「有機EL」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 有機ELとは

2021-04-27

anond:20210426231654

韓国の大画面有機ELが画質が良すぎるのに全然宣伝がなくて驚く

これまでの倍速液晶や4k液晶ステマで信じ込まされてただけだった

液晶有機ELの違いのほうが5倍はある

2021-03-25

anond:20210325155532

テレビ有機EL液晶は一目で違いが判るし、今更大画面で液晶絶対買いたくないと誰でも思う

飲食病院自分が見ない場合は違うんだろうが

anond:20210325154957

有機EL日本で一切作れず韓国から買うしかないと確定した瞬間からいっきに4Kが下火になった

日本以外のアップルとかDJIとかは4k60fpsが当たり前なのに、日本カメラメーカーパソナニックやソニーすら4k30fps

2021-02-25

この10年、PC全然進化しなかったよな

2011年の6万円のノートPC

液晶 FWXGA (1366x768)

CPU 2コア4スレッド

MEM DDR3 4GB

HDD 500GB

2021年の6万円のノートPC

液晶 フルHD(1920x1080)

CPU 4コア8スレッド/6コア6スレッド

MEM DDR4 8GB

SSD 512GB

2021年

光ディスクドライブがないことがデフォルトになりつつある

type-cもあって当たり前になりつつある

SDカードスロットはあったりなかったり

2kgを超えるPCはゲーミングPCではあるが、一般的PCでは見なくなった。1.5kg前後一般的


2030年の6万円のノートPCはどうなるんだろう

有機ELだろうか、マイクロLEDとかだろうか

4Kだろうか、それともフルHDのままか

CPUは8コア16スレッドになってほしい

メモリはDDR5 16GBくらいになってほしい

SSDは2TBくらいになってほしい

ファンレスや、1kgを切ることが当たり前の時代になってほしい

2020-12-07

本当に今月からコロナワクチンの量産できるのか?

なんか明日からイギリスコロナワクチンの接種が始まるらしいんですけど、俺ぶっちゃけ全く信用できんのですわ。

信用出来ない理由って言うのはワクチン懐疑論者だからだとかそういうわけじゃなくて、某電機メーカー製品量産立ち上げの仕事をやっていた身としての技術屋的な視点から懸念

なぜ懸念してるかって?

あえて主語デカくするが、工業製品って少量生産から大量生産に移る時の工数バカにならず、治験完了後1ヶ月で製造体制ができるとは思えないからだ。

年間何億台も製造される携帯電話を例に挙げるが、俺の知っている範囲だと、発売1年前にはハードの開発がほぼ完了している。それから発売までの1年間はひたすら量産に向けた準備に当てられるのだ。

少し例をあげよう。ある製品設計が終わったとして、量産立ち上げで試作品100台くらい作ったとする。このくらいの生産規模だと全てのパーツを単一メーカーの同一ロット調達することができたりするのだが、製造規模が数万台•数百万台に拡大すると、当然パーツのロットは違ってくるし、単一サプライヤーからだと部品数量が安定的に確保できないので複数から調達必要になってくる。

思考実験として、この新製品部品点数が10点だったと仮定してみる。全ての部品を3社から調達すると、僅か10個の部品構成される製品でも、組み合わせは5万通りを超える。まあ実際にはここまで組み合わせが増えないようにはなっているのだけれども。

さて、設計段階では動作問題なかった製品も、製造元や製造ロットの組み合わせ次第では僅かな特性の誤差が積み重なって思わぬ不具合を起こしたりする。明らかに品質の悪い部品供給してくるサプライヤーには改善指導をしたり、ダメそうなら早めに見切りをつけて業者新規開拓したりする必要が出てくる。

そんなこんなで問題を潰して行くこと数ヶ月。月間数千台、数万台と量産できる体制を構築して発売予告をしたとする。そしたら予想外に反響が大きく、想定の何倍もの予約が入りました!そしたらどうなる?

なんということでしょう生産キャパが足りません!

よし、グループ会社の別工場に展開だ!

ぎゃえー(量産エンジニア叫び声)

基本的に、工場が違えば工作機械や測定器は別のものが入っています。同じメーカー装置でも、びみょーに仕様が違ったりします。例えば測定器なら同時測定数や帯域とか、測定ソフトウェアバージョンとかそう言うところね。で、違う装置製品作って違う装置試験すると、びみょーに特性が変わってきたりて、売れないゴミの山を作りつつ、少しずつ改善しながらまた量産体制作りに励んで。

そんなプロセスを3ヶ月〜6ヶ月ヒイヒイやった挙句にようやく最終製品の安定供給に漕ぎ着けるわけだ。最近製品だと、ちょうど今品薄が騒がれているSwitchやPS5の量産担当の人、マジ大変な事になってるだろうな…

話がかなり脱線したが、そういう理由があるんでコロナワクチンの量産はマジで激ヤバだと思うんよ。しかも今度のワクチンmRNAとか言う従来とは違う新しい方式なんでしょ?バイオは専門外だけど、量産普通に激ヤバでね?電機メーカーで言えばニッケル水素電池の量産ラインリチウムイオン電池の量産ラインに置き換えたり、液晶生産ライン有機ELラインに入れ替える感じだよね?製造装置も測定器も部材も従来のラインから大きく変えてると思うけど、マジ大丈夫なのかよ?

というわけで、量産エンジニア視点で見るとコロナワクチン製造は怖すぎて信用できません。まあ1年ほどしたら品質も安定してくるだろうから、その頃になれば打っても良いかなって感じはするけどね。

2020-11-19

日本国民性の嫌いなところ

思考停止やすいのと諦めやすいところホントムカつく。

理系大学を出てエンジニアをやってる30代だが、今回のコロナ禍で人生3回目の憂鬱を感じている。ストレート国民性絶望している。

1回目は17年前。

中国有人宇宙飛行に成功したとき

俺はまだ当時学生だったが、技術後進国だと思っていた中国日本が先を越されたというニュースをに聞いて、後頭部を強く殴られたような衝撃を受けたのを今でも覚えている。

当然、世論も同じようなものだと思っていた。

その頃は日本ロケット打ち上げが失敗続きだっただけに、このニュースに触発されて航空宇宙関連の予算が増額されたり、対抗して野心的なプロジェクトが立ち上がるものだと期待していた。

だが、マスコミは冷めていた。中国ロケットソ連の旧式のデッドコピーで大したことが無いとか、国威発揚のための金の無駄遣いだとかそう言う話ばかりで俺たちも負けるなという声はついぞ出て来なかった。

しか政治家までもがこの状況をスルーして、今後20年間ほどは有人宇宙飛行計画に注力しないという真逆方針が打ち出されるに至った。

俺は世論に大きく失望した。

(ちなみに一部の評論家だけはこの状況を真剣に憂いていて、宇宙への自前の輸送手段日本でも保有すべく、のちのインターステラテクノロジズ前身となる夏のロケット団を立ち上げている。志に共感しているので、毎年ささやかながら寄付をしている。)

2回目は10年ほど前。リーマンショック後のダメージ日本の電機メーカーボロボロになったとき

当時、日経新聞をはじめとする経済紙評論家は、日本品質が良いけども人件費が高いのでコスト競争に負けてシェアを落として敗北したと盛んに喧伝していた。

だが当時電機メーカー就職していた若手技術者の俺の実感は違った。日本企業が負けているのは価格ではなくて、品質製品化のスピードだと。

わかりやすいのが製品に搭載される汎用デバイスシェアメモリーとか液晶とかバッテリーとかね。これがもう特性がいい順番にシェアが高くなっていた。そんで当時日本企業が弱かったのが製品化の速度。今や当たり前に使われているリチウムポリマー有機ELと言った部材だと、量産判断が遅れててそもそも選択肢に日系メーカーが入って来なかったりとか。

大事なことだから繰り返しいうけども、人件費が高いから負けたっていうのは全く実感とは違っていた。それなのに思考停止して、エルピーダルネサスジャパンディスプレイが大赤字を出すたびに同じ事を繰り返し書いてるマスコミにはマジで嫌気がさしている。お前らちゃん調査取材しているか?そんな思考停止ぶりだからシリコンバレーITメーカーアジア新興勢力に敗れ、今やソニー任天堂ゲーム機を除いて、世界通用する製品を出せなくなったんだぞ。

3回目は現在進行中のコロナ対策

もうね、科学エビデンスに基づかない政策の乱発でマジで毎日憂鬱になる。経済感染予防の両立とか狂ったようにお題目を唱えるだけで、実効的な対策はろくになく、世間空気頼り。「欧米に比べると相対的被害が少ない」とか、「中国は封じ込めたと言っているけどそれは嘘だ」とは言うけど、「台湾ニュージーランドは封じ込めに成功しており、日本はこう言う部分が足りていない」とか、「中国は正しい発表をしていないかもしれないので、定点観測した衛星写真で人の移動を調べてみた」とか、そう言う多角的な踏み込んだ事がほとんど出てこない。これでウィルスとの戦いに勝てるだろうか?いや勝てない。

そんなわけで、人生で3回目の日本国民性憂鬱タイムが来てるわけだが、はてなの皆さんは多少なりとも共感してもらえるだろうか?マジでこの思考停止で諦めやすいのどうにかなんねーかな?

2020-08-16

anond:20200816160855

パソコンの速度もそうだけど、消費電力も小さくなった。

昔は800WとかこたつみたいなPC家で使っていて、何か省エネ統計資料会議とき大学先生パソコンの消費電力ってこんなに大きいんですか!って言ってた記憶ある。

プラズマディスプレイブラウン管テレビの消費電力も大きかった。

ブラウン管モニタの奥行や、22kHzくらいで微かに鳴る音が耳障りだったが液晶有機ELで解消された。

2020-05-14

anond:20200514171821

PSVR解像度価格優先とはいえ流石に目が粗すぎた。

それはPS4の要因が大きい。PS42013年に5万円で発売された機器から、それで最新PCVRと戦えというのも酷だとは思うけど。

ついでに言うと、同時期のVR機器比較して、PSVRはかなり良い部品を使ってる。同時期VR機器液晶/リフレッシュレート90Hzに対し、PSVR有機EL/リフレッシュレート120Hzで、現行機器にも見劣りしない。

多分、PSVRの真価は、PS5になってから発揮されるんじゃないかな。PS5発売後に程なくして、PSVR2相当の機器と交代しそうな気もするけど。

2020-04-15

anond:20200415004800

ワイは4畳半に65インチ有機EL置いてるで。

ってか今普通にコスパがいいサイズが65インチなんだから65インチ行っておけば?

日中見てるでもなければ電気代なんてどのサイズでも大差ないぞ。

2020-03-09

有機ELテレビ買った人

そろそろNHKばかり見ているとQRコードが画面に焼き付く頃

2020-03-08

anond:20200308074140

JOLEDの印刷有機ELパネルSONYのcrystalLEDディスプレイぐらいしか国産は無いんじゃないの

どっちもプロユースかハイエンド向けでクソ高いけど

2019-12-17

オリンピックがないと困る業界

大画面テレビつくってるところ。

有機EL有機物から4年くらいで壊れる」ってネットで読んだ!(キリッ

2019-11-24

日記

PCディスプレイが壊れてしまった

かいやつ

頑張れば治せるかもしれないけど、元が安いから素直に捨てようと思う

ディスプレイが壊れるのめずらしい、7台あるけど全然壊れないし

 

初めて壊れたから、どうやって捨てるのかわからんなぁ

あと買い替え、めんどくさいなあ

次に買うのは有機ELの55インチって決めてんだよ

2019-10-16

おい、googlePixel 4をリリースしたらしいぞ

デュアルカメラ

・799ドル

ディスプレイ:5.7インチ有機EL

なんでここでiPhone11 未満のスペックの奴をだすのかな…

2019-08-14

anond:20190812225348

既に文化では抜かれてるからなあ。

技術も怪しいもんだ、日本ができなかった有機ELパネルの量産化は韓国が実現したからなあ。

有機EL日本まれ技術なのに。

将来は「有機EL起源日本だ!」とかわめき散らすようになるのかねえ。

2019-08-01

物が買えない現象

1.買い物などのために自転車がほしいと思った

2.2万円程度で買えるなら、優先度が高い

3.どうせ買うなら電動がいいなと思った

4.電動なら8万円を超える

5.8万円を超えるなら、優先度が低い

6.買い替えが嫌なので、2万円の自転車を買うこともない

7.結果当分買わない

8.でも本当は自転車がほしい

 

この現象名前つけてほしいわ

 

1.Aがほしい

2.AがX円で買えるなら、優先度が高い

3.どうせ買うなら良いやつが欲しい

4.良いやつはY円する

5.Y円ならば、優先度が低い

6.買い替えが嫌なので、X円のAを買うことはない

7.結果当分買わない

8.でも本当はAが欲しい

 

ぶっちゃけ家電とか乗り物とか

無くても生きていけるから、何も買わない状態が続いている

もうこれ2年位続いてる、大丈夫自分

もっと何も考えずにノリで買えよ

 

_____

 

ちなみに同じ現象で買えていないもの

冷蔵庫(3年)

洗濯機(2年 ドラム式欲しい)

・机(1年 自作したい)

Mac(40万円)

ディスプレイ(2年 有機ELのやつほしい)

本棚(5年 最近もはや不要になってきた)

・服(半年 ブランド品ばっか買ってる)

ソファ(買ったことない こわい)

カメラ

・絨毯やカーペット

かばん(1年)

共通点:でかい、重い、1つあれば十分、買うのに悩む、売りにくい、とか?

 

意を決して買ったもの

・ベッド(セミダブルの良いやつ)

椅子(ゲーミングチェア

カーテン(遮光一級のいいやつ)

 

たぶん意志が弱いんだろうな

いつ買うんだろうな〜と思いながら1年以上経つの

どの商品が良いか、調べるところまではやるんだけど、そっから放置する

 

________

 

蛇足

◯わかりづらい解説

  

今、商品A、Bがあるとする。BはAの上位互換で高額だ。

A,B、どちらか1つあれば十分な場合、AからBにアップグレードした時に2つになってしま問題がある。

それの対処は「Bを買った後にAを売る」「Bを買った後にAを捨てる(あげる)」「Bを買った後にAを放っておく」「Aが壊れたらBを買う」「Aを買わずBを買う」などあると思う。

「売る」ができると非常に嬉しいが、「売れない」「売るための手間が大きい」商品結構ある。

更に「耐久年数より前にアップグレードしたいと思っている」とき、「Aが壊れたら」の選択がとれない。

残る選択肢は「Aを捨てる(あげる)」「Aを放っておく」「Aを買わずBを買う」。

あげる、放っておくというのは価値放棄なのでもったいない、となれば「Aを買わずBを買う」が残るんだけど、

Bは高いため、今時点の予算オーバーしてしまう(他の商品CやDやEと競合する)

Bが高いせいで優先度が相対的に落ちて、購入が先延ばしになってしまう。

結果、Aの価値もBの価値も得ることができない期間が生じる。と言う現象

 

例外

消耗品

・2つになっても気にならないもの

・2つになっても、Aの耐久年数までBの価値が落ちない場合

・十分に安い場合

 

→これら例外を除外すると、該当するのは家具家電などのデカブツとなる

 (特に捨てるのが億劫とか、捨て方が分からないものはより顕著になる)

 あとは血圧計のような売れない類の機器とか、サービスとかも入ってくる

 会社だと正社員採用もこれに該当すると思う

 

考察

これが少し厄介なのは比較軸が「AかBか」という単純な構造をしていない点だ

時間軸と、CやDやEという別の選択肢が混ざっていてるから評価変数複数あって混乱するんだ

そのうち考えるのが面倒になる

たぶん私の間違いは、多く指摘されているように「3.どうせ買うなら〜」の部分だと思う

分不相応ものを買おうとしている

昔は「いっちゃん安いので!」って事が多かったけど、少し稼げるようになって「背伸びすれば良いの買えそう!」となってからおかしくなった

 

たぶん予算の使いみちを決める人とかもこういうの悩むんじゃないか

 

____

 

「既にAを買った場合に買い替えづらい」のようなコメントがあるけど、これはこの現象と表裏一体だと思う

たぶんAを買ってしまったら、Aが壊れるまでもったいないからBを買わないんだと思う

それが理解できているからAに手が出ない!

特にデカものはそう(エアコンとか照明とか。前の家では照明が無い真っ暗期間があったw)

 

要はケチなのか?アホなのか?

もったいないとか言って不自由になってるのは我ながら滑稽

2019-07-31

貨幣視点にとらわれすぎてはいいか

https://www.newsweekjapan.jp/noguchi/2019/07/mmt2.php

への批判

顕名での場所だと面倒なのでここに。

筆者は貨幣供給を内生的、外生的とよんでいて、その対立だと述べている。ただ、内生的、外生的というのが、何を指しているのかいまいちわからなかった。

内生的操作ベースマネーでの操作、外生的というのを、金利操作を通じた信用乗数操作なのかなとは感じるが。

ベースマネー×信用乗数マネーサプライ−①

マネーサプライ×貨幣流通速度=国内総生産(=総需要=総供給)−②

の式がある。

信用乗数は、銀行融資を増やすこと(信用創造)による通貨増(銀行が預けられた金を元に、貸出をしても預けられた金は銀行にあり、預金者が自由に使える。よって、貸出分と、預けた分で金の量は増えてる)

貨幣流通速度は通貨取引に回される回転数。金の回転のこと。

中央銀行ベースマネー操作できる。ただし、日本全体での貨幣であるマネーサプライである

信用乗数本来金利の調整である。ただ、金利というのも金の需要資金調達)と供給(貯蓄)のバランスでは本来決められる。

現在金利が非常に低くても、融資、増資など資金調達が増えない状態にある。IS-LM分析(I:投資,S:貯蓄,L:流動性選好,S:貨幣供給)に見ると、金利が低いため、LM線が水平の部分にかかっていて、

わざわざ融資をしてまで設備投資をしないよねという状態

まり流動性の罠の状態に陥っている。

融資による信用創造が起きない。だから、外生的操作機能しなくなっている。リーマン・ショック後、世界各国は内生的操作であるベースマネー操作をした。そんなことをしたらハイパーインフレになってしまう!と言われた。実際には、マイルドインフレ自体も成せていないが、それ以前のデフレからは少し抜けた。

さて、この状況を見て、流動性の罠だから、外生的操作信用乗数操作)は限界で、内生的操作ベースマネー増加)が意味がある。という議論だ。

という論が強くなった。だから、それが内生的、外生的の議論であろう。内生的、外生的が、僕の想像した定義と合っていればだが。

なので、筆者のIS-LM分析は間違ってると思う。ゼロ金利に近いがLM曲線が横に寝ている状態にあるから利子率が上昇しないってこと。現在LM曲線流動性の罠の水平と見るべきだろう。

まあ、日本ではマイルドインフレを成せなかったのは消費税増税の悪影響もあったが。

さて、ここで、ベースマネー信用乗数貨幣流通速度の統計を見てみよう。(画像貼れないので各々検索ぅ!)

ベースマネー急上昇、信用乗数低下、貨幣流通速度低下。が起きている。

だが、もう一度①,②の式へ戻ってみよう。

インフレデフレは、あくまで総需要、総供給関係とすると、②式が重要。そして、貨幣流通速度は定数だと考えられていたが、実際は変数で、低下している。

貨幣流通速度側の対策もしないとならない。そして、政府支出自体貨幣流通速度の一要素なので、最終的な総需要、総供給に影響を及ぼせるということ。つまりマイルドインフレに導けるということだ。

からこそのマネタリスト批判ということもあるだろう。マネタリストは、数量貨幣説を持ち出すが数量貨幣説はまさに①.②の式であり、最後貨幣流通速度まで関わってこそ意味があるものからだ。

貨幣流通速度が低下している基では成り立たない。マネーサプライ貨幣流通速度を同時に対策しないとならないということだ。そこで、マネーサプライ偏重マネタリスト批判されているのだろう。数量貨幣説を根拠にしつつ、貨幣流通速度が定数だという誤った仮説をもって、数量貨幣説を無視しているから。

ただ、信用乗数金利が0以下にならないからもう限界だ。

なので、現在金利をそのまま維持するように誘導して、ベースマネー、及び、貨幣流通速度の対策両方をすることになる。それが、ベースマネーを発行させての財政出動だ。

マネーだけの対策では不足だというのが、マネタリスト批判

というのが、筆者への批判

ただし、僕もMMTも完全に賛同しているわけではない。新自由主義に比べればはるかに良いとは思っているが。

ひとつは、輸入、及び外貨借金の増大に対する影響。もうひとつは、IS-LMのL:流動性選好の問題だ。

資金過不足統計上(貯蓄投資バランスISバランス内部)の振る舞いから示す。

ISバランス上、政府資金不足=資金需要資金調達ISバランス投資と、他の主体資金余剰=資金供給ISバランス貯蓄は一致する。

(この式の理由マクロ経済学の入門の本、サイトならならどこにも書いてるからISバランス、貯蓄、投資あたりで検索ぅ)

MMTによる財政出動は、ISバランス上、国内預金を元に政府国債を発行するのと変わりがない。なので、政府資金不足側にかたよる。そうすると、他の主体である家計企業海外資金余剰側にかたよる

別の言い方をすれば、政府支出して、国内企業家計が儲かれば、いろんなことに金を使って、最終的には誰かの懐に落ち着くよね。ということ。

国内家計国内企業ならいいのだが、海外から物を買うとなると少し問題がある。というのは、日本家計企業あくま日本円で買ってるが、海外相手にはそれを外貨に変えて、支払ってるからだ。

また、輸入が輸出より大きい時は外貨借金調達している。財サービス利益収入などをひっくるめて、海外の収支全部の合計を経常収支という。差分赤字が出た時は自国通貨が流れ出ているか借金をしているかのどちらか。

まあ、なので、基軸通貨であるアメリカMMTによる財政政策に躊躇することはない。自国通貨海外に流れでても、発行すりゃいいだけだから痛くも痒くもない。

日本も、経常収支黒字である間は問題がない。

この外貨による借金(経常赤字)が積み重なると、やばい財政破綻となる。ギリシャアルゼンチンなどは経常赤字の積み重ねで、もうこれ以上借金ができないという時に輸入が急ブレーキがかかり、自国通貨が下落した。

なので、日本国民、日本企業あくまで、日本製品を選び続けるぐらい日本企業が強くないとならない。

もうひとつは。LM曲線流動性選好だ。

これは何かというと、銀行預金にして、銀行が貸し出すなり、あるいは、誰かの出資依頼に答えて出資するか、あるいは銀行にためておくかの問題だ。

金利が低下すると、融資出資しても焦げ付いて意味がない可能性があるので、誰かの資金需要に答えずに貯めこむままでいておく。

というしてん。ただ、僕はここに、フリーハンド法人税減税、累進所得税減税の影響も絡んでいる。

富裕層は必需品は買っているから、金を貯めこむ比率高まる企業そもそも消費の主体ではない。適切な設備投資案件がないと思えば貯めこんでしまう。

そういう特性があるのにバカバカこの貯めこむ主体を減税してきた。

から流動性選好で金利が低下したという影響に加えて、そもそも流動性選好で、LM曲線を寝かす働きが

フリーハンド法人税減税、累進所得税減税にあるのではないか?というのもある。

とすると、あくまで、法人税減税、累進所得税減税をやめて、元に戻す。ただし、具体的に何か設備投資に繋がる支出や消費であれば減税するという形にして、LM曲線流動性選好を操作してやる必要もあると思う。

先の、日本国民、日本企業日本製品を選び続けるぐらい強ければ財政破綻は起きないと述べた。だが、フリーハンド法人税減税は、設備投資低下につながっている。

経常収支黒字だが、貿易収支赤字を出すようになっている。液晶が敗れ、液晶の次の技術である有機EL液晶地場を作って有機ELにかけた海外会社のものになりました。

リチウムイオン蓄電池日本負け気味だし、この感じだと、リチウムイオン蓄電池地場をつくた会社全固体電池でも勝つのかもねと思ってる。

なので、デフレで緊縮なんてことをしないのはもちろんだが、企業設備投資誘導研究投資誘導も併用する必要はある。

2019-07-08

韓国人日本製品不買運動wwww

韓国嫌いだから韓国製品を買わないって人がいたけど

ソニーかどっかの有機ELテレビ買ったと自慢してるのを聞いて大爆笑した思い出がある。

韓国人にも同じような無知が沢山いるんだと爆笑中。

2019-07-03

anond:20190703111248

有機EL蛍光材料が不均一に塗布されている状況を指す「mura」という単語日本語とある単語から来ている

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん