「ケチ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ケチとは

2017-05-22

給料下げられた。

給料下げられた。

今年から新たな給与制度導入された。

年功序列をやめ、評価に基づいて昇給等を決めるものだ。

上司面談を行い、目標を設定し、半年ごとに進捗を確認し、年度末に評価を得る。

俺が得た評価減給

業績は目標を大幅に上回ったのにも関わらずだ。

その理由は「主体性がないから」。

「与えられたことしかしていない。」「コミュニケーション能力がない」と言われた。

意味が分からない。

ここ1年、ずっと自発的仕事をしてきた。

所属部署業務5割以上は俺が担ってきた。

新しく入ってきた社員には分かりやすマニュアルを用意したうえで仕事を教えた。

同僚や違う部署の人から質問されたら、どんなに忙しくても手を止めて答えた。

同僚や他部署人間たちとも良好な人間関係を築いた。

部署を悩ませてた諸問題解決してきた。

ちゃんと客観的な結果を残した。

それなのに減給された。

素敵な指示書とともに。

指示書にはつらつらと俺の人格否定する言葉が並んでた。

それらを改善するための行動計画書を作成するように指示された。

すぐに分かった、だれがこの評価を下したのか。

入社1年目の時に課長だった人だ。

あの人は俺を個人的に嫌っている。

目標設定の際も現在の直属の上司に、散々俺の目標についてケチをつけていた。

上司に嫌われた人は仕事できても出世できない。

そんな日本企業における常識は知ってる。

きつく当たられることも仕事のうちだってことぐらい苦いけど呑み込んでる。

だけど、結果出してるし、周囲に具体的な害を与えたわけでもないのに、減給にするなんてやりすぎじゃないか

これはパワハラと言ってもいいんじゃないか?

2017-05-21

http://anond.hatelabo.jp/20170521182227

アニメゲーム漫画好きでも「萌だけで内容の薄いアニメ(漫画ゲーム)はクソ」って層はいるだろ。作画ばっかり突いて中身をちゃんと見ない層だっている。一緒くたにすんな。

ただ、自分の馴染みのない文化において入り口が駄目だったら、理解する気も失せるだろ。

理解してもらえないことに不平不満を言う前に、何故理解を得られないのか?を理解してそこを埋めるにはどうすればいいか考えろ。

それが出来ないならお前が個人的に楽しめばそれでいいだろ。他人好き嫌いなんか千差万別なんだから他人の不理解にいちいちケチつけんな。

http://anond.hatelabo.jp/20170521174838

ラノベを読まんので、いい作品もあるかもしれんという事は一応考慮する。

が、ダンまちラノベが一巻無料だったので読んでみたときの印象が強烈すぎて、ラノベ肯定する気になれない。なんというか、文章がクソ。良い大人幼児用の絵本を読んでるようなもの。(と、俺はアレを読んで思った。)アニメ面白かったのになー。勿体無い。

までも、好きなら別に他人の目なんか気にせず楽しめばいいじゃん。お前がそれで幸せなら、間違ってるのは、お前の幸せにいちいちケチをつける奴のほうだよ。

バトルシップパシフィックリム47RONINも観に行かなかったくせに、

いっちょ前にホワイトウォッシングだなんだとケチつけるメリケンはやっぱりくそ

2017-05-19

校正の極意

昔、とある会社サイト掲載されていたのに知らない間にページが無くなっていた。

この極意を肝に銘じ仕事をしていたのに残念。

4,5,6条が素晴らしい。

【第1条:信じるヤツは、アシすくわれる】

【第2条:全て「疑う眼」で見るべし】

【第3条:「慣れ」と「思い込み」は、命とり】

【第4条:満点以外の校正はクソと心得るべし】

【第5条:自分は「アホ」だという自覚を持つ】

【第6条:粗探しに誇りを持って常に真剣勝負

【第7条:文字パニックにご注意】

【第8条:さまざまなジャンル用語網羅すべし】

第9条:日々是情報収集

【第10条:校正の極意】

"

【第1条:信じるヤツは、アシすくわれる】

校正マンは何も信じてはいけません。一番信じてはいけないものは「自分」のこと。

校正には知識必要です。だから校正マンである自分仕事関係上、それなりに努力もしているので知識を持っていると思っている人が多いようです。そして自分知識に自信を持っている人も多い。そういう人は、校正マンとして不向き!

自分知識に間違いはないと信じて、いちいち調べて確認することを怠った者は、アシをすくわれてスッ転ぶだけ。知っていることも、いちいち確認するのは面倒な作業ですが、自分知識を信じることなく、確認する労力を惜しまない人が、確認作業プロフェッショナルなのです。

【第2条:全て「疑う眼」で見るべし】

校正仕事は、常に「疑う目」で見ることが必要不可欠。まずは、第1条で述べた通り、自分自身を疑うべし。そして確認するための工程使用するアイテムも「疑う眼」で見なければなりません。国語辞典出版社によって、編纂者によって、辞典の大きさによって(小事典・中辞典・大辞典)も内容が違います。どれを使っても大同小異ほとんど同じだと思っている時点で確認プロフェッショナルではありません。同じ言葉でも辞書によって解釈が異なる場合があることを念頭においておかなければなりません。インターネットでの検索も「疑う眼」で確認すること。情報が多く便利なアイテムですが、情報が多すぎることが問題ひとつ。ふたつ目の問題は、間違った情報も多いという点。確かな情報源を手に入れるまでに、情報の海に溺れてしまう時もあります。常に「疑う眼」で見ることを忘れずに付き合っていると、情報の海で土左衛門になる前にインターネット情報の拠りどころとして使えるようになってきます。紙媒体インターネット等、拠りどころは多いにこしたことはない!数値のデータは、最新のデータの方が良いし、旬の時事ネタを調べる場合にも、印刷物書籍など)よりもインターネットの方が断然便利です。インターネット情報を得る場合には、必ず複数データ調査し、公式サイトなどのデータ確認します。校正大切なことは、信頼できる情報確認すること!疑わしい情報確認しても、それって確認作業にになってないし…(汗)。

【第3条:「慣れ」と「思い込み」は、命とり】

職種によっては「慣れ」ることにでより技術に磨きがかかり熟練工としてして匠と称される場合も多々ありますが、校正プロフェッショナルとしては「慣れ」は大敵でもあります校正のコツを身につけ、経験を生かして間違いを予想して校正することもありますが、この場合細心の注意が必要です。「慣れ」は「思い込み」を生み出すきっかけとなるから…「思い込み」は校正マンの目を曇らせ、ミスを見落とすという最悪の結果を招きます。常に初心を忘れず「思い込み」を全て捨て去り“無心”の状態校正に挑むのが、確認作業プロフェッショナルとしての基本です。

「慣れ」と「思い込み」は命とり…これを肝に銘じて、集中力と根気をもって最初から最後まで校正することが何よりも大切です!

【第4条:満点以外の校正はクソと心得るべし】

校正お仕事は、その結果100点満点が当たり前!満点をとっても誰にも褒められることはまずないという、ちょっぴり寂しいお仕事でもあります。全てのミスを見つけ出すことがお仕事なのですから、当然といえば当然です(…が、たまには褒めてもらえるとうれしいのです。ブタもおだてりゃ木に登るぅ~ってな感じで、次回の校正への励みになりますし…)。満点以外の校正は、言葉が悪くお下品ですが(詫)、“クソ”と同じ…そんな校正なら、しない方がマシ(!?)時間無駄使いをしてしまったと落ち込みます。致命的なミス発見できれば、少々の校正ミス(=モレ)があっても実質的な損害を与えることにはなりはしませんが、お客様からの信頼は確実に減少するのは免れることはできません。校正の精度が疑われるような校正結果では、お客様安心していただくことができません。皆さんも経験があると思いますが、試験100点をとるために何度も見直して「完璧!」と提出した答案が、返却された時の点数は98点…なんてことはザラにあります100点満点を目指すなら、200点目標確認作業をしてトントン校正マンは、200点を目指して、120点を目標として常に全力投球します。その結果の100点なので、満点で当たり前というわけです。

校正業務を開始する際に、体調などに左右されることも。なかなか集中できない場合もありますが〆切は待ってはくれません。どのような状況でも集中できる体制を即座に整えることができる…これがプロフェッショナルです。満点以外の校正はクソですが、集中力を欠いた校正作業はクソ以前の問題です…全身全霊をもって集中して校正に挑んでも、校正ミス可能性はなくならないのですから

校正作業完了し、全責任を担うべく校正紙にサインをした後は、ヘトヘトになり暫しの間放心状態になります校正は毎回が真剣勝負、全力投球ですから当然です…“この一球に悔いなし”!

【第5条:自分は「アホ」だという自覚を持つ】

自分のことを「賢い」と思っている人は、大バカ野郎!逆に、自分を「アホ」だと思っている人は、自分のことを「賢い」と思っている人に比べれば「賢い」人です。自分は「アホ」だから、間違うかもしれない!という思いを常に心の隅に常駐させつつ、そんな自分他人様の制作したものに対して間違いを探したり、ミスを指摘したりするなんて恐れ多いコト…と、謙虚姿勢校正に対するのが、確認作業プロフェッショナルです。その謙虚姿勢が、いちいち確認する面倒な作業を怠ることを防ぐための防波堤役割を担ってくれる上、確認する労力の源となるので、自らの間違いやミスの発生率が極端に減少するわけです。自分のことを「賢い」と驕っている校正マンは、いつか取り返しのつかないドツボに填まることになるので、今すぐに校正マン廃業した方が賢明(…!?)です。

なお、自分は「アホ」だという自覚を持っているのにもかかわらず“あほミス(注)”をしてしまったら、それは本当の「アホ」…目も当てられない状態です。そんな状態に陥った「アホ」は、即効で校正マン廃業すべし。

(注)あほミス…「アホちゃう!?」と叫びたくなるような“あほ”みたいなミスのこと。知識能力の不足ではなく、不注意による誤り。SETでは「あほミス」と言いますが、一般用語では「ケアレスミス」のことになりますかね。ちなみに「ケアレスミス」は、careless mistakeの略語です。

【第6条:粗探しに誇りを持って常に真剣勝負

校正お仕事は、実に意地の悪いお仕事です。制作者もプライドを持って全力で業務に勤しんでいます。「完璧だっ!」と渾身の制作物を校正するのですから、その作品の粗探しをする校正マンは、疎ましい存在なのでは…(涙)。しかしながら、ミスや間違いを発見するのが校正マンの使命ですから、そこのところは一歩も譲ることな任務を全うすべし!粗探しという、一見、意地の悪い作業に誇りをもって、全力で挑まねば制作者に対しても失礼にあたります制作社は、作品ケチをつけられたらカチンときたり、ミスを指摘されたら「クソォ~」と悔しがるのが当たり前。そんな感情が湧かない方がおかしい…湧かない場合は、制作作業に対して手抜きしてるからでは?ミスの指摘を受けて悔しがらない制作者は、問題あり…なので、そんな場合には一言苦言申し奉ります。「ミス校正で見つけてもらったらいいや~」などという怠惰な態度は、校正マンに対する冒涜制作者も、常に100%の完成度と誇りをもって全力で校正マンに挑んでいただきたい。分野は違えど、制作校正プロフェッショナル同士の真剣勝負なのですから

【第7条:文字パニックにご注意】

校正(笑)一種に「文字パニック」という症状があります日常の全てにおいて目にする文字がすべて疑わしくなる病気(!?)です。校正業務ではない日常生活においても、辞書等で確認せずにはいられなくなる…それは読めない漢字意味がわからない用語でなく、通常に使用している簡単漢字であっても。その上、一度確認してもまた同じ文字が出てくるたびに辞書を引っぱり出している自分がいる。やめたいのにやめられない、辞書等で確認しないと落ち着かなくてパニくる…これが「文字パニック」。治療方法としては、休養することしかなく、目と体、そして心を休め落ち着いて回復を待つこと。あわてないことが重要で、確認作業プロフェッショナルなら一度はかかる通過儀礼のようなものなので、自覚症状があらわれた際には、校正マンとして一人前になったのかなぁ~と喜ぶべき病気(!?)ということで、お赤飯でも炊いてお祝いしてください(笑)

文字パニックとは別に校正マンがかかりやす病気として「本が読めなくなる病」もあります活字とにらめっこしている時間が多いため、もう活字は見たくないという原因をもつ場合と、本を読んでいても、無意識誤植を探していて内容を楽しむことができなくなる場合の2種類があり、この病にも特効薬はありません。本人の意思時間の経過により、体力と気力が回復すればそのうち治るでしょう。でも、貧乏ゆすりと同じでクセになってしまったら、なかなか治りません。私の場合子供学校からもらってきた学級便りやお知らせのプリントに朱入れしてしてしまう始末。町内の回覧板広報誌やフリーペーパー等々、印刷物を目にするとダメですね。インターネットの画面では今のところ症状は抑えられますが、サイト情報プリントアウトすると、誤植探しをし、数値を重複確認してしまっている自分に気付く今日この頃です(汗)。

【第8条:さまざまなジャンル用語網羅すべし】

何事にも興味を持ち、広く知識習得すべく心を開放しておくこと。自分には関係のない分野の話も、小耳にはさむ程度でもいいので気に留める寛容さが必要です。ひょんなことで、その知識が役立つことがあるからです。校正は、自分知識確認することはなく、調べて確認する作業です。この調べるという作業で、広く知識がある人とそうでない人との差があらわれます校正ではさまざまなジャンル文章校正するため、歴史社会自然科学技術産業芸術など広い分野の知識必要とされます。全ての分野で専門知識をもっているスーパーマンになることは、並大抵の努力では不可能です。用語の大よその意味理解できていたり、見当がついていれば、調べるときに大変助かります校正に費やせる時間無限ではありません。校正マンは、校正だけできればそれでよいというものではなく、定められた納期を守って校正できることもプロフェッショナルとして当然のビジネスマナーです。限られた時間で、どれだけ正しい情報にたどりつけるか…校正マンとしての力量が問われるところです。

第9条:日々是情報収集

前条と内容が重なりますが、ジャンルを問わず知識習得するための心得をもうひとつ友達との何気ない会話、家族との日常職場で流れているラジオテレビ番組CM…等々、日々の生活情報収集に事欠くことがありません。しかしながら、ただただ聞き流してしまうのか、ちょっと意識を持って聞いているかの違いで、情報収集の機会は雲泥の差を生み出してしまます。「さぁ~情報収集だっ!」と意気込んで調べものをすることもありですが、日々の生活でのチャンスを逃す手はありません!いちいちメモして資料を残すなんてことは大変ですので、少し意識を変えるだけで充分です。人間の脳ミソは全く知らないコトを思い出すことは不可能ですが、一度でも耳にしたことは思い出せる可能性が0%ではありません。また、必要に迫られた場合や、自分が興味のある事柄は自ら情報収集することができますが、自分の頭の片隅にもないような事柄についての情報収集することはできませんよね。不特定多数対象情報提供してくるラジオテレビ、街中での雑談や目にする様々な媒体ちょっと意識するだけで、情報収集きっかけは生まれるのです。

校正時での「疑問出し(注)」の巧拙に、期せずして校正マン能力があらわれてしまます。とんでもない見当違いの疑問出しをした場合校正マンは赤っ恥をかくだけでは済まされず、校正の精度そのものに疑いがかかり「この校正マン大丈夫?」という状況を引き起こししまうのです。「これで大丈夫ですか?」と指摘したのに、「オマエこそ大丈夫かい?」という展開に…(涙)そんな事態を招かないためにも、日々是情報収集は、プロフェッショナルとしての日常のあり方です。

(注)疑問出し…原稿の間違いや不備ではないかと考えられるが、調査してもはっきりとは間違いだと判断できない箇所を「これで大丈夫ですか?」と、制作者や先方様に確認するために校正紙に校正マン鉛筆で書き込んでおくこと。

【第10条:校正の極意】

校正に極意はありません。ただ「無心」で校正に対するのみ…

しかするとソレこそが、校正の極意なのかも!?

"

引用http://www.set-inter.com/creator/kotomi-t

趣味にたいしてあーだこーだ言う人への模範解答

趣味ケチつけてくる人へ

じゃあお前のやってる立派な趣味は何よ?→(趣味を聞く)→へー、そーなんだぁーーご立派ですねwww

趣味自体無駄だと言う人へ

お前は無駄な事が出来ない人生を歩んでしまったんだな…

[]19日法務委員会採決は残念ながら確実

国会ウォッチャーです。

 今日の山尾議員不信任決議案の演説はよかったですね。しかも記名投票とかwそんなに自信なかったんですかぁ与党は?って聞きたくなりますね。あと加計学園関連では、桜井充議員愛媛県今治市職員藤原内閣官房審議官の打ち合わせ(構造改革特区から国家戦略特区への出し直しを提案したとされる)についてなんかもってそうだったのが興味深かったです。農水委員会桜井議員から森ゆうこ議員のとこはご覧になっても損はないかと。櫻井さんが、松本内閣府副大臣に、「東大北大の前でお前らには任せられないか加計学園に任せるよっていってこい」っていってたのは笑えました。しかし残念ながら、加計学園問題でどんだけ新たな材料がでようと、金田さんがまともに答弁できなかろうが、なんだろうが、結局与党が事前に決めた30時間を経過したとの事で、明日共謀罪法案委員会採決を防ぐ手段は残っていません。また総理入りの取りまとめ審議もないとのことなので、最後に審議終局宣言、終局質疑省略が動議されて、大騒ぎになると思います与党一年議員を中心としたいつも国対委員で、定足数の為に駆り出されている連中が大挙してやってきていれば、強行採決間違いなしです。まぁやらないでしょうが現在野党が切れるカードは2つだけです。

大島理森衆議院議長不信任決議案提出

 こちらは、まぁ最後の一手の手前なのでぎりぎり可能性があるかと思いますが、ケチのつけ方が難しいところです。鈴木淳司委員長の解任決議案を否決したのにも関わらず、鈴木淳司委員長運営方針がまったく改善兆しを見せないというところで、衆院議長が不誠実な委員会運営是正しなかったというような割といちゃもん的なやり口になってしまます。ま、絶対に未決で終わるけど,鈴木淳司委員長の解任決議案は再提出して欲しい。金田法務大臣ももう一回やってもいい。無駄だけど。ちなみにこの一事不再理原則を破って二回不信任決議案を出した前例自民党横路孝弘衆院議長に対してやってるので、心配しなくていいよ!(二度目は採決せず)

内閣不信任決議

 こちらは最後の一手ですのでまず絶対やらないですね。大島さんの例とは逆に、いくらでも理由については述べることができますが。これは最後最後の、参院本会議採決前にとっておくでしょう。取っといて意味あんのかは知らないですけど。

と言うことで、明日の25分ずつの山尾、枝野井出逢坂議員衆院での民進党共謀罪質疑の最後になります。まったく納得のいく質疑はされてないですが、残念ですがわが国では、これはもう選挙の時に決まっていることのようですので残念ですがこれまでです。結局緒方林太郎議員の再登板もなかったな・・。25分では枝野さんの前回の議論の復習も終わるかどうかですね。どうせ金田さんは「一般人捜査対象にならない」、「テロ等準備罪でこれまでの共謀罪とは全く異なる」みたいな今まで言ったことのあることしか言わないだろうし。あーほんとにむなしい。ちなみに参院法務委員会は、真山勇一議員有田芳生議員小川敏夫議員郡司彰議員、仁比聡平議員と言うことで、衆院論客ぞろいの陣容に比べると幾分たよりないな、とは思いますが、頑張っていただかないと、とは思います。とりあえず、法務委員会では枝野さんはじめ、民進党の本気は見れたので、通ってしまったとしても、頑張ってくれたこと自体には感謝したいです。

2017-05-18

童貞増田の為に女を教えてあげたい

童貞基本的ケチ

女に金をかけるのがいやだ

女にもてるためだけに身だしなみに金をかけるのがいやだ

金金かねきんこ!

そういうやつが長いこと童貞を続ける

我も昔はそうだった

しかし、風俗で学び今じゃ年一でマカオに行くようになった

そんなワシからおぬしら童貞の民にお金があまりからない風俗店を紹介しよう

なんと、フェラが一回1000円

行ったら感想増田に書いてほしい

この記事トラバしてくれたら見るからよろしく

http://aitata-o.com/

http://anond.hatelabo.jp/20170518015911

元増田だけど、それやっちゃだめなやつでしょ…

それ真に受けてご祝儀さないぐらい社会性のない人は、本人は研究はできたとしても、優れた研究指導者にはなれないんじゃないかな…

どう取られるか分からないわ。「あなた研究指導者には向いてない」とかを婉曲に言い回していると取られるかもしれん。

あるいは、「相当なケチだという噂が広がってますよ」という婉曲な言い回しと取られるかも?ご家庭の事は詳しく存じないが、もし、本当に経済的に苦しい事情があったのだとしたら、「お宅の事情知ってますよ」みたいな、脅しと取られるかもしれない。

そんな怖い事できません。

http://anond.hatelabo.jp/20170518020440

男性痴漢冤罪が怖いとは言うけど、実際痴漢冤罪に遭う可能性は0.000002%程度なわけで、

それを女性は最低でも半数以上痴漢に遭ってる50%と比べるのはあんまりだろ

まりにも痴漢が多いか女性専用車両ができてるのに

ケチ付けたいだけだ

そもそも増田女性専用車両に乗ってろというから、それが不可能だと伝えただけなのにw

2017-05-17

http://anond.hatelabo.jp/20170517192833

単に女は自説と自分人格区別がついてないか

自説にケチつけられただけで人格攻撃とみなしてるだけだよ

自分が頻繁にやってしまう嫌がられる行為

久しぶりに、親しい人を不快にさせてしまったので反省のタメに書く。

世の中的に評価されている作品を鑑賞した結果「自分は好きじゃないな〜」と、思った事があるだろう。

だが、主観的感情を抜きにして、その作品アピールポイントについて考えてみて欲しい。

恐らく、どういった魅力を持っていて、どういう人達が、どんな箇所に魅力を感じているのかは、なんとなく想像がつく筈だ。

それでも、本当に全く反応できない場合がある。「そんなにも何が評価されているのだろうか…」と。

仕事柄なるべく多くの価値規準を持っておく必要があるため、魅力の仮説も立てられない作品があると困惑する。

そんな時、一緒に観ていた人(もしくは観た事のある人)が魅力を見いだせていた場合

その作品にどういった魅力があったのか、しつこく質問してしまう。

自分と近しい関係の人であればある程、執拗になる。

単純に知りたくてしょうがないのだ。

自分の見つけられなかった魅力について、見つけられた人の視座の持ち方を。

ネット感想や評判を見れば、なんとなく仮説は立てられる。

だが、現実に付き合いのある人達の方が人となりを知っている分、もっと想像やすい。

そういった身勝手理由で、ついつい分かるまで質問してしまう。

説明する側だって自分が魅力を感じている何かについて話す事」自体はそんなに辛くないだろうと、高を括って。

ここまで書いた時点で、相当に自分勝手な振る舞いだな…とウンザリするのだが、まだまだ不快指数高まる。。。すみません

昨夜やってしまったのが、ここからである

30年ほど前の映像作品をみて、部分的には魅力を見いだせたのだが、社会的にどう受けているのか、大きな要素が想像できなかった。

既に鑑賞済みの人と一緒に観ていて、その相手は「完璧映像」と賞賛しており、作り手側の人間だったのも相まって、しつこく聞いてしまった。

ところが、具体的にどういう魅力があるのか質問しても「自分作品の良さを一々誰かと共有する文化がない」と言われ、

作品の良さを分かっていながら言葉説明しようとしないのは、表現者として怠慢なのではないか?」と詰め寄ってしまった。

その後も「優れた映像作品言語不可能だし、する必要性を感じない」と返され、

「全ての魅力をキチンと言葉表現しきるのは不可能かもしれないが、自分が感じた魅力について断片的にでも言葉提示する事は可能だろう。」

「魅力を知りたがっている人がいて、自分が魅力をみつけているのに説明しようとも思わないその態度は疑問だし、言語化の必要性が無いと思う事はおかしい。」と言ってしまった。

その後、「なんで、増田からそんな風に質問攻めにあわなければならないのか?私には理解できない。」と不快感をあらわにされ、会話は途絶えた。

こうして増田に書いて冷静に読んでいると、「こりゃ嫌われるよ。当たり前じゃねぇか。」って気持ちもあるのだが、

「いいじゃん教えてくれたっていいじゃん!ケチ!!!知りたい知りたい!教えて教えて!!!」って感情もまだまだ全然あり過ぎて、ついに寝れなかった。

でも、どう考えても絶対自分が悪いので反省します。

自分のモノの見方や考え方を他者強要している時点で論外

そもそも映像作品に対するリテラシーが低過ぎる

・人に教えを請う態度では全く無い

・親しき中にも礼儀あり

・我が儘過ぎ

もう二度とこのような事が無いようにします。

迷惑をかけた皆様、すみませんでした。

2017-05-16

監視カメラはまるでかからん

事実地下鉄はもう取り入れだしてる

JR私鉄はまったく動く気なし

地下鉄ホームドア積極的に設置していってるが

ケチのクソ企業JRはなかなか設置進まない

2017-05-15

苦情を言った人をきちんと人間として見るか見ないか問題

自分身の回りに起きたケースになぞらえて言うと、最初は本人も周りも優しく忠告したと思うよ。

最近ちょっとにぎやかなようだけれど、どうしたの?」「眠れないのでもう少し静かにお願いできませんか?」とか。

普通感覚の人ならハッとして迷惑にならないよう改善に努めるわけだけど、

トラブルメーカーとなる騒音主は口では判りましたと言っていても、じわじわと同じ音量まで近づけてふりだしに戻すか、

そもそも対応しようとしない。(あるいは「ちょっとマシになった程度」にしかならなかったとか)

ひどいのになると対応しないどころか、苦情主を病気扱いしたり

苦情主が迷惑と思ってない家庭に(例えば深夜のバイクの排気音に困って苦情を伝えたのに夜泣き癖のある子供を抱える家庭に)

「お宅の事も文句を言っていたわよ」等と噂を流して味方に付けようとしたり、

逆に苦情主が出す常識的生活音や行動にケチをつけだし、被害者ぶったりする。逆切れ、あるいはいじめって奴ですな。

騒音主がもう少し人として丁寧に改善できていたなら防げていたはずの事件だけに、残念に思うよ。

http://anond.hatelabo.jp/20170509063805

2017-05-13

http://anond.hatelabo.jp/20170513110200

そんな優秀な奴がアメリカ中国ヨーロッパに行かないでわざわざ日本に来る理由はなんなん?

ましてビザサポート給料から天引きかいゴミクソみたいなケチ臭い待遇しか出せないような低付加価値ビジネスやってる会社に来る理由ってあるの?

2017-05-12

初デートレストラン相手を置いて帰ってきた

着席直後、メニューも開かずにお勧めはなんですか?だって

馬鹿にするにも程がある。

メニュー開けよ!真っ先に目に入る料理お勧めだよ!

それとも何?初めての店なのにいきなり裏メニューとか出してもらえると思った?馬鹿なの?

そもそも、あなたのことを何も知らないお店の人がどうやってお勧めすればいいと思う?

好きな食材は?味付けは?調理方法は?

そんな情報一つもなしに、ピタリと言い当てられるのはエスパーかお母さんかインチキ占い師だけだよ!

それなのに何でちょっと大人びた態度でドヤ顔してんだ。

から見たら気味悪い薄ら笑いにしか見えてないからね。

そんな恥ずかしい男と一緒にいるこっちの身にもなってくれよ。

じゃなにか。

わたしもそういう感じで選んだってことだ。

えーべつに僕ちゃん好みとかないけど、とりあえず普通に美味しければいいかな。的な。

残念だったな。

こちとら見た目以上に個性的食材をそこそこにパンチの聞いた調理法で仕上げて来たマニア好みな一皿だよ。

お前が知らないようなスパイス山盛りだから気をつけろよな。

大体こういう男に限って、自分からは好みとか言わないくせに出された料理にはケチを付けるよな。

それで大したことなかったねとか言う。見てらんない。

それ言うお前は大したものなのかつーの。

毒にも薬にもならない褒め言葉並べるのもどうかと思うけどね。

要するに、ちゃんと自分のこだわりをもってもらわないと困るんですよ。

お互い中高生みたいな動物的な恋愛をする年でもないんですからね。

どうしてわたしが気になってどうしてわたしをこの店に誘ったのか、一切感じられねぇ。

とりあえず女探してて、マニュアル通りの店に連れてくればあとはなんとかなると思った?

平均って中間とれば出てくる結果であって、万人が喜ぶものじゃないからね。

頼むから一生DTと添い遂げて。

そうはいってもわたし寛大ですから、それくらいで置いて帰ったりしませんよ。

せっかくお店に来たのだから、男がダメでも料理だけでも楽しんで帰りたいですから

そしたらこいつ、店員の勧められるままに料理をオーダーして、更に飲み物までお勧め聞いた挙句にそのまま注文しやがんの。

しかも二人分。

すごーい!きみはとても良く食べるフレンズなんだね

2017-05-11

http://anond.hatelabo.jp/20170511121418

日本人ハイコンテキスト文化のせいで「ケチ付けられた!」って思う敷居が低すぎる気がするんだよね。

2017-05-10

http://anond.hatelabo.jp/20170510182004

そういう嘘松認定はアホっぽいなとは自分も思うけど

それを書いた人がなんでも嘘松認定しているとは限らないのでなんとも言えない

なんとなくムシャクシャしたからくだらないケチをつけてみたとかそういう感じに見える

2017-05-09

http://anond.hatelabo.jp/20170509124825

>AQM 流れに対して不自然に停車して譲ると、あなたの車が作った死角から出てきたバイクが譲った相手と衝突することがあるので、譲るときには後方確認しましょう。などと他人善意に少しケチをつけたりすることです。

常識的運転をしていればクリアできていることでマウント取ろうとするゴミ。などと晒すことです。

2017-05-08

住居を借りたら負け

日本というところは徹底的な身分階級差別があり、資本家が偉く、それは社会構造を維持するためで、つまり資本家よりも社会構造の方が偉く、人間よりも社会構造の方が偉い。

例えば住宅典型的だ。

住居を買うにも殆どの人が借金をしている。住宅価格新築購入時がピークでどんどん減価償却していくから、つまり消費するカネを借りている。バブル崩壊前ならまだしも、平成時代はずっと、買った住宅価値が上がることはおよそない。借りたら負けである

賃貸住宅もっと危険だ。貸主と不動産業者が必ず優位になるようになっている。借主は完璧差別される。身分階級差別格差ともいう)が明白だ。

近年は、保証会社なるものがあって、連帯保証人なしで借りられるようになってきている。これはもっと危険だ。保証会社は明らかに、貸主や不動産業者の味方である。借主が保証会社調達してくることはない。保証会社というビジネスは、保証会社が最も得をし、次いで貸主や不動産業者が得をし、借主が損をするシステムになっている。貸主や不動産管理業者が立ち退きをはじめメチャクチャ要求をしてきたときに、借主は孤立無援四面楚歌である

から、借りるのであれば、何かあっても自分100%味方になってくれる人を連帯保証人につけねばならぬ。ここ、極めて重要必要不可欠。保証会社という制度を使わされる時点で完敗。

同じように、勤務先の借上げ社宅制度を利用するのも極めて危険である。なぜならば借主は勤務先であるからだ。例えば、勤務先が元・勤務先になったときやはり、孤立無援四面楚歌になりうる。借主ですらない入居者の自分立場は、吹けば飛ぶような屑である

言うまでもなく、緊急連絡先とか身元保証人とかいうのがいても、ナンセンスである。そんなんはただのオブザーバーにすぎない扱いにされるのはみえている。

「そういわれたら、東京就職なんかできへんやろボケ」と思うだろう。そのとおりである。住居を借りないといけないような生活をせねばならぬ時点で敗北である。もう煮るなり焼くなりスキにされるしかないスキ焼きである

そういう身分階級差別国家ですから江戸時代も今も。

しか東京一極集中という地域階級差別化が完璧で、バブル崩壊以後は殆どどこも(ケチるために)ヘッドクォーター東京に集約してしまった。だから大学出て企業就職するとなればかなりの事例において東京本社ですから、もう救いようがないよね。

で、結局は、東京就職したら負けである

私がセミダブルサイズの布団カバー買うと何かおかしいの

サイズ念押し確認はいと返事したのに今度は

服とは別に包みますか、って

どういう意図なの

全部麻の布もの普通に紙袋にまとまるサイズ

何か嫌がらせなの

何かすごくケチがついた感じで気分悪い

返品しようかな

ソシャゲに金使うのは別にいいと思う

アホみたいな浪費だと思うけど何でケチ付けるのかわからん…。

バカバカみたいな金の遣い方してるんなら順当じゃん。

お金が変な方に流れて、ほんとうに貴重なもの価値分からんバカが買って駄目にしちゃうより億倍マシじゃん。

バカにはバカに見合った買い物してもらわないといけないんじゃないの?駄目なの?

ソシャゲに払う金がもったいないとか他人ケチつけたくて仕方ないやつの金の使い道なんてろくでもないですよ定期

消費者庁の件

結論最後の三行です

twitterを見ていると最近FGOで5万爆死したか消費者庁に訴える」旨のツイートがバズっていて、云々。

自分FGO勢ではなくてグラブル勢で課金額がまあ生活に支障ない程度って立場からこれを見てて、いや、違うんじゃねーのって思ったことを書きたい。

先に、乱文ごめんね。あ、あとソシャゲ天井確率設定の法律云々まったく見てません。自分には関係ないので。

で、なんで炎上してんのかな~って思ってRT先とか暇だからちょちょっと覗いてみるんだよな。

まあ大方こんなもん。

自分は○○だぞ~構文はこのような案件だとすぐ炎上するのはまあわかる。これ身内でだけ使っていい構文だぞ。

課金額で威張るのはただの馬鹿からその辺は察してやってほしい。

課金自己責任ってとこがたぶん主な論点というか、課金者全体が同意しつつも運営には文句を言いたいところだと思う。

ソシャゲガチャ制度なかなか闇なんだよね。出ないのはほんと確率通り体感確率以下。まあ個人差だな その辺オカルトに近い。

課金しただけ確率が上がる、ってやつも法律に掛かるんでしたっけ?


根本的に

件の人だけじゃない多くの人が消費者庁に訴えたいのは "本当にこのガチャはこの確率通りなのか"ということだろうね。

確率収束するのに絶対数が足りないとかほざく輩もいるけど統計学よくわかってないくせに確率を語るのか、、と少し思う。自分もかじっただけでガチ勢に怒られたくないので書かないけども。

で、なんで炎上したのかって多くの人に何かしら思うところがあってそれが爆発した感じなんだろうなとは理解できるわけだけど、自分がそうじゃねえだろって思う根本理由が一つのツイートに対して課金層すべてが反応してしまってるから。まあそれはTwitterメリットでありデメリットでもあるけど。

このゲームだけに限らずオンラインゲーム全体に言えるけど課金したほうがそら強いんだよね。課金した対価として。

生活に支障が出ない、重課金層がよくツイートで何万課金して出ました!って発信すると、RT先とかで一般層は うわやべえな、と。

今回騒いでるのはおおかたその一般層といっていいのかわからんけど 

わけではないけど  

って人間でしょ? 

富裕層と同列で話してんの?いやそんな軽いお遊戯じゃねえよ?

ソシャゲのものを甘く見てるところあるよね 据え置きからソシャゲに移行したタイミング学生だった位の人とかさぁ

思い出してほしいんだけどこれはギャンブルだよ? 賭け。 

パチンコと同じだよ パチンコで負けてお役所に訴える奴いるのか?(パチンコの闇は置いておいて)  

パチンコは厳格な設定とか云々確立してるからなんだがそこはソシャゲの発展途上な部分で、変えていかなきゃね。消費者庁にいこうね。いつでも。

そんないちいち騒ぐことじゃないだろって話。 端から問題だった規約にあとからケチ付けるみたいでそういうとこ自己責任とは思うけど

こんな賭けだが乗るか?って言われてはいって答えたのがお前。

なんで運営が悪い~だの いや引いた奴が悪い~っていう責任擦り付け合いになるんだかわからん みんな悪いわ 現状腐ってんだから 

ごめん、殴り書いてたらなんか落ち着いてきたからもう書くのやめるけど要点だけ書くね



おわり

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん