「ぷらら」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ぷららとは

2019-07-13

炎上を恐れたSo-net改竄による印象操作隠蔽を始める

事の発端はこれ。

So-netインターネット接続サービスSo-net forドコモ光」事業譲渡のお知らせ | お知らせ | So-net

https://megalodon.jp/2019-0527-2128-34/https://www.so-net.ne.jp:443/info/2019/op20190527_0020.html

ユーザ軽視のやり方に批判が出始める。

So-net for ドコモ光」のぷららへの事業譲渡譲渡拒否するユーザーに対する負担に不満の声 | スラド IT

ttps://it.srad.jp/story/19/06/25/1527203/

追記ありSo-netによるドコモユーザいじめ

ttps://anond.hatelabo.jp/20190623141622

ドコモ光 for SO-NETぷらら移行問題 その1|ありけん|note

ttps://note.mu/ariken0601/n/nc8371b8de198

この間にもニュースリリースは何度か更新される。

https://megalodon.jp/2019-0628-1625-08/https://www.so-net.ne.jp:443/info/2019/op20190527_0020.html

そして7月12日にもSo-netニュースリリース更新する。

https://megalodon.jp/2019-0712-1952-38/https://www.so-net.ne.jp:443/info/2019/op20190527_0020.html

Q&Aが別のページに移動した。

問題なのはこの更新改竄による印象操作隠蔽を行なったこと。

まずは印象操作

本来修正日は7月12日にも関わらず7月2日更新日を偽っている。

まりぷらら事業譲渡した直後に更新されたように見せかけている。

何も問題がなければ7月12日更新されるのはおかしいと考えたのだろう。

今月に入ってWeb魚拓を取られていなかったため大丈夫だと判断したのかもしれない。

しかGoogle7月11日キャッシュを見ると最終更新日が6月26日であることがわかる。

(誰かGoogle特定キャッシュへのリンクの貼り方を教えて欲しい。)

次に隠蔽

別ページに移動したQ&AにはSo-netにとって都合の悪い情報がたくさん載っている。

ttps://www.so-net.ne.jp/guide/docomo/assignment_qa.html

しかキャッシュ拒否指定されておりWeb魚拓が取れない。

他のアーカイブサービスもどうも全滅の模様。

普通に考えてQ&Aのベージのキャッシュ拒否するなどありえない。

まりSo-netは都合が悪いと考えておりこれを隠蔽したがっているとわかる。

でもバレちゃったね。

2019-06-23

anond:20190623204004

元増田です。

一例です。

長年So-netを使っているので多くのサービス登録にここのメールアドレス登録されています

また、ここのメールアドレスしか連絡のつかない人もいるわけですね。

にも関わらず、

13.メールアドレスを変更しなければならないのか

現時点では変更不要です。(※)

(※)サービス提供内容につきましては、外部環境の変化等に伴い、変更される場合がございます。変更される場合には、NTTぷらら又は弊社から事前に変更内容をご案内させていただきます

こんな変更時期がどうとでもとれる書かれ方をしては安心できません。

接続サービス全体が譲渡されるならともかく、一部の利用者だけ譲渡される、つまり(ぷららではなく)So-net自体メールアドレスサービスが残るなら、

So-net契約した方が安心ですし、接続サービスSo-netと、回線契約So-net経由で行いたいと考えるのは自然なことじゃないでしょうか。

追記ありSo-netによるドコモユーザいじめ

もう余り時間がない。拡散してほしい。

先に結論

選択パターンによっては、1週間以上インターネットが使えなくなる上に2万円近い出費を強要される。

更新履歴

6月23日 「当面は」について追記

6月23日 手続きの順番について追記

6月24日 モバイルコースでもファミリーパックの契約可能との記述がみつかったのでファミリーパックに関する記述を削除

6月24日2019年6月19日に発表されたこと」を追記 ← ※重要

6月24日 「その他」を修正

6月25日はてなブックマークへの返事」を追加

何があったか

So-netインターネット接続サービスひとつであるSo-net forドコモ光」がぷらら事業譲渡されることになった。

ttps://www.so-net.ne.jp/info/2019/op20190527_0020.html

利用者が取り得る選択肢は2つ。

ひとつは何もせずそのまま事業譲渡を受け入れプロバイダぷらら自動的に変更されるのを待つ。

もうひとつは「事業譲渡拒否である。この「譲渡拒否」が曲者で、「So-netドコモ光を利用し続けること」ができるわけではない。

譲渡拒否後に行うことができる選択肢が多岐にわたるため、全体を把握できているのかわからないが順を追って説明していく。

少なくとも3パターンあるようだ。

1. 譲渡拒否のみを行った場合

So-netとの契約接続サービスなしの「モバイルコース」(200円/月)に変更される模様。この際、違約金3000円が発生する。

ファミリーパックに入っているとメールアドレスを3つまで無料で追加できるが、「モバイルコース」の説明によると1つのIDメールアドレスが1つのようなので、その場合モバイルコース複数契約することになりそう。

モバイルコース」への変更を拒んだ場合メールアドレスが使えなくなり復活も不可能とのこと(この場合の違約金などは不明)。

ドコモ光との契約継続されるが「単独タイプ」に変更され事務手数料が3000円加算される。

単独タイプ」はプロバイダなしのプランのため、7月からインターネットが使えなくなる。

インターネットを再開するためには自分プロバイダ契約する必要がある(この際、初期手数料工事費が発生する場合あり)。

プロバイダ契約後に「単独タイプからプロバイダありの契約への変更が必要になる。

ここでもプラン変更が発生するが、「単独タイプからプロバイダありへの変更は無料のようだ。

しかし、インターネットの開通まで1~2週間も待たされるらしい。

2. 譲渡拒否を行いニュースリリースに書かれている指示に従う

ニュースリリースから引用する。

なお、譲渡拒否される場合2019年7月1日以降ご利用についてお客様のご要望に応じた以下の手続きドコモで行っていただく必要がございます。また、お手続きの内容により手続き費用が発生しますので予めご了承ください。

(1)ドコモ光のご利用プロバイダの変更

手続きNTTドコモへお手続きをお願いします。

費用  :3,000円(税抜)

<参考URL

https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/application/procedure/change_provider.html

ここでも費用3000円が発生する。

So-netとの契約接続サービスなしの「モバイルコース」(200円/月)に変更される模様。この際、違約金3000円が発生する。

ファミリーパックに入っているとメールアドレスを3つまで無料で追加できるが、「モバイルコース」の説明によると1つのIDメールアドレスが1つのようなので、その場合モバイルコース複数契約することになりそう。

モバイルコース」への変更を拒んだ場合メールアドレスが使えなくなり復活も不可能とのこと(この場合の違約金などは不明)。

お客様のご要望に応じた」とあるし「ドコモ光のご利用プロバイダの変更」の前に「(1)」とあるため複数選択肢があるように読めるがこの方法しかない。

バカなんだろうか。いや、バカにされているのか。

尚、最新のニュースリリースからは「(1)」が削除されているので魚拓を参照のこと。

ttps://megalodon.jp/2019-0527-2128-34/https://www.so-net.ne.jp:443/info/2019/op20190527_0020.html

3. 譲渡拒否の上、So-netプロバイダとして継続利用し、他の回線に乗り換える

ここまででも相当バカにされていると思うが、ニュースリリースをよく読むとドコモ光の継続利用を前提としており、So-netプロバイダとして継続して使用するための選択肢が用意されていない。ここから地獄の本番だ。

6月末にドコモ光を解約(解約手数料0円)。

So-netとの契約接続サービスなしの「モバイルコース」(200円/月)に一旦変更する必要があるそうだ。この際、違約金3000円が発生する。

ファミリーパックに入っているとメールアドレスを3つまで無料で追加できるが、「モバイルコース」の説明によると1つのIDメールアドレスが1つのようなので、その場合モバイルコース複数契約することになりそう。

7月から新たに回線業者契約する必要がある(この際、初期手数料工事費が発生する場合あり)。

回線開通までには現状確認のための事前確認の日と実際の工事の日の設定が必要らしい。

事前確認は「ドコモ光」が解約された状態でないと行えないため7月以降となり、その後工事日を設定することになる。

早くて1週間ぐらい、混んでいると2週間ぐらい待たされることになるらしい。

その後、再度So-net契約接続サービスありに変更する必要がある。この際、違約金3000円が発生するらしい。

厄介なのはドコモ光を解約する際に高確率で違約金(戸建で13000円/マンション8000円)が発生することだ(詳細は後述)。

業者都合の事業譲渡にも関わらず、インターネット回線の長期の不通、煩雑手続き、度々発生する手数料や違約金をユーザに課すことになる。

手続きの順番も複雑で、特定の順で行う必要があり、次の順でないと各々の処理を受け付けてもらえない。

So-net譲渡拒否手続きドコモ光で解約手続き→他の回線業者新規契約So-netコース変更」

この順番に関してもニュースリリースには説明がなく、サポートの窓口で手続きを行なった場合、当然各々で長時間待たされることになる。

ドコモ光解約の違約金

そもそもドコモ光はそれほど安くない。安くないのに契約する利点はあるのか。実は、ドコモスマートフォンとセットで契約しておくと、スマートフォンの月額料金が割り引かれるサービスがある。

また、スマートフォンの2年縛りと同様に固定回線の2年縛りで安くなり、これでやっとドコモ光は他の回線業者と肩を並べられる値段となるため、スマートフォンと同時に申し込む人の多くはドコモ光の2年縛りを選ぶことになると思われる。

So-netプロバイダとして残し、ドコモ光を解約し他の回線契約する場合更新月でない場合は違約金(戸建で13000円/マンション8000円)が発生する。

また、既存回線フレッツ光だった場合、「転用」という扱いで光コラボであるドコモ光に工事不要契約変更できるためタチが悪い。

逆に光コラボフレッツ光に戻すには一度解約が必要なため、今回のケースで回線の不通期間と諸々の経費等が発生する一因となっている。

技術的に可能と思われるのになぜこんな制限があるのか理解が追いつかない。

その他の動き

締切日延長

5月27日ニュースリリースでは譲渡拒否の締め切りは最初6月20日であった。

ttps://megalodon.jp/2019-0527-2128-34/https://www.so-net.ne.jp:443/info/2019/op20190527_0020.html

それがニュースリリース更新で締め切りが6月25日に変更となっている。

ttps://megalodon.jp/2019-0620-1012-32/https://www.so-net.ne.jp:443/info/2019/op20190527_0020.html

更新日は6月14日と6月19日であるが、6月18日にニュースリリースを見ながら各種手続きの準備を行っていた時はまだ締め切りが6月20日と表示されていた記憶があるため、(Web魚拓がないため正確なことは言えないが)6月19日更新で書き換わったと思われる。

どちらの更新日で書き換わったにせよ、締め切り直前に書き換えた上に締め切りが延長されたことを明言しないのは非常に不誠実だと思う。

「本件に関するQ&A」

6月18日にニュースリリースではQ&Aが大量に追加されていた。

苦しさが滲む出た内容となっている。

例えばこれ。

19.Plalaを利用したくない。So-netに戻してほしい

サービス提供事業者NTTぷららに変わるため、So-netに戻すことは出来かねますが、現在のところ、お客様のご利用環境は大きく変わりません。ご利用を継続いただければ幸いです。

相当数の問い合わせや苦情が寄せられていると推測できる。

13.メールアドレスを変更しなければならないのか

現時点では変更不要です。

サービス提供内容につきましては、外部環境の変化等に伴い、変更される場合がございます。変更される場合には、NTTぷらら又は弊社から事前に変更内容をご案内させていただきます

14.So-netしかないサービスを使っているが、どうしたら使い続けられるか

現在ご利用のSo-netサービスについては、継続してご利用いただけます

サービス提供内容につきましては、外部環境の変化等に伴い、変更される場合がございます。変更される場合には、NTTぷらら又は弊社から事前に変更内容をご案内させていただきます

「当面は」と書かず「現時点では」や「現在」と苦しい説明をするということは、例えば一ヶ月後に変更になる可能性も十分ある。

よく読むと現在So-net提供しているサービスであってもユーザが利用していないサービス対象外であり、今後利用を開始することができないことがわかる。

特にメールアドレスが変更されると影響範囲が大きすぎる。

読み込めば読み込むほど怒りがこみ上げてくる。

事業譲渡するにも関わらず新規契約を受け付け

5月27日事業譲渡ニュースリリースを行なっているにも関わらず6月13日まで申し込みを受け付けていたらしい。

ttps://www.so-net.ne.jp/access/hikari/docomo/

このベージでは6月30日まで受け付けている。

プロバイダ一覧にSo-netと共にぷららが載っているのはなんの冗談なんだろうか。

ttps://www.nttdocomo.co.jp:443/hikari/provider_list/index.html

「(3) 一部のオプションサービス」が追加された

ニュースリリース更新され譲渡対象に「(3) 一部のオプションサービス」が追加された。

譲渡対象が事前にちゃんと整理されていなかったこと推測できる。

「一部」と書かれてもどのオプションサービスなのか説明がないため、譲渡拒否すべきかどうか判断できない。

他にもSo-netと戦っている人がいる模様

今回の増田を書く上で、誰かが取得してくれていたWeb魚拓があったため非常に助かった。

ttps://megalodon.jp/?url=https%3A%2F%2Fwww.so-net.ne.jp%2Finfo%2F2019%2Fop20190527_0020.html

ttps://megalodon.jp/?url=https%3A%2F%2Fwww.so-net.ne.jp%2Finfo%2F2019%2Fop20190619_0021.html

どこかの誰かが人知れず戦っているのかと思うと心強く思う。

So-netはどうすべきだったのか

今回の事業譲渡は完全に業者都合であり、それに伴いユーザが受ける不利益には救済措置を設けるべきだと思う。

利用者都合と同様に例外なく手数料や違約金も全て発生するのは論外だろう。

手続きも一本化されておらず、各会社への調整も利用者が全て行う必要がある。

知識がないと調整もほぼ不可能泣き寝入りせざるを得ない。

インターネット接続サービス」全てを事業譲渡するならまだ納得感があるが、ドコモ利用者だけに不利益強制する姿勢は本当にどうかと思う。

2019年6月19日に発表されたこ

2019年6月19日以前に増田はその日までにできる手続きを全て終わらせていました。

この手続きの中には「ドコモ光の解約」が含まれています

この解約時に言われたことの中に「一度解約処理を申し込むと解約日の変更は可能だが解約のキャンセルができない」というのがありました。

まり、この時点ではもう手続きは不可逆な状態です。

元々の譲渡拒否の締め切りである6月20の前日、6月19日に新たな発表がありました。

ttps://megalodon.jp/2019-0620-1026-13/https://www.so-net.ne.jp:443/info/2019/op20190619_0021.html

ttps://megalodon.jp/2019-0624-1351-03/https://flets.com:443/app10/kaiji/

ttps://megalodon.jp/2019-0624-1355-43/https://flets-w.com:443/collabo/change/

新サービスの内容については、次のページがわかりやすいと思います

ttps://megalodon.jp/2019-0624-1350-34/https://flets-w.com:443/collabo/change/about/

まり、このサービスを使えば、「ドコモ光」を「フレッツ光」に変更することも「So-net光」に変更することも可能になるということです。

増田理想と思っていた契約形態にすることができます

ところが、このサービスが開始されるのは7月1日であり、同日に事業譲渡される「So-net for ドコモ光」を契約しているユーザはこの恩恵を受けることができません。

So-netがこの新サービスをフレッツが始めると分かった時点で事業譲渡を1ヶ月でも遅らせていれば、増田はかなり多くの手数料や違約金を払わせられたり1週間以上も回線のない状態を受け入れることはなかったのです。

しかも前述の通り、譲渡拒否の締め切りを6月20から6月25日に書き換えたのは新サービス発表の同日6月19日のと考えられるため、譲渡拒否を考えているユーザ判断猶予があったように演出しているようにも見えるのです。

仮に別々の部署担当していたとしても、事業譲渡新サービス開始はそれぞれ経営に影響する大きな事案のため、この両方を知っていた人が必ずいるはずです。

当然多分大きな権限を持った人も含まれているはずです。

何故、ユーザが大きな不利益を被るような状態放置したのでしょうか。

今回の件でこれが一番腹立たしいと思っています

その他

ここで書いたこと以外にも色々あるが、まだうまく整理や裏付けがとれておらず、時間がもうないため一旦ここで公開する。

新たにわかたことがあれば随時追加していく予定。

事実誤認があれば修正します。

はてなブックマークへの返事

id:TERRAZI So-net forドコモ光がサービス終了するが、移転先がぷららしか用意されておらず、ソネットを含む他のISPにしようとすると2万円近い出費と労力を強いられるとのこと。

正確には https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/provider_list/index.html にあるプロバイダであれば手数料3000円で変更可能なようです。

id:shibuiku 通信業界はやりたい放題だな。利用者に不便をかけといて、どのパターンでも違約金が発生するとか、どういう罰だよ。

正確には「譲渡拒否した場合、どのパターンでも違約金が発生する」ですね。どちらにせよ酷いですが。

id:el-condor ISP都合で契約を切り替えるのに違約金がかかるの異常過ぎないか

はい

id:agama 手続き手数料のことを違約金と書くのはいかんでしょ

手数料と違約金の用語業者が用いている用語に準じていますコース変更にも2年縛りにもかかる金額について「違約金」と書かれています

id:jaguarsan 「現時点」と「現在」は「今使ってる人はそのまま利用可能」という意味だろう。新規や変更はサポート

通常であればその通りですが、誤魔化したようなQ&Aを読んだ後では「現時点」や「現在」と書かれても何か裏があるとしか読めないのです。

id:onigiri_kun メールアドレスを使い続けられますって言いきれないのは、なんでだろ。でも、どんなプロバイダメールも、終わる可能性があるわけで、継続性を確保したいなら独自ドメインメールしかないよね。

So-net接続サービス全体で終わるならともかく、一部のユーザにのみ強いていることに疑問を持っています追記した「2019年6月19日に発表されたこと」の他のユーザとの不平等感は特に疑問です。

id:arumaru なぜそこまでぷららを嫌うのか

既存サービス末長く使いたいってだけです。

id:lwix このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2018-04-24

NTTコミュニケーションズNTTドコモアクセス制限煽りを食うISP一覧

これにまつわる情報です。

海賊版サイトへの接続遮断実施へ、NTTグループ

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29718540T20C18A4000000/

NTTコミュニケーションズNTTドコモバックボーン事業所なので、

その回線を利用するISPMVNO事業所などはその煽りを受ける可能性があります

同社が回線を利用しているサービスを列挙します。

誤りなどあればコメントお願いします。

NTTコミュニケーションズ回線を利用するISP

https://www.ocn.ne.jp/:OCN]

http://flets-w.com/:NTT西日本フレッツ光]

https://flets.com/?link_eastid=ext_s001:NTT東日本フレッツ光]

@くりぽ

スマート

@虹ネット

@ARKみらい

George

@T COM(アットティコム

@amo

@ip

@nbn(アットエヌビーエヌ)

@nifty

@sorae.net

21ip.jp

3WEB

3sweb

4ix

7-dj.com

99ネット

A-Netエースネット

ABC-NET

AIRnet

ALE-NET

LPTEC-NET

OL

Ai-Link

AllBlue net

Amusement BiG-NET

Anyuser

B-CUBIC

BB群馬

BB.excite

BBCAT

BBFLEX.JP

BBM-NET

BEKKOAME//INTERNET

BFORTH

BIGLOB

BIGLOBE(法人会員向け)

MT BEAM-TVi

Boso Internet

Brastel IP Connect

BroadNet

Broval BB

Broval BB(ブローバル ビービー)

Business eXchange Network

CC-NET

CITYFUJISAWA

CL

CL-BB

NETプラザ

COKKYNET

CSNET

CTNET

CYBER OZ NET

CYBER STATION

CYBERHOME

Canonet

CiTV

Cloud Walker

Clovernet

net Communications

ComSpace

Comel Internet Service

CyberBB

Cypressインターネット

DCNインターネットサービス

DDNet

DIX

DS Networks

DTI

DTIプラチナオプション

DTI(法人会員向け)

DeWA-Web

Do!Mo net

E-JA

ECNTコネクトサービス

MOBILE光

EditNet

na’T‐クラブ

F!nelink

FCOM

FENICS

FFBB

GB

FITENET

FITWeb

FREADWAY

FUSION GOL

FeiNET

Fiber Bit

Futaba-net

GBネット

GENOAインターネット接続サービス

GLBB

GMOとくとくBB

GNS

Gulf-Broad-Band-Wide

HIT Wave

HT-NET21

Hanamaru Internet

Hi-VOXネット

HotWeb

IBR-NET

IC-NET

IIJ FiberAccess/Fサービス

IIJmio

INKOC

INTERBROAD

ISP-NET

ISPNET

ITガーディアンズ接続サービス

IT-NEO

Iam-net

InfoSaky

InfoSphere

InfoToyota

J-StarNet

JOMOインターネットサービス

JSDインターネットサービス

KAGOYA Internet Routing

KINET

KISNET

KKNS

net

oCoEインターネット接続サービス

MAC InterNet

MAGM

MEDIAS

MEGA-NET

MINDインターネット

MMMインターネット

MO

MOW-NET

MTECH

MYBB

Megagate

MicNet

Mnet

Momoたろうインターネットクラブ

N‐plus

N-NET

NANET

NET24インターネット

NETAGE INTERNET

NEXTBB

MTnet

NSCSNET

NSW-BizISP

NetBeet

NetVALUE

Nexyz.BB

NiceTown

OC

OD

OKBNET

OKS

OSS!ねっと

OZZIOプロバイダサービス

Olivine

コネクト

PRNetピーアールネット

PSインターネットサービス

PXBBサービス

ParaBox

ParkNet

atネット

Perfect-1(パーフェクトワン)

Pikara(ピカラ)

ProntoNet

Qit

RBS

RIMCOM-NET

RIZING

RMネットワーク

aidway

RingNET

SAC-NET

SIGNA

SKNet

SKTネット

SNW Internet

SOLCOM Internet

SPACE NET

SPEED BB

SUNYNET

SYNAPSE(シナプス

aiNet

ShareLine(シェアライン

kynet

kyLink

So-net

Solnet

Somanet

SonixNet

SpinNet

StepBB

T-IPネット

TINS-NET

TMネット

TOPPA!

TOQネット

Takenet Service

TechnoWave

The FSI Network

Tigers-net.com(タイガースネット コム

TikiTikiインターネット

oddle-net

ogther Net

Trant

U-Pa!

U-netSURF

UCOM光(法人会員向け)

VC-net

VECTANT

irual Gat

WAKWAK

WINGS(ウイングス)

WITH U-NET

Wide Net Japan

XES-NET

Xinet

Yahoo! BB

ZERO

ZOOT(株式会社インターリンク

aisu

aki-net

annie internet

at-mインターネットサービス

au one net

avis

beat/isp

bit-drive

biwako-inet

broad space

ccom-net

dnsipホスティングサービス

e-おうちネット

e-Broad

famille

fitコール

hi-ho

hisp

i-plus

i-revo Access

iNEXT

iPlus

iTSCOM.net

ic-net.or.jp

ice-netサービス

icn

iinet

incl

info新潟

infoPepper

interQ MEMBERS

intermix

internet JA

intio-NET

pc東海インターネットサービス

isao.net

miaネット

mitene Internet Service

mopera U

nekonet

pal.to

pppネットサービス

purenicjapan

tcp-ip

tiaraインターネットサービス

winpal.net

woonet

あいあいネット

あまくさ藍ネット

ありあけネットコム

いわみインターネット

えちごインターネット

えるねっと迫

おおさきブロードバンド

おばこネット

かもめインターネット

かんえつネット

きたうら花ねっと

これだねっと

さきたまインターネット

しもたか ふれあい プロバイダ powered by fortissimo

はまぞう

はまっこ

ひかりdataWAN

ひかり

ふれあいインターネットサービス

ぷらら

ぷらら法人会員向け)

へちまネット

まねきねこインターネット

ゆきぐにネット

アイエフネット インターネットサービス

アイネットインターネットサービス

アイピーキュー

アクセアインターネットサービス

アスアドットネットasuanet

アステック

アスネ

アットパス

アットライン

アルファインターネット

アレスネット

アールディーネット

アールデネット

アールナック インターネットサービス

インコオンライン

インストラクション・インターネット

インターコネクト

インターネットいわふね

インターネットまほろば

インターネットジャー

インターネットビジネス研究所

インターネットビークル

インターネットトライブ(InternetTRIBE)

インターネットプロ東海

インターネットプロ東海

インターネット三重

インターネット可児

インターネット富良野

インターネット庄内

インターネット新発田

インターネット浜松

インターネットMAGM

インターロジック

インフォミックス

イーエスネット

イーグルネット(Eagle NET

ウィンウィンネット

エコネクト

エディオンネット

エフォード

エルプラス

エル・インターネット

オフィスネット

オープンサーキット

カルチャーインフォメーションネット

キャッツインターネット

キャリアンBB

クラスト

クラスト

グリーンネット

グローバル ウェッブ インターネット サービス

ケーアイエスネット

コアラ

ガネット

コスモメディア

コモタネットワークサービス

サイバーリンク

サザンクロス

サンフィールド・インターネット

サンメディアインターネットサービス

サンインターネット

シルバーネットワーク

ジェットインターネット

ジャパンネット

ジャパンネットワークコミュニケーション

スクラムネット

スタンダードネット

スマイルBB

スマート

ゼロネット

ピアインターネット

ソフコム インターネットサービス

ダントツネット

ツインインターネット

テクノプライズグローバルネット

ディービーネット

トスバックシステム

ネット

ドルフィンインターネット

ナスカインターネット

ナマハゲネット

ニルスインターネットサービス

ネクストインターネット

ネットラピュタNetLapua)

ネット99

ネプロジャパン

ノーラインネット通信サービス

ハイネット

ハル

ハンズネット

パルフ・インターネットサービス

パークネット

ビジネスインフォマート・大商

ビデウ・ドットコム(videw.com)

ピュアネット

ファインネット

フリーダムネットワークサービス

ロードぱんだ

ブロードバンドインターネットサービス

ロードAce

プロペル・インターネットサービス

プロントネット

ヘチマリコーネット

ホッカイ・ネット

マウント富士インターネット

ミライネット

ミンクインターネット

ミームネット

メディアウォーズ

ヨモギワールドインターネット

リフレインターネットサービス

リンククラブ

リンククラブホスティングサービス

ローレライインターネット

ワオネット

@nsk

ASAHIネット

Be To Access

EMN

KDDIインターネット

KIP-Internet

PLATINUM.net

SDX

SaiNet-LINK

Viewcia

αWeb(大塚商会

三重インターネットサービスmint

伊予ネット

佐賀新聞長崎新聞インターネット(S.N.I)

ネット

創英インターネット

北上インターネット

北海道ギガビット協同組合

関西ジャパンネット

千葉ブロードバンドネットワークサービス

卜伝インターネット

本荘インターネット

松本インターネットサービス

楽天ブロードバンド

水戸インターネット

湘南インターネット

牛若丸インターネットサービス

生協インターネット

白神ねっと

秋田メディアネット

道新オーロラネット

那須インターネットサービス

那須インフォネット

銚子インターネット

関越インターネット

鳥海インターネット

NTTドコモ回線を利用するMVNO

OCN モバイル ONE

ASAHIネット LTE

NifMo

LINE モバイル

IIJmio タイプD

Tikimo SIM タイプD

exciteモバイル

DMM mobile

hi-ho LTE

QTmoile Dタイプ

b-mobile

U-mobile MA

2018-02-11

下町ボブスレーの失敗は「ひかりTV」の呪符が原因

ぷららは遅い

みんな知ってるね

2017-05-25

http://anond.hatelabo.jp/20170525215226

総務省で「接続料の算定に関する研究会」というのをやってるけど

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/access-charge_calculation/index.html

これの第2回でNTT東西提示している資料17ページを見ると

http://www.soumu.go.jp/main_content/000478907.pdf

NTT基準では最悪の場合1ユーザー平均100~500kbps程度の帯域になることがわかる。

からぷららが悪いとは言い切れないよね。

ベストエフォート詐欺

最近ぷららがあまりにも遅すぎる。

光なのに下りは常に1Mbps程度でまともにインターネットができない。

ベストエフォートみたいな詐欺案件でも解約料かかるのは納得いかない……

2017-04-15

ぷららモバイル

サイトレベル制限してるのかわからないけどYoutube以外の動画サイトに関しては土日は使い物にならない

2016-01-01

(1)某実質迷惑メール晒すブログ踏み台にして、

そこに送られメールが公開されてくるスパム出会い系サイト登録内容を登録名前名義を岡o豊oさん(実際には伏せない実名らしき名前)と、

写真クラウドワークスの岡にゃんさんらしき写真を使った写真にする悪質?行為

(2)それと似たような名前ブログコメント欄に「帰宅できません、ごめんooちゃん」と書き込もうとする

大分県フレッツ光ネクスト隼×ぷららユーザー

(更新しました)

2015-12-29

恥を知れ

さっきはてなブックマークなるサイトを閲覧しようとしたら、ぷららフィルタに引っ掛かった。

無修正ライブチャットまとめもshemalejapanもpixivも素通りするガバガバフィルタに引っ掛かるような卑猥サービス名前を冠する株式会社はてなは恥を知って欲しい。

2015-10-09

ネットがあまりにも遅いんでプロバイダに問い合わせした

平素は「ぷらら」をご愛顧いただき誠にありがとうございます

ぷららサポートセンター 担当の ○○ と申します。

メールの返信が遅くなり、たいへん申し訳ございません。

10月4日付のお問い合わせについて、ご案内いたします。

夜間の速度低下について、ご不便をおかけしております

[ご案内目次]――――――――――――――――――――――――――

1.夜間の速度低下について

2.通信機器再起動について

3. 改善しない場合

―――――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――――――――

1.夜間の速度低下について

―――――――――――――――――――――――――――――――――

現在東京地域の一部のお客様から特にご利用が多く混み合う

夜間の時間帯に「インターネットの閲覧ができない」「動画再生

できない」といった同様のお問い合わせが多く寄せられております

このため、順次対応対策を行っておりますが、改善まで時間を要し

即時の解決が見込めない状況にございます

迷惑をおかけしておりますことを、謹んでお詫び申し上げます


認めてるけど

何が原因なんだろ

2015-10-05

最近、夜間のフレッツ光が遅くないですか?

ここしばらく(9月中旬以降?)、夜間のフレッツ光回線速度がめちゃくちゃ遅い。測ってみたら1Mbps未満。それまでは50Mbpsは出てたのに。

で、最初プロバイダ(ぷらら)のせいかなと思ったけど、Twitter検索してみたら、ぷららだけでなくOCNBBエキサイトでも同じような報告が上がってる。フレッツ網自体回線速度は問題なく、プロバイダに問い合わせても障害ではないと言われるのも同じ。複数プロバイダで同じような速度低下が起こっているとなると、フレッツで何らかの問題が発生しているのではないかと思うんだけど、情報なし。

皆さんのところはいかがですか?

2015-09-30

http://anond.hatelabo.jp/20150929230155

うちもフレッツ 光ネクストマンションギガラインタイプだけど、調子がいいときは50Mbpsくらい

調子が悪いと4Mbpsくらい。確かに夜が遅いかな?

プロバイダは同じくぷらら

huluとかNetflixなんかのせいだと思うけど

2015-09-29

最近、夜間のフレッツ光が遅くないですか?

ここしばらく(9月中旬以降?)、夜間のフレッツ光回線速度がめちゃくちゃ遅い。測ってみたら1Mbps未満。それまでは50Mbpsは出てたのに。

で、最初プロバイダ(ぷらら)のせいかなと思ったけど、Twitter検索してみたら、ぷららだけでなくOCNBBエキサイトでも同じような報告が上がってる。フレッツ網自体回線速度は問題なく、プロバイダに問い合わせても障害ではないと言われるのも同じ。複数プロバイダで同じような速度低下が起こっているとなると、フレッツで何らかの問題が発生しているのではないかと思うんだけど、情報なし。

皆さんのところはいかがですか?

2015-07-17

はてなブックマークぷららブロック

b.hatena.ne.jpを開こうとすると

ぷららネットバリアに引っかかって開けない。

はてなトップは見られる。

項目に不適切ものでもあったのだろうか?

vpn最近話題通信最適化ツールを使えばアクセス可能。

新国立競技場芥川賞くらいでさほど問題ものは無い。

FC2違法アップロード事件があるけど、それでコンテンツフィルタに引っ掛かるなら増田アクセスできるはずが無い。

何故?

2015-06-15

ぷららモバイルLTE制限プラン運用状況

使い始めてからデータ量は

・3月 3.20GB

・4月 3.65GB

・5月 10.57GB

・6月 9.50GB(まだ月途中だが)

スピードは速くなくマイルド理論値 3Mbps = 375kB/s だが、

スマホだとまぁそこそこ大丈夫

動画はまったく無理(期待しない方がいい、あきらめた方がいい感じ。遅さを感じる)

インスタなど画像多く読み込むとき

ちょっと遅いかなと感じる程度。

3、4月はAndroid1台を普通に使った感じのデータ量。

5、6月は出先でiPhoneAndroid

家ではネットラジオタブレットなどつなげられるだけつなげて酷使してみようというので、

無理矢理使ったデータ量です。

あと、今までソフトバンクしか使ったことなかったか

ドコモ網なので、なんとなく地方でも繋がってるかなという感じ。

山陽道ラジオストリーミング再生してて途切れなかったのですごいと思った)

まぁ、おおむね快適ですわ。

2015-01-30

先日、地方食品会社通販部門からの注文受付のメールが、プロパイ提供メールアドレスに届いた。メールアドレスは【masuda@email.プロバイダ名.or.jp】という、ローカルパート名字の「masuda」になっているもの別に隠す必要もないっていうか、or.jpで隠せてないから書くと、ぷららメールだ)(あと、念のため書いておくと、ここでの"masuda"は慣例上・便宜上で使っているだけなので、もしかしたら実際に利用されているかもしれないmasudaぷららメールアドレスに「お前匿名ダイアリーなんて書いてんの、だっせえ」とかメールしないように)。

注文をした覚えはない。読み進めてみると(僕は関東増田なのだが)注文主は北国の増田さんであった。ご丁寧に住所氏名年齢電話番号まで書いてあった。

まり第四レベルドメインの"email"という部分が、"amail"とか"imail"とか"dmail"といったぐあいに使いまわされているので、たった一文字打ち間違えるだけで、安直名字ローカルパートにした同姓の別人の所にメールが行ってしまうわけだ。kageyunokoujiとかsamuragouchiとかならともかく、masudaは珍しい名字でもないので、アルファベット全種類分使われているかもしれない。

今回は食品からあいいようなものの、これが成年向け雑誌とか増毛剤とかシークレットブーツだったりしたら、大惨事なっちゃうだろうなあと思いつつ、その食品会社存在確認した上で連絡した。北国の増田さんがメール誤記入したのは論外ではあるが、親の年のような年齢だし、入金がまだだったようなので。

というかこの食品会社も、名前と住所と注文内容くらいまではいいとして、年齢まで送ってくるのは書きすぎのような気がしてきたぞ。どうなのだろうか。

こうしたことは自分の身にも起こりえないことではないし、もし仮にセンシティブ商品を買うのであれば、誰かが使いそうなアドレスを避けたほうがいいのだろう。コピペすればいいだけの話だが、思い返すと、ぱぱっと手打ち入力したこともあったような…とりあえずAmazonの登録メールをmasuda@~から別のに変えようと思った。

日記に書くほどの内容でもないが、ここに書くことでいずれこういうミスをする運命の人が事前に危機を回避することもあるかもしれないと思い、ここに記す。

2013-07-09

店「月々たったの2667円でフレッツ光を利用できます!」

 ※父がもらってきた名刺マンションタイプ1=2667円って書いてた。

父「やすいですね。今、WiMAXで月々4480円だし、よく途切れるんですよ。」

店「オプションも付けて契約してくれれば50000円キャッシュバックです!」

父「新しいパソコン0円で買えちゃうのか、いいかも。」

そんな感じでフレッツ光ヤマダ電機で申し込んだらしい。

3か月後、月々の料金が15000円になって困った父から電話がかかってくる。

契約内容を読んでみると・・・

ヤフーオプション

1039円 wifiパック        

490円 光BBユニット(BBフォン)  

525円 BBフォンオプションパック  

525円 BBサポートワイドプラス   

598円 BBセキュリティ       

525円 BBライフ          

525円 BBライフホームドクター  

480円 BBマルシェ        

480円 BB掃除レスキュー   

399円 Yahooプレミアム       

計5586円

☆NTTとぷららオプション

1575円 ひかり電話エース  

525円 リモートサービス  

420円 ウイルスクリア    

3150円 ひかりTV      

計5670円

997円 ヤフープロバイダ料金

2772円 NTTのBフレッツ料金

計3769円

よく考えてくれよ。電話リモートサポートテレビもいらないじゃないか!!BBマルシェ野菜通販だし、全然関係ねーだろ!オンラインストレージ使わねーだろ!お掃除レスキューって!おい!お父さんの仕事水道設備保守でしょ!!!

☆そういうわけで、ヤマダ電機でフレッツ申し込むと月々の支払いが15025円になることがあるよ☆

Wi-Fiパックを申し込んでウイルス対策も2つ申し込んでるのに、申し込みの時にバッファローWi-Fiルーターとノートンまで購入してしまったらしいよ☆

解約はヤフーが5250円。NTTは工事料金20000円くらいを一括支払い。2年割りの違約金もかかるらしい。

結局ヤフーは違約金を払ってすべて解約。NTTはBフレッツ(2772円)のみ継続プロバイダはBBエキサイト(月々525円)に変更した。ひかりTVは接続して登録してからでないと解約できない、今月も無料にするので使って見てほしいと言われたが解約した。

お父さんには、オプション利用料 俺 300円を契約してもらった。(特別料金だよ)

★★★2年後の今日に解約するとして、それまでに実際に払う料金を見積もりをしてみてください!★★★

キャッシュバックは上手く利用して無料間内にちゃんと解約するとちょっと安くなるよ☆

NTTは東日本です。「思いっきり割り」「2年割り」「フレッツメンバーズクラブ」も少しややこしいです。

__ __ __ __ __

追記:たくさんブックマークがついててびっくりしました。少し補足します。

id:endlessdoor

「2772円 NTTのBフレッツ料金」細かいけどタイトルの2667円ですらないのな

これは、フレッツメンバーズクラブに登録してマンスリーポイント(1年目は毎月100ポイント)を使ってはじめて実現できる料金みたいです。

マンションタイプ1の定価3412.5円から

「思いっきり割り(初回契約から24か月は535円値引き)」

「2年割り(24か月105円値引き自動更新)」

「フレッツメンバーズクラブ(105円値引き 要、会員登録 値引きのための操作あり)」

で、やっと2667円です。

割引前の定価表示をわかりやすくしてもらいたいです。

id:sato0427

"俺300円"わー格安!でもこっそりオプション食費とかガソリン代とか追加されるんでしょ?

鋭いです!黒幕は俺かもしれません( *´艸`)

__ __ __ __ __

ヤマダ電機の店員さんは、ちゃんと説明してくれたようです。父からは「説明を受けました」という署名も、もらっているそうです。キャッシュバック後の無料期間のうちにオプション解約すればヤフーオプション料金はかからないと説明もしたそうです。

でもね。

「解約を忘れた場合に毎月1万5千円以上かかることを口頭で伝えたか?」→「いいえ、でも契約書面に書いてある。」

「フレッツの定価を口頭で伝えたか?」→「いいえ、でも契約書面に書いてある。」

「このオプションあなたさんは使ってる?」→「使っていない。」

こんなの店員さんも売りたくないと思うんだけどなぁ。

「上席のもの相談してまいりますので、少々お待ちください」の連発だった。上席さん何やってるの!お父さんもしっかりしなさい!

2009-12-27

http://anond.hatelabo.jp/20091227060304

ネットワーク自体に興味をもたれたら、インターネットを支えるネットワーク技術について、もう少し掘り下げてみるとよい。

例えばグーグルについてだと、http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20374847,00.htmhttp://www.geekpage.jp/blog/?id=2009/9/1/2 、http://www.geekpage.jp/blog/?id=2009/12/7/1 あたりがある。

なかなか難しい用語が多いが、グーグルってのはすでに単なる検索サービス会社ではなく、世界屈指のネットワークをもつ会社でもある。

aguse.jpの結果も、aguse自身が接続するぷららからOCNNTTコミュニケーションズを経て直接グーグルネットワーク接続し、そこから先はグーグル社内のネットワークとなっている。社内ネットワーク位置情報なんてそんなに公表されるわけでもなく、わかるのは4つのIPアドレス、66.249.89.99 66.249.89.147 66.249.89.104 66.249.89.103 についての情報に過ぎない。そして、同じIPアドレスアクセスしても、グーグルほどの規模になると誰もが毎回同じサーバ接続しているわけでもない。だから、aguseは単に代表的住所としてIPアドレス管理担当であるグーグル社の住所を示しているに過ぎないと思う。ちなみに http://geomaplookup.net/?ip=66.249.89.99 によると、アーカンソー州となってる。根拠は知らない。

次に、www.gov.cnを見てみよう。aguseによると 117.18.237.20 だそうだが、うちからだとなぜか 130.223.220.74 となる。後者スイスローザンヌ大学管理である。117.18.237.20 は http://geomaplookup.net/?ip=117.18.237.20 によると一応中国となっている。さて、このアドレスwhoisして見よう。すると「EdgeCast Networks Asia Pacific Network」の管理と言うことがわかる。EdgeCast Networks とはコンテンツデリバネットワーク/CDNの大手らしい。CDNといえばアカマイが思い浮かぶがwikipediaによるとEdgeCastは第二位らしい。CDNだからオーストラリアにもあるだろう。ローザンヌ大学のそれもその関係なのかもしれない。いずれにしろCDNを使っているとなればアクセス元によって世界中サーバから都合の良いサーバに割り振られたにすぎないのだろう。

ちなみにアカマイといえばマイクロソフトアップデートがおもしろい。静的とはいえ、それなりのサイズのファイル世界中からダウンロードされるマイクロソフトアップデートではアカマイを使用している。その時々によりNTTKDDIほか様々なネットワークにあることがわかる。

3つ目はwww.cabinet.iqだ。これが一番単純だ。195.217.167.249 を管理してるのは ATA Sodtware Tech. Ltd http://www.atasoft.com/ 見ての通り、アラビア語翻訳ソフトを開発している会社である。イラク政府から委託されてホスティングしてるのか、管理まで任されているのかはしらない。

さて、ここでわれらがはてなを見てみる。http://www.aguse.jp/?m=w&url=www.hatena.ne.jp NTTから東京とされるさくらインターネットの59.106.82.204を経由し、なぜか大阪となる。はてなサーバはさくさインターネット東京データセンターにあったと思うが、なんにせよ、さくらインターネット社内の話なので実際はわからない。

つまりaguse(に限らずだが)の位置情報など、そんなものだ。

あと、自動リンクは壊れている様に見えるのは見た目だけ。実際のリンクは出来ている。

2009-01-10

追記

b:id:otou-no

ダイヤルアップNifty Serveに、

しかもワープロ書院でつないでましたよ。

その後最初のDOS/V普及機FM-V DESKPOWERでインターネットへ。

アクセスポイントが増えたり高速化されるのがうれしい。

ADSLの前にISDNを体験しないと。

うわー懐かしい響き。

ISDN」に「アクセスポイント」・・・。

ワープロ書院で繋げるってのは聞いたことあったけど、

実際にやってる人は見たことがなかったです。

(55.6kbps対応の)アクセスポイントなんて、

1996年当時は人口10万人以上の都市ぐらいにしかなくて、

町民の自分には厳しい状態でした。

ISDNもねえ。

ロクヨンロクヨンイチニッパ」とかCMやってたなあ。

電話と同時にネットも!」ってスゲーなって思ってたし

何より安定して速いと聞いていたのでさっさと導入したかったけど、

グズグズしてるうちにADSLの安いところが出てきちゃった。

確か2001年2002年頃、

Yahoo!BBは始まったばっかりで一部の都市でしかサービスやってなくて、

仕方なしに「まあまあ安かった」ぷららにした記憶が。

今思うとNiftyって「礼儀正しいotsune」みたいな人がたくさんいて、

小学生だった自分は結構厳しくそして優しく、

ネットマナーについて色々教わった感じ。

フォーラム」とか「キャビネット」とかあったっけ。

オートパイロットが、今のLDRとかの代わりみたいなモンだったな、

そういえば。

あの時掲示板で色んなことを話した人たち、今どうしてるんだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20090110112607

僕らは昔、ダイヤルアップだった

ADSLにしてから7年近く経つ。

「ピピピピ」

「ピポプペプポポ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ピー・・・・・・・・・ピー・・・・・・・・・ピー・・・・・・・・・

ガー・・・・・・・・・ゴー・・・・・・・・・ゴー・・・・・・・・・

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(つながった!)」

の響きが恋しくなったので書く。

1996年ごろにPCを買った。

その時はNiftyをやっていた。

いわゆる「パソ通」ってやつだ。

インターネット」って言葉テレビにポツポツ出始めた時期だったと思う。

Niftyの話は本筋と関係ないので省くが、

結局ネットに繋ぐのもNifty Serveに繋ぐのもモデムが必要だった。

ダイヤルアップ回線だ。

55.6kbpsとか言ってたっけな。

親父は「昔のモデムと比べて滅茶苦茶高速になってウケる」なんて言っていた。

それ自体が今となっては笑い話になってしまうけども。

本題。

ダイヤルアップの話をしよう。

要は繋いでる間は、通話してることになってるんだ。

PC買って2年近くはNiftyしかやってなかった。

オートパイロットっていう巡回機能でパパっと繋いでパパっと切ってたから、

そんなに大した料金はかからなかった。

で、1998年

始めてWebに繋いだ。

果てしない海の広さを知ってしまった。

長い時間繋いでると当然通話料金がかさむ。

NTTサービスに関する知識が皆無な当時、何ヶ月かは通話料金1万円を超えていた。

ひどいときは2万円くらいだったと思う。

これはなんとかしないと、ということで色々調べるとあった。

タイムプラス」と「エリアプラス」、

そして僕たちの強い味方だった「テレホーダイ」だ。

最初の二つは、まあちょっとした通話割引だったんだけどね、

テレホーダイっていうのが超強力だった。

(特定の番号に対して)夜11時から朝方にかけてなら、

いくら通話しても月1800円。

畜生もっと早く知っていれば。

で、考えてることは皆同じなんです。

夜11時、クソ重い。

今考えると、それだけその時間ネットも賑わっていたんですがね。

11時こえるといつも見てる掲示板に書き込みがガガっと増えてたり。

「オ、やってるやってる!」って感じでしたよ。

そしてテレホに入ってから、翌月の請求書で浮いた額を見てニンマリするの。

当時は実家住まいだから別に俺が通信料払う訳じゃなかったんだけど、

やっぱり

テレホーダイ1800をご利用にならなかった場合、10000円になります」

とか見るとテンション上がるよね。

「おっしゃ得した!」って。

当時の請求書があったのでアップロードしておこう。

http://www.lightbluesky.net/uploader/src/0405.jpg

(この月はあまりネットやってなかった月だな。)

あと当然、テレホ以外の時間帯も(少しぐらいは)ネットをやるため、

金管ソフト使用は必須だった。

ソフトを通してダイヤルアップに繋ぐんだったかな、確か。

InterConnecterとかRasWatchを使っていた。

2002年実家ぷららに入った。

我が家ADSLがやって来た!

使い放題だ。

一日中使い放題だ。

そりゃ勉強もしなくなりますよ、ええ。

なんて、大学受験の失敗をネットのせいにしてみるか。

始めてNiftyに繋いだ日。

あの時、モデムが発した音。

何もかもが懐かしい。

2008-04-28

googleが開けんぞ

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1209365104/

323 名前: 桜子(アラバマ州)[] 投稿日:2008/04/28(月) 15:57:33.21 ID:npFUw+QW0

開ける

IIJ(IIJ4U、IIJmio、hi-hoBB.excite

NTTOCNぷらら

DTIJ:COM

so-net

DION

YahooBB

開けない

BiglobeASAHIネットniftyZAQUSEN

TNC

WakWak

itscom

2007-11-13

偉そうなことを言うが、ただの小心者

1)自分は誰かによる自分に対する叩きに怯える

2)他人や世間などについて否定的な事を書くのには何の躊躇もしない

3)自ブログコメント規制したり大層な注意書きをしている

4)他へ出張って気に食わない記事にネガブクマつけ放題

5)2ch愚痴

これは大多数のブロガーに当てはまる。

美味しいコメントだけは欲しいが、書いた記事への批判は嫌だのというのは意味不明

ならば、コメント欄なぞ最初から閉じておくが良い。削除した所で魚拓を取られれば一緒の事。

虚勢をはっていきるのが楽しいんだろう。

コメント欄トラバを閉じているのはブロガーじゃないとかでかい口を叩いていたのがなつかしい。コメント欄トラバも対話するためのインターフェース。形式的にインターフェースがなかろうと、ブロガーインターフェースを持たないと宣言しているなら、実質的にはかわらないだろうにねえ。

5)が面白くて、玄人を川に投げ出していて、ばっさり切られていたな。ぷららぷららぷららの人。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん