「再チャレンジ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 再チャレンジとは

2017-04-23

年齢差別で滅ぶ日本

人口減少でいくら人手不足になっても、努力していくらスキルを身につけても、就職氷河期世代永遠に正社員になれない。

日本労働市場には、激しく露骨な年齢差別があるからだ。

年齢差別問題は、職場での女性差別に勝るとも劣らず深刻な問題なのに、まともに議論されることがない。それが問題であることを認識している人が、差別される当事者以外にいない。


転職の最終列車が35歳だという定説が崩れ出したといわれるものの、じっさいには35歳以上でキャリアチェンジをすることは、日本では非常にむずかしい。

雇う側としては、早いうちに企業に固有のスキルを身につけて活躍してくれた方が、人材への投資効果が高いので、年齢制限をするという理屈を持ち出してくることが多い。

しかし、30代半ばを過ぎた人がたとえ専門学校ビジネススクールへ行って実践的な技術知識を身につけても、それを活かす機会は与えられない。

企業が年齢差別をすることには、スキルの適合性や投資効率以外に本当の理由があるからだ。


日本職場では、学校と同様に儒教的な「長幼の別」が極端に重視される。その結果、年下の上司が年上の部下を管理することはあまりふさわしくないという暗黙の了解がある。

また、雇用流動性がまだ低いので、「長幼の別」を前提とした職場人間関係が固定されやすい。

そのため、30代半ばを過ぎた人が新しいスキルを身につけても、持っているスキルでは評価されず、職場既存人間関係フィットしないという理由拒否される。

このメンタリティが土着的、土人的なものだという自覚を持ち、人を年齢ではなくスキル評価しないかぎり、再チャレンジ可能社会や、老いて活躍できるプラチナ社会などというものはけっして実現しない。

から就職氷河期世代が救われるなどということは、この先もない。



土人たちの構成する社会は、移民を呼んで働かせようと叫んでも、国外高学歴・高スキル人材には見向きもされず、女性女性であるという理由で過剰に優遇されるのはおかしいと文句を言い、人生希望勇気をもって挑戦しようとする中年たちを切り捨てながら、滅んでいく。

質の低いものが淘汰されていくのはそれなりの理由があるのだ。


http://anond.hatelabo.jp/20170422041028

2017-03-20

森友学園問題政局利用

500円デマに乗っかった株まとめ

http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65888431.html

 

対決の構図は最初はこうだった

菅野完、民進、共産

   V S (国有地値引き、小学校認可)

森友学園自民大阪維新

 

それがこう変化してメディアも混乱している

民進、共産

  V S (国有地値引き、小学校認可)

菅野完森友学園

  V S (安倍首相への「侮辱」、松井府知事への「侮辱」)

自民大阪維新

 

別に菅野完民進党共産党対立してるわけではないが、現状、弁護士のいない森友学園代弁者となってしまっているので、真ん中に入れた。

注意したいのは、別に民進党共産党森友学園を味方に引き入れたわけではないし、森友学園への追及の手も緩めていないこと。問題国有地の値引きと小学校認可がザルになった原因だとしているのは変わらない。

森友学園は「安倍首相から100万寄付された」と爆弾発言はしたが、これは値引きの原因や認可の原因に直接的に結びつくことを話したわけではない。

現状、ババ(森友学園)を押し付けあっているという構図は存在せず、自民大阪維新一方的に切り離したという形だ。

最後に、この問題を真っ先に国会で取り上げで追及し、証人喚問でも質問者となることが決定した共産党宮本たけし議員Facebook投稿掲載しておく。

https://www.facebook.com/miyamototakeshi.jcp/posts/1846426555574232 

わが党が籠池氏と「連携」などするはずがない。私は、去る2月15日以来、籠池氏=森友学園小学校設立計画と、それに異常な優遇を与えてきた安倍政権維新府政を追及してきた。

トカゲの尻尾切り」についても、「それでトカゲを逃がすわけにはいかないが、この尻尾は一旦は切られたほうがよい尻尾であり、ますは確実に尻尾の決着をつけねばならない」と言ってきたはずだ。

かくして「尻尾」は切られた。「教育勅語」を子どもたちに上から刷り込むような小学校の開校を阻止し、その野望は打ち砕かれた。いよいよ今度は逃げようとするトカゲ安倍政権トカゲ大阪維新トカゲ…2匹のトカゲを引っ張り出す番だ。

「切られた尻尾」の籠池氏が、自分の悪行を心から反省し、洗いざらいその真実を語り、「安倍夫妻も、松井大阪府知事も、悪行の仲間でした」と語ったならば話は別であるしかし、そうではない。

彼は「再チャレンジ」を公言し、自分は悪くないと言い続けている。「自分は正しかったのだ。安倍夫妻も仲間だった。だからこそ、安倍首相から寄付をもらっていた」と主張している。また、「大阪府もずっと温かく応援してくれていた」と語っているのである。そのような主張をしたからといって、何で籠池氏が免罪されることがあろうか。

籠池氏は来る証人喚問で、まずは近畿財務局大阪府からどのような不当な優遇を受けてきたのか、介在した政治家自民党鴻池氏や大阪維新中川府議以外に何人いて、どのような政治力を発揮してもらったのか。「こんにゃく」は鴻池氏以外に誰に渡したのか…その真実を語らなければならない。

野党メディアは、それをこそ与党以上に最も厳しく、籠池氏に迫らなければならない。そして、この事件の闇を、余すところなく白日の下に晒さなければならない。

籠池氏が「自分も罪を犯した。そして、その罪は財務省理財局も、大阪府私学課も、安倍首相稲田防衛相も、松井知事も橋下氏も、みんな同罪でした。」と語るかどうか…それこそが、来る証人喚問の最大の焦点であろう。

 

2017-02-09

ADHD発達障害)の、つまずきながらも終わらずに生きられた半生

ADHD診断済の者です。

ここ最近借金玉氏のブログhttp://syakkin-dama.hatenablog.com/)が立ち上がったり、そこでの記事話題を呼ぶのを見て、にわかはてな界隈でも発達障害に関する話題が盛り上がっているのかなと思っていた所、

http://anond.hatelabo.jp/20170206102543

↑こちらの中学受験の話と、それに付いていたブクマコメントが、あまりにも「そうッ!」という思いだったため、少し乗り遅れた感ありますが思わずキーを叩いてしまっています

そのコメントとは、id:Outfielder 氏の

知能に遅れのない高機能発達障児は、中学で内申が出ないか高校受験で詰んでしま人生終了がほぼ確定してしまうから少々無理してでも中学受験すべき、という体験談は聞いたことある

というもので、まさに自分がそれだった、その通りや…と瞠目してしまいました。

自分がそれ、と言っても結局中学公立に進んだのですが、幸いなことに人生終了は(おそらく)しておらず、今は自分にとっては環境面・経済面でも充分有難い場所で働かせてもらっています

でもそれはたまたま、運が良かっただけという気がしていて、振り返るとこれまでの人生の中で、ADHDのせいとは一概には言えないけれど、幾つかの「挫折ポイント」があったので、もしこれからの進路にお悩みの発達障害傾向のあるお子さんを持つ方などが居たら、参考になればと思いつつ振り返ってみます

(多分あんまり参考にはならないですし、それよりも自分が整理して書き出してみたいというADHD衝動によるもの本心です)

小学生時代中学受験でつまずく)

子供の時から自分は周りとは違う人間だ、という自覚は多少なりともありましたが、それは割とポジティブに捉えていました。運動は苦手だけど、勉強はわりといいところ、そして休み時間や家ではマンガを書くこと、それを披露することでクラスで固有のポジションを得ていた覚えがあります

絵師の皆さんなどもどこかで記憶のあるような体験なのではないでしょうか)

問題ポイントが、中学受験。親の方針もあり、自分もなんとなく説得され特に断る理由もなかったので(通学が遠くなるのはめんどくさいなあくらい)小4くらいか中学受験に向けた塾通いをするようになります

しかし、それがだんだんキツくなり、小6のいつ頃だったか、日曜も朝から夕方まで模擬試験しか提携してる友達も居ない知らない塾まで通っての体制になり、多分その環境自分ストレス耐性がピークに達してしまった気がします。

と同時に、なぜ今の小学校友達と離れてまで、遠い中学に通わなきゃいけないのか、さっぱり意味がわからないと涙ながらの突然の抵抗。自分が覚えている限りの自我の芽生えその1です。

結局、これ以上は無理と親も理解したらしく、中学受験は断念、塾も同じ塾内の進学コースから普通コースに移動しました。この時の迎えてくれた友達安心感たるや今でも思い出します。

中学生時代(内申でつまずく)

この公立中学地域圏内では割と悪評の高い、まあいわゆる「荒れてる」と言われるような学校だったようなのですが、幸いなことに僕が入学する直前辺りから目立って悪い行いは無くなっていったようで、中学の3年間は気の合う(ヲタクな)友達も狭い付き合いながらも出来、全体的には、例えばいじめに遭うなどという特段嫌な思い出もなく平和に過ごせました…

が、

心境的には、中学2年辺りから周囲との違和感を強く感じ始めていました。

まぁこれは、誰にでもある思春期の訪れだとも思うのですが、良くないことに同時期に、インターネット桃源郷見出ししまいました。

テレホタイムは親のPCでこそこそチャット掲示板に入り浸り…(なんとなくこれで年齢が分かりますね)

今思えば、このあたりもADHD衝動性、過集中にフィットしてしまい、その後にやってくる虚脱によって学校を休むことが増え、やがて内申はどんどん悪くなっていきました。。

高校時代公立高校でつまずく)

はい。ここで2度めのポイント、そして最大の「人生終了」感を味わいました。

中学での内申に引っ張られ、「お前はここにしか行けない」という公立校にヒィヒィ言いながら入りました。(試験の点数だけで言えば中の上レベルの人たちと張ってたのに…と今でも悔やむことがありますが、まあしょうがない)

そして、1年ももたずその高校を辞めました。

なんで辞めたのか。今でも正直言ってこれといった理由言葉に出来ないのですが、幾人かの「いやなタイプ」の人の顔、そして、排外的雰囲気、それに合わせることの絶対できない自分の中の何か。

気づいたら高校に行けなくなっていました。僕みたいな人間は、居心地が良くないとマジで死ぬんだなあ、ということが身に沁みてわかりました。

多分この時ほど親は、上記のコメントと同じことを思ったことは他にないでしょう「少々無理してでも中学受験すべきだった・・・

その後、半年ほど引きこもりをしてから、今度は底辺私立校一年から入り直すことになります

ぶっちゃけ誰でも入れるような所で、周りを見渡せば一目瞭然の発達障害ヤンキー、そしてほぼ知的障害とも言えそうな人まで、ワケアリな人種ばかりが揃った愉快な空間でした。

それでも、そんな所に高いお金を払って再チャレンジさせてくれた親には大変感謝しているし、また学校行けなくなるのではという恐怖も乗り越え再びやり直すことを決めた当時の自分も、割とがんばってたと思います。(引きこもってた時分は外に出るだけで怖かったです)

そしてこの私立校が、思いのほか自分には合い、割と気ままに過ごすことが出来、大人になった今でもLINEでくだらないことを言い合うような親友も出来ました。

特にその学校ではPCを使った授業に力を入れていて、もともとネットにハマってたくらいなのでPCに触ることは自然だったのですが、その中で自分特性に合ったジャンル先生見出してくれて、「大学受験してみないか?」という運びになります

大学時代ADHD完熟期)

その高校での先生たちの手厚いサポートのおかげで、(あの悪評高い)AO入試制度を使い大学への入学を果たします。

2ちゃん等ではFランと呼ばれるランクしょうが世間的にはそこそこ名だけは知られているところでした。

そして自分学生時代を見返してみても、この大学時代が一番輝いていたように思います

興味のある授業内容、自由雰囲気キャンパス、そしてどことな普通じゃない人達の集まる文化系サークル出会い、居場所と夢中になれることの両方が目の前に広がり、自分人生が本格的に始まった感じがしました。

色々あったけど、特にここで語るべきことはこれ以上ありません。

就活は例に漏れ苦痛でしたが、それでも思ったよりあっけなく、自分に合いそうな所に内定を得ることが出来ました。

社会人のはじまり(つまずき続けつつそして現在

そして、光に満ちた4年間が終わり、ここから暗く長い旅の始まりです・・・

といっても、第3のポイントは1年目序盤にあっさりと訪れます会社に数日行けなくなりました。

体が動きません。会社メールも見れません。連絡したくありません。何もかもから逃げ出すことしか考えられなくなりました。

それでもなんとか数日休んで、這うような思いで出社し、耐え、またしばらくすると行けなくなる、を繰り返しました。

メンタルクリニックにも行き、「抑うつ状態」の診断書を突きつけたりもしつつ、それでも時には自分に合った業務に携われる期間もあり、何より会社の人が良い人だったので、なんとか辞めたり休職したりはせずに、自分の心と身体を騙し騙し、一つの仕事に人より何倍も時間を浪費しながらも、続けられていました。

ADHD的に特にしかったのは、やはり外部とのコミュニケーションスケジュール管理企画書作成といったところでしょうか。

これらを、自分を無理に奮い立たせながら乗り切っていたため、やがてそういった業務をすればするほど、図太くなるどころか気づいた時にはストレス耐性が全く無くなり、再びしょっちゅう休むようになりました。

それがここ1年ほどのことです。

再びクリニック通いを再開し、軽うつ対応するような薬を飲みつつも、相変わらず同様の環境仕事を続けており、このままじゃどんどんダメになるのではという漠然とした不安と焦りが募っていました。

そして約半年前、同じクリニック内で医師が代わり、その医師の診断方針もあり状況を見直した所、「ADHD」という判断を受けました。

それまでもネットで色々情報は見ていたため、あ~やっぱり、という感じでした。

その後、自分ADHDであり、こういう業務はどうしても脳の形状的に難しいのだと諦めがつくようになり、まずは環境を変えなければどうしようもないと思い、同じ社内ではありますが異動を相談したところ、あっさり通り、そして始めのほうに記したような、落ち着きつつある現在の状況があります

振り返ると

中学受験高校社会人と何度も「周囲との違和感」「やってみてはダメになる」「周りと同じような適応は出来ない」を繰り返してしまっていたのですが、それでも、親や教師理解サポートたまたま巡り会えた環境に恵まれ、なんとか人生終了せずに、今は地道に日々の幸福度回復させていけるようになりました。

中学受験成功していれば全てが上手くいった、とは思わず、結局はどこかで周囲とのギャップ、そして挫折経験していたと思いますが、それでももっと早くADHDという認識を与えられ、それに対応した生活見直しや進路を定められていたら、もうちょっと楽に歩むことが出来たんじゃないかなと思います

一歩間違えれば人生終了待ったなしだった気がするので、それを回避するためにも、もし自分が、そして自分の子供がちょっとあやしいなと思ったら、診断を受けてみたり歩み方を普通の人とは変える、認識を良くも悪くも諦めるようなタイミングが、必要なんじゃないかなと思うのでした。

まぁ、今はどこのクリニックも発達障害の診断で激混みという話も聞きますけど…

空前の発達障害ブーム(?)に備えた人生設計の、一つの参考例にでもなれば幸いです。

2017-02-07

無神経な人は得をしすぎではないか

無神経な人は感情無視して、本音で話すことができる。

本音で語られると、そのことは配慮せざるを得ない。

繊細な人は嫌なことをはっきりと伝えられないか

同じ嫌な目に何度もあったりする。

無神経な人は恥をかいている意識がないのでチャレンジできる

失敗しても、恥ずかしいと思わないので再チャレンジしたりする

繊細な人は傷つきやすいので、チャレンジ回数が減る

当然成功回数も減る

無神経な人は欲求に率直なので、いろんなものを手に入れる事が多い。

繊細な人は気遣って要求しないので、あまりたくさんのものを手に入れられない。

繊細な人は気遣いができると思われて、嫌な人にも好かれる

押しに弱いと思われて詐欺師にも好かれる

無神経な人と繊細な人っていうだけで、努力や才能を凌駕するぐらいの差がつくんじゃないか

2017-02-03

転職すりゃいいじゃんって

ブコメでほざいてる奴らはそういっとけば反論できないか適当ほざいてるだけだよな。

うまくいく可能だってないわけではないもんね。

それで転職に失敗したら努力が足りない下調べが足りないウカツすぎるなどの自己責任論をぶち込んできて

最終的には再チャレンジできない社会が悪いといって素知らぬ顔。

これでイケハヤとかを無責任若者を煽るクズとか言ってるんだからまじウケる

2017-01-29

男性男性でいるだけで性的加害への物言わぬ加担者だというなら僕は喜んでこの性器を切断する。

いや「する」というか「した」ですが。

最近話題男性保育士問題、私達のような当事者的にも琴線に触れる人は結構いるんじゃないかな。(いてほしい)

もちろん第一義的には「性自認と肉体に対する違和感」がくるけど、それがどれだけ耐え難いかは人によって違うし、実際に手術にまで踏み切るかどうかは

社会との関わりの面で色々な要素があるから、「違和感を抱えつつも社会的にはもとの性別のまま生きる」という選択肢を取る人もいます。(結構いるよね?)

損得勘定したら私の場合は明らかに大損きわまりない。

東大合格者数で3本の指にはい高校から東大(か京大かもね♪どっちかです)の理工系学部大学院までいったけど、まともな就職先に引っかかることができなかった。

ほんの数年前でも""LGBT""に対する""理解""が今よりだいぶ違う時代だし仕方ないけど、なんとか食いつないでいける程度ではなんのためにがんばってきたんだろう?

それを肯定できるほどの身体違和感があったかというと、今となっては正直わからない。

性別移行してからだいぶたつし昔の感覚をもう思い出せなくなってるけど、いわゆる「物心いたこから…」みたいなわかりやすストーリーじゃなかったのは確かだ。

そんな私にいつも通奏低音のように響いていたのが、この「物言わぬ加害者としての男性性」の問題だった。

歴史教育では「日本人である」っていうだけで同級生中国人朝鮮人に引け目を感じ、

小学校時代地元の友人から「親からいい地頭をもらったな」と嫉みを買うことに引け目を感じ、

他のMtF当事者から「素材に恵まれいるかパス度高くていいですね」みたいに暗に示唆されることに引け目を感じ、

そしてこういう話題があがるたび嫌でも思い出される、

男性男性であるだけで女性への性的暴力に無言のうちに加担しているんだ!」と言わんばかりのフェミニスト言葉に引け目を感じ、

どれもこれも私が自分から望んで得たものじゃないんだ、生まれつき勝手にこの国籍、この性別、この頭脳、この顔面、この「私」になってたんだ。

それでも自分のせいで辛い思いをしている人がそんなにたくさんいるなら、それなら私なりに誠意を示す必要があるでしょう?

私が「私」であることに対する私なりにできる精一杯の謝罪として、私はこのスティグマを切断する、という落とし前をつけたんだ。

今のところこの謝罪はうまくいっているようで、個人的には身体的な違和感から解放されたし、

いろいろと人生再チャレンジもできそうにないアラサーお姉さん(おばちゃんか)として社会の隅っこでちんまり過ごす人生に後悔はない。

でも、だいぶ昔にさよならを告げたはずの「男性性」の舞台の上で今日も悪意のない人達が、悪意のない故に自らの存在のものに対して申し訳無さを感じているのを見ると、

自分の生まれてきた姿形を呪って布団にこもって泣きじゃくった昔の私を思い出して、どうしても他人事のようには思えないんです。

もちろんだからといってネイティブ女性に「男性性を不快におもうな!」というつもりは毛頭ないし(でなければ私もこっち側に来なかったよ!!)、

現実的には個々人の間でちょっとずつ信頼を醸成していく以外にはないんだろうな、とは思うけど

両方の性別から観点に同じように「うんうん、わかるよその気持ち」って思っちゃうぶん2倍つらいね

いいたいこととっちらかったけど、こういう意見をすくい上げてくれるような社会運動ってあるのかな?

フェミニストの人たちはやっぱりちょっとこわいな…

http://anond.hatelabo.jp/20170129132615

現状ではそうかもしれないけど、再チャレンジを妨げる人達の言説で更に落ちぶれて復活不可能な人がふえたらそうなる可能性はあるんではないか、ってこと。

というか生活のための軽犯罪なんて普通に結構あると思うけど。別に組織的大量殺人とかそういうのを問題にしているわけではないよ。

http://anond.hatelabo.jp/20170129125754

経営者云々は別問題としても、再チャレンジのみならず自分と比べて劣勢なものを叩く人が増えた。

注意したいのは単に劣勢であって、劣等と混同している奴らが叩くのは別問題。そんな意味の分からない情勢になってる。

トランプ感情によって支持されたのは感情的な劣等というある種のレッテル

(例えばデトロイトの連中に学があるかないはひとまず置いて)

に対する抵抗なのは間違いない。俺は上下関係なく頑張ってるやつのほうが好感が持てる。

再チャレンジを妨げる社会

リストラされた人が職を得たいと思うことこそ「自然感情」だろ。

なんでそれを叩く人が普通に社会存在することが許されるんだよ。

なんかやらかして馘首になったんならともかく、リストラなんて大概経営者責任割合が多いだろうが。

勿論リストラされなかった人よりは能力が劣っていたのかもしれんが、そんなの一概に言えんし、

ある程度の仕事をある程度の地位で、40,50になるまで問題起こさず普通に勤めてきた人なら、

そんな多少の差異ぐらいでいちいちまる犯罪者のごとく何で叩かれないといけないのか。

そんな社会だと、若者も将来そういう目に合うことに備えて貯蓄をし、結果消費が落ちるんでないか

百歩譲って、無能ということである程度叩かれるのは仕方なくても、それならリストラせざるを得なかった

経営者責任だって十分問われるべきだ。


リストラに限った話ではないが、この国では「再チャレンジ」を異常に嫌う人が多いようにも思える。

自分が失敗したときのことは考えてないのか?自分だけはずっと順風満帆でいけるとおもってるのか?

社会復帰の道を多少のことで閉ざされる社会というのは、そういう人が失うものがなくなって暴挙に走り

社会不安増長させるから、失敗を全くしない人に取ったって良い社会とは思えないんだけどな。

2017-01-25

[]1月25日

○朝食:ヨーグルト

○昼食:助六寿司

○夕食:ご飯、納豆(二つ)、減塩野菜たっぷり味噌汁フリーズドライ)、ツナ缶、しうまい

調子

うーむ、なんか仕事ちょっとうまく噛み合わない。

できるとかできないとかじゃなくて、一緒に仕事してる人とウマが合わない感じ。

まあ、この人と仕事するのは来週いっぱいまでだから適当にいなして、適当に時が過ぎ去るのを待とう。

こういうときに、無理してわかりあおうとか、無理して理解しようとか、無理して理解してもらおうとか、気負いすぎるのが僕の良くない癖なので、ちゃんと相手理解できないことと、相手が僕を理解してくれない、ということを理解してあくまで程よい距離感で適度にこなそう。

DS

世界樹の迷宮

2Fを攻略中。

ちょっとよくわかってなかったんだけど、アリアドネの糸ってアイテムを使うとダンジョンの中からイキナリ街に戻ってこれることに気づいた。

おお、これ、すごい楽だな。

今までは、もどり道のことも考えてリソースを配分してたんだけど、これからは少し突っ張っても問題ないわけだ。

そんなわけで、ちょっと強気経験値を稼いでみた。

そこで覚えさせた、バードっていう歌を歌ってサポートする職業につかせたカノコちゃんの「氷劇の序曲」というスキルが超強い。

これは、通常攻撃属性ダメージを追加するスキルなんだけど、サポート専門のバードにもかかわらず、このスキルを使えば使ってない戦士的な職業ソードマンと同等の攻撃力になる。

もちろん、攻撃力がもともと高いソードマンに使えばより一層強くなる。

今まで、アルケミストのヤマちゃんと、ソードマンのコオニちゃん以外は、ダメージがしょぼかったんだけど、このスキルサポートすればそこそこには戦えるようになった。

そんなわけで、この間ボコボコにされた中ボス的な鹿に再チャレンジ

パーティーの五人中三人が死ぬという激戦ながらも、なんとか撃破

ボロボロになってもアリアドネの糸で戻れるので、点在してる鹿や牛と戦いまくって、レベルをあげた。

そろそろ2Fも終わりっぽいので、3Fの攻略を目指そう。

3DS

すれちがいMii広場

すれちがいフィッシングが楽しくて楽しくてしょうがない。

楽しいんだけど、1日にプレイできる回数が決まってるのがもどかしくて、むずむずする。

ちょっと釣りゲーを見繕ってプレイしたくなってきた。

バッジとれ〜るセンター

ログボのみ。

ポケとる

ポケモンサファリ攻略中(コイキング(いろちがい)、ギャラドス(いろちがい)、ユキワラシウィンク)、の4匹を捕獲。昨日はシェルダーオニゴーリウィンク)、マメパトハトーボーケンホロウ捕獲してるので、残りはパルシェンのみ)

今回のサファリレア枠の金色コイキング赤色ギャラドスは、メガ進化のメガギャラドスが本編ではあくタイプなこともあり、僕の愛好対象として絶対捕獲たかったので、捕獲できてよかった、よかった。

残りのパルシェン、そもそもまだ遭遇すらしてない。

出たらさっさとスーパーボール投げて終わらせたい。

iPhone

ポケモンコマスター

ログボのみ。

バージョンアップは多言語対応のみで、遊ぶ人にとっては別に何もない感じ。

2016-11-22

井の中の蛙でありたかった

ポケモン

小中学生ときには、学内で一番強かった。

レベル100のバンギラスでギッタバッタっと友達を薙ぎ払っていた。

誰それが強いと聞けば勝負を挑み、バンギラスで噛み砕いては悦に浸り、とにかく楽しかった。

高校ではゲームから離れた。

進学に伴って上京し、余暇時間を潰すためになんとなく立ち寄った中古店でポケモンを買ってみた。

「ワイファイ」いまでは当たり前だが当時の僕は知らなかった。

無線LAN」との違いがわから店員に尋ねたがキョトンとされ、未だに正しく理解できていない。

ともかく、ゲームから離れたほんの数年の間にゲーム機ネット対応していた。

ストーリーを1巡し「勝てなくて良いや」という軽い気持ちmixiの「ポケモン対戦募集コミュから対戦相手を見つけた。

初のネット対戦惨敗だった。

悔しさを感じ、自分理論で「最強」を作り再チャレンジした。惨敗だった。

訳がわからず、「ポケモン 最強」とググってみた。カンニング。後ろめたい気持ち攻略本アンチの僕にとってプライドを捨てた行動。

個体値」「努力値」すぐに出てきた。

同じレベルバンギラスでも能力に開きがあることに気づいていた僕は、「個体値」「努力値」を感覚としては理解していた。ネットに答えがあった。

すぐに実践し、「最強」を作った。勝利した。

また戦った。敗北した。

結局のところジャンケンだった。

運ゲー

正確には敗北の可能性を減らすことは出来そうだった。

「素早く、大きいダメージ効果的に与え」「相手から被害を極力小さくし」「余計な手間を相手押し付け」「確率を安定させる」

ポケモン性格性格タイプとワザと....

途方もない計算を考えるのは楽しかった。

が、分岐図が多すぎる。実践する手間を惜しめなかった。

ただただ面倒で、ボタンを押している時間無駄だと認識したときポケモンを辞めた。

井の中の蛙で、極小のサークルで1番であれば良かった。

2016-10-26

昨日は死ねなかった

病院に行くまではそのまま首つって終わりだと思っていたけど

先生一喝され少し思いとどまる

でも、厳しい現状は何も変わらない

お金はなく

キャリアは閉ざされ

心は疲れ切り

この世に居場所はなく

自分を捨て

ひとりぼっち

生きている感覚すらない

死んだ方が楽だという思いも変わらない

疲れ切っている

引っ越しも遅々としてすすまない

淡々とやるしかないのだろうけれど

果たして住人となじめるだろうか

それもあまり自信がなくなってきた

まぁでもどうせ死ぬしな、、、と割り切るようにする

ずっと、ずっと疲れている

そりゃそうだ

なんもかんもなくなっていって

みんなはなれていって

楽しみも奪われて

将来に希望なんてもうない

みんなのように家族も、家も持てない

昔の同期なんてみんなうまくいっている

子供がいて、家があって、家族がいて

あとは淡々と年を取るだけだ

楽しみながら

子供の成長を見ながら

自身人間として成長しながら

彼らの人生は逓増していくだけだ

まっとうな人生

立派な大人としての人生

俺はもう生きていくことはできない

将来に希望はない

もうキャリア好転することはない

再チャレンジが出来ない社会

俺は失敗して転落した このまま耐えるしかない

エンジニアに転身、、無理だろうこの年齢では

まり、もう尊厳をもって生きることは難しい

もう好転はない

待っているのは孤独死だろう

このまま毎日苦しみを重ねて、苦しみ続けて死ぬくらいなら、早めに自分で結末を決めた方がいいという思いは変わらない

一度の失敗ですべてがぶっ壊れる

その程度の人生、その程度の器だったんだろう

もう毎朝起きて、また死ねなかったと思う毎日も疲れ果てた

後片付けしてさっぱりと死のう

情けない人生だった

まらない人生だった

誰にも必要とされない人生だった

そういうことだ

さあ、終わろう

2016-10-21

IP phone

IP phone 家で再チャレンジ

もしこれで家でなら、いけるということに

なったら、職場でもSIM接続しとかな

駄目ということか。

愕然

2016-10-19

my failure

失敗したなぁっておもったこと

です

ルート証明書を事前に入手して端末におさめておけばよかった

まあ毎日ここへは来るわけだから・・・明日再チャレンジ

すっかり

2016-10-09

http://anond.hatelabo.jp/20161009010722

その発言詭弁なのは五体満足で生きて帰ってきてる所。

まじめにやったら重度の後遺症かそのままあの世逝きの二択でしょう?

最後最後再チャレンジできるかできないかの一線を見逃さないのはズルい。

2016-07-09

http://anond.hatelabo.jp/20160707093536

子供がいる部屋でセックスするのって普通なの?

寝てるからって言っても起きないとは限らない。

別室と言っても用があって部屋に入ってこないとは限らない。

テレビ漫画でも、あからさまな性描写があるものはこどもには見せたくないと思ってしまう。

同じ理由で、親がセックスしてる姿なんて見られたくない。

母親が女の顔してるとこも正直見られたくない。

少なくとも子供の前では夫のことをそういう目では見れない。

子供の前でやらしい顔してスキンシップとかしてくるのはほんとに勘弁してほしい。

そういう倫理観がいきすぎなの?

もっと性についてオープンであるべきとか、そういう話なの?

うちの場合は、しない日が続くと夫もつらそうなので、なるべく誘いは断らないようにしているけど。

一応別室でカギをかけてしているけど、もしも起きてきたらと思うと行為中も気が気でないので純粋に楽しくない。

かといって私が感じてないと夫も萎えしまうようなので、演技で感じてるふりをしなければならない。

こっちはとっくに萎えてるのに。

はやくイッてくれて終われた方がいいから、夫をどう喜ばすか考えないといけないので、ますます萎える。

正直めんどくさい。

子供がいる家でするのはいやだから、これからは外か、こどものいない日中にしようといったら断られた。

だって性欲はあるけど、なんでこんなヒヤヒヤしながら、素っ裸でバタバタしないと満足できないのかと不思議でならない。

こどもの寝てる横でも、ひとりですればふとんかぶってスマホでも見て静かに処理できる。

その方が安心してよっぽど気持ちよくすませられる。

相手があるからこそのよさはもちろんひとりでするのとは別格だとは思うけど、子供を持った時点で何らかの我慢は必要になると思う。

結婚セックスだけを求めてるなら、子供は持たない方がいいと思う。

最初から子供要らない女性とお互いが納得の上で結婚して、去勢するなり、妻にピルますなりして、やりたいほーだいやってればいいけど。

あと妊娠中に切迫早産でセックス禁止の時に、じゃあ口とか手でしてって言ってきたのは、すごいウザかった。

こっちが体つらいときに、性欲処理くらいひとりでできんのかって思えてならない。

まぁそれも肩痛いからもんでっていってるのと同じくらいの生理現象かと理解して、文句わずにやるように心がけてはいたけど。

夫婦の歩み寄りでいうと、この件の妻にはもう少し夫の性欲に配慮があってもいい気がするけど、増田にはこどものいない環境でぜひ再チャレンジしてみてほしいなと思う。

 

2016-04-30

[] 嗚呼、素晴らしきアナル

女優さんの初期の頃の作品を見ていたのですが、もう大好きな女優さんなんですが、

すごく極上のぽっかりアナルが映ってて、

初期の頃はアナルモザイクがかかっている作品が多かったので、とりこぼしてました。


見た瞬間はボッキボキに勃起してたわけですが、いざいこうとしたら萎えるんです。

それで、どうにも勃たないし、いかないし、途中でオナニーあきらめました。

年のせいか、体調が悪かったのかと考えながら、ちんこについたローションを洗い流してたら、

足がガクガク震えてるんですよ。


おそらく、あまりにも上物のアナルを見てビビッてしまったようです。

今度、気持ち落ち着け再チャレンジします。


話変わりますが、明日ストリップ見に行きます


アナル増田

2016-02-15

一部の大衆心理

凄いモノを見ると、すごい事はもう分かっているのだけれど、その直後に劣等感を感じる。なので次に、どこかに落ち度がないか?舐めるように凡ミスを探す。そしてそれを見つけたら鬼の首とったかのように嬉々として叫び相手評価を下げる。それはもう、大手柄であり、快感であり、止められそうにない。

こうした人は、もともとは夢があり志がった人間なのだけど、どこかで挫折してしまった人。子供の頃のように純粋に、物事に感動できなくなってしまった人。

この人が、もう一度、純粋キラキラした目で物事を見ることが出来るようになるには、挫折した夢を取り戻す必要がある。つまり挫折を克服し、もう一度、再チャレンジするしかない。なぜ?あの時、挫折したのか?何が壁だったのか?今考えるとどう行動するべきだったのか?分析し答えを出さなければいけない。

諦めずに進む方法はある。針の穴を潜るような道で忍耐が必要だけど、それは天才から通れるという道ではない。

こうした人が続出する社会は、評価がまともに機能せず、よいものが生まれない。経済も発展することはない。

2016-01-05

スモークチーズつくってみた

スチール製の焼き芋器にスモークウッド着火してプロセスチーズカマンベール半割りをスモークしてみた。

前回熱で溶けた失敗からスモークウッド再チャレンジ、見た目はそれっぽく出来上がった。

冷蔵庫で冷ましたか晩酌おつまみにしてみよう。

2015-12-23

安倍ちゃんの功績

どんな情けない姿を晒しても人間何度でも再チャレンジできると示した

総理大臣なんて偉くもなんとも無い人間はみな平等だと示した

強そうなフリをすると逆に弱くなると示した

2015-12-07

http://anond.hatelabo.jp/20151207134710

選択の自由を行動規制して極端に躾ける親にあたった子供は、人生を選べなくなる。

こうした子供自発的に動きたいという思いを全て親に否定されたせいで、成人する頃には親の生き方に沿わなければいかしてもらえない、という歪んだ承認欲求を持つに至る。

日本人の大小が歪んだ承認欲求に浸されているのは、とりもなおさず自分自身を身の丈で認めることができないからだ。

親がそうでないにしても教育機関はそう教育するし、仲間内では認めるより速く否定が飛んで来る。授業中に質問は許されず、考えるよりも教師の進行=全体の進行を強制される。

教育から個人の考え方を否定して集団単位の詰め込みを強要するのだから、まともな自己容認なんて育つはずもない。

そうやって教育された人々が自分他人も認めず、既成事実しか受け入れない狭量さを持ち、再チャレンジなどを認めずむしろ潰す側に回るのは何も不自然じゃない。

その原因は連帯責任的な教育が色濃く残っているのに、連帯的な保護機能が失われて都合の良い個人主義跋扈してしまたからだ。

誰も守られないのに責任教育だけは連帯なので、自分を認めさせるには団体内で蹴落としを行う他ない。

全体の運営が最重要視されるので、自分を殺してでも全体の維持に務める病的な生徒や社員が生まれてくる。

日本人自由になる機会を集団に奪われているし、最初から洗脳されているのだが、殆ど人達はそのことを考えもしない。

少々逸脱してしまったが、親を選べなかった窒息した子供は人とうまくやって行けない。

認められない自分という思いがいつまでも心にこびりついているし、コミュニケーション距離感も壊れているのでどう接して良いのかもわからない。

元増田の言うようにまさにそれは運の話で、生まれついた運の時点でその子は終わってしまっている。

よほどの鈍感力と生まれ持った精神力がなければ子供は生まれながらにして殺されてしまう。そこに選択の自由なんて存在しない、精神奴隷と変わりがない。

元増田意見の相違があるとすればそこだ。人間は誰でも選べるように生まれてこない。

2015-11-20

魔法少女になりたい

来年で30歳になる。

もうダメだ。

鏡に映る顔は、歳を重ねるごとに親父のそれに近づいていく。

ダメな親父だった(存命)。

きっと私もダメな親父になるのだろう。

いや、たぶん結婚できないからダメ独身中年になるのだろう。

親父より悲惨じゃないか。

もうこの歳になると""再チャレンジ""なんてできない。

だいたい、チャレンジする能力がない。

得意なこととか、人に自慢できる才能とか何もない。

きっとこれから先ずっと、誰の役にも立てないまま迷惑ばかりかけていく。

それが嫌でしょうがない。

でも『魔法少女まどか☆マギカ』を観て、誰かを助けるために戦ってるの見せてもらって、同じことが私にもできるかもしれないって思えて、何よりも嬉しかったのはそのことで……

から私、魔法少女になれたらそれで願いごとは叶っちゃうんです。

こんな自分でも誰かの役に立てるんだって、胸を張って生きていけたら、それが一番の夢だから

キュウべぇ……年内に来てくれ。

2015-08-28

艦これ資源集め楽しい

自然回復派なんだけど、E7の丙に挑むにあたって、削り時に結構使った上にゲージ破壊できなかったから、また再チャレンジのために資源ためしてた。

この3日間、キラ海上護衛、キラ北方鼠、キラ東京弐をガン回しして、40k、35k、33k、23kまで回復した。

自然回復超えてもキラ遠征ならガンガン貯まる

貯金が増えてくのと似てる楽しさがある

なんかE7出撃がめんどくなってきた

2015-05-31

http://anond.hatelabo.jp/20150531093532

アメリカなら自己主張はしないといけないけど

日本的意味での空気を読むコミュ力があまり要求されないから

コミュ障でも楽そうだし失敗しても日本よりは再チャレンジできるんじゃないかねえ

少なくとも日本ニート的な生き辛さを感じているようには全然見えない

日本コミュ力教育っつーより就活とか茶番をなくしていく方がいいんじゃない

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん