っぱい」「塩っぱい」の「っぱ」って何なんだろうな

「甘い」「辛い」「苦い」の流れなら「酸い」「塩い」だよな。

疑問に思って調べてみたらこちらの論文に詳しかった。

https://glim-re.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=2463&file_id=22&file_no=1

「塩っぱい」は「シハはゆし」の変化という説が有力のようだ。

「シハ」は舌もしくは唇のことで「はゆし(映ゆし)」はむずがゆいという意味

まり「舌がむずがゆくなる」という意味だが、

この「シハ」が「塩(シホ)」と混同されて「シオはゆい」という言葉になり、

さらに「しょっぱい」に転訛したという説だ。

では「酸っぱい」も「スはゆし」なのかと言えば、こちはいろいろあるらしい。

いまのところ「酢」を形容詞化したものという説が有力のようだが、上掲の論文執筆者はこれを否定している。

また「スハ(舌の方言)はゆし」の転訛という説もあり、これは「塩っぱい」とほぼ同一語源ということになる。

あるいは「酸い」が「しょっぱい」に影響されて「酸っぱい」になったという説などもあるらしい。

論文執筆者が新たに推しているのが、

現在でも関東東北方言として残っている「すっかい」の転訛という説で、

この「すっかい」の語源にも諸説あるのだが、

論文執筆者は「酸し」とは別の「すかし」という祖語があったことを想定しているようだ。

また、「しょっぱい→すっぱい」説とは逆に、「すっぱい」が「シオはゆい」に影響を及ぼして、

「しょっぱい」が生まれた、という説も提唱している。

つまるところ「諸説ありはっきりしない」ということらしい。

ちょっとした疑問だったがなかなかに奥が深いな。

2020-09-23

引き分け

後頭部がむずがゆいので触ったら、指に潰れた虫が付いてきた

血が付いてなかったので、蚊じゃなかったか、すまぬ、と思ったが、数分後にそこに虫さされができた

最後の晩餐成功である

2020-01-27

半月口紅

変な奴だったんだ、最初から

ゼミが一緒になってから初めて喋ったけど、3年生になるまで何度もこいつの話は聞いたことがあった

奇人だと

気を付けろと

講義室に深夜現れては歌っているだとか、こいつが使ったパソコンは何故か次使うときに電源がつかないだとか、挙げ句の果てにはユーレイ彼女がいるとか、なんかよくわからん噂に纏われている奴だった

それだけに、穏健派の俺にはこいつはすごく危険だった

「キミ、そんだけ背ぇあったら海まで見えそうやな」

192センチの俺を見上げながら最初に言われた

ゼミの顔合わせの日だった

初対面の俺に名乗るでもなくいきなり

別に腹が立ったりはしないけど

「……海まではさすがに見えへんよ、見えるとしたら灯台やな」

灯台まで見えたら海まで見えるやろ! 灯台まで見えるんはもう視力やん! どんなボケやねん!」

ボケたつもりはなかったが

それで少し興味を持たれてしまったのだった

もしかしてホンマモンの天然さんなん? ちょっと珍しいくらいやな……ま、ええわ。今度ボクのこと肩車してや、たぶんそん時は中国まで見えるで!」

と、にやにやしながら部屋を出て行った

175センチはあるであろうこの男、どこまで本意かもわからなかったが、どうやら嘘でもなさそうだった

2度目の邂逅は図書室だった

突然肩を組まれて何かと思ったらこいつだった

「よ! 何してんの? 図書室にはエロ本置いてないで?」

「……声でかいなあ。社会学レポートやってんねん」

「ボクも今終わらせてん、奇遇やね! あ、見せてはあげへんよ! 出来が良すぎて見せたのすぐバレるからな!」

本当にめちゃくちゃ口数の多い奴だ

いらんわあ、といなした

パソコン使わへんの? 手書き提出でもええんやっけ?」

「俺、いったんプロット作りたい派やねん。使う時はほんまに書き始める時」

天才肌みたいなこと言うやん!」

天才ハードルが低すぎる

「ボク用事あるからこれ出したら帰るわ。会えて嬉しかったあ、ほなね」

いきなり肩に乗った体重が離れていったので、思わずあいつの方を向いてしまった

にこにこしながら手を振る姿は、昨日見ドラマヒロインそっくりだった

最近少し人気の女優

なんとかグランプリのなんとかっていう、そんな女優に似ていた

こんなに唇の赤い他人がいるのだなあと思った

姉の化粧を見慣れているから、それが地肌の色なんだとすぐにわかった

プロットが終わり図書室のパソコンを使おうとすると、電源がつかなかった

あいつの噂を思い出した

あいつが使ったパソコンは、電源がつかない

冷静に、冷静になってみたら、ご丁寧に電源コードが抜かれているだけだった

案外噂なんてそんなもんだと思った

3度目は、あいからLINEが始まりだった

ゼミグループから突然友達追加され、突然メッセージが来た

華金飲酒プレモルのロング缶2缶持って四角公園集合』

喋り口調と真逆の単調な文調

時間は午前0時

「四角公園て……遠……」

断る理由もなかった

なんだか行かなければいけないような気がした

ファミリーマートで奴のお望みのものと、いかそうめんを買って、少し涼しくなった道を歩いた

人の気配のしない寂れた公園のベンチに、あいつは座っていた

アコースティックギターを持っていた

脇にはレモンサワーの缶を置いていた

「案外早かったな。及第点や!」

ありがとう、と、300円渡された

べつにいらなかったけれど、もらうもんやで、と言われたので、200円を頂戴した

今日半月やんか、半月見てたらキミ思い出したんよね」

と、ギターの弦を弾いて言われた

どこが俺なんやときくと、目が半月なのだと言われた

下瞼が直線なのだと言う

自分の顔などまじまじと観察したことはなかったので、なるほど、と思った

同時に、そんな自分でも見ないような自分の顔を見た他人いたことが、むずがゆいような、こそばゆいような気持ちだった

俺の顔までじっくり見るような他人に遭遇したことがない

大抵の人は俺の顔を見るために、少し首を痛くしなければならないからだった

「ボク協調性いねん、やからたまに家の近くの……ここの公園来て、一人でバンドしてるんよ」

と、リュックからタンバリンを取り出して笑った

パーカッションタンバリンで済ませるつもりらしかった

「でもボク忘れてたんよね、ギター弾いてたら両手塞がるからパーカッションできひんやん! ってこと。楽器を足蹴にはできひんし、しゃーないからかかとでリズムとってる」

なんやそれ……根暗やな」

「根アカやろ、逆に」

逆にってなんやねん、とツッコミを入れようとしたが、それはギター音色にかき消された

デタラメに聴こえたが、ビールがほどよく回ってきた俺にはとても心地よかった

歌はド下手だったから、すぐにやめさせたけれど

「それでは聴いてください、あいみょんで、『半月の夜なら』」

替え歌するなら歌手名前までいじれや。著作権どうなっとんねん」

「こんなええ空気なら許してくれるって!」

いかそうめんがなくなるちょうどそのとき、いきなり奴は立ち上がった

「さて、肩車してボクを送れ!」

「肩車?」

北京夜景見せてくれや」

図書室での会話を覚えていたのだ

夜景が綺麗なのは果たして北京だっただろうか

そんなことより、そのギターケースと、タンバリン(それ以外にもごちゃごちゃ入ってるようだが)が入ったトートバッグはどうするんだ

「それはボクがもっとく! キミの荷物も持ったるから、肩車してや!」

「それ結局全部俺が持ってることにならんか?」

理不尽取引に思えてならなかったが、悪い気はしなかった

まあ約束約束やし、とかがんだ

が、あいつは乗ってこなかった

半月あいつが俺を見下ろしていた

ビールでほっぺた赤くなるなんて可愛いとこあるやん。やっと見下ろせたわキミのこと」

「……見下した、の間違いとちがうか」

「合うてるわ! 見下ろしてんの!」

俺のほっぺたよりお前の唇の方が赤いわ

つっこむ気分ではなかった

肩に乗った重みはそれはもう人1人分を容易に越えていた

「行き先は?」

「出てまず右! ボクんちでええやろ、泊まってき。あ、明日なんもない? デートとかやったらなんもないと見なすで」

デートやったら嬉しいねんけどな……土曜夜の居酒屋は忙しいねん」

「ならボクんちやな」

192センチが170センチ越えを肩車する様子を見る者はなぜかいなかった

金曜夜は、みんな住宅街はいないらしい

時間も遅いし、なおのこと

だとすればギターは近所迷惑すぎたのではないだろうか

「……夜景大阪で十分やなあ」

見えもしない北京夜景とやらと、閑静な住宅街を比べているらしかった

2020-01-23

あんまし、あんまり、そんなに、あまり、それほど、そこまで、

ほぼほぼ、だいたい、ニュアンスは一緒だけどちょっと違う。

そこそこ、まあまあ、それなり、までの違いはない。

ほとんど と だいたい は9割か7割かで説明できそうで、

間違いなく>確実に>きっと>たぶん>おそらくはこの順番だと思う。

同じような言葉同士の違いって考え出すとむずがゆい

2018-02-17

(記録)

メッセージありがとうございます

私のツイート不快な思いをさせてしまい、申し訳ありません。

しかしながら現在のところ該当ツイート撤回することは考えておりません。

理由は以下になります。長くなりすみません

ご存知ないと思いますが、私のアカウント現在Aについて多く語っておりますがそれ以前はBについてよく語っております

もう三年近くBをプレイし、愛してきました。

課金し、毎日プレイし、ほとんどのイベントを完走し、リアルイベントに通いカフェにも通い、グッズを揃え、ニコ生を視聴してきました。

現在コミュニティマスターを務め、運営様に感謝メッセージを時折送ってまいりました。

乙女ゲームをなかなか好きになれなかった私が、本当に心から初めて好きになった乙女ゲームがBです。

Bが本当に好きで、このゲーム出会たことに感謝しています

ここまでBを愛してきたのは、このゲームの懐の深さと、シナリオライター様をはじめとしたゲーム運営スタッフの方々の細やかな心遣いがあったからです。

私が語るまでもなくよくご存知と思いますが、このゲームはたくさんの個性的王子様が現れます。彼らは姫(私)を一辺倒に恋人として愛するわけではありません。

彼らがおかれた様々な境遇性格から、それぞれにまったく違った出会い方をして、次第に関係を深め、心を通わせます

必ずしも恋愛関係に落ち、結婚というゴールを迎えるわけではありません。

様々な種類と深さの心の交流がそこにはあります

この懐の深さを私は愛してきました。

恋人になるだけではない、むずがゆい恋人の前段階も、友人にも、よき相談相手にも、姉にも母にもなれる。王子様の数だけ、関係性がある。

中には好みではない交流もあります。その代わりに、涙するほど好きな関係性もあります

王子様の数だけ関係性を選べる。

私がBを好きな理由です。

これまでいくつかの別作品とのコラボレーションがありました。

原作を知るコラボも知らないコラボもありましたが、どのコラボイベントも楽しませてもらいました。

Bの懐の深さがあってのことだと、私は思っています

原作通りの関係性を保ったまま、Bの姫(私)とひとときの心の交流可能にしたのだと思います

コラボイベントなど、本当にシナリオライター様の苦労を思って感動すらしました。

今回のAとBのコラボレーション情報が発表されたとき、正直なところ不安でした。好きなものと好きなものが組み合わさったとして必ずしも良いものが出来上がるとはかぎりません。好きなものからこそ、期待を裏切られたときの悲しみがあります

しかし、今回のストーリーに私は大変満足しました。

大変に難しい、針の穴に糸を通すような作業だったと推測しています

ですが、A原作尊重し、同時にシナリオ自体として面白く、そしてBの王子様たちと姫との関係性も大事にした、よいシナリオでしたと思います

これについてはプレイヤーの数だけ、感想があると思います

この点をご不快に思ったのだと思います

私は「モブである姫を許容するBが大好きです。このゲームを愛してきてよかったと心から思いました。

そして、感謝言葉にしたかった。

当該ツイートは私の心の叫びです。Aが好きだ、Bが好きだ、ありがとうという生の叫びです。

ところで、宣伝をしながらネタバレをしないのはとても難しいものです。

面白さを伝えようとすれば、どうしてもネタバレに踏み込まずにいられません。

からプレイをする方の関心を引きながら、同時にこれからプレイの楽しみを奪わないというのはとても難しい。

当該ツイートは、その狭い隙間を目指したものです。ご批判は当然ありうると思いますが、私の精一杯の情報発信言葉でした。

私のアカウントをご覧になる方はほとんどがAのファン、BL関係にある主人公が好きという方です。Bをご存知でない方が多くいらっしゃいます

この方たちにどう私の愛情や思いを伝えるかは苦心しました。

手探りで模索してきたのですが、幾人かに、私が楽しくBをプレイしているところを見てゲームを始めたと言っていただきました。

しばらくゲームから離れていたけれど戻ってきたとおっしゃった方もいました。

とても嬉しかったです。

ツイッターでの交流はあまり得意ではないのですが、AとBを愛する気持ちを発信してきて本当によかったと思いました。

このゲームを私とは違う楽しみ方をしているBファンの方がいらっしゃることは想像できます

そういった方が、私のツイートを目にして不快になる可能性も全くないわけではないことは承知したうえで当該ツイートをいたしました。

それでも、できるだけ検索にはひっかからないよう言葉を選んだつもりです。

「姫」「モブ」といった言葉検索にひっかかることは予測できましたが、情報を求めるBファン検索することは考えにくいありふれた言葉であり、目にしたくないBファンの方には届かないように言葉を選びました。

わざわざ悪感情確認するために検索しなければ、おそらく該当ツイートには行き当たらないだろうと考え、投稿いたしました。

現在インターネット状況では後日、自分意図しない「まとめ」を作成される可能性もあります。その場合には、削除要請をする必要もあるとは考えております

現在まだそういった『まとめ』は確認しておりませんが、今後しばらくは注視していくつもりです。

以上により、私にはご指摘のツイート撤回する意思現在のところありません。

不快に思った方がいらっしゃったことは真摯に受け止めております

今後、私も考え方が変わって削除する気持ちになる可能性もありますが、現状はこの通りです。

王子様の数だけ物語がある。私が好きになれる物語がきっとその中にはある。

そういうBの懐の深さを愛したがゆえの心から叫びが当該ツイートです。

どうぞご不快に思ったツイート、または私のアカウントミュート・ブロックなさってください。

長々と語り、申し訳ありません。

好きなものは熱く語りたい性分です。お許しください。

(終わり)

2018-02-11

自分が書いた増田がバズッたらブクマしてるの?

なんかむずがゆい感じがするんだよねー。

すごいバズッたらするんだけどほどよくバズったのはどうしようかなーって

2017-12-28

anond:20171228221354

武器:にぎりがくさい剣

頭:ヌメヌメする兜

身体:汗臭い甲冑

腕:むずがゆい篭手

2017-07-23

将国のアルタイルアラバ語がむずがゆい

似非外国語をしゃべってるんだが圧倒的なカタカナ感ですげーむずがゆい

声優って音韻勉強とか音声の勉強しねーのか

いや似非外国語を用意する側がカタカナ以上の物を作れって話か

2017-07-20

https://anond.hatelabo.jp/20170720021303

上下全部生えてるけど抜いてない。

歯は年取ったら勝手に抜けてくるんだからむやみに減らさないほうがいいよ。

歯医者は儲かるほうを推奨してくるけど必ずしもエビデンスは無い。

生えてくる途中はむずがゆいし歯並びが変わるから顔全体筋肉痛になるし歯茎やぶるから口の中血まみれの数ヶ月だけど、生えきったら全然平気。むしろ歯並びが安定して肩コリが治った。

生えてきた時点で虫歯になっていて海苔のような真っ黒な歯だったけど、念を込めつつ磨いていたら数年後には再生してきた。

神経まで達していない虫歯なら自己再生可能

2017-04-27

私の旦那は異常なほどテレビアニメが好きで、平日は深夜、休日は朝からアニメばかり見ています

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1259807357

キラ星!というところにいろいろむずがゆいものと、釣りじゃなくてマジなんだろうなという感じを覚える

2016-10-30

保守派とは考えが合わずリベラルとは性格が合わない

保守派とは考えが合わずリベラルとは性格が合わない

体育会系とは趣味があわず文化系とは生活習慣があわない

不良共の自分勝手さには辟易するが、従順すぎる連中には幻滅する

目を血走らせた金の亡者軽蔑するが、目を輝かせた自然派はむずがゆい

右翼自分思想を優先するから嫌いだし、左翼現実を見ないから嫌いだ

リア充共の無神経さには殺意を覚えるが、オタク気持ち悪さには反吐がでる

何事にも裏の事情があると思っている陰謀論者は狂っているが、目に見える世界が全てだと思っている連中は単純で愚かだ

社会理想自分の願望の両者を受け入れ、

事実を見つめつつ、自分欲求認識し、

現実論理自分意思を元に決定を下し、

実行した結果を受け入れつつも、環境の影響や偶然を認め、

良い結果には自分の貢献を主張しながらも、すべてを自分の手柄にせず、

悪い結果には自分責任を認めるが、すべてを自分の責に負わせない

そんな人間になりたいが、この世にそんな人間の居場所はあるのだろうか

2016-08-15

恋人と同じあだ名で呼び合うカップルが出てくる漫画を読んだ

漫画を読んでいたら、別れた恋人と同じ名前・同じ呼び名の人物が出てきた。

中の人物 (未亡人) が惚気るという微笑ましい話だったんだけど、あだ名に触れたところで我に返ってしまった。別に珍しい名前でも珍しいあだ名でもないんだけど。

何度か読み返してみて、向こうも同じように自分ではない誰かに同じ呼び名で呼ばれてイチャイチャするときがあろうということを考えると想像するとむずがゆい気持ちになる。

またひとつ新しいNTRパターン発見できたことは大きな収穫といえよう。

2015-12-21

いろんなこと

そろそろ年末帰省する時期になってきた。

最近は年に2回帰られればいいほうだ。ただ親の顔を見るだけに帰っている。

めんどうというより、久しぶりに会うからむずがゆいという感情

地元の大きな駅の周りで買い物をするのが楽しみだった高校時代

あの頃買い物していた駅ビルはなくなっている。

こじゃれた商業施設が新しくできていたが、そんなの東京には山程ある。

あの駅に行くのが楽しみだった自分には戻れないんだと思うとちょっとさみしい。

2014-07-08

人に恋してるのかもしれない

まらなく好きで、恋しているのかもしれない。

恋って、むずがゆい

「もう二度と恋なんてしない」とか思っても何回も恋ってするもんだよね。

2013-12-18

風俗に行ってきた

童貞だけど風俗に行ってきた。

ピンサロだけど。

動機はとりあえず手軽な風俗を体験したかったのと割引期間中の店を偶然見つけたから。

下準備として出発前に風呂、歯みがき、爪を切るなどしておいた(やすりもかけた)。

当日は、緊張からか猛烈に喉が渇きコンビニで水を買ってから店へ。

入店時、エグザイルを悪くしたような店員からシステムの説明と指名の有無を聞かされる。

とりあえずランキングNO.2(TOP休みだった)を指名したら1時間待ちと言われたので

すぐ出れる嬢に変更。

それでも40分くらい待ったけど。

HPだと顔写真がないけど、店に来ると見れるのね。

会計を済ませると嬢の準備が出来るまで簡易的な待合室へ。席はほぼ満席ほとんどが30代、やけに若い奴が1人いた。

ここで緊張がMAXに。水をがぶがぶ飲んでた。

トランス系のBGMが流れる店内。設置されてるTVから暗いニュースが流れいて何ともいえない気分に。

こんな状態で40分くらい待ってから店員に案内され部屋へ。

部屋というかシートで区切られていて、PCのない漫画喫茶みたいな感じ。

数分してから嬢が登場。20代後半?くらいでどちらかといえばかわいい系。

あいさつもそこそこに天気の話とかこのお店は初めてかなどありがちな会話を交わす。

しかし中々サービスが始まらない。

割引期間中は急にお客が増えて大変だとか街の風俗事情繁華街ヘルスが多いらしい)だとか

ダラダラと続いていく会話。頭によぎる「地雷」の二文字。

それが伝わったのか、「なかなか来ないからこっちから行くよ」とサービス開始。そうか男のほうから迫るのか。

とりあえずキス。そもそもキスなんてしたことないので上手くいくはずもなく。

軽めのを繰り返してから舌を絡めようとするもブロックされて舌が通行止め喰らう(そういうテクがあるらしい)。

嬢の方から舌を絡めてきて欲しかったがそういうのは一切無し。頼めばやってくれたのだろうか。

そんなに気持ちよくもないし興奮もしなかった。

ただキスの味は甘かった。うがい薬にそういう味のがあるんですかね。

さわりしてもいいか確認してからおっぱいタイム

ブラの脱がし方は知っていたのに出来なかった。

サイズは大きくも小さくもなく手に納まるサイズだったが帰宅後に店のサイトプロフみたらEだった。

Eってあんなものか。たぶん盛ってる。

ここでもそんなに興奮しなかった。

この一連の体験は衝撃的だった。

だってキスしておっぱい触ればギンギンになると思うじゃん。

あと乳首を触ったときだけ反応が違ったんだけど、そこだけ重点的に触るの申し訳なくてあんまり弄れなかった。

一通りおさわりしたら、ズボンパンツを脱いでお口でのサービス開始。

人生フェラ感想は、くすぐったい、だった。

この辺りからは完全に受身でやることがなかった(ちょいちょいおっぱいもんだけどすぐ飽きた)。

ここで問題が。

勃起はするんだけどむずがゆいというか、射精に至るほどではない程度の快感が続き中々出そうにない。

嬢も頑張ってるんだけどいかんせんそんな気配が来ない。

風俗行ったら嬢のテクニックで瞬殺されるもんだと想像してたし

実際オナニーでも5分も持たないので軽くショックだった。

そんな中、ふと上を見上げるとここにもTVが設置されていたのだが

またしても暗いニュースをうっかり見てしまテンションガタ落ち。

あれは何だろう。全く必要性を感じないので店は今すぐ撤去するべき。

時間が残り少なくなる中、嬢が本気モードに入ったのか

ジョポジョポと音がでるくらいにペースを上げてきた。

ここで初めてあっ気持ちいいと思えた。

空気抜きしたオナホのような感覚

あれがバキュームだったのだろうか。

嬢の頑張りもあってなんとか射精

イクときマナーとして告げたほうがいい気がして「あ、イキます、でます」と言っておいたけど今考えると相当キモイな。

あと口内から精液を吐き出す時に凄い勢いでティッシュを使っていてちょっと怖かった。

おしぼりで息子をフキフキしてもらうと一旦お別れ。

ズボンを穿きなおして帰る準備をしつつ嬢が戻ってくるのを待つ。

戻ってきた嬢からメッセージの描かれた名刺を貰い、入り口まで恋人繋ぎしてお別れ。

名刺をくれたってことはNG客じゃないんだよな、と一安心

不安だった地雷時間切れもなかったのでとりあえず良かった。

終わってみて

AV風俗サイト勉強したつもりになっていたが、最期まで流れがつかめなかった。

こちらから嬢に迫り、お互いに盛り上げてから抜いてもらうのが正解なのだろうか。

今回、おっぱい舐めるのと下半身へのタッチをしそこなったので次の課題にしたい。(でもそれハードル高くね?)

人に抜いてもらうのも人前で射精するのも初体験だったわけだが、途中でいろいろありつつも無事に達成できたのは収穫。

出すものは出したけど劇的だったとか感動的な体験だったってわけではない。

自信が付いたみたいな精神的な変化もない。

まあこんなもんかって感じ。

2012-07-07

ごんきつねと母狐の真意が気になって夜も眠れん

誰もが知っている不朽の名作「ごんぎつね」「手袋を買いに」

最近国語教科書には掲載されていないとかい情報を耳にした。

真偽のほどは定かでないが、事実だとすれば理由はいくつか思い当たる。

改めて読み直すと何度読んでもごんぎつねは涙が出てきてしまうし、

手袋風景母子愛情の描写の美しさにうっとりしてしまう。

たびたび議論されていることだろうが、この二作品にはどうも腑に落ちない点がいくつかある。

すでに逝去している作者の真意を知るすべもなく、

後世の読者が独自に解釈をした上で内容を改訂できるようにしたらよいとも思うのだが、

勝手な改変を加えるのは文学作品に対する冒瀆であり、すべきでないとも思うので、

にっちもさっちも行かずむずがゆい思いをして困っている。

ごんぎつね

これはもともと新美が草稿として創作した「権狐」を文学者鈴木三重吉が全国的な童話の普及を目的として改訂して上梓したものであり、

元々の草稿とは変わっている点がいくつかある。

有名なラストシーン、「ごん、お前だったのか、いつも栗をくれたのか」と発する兵十に対して、

「ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなずきました」が、

新美の草稿では「ぐったりなったままうれしくなりました」だったそうだ。

この改訂は物語の本旨を根本から変えてしまうのではないか

どっちがいいんだろう、と自問しているがいまだに答えが出ない。

本来の草稿を尊重して「うれしくなりました」にした方がいいようにも思うが、

うれしかったのかどうか読者に想像させるに留めて客観的な状況だけ描写したほうがいいようにも思うし、

しかし「感謝されたかったという思いが叶って満足なのか、自分の評価が一番大切なのか」という印象も持たせる終わり方になってしまうし、

かと言って「うなずきました」だと一層「自分が評価されたいだけなのか」という感を読者に植え付けてしまうし、

撃たれてもなお「うれしくなりました」の方が、自己犠牲的で感動を与えるような気がする。

どちらにすべきなのだろう。

最大の疑問はこの悲劇的な結末で子供たちに一体何を新美が伝えたかったということだ。

わかりやす勧善懲悪物語よりも善意が報われない理不尽さを表現するこの童話のほうがよほど処世術の教本として理想である気もするが、

それにしても得られる人生訓が一向に見えて来ない。

子供たちに、何をどう受け止め、どう人生に生かして欲しいというのか。

それとも作者はそんなことは考えていない、何の教訓も込められていない童話こそ教育材料として相応しい、ということなのか。


次に「手袋を買いに」。

母狐は自分が恐ろしくて行けないような街になぜかわいい子狐を一匹で買い物にいかせたのか。

まりに冷淡ではないか

母狐は病弱で動き回れないとかいろいろやむを得ない事情があると思いたかったが、

残念ながら作中の描写からはそのような状況は推測されない。

そこで狐の習性上の理由を思いついた。

子供一定程度成長すると、近親交配の防止のため、親狐は本能的に子狐を強制的に巣穴から追い出す。

噛み付き、襲い、遠くに追いやって戻ってこなくなるまで攻撃を続ける。

子狐は昨日まで優しく育ててくれた親狐の豹変に驚き、必死に親にすがるが、親は心を鬼にして子供を突き放す。

キタキツネ物語」でもこの描写が出てくる。

母狐はいずれ子供を自立させなければいけないことを悟っており、

それの前段階として、人間とのかかわり方も含めて、世間渡り方を学ばせるために、子供冒険をさせた。

そう解釈したい。

作者にその解釈でいいかと聞きたいところだがそれが叶わないのでむずがゆくて仕方ない。


他にもいろいろ突っ込みどころはあるが、今更作者に聞くことができない以上、

後世に生きる私たちができることは、自分の納得いく解釈自分の中で確立することしかない。

子供向け童話も追究すると奥が深くてきりがないな。

2011-07-27

Twitter充こわい #change2011

Twitterだねえ。

著名人が動いているのを見たり面白い事言ってるのを見るのもよい。

友達が元気そうにしててなんだか楽しい

それくらいの、暇つぶし10割でしか使ってないのだけれど、それは活用できていないらしい。

有意義?な使い方っていうのがもっとある

評論であるとか、人生観であるとか、論をぶって。

RTしたりされたり、そうして己を磨いていく。のかな。

#change2011とかいタグ友達が使ってて、急に欧米政府がとか言い出したぞなんだと思ったら、皆はもっとすごいや。

どうやらこれはイベントなのね、皆足並みそろえて燃えたぎっている。どーりで大学生が多いと思った。

そしてなんだかむずがゆい

要するになんかアホらしい。

成長過程といえばそうなんだが、偉そうにまとまりの無い事を無勉強で呟くのはどうかと思うよ。

アウトプット大事だけれど、それっぽい言い方をする事が練習になるわけではなくて、一応の論理筋道を立ててモノを言うのがアウトプットの練習になるんだと思うよ。

世界を変える、そのための努力もする」って、世界を変える事は目的で有り得ないだろが。

ある事をやりたいから、そのために動く結果として世界が変わるだけで。世界を変える事を第一に打ち出すってのは違和感

メッセージ性のある人間が注目、尊敬されんのは仕方ない。

自分はその人間のどこにひかれてるのか少し考えてみてくれよ。

その人をモデルとして生きていくのは悪い事じゃないが、その人の勉強量を見たら偉そうなことを言うのを恥じろよ。

知識人のまねごとをするなら勉強しろ。新書ビジネス本コーナーの人口と、Twitter知識人人口の開きは一体。

って大学生だし仕方ないか

・・・

から復唱しかしないのになんで偉そうなんだよ!

理解して無いだろお前らって言われてるじゃねえか!

「感動しました、すぐ行動に移します」って!何をだよ!勉強をか!考えてからしろよ洗脳されるぞそれ!

行動力は大事だけど、自分で考えた事を行動に移すんだよ!言われた通りじゃ何も変わってねえだろ!



、と。

世界と較べて日本大学生は、という論調が多いことから目指すもの世界で通用するリーダーなんだろうけど、大半は日本就活に飲み込まれ日本企業活躍して埋没していくのかしら。

結論はプログラミングを学べなのかな?そんなことも聞いたこと無かったのかいweb進化論やら何やら何やらでさんざん言われてる事だろうに。


まあでも、少しでも本当に糧としてくれる人がいればいい、のかね。

もしくは、話を聞いて少しでも全体の意識が高くなってくれれば、それでいい、のかな。

それだったら少し意識が高くなっただけの皆さんは、衆愚として馬鹿にされてるけど大丈夫

2009-12-21

キレイ

多分この世はキレイ事だけじゃ済まされない。そんなこと解ってるんだろうけど、

解ってないフリしてたけど、多分そうだ。そんなもんらしい。

せっかくのアイデアがあり、こんなに楽しいシステムなんだって力説されても、予算があり、時間があり、

タイミングや人員の問題、技術の問題、その技術にも付随された予算の問題があり、一筋縄じゃいかない。

知り合いが人気のあるものであればあるほど金はかかっていくっていう、まあフリーオンラインゲーム

成り立たない理由みたいな話をよくするんだが、なんでこんなに「面白い何か」であればあるほど

実現が不可能になっていくのか。夢を語るだけならタダかもしれないけど、それを実現に向けようとすればするほど

絶望してしまうってのが何と言うか、悲しいというか、むずがゆいというか。

いっそのこと中二病でもいいから夢だけ語って終わるほうが幸せなのかもしんないなとおもった。

2009-11-12

http://anond.hatelabo.jp/20091112200129

頭冷やしてた。じゃないと揉めるから。

「他人と笑いあって、落ち着いて過ごしたい」と思っているのなら、まずは、その夢は実現すると信じよう。そこがスタートだ。

最終目標というか、最終課題というか、終着点。増田以外でもこれを目指していると思う。

そのための本の紹介とかはあったから勉強はしてみる。言葉が伝わらないと無理難題なっちゃうから。

ごめん、他所のも記しておく。

AA

すまん、吹いた。

>嫌われるだろ関連

その問題はネットよりも現実の方が顕著。

残念ながら俺が他増田を違うと言うことは出来ない。むずがゆいがまったくもってその通りだと思う。

だが、だからといって引きこもっていればいいよとか、死ねばいいよとかは解決策にはならないと思っている。

分かるのならば非コミュは苦労しないと思う。所詮、俺の苦痛もまたちんけだと思う。

ありがとう他増田

2009-03-06

ボーカロイド曲の普及にふと思う

私は母親音楽教師であったこともあり、

小さい頃からいろんな楽器音楽に親しんできた。

あくまでもいろんなメロディーとか演奏が好きなだけで、

どこそこのバンドの~とか、クラシックの薀蓄とかに詳しい人じゃないのだけれども、

ボーカロイド曲の違和感にはどうにもむずがゆい思いがあった。

決して嫌いなわけじゃない。曲調や歌詞なんかも悪いものではないと思う。

そりゃあ中には雰囲気だけでそれっぽく見せてる曲とか、

何かの焼き直しにしか聞こえない曲もあるけど、それも一つの表現だと思う。

ただボーカロイドが歌うとただただ単調に聞こえてしまうこともある。

それが歌ってみたとかなんかで人が歌うとすごく良かったりする。

人間的なものが感じられないなんて書くと「古い人間だな」とか言われそうだけれども、

ボーカロイド人間の声のゆらぎはまだ出せない。

その辺り、ボーカロイドシンセサイザーなんかと同じで、人間の表現を演出するための一つのツールなのだと思う。

何が言いたいのかぐちゃぐちゃになってきてしまったが、

ボーカロイドがすごいのではなくて、その裏にある人間の魂の表現がすごいってことにもっと目を向けてもらいたい。

なんだかボーカロイド曲をノリや雰囲気で全肯定して、旧来の音楽を古いって言う人たちがいたからこんなこと書いてるんだけども、

そんなに自分の受信帯域を狭めないでほしい。

世の中にはもっとたくさんすごくて、美しいものがいっぱいあるんだってことを知ってほしい。

そして、逆にボーカロイドを無視したり全否定する人にも「新しい表現」への受信帯域を広げてもらいたい。

伝統とか格式ばかりに囚われて停滞するのは音楽がかわいそうだし、人間すべてにとっても残念なことだと思う。

もっと新しい試みとかにも目を向け、愛してほしい。

新しいのも古いのも全部手を取り合って認め合ってほしい。

小集団ばかりで凝り固まってないでほしい。

もっと音楽には可能性があるはずだから。

2009-02-13

書評を書くのが恥ずかしい

みんなすごいなー!

自分の、ものすごい「内なる感情!」みたいな、半ば哲学者のような、中二病みたいな、アツい思い、

そうゆうのって、本を読んだり、日常生活でも、抱くことがある。

それをブログに書いたら、同じような場面に出会った人や、同じ本を読んだ人が見たりすると、もしかしたら楽しいのかもーと思うんだけど、残念なことに恥ずかしくて書けない。

ネットの友人に見られるのも恥ずかしいのに、大学の友達に見られたときなんて、恥ずかしさで軽く死ねるくらい、というか、

そうゆうのは自分美学?のようなものに反する。

自分のことを深く知らない人に、そういう記事を見て、そういう先入観をもって接されるのもむずがゆい

でも書きたいなー。

たぶん、どこかしら潔癖っぽいところがある俺は、記事を書いても我に返って、それを消したりしてしまう。

自分の読んでる本とか、その感想を、ガンガン書いていける人って、すごいな、と思ったとです。

思いをさらけ出すことが出来る人ってすごいな

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん