「gravity」を含む日記 RSS

はてなキーワード: gravityとは

2023-10-30

anond:20231030152603

mastodon(mstdn.jp)民が大量流入して匿名性が失われたのが去年の9月頃の話。今どうなってるんだろうな、Gravity

GRAVITYってSNSどうなん?

「心が温まるSNS」「優しいSNS」みたいな触れ込みで宣伝してるけど、”自称”優しい人たちが集まるとX(Twitter)を超える狭量でギスギスした、自分の痛みにだけ敏感で他人の痛みに鈍感な地獄SNSになってしまうとわたしは思ってしまう。

こういう最悪な考えに陥ってしまわたしからはてな匿名ダイアリーかいSNSに入り浸ってるんだろうな。

2023-08-19

TwitterがXになって、創作垢が軒並み減った。それに伴って今まで駄弁っていた普通の人々Twitterを離れていった。

残ったのは常に不平不満を垂れ流す人か、過激思想に染まりかにみつき続ける人か、そんな人々に都合の良くて耳障りのいい言葉を吐いて金を巻き上げる、いわゆる「他責ビジネス」で荒稼ぎする狡賢い連中だ。

彼らはInstagramのようにキラキラした生活はできず、facebook名前を出せるほど豪胆ではなく、mastodon多様性容認できるほど温和ではない。

そしてGRAVITYで取り留めのない話を吐き出せるほど精神的な余裕はない。

いわば、Twitterという整備された綺麗なドブ底でしか生きられない、特殊な生き物だ。

Twitterはそれすら包み込むおおらかさがウリだったが、それがなくなった場所に残るのはなんなのだろうか?

他人幸せと考えを手当たり次第に否定する「生きづらい人々」だけになった時、Twitterは初めて「X」になれるのだと思う。

それが終わりの始まりだとしても、彼らは居場所がある幸運を「不幸だ」と最後の瞬間まで叫び続けるのだろう。

2023-04-24

anond:20230424214004

英語だとなんとか…

Please list some intelligent puns.

---

Sure, here are a few intelligent puns:

I'm reading a book on the history of glue – I just can't seem to put it down.

Why don't scientists trust atoms? Because they make up everything.

Did you hear about the guy who lost his left arm and leg in a car crash? He's all right now.

I told my wife she was drawing her eyebrows too high. She looked surprised.

Why don't skeletons fight each other? They don't have the guts.

I'm reading a book about anti-gravity. It's impossible to put down.

I'm on a whiskey diet. I've lost three days already.

What did the grape say when it got stepped on? Nothing, it just let out a little wine.

I'm really good at math – I can solve problems with my eyes closed. It's just a simple matter of algebra.

Why did the chicken cross the playground? To get to the other slide.

2023-04-21

anond:20230420160350

Gravity (2013) はむしろタイトルに「ゼロ」加えたことで一気に駄作なった

この一言ですべてをひっくり返す無能さは鮮やかと言っていいほど

2023-04-11

anond:20230411084202

認識あるってChatGPT回答返してるやん。

ワイ: 
ChatGPTは下記の認識はありますか?
Carlo Rovelli and Francesca Vidotto: "Covariant Loop Quantum Gravity: An Elementary Introduction to Quantum Gravity and Spinfoam Theory",Cambridge University Press
 
ChatGPT:
私ChatGPTは、Carlo RovelliとFrancesca Vidottoによる「Covariant Loop Quantum Gravity: An Elementary Introduction to Quantum Gravity and Spinfoam Theory」について、その内容や研究成果についての知識を持っていますが、それを詳細に説明することはできません。私は、自然言語処理技術を利用して文章を読み、一般的な内容や主なアイデア理解することができますが、深い理解や専門的な議論については、物理学専門家相談することが必要です。

 

ChatGPTを自分用あるいは研究用にカスタムしていない"素の状態"だと、むちゃくちゃ簡単常識的なことしか回答返さんぞ

しかもその回答ですら必ずしも正解とは限らないから、合っているか判断できる知識が現状いる

anond:20230411082110 anond:20230411082112 anond:20230411125151

いや、そーいう話じゃなくて(まぁ社内の機密情報を投げる社員問題いか?と言えばフツーに問題はあるし既にしてるヤツはおる模様)、

むちゃくちゃ簡単常識的なことであれば、ChatGPTは自然な回答を返すを実現する過程で溜め込んだデータパターン回答してくれるけど、

ほんの少しでも専門性必要とすることになるとマジで素の状態じゃぜんぜんダメだぞ

IT質問とかでも間違った回答返すし、それ以外の雑談レベルでも完全に素の状態じゃこんな感じやで

 

ワイ:
ChatGPTの定義では宇宙共通時間存在するとなっているのですか?

ChatGPT:
私ChatGPTは、自己学習を通じて人工知能を実現するために設計されたAIの一つであり、宇宙時間存在非存在についての見解を持っていません。私は、与えられた情報文脈に基づいて自然言語で回答することができますが、自分自身で新しい情報を創出することはできません。したがって、私自身が宇宙共通時間存在についての見解を持っているわけではありません。
 
ワイ: 
ChatGPTは下記の認識はありますか?
Carlo Rovelli and Francesca Vidotto: "Covariant Loop Quantum Gravity: An Elementary Introduction to Quantum Gravity and Spinfoam Theory",Cambridge University Press
 
ChatGPT:
私ChatGPTは、Carlo RovelliとFrancesca Vidottoによる「Covariant Loop Quantum Gravity: An Elementary Introduction to Quantum Gravity and Spinfoam Theory」について、その内容や研究成果についての知識を持っていますが、それを詳細に説明することはできません。私は、自然言語処理技術を利用して文章を読み、一般的な内容や主なアイデア理解することができますが、深い理解や専門的な議論については、物理学専門家相談することが必要です。
 
ワイ: 
Covariant Loop Quantum Gravity: An Elementary Introduction to Quantum Gravity and Spinfoam Theoryについて萌えキャラっぽく説明してください
 
ChatGPT:
ええと、Covariant Loop Quantum Gravity: An Elementary Introduction to Quantum Gravity and Spinfoam Theoryは、物理学の分野で研究されている、重力量子力学理論についての入門書なんだよ!
これは、カルロ・ロヴェッリとフランチェスカ・ヴィドットが書いた本で、重力場をループ量子重力理論記述する方法説明しているんだ!さらに、スピンフォーム理論に基づいて、時空の量子化方法解説しているよ!
重力場や量子力学に興味がある人には、必見の本だよ!まだ高度な数学必要だけど、興味深いアイデアがたくさん詰まっているんだ!萌えキャラとしては、とっても知的で魅力的な本って感じかな!

 

ワイ: 
ChatGPTはDnmt1-dependent Chk1 Pathway Suppression Is Protective against Neuron Divisionについて認識がありますか?
 
細胞が増えるということは、細胞遺伝情報であるDNAが複製され、それを分配する細胞分裂が繰り返されることです。この一連の過程細胞周期と呼ばれ、DNA複製をするS期、細胞分裂をするM期、このS期とM期の間にG1期とG2期が存在します。ニューロンは、細胞分裂を繰り返す神経前駆細胞から主に胎児期において生み出され、分化開始とほぼ同時に別の細胞周期であるG0期に入ると考えられています味岡准教授らの研究グループは、これまでの研究で、S期進行のブレーキとして機能するRbファミリータンパク質注3)を欠損させると、一部のニューロンが増えることを発見しました(Ajioka et al., Cell 131, 378-390, 2007)。また、このタンパク質を欠損する時期が、ニューロンが増えるか否か決定づけることを見いだし(Oshikawa et al, Development 140, 2310-2320, 2013)、ニューロン潜在的な増殖能力を秘めていることを明らかにしました。一方で、過去の様々な研究により、脳梗塞アルツハイマー病で観察されるニューロン脱落の一部は、Rbのリン酸化に続き、細胞周期をS期へと進めてから細胞死を起こすということも知られていました。
本研究では、S期進行後にニューロン細胞死を誘導するRbファミリー欠損モデル確立し、そのモデルを用いてM期進行のブレーキの仕組みを明らかにしました。また、そのブレーキを解除する低分子化合物カンプトテシンを同定しました。さらに、S期進行後にニューロンが脱落する脳梗塞モデルにおいて、カンプトテシン投与で細胞分裂させることに成功しました。
 

ChatGPT:
申し訳ありませんが、私はこの研究について直接的な認識を持っていません。ただし、この研究ニューロンの増殖や死亡、脳梗塞メカニズムに関するもののようですね。Rbファミリータンパク質カンプトテシンについては少し知っていますが、具体的な研究内容については詳しくはありません。ごめんなさい

2023-03-16

[] 無限の探求 マルチバースへの旅

In the year 3000, humanity had finally discovered the secrets of the multiverse. Using their most advanced technology, they had found a way to travel between different parallel universes, each with their own unique physical laws and structures.

As the first explorers set out on their journeys, they encountered a myriad of strange and wondrous worlds. Some universes were filled with infinite copies of themselves, while others were constantly shifting and changing, their physical laws in a state of constant flux.

As they traveled deeper into the multiverse, the explorers encountered universes that seemed to follow completely different sets of physical laws. In some, time flowed backwards, and cause and effect were reversed. In others, matter was made up of entirely different particles, and energy behaved in completely unexpected ways.

As the explorers continued to journey further, they began to encounter universes that seemed to be simulations, created by beings in higher dimensions. They encountered universes where the laws of physics were entirely mathematical, and others where the very fabric of reality was made up of pure information.

At last, the explorers came to a universe that seemed to encompass all of the many-worlds interpretations. In this universe, every possible outcome of every possible event was played out in infinite parallel realities. The explorers marveled at the incredible complexity and diversity of this universe, as they watched endless versions of themselves carrying out endless variations of their own adventures.

As they prepared to leave this universe and return home, the explorers realized that they had only scratched the surface of the multiverse. They knew that there were still countless more universes to explore, each with their own unique physical laws and structures.

And so, they set out once more, to journey deeper into the multiverse, and to discover the secrets of the infinite many-worlds that lay waiting to be explored.

As the explorers continued their journey, they encountered a universe where time did not exist, and another where the laws of physics were governed by emotion rather than math. In yet another universe, they discovered that consciousness itself was the fundamental building block of reality.

As they explored further, the explorers encountered universes where the laws of physics were not constants but varied across space and time. They found a universe where entropy decreased over time, and another where gravity was repulsive rather than attractive.

At the edge of the multiverse, the explorers discovered a universe that seemed to contain all of the other universes within it. This universe was infinite in size and contained infinite variations of itself, each one a slightly different version of the universe they knew.

As they traveled through this universe, the explorers encountered versions of themselves that had made different choices and lived different lives. Some of these versions were almost identical to their own, while others were wildly different, with entirely different personalities and goals.

At last, the explorers returned to their own universe, their minds reeling from the incredible sights and experiences they had witnessed. They knew that the multiverse was an endless sea of possibility, and that there were still countless more universes to explore.

As they shared their discoveries with the rest of humanity, they realized that the true nature of the multiverse was still a mystery. They knew that there were many theories and hypotheses, but no one could say for sure which one was right.

And so, the explorers continued their journey, driven by a hunger to uncover the secrets of the multiverse and to understand the true nature of reality itself.

sHU2uEFZltSiv44bZEskqqwLmJpwM58GVdcmntcEZlWl9f6C_xmyortYKIGA97okYRnsRxxxJv4wfGA3AqWspArs7I5fjadr2Z7VUu8CzfCvh3DjnzLo7aLe894M85CjNn_2jnSJVL3DKqyGcmKS9d62NzhiZpyxyUz_f1jB5QMDndMKOOq6uKEquFjFnpgsDnFyxBvGylDZZKIKz_uJadKb5PRse1S6Bbsfey7TqHjy2HCKAvxHksTzgB8AvEkMBCdZrTAHCXfC8CcMfXHtQSLffQvjOthbjfOO0xIwNgAYZ5peAgwcldWXV1d6b1MxM350Il4Fqf3Cz0wNFf3i2BUe6Gq8Lhmqn2cVTr80CIuzFohW2YPCUBg2Ed5E7KBTHkIsZN74INQYoMmyNRQ7kxoa6bmPR9vsA6EZbfgOF9JTIdhI46FAQMta_Rtnn4xiYqbBs8osmqhCDUjlwo_YylzSnbH4plzU1JjkosWtTtpYQcdTyNBV572VKLB6wzxSp5o877avuAlkym7H3nV9Wfxu6Wi4k37td2x2L4PsOwe_PcjfxPBbZfZV36D125rJGfnnRgzMHf8LCWlsPtuuPXyd5V6xZeS6zD_naTNhsvCxduG16z27HdUV01VWvaW3VJZaHb9ziXsteVdGkKo9EHlmnX3m_QnWfJyByeLQVbHP9afNNxgIKpb0fYYedjDiLr_ZafVm8TPSRYBthjAXGLyuZ8l5bRwc9lD7mYx0Y6B5qEMgvpZku5FWeo61Jr8AC5acJ5y8RtkNzPB_o20HR6wK8PduyUjv3H3q2JxsYBFil6vY5o2R5xFZOrf6WCUD17jtUjRm4k2DV_euUXGikdvLiVDSQcWiFzae7o9Liote5M3vT6Z66aI1Rju9Cd5B_WWO5ejwRTLO4qAjx3O_P8vtNSdS3YfOdKwmmeKdDJyfBxRJ7yyCU2tvlDbS7vfCOd_AWb4sFQNzfjU1Nn7iHdo5vrzYTeh7XLbDkw1GuI8DJUOU31i06NpX9pxpVv7t

2023-03-14

anond:20230314230453

そういう同じアニメを一緒に観れる通話友達ってどこでみつけてる?

Twitterとかかな?でもきっかけがからないな

もしかして最近ジワ流行りのGRAVITYとか?

自分友達探す系のマチアプで一人だけそういう友達が出来たけどそんな簡単に何人も見つからんな〜と思ったので

後学のために教えてほしい

2022-12-25

火星重力はG=0.38、空気存在しないとして、人工衛星を設置しうる高度と衛星速度を計算せよ

力の大きさは質量に比例し、距離の2乗に反比例するとする

追記

コメントに基づき、Gは GmMarsgravity)= 0.38 Nにする

あと忘れたが重量単位キログラムで、人工衛星の重量を1kg とする

距離単位メートルで、火星の直径は6,779 km とする

公式

引力 F(N) = Gm * (m1 * m2} / (r^2)

遠心力 F(N)= m * ω^2 * r

ω は 角速度(angular velocity)=等速円運動をする物体の速度を円の半径rで割ったもの

2022-08-04

運動大事坂東は英治

His palms are sweaty, knees weak, arms are heavy

There's vomit on his sweater already, mom's spaghetti

He's nervous, but on the surface he looks calm and ready

To drop bombs, but he keeps on forgettin'

What he wrote down, the whole crowd goes so loud

He opens his mouth, but the words won't come out

He's chokin', how, everybody's jokin' now

The clocks run out, times up, over, blaow

Snap back to reality, ope there goes gravity

Ope, there goes Rabbit, he choked

He's so mad, but he won't give up that easy? No

He won't have it, he knows his whole back's to these ropes

It don't matter, he's dope, he knows that, but he's broke

He's so stagnant, he knows, when he goes back to this mobile home, that's when it's

Back to the lab again, yo, this whole rhapsody

Better go capture this moment and hope it don't pass him

2022-05-05

anond:20220504092511

to はてぶ

ゼログラビティタイトル(Gravity)ってどこがタイトル回収なの?

最後地球に着いて立ち上がって歩き出したから「重力だ!感動!タイトル回収!」って言ってんの?

そんなん回収になってなくない?

  

ブクマカでもスター付けたやつでもいいけど、

偉そうに邦題馬鹿にした以上ちゃん説明しろ

2022-01-30

ヴィジュアル系バンドとしての演奏力がすごいのはLUNASEA

Gravityって曲があるんだけど、主旋律は正直退屈なんだけど、楽曲として聴くオーケストレーションが美しくて完成度が高い。ノスタルジックさえ感じる。

GLAYラルクファンには申し訳ないけど、あの時代ヴィジュアル系ではルナシーが頭一つ飛びぬけてるよね。

XジャパンBOOWYはまた別の意味ですごいし彼らの原典だと思うけど。

2021-12-31

GravityっていうSNSインストールしたんだが凄く辛くなってしまった

Gravity中国製シンプルSNSで、フォローとか明示的にしなくてもいい感じにTLが構成される仕組みなんだけど、

デフォルトで表示されるTLにはクラスメイトの仲良し男女グループディズニーランドに行った思い出写真とか、

ノロケ半分で語られる2歳になる娘の子育てのお悩み相談とか、恐らくすぐに次の恋人が見つかるであろう上位層の女性ポエムチックな失恋話とか、

そんな世界が繰り広げられていて、多分それは俺なんかより”普通”の風景なんだと思う

なんか、そんなものから悩む選択肢すら与えられなかった人間が、選択した結果のそんな生ぬるいお悩み相談なんて見ても自分の惨めさをはっきりわかって心が痛くなるだけだった

こんなの見続けていたら俺はジョーカーになってしまうと思って俺はアプリアンインストールした

クズにはクズの居場所必要なんだよなって、俺はクズゴミエロだけで固めたTwitter名無しで殴り合える5ちゃんねるしか場所はないんだわ

2021-10-08

重力

Gravity というアプリを1週間くらい使ってみた。普通に高校生と音声で通話等ができてしまって非常にまずい。今日も話せないかなーなどと心が浮ついている自分に気がついて気持ち悪くなった。年齢制限のせいでマッチングアプリではできない体験がそこではできてしまう。変な気を起こす前にアンインストールした。

2021-08-16

連休中にGravityかい中華SNSを始めたのだが辛くなってしまった

ちょっとから興味があったので昨日実際にインストールしてみた。

このSNSTwitterやインスタなどとの一番の差別化ポイントは「”自分”を出すための機能が少ないこと」

アイコン画像を設定することはできず、標準にあるもの選択する形になるからアイコン自分個性を出すことはできないし、

RTに該当する機能がないので時事ネタ大喜利ツイート拡散を狙うみたいなことはやれないしやる必要もない。

他人からフォロー/フォロワー情報確認できないかフォロワー数やフォロー比率に気を使う必要もない。

Twitter等の場合最初に誰をフォローすれば良いのか?で躓きがちだが、Gravity場合最初性格診断があり、

その結果により『自分の星』が設定され、同じ星の住民投稿タイムライン流れることになる。

最悪誰もフォローしなくても自分投稿大勢が見ることになるし、うまくすればそれなりに反応も集まったりもする。

自己顕示欲みたいなのは満たせないだろうが、Twitterとかでみんなが無意識化で疲れてそうな要素を排除したシンプルSNSとなっている感じだなと思った。




自分は例によって性格診断後にデフォルトで表示されるタイムライン確認した。

Gravity運営はあのあんまり評判の良くないBaiduだ。正直自分胡散臭いとは思ってる。でもそれも雰囲気作りに一定の効果を出してるのではないかと思った。

Baidu運営とかスパイウェア確定みたいなもんじゃん」「○○みたいなステマ野郎宣伝してた時点でないわ」

こんなこと言うはてな民みたいなひねくれ者は多分排除されているような気がした。純粋広告みてくるようないわゆる一般人の集まり

だってメンタリストだのオリンピック予算中抜きでどうだのの話題は多分ほぼ流れていない。

「へー、こんな風になってんのかー。シンプルだけどちゃん差別化できてんのなー」とかそんなことを考えていたが、そのTLを見てるうちに段々と辛くなってしまった。

TLにはこんな投稿がいっぱい流れていた。

マッチングアプリ出会った高身長高収入男性と3回目のデートでどう立ち回るべきか悩み相談をする恐らく上位層の女性

ノロケ半分で3歳になる愛娘の育児の大変さを語るお父さん。

仲良し集団ディズニーランドに行った思い出と写真投稿する女子大学生。

俺は気づいてしまった。ここは、普通の人の世界だった。

きっとここにいる人たちは俺みたいに全青春時代2ちゃんねるにつぎ込んだりもしてないし、

この連休中単純に友達恋人も誰もいないからという理由業務スーパー以外外出してないということもないのだろう。

悩み相談的な投稿もあるけど、自分みたいな人間のなり損ないの絶望感漂う悩みじゃなくて、どれも人間人間らしい悩み。

きっと彼らはそれなりに楽しい青春時代を送って、友達もいて、恋愛もしてて、人生設計として当たり前みたいに結婚育児みたいなものがあるんだろうなと。

普通人達の健常で当たり前の投稿を見てると、何もない自分存在がとことん惨めに思えてしまった。

自分みたいな人間のなり損ないのクズ人間にはクズにふさわしい居場所必要なんだなと、そんなことを感じて悲しくなってしまいました。

近いうちにアンインストールするかな。

2021-07-14

Gravityは令和の1ch.tvなのか

みんなGravityを知っているだろうか。中国産の「優しいSNS」を目指した匿名性の高いSNSだ。

リリースされたのは2,3ヶ月前。最初Twitterに大規模な広告が投下されたので、それを見て知っている人も多いだろう。

 Gravityの特徴を挙げると、以下になる。

ユーザ同士は「星」であり、それぞれ独立している、というコンセプト

アイコンは、何通りかの画像からしか選べない

フォロー概念が薄い。基本タイムラインにはすべてのユーザ投稿流れる

ユーザ発言検索機能がない

リツイート機能がない

アカウント作成してまず自分の内的性格と外的性格が診断され、それをもとににお勧めユーザ提案される

リリースして結構すぐに登録したのだが、最初Twitter疲れた若い子が彼氏愚痴を言ったり、惚気の書き込みが多く見られた。

実際、優しいSNS標榜しているだけあって、最初期は「アカウント登録しました、はじめての書き込みです」だけでも10いいねぐらいもらえた。

メンヘラっている書き込みには無条件で慰めや同情などのコメントが寄せられたり、仕事愚痴には多くの賛同が得られたりと、

「なるほど、1ch.tvが目指していた世界はやっと実現したのか!」

などとインターネット古生代に思いをはせたりした。

 しかしながら、徐々にユーザ数が増えるにつれて、自己承認欲求の大きいユーザが目に付くようになった。

内容も変化し、コメント主体だったのが画像主体になっていき、「この服昨日買ったんでけど、似合ってないですよね?」等の

あきらかに「そんなことないよ」を狙っているキメキメの画像が溢れ、いいねが数千〜数万の単位で押されていたり、

出会い厨からDM晒したり、知り合いとのLINE晒したりの受動攻撃が増えている。

そして、今までのような投稿にはレスポンスがつきずらくなっている。

かにTwitterのような万人の万人に対する闘争状態とまではいってない。

一見すると平穏で統制されてるようにみえる。

だが、最近女性が多い環境ありがちな一見平穏だが水面下のドロドロとした思念の流れのようなものを感じる。

実際、最近書き込みにも躊躇するようになってきた。

これはたぶん、性格の悪いユーザ自分投稿監視しているのじゃないかという、

相互監視雰囲気が感じ取れるからだ。

 Gravity感情ゴミ捨て場としては、まだ機能しているようにみえる。

しかし、優しさは徐々に消えつつある。

1ch.tvが目指したインターネットに、人類はたどり着けるのだろうか。

2021-07-04

anond:20210703170600

これがわかりやすいんじゃん。高校生向けの教材らしい ↓

The weirdness - and the logic - of the principle of invariance of the speed of light

https://newt.phys.unsw.edu.au/einsteinlight/jw/module3_weird_logic.htm

 

あと教科書に載っている光速不変の原理については誰もが直感に反すると思っていると思う

直感に反する』とかい理由からではないが、科学者も真面目に光速変動理論みたいなのやってるよ

▼ The critical geometry of a thermal big bang

https://journals.aps.org/prd/abstract/10.1103/PhysRevD.94.101301

We explore the space of scalar-tensor theories containing two nonconformal metrics, and find a discontinuity pointing to a “critical” cosmological solution. Due to the different maximal speeds of propagation for matter and gravity, the cosmological fluctuations start off inside the horizon even without inflation, and will more naturally have a thermal origin (since there is never vacuum domination). The critical model makes an unambiguous, nontuned prediction for the spectral index of the scalar fluctuations:

nS=0.96478(64). Considering also that no gravitational waves are produced, we have unveiled the most predictive model on offer. The model has a simple geometrical interpretation as a probe 3-brane embedded in an EAdS2×E3 geometry.

 

英語科学読み物記事
Theory that challenges Einstein's physics could soon be put to the test | Imperial News | Imperial College London

https://www.imperial.ac.uk/news/176127/theory-that-challenges-einsteins-physics-could/

  

日本語科学読み物記事
かつて光は光速よりも速かった説を証明するかもしれない数値「0.96478」。光速変動理論先駆者発見 - Engadget 日本版

https://japanese.engadget.com/jp-2016-11-29-0-96478.html

インペリアルカレッジロンドン研究者が、光の速度が変化するという説を証明するかもしれない数値を発見したと発表しました。その値は「0.96478」。いったい一体何を言っているのかわからないと言われればそのとおりですが、今後この数値の正当性実験観測によって証明されれば、宇宙の成り立ちの常識が大きく覆されるかもしれません。

  

宇宙では、あらゆる方向から宇宙背景放射と呼ばれるマイクロ波が飛んで来ています。これはビッグバンのあと40万年後ぐらいまでに放出されたごく初期の宇宙の光の名残とされ、そのスペクトル指数は0.968と観測されています研究者発見した0.96478は、さらビッグバンに近い、より古い時期のスペクトル指数値を理論的に導き出したもの。0.968と0.96478ではほとんど誤差じゃないかとも思えるものの、この差が観測によって正しいと証明されれば、太古の光は現在よりも速かったといえるわけです。

 

今回の数値を発見したジョアオ・マゲイジョ教授は、光速変動理論先駆者として知られる人物現在宇宙では片側の端から反対側の端まで、たとえ光の速度でも宇宙ができてからの年月以内にたどりつくことができない地平線問題という矛盾があります宇宙に光の届かない場所があるならば、宇宙場所によって温度にムラができなければなりません。ところが、実際は宇宙空間のどの場所でも温度は均一です。この問題解決するのが、ビッグバンが起こったような宇宙の初期ほど光は高速だったと考える光速変動理論です。

 

一方、現在主流なのは光の速度は一定だとする一般相対性理論に基づくインフレーション理論インフレーション理論は地平線問題解決できるものの、ビッグバンの後、急激に宇宙が膨張した「インフレーション」があったとする"特別な条件"が必要で、この点については何の証明もされていません。もし、マゲイジョ教授らが発見した宇宙背景放射のスペクトル指数値が観測によって正しいと確認されれば、インフレーション理論だけでなく一般相対性理論の一部もなんらかの修正必要になるかもしれません。

 

おまけ:こういうネタで遊べるサイト

Physics Forums

https://www.physicsforums.com/

 

あとTwitter海外情報見てると物理ネタ宗教ジェンダー否定に繋がる生物学ネタはシュバる人多いなって思ってる

世界中どこも民度変わらんわ

2021-06-21

anond:20210621024425

やったことないけどGravityグラビティ)ってのがいいらしいよ

人増えて普通SNSと変わらなくなったってレビューにあるが

匿名でゆるくおしゃべりできるらしい

性格診断テストがあってそれで繋がったり趣味で話せたりするらしいよ

2021-06-20

anond:20210620123325 anond:20221029215623

増田しなきゃええじゃないの。こういうのおすすめ

 

muute (ミュート)

完全非公開で共有機能無し。余計な刺激は欲しくないけど無反応のはイヤって人向け。AIがお返事やフィードバック返してくれる

気分だけの記録も可能だし、写真を載っけられるし、簡易的なライフログ機能も付いてる

あと内省や掘り下げが苦手な人向けに投げかけもしてくれる

 

あと試したことないけど匿名SNSの『Gravityグラビティ)- 癒されるやさしいSNS

レビュー見てる限りでは人が増えたので出会い厨不快投稿が増えて他のSNSと変わらなくなったとあったので

今も趣旨を守れてるかは知らんけどこういうやつ ↓

 

Gravity

外面と内面タイプが丸分かり「性格診断テスト」をご用意。診断の結果を通じて、自分はどんなタイプな星かを相手に伝えます

 

【こんなあなたオススメ

 

【こんな時にオススメ

2021-05-02

GravityかいSNS中華資本入ってそうっていう話

Twitterで某外科医アカウントGravityかいSNSを紹介していた。

SimejiBaiduツールバーなどで悪名高きBaidu Japanと同じ住所らしく、どうも中華資本が裏で関わっているようだ。

SimejiTiktokは、IT文化の許容度が高く、IT戦争について深刻に考えない若年層をターゲットに、

SNSでの動画紹介などを行いアプリの利用を加速させて、他年齢層に広げることを目的にしていたが、

悪用するとすれば、SimejiLine同様に情報を盗む形となり、Tiktok情報を盗むだけでなく文化許容などの

思想統制悪用可能となる。(それを逆手に取ってウイグルのことを広めた人もいるが)

Gravityは、Line有名人利用から利用者を増やしたように、他SNSインフルエンサーPRから

ハイソ雰囲気SNS」を装って、有名人から利用を加速する形を考えているようだ。

Lineセキュリティ侵害がこのタイミングで出てきたということは、どうしても勘ぐってしまう。

いずれにしても注意が必要アプリであるようだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん