「世界一」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 世界一とは

2016-12-06

http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/itsoku/archives/48359547.html

1980年

日本「成長世界一!やっぱり日本最強だぜ!」←最盛期

中国東南アジア「すげえ」

1990年

日本バブル弾けたけどまだいける…」

中国最近仕事増えてきたよ」

東南アジア「すげえ」

2000年

日本「苦しいけど中国東南アジアよりマシ…」

中国「なんか仕事増えてきた、GDPも上がってきた」

東南アジア「こっちも仕事増えてきた」

2010年

日本中国に抜かれたけど東南アジアよりマシ…」

中国世界から求められるようになってきた、調子いいよ」

東南アジア「こっちも調子いいよ」

現在

日本「我々は優れた民族で他の国が憧れてる、四季があるし食べ物うまい

中国アメリカヨーロッパからの信頼も出てきた、特に製造業調子が良い」

東南アジア「発展してきたし、中国インフラ買います

2016-11-29

別れてくれ大倉忠義

大倉忠義吉高由里子破局を心の底から願っている。

別に吉高由里子が嫌いなわけじゃない。吉高由里子が悪い訳では無い。でも、相手吉高由里子だろうと芹那だろうと一般人Aさんだろうと、私は心の底から破局を願うだろう。本人には絶対届かないけれど、毎日毎日、頼むから別れてくれ大倉忠義〜〜〜って叫びながら暮らすだろう。

こういう事を言うと、「大倉くんの幸せ応援できないなんて本当のファンじゃない」という人が必ずいる。でもな、言いたいことは分かるけどそうじゃないんだよ。大倉忠義幸せ吉高由里子と一緒になることなのが許せねえんだよこっちは。大倉忠義幸せアイドルとして生きることであってほしいんだよ。アイドルとして生きる以上、ファンのみんなが恋人であってほしいんだよ。それがアイドルとしての、アイドルとして生きる選択をした人の義務だと思う。ファンからの、eighterからの、愛や応援を全身に受けてきらきらと輝く大倉忠義くんに、吉高由里子の影がちらつくなんて耐えられない。こっちも決して安くはない金を払って会いに行っているのだ。じゃあ会いに行かなきゃいいとかそんな話はナンセンスから辞めてくれよな。今日明日もこれからも私は「アイドル大倉忠義」くんが大好きだ。頼むから大倉忠義くんにはこれからもずっとアイドルでいてほしいと思う。そして願わくば私たちの愛を一身に受けて、世界一きらきら輝く大倉忠義くんが世界一最高なんだって事に、本人が気付いて欲しい。あと吉高由里子と別れてくれよな。頼むから

2016-11-28

http://anond.hatelabo.jp/20161128182748

自分ネット上で世のため人のために働く世界一優秀なコンサルタントだと思って書き込んでるんじゃない?

他にすることもないし。



http://anond.hatelabo.jp/20161128181851

2016-11-26

このように、偏差値50以下はすぐ世界一とか言うし会話が成り立たない

http://anond.hatelabo.jp/20161126125737

自分世界で一番賢いんだと気持ち良くなっていたところで水を差されたのかな? それは可哀そうだ。でも自分世界一賢いんだなんて幻想いつまでも抱いているといつか足元掬われるよ?

2016-11-22

柿って

ありとあらゆる面で野暮ったいよな

色は地味

妙に柔らかくて瑞々しさの無い果肉

いかいかで、酸っぱさなどの尖ったところの無い味

世界一田舎臭い果物じゃね?

2016-11-18

今、インターネットで起こっている残念すぎる出来事たち

最近ウェブ業界に残念な流れが発生しつつあるようだ。

無責任医療情報大量生産の闇 その記事信頼できますか?

https://www.buzzfeed.com/keigoisashi/welq-01?utm_term=.flv2jLxww6#.ijG7qv266e

【DE●A】キュレーションメディアの依頼の実態を掴んだ結果マジで酷いことになってます

http://mecchanikukyu.hatenablog.com/entry/2016/09/06/125318

DeNA運営するキュレーションサイト「WELQ」がインターネット情報リライトした適当情報を公開しており、なおかつそれが検索順位の上位を占めている現状を危惧している。

ページビューを上げ、そして利益を上げるために集客できるキーワード記事ウェブ上にばら撒き、ウェブを占拠し始めているようである

クラウドワークスなどで外注者を集め、不安定情報勝手に公開するだけなら問題はないかもしれない。

が、それらがグーグル検索エンジンの上位に来ているため、咳 止める など医療情報を求めて検索してくる人にとって不利益になっているのではないか倫理的にどうなんだ?、という話である

まあ、普通に考えて「アウト」なのでいずれ何らかのアクションが起こることは間違いない。

現在seoは長文を書けば書くほど上位に食い込んでくるシステムのようで、グーグルともあろう世界一天才集団がアホでもできる対策検索エンジンを牛耳られているのには「天才バカは紙一重」と誰かが言っていた事は本当なんだと変な感心もしてしまった。


ただ、今回の話は「WELQ」の話ではない。

平均年収jpというサイトがある。

http://heikinnenshu.jp/

このサイトを見ていると就職活動中の学生に言われて確認したが、サイトを見て愕然としてしまった。

統計値のほとんどが当てずっぽうの見当違いだったのだ。


NHK年収を見てみよう。

http://heikinnenshu.jp/kininaru/nhk.html

このサイトでは年齢別の年収推移が記載されているが、なんと20歳24歳で既に600万円以上もらえることになっている。それ以上の年齢に関してもおかしなところだらけだ。

ボーナスもいきなり160万円らしい。そしてボーナスは4ヶ月分と勝手計算している。

もちろん推定値ということだと思うが、この数字が正しい訳がない。

正解はこちらで30歳でやっと500万円程度。

http://www.nhk.or.jp/faq-corner/01nhk/05/01-05-03.htm


電通年収も見てみよう

電通年収給料大卒高卒】や20~65歳の年齢別・役職年収推移

http://heikinnenshu.jp/kininaru/dentsu.html

有価証券報告書データを取得しているため、この年収真実だ。

ただし、その他の年収推移データは下記の説明にもあるように適当感が強いものになっている。

主任課長などの学歴データ役職データ総合職一般職などの職種データもあるが、そのどれもがいい加減な数値で並べられている。

賃金構造基本統計調査民間統計調査比率使用したと記載されているが、そもそも該当企業学歴役職割合やそれぞれの年収がわからない状況で何に比率をかけたのだろうか?

税理士が算出したとあるがどういうことなのか?監修なのか?なんにせよ信頼性の高い数値は算出しようがないはずである

しかすると、東洋経済の生涯給与ランキングを真似たのかもしれない。

http://toyokeizai.net/articles/-/91596

こちらは学生に人気のデータでその企業で働き続けた場合の生涯に受け取れる収入ランキングにしたものだ。

賃金構造基本統計調査賃金カーブ使用して、企業IR情報公表されている年収と年齢からその伸び率を算出している。

この数値に関しても正確性が必ずしも高いとはいえないが、企業公表した正確な年収と年齢、賃金構造基本統計調査の膨大な統計データ使用していることもあり、それなりに信頼のできる数値が算出できるようだ。

ただ、その東洋経済でさえも学歴別・役職別の年収などは表現していない。理由簡単必要データが取得できないため算出することができないからだ。


インターネットは確定情報だけの世界ではないし、いろんなことを表現できるのが何よりの魅力だ。

現実世界でもウソ真実はどこにでも存在している。

インターネットでも事実でないことを誇らしげに書いても問題はないと思う。

ただし、それはある程度の被害迷惑を考えて行動すべき事でもある。

その適当データによって就職活動中の学生転職希望者が間違った認識を持ってしまう恐れがかなり高いのでは無いかと思う。

このサイトについては役職年収年収推移など気になるデータ掲載し、長文記事を書くことによってpvを獲得する手法をとっている。

収入を上げるために行っている行為だと思われるが、WELQ同様にあまりにもユーザーを軽視し過ぎではないだろうか。

2016-11-16

旦那さんに、もう好きじゃなくなったって

大好きだった人に 突然

もう好きじゃなくなった って言われた


好きな人にそっくりの子供の手を引いて

散歩したり

キャンプしたり 

クリスマスツリーの飾り付けをしたり

お菓子を焼いたりしたかった


子供ブロックを組み立てたりする横で

家で仕事ができたらいいなと思ってた


そういうことか

もう好きじゃなかったのか


どうして

急に怒り出す人になってしまったんだろう

子供がほしいのに協力してくれないんだろう


ものの言い方がきつくなってしまったことが

一番悲しかった 自然言葉に怯えていた

小さい事は我慢してその場を収めた

我慢できないときは涙がこぼれた

仕事の悩みも あなた上司のようにアドバイスした

私は恋人のように 共感して欲しかっただけなのに

どうしてそう言い方をするの

直してほしいと言った

いつか気づいてくれると信じていた


結婚してから変わってしまった彼に

私は「どうして」と問い続けた


「なんで「どうして」ばっかり言うの」

とその日言われた

もう好きじゃなくなった、と言われた日に


子供がいないなら

それでもいい

その分旅行に行ったり飲みに行ったり

彼がずっと優しい人だったら

昔の優しい人に戻ってくれたら

わたし世界一幸せ

幸せになれるはずだ


そういう風に考えを変えようとしていた

もう子供の事で悩むのは

精神的にも年齢的にも限界だった


15年ぐらいいっしょにいたのか

この町はぜんぶあなたと行った所ばかりだ


こうだったらいいなと思っていた未来

ぜんぶなくなっちゃった


これから

どうやって生きていこうかなぁ

どうやって生きていったらいいんだろう

2016-11-05

異論擁護混同する人たち

例えばポケモンGOとかの話とかでさ。運転中にポケモンGOやって死亡事故起こしたとかあるわけですよ。

そしたらNiantic対策しろとかゲーム起動できないようにしろという反応が大勢になるわけです。それは当然と言えば当然です。

そこに、いや他のゲームだって運転中にやっちゃいかんだろとか、多少筋違いかもしれんけど「こういうことも考えられるんじゃないの」みたいなこと言う人いますよね。

それもあって当然だと思うんです。だってみんな考えてること違うんだから

ここまでは私は自然現象だと思ってます




でもそこに「また擁護派が湧いてきた」みたいな反応する人がいる。それ擁護って言うのかな?みたいな。ただの異論でしょみたいな。

そう言う反応の根っこにある論理(と言えるかどうかわからんけど)て「俺の側につくかあいつらの側につくか」の二分法なんじゃないのかな。この手の論理を振りかざした世界一有名な人はジョージ・ブッシュなのはみんな知ってると思うけど、彼が何をアメリカ世界に残したのかな。




念を押しときますけどこれはポケモンGOだけじゃなくてネットのいろんな話題で見られる現象のような気がしてます

2016-11-02

自己卑下は良くないという

自己卑下するとどんどん卑屈になって人が離れていくという。

アトピーゾンビの周りには人がいないか関係ないな、と思った。



自己卑下精神を狂わせるのだという。

アトピーゾンビウイルスの痒みで精神は死んだから関係ないな、と思った。




自己卑下をやめてみる。

俺は天才だ。何でもできるしどんな成果も出すことができる。俺は健常者だ。俺はアトピーゾンビウイルスに苦しんでなどいない。俺の未来は明るい。俺は最強。俺は成功者になるように生まれてきた人間だ。

何物にもなれる潜在能力を持っている。総資産五千億を超える大金持ちになることが決まってる。恋愛勝ち組になれる。容姿に優れた健常者になれる、というかなっている。

俺は容姿に優れている。選ばれた人間だ。この世界に選ばれた特別人間だ。これから人生好転することが決まっている。いやすでに最高の人生だ。完璧人生だ。

恋愛勝ち組になって人生勝ち組になれる。おれは世界一価値のある人間だ。俺はこんな小さい島国に収まる人間じゃねぇ。ワールドワイドヒューマンだ。

虹色青春を持っているし、これから楽しいことだらけだ。楽しいことしか起こらない。タンスの角に小指をぶつけるレベルの不幸も起こらない。なぜなら選ばれた人間から

未来可能性は無限大だ。承認欲求を常にみたせる人生だ。最高だ。

2016-10-26

中国にも日本にもある漢詩。ま、読んで見りゃ、さすがにレベルは違うよね

日本のセコさは世界一

玄関で靴を脱ぎ履きしなければならない日本家屋文化には身体障碍者への配慮は伺えない

おそらく世界一健康人間しかいない国なのだろう

2016-10-11

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

ボツネタの詰め合わせ。

Q.年間、平均収入を稼げる仕事があるとして、それが世界一長い芝を刈り続ける場合、その仕事をやりますか?

答えはYESだ。

もちろん、思考する権利幻想を見る権利くらいは欲しいがね。



Q.ヴァイオリンは泣きますか。

個人差はあるが、まあ多少は。

直に泣かなくなるさ。



Q.オリンピックなどの競技では、男女別に分かれているのが主です。これを差別としないのは何故ですか。

性差には、大まかに分けて「身体」と「心理」がある。で、オリンピックで男女別なのは身体性差考慮しているからだ。

……それを差別というんじゃないかって?

君は世間提唱している「平等」をちょっと誤解している。男女の差別問題解消において、女性スポットライトが当たることが多いのは、女性のほうが社会で不当に扱われてきた歴史がある、とされているからだ。

学ぶべき教訓は、「偏った天秤に同じ重りをそれぞれ乗せても偏ったまま」ということだ。現状を踏まえない平等論は平等ではない。これは身体性差においてもいえる。私たちは同じ人間だが、どうしても性差による身体の違いや個人差はあるわけだ。これを一切考慮しないで作られたルールは、ある意味では平等かもしれないけれど、人間の作り出した“平等”という概念とは違うわけだ。

別に皮肉ではない。人間は多様で、かつそれらが社会で混在することが基本的に“認められている”(妥当表現がパッと思いつかない)。その時点で、真の意味での平等物理的に不可能なのさ。だから、彼ら人間の作り出す平等には「機会の平等」などといったように、社会に伴った限定条件がつけられる。広義的には「ジェンダー」といわれているやつで、平等にすべきはそこだとされているようだな。そんな平等でいいのかだとか、現在そういう理想的平等に近づいていっているのかなんてこと私は知らんよ。

英語には“The balance distinguishes not between gold and lead”という諺がある。日本語で「天びんは金も鉛も区別しない」といったところかな。つまり人間は天秤ではないので、物事を公平に判断することはできない」という意味さ。

……真に受けるなよ。本当は「人間平等である」という意味の諺だ。人間は天秤ではないが、天秤を作ったのは人間からな。



Q.ドラえもん孫悟空なら、どちらが勝ちますか。

答えは「成立しない」だ。

前提が甘い状態で作られた論は、私からいわせればナンセンスだ。

せめて「不自然にトラブった場合に、出るとこ出れば勝てるのか、過剰防衛にはなってしまわないか」くらいのレベルにしてくれないと、答えようがない。



Q.MMORPGなどのインフレはなぜ起こるのですか。

ザックリいえば「足し算は簡単なのに、引き算は簡単にできない」からだ。

解決方法は、割り切るか、開き直るか、いっそ全部なかったことにするか、あたりかな。

2016-10-09

夢で泣くのは案外しんどかったという話

結論から先に書く。以下の冗長な文は、連休にも関わらず予定がない暇な25歳女が、昼寝をして見た夢の中で涙して目を覚まし、それが思っていたよりしんどかったのでびっくりしたという話だ。

実に下らないうえに感傷的でオチもないので、よっぽど暇でなければ読み飛ばすことを勧める。


====

夢を見た。


ラブラドールレトリーバークッキー(♂・仮名)が、嬉しそうに私の寝ているベッドへのぼってきて、布団にぐいぐいと頭を押し付けてじゃれついてくる。

ラブラドール抜け毛の激しい犬種なので、そんなことをされたらすぐシーツが毛まみれになってしまう。

私はクッキー愛嬌に少し笑いながらもすぐに「こら、下りて」とクッキーをベッドの上から追い出した。下ろされた彼は名残惜しそうに、ベッドの端から伸ばした私の手に彼の顎を乗せてふんふん鼻を鳴らした後、すっと歩き去ってしまった。

そこであることを思い出した。クッキーは昔実家で飼っていたラブラドールである。当然もういない。

クッキーはずいぶん昔に死んでしまった。今は一戸建て実家の庭に眠っている。伝え聞くところによるとペットを庭に埋葬するのはいいことではないらしいが、もう大分昔の話である


私はクッキーの死に目には会えなかった。当時の私は大学生で、上京して一人暮らしをしていた。クッキーは7歳で、一般小型犬と比べて寿命が短い大型犬としても早い死だったと思う。腎臓を悪くして、尿毒症だったと母から聞いた。クッキー訃報電話で受けた私は、直後にバイトが迫っていたためにシフトを代わってもらうこともできず、そのまま5時間働いたあと、着の身着のままで電車を乗りついで家へ帰った。

実家二世帯で、クッキーは二階の子世帯で飼われていた。大型犬だったが、室内飼いで、子犬のころはよく色んなものしっちゃかめっちゃかにした。家に帰ったと思ったら、ティッシュと引き裂かれたペットトイレシーツにまみれて、口に自分ウンコを咥え、すまし顔をした彼に出迎えられたこともある。

「小さくて可愛かったから」、と父がほぼ寝言をほざいてペットショップから買ってきた、そんな彼も7年で大型犬標準的サイズ体重まで育った。こわばったクッキーの体は重く、布に乗せて四隅を持つようなかたちで、途中で急カーブを描いて折れ曲がる実家の狭い階段を、家族四苦八苦しながら庭へ運び出した。

掘った穴の底にクッキーを横たえて、好きだったおもちゃお菓子をいくつか並べた後、土をかけて穴を埋め戻し、そこらに転がっていた丁度いいサイズの石を置いて彼の墓とした。余談だが、墓のそばには柿の木があって、祖父は毎年その木から収穫した柿を干し柿にして食べている。たまに子世帯にもおすそ分けしてくれる。それを見て、毎度父が「クッキーを食べる時期か」と言う。親子そろってデリカシーがないのか、それとも単に田舎人間の神経はこんなものなのか、私は知らない。


そんなことはどうでもいいのだ。

大事なのはクッキーはもう死んでしまったということだ。死んでしまったのだから、彼の毛がシーツにべっとり付着して、掃除に手間を取られることももうない。夢の中の私は自分の見ているものが夢であると気づいていた。夢だと気づいていたが、クッキーが死んだことを忘れていた。私は彼をベッドから追い出してしまった。思い出した瞬間に、彼がしたかったことを存分にさせてあげればよかった、もっと遊んであげればよかったと強い後悔に襲われた。生前から彼はベッドに乗りたがった。布団に染みついた飼い主の匂いを思い切り堪能したかったのだろう。そのささやかな願いを今度も遂げさせてやれなかった。喪失感がひどく、自分でもわけがからいくらい悲しかった。ベッドから投げ出した、伸ばしっぱなしの手の先に、クッキーはもう触れてはこないのだ。慌てて舞い戻った実家で横たわる彼を見たときも、彼を埋めたときだってこれほど悲しくはなかった。夢の中の私は顔をゆがめて思い切り泣いた。泣いているうちに、現実の体の眼球に向かって涙がせりあがってくる感じがして、ついに目をあけると思い切り涙が落ちた。


目を覚ますとあれほど荒れ狂っていた感情はあっけないくらいあっさり引いていった。涙はそれ以上出なかった。私は胸に残った痛みの深さに驚いた。夢の中の涙を現実に持ってくるには、これだけの痛みが必要ものかとちょっと詩的なことを思ったりもした。その痛みもすぐに引いていったが、目を覚ました直後の痛みは、ちょうど心筋に掘削用の機器でも使ってゆっくり穴を掘っていったのだろうかと思うほどだった。それ以上は涙にならなかったのが不思議だったが、頭の中にある感情で眠った体を動かすには、実際それだけのパワーが必要なのだろう。痛みが消えた後は、ただ彼に対する後悔と、ひさびさに抱いた強い感情に対する疲労感が残った。昔はことあるごとに自分世界一かわいそうな悲劇のヒロインだと思い込んで嘆き悲しんでいたが、今は喜怒哀楽のどれであれ、強い感情を抱くだけで疲れてしまう。吉良吉影気持ちがよくわかる。あまり感情を揺さぶられると大人しんどいのだ。悲しい夢を見て、涙を流しながら目を覚ますというありがちなシチュエーションは、本人からすると割と体力を使ううえにしんどい。それが分かっただけ昼寝で潰れた無為休日ではなかったのかもしれない。


ことわっておくが、私は幽霊を信じていない。虹の橋存在も信じていない。たぶん、今日の出来事は、浅い眠りで半分覚醒していた脳が見た、妙に実感のある幻の類だったろうと思う。ただの夢だ。そんなことは百も承知で、消化しきれなかった思いをクソのような駄文と一緒にトイレに流したくてこんなものを書いている。


三連休初日、家と会社の往復以外はほぼ引きこもり状態の25歳女性。言うまでもなくブスで、友達ほとんどいない。吐き出すアテもなかったので、たいしてうまくもない感情的な文をまたネットに吐き出してしまった。どうか許してほしい。病んだブスがやりがちなことだ。打線が組めるし実際かなり打つ。鬱だけに。

べつに許さなくてもいいが。

2016-10-06

世界的に有名なガールズバンドは一組もいない

もはや少年ナイフ世界一有名なガールズバンドということでイイ気がしてきた

http://anond.hatelabo.jp/20161006113032

はーーん?




あのな、

お前の言ってるライン

「人に容姿上下をつけるな」みたいなことなのよ。




元増田が気にしてるライン

自分可愛いと気付いたとしても上には上が居ることを忘れるな」みたいなことなのよ。




(ちなみにどっちがモラルの高い人かっていったらまあお前だよな。)




調子に乗っているかと思えば自己評価は意外と冷静?だったりする。

これは娘が「私って世界一可愛いかも!」みたいに舞い上がってないことを確認した文に過ぎず、

「周囲や自分を見比べて容姿上下をつけることを覚え始めた」ことは当然の前提。

元増田容姿上下をつける人だし、娘も付け始めてるし、

元増田は娘のそこを否定したり戒めたりするつもりは無い人だよ。

…ってことが元増田の文読めばわかるはずなんだけど。




からお前の

「○○ちゃんはわたしより可愛い」という感想の裏側には、別の子に対して、「△△ちゃんよりは、わたしの方が可愛い」という感情もあると思った方がいい。

この指摘はアホ丸出しなわけ。

裏側もくそも、元増田は当然そんなこと知ってるし意識にもあるだろ。




わかる?言われてること。

お前はモラルは高い。国語力は低い。

2016-09-29

http://anond.hatelabo.jp/20160929122950

でも、9月契約が切れて無職になってゲームに専念した結果、

ホント世界一になれたら凄いね

2016-09-28

報道関係の人がよくやる手口

ケースA「ある人物フランスで行われたゲーム大会世界一になった」と報じる。これは嘘だからNG

ケースB「ある人物フランスで行われたゲーム大会世界一になったと自称している」と報じる。これは事実からOK。嘘をついた責任は「ある人物」にあり、メディアはその人の「存在」を報じただけに過ぎない

嘘がばれるまではA路線、ばれたらB路線に切り替える、というのは、割と古典的基本的手法だったりする

未だにA路線を維持出来てる話、世の中には一杯あるよね

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.物語先行ってなんですか。

ザックリいえば、自分の作った物語人格を当てはめるよう調整することだな。

その物語破綻していないこと前提だが、それによって作られる登場人物物語に忠実な言動になるからな。

この手法実在する人間に使うことも可能だ。

例えば、子供置き去りのニュースがあったとして、「子供は親によって既に殺されていた」と考えるとかね。



Q.バイアスがかかるとは、どういうことですか。

パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」という言葉は有名だな。

だが、これをマリー・アントワネットが実際に言ったかというのは信憑性が低いというのが現代の通説だ。

では、なぜこれがマリー・アントワネット言葉として浸透したかというと、「言いそう」だというバイアスがかかっているからだ。

まりバイアスがかかるとは、「言ったか」ではなく、「言いそう」であるか、ということだ。

例えば私が「世界一長い芝生を刈る仕事をしている」という噂を聞いたら、君は「やってそう」と思うだろう。



Q.年を重ねると好みが変わりやすいのはなぜですか。

年上好きが年下好きに変わると解釈すれば、自ずと真理は見えてくるだろう。

まり、「好みの対象」も大切だが、それよりも着目すべきなのは自分がいま何歳か」ということだ。

……新生児が年下好きだったらどうなるんだろうか。

2016-09-25

87CLOCKERS感想とか

まぁネタバレみたいなものもありますので。




二ノ宮知子先生の『87CLOCKERS』の最終巻になる9巻が出たんですよ。

うーん。何だろうなぁ。このオチはと。

この作品は確実に途中まではまぁ面白いと言えると思うんですよ。


しか最後に87の種明かしが、あっさりと流れて

世界一になったら」というフックも

伏線として成立せず。

 

結局、成長したのは泰君だけかと。

いや、ぼっさんという成長しかしない様な小太りのキャラもいるんですが

もう、なんかその辺も中途半端だなぁっと。


話の構造的には、

ミケのOCサポートの次は、

駆け出し音楽家サポートっていうのに才能を開花させる

ハナっていうのがきれいなオチでしょう。

もちろん他にも色々とあると思うわけです。

実際のところは、そうした色々なパターンを考えた上で

二ノ宮先生が選んだ結末なわけで作家性としての選択だったと思うのですが、

それにしもはなんだかなぁっと。


実際、最終話に近くなると、

迷走しているなぁという印象は強いわけであります

例えば話をまとめるためにジュリアというキャラクター

最後唐突に復活するわけですが、

もしジュリア登場が既定路線であれば、

なんかよくわからないまま解決した航空券が手に入らない話なんかに

ジュリアをぶち込んでただろうなぁと。とか思うわけです。

 

 

まぁミケのところに戻るにしても、

例えばハナがpcメーカー就職して、

広報担当ocチームマネージャー

ミケを飼いならそうとする形というような

成長と変化があってもいいと思うんですよ

そうすることで、

これからも話がどんどん前へ話が進んでいくのだろうな

っていう終わり方になったと思うんですよね。

 

 

登場人物が抜けていって

劣化したリフレインで終わらせるのは

いかがなものかと。

 

この辺は作品論の話になってくるのですが

これからコンテンツ電子化されていく時代

作品の消費のされ方や、読み方も単行本買いってのから

読み放題とかいうの現れているわけれで

「読み返される」という事を念頭に置いたコンテンツ作りが

ますます重要になってくると思うんですが

 

また読み返したくなるコンテンツという面において、

87CLOCKERS』は9割9分成功しそうだったのに、

最後最後ミスった様な気がして

大変に"惜しい"と勝手に思っていたりするわけです。

はい。1人の読者の勝手な思いですよ。

 

  

 

 

 

 

いや、本当のことを言いうとですね。

そんなこたぁどうでもよくて、

このままではぼっさんが、

まりにも不憫なような気がするのですよ。

 

最後に無理やりジュリアを出すのならば、

何故小太りなぼっさん放置するのかと。

 

 

というわけで、二ノ宮先生には、

ぜひとも小太りなぼっさんを中心とした

番外編を書いていただきたくどうぞ一つ。

 

 

まぁ小太りな私しか喜ばないのかもしれませんが。

2016-09-21

さようなら大好きな推しくん、これからも大好きだよ

つい最近まで、ある地下アイドル応援していた。地下アイドルにしてはまぁまぁ大きい規模のところで、それなりに大きい会場でライブもしてくれたし地下アイドルから握手会チェキ会もたくさん開催してくれた。本当にそのグループが大好きで大好きで、自由に使える時間お金はほぼ全てそのグループに使っていた。推しくんの事が世界で一番好きだった。ステージきらきら輝く推しくんが、グループの仲間と笑ったり泣いたりする推しくんが、握手会で私の事だけを見つめて私の名前を呼んでくれる推しくんが、大好きでたまらなかった。世界で一番かっこいいと思っていた。いや、今も思っている。

でも、ぶっちゃけこのグループ未来は無いなと思っていたし、これ以上このグループが大きくなる事は無いなと思っていた。でも推しくんが大好きだったし、グループ活動する推しくんは楽しそうだったし、そんな思いには蓋をして見ないふりをしていた。

そしてある日、公式からTwitterで21時からツイキャスで重大発表があるといわれた。かなり嬉しいお知らせなので期待していてください、とまで言われた。生憎その日はバイトが21時まで入っていて、しかも週末で混むだろうから時間ぴったりに上がれるとも思えない。まぁすぐにTwitter情報が出るだろうとツイキャスを諦め、重大発表に期待しながらその日のバイトに励んだ。

しかバイトを終えた私を待っていたのは、嬉しいお知らせなどではなかった。見た瞬間、目の前が真っ暗になって涙が止まらなくなった。

内容は、メンバーの中の3人が、名義を変えユニットとしてメジャーデビューする、というものだった。

その3人の中に私の推しくんはいなかった。

確かに選ばれた3人は、グループの中では実力も知名度も他のメンバーより頭一つ抜き出ていて、3人組としてのバランスも良い。きっとこの3人なら、メジャーでもやっていけるだろう、と思った。

でも、私の推しくんは、今まで頑張ってきた私の大好きな推しくんは、選ばれなかった。

死ぬほど悲しかった。ただただ、悲しかった。

メジャーデビューする3人は、僕達がこのユニットメジャーデビューして有名になって、母体のこのグループのことを宣伝して色んな人にこのグループを知って欲しい、そのために努力する、どんな活動をしていても全てこのグループのための活動だ、信じて付いてきて欲しい、と言っていた。

3人の中に推しがいる人は、それはもうすごい喜びようだった。私だって推しのメジャーデビューが決まれば泣いて喜ぶだろう。

Twitterを見たところその3人以外推しの人も概ねユニットには好意的なようで、我がことのように喜んでいた。頑張れ、応援する、そんなリプを飛ばしまくっていた。

でも、私はどうしても、ユニットデビューを喜べなかった。今までメンバー全員で肩を並べて一緒に走ってきたのに、いきなり3人だけ抜けるなんてそんなの有り得ない。ていうか推しくんはなんでいないんだ。世界で一番かっこいい私の推しくんは何故メジャー世界で輝けないんだ。あの3人はこれから大きな世界に羽ばたいてたくさんの人に見てもらえるのに、何故私の推しくんは見てもらえないんだ。私の推しくんが世界で一番かっこいいのに、なんで。

その時開催していたツアーをもって、メンバーの1人が怪我を理由に脱退が決まっていたのも大きかった。せめてこのツアーの間は、メンバー全員で頑張って欲しかった、そんな思いもあった。

もう、私にグループ応援する気力は無かった。失望した。ていうかどうせこのグループ応援してても、きっと将来性無いし。持っていたライブチケット殆ど売り払った。3桁単位で集めていたメンバーチェキも、本当にお気に入りの数十枚だけ手元に残して、全部手放した。

でも、推しくんの事は好きだった。というか現在進行形で大好きだ。だって推しくんは何も悪くないし、推しくんは今日世界一かっこいい。Twitterメンバーフォローを外す時、推しくんのフォローだけは外せなかった。リプ垢も消せなかった。これからも推しくんの事は大好きでいると思う。それでも、私はもうあのグループ応援することもお金を払うことも無いだろう。

今までありがとう。みんなのことが本当に大好きでした。みんなを応援できて、本当に幸せでした。これからも頑張ってください。いつか大きな舞台きらきらと輝くみんなが見たかった。さよなら

2016-09-19

久々に映画を見て泣いた話

結構前になるんだけど、マイケルムーア監督の「世界侵略のススメ」って映画を見た。

元々この監督は好きだったし、今回もアメリカンブラックジョークで笑かしてもらおう、みたいな軽い気持ちで観に行ったのね。

で、予想通りアメリカンジョークで笑ってたら、段々笑えなくなって来て、最後には結構泣いちゃってた。

映画自体が良かったのももちろんあるんだけど、映画の中で描かれてるアメリカ日本と同じなんだよね。

今までこの監督が作った映画ボウリング・フォー・コロンバイン華氏911シッコと言った映画は海の向こうのアメリカが抱える深刻な問題を扱ってた。(銃規制の話や、国民皆保険制度が無く貧困層医療恩恵を得られないと言った話)

それが今回は労働教育人間尊厳と言った問題がメインで、よくよく聞いてるとそういう話題アメリカの現状は日本と変わらないんだよね。

なので海の向こうの話かと思ってたら、突然話が身近で現実的な話になっちゃった他人事では聞いていられない。

アメリカ長時間労働低賃金休みも少ない。休みが多いと言われるフランスイタリアはどう?

アメリカ詰め込み教育学歴社会学力世界一フィンランドはどう?

アメリカ前科者は人間扱いされず。まともな職も得られない。死刑制度廃止したポルトガルはどうしてる?

もちろん良いことばかりじゃないし、不況だらけで経済は行き詰まってるけど、欧州の人は「やりたくないことはやらずに、人間らしく生きていこう」としてるんだよね。

社会で生きていくためには嫌なことでもやっていかなくちゃいけない。それができなくなったら人間失格だ。

そんなことはない、と思いながらも心のそこではそう思ってた自分に気づいて、そして大変ながらも人間らしく生きていこうとする欧州人達のその姿勢に涙が止まらなかった。

こんな日記を書きながら、休日なのに明日提出の資料がまだ半分残ってるのでこれから頑張る。