「こじつけ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: こじつけとは

2017-03-27

そりゃエロゲだって進撃作者が尊敬するものもあれば、安いもんまで様々なので一方的断罪はできんわ。

俺は詳しくないので攻撃せんけど、なんか安易だよな。わかんないことに首突っ込んであんなのはこじつけだとか。

気に食わないなら攻撃材料として研究すんのがオタクじゃなかったの、と思うんですわ。

2017-03-21

ファン」とはどういうものか。あるいは、そうなれない人の思考

とあるファンブログを見ててまさにこれだな、と思ったので。

思うに、ファンと「ファン」は重なり合いながら共存している。

 

例えば、デレステルームアイテムとして太鼓の達人の筐体が実装される。

 

ここで、「ファン」なる性質もつ人は、これをおっとりした智絵里に叩かせて、

大空直美(智絵里中の人で、太鼓の達人が上手い)が降臨してるwwwフフフ…」とニヤける。

ただ、そうやってニヤける人も、実は分かっている。

ルームアイテムアクションが1パターンで、どのぷちデレラがプレイしても機敏に弾きこなすということを。

そう分かってもなお、やはり「趣深いな…」と感じられている。

 

その一方で、「ファン」の性質に欠ける人は、何パターンかあると思うが、

  • そもそも、興味を深く広く拡大していくような習慣がない等で、中の人ネタを知らなかった。
  • 知っていたとしても、脳内中の人など、別の事象(時に時事なども)と連結して楽しさを見いだす回路が鈍い。

複合的な楽しみ方を、「こじつけだ」のように冷笑的に捉えがち。

脳がシリアル処理なのか、それ単体としての評価をするのが美徳のように捉えている所がある。

上の例でいうと、「なんで1パターンなんだ、クソだな」「もっと作り込めよ」「好きだからこそ批判してるんだ」などと思いがち。

期待度はやけに高いし貪欲なのだが、楽しんでいる人たちの受け止め方を見せられても、

信者乙」という感情が先にきてしまい、「それはそれ、これはこれ」と忠告目線を変えない。

彼らも、別に批評家ごっこがしたい訳ではなく、楽しもうという気はあるのだと思う。

ただ自分の思ったとおりに楽しませてもらえないことに対して許容範囲シビアだ。

 

それで、2ちゃんだとかtwitterだとかのネット上のファンコミュニケーションの場において支配的になるのは、

どうしても後者のような捉え方になる。コミュニケーションが広く活発になるほどそうなる。

それはもうどうしようもないことなのかもしれないが、

前者のような「fun」の姿勢

日本語でいうならば「おもしろき こともなき世を おもしろく 住みなしものは 心なりけり」

という発想の人の肩身が狭くなって、ブログで一人つぶやくだけの世界になるのはつらいなあと思う。

 

ファンの中にも「ファン」と、そうでない人がいる。

それを肝に銘じながら、これからどんな娯楽に触れるときにも、「ファン」側の壊れやす感覚に寄り添っていきたいと個人的に思う。

まあでも、そんなに難しく考えることもないんだろう。

娯楽は楽しむためのもので、楽しさは相対的感覚

絶対的な正解の表現はないし、どんな受け止め方をする人がいてもいい。

それだけ忘れなければ傲慢にはならないで済むし、楽しめない自分に幻滅してしまうこともないだろう。

fun」に至るほどにチューニングが一致する、というのは幸運なことだ。

 

 

余談だけども、某橙色はてな村民の、李徴と袁傪の新作漫画もさっき拝読した。

李徴は、映画前のCMを「これはこれ」として評価したのではなくて、

映画体験」の一部として複合的に、次回への期待も込めて(時系列も含めた複合性)受け取ったかポジティブに楽しめたのだろう。

袁傪は映画通のように思える。通になると一つひとつのパーツにこだわって見るようになりやすい。

それゆえに楽しめなくなってしまう。ありがちだけれど、

それを克服できるほどメタ感覚をもって邁進していける人というのはあまり見ない。

というか、それが出来た時点で人から見えなくなるのかもしれない。

袁傪のような通の認識を持ちつつも、総合的な心情としては李徴のように振る舞えるというのが、私の理想だ。

2017-03-19

http://anond.hatelabo.jp/20170318231901

俺は混ぜる派じゃないが、そこまで混ぜることに対して否定するほどでもないな。

論点こじつけばっかりなので、むしろ混ぜない派のほうが痛い人なのかな、と思えてきた。

2017-03-15

しっくりくる表現が思い浮かばない

一読者がした深読みを、「つまり作者はこう言いたいに違いない」と言いきってしまうようなことを何と表現するのかわからない。

作者にそんな意図はないにもかかわらず、読み手勝手に深いメッセージ性を見出したりこじつけたりし、その個人的解釈を作者の思いと混同してしまい、「この作者は作品にこんなメッセージを込めているに違いない」と言い切ってしまうアレ。

深読みでも歪曲でも代弁でも違う気がする。ストローマンちょっと違うかな。

しっくりくる表現が思い浮かばない。文章もうまくまとまらない。

2017-03-13

匿名病理

匿名病理的なものを語りたがる人ってのは多いけど

明らかに名前も顔も出してるような人を、こじつけ匿名同然ってみなしてまでいちいち

匿名ガーって言うような人を見てると

そこまでして匿名病理に拘らんでも、って思う。

かつては2chとかで、匿名からこそ出来るのだってされていたことが、

普通に実名出したアカウントでやってる人なんていくらでもいるんだから

匿名の人に喜々としてお前は匿名からウンタラカンタラって説教するのも時代遅れなんじゃないかなあって思う。

2017-03-07

http://anond.hatelabo.jp/20170305022101

私が言いたかったのは、「作り手に対する敬意がない状態」で悪意的に見た人の個別の内容に対する批判を、「内容に対する反論」で納得させるのは「不可能」だということ。

よくある2chアニメアンチたちが「この脚本がクソ、寒いガバガバ」とか言って個別のこういう展開がダメだと言っているようなこと対して、

どんなに上手に言語化して長文で物語とはどういうものか、というレベルから説得したとしても、絶対理解させることができないし、自分が感じた「欠点」に対して寛容な見方に変えさせることはできないんです。

それは、先のエントリで述べたように、非対称性があるからです。だから結局、どうしても、デフォルトの視聴姿勢を変えるくらいしか忠告のしようがない。

それに、主体性ウーマンパワー的なもの巧遅拙速を再評価しよう的なイノベーション思考自由に動いてこそ答えにたどり着く、多様性と寛容、…

そういった作品テーマ性にかかわることがらは、個別的な部分で表現されているものではなく、全体で少しずつ積み重ねられているもの

でも、「クソ寒いわ」と思って見ている人は、その積み重ねの部分部分をことごとくはねのけて、1ミリも積み重なっていない状態になっているので、

個別にこのシーンはこうなんだよと解説した所で、「やっぱうさんくせーわこじつけ信者乙」って気分になって感性アンテナが反応しない。

結局、初見で運良く自分の中にするりと入り込んでこなかった表現は、他人ブログで長文で書いているようなものを読んで、視座のとっかかりを得てから全編見直すくらいの事をしないと、その良さを理解できないわけです。

人生体験は人それぞれ違うので、するりと入り込む部分とそうでない部分が一作品の中にも必ずあるから、きちんと公平に論評しようとするならそういう作業必須

もちろん、そこまでする気がなくても、あくま自分感性に従った感想もつことは自由だけれど、

そうして至ったネガティブな捉え方をネットで発信して、悪意の感染に加わってしまうことが、いかクリエーターにとって辛いことなのかを考えてみてほしいというのが趣旨です。

とくに、アニメというのは敏感になるべきなんです。

視聴者は若年層やASD傾向の人が多いため、その人生経験の少なさや精神気質ゆえに、著しく思慮に欠けた受け止め方をする方が非常に多い(決めつけですが、ネットをみている限りではそう感じます)。

また映像表現であることに由来する難しさもある。

すべて、とは言わないまでも大部分が文章説明されている小説とは違って、映像作品表現やその意図曖昧になりがちだし、尺の都合または演出上の省略が多用されるので観る側が擦り寄ってある程度補完してあげる必要がある。

また、その作品が本当に自分向け(年齢・性別文化嗜好のクラスタ的な意味で)のアニメなのか、見極めるのが難しいという問題もある。

そういった諸々を考えると、ネットで悪い(と自分が感じた)部分を書いて作品侮蔑するのはたしか自由だけれども、極力慎重になってほしいと強く思うんです(そのための「謙虚」を説いたのが先のエントリーです)。

そういう思いが強すぎて、つい偉そうな攻撃的口調になったことは謝ります。私も未熟で自己矛盾を抱えた30代のおっさんなんです。

こういう事を話すことで、少しでもあらゆる趣味理解と敬意を示せる人がネットに増えてほしいし、すぐ何かをクソ呼ばわりしたり、丁寧に長文で特定方面disするような人やメディアが減ってほしいと思う。

私はアニメが好きだけれど、女児向け、BL系、右翼系、日常系などはあまり好まないので見ない。でも、それらの作品を内心でもバカにはしたくないし、そのファンバカにしたくない。

はてブでもはてな有名人系、まとめブログ系、タブロイド系は非表示にしているけど、それらのメディア攻撃はしない。ただ避ける。それらを好む人もバカにしたくない。

そういう人が増えてほしいんです。

いや、増えたところでそういう人は「見えなくなる」から増えたかどうかも分からないのですが。

ただ、そういう人、静かな怒れる人の存在を、あなただけでなく、すべてのネットユーザーはてなユーザー意識してほしいと思いその一心で書きました。

2017-03-06

職業に貴賤はある

最近ではマスコミですら、職業差別はいけないと、水商売AV女優を真っ当な職業なように扱う。

まちがった平等さだ。確かに後ろ指は指してはいけない。真正からちゃんと批判するべきなんだ。

ちゃんと将来を考えて正業に付きなさい。人生には取り返しのつかないこともある。親は悲しむ。どんな職業でも誇りを持つことは大事だが、こじつけて、自分を無理やり納得させて闇雲に胸をはるのは、バカなことです。

それを教える人がいるのではないだろうか。

2017-03-02

タバコ百害あって一利なし」に対するさくらももこ反論

本の名前は忘れたがとにかくさくらももこエッセイに書いてあったヤツ

「煙の姿が綺麗だからこれで一利ある」

読んだ当初はアホかと思ったけど、腐女子の「○○(好きなキャラ)は立ち姿が美しいか国宝にすべき」みたいなこじつけと似たようなものを感じる

2017-03-01

本田未央が嫌われる理由増田が今更ツイッターでかなりバズってて笑ったが、そもそもあんなクソみたいな文章もっともらしく取り上げて拡散するなよアホと思った。



大体の場合、ああいうのはそもそも本人もこじつけだと百も承知で書いてて、つっこまれてもいいから「俺の理屈を見ろ!」という意識で書いてるんだよなぁ。「俺の考えた理屈を見てくれ。こういう考えもあると知れ」というのが目的で、その界隈に自分の考えを認知できればいいんだよ。だから拡散されたり大勢に見てもらうってのは書き手の本望なんだよ。人の頭の片隅にちょっとでも残ればいい、ケチちょっともつけばいいというタイプ嫌がらせだね。

高学歴なら~しないはず」という行為高学歴が行った場合

そいつ高学歴ではない」と何らかの方法こじつけるのがよくある思考形式では。

JASRACアホの子

まあ、なんだ。JASRAC因縁をつけて「カ○ラック」呼ばわりするのはよろしくないと思う。ただし間違えるはずのない、基本的な部分を間違えた場合にキツく指摘する事は許されると私は思う。特に著作権者から著作権管理を一任されている責任ある組織だけに。

何がおかしいかっていうと、これね。

http://www.jasrac.or.jp/news/17/0227.html

Q8.クラシック楽曲を使っても対象となりますか?

>A.クラシック楽曲などの著作権が切れた楽曲のみを演奏する場合管理対象となりません。

JASRAC大丈夫?基礎知識よ?

手短にまとめると「クラシック」は西洋音楽の流れを汲む「芸術音楽」のこと。まあ何が「芸術」かというめんどくさい話はおいておくとして、クラシック音楽の中には現代(またはそう遠くない昔)に作曲されたものもある。ここがポイント。つまりクラシック楽曲の中にも当然著作権が存続してる作品もある。ところがJASRACは「著作権が切れた楽曲の例」として「クラシック楽曲」をあげている。おかしいよね。

模範解答は

著作権が切れた楽曲のみを演奏する場合管理対象となりません。クラシック楽曲の中にも著作権が切れていない作品(例えば作曲者の死後50年を経過していない作品)もありますので、ご注意ください」

でしょ。

まあ、重箱の隅なんだけどね、想定Q&Aに不正確な記述を入れるのはNG。どこの馬の骨ともわからない匿名の有志が行うのならまだしも、著作権管理団体がこの程度じゃイカンでしょ。「クラシック音楽」のことをよく知らないって言ってるようなもんですよ?で、そのクラシック音楽作品権利日本において守るのは、JASRACさん、あなたでしょ?

「がらく」はまあ多くの人にとっては「伝聞」の話でしかないけど、「クラシック楽曲著作権切れ」はネット上で公開されたポカである。致命的とは言わないけど、こんなのが日本著作権管理団体だなんて、不幸だわ。

#ここまで書いて改めて考えたんだけど、「クラシック楽曲などの著作権が切れた楽曲」を「クラシック楽曲のうち著作権が切れた楽曲」のように解釈できないかなぁとも考えた。

##すごーい!君はこじつけが得意なフレンズなんだね

###すごーい!けもフレ警察が来てくれたよ!たーのしー!

2017-02-25

http://anond.hatelabo.jp/20170225234700

そういうレベル再生数が足りないって叩いてる手合は、

叩きたがりなアンチであっていちいち気にするほどでもないって思ってたけど

最近実態はどうなの?

そもそもニコニコってアンチが叩く理由は、ニコニコ内部に限らず往々にしてこじつけだしなあと

高学歴高収入都市住民でも、エリート様の感覚では良くないとされる職業についてるから底辺扱いとか、

そういうことをやってるから支持を無くすんじゃないですかね。

エリート様の認めない仕事でも、高学歴で有能な人間のやってるその職では頂点みたいな人は、なんだかんだ

その辺のエリート様より稼いでて、都市に住んでることも多いのが現実なんだがな。

つーか「高学歴で、大企業幹部職員相手でもお前の営業手法普通ではないからお前はその職業と認めない底辺!!とか

そうやって癇癪起こすような手合も多いし。

もうこじつけ底辺認定したいだけだろw

2017-02-23

http://anond.hatelabo.jp/20170223013608

そもそも最近の「おっさん臭い」的批判って

実際には10代のユーザー発言なのをこじつけおっさんということにしているのも結構合って信憑性がだいぶ低いように思えるし

あんまり気にしないほうが良いのかもしれん。

だいたいハイティーンだの20代前半だのをストレートおっさんに加えてる感覚発言も多いように思えるから

本来意味でのオッサンというか中年男性話題なのかどうかすら怪しいものがたくさんあるし。

2017-02-21

感性が違うのは良いけど、感性言語化するを怠った挙句深読み厨呼ばわりされたら徹底的に言う。

お前が読めないだけだと。読めないのにこじつけかいい出す人は始末が悪い。

ドストエフスキーWEB書評で、悲しい物語ですね、感動しました、という感想が軒を連ねていた時は怖かった。

あれは多分一般的LINE層が集うような場所だったんだろうと思いたい。

そういえば以前某所で明らかに純文を意識した作品を見たエンタメ書きが、

「妻の遺品を夫が眺めてるだけじゃないですか。才能無いです。書くのをやめたほうがいい」

などとおおいに気を吐いていたので、Amazonレビュアー程度には読み取れないかもしれません、とした上で批評改善点を書き込んだ。

作者様から自分には驚きの声と感謝の意が述べられ、酷評の彼には丁寧ながらも疑問符付きの返事が返された。

のちに酷評の友人らしき人物がこちらへ嫌味を言っていたが、きっと告げ口でもしたのだろうと思う。

なお、Amazonレビュアーにはまともな人も沢山いるので、引用あくまイメージ上の揶揄に過ぎない。

評は作と同じく恐ろしく自分の底が見えてしまうため、堪忍袋の緒が切れない限り大仰なことはいいたくはない。

2017-02-20

けものフレンズ考察班とかいクラスタ

あなたたちは「こんな風に分析できる俺すごーい!」アピールをするために見れば誰でもわかるようなことをしたり顔で垂れ流す厚顔無恥フレンズなんだね!すごーい!

作品関係ないことを無理矢理こじつけたりするのが教養だと勘違いした知能の低いフレンズ観察たーのしー!

2017-02-17

http://anond.hatelabo.jp/20170217144919

無能な健常者にいろいろこじつけていった結果ADHDがうまれたんだと思うぜ

http://anond.hatelabo.jp/20170217100150

理由はないけどムカつくを許さないとか言ってるけど

自分のムカつくを正当化するために理由こじつけまくるクズが既にたくさんいるじゃん。

理由こじつけさえすれば自分のムカつくを正当化するクズ言語化しない理由はないけどムカつくクズじゃ前者の方が自分に酔ったり周囲と同調したりタチが悪い。

現状だって普通多数派の側にいる人間マイノリティに向かっておれたちに負担をかけるなおまえらが悪い理由もあるだから殴っていいと正当化してる現状があるのになるかもしれないとか今更何いってんだ。

http://anond.hatelabo.jp/20170217100559

自分とおなじ価値観人間自称論理(相関と因果混同など)を信仰してそれ一本で押し切ろうとする非論理的なアホと感情論のアホ、どっちもどっちなんだが前者に対しては誰も文句を言わないんだよなぁ

2017-02-12

擬人化元祖って

星座だよな。

空に浮かんでるだけの物体神話英雄こじつけていってキャラ量産とかよくやるわ

2017-02-05

[]

今回は少年ジャンプ+

ファイアパンチ 39話

ちょっと話が壮大になりすぎて、ここらへんをとやかく言う気は起きないけれども、そこまでして今の文明破壊する目的が予想外だったね。

上滑り気味だけれども。

行動の壮大さに対して、その理由は大したことないってギャップ演出として大いにありだとは思うんだけれども、それを考慮してなお脱力感のほうが強いと感じたんだよなあ。

まあ、案外そういった些細な思いが活力になるってのも分からなくもないけれどもね。

幽白に出てくる樹ってキャラの「明日『ヒットスジオ』に戸川純が出る」っていう件とかが私は好きだし。

それがこれと同じかっていうと、意味するところも状況も違うし微妙なところだけれども。



僕のヒーローアカデミア すまっしゅ!! No.62!!

導入部でさらりと必要悪大義名分にしてくる構成に、不覚にもやられた。

豆に対するのが、同じく栄養価の高いものなのも、こじつけなりに考えているというか。

ネタこじつけばかりなんだけれども、節分自体こじつけなんで、その前提が無理なく成立してコメディになっているわけだ。

最後オチとかはそれを象徴しているよね。

トガのコスプレの件で「媚びたカッコをするな」とかバッサリ切り捨てるあたり、かえってヴィラン側のほうが健全に見えるという不思議(ただ、オチの格好を見るあたり、単に趣味嗜好の違いなんじゃねえかと勘繰りたくなるが)。

黒霧が部屋の掃除自身能力活用しているのも興味深いよね。

本作ちょいちょい登場人物たちの個性を変な使い方するスピンオフならではなネタが出てくるんだけれども、本編のヒロアカ世界観の掘り下げとして、こういう些細なことで能力を使う描写もっとあってもいいと思う。



青のフラッグ 1話

この作者はこれまでスポーツものを描いてきて、心情描写表現する点で光るものがありつつも、どうにも所々噛み合わないところがあったんだよね。

なので今回の青春物語に重点を置いた構成は、作家感性を活かすという意味では向いている作風だとは思う(それが読者と擦り合っているかは分からないけれども)。

特に印象的なのは、何気ない一言でバッサリ髪を切ってくる女子に、主人公ドン引きするシーンかな。

ヒロインの見た目が変わるっていう重要イベントを、ああいう風に描写してくるというね。

まあ、メインキャラの見た目が変わるのって割と繊細なポイントから、読者が愛着湧く前に1話の時点でやってしまって、それをヒロイン意志と絡めた構成にしたのは英断だと思う。

2017-02-04

http://anond.hatelabo.jp/20170204213211

別に保育園に落ちて困ってる人がそういうことを言うのはわかるんだよ

でもちょっと前に話題になったふるさと納税が増えて区の税収が減ってるってニュースとかに

保育園を作らないからだとかこじつけてくるやつらはなんなのって思う

自分が財源に貢献しないくせにしょーもない文句言うような寄生虫マジで出ていけって思うわ

2017-01-31

世の中単純に悪意と解るものだけでも十分うんざりするほど溢れてるのに

いちいち善意にもこじつけで悪意を見出し相手暴言吐くとか必死でやってる人ってキリがなさそうでなんかなあと思った。

2017-01-29

http://anond.hatelabo.jp/20170129145812

数年単位で移り変わる流行に数十年レベルで大して変わらん犯罪率の影響をこじつけ言い訳でも考えてろよ(笑)

2017-01-25

http://anond.hatelabo.jp/20170125144404

さきの増田で間違えたw

実際の内容と、元増田の主張における「ビッチ=作者」の位置けがおかしい。

その内容では、ストーリー的に自己投影すべきは最初迫害されているプペルの方じゃないか

という事。

どういうことかというと、

まり、この物語は、現実世界で「夢を語れば笑われて、行動すれば叩かれる」作者・西野自身が、清くて純真な「夢の残骸(プペル)」の尊さを自分けが理解し、そして夢を叶えるという概念(空にはホシがあるということ)は自分だけしか知らず、自分けが夢を叶えることができたという話なのである

それでは、西野亮廣氏は「夢を語るから、行動するから」笑われたり、叩かれたりするのか。

という元増田の主張通りとすると、プペルは最初に出てくる狂言回しにとどまり、ルビッチ主人公として夢を信じて迫害に負けず行動しないといけないんだよね。

が、実際にそうではない。

あなた引用している「あとがき」でも、

主人公を《ゴミ人間》にしてみました。

とある

そう書いてあるからとかじゃなく、実際の内容からしても、ルビッチ傍観者立場だね。

そういう理由で、作者とルビッチは同一化しているんじゃないかな。これは架空物語と読者を繋ぐ役割をするやつで。

(前述のように、作者がルビッチに寄せている可能性がある。元増田の上げた写真はすべて舞台公演の2012年以降)



と、なんか長々と書くのが嫌で打ち切るから結論

あなたの話は

それでは、西野亮廣氏は「夢を語るから、行動するから」笑われたり、叩かれたりするのか。

もちろん、そうではない。

自分の実力以上に、上から目線物言いをするからである

という、あなたの中の叩きの正当化がしたいがためのこじつけだ。



念のため述べるが、私はこの絵本イマイチだと思う。子どものために買おうとは思わない。

買っているのは大人だ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん