「もっちー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: もっちーとは

2019-04-24

休みの日は部屋をマヂ増田片付け傳化出すマヂ間を矢へは火のミス八尾回文

おはようございます

ゴールデンウィーク中は

絶対部屋を片付けると今から意気込んで宣言しておくわ!

衣替えも一気にしたいし

着ないものも一気に処分

ときめかないものはいつかときめくかも知れないと思って結局ときめかない恋の呪文はスキトキメトキスよね。

いや!もう絶対片付けてきれいにするわ。

そういえば、

例の製麺機のおかげで

今まで私調味料的な役割で言う粉物キッチンに一切なかったのね。

から一気に増えた

強力粉そば粉、デュラムセモリナ粉やらを

いつまでも買ったときの袋のまま入れてて置いてもよくないし、

取り出しにくいし、

大きめの密閉容器を買ってきたのでそれに詰め直したいわ。

ここに来て一気に粉ものが増えたか自分でもビックリよ。

さらに増えそうで片栗粉とかも攻略したいわ。

なにしろ片栗粉混ぜると麺に持田香織にも勝るとも劣らないもっちーもっちり感になるんだって

結構うどんはソッコウ攻略できたので、

時間のあるときは、

そば粉やデュラムセモリナ粉で作る麺を攻略したいわ。

っていけないいけない!

部屋を片付けだしたらマンガを読み始めちゃって止まらないパターンになるばりの粉の整理をしそうなところだったわ!

このまま行くとまた掃除の途中に、

製麺機を動かして製麺しそうな勢いだったし。

でもいろんな粉を使ったり配分を変えたりしてみたりして

新たな麺ロードの麺を作ってやってみたいわね。

うふふ。


今日朝ご飯

海苔巻き買っておいて朝食べようと思ったけど、

そんなションテンじゃなかったのでお昼に食べることにします。

買うときテンションは食べるぞって意気込みだったのに、

家について落ち着いたらもう食べたくなくなっちゃうとか。

デトックスウォーター

春のアスパラ美味しそうじゃない?

旬のアスパラガスをスライサーでサッとスライスして、

ものスペシャルというかキューカンバーも加えると、

一気に青臭く野菜フレッシュ香りがしていいわね。

アスパラガスアンドキューカンバーウォーラー

そういうの苦手だったら、

レモンミントを使ってみてもいいわね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-02-08

橋本ハッシー率は異常

https://anond.hatelabo.jp/20180206205336

橋本高橋ハッシー

吉田吉村ヨッシー

増田マッスー率

牧・槙のマッキー

望月もっちー

内村内田うっちー

矢野のやのっち

北野のきたっち率

宮田のみやっち率

井上イノッチ

松本まっちゃん

松本もっちゃん率 松と本は組み合わせ自在採用率も高く優秀な漢字だな

山下やまちゃん率 山田山田

阿部あべちゃん

福田のふっくん・ふくちゃん率

松田松本松村まっつん

小松こまっちゃん

清水のしみっちゃん率

杉本のすぎもっちゃん率

山本のやまもっちゃん率

藤本フジモン

山口ぐっさん

安田のやっさん率

板垣ガッキー

三木ミッキー

山崎ザキヤマ

富田富永トミー

渡辺のナベ率

田村のタム率

小林のコバ率

木村のキム率

長谷川のハセ率

佐藤佐藤 クラス複数いる可能性が高いか名前側であだ名ついてるか

鈴木鈴木 同上。ズッキー?

加藤加藤

森は森

林は林 ハッシーありそう?

田中田中

中村は、チューソンはないよね。なかむーあたりか

佐々木佐々木

伊藤伊藤

本田本田

東、西、南、北のそのまま率

やっぱり3音以下はそのままで十分言いやすいからそのままのことが多いのかな。

斎藤とか、サイトーで3音扱いだろうし

有名人にその例があるとやっぱりなんだかんだで広まるね。(いや逆に良くある例だからこそ芸能人にもその例が見られるだけか)

2010-08-27

http://anond.hatelabo.jp/20100827135324

着眼点はいいけどもっといじらないとダメだろ

そのままじゃもっちーにしかあてはまらないじゃん

もう少し格下のはてなアイドルどもは価値観が俗とは違う(むしろまた別のウザい方向に画一的だけど)し

馴れ合いズルズルのはてなでは普通に支持を受けちゃっているし

2009-10-26

http://anond.hatelabo.jp/20091026104626

もっちー意図は知らんけど。一般的に「英語圏」と言った場合は、コミュニケーション英語を使ってるところが全部含まれるからアメリカ人だけの話じゃないね。

消費者市場を考えた場合、中国が伸びてくると書き言葉としての中国語重要性は確かにぐっと高まるだろう。

ただ、知の生産者としての世界を考えた場合、中国でもインドでも教育レベル高い人は大抵英語使えるわけで。むしろこの世界では生粋アメリカ人なんて少なくて、アメリカ大学院も半分は留学生なわけだし、そうなると基本的にその世界では誰でも通じる英語でどんどん文献も蓄積されるって正のフィードバックがかかってる。ここから言語スイッチするコスト無茶苦茶高い。IPv4に先が見えててもなかなかIPv6にみんな切り替えないのと同じ。「みんなが使ってる言語だから使う」んであって、それを例えば中国語に切り変えるには「周囲の大半が中国語で話すようになる」「主要な文献が中国語でまず出版される」ようにならないと。

そうなるには、中国が本当に一人勝ちになって、まともな研究をするには中国に行くしかない、ってくらいにならないとだめじゃないかな。でもそうなったらなったで、日本語未来ってのはやっぱり明るくないね。

日本国内で十分にでかい市場を回せればいいわけなんだけど、これから人口減ってくしなあ。国内の産業盛り上げるには外に売ってかなくちゃって考えると、じゃあやっぱりビジネスは(英語なり中国語なりの)共通語でやるしかないねってことになる。

2009-06-23

http://anond.hatelabo.jp/20090623183907

おいおい、社会って…はてな界隈で批判されるくらいで社会??どんだけ小さいんですか…

うぶな中学生主婦じゃないんだぜ。

ネットベンチャー取締役ネットで下手な発言をしてネットで批判される。想定内だろJK

たかだか1クラスの30人程度に「かわいがられる」だけで、人間って簡単に自分から死を選んだりするんだぜ。こういうのは、主観的な「割合」次第なんだよ。もっちーも、将棋が無かったらもっと追い詰められてたかもしれないな。

あと、俺は、「JK」とかいう言葉を息をするように使う思考停止君の言うことはハナから軽んじてかかることにしているんだ。すまんね。

2009-06-22

http://anond.hatelabo.jp/20090622093804

だからもっちーサブカルだと「残念」だし、尊重してるようにはみえないよ、という最初にもどるだけ。

だからさ、何で趣味の問題と価値の高低の問題を一緒にしたがるのかな?

例えば、俺はある超マイナー海外ゲームの愛好者なんだ。どれくらいマイナーかというと、ゲーム名を出すと俺の身元を絞り込めるくらいにマイナーゲーム自体は既に絶版になってるし、これ以上同志が増える見込みもない。ただ、現在においてすら先進的な発想が取り入れられたとても優れたゲームだと、少なくとも俺は思っている。

んで俺が、そのゲームの面白さが日本ウェブで注目されないのが残念、とか言ったとしようや。こう言うと、君のロジックでいくと、俺は「このゲームの面白さに気づかないネット住人は糞」とか「東方で喜んでいる奴は下らない」と主張していることになるんだが、本当にそうなのか?

人間てのは、好きと嫌いの二項対立だけでこの世と向き合っているわけではないんだよ。俺は、東方二次創作とかが盛り上がってるのは知ってるが、何ら積極的な関心はない。けど、「東方はすごい」とか褒めないと、君的には「尊重」していなくて「残念」だと主張していることになるから糾弾すべきというわけだ。

極めて下らない発想だねぇ。

別に、「東方」のところにはどんなジャンルを入れてもいいが、何かのシンパであることを強要して踏み絵を踏まそうとするような風潮に対しては、それがいかなるジャンルであろうがイデオロギーであろうが、俺は断固批判し抵抗する。それだけの話なんだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20090622075813

だからもっちーサブカルだと「残念」だし、尊重してるようにはみえないよ、という最初にもどるだけ。

そういう人だよね、というだけだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20090622001337

仮にサブカルローブラウだともっちーが思ってるとして、それが何か問題があるんかね。

事実ローブラウだし、俺たちはそれが「好き」で打ち込んでるんだから、何ら問題はないだろうさ。もっちーも、それを否定しているわけではないし、むしろリスペクトしていると「しか」言っていない。単にもっちー趣味ではなく、守備範囲でないだけだろう。

作品名を挙げて「俺たちの仲間」であることを証明しろって? 仲間以外は信用に値しないとか、それこそローブラウの傲慢じゃないのか? 言ってみりゃ君の言ってるのは、ただのクラシック好きに「けいおん」を好きであることを強要するようなものだ。そんな踏み絵を踏ますようなマネをして何になる。

俺たちはローブラウなものが好きなんだし、そのことに堂々と胸張って誇ればいいと思うんだよ。そうやって「ハイブラウ」に対するコンプレックスを剥き出しにするのは、逆にローブラウを愛好する者に対する侮辱ですらあるんじゃないか。俺は、むしろそっちの方が腹立たしいなぁ。

俺たちは、ハイブラウじゃないもの「だから」ローブラウに寄り添っているのか? 違うだろう? ヒエラルキーに縛られて自分の「好き」を貶めることほど、ばかげたことはない。

2009-06-21

http://anond.hatelabo.jp/20090621213550

大枠で何してるか知ってるから「リスペクトしてる」って発言してるんじゃないの。それ以上の、具体的に東方でどういう作品が作られてて、なんてハンドルの作者が支持を受けてるかなんて俺だって知らないよ。あと、

それに日本ウェブは残念、とか全体で語っちゃってるんだから。

にしたって、本当に君は例のインタビュー記事をちゃんと読んだのかと言いたい。IT戦士煽りタイトルはともかく、実際に「残念」という言葉を使っているのは、

 とはいうものの残念に思っていることはあって。英語圏ネット空間日本語圏のネット空間がずいぶん違う物になっちゃったなと。

 ただ、素晴らしい能力の増幅器たるネットが、サブカルチャー領域以外ではほとんど使わない、“上の人”が隠れて表に出てこない、という日本現実に対して残念だという思いはあります。そういうところは英語圏との違いがものすごく大きく、僕の目にはそこがクローズアップされて見えてしまうんです。

の2箇所だけなんだけどね。実際問題として、日本ウェブではもっちーが期待するような「ウェブの使い方」が広がってないのが残念、って言ってるだけに過ぎない。ここからどうやってサブカル叩きの意図を読み取れるのか、そっちのが俺には不思議

http://anond.hatelabo.jp/20090621124506

だって今現在サブカルやらはてブやら、みんな好きなことを集まってやってるじゃない。

それをもっちーは残念といったんでしょ。

http://anond.hatelabo.jp/20090621120214

だって、OSS歴史的経緯とか踏まえてる人間から見れば、ひがさんのおっしゃっていることは嘘ではないけどかなり違和感があるのも事実だし。

例えば、ブクマ

みんなで寄ってたかって改変できないものを、ソースさえ入手できればオープンソースと言ってもいいって言っちゃうような人が、もっちーを批判する資格は無かろう。他人の誤りに寛容になるか、自らを律するべし。

と書いているatsushieno氏はMonoプロジェクト参加者だったはず。…と思って彼のダイアリを見に行ったらこんなエントリを書いてらっしゃった。

ぶっちゃけOSS定義なんてかなり曖昧な部分があるわけで、「OSSバザールモデルは別物」みたいなオレオレ定義を持ち出して他人を叱責することにどんな意味があるのか。OSSの元祖であるところの、ストールマンの「自由なソフトウェア」みたいに、絶対に譲れない一線だというわけでもないだろう。

もう、スパっと謝っちまえばいいんじゃないかと思うよ。少なくとも、そうしたことでひがさんのお仕事価値が毀損されるわけではないし。

2009-06-07

横だが失礼するよ。

http://anond.hatelabo.jp/20090607152234

大衆受けが能力でない?

オーディションなんて無意味だとでも?

君がタレントになれるとでも?

http://anond.hatelabo.jp/20090607145021

副業を頑張ってるから本業も評価しろと?

バイト頑張ってるから単位をくれと?

http://anond.hatelabo.jp/20090607131442

もっちー技術者なのか?

2008-11-14

http://anond.hatelabo.jp/20081114182841

服の工夫もしてないとかまで元増田ひとことも言ってねーだろwww

妄想おつ。

そんなことだからもっちーとかに馬鹿にされちゃうんだゾ!

http://anond.hatelabo.jp/20081114182841

着る服工夫してないとか元増田どこにも書いてないだろwww

だからもっちーとかに馬鹿にされるんだゾ!

2008-11-13

http://anond.hatelabo.jp/20081113114003

自信度でいえばほぼ間違いない。

愚痴の内容が一般論として書いてあるんじゃなくて、主語が省かれているだけというレベルだから。

どんな愚痴かというと、だいたい立場の違いから来るスタンスの違いを元にした愚痴であって、彼が思う通りに俺がふるまわないことが愚痴や非難につながっている。で、それを放置したところで仕事の進行上重大な問題が発生するわけでもなく、逆に彼の愚痴改善すると、俺の仕事がおかしくなるので内容自体はスルーしている。まあ彼がそう思うこともあるだろうな、とは俺自身も思うし。

つまりこうだ。彼は俺に伝えるまでもない愚痴を、見られてもおかしくないところに書いた。俺はそれを見て、確かに彼から伝えられる必要はない些細な愚痴と非難だと思った。だとしても、愚痴はそれを見るだけで対象不快にさせる。そんな愚痴意図的に見ないようにするにしても、一度彼がそういうふうに愚痴を見える場所に書くことを知ってしまった以上、どうしても不快な気持ちは引きずる。つまり、いいことなんて一つもないんだ。頼むからチラシの裏で書いてくれ。そんな些細な愚痴なら、いちいち見える場所に書くなと。

もっちーの件も同じだと思うけどなあ。

2008-11-11

http://anond.hatelabo.jp/20081111002818

周辺情報をチェックして「俺は読まない」と決めるのは個人の自由に決まってるじゃん

けど、「批評」にまで踏み込むんなら、ある程度相手の主張に取り組んでからにしろよって話だったんじゃないの?

あとさ、「信者」って言葉使うと頭の悪さが露呈するからやめたほうがいいよ。

そもそも俺、もっちーの紹介してる本の内容とか別に興味ないし。

2008-11-10

日本語は既にかなり滅びてますがなにか?

梅田もっちーダンコーガイ自己啓発(笑)の両巨頭が紹介した本には無批判に絶賛がつくといういつもの流れ。はてな村民がいかに自分の頭で考えない人間かよくわかるね。ちょっと前には、英語嫌いの益川先生が歴史に名を残す研究をしたという話が流れたばっかりなのに、すぐ忘れてしまってるんだから。

餅は餅屋という言葉を知らないか

ま、そんなことはともかくとして、言語学新書レベルに読みかじった経験があれば、この両氏の書評著者のインタビューを読んだだけで、モチヲや弾のお勧めを期待してこの本を読めば期待はずれに終わることがよくわかる。誤解なきよう、私は「日本語が亡びるとき」が面白くない本だとは思わない。何しろ相手は小説家、本当のことであろうが嘘のことであろうが面白く書いて読み手に深い印象を与えるプロなのだから、それは期待してもよい。ただし、著者に言語学バックグラウンドがない時点で、論としての面白さを期待するのは諦めるべきだ。SFとして面白いものが科学理論としてよくできているわけではないのと同様、純文学作家言語論に学術的レベルを期待するのは酷というものだ。もともとそういうものなのだから、モチヲや弾のようにあの本を絶賛する人というのは、アジテーターとしての自分を売り込みたいだけか、アフィリエイトで稼ぎたいだけか、あるいはまともな議論とトンデモの区別が付かない程度の知的素養しかないか、そのどれかだろうと思ってしまうのは私だけか(そういえば一部のはてな界隈で人気な「温暖化懐疑論」の論者に気象学者が一人もいないのはどういうことなんだろうね?)。

高校世界史を復習しろ

そもそも、著者が言うような意味日本語が亡びるというのが先走りにすぎるのは英語歴史自体が証明している。英語がどうして、同じゲルマン語のドイツ語よりも、ロマンス語フランス語に見た目が似ているかと気になったことはないだろうか。あれはノルマン・コンクエストの帰結である。英語は文化的外圧に曝されるどころか外敵に征服され、日本語と同じかそれ以上に外来語に「汚染」された言語なのだ。しかしその伝統からシェイクスピアをはじめとする華麗な英文学伝統が花開いた。

日本語も、実際に「地域語」であり、現代と比べものにならない外圧に曝された時代があった。飛鳥奈良時代や、明治維新期などはそれぞれ強大な帝国の圧倒的な文化力・軍事力の前に日本は存亡の危機に瀕していた。しかしそれらの時代に外の文化を大きく導入したことで、逆に日本語の文化は大きく栄えた。

単なる「国力」だけで、言語が「地域語」に堕し、その結果衰退するなどというのが俗論にすぎないことがよくわかるだろう。

日本語の最大の敵は「日本語

そもそも、「日本語が亡びる」という問題意識自体、日本列島言語を「日本語」という名で無自覚にひとくくりにしてしまうことの問題が現れている。アイヌ語琉球語を考えてみるがよい。これらを「方言」と呼ぶのは無理があるだろう。しかしながら「日本語」の隆盛のもと、これらの言語文化は危機に瀕している。

いや、言い直す。そもそも何を「方言」とよび何を「国語」「標準語」と呼ぶかは政治的な産物でしかない。ポルトガル語オランダ語は、かつてはスペイン語ドイツ語の一方言でしかなかった。デンマークでは読み書きができる知識人ドイツ語フランス語を使っていて、アンデルセンキルケゴールが現れる前の「デンマーク語」は「汚い方言」でしかなかった。

その意味で、日本の文化を見直してみるとよい。「遠野物語」のような地域の民話を語れるのは一部の語り部に過ぎないのではないか?いや、かつて日本の「中央」を荷った「上方文化」でさえ、衰退が甚だしい。関西弁ラジオテレビの成立以降、急速に流入した「標準語」の影響によって激しく変質し、江戸時代後期から明治時代にかけて成立した上方落語でさえ、若者子供のかなり多くはまともに聴き取りができない。上方落語日本言語文化の貴重な財産であることは誰も否定しまいが、これを日本人は自ら衰退に追い込んでいるのである。人間国宝米朝師匠事実上現役を退いた今、その前途ははなはだ暗い。

あるいは地域的な変化でなく時間的な変化を見てみるとよい。能は勿論、狂言歌舞伎でさえまともに聴き取れない日本人がどれほどいるか。源氏物語はおろか、明治期の擬古文でさえ現代語訳なしで読めない日本人がどれほどいるか。いやそればかりか、旧字体・旧仮名遣いの文章ですらろくに読めない人間とて決して珍しくあるまい。

このようなことになったのも、一つには近代化の推進のため我々が明治期と戦後に「国語」の成立と普及を強引に推進したせいだというと言い過ぎだろうか。世界に誇る日本文学などと言うが、我々が現代「日本語」を通じて享受できる文化遺産など、たかだか百年分ぐらいしかないのである。

守るべき「日本語」って何?

というか、元々これはそういうものなのである。「国語」という概念は「近代国家」が政治的に成立させるものだ。「江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた」という本があるが、これによると実際、江戸時代では各地の方言通訳する商売が成立していたという。あるいはフランスでは近代化以前、知識人はもっぱらラテン語で読み書きをしており、フランス語は単なる「俗ラテン語」のなれの果てでしかなかった。日本ではもっとひどく、仮名文字さえ実は統一されていなかった。変体仮名というのを聞いたことがあるだろうか。うなぎ屋の看板などで今もその名残を見ることができる。これらがきちんとした正書法と文法を揃えたのは疑いもなく時の権力政治的な措置なのだ。

それを思えば、「今の」日本語がどういう形であれ変容するのは当然であり、むしろ「近代国家」という枠組みが溶解しかかっている(EUを見ればそれは明らかだろう)現在、無理に「国語」を防衛しようとする思想はまさに時代遅れナショナリズム保守反動でしかないとさえ言えるのだ。


からかい半分で書き始めた文章につい力がこもってしまったが、いずれにせよ、「守るべき国語」というのはかくのごとく、大いなる虚構だ。関西人である私がこのように完璧な「標準語」で読み書きができるように、北欧あたりではテレビを通じて完璧英語を多くの人が身につけている。だがそれがいったいなんであろうか。言語の遣い手としては、一つの言語しか使えないよりも複数の言語が使えた方が楽しいに決まっている。考えてみれば、何の問題もないのではないか。

仮にそうした時代になろうとも、日本語でしか書けないような優れた文学作品があるのならば、日本語が読める人は必ずや読むであろう。日本語でなくても書けるものは、日本語で読む必要はない。そうなって困るのはいったい誰なのだろうか。「普遍語」を寡占してグローバリズム伝道を行うことで糧を得ていた人、昔日の栄光に浸る老人、それぐらいしか私には思いつかないのだが。

追記(ブコメ宛)

b:id:Nean えっと、だいたいの論旨に異議はないんだけれど、水村は「国語」が「虚構」ということを知った上で書いてるってのがいつの間にか飛んでるんでない? 「国力」の論点も変ですぜぃ。

水村は「国語」の虚構性を半分ぐらいしか理解していなかったと私は思います。たとえばここで挙げたような方言の視点はほとんどなかったのではないでしょうか。水村は東京生まれということなのでおそらく気づかなかったのでしょう。私のような方言話者にしてみれば「母語が『現地語』でしかない状況」なんて「なにをいまさら」でしかない、というのがこの記事を書いた大きな動機の一つでもあります。

「国力」についてはその辺の地方人バイアスが入っているかもしれませんが、正直あまり自覚はできていません。

http://anond.hatelabo.jp/20081109153229

全く同感。

この件に関して言いたいことが二点。

  1. 知的誠実さを欠いたコメントを垂れ流す人間「バカ」呼ばわりして何か問題があるの?

    異論は認める。

    あ、「立場を弁えろって俺は言ってるんだYO!」みたいなくだらない反論はなしね。

  2. 「俺が○○を批判することを抑圧するのは許さない!」とか言ってるバカは何なの?死ぬの?

    いつ望夫がお前が批判する権利(笑)を侵害しようとしたんだよ。「はてな取締役であるという立場を離れて」って書いてあるじゃん。まさか、「もっちーがボクチンはてなid削除しようとしてるよー助けてー><」とか思ったわけ?(笑

    あとさ、「望夫は自分のエントリへの批判を甘受せよ(キリッ」というコメントと「望夫は俺を批判する権利はない(キリッ(※)」というコメントを両方見るんだけど、他人の意見を批判していいのかいけないのかどっちなんだよw まさか、両方とも同じ人間が言ってるとは思わないけどさ。


※: いやまぁ、実際は「俺の意見を抑圧するな!」って言ってるけど、結局「批判するな!」って主張すると具合が悪いからごまかしてるだけでしょ? あ、異論は認めるよ(笑。

2008-11-09

世に名高いはてな取締役梅田望夫でさえ

「バカ」だの「理解不能」だのとネガコメを書いてしまうTwitterの方が、はてなブックマークより何倍も恐ろしいよ!

…というのはさておき。

もっちーでさえネガコメを漏らすのを我慢できないのに、

無知で無学で堪え性のないはてなブックマーカー連中がどうして我慢できよう。

認めてしまえ。人は誰しもネガコメを口にせずにはいられない。

そのネガコメを公開して人類の叡智の一部とするか(そう、ネガコメだって叡智だ)、

それとも臭いものに蓋をして聖人君子を気取るか、という問題なのである。

決してネガコメを消し去ることはできない。

晒すか、隠すかだけだ。

2008-08-24

もっちーの「ぐうぐる本」風にあおってみた

すべてがシャッター街化する

広告収入が落ち込んできた?。仕方ない。CMの空いた枠に、サラ金を入れろ。いいから入れろ。ほらみろ、金払いいいんだから。え?社会問題?仕方ないな。パチンコCM入れろ。朝から流せ。金払い、いいだろう。

あ?パチンコでも空いた枠埋められない?よし、じゃ風俗CM流してみるか。

すべてがワイドショー化する

朝のニュース番組視聴率が取れない? じゃ視聴者に当たりのいい姉ちゃんとかキャスターに代えろ。有名人コメンテーターと札を貼って座らせてみろ。ワイドショー化だよ。いいだろ。結構視聴率が取れるだろ。扱うネタワイドショー参加者が分かることに限れ。めんどくさいネタは最後に「いったい、政府は我々庶民のことをどう考えているのでしょうか」といっておけばいいって。え?最近、うちの局って映画つくってるの?アニメ?じゃ、声優はやめて人気俳優にしてよ。だって、声優の名前なんてキャスターコメンテーターも知らないよ。ちゃんとワイドショーで扱えるようにしてくれなきゃ。

ニュースワイドショー化は大成功だろ。よし、スポーツワイドショー化しよう。磨き上げた技をじっくり放送してもだめだ。大声であおれ、スタジオキャスターをおけ、豪華なゲストを座らせろ、スタジオで理解できない話をするな。スポーツ選手って地味だな。よし、ラベル張れ。プリンセス。いいじゃないか。これはイケル。すべてのスポーツでラベル張りと絶叫を徹底しろ。

お笑いも低調だな。よし。ステージに立たせてコメディーなんかやらせるな。どうせあいつらにはそんな芸は無い。スタジオに呼べ。司会立てろ。適当馬鹿笑いをあおれ。なに?これでもだめ?よし、カラオケ歌わせろ。

何?アニメが人気?よし、もってこい。司会立てて、スタジオ芸能人座らせろ。昔のアニメなら売るほどフィルムがあるんだから。細切れにしてランキング番組作れば何度でも使えるよ。

旅行番組?あー、だめだめ。その地方の文化とか紹介するなよ。視聴者が飽きるから。え?地元ゆかり作家?ばかだなぁ。芸能人呼んで来いよ。売れない奴。たくさんいるだろう。家族ならギャラ安いからさ。適当におしゃべりさせてろ。

あ、いいわすれたけど人選わかってるな。何かに詳しい奴なんか呼ぶんじゃないぞ。「すごーい」だけ言えればいいんだよ。

2008-05-07

アメリカに来て1年と半年が経ちました

アメリカに来て1年と半年が経ちました。

本当は、京都から東京へ出て、そしてアメリカまでやって来て、そこで新しいサービスを作るつもりだったんだけど、失敗した。

だって、アメリカ人誰一人としてうちの会社に来てくれないし。

もっちーだって、なんの役にも立たないし。

だから、日本人二人でカフェで語り明かしてた。

やっぱ日本人同士は落ち着くわー。

それから、アメリカ人はやっぱりみんな老けてるね。やたらゴツいし、学生なのにもう額がハゲかかってる奴までいる。

だから、一緒にアメリカに行ったれいこんは最高だった。

夫婦と言えばやることはひとつだよね。

そう、セックス

アメリカでは、避妊浮気に厳しいんだけど、俺たちは大丈夫。だって夫婦だし。

だから、中出ししまくったよ。

アメリカでうまくいかないうさばらしに、毎日のようにSEXした。

アジア人はもてないっていうけど、夫婦同士行けばシリコンバレーだろうとどこだろうと関係ないよ。

れいこんサイコー

で、赤ちゃんができちゃったから日本に戻ることにした。

だって、こんなアメリカなんてところにいたら、いじめられちゃうしw

父親がなじめなかったんだから、息子もなじめないに決まってるって。

だから日本に戻ることにしたんだ。

どうせ戻るなら、東京なんて陰気くさいところよりも、やっぱ京都だよねーってことで京都にした。

社員たちも京都に強制的に来させて、うちの会社への忠誠心を見させてもらった。

もちろん何人かはやめたけど、そんなやつら元から必要なかったんだ。

だから、俺と一緒に京都来たヤツらは、最高の部下だね。

ついでにとあるサービスで有名な元ニートも引っ張ってきた。

ヤツは元ニートだから、「2倍金出すよ」って言ったらすっ飛んできた。

やっぱ金だよ。

これはアメリカで学んだ。

俺がアメリカで失敗したのは、金がなかったからだ。

金さえあればあんな連中に負けなかったし、新しいサービスだって作れたし、息子だってアメリカ学校に行かせられたんだ!

だから、俺はここ京都で荒稼ぎする。

成功したら、またアメリカ進出さ。

アメリカ行ったらまた性交して、あたらしい赤ちゃんが欲しいね。

勘違いしないで欲しいのは、アメリカ行ったのは失敗じゃなかったってこと。

子供もできたんだし、いいじゃん。

アメリカ行っても結局引きこもってたけど、学んだのは、インターネットさえあれば、どこでも仕事はできるってこと。

ここ京都で一旗揚げてやるから、今に見ておけよ!

http://anond.hatelabo.jp/20080507090412

2008-02-15

http://anond.hatelabo.jp/20080215034414

アメリカなんか何にもないんだから、アメリカに行ったことがむしろわからなかった。

何もないってわかったから帰ってきたんだろ。

上場しないって決めた時点で好きなことをしながら細く長くやっていこうってことなんだし、

下手に上場して資本金無意味に増やして資本入れたとこから監査役とか役員送り込まれて

入れた金の元とろうとギチギチやられてはてならしさがなくなるよりいいじゃんか。

もっちーみたいなわかってる人以外にかき回されたらみんなはてな使うのやめるわ。

2008-02-07

http://anond.hatelabo.jp/20080206232606

んー、もっちーは、ウェブ専門家じゃなくて、ウェブ人生とか、ウェブビジネス(というと狭く聞こえるが)の専門家だからなぁ。

ウェブ政治専門家ではない、というか、もっちー政治領域を排除した上に自分を立てている。これは『ウェブ時代をゆく』で明示されているよ。

つまり、聞く相手を間違えている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん