「クソムシ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クソムシとは

2017-04-02

クズの本懐と聞いて

綾波レイみたいな人が「このカメムシが!」とか罵倒してる漫画を思い出したけど違った

表紙のイメージぜんぜん違った!

カメムシの方も違ってた! クソムシだった!

でも中身はそんなに違わないんじゃないかと思う。読んでないけど

2016-10-05

http://anond.hatelabo.jp/20161005023931

ここは質問掲示板でも何でもないしお前の書き込み質問じゃないんだが

何で「○○したいなあ」と書き込んだら回答が来ると無邪気に信じられるのかわからん

何の対価も払ってないくせに一丁前にお前の勝手理想を求めてくるんじゃねえよカス

ヤフー知恵遅れでリアルマネー払って聞いてこいゴミムシ

あとお前は何か道を見つける前に人に聞いてキョロキョロしてるだけだろうが

そんなのは「前向き」じゃなくて「横向き」だろうがよクソムシ

2016-09-30

http://anond.hatelabo.jp/20160925224302

その言い回しおかしくね?お前は俺を裁く権利があるの?

おっと話をそらし始めたか他者のしゃべりを止めるかどうかおまえが裁いているという事実に関しては認めてくれないのかな

ずっと言ってるけど、必要のないところで意見開陳して話題を止めるなって言ってる。「弱者はいない」って話題が出てるところで「私は弱者だ」というのは問題ない

ほらおまえ基準で裁いてるじゃん

弱者の側としての意見発露は絶対絶対に認めない!というのは複雑さに耐えかねて物事単純化したいだけだよね

ここでは意見があってるのに、なんで途中で話が食い違うんだ。

おまえがコロコロ意見の中身を変えているだけだよ

長谷川某の話について、議論停止語を使って安易に止めようとしたの?違うよね

は?話題になってるからいいたとえとして挙げただけだよ

こういうのを見たいんだ!ってほらおまえ基準の裁きじゃん

全部中身のある具体的な反論になってるじゃん

被差別者立場としてだろうが絶対に駄目!という裁きですね、具体的な反論ができない人工透析患者沈黙を守っています樹海に行って死ね、ということですね、わかります

「ああ、ここまで書いてなんとなくわかった。お前は俺のことを被差別者意見を聞きたくない反PC活動の連中かなんかだと思ってるんだな。違うよ。決まりきったコピペ(例 : そうなんだろ、お前の中ではな)のような議論停止語を使う安易な論者を止めたいんだ。

思考停止語だからという理由はさておき貴様被差別者だと開陳するなとまで述べているクソバゴキブリクソムシ君だからな、都合よく思考停止語というワードで逃げに走ってるが被差別者開陳をせず沈黙を守れと何度も繰り返している事実を都合よくすっとばせる脳ミソをお持ちとか相変わらずすばらしいですね~

2016-04-20

http://anond.hatelabo.jp/20160420144034

防災センターは昔から震災が起きるたびに言われて続けていることをまとめてこうしましょうと指針を出している

おまえのようにひとりよがり根拠もなく声を上げるクソムシよりはずっとマシだ

2015-10-23

惡の華漫画)を友達に読ませた

中学編は面白かったのに、高校編は単なるリア充の話でつまらなかったそうだ。

春日が櫓から突き落とされた理由もわからなければ、海でクソムシをぶちまけるところも理解できなかったらしい。

作者も明言しているらしいが、あの話の根本高校編なのに、それを理解できない友達に呆れてしまった。

しか春日が女運が異常に良いことは創作っぽいが、それ以外の高校編の流れ、思春期の罪を背負う描写は素晴らしいのに。

2015-09-24

電車で人が降りきらないうちに乗車しはじめて先に席座る人

乗車待ちがドアの左右に並んでいるときに、

降りる人がいるなか我先にと左右どちらかの先頭が乗車をはじめると、

もう片方も乗車を始めなければ律儀に待っていると席を全て奪われ座れない。

からと言って左右同時に乗車しようとすると降車中の人が降りれない。

ので降車中に乗車はじめるクソムシ達に対する対策を教えて欲しい。

できれば鉄度会社が講じるべきなのだが。

2015-05-10

ほんとにねーあのねこれ 化粧にしろ服装にしろ 金も出さんで「それくらい」しろって言ってくる人の害悪なことね

百歩譲って「職場スッピンNG」っていうのね、これも個人的にはうっせークソムシがって思うんだけど一応わかることにしておくとして

洒落とか化粧って気分のアガるもんだしアガるためにやるもんでしょこれ

それ強要されるとほんと苦痛なのよね 

カンタンに「やれ」と口出す(が金は出さん)人は反省してほしい

オススメするのはええんよ別に カワイイんだし勿体無いよとかね もっとこうするとイイよとかね もっとこう 言い方あるでしょ言い方 

2015-04-06

クソ叔父

たか本家の長子だからってそんなに偉いんか?てめーが聾のくせに挨拶してねーみたいな態度とんなクソが!てめーなんか地獄の苦しみを味わいやがれ!クソムシが!俺なら甥っ子にテメーみたいな態度は取らねーからな!クソが!さっさと地獄に行って来い!クソが!ウジ虫め!このクソ野郎が!

2014-05-08

http://anond.hatelabo.jp/20140508174812

あなたは最低の男ではないよ。

本当に最低の男は、誰にも言わないで粛々と不倫するよ。

あなたクズにも真人間にもなりきれず、中途半端良心をひけらかして同情を得ようとしているだけのクソムシ野郎だよ。

奥さんから邪険にされ家庭では承認欲求を満たせないので、それを不倫相手に求めているんだよね。

早晩バレて破滅すると思うけど、その前にいい加減大人になったらどうかな?

2013-12-03

http://anond.hatelabo.jp/20131202193456

ヲタク童貞の俺からすると

趣味嗜好って自分で選んでなるもんじゃなくて

結果的にそうなってしまものだと思うんだよ

古いヲタ場合それは非常に顕著で他のあらゆるジャンルで疎まれ嫌われたか

唯一自分を否定しなかった(付け加えると人が少ない故に石を投げる人が居なかった)

ヲタジャンルに居場所を見つけられたというのが大きい

 

狭義のサブカル

まりアニメとか漫画とかゲームとか

(旧時代に)隠れキリシタンのように隠さなければいけなかった趣味と違って

ロキノン系マイナー映画系、現代アート系の趣味の人は、自分で選んでそれを選んだんだろう

という所に劣等感を抱えてしょうがないのと同時に

「本当はお前らそのジャンルが好きなんじゃなくて、そういうのを好きという他とは違う特別な自分が好き」

なんだろうという侮蔑

「何故俺ばかり石を投げられるのか、同じマイナージャンルなのに顔か、キモさか?」

「そのオシャレな帽子をとって一皮むけばお前もセックスのことしか考えてないクソムシ何だろオラァッ」

とか

ごちゃまぜになった複雑なルサンチマンを感じてしまうんだよ


もっとも旧時代の糞ヲタク童貞の僻みみたいなもの

主体的メジャー趣味を選んだリア充諸氏がサブカル叩きする理由は知らね

2013-08-28

団塊は何故あそこまで傲慢自尊心が高くて、公共の場所従業員や職員に対して薀蓄や昔話を語りたがるのか。

団塊クソムシいすみ鉄道社長ブログを読んだら火病発生するのかね。

2013-08-06

おい、そこのクソムシ

おい、お前だよお前。

クソムシと呼ばれて「どきっ」とした奴。

ほんと、お前クソムシだな。

クズが黙ってろよ。

お前1人の為に、全体がおかしくなってるんだよ。

邪魔なんだって

消えてくれないかね。

気づけよ、クソムシ

2013-06-19

【修正】惡の華by押見修造の日付を特定してみた ※原作ネタバレ注意

修正について

夏祭り8月発言など見落としがあり、時系列を再調査して修正しました。

修正前は1996年としていましたが1995年想定に変更しています

高校編からのご指摘ありがとうございました。

また日付逆算元の祭りを特定したので、日付がより正確になったかと思われます

参照:桐生八木節まつり生中継日時

http://www.gtv.co.jp/program/special/matsuri2012/

以下本題

やけに時間の流れを意識させる記述表現が多いので、中学編の日付をほぼ特定してみました。

先ず年代1995年とした根拠は以下の通りです。

ただし作中ではしばしば時系列無視したモノも出てきます。(折りたたみ式携帯、ultrasoul、未発売の本など)

これらは作中の時期を決定づけないためのぼかしや本好きな作者のリスペクトかと思われます

また当時は第2、第4土曜日祝日となっていたようですが、作中夏休みまで土曜日と特定できる描写はなく、現代(土曜全休)との差を埋めるためかあえて避けられているようにも感じました。

このまとめのきっかけは佐伯さんに告白してから付き合えなくなるまでのスピード感が気になったことからですが、全体的に見ても濃厚な2ヶ月と半月ほどであることがわかりました。

惡の華日付1995年想定

日付は日時が確定している夏祭りから逆算しつつ、なるべく辻褄を合わせたものです

5月

曜日不確定ー4日連続して登校しているため初日は月か火、テスト一学期中間テストと予想されます

22日(月) 冒頭、テスト返却、クソムシが、佐伯体操着ゲット

23日(火) 体操着紛失バレ、返却出来ず、チャリ暴走、仲村バレ

24日(水) 放課後呼び出し、仲村と契約佐伯の胸にナイスシュート宿題作文

25日(木) 捨てる!、不審者目撃情報放課後二回目、体操着装着

一週間放課後仲村と過ごす(31日も放課後仲村と過ごしている描写であり、6月1日でちょうど一週間)

曜日確定ーデートの日について、約束した日にあさっての日曜日記述ありー

31日(水) 変態やろう、どこほっつき歩いてんの

6月

1日(木) まゆまゆの給食費、かっこよかったよ、ごめんなさーい、封印

2日(金) おはようデート約束、仲村微笑、真夜中の散歩、あさっての日曜日女子力(物理)

4日(日) 封印解放体操着デート本屋告白、水、仲村の応援

5日(月) 公式発表、佐伯と仲村、大事に付き合っていこうね、仲村いいやつ

6日(火) 昼の給食会with山田放課後三回目、せっくすがしたい

7日(水) 佐伯欠席、木下アシスト春日プリント佐伯邸、嘘、春日の選択、学校ハナガサイタヨ

8日(木) 朝帰り佐伯バレ、別れないよ、どうしてオレを嫌いにならないの

9日(金) 春日欠席、佐伯と仲村2、説得、親バレ春日逃避行修羅場フラグ両断、補導

一ヶ月後

7月

曜日不確定ー一ヶ月後の記述夏休みからの逆算で折り合いをつけつつ勝手に日付を想定してます

10日(月) 水着回佐伯との別れ、敬語、夢、作文

11日(火) 仲村ストーカー春日、仲村宅、行けなかった、春日契約

一週間後

曜日不確定ー来週から夏休みと言ってる日も授業をしている描写などから終業日ではないと判断し、適当に日を空けましたー

18日(火) 容れ物完成、今日も遅い、もう本は必要ない

19日(水) パンツ盗難、仲村と契約2、追い詰められた佐伯アニメ作中終了予想日

20日(木) 来週から夏休みパンツ像、次の計画、ゆるせない

以降曜日・日付確定

22日(土) 夏休み突入夏休み映画特集第3弾、買い物、今幸せ?、にゃははははは、夏祭り計画、8月夏祭り夏祭りまで14日

29日(土) ガサ入れ、木下の説得、暴走佐伯春日確信火事佐伯と仲村3、追い詰められる仲村、あと一週間、計画バレ

31日(月) 火事から2日、あと5日、警察訪問親バレ2、外出禁止令、脱走未遂

8月

1日(火) あと4日、佐伯訪問佐伯独白逮捕木下激怒

4日(金) 広まる噂、学校訪問引越し、仲村来訪、追い詰められた仲村、明日全部捨てよう

5日(土) 計画、買い物2、キレイ夏祭りクソムシ事件

2013-05-18

惡の華についての戯言

 アニメ原作絵と違って気持ち悪いと評判の惡の華1話を見て興味を持ち、ネットであらすじを探って、原作本を全巻購入し、幾度と無く読み返してもまだ飽き足らない。子どもじみた中学生らしい登場人物が、思春期特有の心理状況を抱えながら、自己を萌芽させ、徐々に顔つきも大人びてくる。当初はギャグテイストの悩みや災難も、次第に力を帯び、心をえぐり、魂をすりつぶすほどの痛みになる。登場人物は傷つきながらも正気を失わず自分の心が発するの声にしっかりと耳を傾け、美しくも悲しい物語を紡いでいく。マンガアニメの主要な購買層が求めている作品ではない。思春期で思い悩む少年少女とってのバイブル恋愛社会との関わりの中でひどく傷を負い、いまも人知れぬ痛みを抱える人々にとっては、癒し物語となるだろう。

高校生編はまだ途上なので評価は避けたい。蛇足にならないよう願いたい。常盤さんと付き合うことになったが、仲村さんが登場するならば春日には破滅しかない。常盤さんという人物が、高校生となりある程度社会性を身につけた仲村さんとしての役割を担うならば、仲村さんは永遠に登場してこないだろう。

 中学生編は、3巻の峠を境に前半と後半に分かれる。前半は主人公が、あこがれの娘の体操着という、無意識の海に落とし込んだ財宝とも言うべきものを盗むことから始まる。思春期は幼い子供だった時代と別れ、自我覚醒する時期。親や学校、友人らと同一の存在であり、他とは異なる自分というものがなかった幼い自分に別れを告げる時期。未知の財宝を奪うという行為は、通常の意識よりも深いレベル無意識から発せられる。さらに、住み慣れた世界から自己を引きはがす未知のモンスターが登場。深淵からの使者、仲村佐和秘密を握られ、否応なしに「自己覚醒」へと突き動かされる。すべての出来事は現実と同じく、良い結果と悪い結果の両方をもたらす。そして自己表現とは属する社会道徳とは相反するものになる。すべての結末は死、解体別離。カミソリの刃先のような危険で細い一本道を命がけで渡る春日の姿は、一種の英雄譚のようだ。

自己表現すなわち仲村の呼ぶ「変態」が本作のテーマか。分かりもしないボードレールをこれみよがしに見せつけて俺は他の奴らとは違うんだと悦に入る気持ち悪いネクラうじうじ男、春日。彼が未知から召喚に応じ、キリスト受難のような試練を受ける。思わずあこがれの佐伯体操着を盗み、思わず嫌われ者仲村をかばい、思わず佐伯デートに誘って思わず告白する。仲村に本当の自分を黒板に書けと言われ、一度は断るものの、仲村が溜め込んできた周りの世界への鬱憤を知り、さよならを告げる仲村を思わず引き止める。自身のカミングアウトだけでなく、芸術作品のように自分存在の全て教室にぶちまけて仲村の言う「クソムシの海」を創り上げる。完全なる自己覚醒は住み慣れた世界との別れ。仲村とともに「向こう側」を目指すも、愛すべき社会体現した佐伯が立ちはだかる。唾棄すべきもの社会から忌み嫌われるものだったはずの「ありのまま自分」が佐伯から受け入れられ涙を流す。だが、一人で「向こう側」に向かおうとする仲村を思わず引き止める。引き止めたことに驚いたのは春日自身。言葉が出てこない。行くか戻るか2人から選択を迫られ引き裂かれる春日普通に佐伯と「付き合う」ことができず、仲村の求める「変態」にもなれない、自分空っぽであまりにも無力な存在であることを思い知らされる。

後半も「変態行為自己表現だが、その行為には一切の欲望や情念は込められていない。愛の表現のものだ。愛は自己表現であり、社会価値観とは反するもの。峠の心理状態のまま時間が止まり、仲村にも佐伯にも歩み寄れない春日。3者は峠の出来事で自分存在をズタズタに引き裂かれている。社会性の権化だった佐伯親友木下に付き添われることで辛うじて社会生活を送り続ける。春日と仲村は以前にもまして社会とは関係を持てない。木下佐伯春日関係修復を試みる。互いに相手から好きだと言われたいとの思いはあるものの、これ以上傷つきたくないというのが本音だ。もう引き裂かれる痛みに耐えられない。双方とも無表情を装い、相手を拒絶する言葉を放つ。佐伯と別れ、残るは干からびて死んでいくだけの日々。夢のなかで、それまで気づいていなかった仲村へのいとおしさに気づく。仲村への気持ち以外の他の全ては意味のない空虚存在自分の「向こう側」は仲村の中にある。仲村を笑わせるためならば、社会自分自身さえも捨ててしまおう。愛の巣そのもの秘密基地を作り、佐伯を除くクラス女子全員のパンツを盗む。変態行為は仲村への愛のメッセージであるとともに、佐伯には決別のメッセージ佐伯への決別の決意を知った仲村はようやく春日の思いを受け入れ、世界で2人にしかからない特別な関係、すなわち「契約」を結ぶ。

 一方、決別のメッセージを受け取った佐伯は、自分の抑えこんできた欲望、自分のものの萌芽を迎える。社会性の象徴である木下を伴いながら、春日と仲村が創りだす2人だけの世界を探求する。それは木下にとってはただ変態犯罪者の異様な空間。だが、佐伯にとって、自分には絶対にたどり着けなかった世界嫉妬と羨望と欲望の対象、世界の求める姿を演じることなく自分の好きなことを自分の思いで自ら創造する世界彼女の求めたすべてがあった。悪行を社会に知らしめることは、春日と仲村の2人だけの絆をさらに深いものにしてしまうだけ。木下と決別し、麦わら帽子と共に自らの演じてきた仮面を脱ぎ捨てる。春日が仲村のために創り上げた世界を燃やし尽くし、春日セックスで取り込むことで仲村から奪い、自分のものにするという欲望をさらけだすも、春日に拒絶され、仲村との対決にも敗北する。

 仲村は勝利したものの深い傷を負う。後半の仲村は未知のモンスターではない。攻撃的な性質は持ち続けているものの、春日を受け入れるまでは、いばらに閉ざされた眠りの森の美女。春日を受け入れてからは愛の対象者として存在する。変態行為を求めることはない。ただ自分を喜ばせるためだけに、他のすべてを捨てて一生懸命になってくれる男の子春日存在を嬉しく思う一人の女の子だ。2人の間に割り込んできた佐伯存在により、自分春日関係は誰からも祝福されないもの自分存在は周りを不幸にするだけのものだと思い知らされる。行き着く先は死か破滅しかない。だけど私は死にたくない。

 春日の隠し事が徐々に露見し外出禁止となる。春日を閉じ込める家は地母神の胎内そのもの放火懺悔を決意した佐伯春日の元を訪れ、2人で罪を告白し元の世界で生きる道を提示する。佐伯に心を引かれそうになるが、仲村を信じ想い続け、佐伯を拒絶する春日。行き着く先は破滅のみだと分かりつつも。佐伯自白とともに、佐伯の分身とも言える木下の手で、すべての出来事が世界に露見される。誰一人幸せにできなかった。何一つできなかった春日。閉じ込められた檻を力づくで破壊し、閉塞した社会の胎内から春日を引きずり出したのは仲村だった。社会から拒絶されるならば、社会のものを拒絶し、春日を殺し、自ら死ぬ覚悟をしていた。仲村にとって、自分の知らない自分を引き出してくれたのはいつでも春日自己表現の爆発だった。春日がかぶっている皮を一枚一枚はがす度に、仲村は自分自身を発見していた。運命夏祭り明日。すべてが終わるのは明日。もう時間がない。向こう側を、自分自身を見つけなければ。全裸にし、皮膚をめくっても出てこない。バット脳みそを叩き割れば出てくるのか。殺す気だった。だが、できなかった。私は春日くんを失いたくない。刺のある言葉を周囲に発して、無関心無表情を装って、硬い殻で閉じ込めて、ずっと守ってきた本当の自分、見たくなかった裸の自分自身。弱々しくて、壊れそうで、大嫌いな自分世界クソムシじゃない。私がクソムシ。私がいるから、こんなにも世界は生きづらくて苦しい。決して消えることのない自分ありのままの姿をさらけ出した仲村を春日は魂の咆哮とともに抱きしめる。2人は心中することで、周りの世界のすべてを拒絶し、魂の永遠なる結合を図る。夏祭り、2人は世界に向けてありのまま自己、この世に生きた自分という存在のものを叫ぶ。仲村は春日を愛していた。そして愛する春日が、両親や佐伯社会から愛されるべき存在であることも知っていた。世界から拒絶され、孤独深淵で苦しむのは私一人でいい。あなたは生きて。春日を突き飛ばし、一人で死へと突き進む。だが、その仲村自身も世界から愛されるべき存在。死から拒絶され、2人、いや佐伯を含む3人は、桐生市という地母神の胎内から外の世界へ排出される。そこで中学生編は終わり。

主人公春日くんの心理描写はあるものの、仲村や佐伯についてはどのような心理状態でいるのかあまり描写がない。だが、2人とも自分しかからない悩みを抱え、自分の信念に基づいて行動している。物語の都合や作者の都合で動かされる人物ではなく、自らの意志で動く生きた人間だ。春日自分の心の奥底に秘めた何かを求めてしまった2人の少女が作者の意図範疇を超えて動きまわる。自らの意思で動く登場人物が自然と創り上げてしまった物語惡の華中学生編ではないか。仲村が、佐伯がどんな気持ちを抱えてその場にいたのか、想像を膨らませながら読むと深い、深すぎる物語。まるで恋人の心を探るような、自分を拒絶した異性の心を探るような、そんな作業にも感じられる。

面白いおもしろすぎる物語エンターテイメントではない。現実の人々は、自分自身との関わり、愛すべき存在との関わり、社会との関わりの中で、必ず傷つき、苦しむ。この物語は生きる糧となる物語。魂に必要食べ物。癒えることのない痛みを和らげる物語。閉じ込めて見ないようにしていた心の古傷を思い出させ、生きる歓びに涙を流させる物語世界は悪意と欲望で満たされている。常に腐敗し悪臭を放ち続けている。自分自身も、かつては不滅の存在に思えていた社会のものも、実は有限で不完全な存在に過ぎない。すべての欲望、情念、怒り、迷妄を捨て去った後、哀れみの心が生まれる。法隆寺、玉虫厨子の捨身飼虎の図で描かれるように、愛する人のため、社会のため、神に捧げる供物のように我が身を捧げることで、初めて完全無欠、永遠存在を感じることができる。世界の中心はここにある。永遠は今この瞬間にある。神は常にあなたとともにある。

2013-05-01

http://anond.hatelabo.jp/20130501224507

アホ過ぎるだろお前

娘の前にポルノを置く事と、ポルノ規制は全く別の論議だろ

というかお前はポルノ規制が緩くなったら、娘の前にポルノを置くのか

非常識にも程があるだろお前

論議以前にお前の常識がなさすぎるわクソムシ

2013-04-25

http://anond.hatelabo.jp/20130425212358

ウジ虫くんに大きな帰属対象、夢を見せてるのはウヨちゃんのほうなんだよなー

小林よしのりが言ってたのってそういうことだよね?

クソムシとしての自分を見つめようね

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん