「AKB48グループ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: AKB48グループとは

2019-02-08

NGT悪者メンバーはどうなっているか その4

https://anond.hatelabo.jp/20190207144931

つづき

NGT悪者メンバー」としてネット民の間でターゲットになったメンバーについて

山田野絵さんの場合

https://anond.hatelabo.jp/20190207165823

荻野由佳さん、昨日テレビに写ったらこんな状態

2018-02-16

長渕剛のCaptain of the Ship伝説

2017-02-08

Showroomで可愛かったAKB48グループメンバー

栗原紗英(HKT48)

すげー美人、なのに若干抜けてるのがかわいい容姿キャラ欅坂のべりかに似ている。

岡田奈々(AKB48)

ベリーショートが似合う小顔。家がすげー金持ちぽくて善良な人格が伝わってくる。話がそこそこ面白い

阿部芽唯(AKB48)

ローラみたいなしゃべり方が最初鼻についたけど、慣れるとかわいい。話がそこそこ面白い

山口真帆(NGT48)

かなりの美人なんだけど表情に乏しいのがもったいないトークもそんなになのであんまり長い時間観てられない。

横山結衣(AKB48)

赤ちゃんみたいな顔で青森弁丸出しなのかわいいロリぽいんだけど性格ギャルっぽいのが魅力。話もまぁまぁ。

樋渡結依(AKB48)

ロリトーク面白い

中村歩加(NGT48)

外人ぽいたれ目で、最初冷たい印象を受けたんだけど、しゃべるとぶりっ子でわらった。かなり魅力的なのにNGT内ではあんまり人気が無いらしい。もったいない

村山彩希(AKB48)
岡部麟(AKB48)
久保怜音(AKB48)
太野彩香(NGT48)
後藤萌咲(AKB48)
小熊倫実(NGT48)

癒される。

2016-03-12

AKB48グループ東北被災地訪問

AKBに限らず著名な人たちが被災地を訪れるって、場所用意しないといけないし、物資も用意しないといけないし、防犯対策必要だろう。

被災して色々と十分でない状況の被災地からしたらうれしいのはごく一部で大半は正直面倒なだけではないのかと思った。

2015-05-22

http://anond.hatelabo.jp/20150522194158

真面目な話、AKB48グループはみんな枕営業してると思うよ

あきらめなキモオタ

お前自身晒しサイトにも「AKBメンバー彼氏一覧」のってんじゃねえかwwww

2014-12-24

男の子って意気地なし」

「”みんなして、高嶺で咲かせてあげよう”という気持ちにさせる花である

(阿久悠『36歳・青年 時にはざんげの値打ちもある』)


渡辺美優紀こそ、テン年代に咲く高嶺の花ではないかと私は考える。

去る2014年9月17日、「AKB48グループじゃんけん大会2014 ~拳で勝ち取れ! 1/300ソロデビュー争奪戦~」は行われた。

奇しくも2日後はみるきー誕生日でもあった。彼女にとってのとても大きなサプライズプレゼント

優勝特典として、ソロシングルデビューおよびソロコンサート開催権利

NHK BSプレミアムAKB48 SHOW!」枠での「MILKY SHOW!」放送権利を獲得した。

そして本日12月24日クリスマスイブ彼女は「やさしくするよりキスをして」をリリースする。

http://youtu.be/rYsDjGcxS-0

松田聖子の「夏の扉」のようなジャケットもさることながら、ミュージックビデオが秀逸である

以下は私なりの勝手解釈であることをご理解いただきたい。

舞台は1970~80年代ごろの神奈川県藤沢市

人気漫画タッチ』に登場する喫茶店南風」を模した「喫茶 みゆき」にて働く少女美優紀(こちらも浅倉南同様実家であると思われる)。

想いを寄せる相手は達也を模した幼馴染の少年。あの”勉強部屋”を意識した二つ並びの学習机が置かれた部屋にて日常を送っているようだ。

明星学園野球部に似せた、黒地に赤字のWのキャップがたびたび登場する。湘南の海で彼の自主練習に付き合う様子も見られる。

また、その海で気の置けない仲間達と遊んでいるシーンも描かれている。

その後、高校卒業した彼女らは、各々の道へ進む。美優紀実家の手伝いを、”彼”は達也のように帝東大学を目指す浪人生、としておこう。

美優紀は年相応の女の子らしくアイドルを夢見ていた。ダメで元々、「第48回国民アイドル ソロデビューオーディション」へ応募する。

オーディション会場にて物怖じせず語り、歌う彼女NMB48オーディション番号、エントリーNo.71であるあたりにクスッとくる。

後日、見事デビュー決定との印が押されたハガキを嬉しそうに見つめる美優紀。だが直後、切なげに右隣の”彼”の学習机一瞥する。

閉店後の喫茶みゆき。帰ろうとする”彼”に美優紀は打ち明ける。

「わたしね、アイドルになるの」

「おん」

「だから東京行くんだ」

わず立ち上がり、ハガキを奪い取る彼。

一瞬の間のあと、「明日おくってね」

夕暮れの湘南フェンダーミラーセダンの横で彼の腕を掴み、「はやくキスして」と言わんばかりに目をそっと閉じる。

シーンは一変し、ブラウン管国民アイドルとしてソロデビューを果たした”渡辺美優紀”の姿が。

喫茶みゆきに集まりブラウン管を食い入るように見つめる旧友らは、すっかり彼女親衛隊になり湧き立っていた。

突然の別れに怒っていたと思われる彼は新聞を読み更けて興味がなさげしかし、テレビには見覚えのある野球部帽子が。

当然私信に気づいた友人たちは、”彼”に急いで呼びかける。「美優紀アイドルになってしまった。もう俺のことなんて覚えてもいないだろう」と思いこんでいた彼は、

美優紀が何も変わっていないことを思い知らされ、喜びを爆発させ飛び跳ねる。

高校生の頃のイチャイチャする様子が描かれたのち、また夕方湘南へ。

涙を一筋落とし、彼女は言う。

「やさしくするよりキスをして」。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん