「アナウンサー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アナウンサーとは

2017-05-22

新潟日報泉田裕彦敵対は続く(BSNの怪しい特集

本日篠田新潟市長による「汚泥を処理するとあなたたちを逮捕するよ」という発言系列BSN新潟放送引用されている。

これについてホームページ上でアンケートをおこない、県外派は29%という数字について工藤淳之介アナウンサーに「圧倒的ですね」と言わせていた。山形県では放射性汚泥のみならず(新潟県知事選挙対立候補立候補する理由となった)震災瓦礫の件も挙げ500ベクレル程度という数字に驚いていた。新潟県で処理できないのは200程度。国は8000ベクレル以下を安全と見做している。ニュース中では震災直後の11年に910ベクレルほどの汚泥阿賀野川の河流で運ばれてきた、と自ら特集内で報道しながらそう言ってのけるのだ。

さて、本当にこのような発言泉田知事は行ったのだろうか。これは虚偽発言とされている。

文中にある新潟市のページを見ると篠田市長自身が「知事発言を「逮捕」との趣旨と私が受け止めたものであります。」と強い口調から誤解してしまったことを認めている。

(続く)

2017-05-09

「内容の無いコミュニケーション馬鹿にしている人は、何もわかっていない」は何もわかってない

http://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20170507/1494144000

個人としては社会人経験も長いので、それなりのことはやってきた。

ただ、この文章自体イマイチだ。著者のスタンスが、「俺は内容のないコミュニケーション大事だと思ってる」という「意見」に過ぎない。「人望」という尺度を持ち出しているが単なる好き嫌いだろう。

事実としては、「内容のないコミュニケーション大事だと思ってると思ってる人は一定数居る」ということだ。だから、私はそういう人とも付き合うために、合わせてきた。

一方で「内容のないコミュニケーション」を無意味だと思ってる人も一定数いる。著者はその存在を忘れている。大企業にいると、偉い人への「表敬訪問」ってのがある。まさに内容のないコミュニケーションだ。表敬訪問大事だと思ってる人とそう思ってない人のすれ違いは不幸を生む。「表敬訪問は嫌われる」で検索すると記事がいっぱい出て来る。嫌われてんだよお前ら。人望のある偉い人が「表敬訪問嫌い」って言ってるの。

挨拶でもなんでもいいから、コミュニケーションとること自体が、「私は敵意はないですよ」というメッセージになっているというのは事実。それは知ってる。ただし「敵ではない」というだけだ。敵ではないということと味方であるというのは全く別。味方になりたかったら「私は役に立ちます」ってことを言え。無害のアピールのために時間を奪うな。

男女の付き合いの中でも、コミュニケーションの濃淡には温度差がある。男性女性からの連絡の内容の無さに「要件は何?」て態度をとってすれ違うってケースはよくある話。「女の子といちゃいちゃしたかったら、内容のないコミュニケーションでもいいから、とにかく接点を持ち続けろ!」ってのは、ハックとしては正しい。

私自身は、言葉大事にしたい。聞き流すようなこととはしたくないしできない。意味のない質問ストレスだ。「最近どう?」っていう質問は嫌いだ。「ぼちぼちですわ」と即答するほど脳は停止してない。実際にはめちゃくちゃ考えた上で結局は「ぼちぼちですわ」とは言う。考えるだけ無駄だった。どうせ相手は聞いてない。

同じようなすれ違いは、アナウンサーアスリートの間でもある。「勝ちました!いかがですか?」って質問。それは質問なのか?何を聞かれているかが分からない。期待されている答えは「みなさんの応援のおかげです!ありがとうございました!」って言うのが正解だけど、まぁ内容はない。オシムなら「ちゃんと質問しなさい」ってすげー怒るはず。

2017-05-05

テレビ番組の背景ゴチャゴチャしすぎ問題

昔は特に気にしとらんかったけど

今はテレビ番組の背景セットをめっちゃ意識してしま

なんなんあれ?

十中八九が派手やしゴチャゴチャしすぎやろ

どの局見ても年々酷くなっとるわ

やたらと派手な色の組み合わせをよく見かけるし

やたらとキラキラ光を反射する例の素材もよく見かけるし

色んな大きさのLEDライトがピカピカピカピカ無数に光っとるし

なんでそこまで派手にする必要があるん?

なんでそこ光らせる必要があるん?

なんでそんなに色々物を置く必要あるん?

っていう番組が多すぎるわ

とりあえず画面を派手にキラキラギラギラさせとけみたいなのきらいやわ

流行りの化粧品全部つかってディヴァイン並にケバくなるうちの兄貴ダブる

タイトルロゴまでキラキラギラギラしとる番組とか成金趣味しか見えん

そもそもテレビ番組のセットって基本的レイヤー重ねすぎやし

無意味に雑多なオブジェクト置きすぎや

ゴチャ界の最高峰たるアメトーークのクソゴチャセットとか正気を疑うわ

とりあえず空間を埋めるために安易に物を置こうとすんのやめれよ

物を捨てられない片付けられないうちの親父を思い出すからやめれ

大体なんで空きスペースを見つけたら物を置こうとするんや

それが部屋がゴチャつく一番の原因やってなんで分からんのや

必要なもんは特定場所に固めといたほうが見つけやすかろうに

空いとる収納全部使いきらんと死ぬ病気か?

そもそも収納道具を増やすことで空間が埋め尽くされてゴチャつくわけやけど

なんでそれすらも分かってくれんのや

おい親父聞いとるか?

まだ当分先やけどあんたが死んだらその家片付けるん俺やぞ

遺品処分にも金と手間かかるって知っとるか?

テレビの話に戻るけど

やたらと派手な番組ロゴ

デカくてカラフルテロップ

常に右上を占拠する状況説明

出演者のアホみたいなリアクションを抜くためだけのワイプ

この四点セットで画面を埋めるんもきらいやわ

テロップに関してはうちのばあちゃんはそこそこ便利やって言っとるみたいやけど

俺にとってはどれもちんぽに真珠を埋めるような悪趣味と変わらんわ

クソデカボードに貼っとるシールSE付きで少しずつ剥がしていくアレも何とかならんのか?

あと出演者の数が多ければ多いほど良いみたいなのもきらい

ひな壇トークとかひな壇クイズみたいなひな祭り番組は言うにおよばずやけど

ニュース番組ですらなんのためにおるのか分からんような人間を常時配置するっちゅう始末

長い机にズラッと横並びにキャスターアナウンサーコメンテーターが座るあの絵面

セットに物を沢山置くんと同じで人間空間を埋めるための物扱いなんよね

余白の良さもわからんから背景も前景もゴチャついとるんにゃ

セットの派手さと情報量の多さと人数の多さと大げさなリアクションデカスタッフ笑いとetc・・・

日本テレビ番組基本的に足し算足し算また足し算やけどさ

業界横並びで足し算ばっかしとるけどさ

いい加減そういうの尊ぶのやめれよ

ちんぽに真珠を埋めんのをやめれ

ちょっとは引き算してくれや

ちゃんとそこ考えとる番組少なかろ?

誰の意向か知らんけどもっとシンプルにできんの?

例えば昔の人気番組を振り返ろうみたいな番組たまに見るけどさ

今と比べるとやっぱ背景が格段にシンプルなんよね

でも俺はそれで良いって思うんよ

今のゴチャセットより遥かにマシ

いつからあんギラギラのゴチャゴチャのグチャグチャになってしまったのか

あと俺は福岡在住なんやけど地元局でも同じようなゴチャセット見かけるんよ

そんで他の地方にいったときもゴチャセット見かけること普通にあったんよ

から全国横並びでゴチャつかせんのもやめてくれんかねって思う

局全体でギリギリ正気を保っとるのはNHKぐらいやな

それでもあさイチなんかは結構ゴチャっとるけどな

色々言ったけど

おれが今のテレビ番組で一番いいなと思うのがダントツサワコの朝やね

シンプルやのにシンプル過ぎんあのセットはさすがやと思う

ちんぽ真珠とは大違いや

それに番組構成も画面づくりも本当にシンプルキレイやと思うし

なにより佐和子が可愛い

あの年であの可愛さは可愛すぎる

そのうえ話し上手に聞き上手っちゅう攻守の巧さ

正直言って総合力では今の徹子を大きく上回っとると思う

なんか今の徹子の部屋ってサワコの朝みたいに面白くないんよね

大御所特有の病っちゅうかゲストと相対した時のぎこちなさもあって見てられん

徹子がゲストをもてなしとるようでゲストが徹子をもてなしとるだけやし

もう見てて面白いって訳でもないし廃れゆく伝統文化を無理やり続けさせとるのと同じやな

セットも衣装も過度に華美って感じがして好かんし

俺にとって徹子はもはや頭からお菓子を出すおばさんでしかない

今更ちっちゃい宇宙人とか出てきたところで昔ほどの驚きもなかろうな

まあ佐和子やマツコっちゅう人間がおることで世代交代はできとるんやし

日本で一番モノマネされた人間としてギネス記録にもなったんやし

天皇陛下生前退位するご時世なんやから徹子の部屋も終わっていいと思うんよ

ついでに言っとくと俺はおっさんが旅しとる番組も好きなんよね

関口知宏鉄道

岩合光昭ネコ歩く

火野正平こころ

タモリ倶楽部

これ全部おばさんがやっても面白いと思っとるから

徹子に好きなとこぶらついてほしいんよね

2017-05-04

クールビズボタンダウンシャツネクタイを着用する時、襟のボタンを留めるか否か

クールビズボタンダウンシャツ一般的になった。

ところが、だ。ボタンダウンシャツを夏以外の季節にも着るようになった結果、ある現象が起きている。

それは、ボタンダウンシャツネクタイを着用したときの、襟のボタンを留めるか否か、である

小生、東京千代田区付近)で勤務していたときは、ボタンダウンでもネクタイを着用するときは、襟のボタンを留めていた。

特に、これについて違和感も持たなかったし、NHKアナウンサーも行っている格好である

周囲を見ても、襟のボタンを外しているリーマンは見受けられなかった。

一方、現在九州地方都市で勤務しているが、襟のボタンを外してネクタイを着用しているリーマンがいる。

職場内にもいるので聞いてみたところ、「ボタンダウンクールビズのものなので、ボタンを留めていない」と言った回答。

それはそうだが、そこまでこだわる「欧米ではシャツは肌着」文化信奉者であれば、襟にボタンがないシャツを着て、ネクタイを着用すべきだろう。

ボタンダウンにも関わらず、ボタンを外してネクタイ着用、これは、私はどう見てもだらしないように見える。

一方、欧米文化信奉者から見れば、「ネクタイ着用で襟のボタンを留めるとは何事か」と見えるのであろう。

果たしてはてな民はどう思うのか。

クールビズに入った今だからこそ、聞いてみたい。

2017-04-26

最近東京の人ら発音というかイントネーション変わってきてるよね

18まで山口県で生まれ育って、東京に出てきて今37なんだけど

昔俺が知れる東京発音といえばテレビで流れるアナウンサーとか芸能人くらいだったので

東京発音というのにステレオタイプがあるのは自覚があるんだけど山口県ってイントネーション東京と一緒だったりするんだよ。言葉や語尾がちょっと違うくらいで

から敬語でしゃべると方言が消えるんだけど


なにがいいたいかって東京に住んで15年以上住んで気づいたのは、イントネーションが変わってるってこと

つねに疑問形だよね。これ昔は若者言葉って言われてたやつだと思うんだけど、偉い人が北関東発音の影響ですってむかーしテレビで見た記憶がある

最近(ここ10年)東京で、若者言葉がだいぶ支配的になったってことなのか、それとも、昔からこうだったのかを知りたい。


というのも、このまえB'zの発音は後ろが上がる/みたいなスラッシュタイプじゃなくて\みたいにバックスラッシュなんだよって、ファンの人に教えてもらったんだけど

これで思い出したんだよね。あ、このイントネーション懐かしいってw

日本語っていうか標準は昔は\みたいにバックスラッシュだったけど、いつのまにか/がたになったなって思うんだよね


東京に生まれ育った人にとってはこれって昔からなのか教えてほしい

2017-04-19

濡れ濡れだったわー

濡れ濡れだったわ

夜半過ぎから早朝にかけて降雨あったか

自転車サドルが濡れてしまって今朝それに乗ったので

ズボンがびしょびしょ

うがー宇賀アナウンサー

2017-04-17

ハテナドンとは

世界面白ハテナドン

  

1984年から一年間、毎週日曜18:30からNHK放送されていた政治家が出演する世界情報クイズ番組

同時期に放送されていたクイズおもしろゼミナールの人気を受けて、世界不思議もの風習などを何も知らない出題者と答えを知っている回答者の一対一で対決するクイズ番組

設定自体あべこべなため、その出題者が悪戦苦闘するところと、回答者からの容赦ないツッコミギャップ笑いを誘い一部でカルト人気となっているが、放送地域が毎回限定されているため殆どの人が知らない幻の番組と言われるまでになった。

放送地域がごく一部になった理由は当初は鈴木アナウンサーが出題者兼司会者として登板予定だったが、鈴木だけでADに出演オファーを丸投げしたためたまたま鈴木宗男衆議院を間違って呼んでしまい、結果放送地域をは北海道のごく一部地域にすることで放送局解決を図った。

しかしながら地元議員の素の姿が面白い評価が出たため、全国各地方議員対象として放送地域限定して続けることに決定となった。尚放送当地域以外は地元ニュース放送されているためこの時間クイズ番組があったことすら知らない人が多数である

放送最終回は時の人政治家田中角栄氏が出演予定となったが、収録中に脳こうそくで倒れてしまったことに涙した新潟市民は、次の総選挙田中氏が立候補するも一切姿を見せないまま投票日になっても当選させた選挙運動事件は有名である

  

全然だめな文章ね。

2017-04-12

ニュースが入ってきた時

ネットではほとんど断片の情報に終止してはじめから追えるものは随分あとになって追加される。

この点では残念ながらTVメディアに一歩遅れているところもある。

事件後の深夜にコメンテイターアナウンサー事件概要から今後の予測まで語ってくれる。

ネットではそんなことはない。情報クラウド提供されるのが当たり前だから

現状のノイズばかりがあふれる記事から必死検索して、やっと起点となる記事を見つける具合だ。

2017-03-25

感情論で線引きしてる時点で炎上アナウンサー同類なんだよ

から弱者の救済だの福祉だのはひたすら杓子定規にやるべきだとずっと言ってるんだけどな

将来的には人も感情も一切関わらず回るようになればいいとすら思ってる

底辺とか言ったら角が立つけど、共通する要素の少ない人同士関わったってストレスたまるじゃん

「なんでこいつは助けるのにこいつは助けないんだ、かわいそうだろ?」とか不毛なだけじゃん

そもそも同情できるか否かでグラつくようならセーフティーネットなんて言わない

それならいっそ非人間的な方がマシだ

別に同情すんなとは言わない

それほど思い入れがあるなら、自分の手で救いたいものを救えばいい

別に文句言ったりしないか

でもそれはあくま個人感情による行動であって、公平だの公正だの名乗られても困っちゃうわけ

2017-03-21

久々に本格的なかなしばり来た

ここまではっきりとしたかなしばりになったのも久々だったので意気揚々とまとめたい。

この日は嫁さんが子供を連れて実家に戻っている日だった。

ふと一人になった寂しさからなかなか寝付けず、遅くまでお酒を飲んでしまったことも関係しているのだろう。

何となく不安気持ちが消えないまま、居間ソファに掛け布団だけを持ってきてテレビを付けたまま眠ることにした。

古い友人と対戦ゲームをしている夢を見ていたと思う。

勝負に集中する局面で、急に3歳の娘がドタドタと走り回り集中力が途切れて苛立ちを憶えた。

娘をたしなめてゲームに戻ろうとするも、相変わらず頭の上ではドタドタと娘が走り回っている。

そこで意識が戻り始め、それが夢であることを思い出し始めるも、頭上で走り回る娘は相変わらずドタドタと走り続けていた。

しかし、今日が一人の留守番だと気付いたと同時に、身体から一切の自由が奪われていることを自覚した。

久しぶりのかなしばりだ。これほどまでに身体うごかないものはこの家に来てからははじめてだろう。

不思議なことに、過去幾度かのかなしばりになったときも目だけは開くことができた。

そして、大抵の場合身体に力を入れれば少しずつであれば動くこともできた。

相変わらず頭上で何かがドタドタと走っている中で、まずは目だけを開こうとする。

早朝のニュース番組アナウンサーが喋っているのが目に入った。

次に身体を動かそうとする。しか今日に限っては身体を動かすことが全くできなかった。

画面に映るアナウンサーが話し続けるのを眺めながら、なんとかして身体を動かそうといろいろ試してみようとする。

すると足音が去っていくのがわかった。

こうなれば解けるのも早いはずだ。

そう思った時、上半身が少しずつ、しかしかなりの重量を感じさせながら起き上がって行くのがわかった。

足先にはこどもたちのおもちゃが散乱しているのが見える。

金縛りが解けたら最初にすることはおもちゃ掃除だ。そう思った時、両肩を何者かに掴まれ再びソファーにばたりと倒されてしまった。

見開いた目に、再びテレビの中で話し続けるアナウンサーけが映る。

その瞬間、身体自由が完全に戻ってきたことがわかった。

かなしばりが解けたのだ。

慌てて足元に目をやると、そこにおもちゃなんてものはなかった。

そりゃそうだ。こどもは嫁さんの実家に行っているのだから

眠る直前まで飲んでいたお酒の入ったグラスと、メガネスマートフォンテーブルの上においてあるが分かった。

相変わらずアナウンサーニュースを読み続けている。

最初に目に入ってきたアナウンサーと同一人物だし、格好も同じだ。

から、始めに目を開いた時は確かに目から周囲の情報が正しく入ってきていたはずだ。

ならばどこからがまた夢の中で、どこから現実なのだろうか。

寝ぼけた頭でしばらく考えてみたが、結局はっきりとはわからなかった。

暗いニュースばかりを重たい口調で読み続けるニュース辟易し、できるだけ明るい雰囲気番組チャンネルを変える。

まだ2時間は眠れるだろうと再びソファーに横になるが、結局30分刻みで夢を見ては目が覚めるを繰り返しながら身支度の時間が来てしまった。

こんな言い方はおかしいが、かなしばりのキャリアはなかなかに長い。

幼くは幼稚園の頃からだし、それから思春期の間はかなりの数、かなりのバリエーションで遭遇した。

一時は自分に対して霊的な能力を本気で疑ったほどだ。

しかし、覚醒している間にはほとんどと言っていいほど何も起こらなかった。

たまに何かの存在を感じるようなことがなかったわけではないが、それを感じたところで何かが起こったこともなかった。

結局、かなしばりなんてものは疲れなどが原因で偶発的に運動系統の異常が発生して、意識命令不具合を起こす程度のものなのだろう。

しかし、知覚において存在しない物の実在を感じられることはとても興味深い。

これも恐らく動物が捕食者から逃れるための本能なのだろう。能力は臆病であったほうが生存につながるというものだ。

そんな話を帰ってきた嫁さんにしてみたところ、いつもは軽く聞き流すくせに急に青い顔をしはじめた。

聞くと、今朝目が覚めた時に娘が泣いて泣いて仕方なかったらしい。

理由を聞くと、パパが寝ている横でおもちゃで遊んでいたら、うるさいことと散らかしてしまったこととでこっぴどく怒られて、その瞬間に身体が動かなくなる夢を見たとのことだった。

そういえば娘が生まれからかなしばりにあったのは初めてかもしれない。

同じ境遇で過ごしているとこういう部分も似てくるものなのだろうか。

思考とはつくづく不思議ものだと唸った、本当にウソのような実話である

2017-03-18

ミルコ・クロコップの母がミルコに「一番になれないことだってあるのよ」といった話をした記憶がある。

ミルコはそれを否定したが、結局K-1トップになれなかった。

ミルコと母の意見どちらにも与することができるし、口にできない複雑な気分になる。

引退前か引退数ヶ月前の試合だったか準決勝で敗北したミルコの苦々さと落胆と憤怒が混ざったような表情に、

アナウンサーは「あー、ミルコのこの表情です!」と同感の意を表した。あのシーンは今でも焼き付いてる。

2017-03-03

「第九」歓喜意味

ベトヴェンの「第九」日本人にやたらと人気があり欧米かぶれの一種信仰みたいになっています

何に歓喜しているかって、ようやく解放されたこと。つまり中世封建社会から解放という意味です。そういうと大概の人は思い違いをして、単に一般庶民農奴身分から解放されたことであるかのように思うでしょうね。

誰が何から解放されたのか? それは、賢い人が、既成社会体制に利用されるという「権力の犬」の身分から解放されたということ。

中世では、社会体制を疑う能力のあるような人は、普通に暮らしていてはならなかったわけです。社会体制を変える素養のある人が居てはならなかった。普通に定住して大手を振って暮らすことは許されなかった。

例えば、クラシック音楽というのは、教会音楽です。カトリック教会布教教化に用いられる技術で、つまり社会統治体制を保つための技術です。ですから、その技術のタネを知っている音楽家というのは、世間普通に暮らしていては困るわけですよ。

例えば建築家もそうです。教会カテドラルの建て方を知っているような技術者が、その辺に居てネタバラシをしたら困るわけです。

こういう技術者達は、旅芸人の一座みたいに各地を転々とし、当地権力者に利用されることで食っていたんです。これを「フリーメイソン」といいます

それが、社会体制が変わり誰もが政治に携わる社会になって、社会体制を疑うことがタブーではなく、むしろ疑い批判することが必要時代になりました。技術特定身分の人しかもってはならないものではなく、ネタバラシをすることもタブーではなくなりました。

賢い人は、世を忍んで一生を終えた時代から普通に暮らしていい時代になり、ようやく日を浴びて大手を振って歩ける時代になったわけです。

中世は、知恵のある人は権力構造に組み込まれなければ生きていることを許されなかった。迫害の世の中でした。ヘイトされまくり権力者は、都合の悪い人間を干して、地元庶民をそそのかして嫌悪させていました。未だに、ユダヤ人嫌悪されているのも、フリーメイソン理解されないのも、もとはそういう経緯です。

賢い人がうっかり権力に都合の悪いことをしてしまうと、世の中から消されます。生きていることすら許されず、人間として扱われなくなりました。例えばマルティン・ルターもそうやって社会から消されて、カトリック教会支配を嫌うとある領主にかくまってもらって何とか生き延びました。

ユダヤ人であれ、ピューリタンであれ、既成の社会体制に都合の悪い人々はヘイトされ、その中からアメリカ大陸に渡って生き延びようとした人も出てきたわけです。USAというのはもともとそういう国です。

それに比べて、日本人は、革命を知りません。デモクラシーリベラリズムを知りません。

それどころかそもそも未だに、賢い人間社会体制に組み込まねばならず、「踏み絵」に応じないような人は叩き潰されます。利用価値のある人間でなければならないわけです。

例えば起業家であれ、既存社会体制に逆らってはならず、革命を起こしてはならないわけです。

芸能人なんか、社会体制に利用されることで食っていく職業です。うっかり真実を語ってしまってはならないわけです。山本太郎にしても、どこぞの資本家に拾ってもらって生き延びて、「民主主義」の時代からうまく国会議員にはなりましたが、だからって結局はおそらく日本社会を変えられずに終わるんじゃないかという気がします。

会社従業員にせよ、会社の存続と体制維持のためには、おかしなこともさせられますね。放送局権力にシッポを振り、人気を利用し流行捏造して売上を出し、生き延びるのに必死です。近年の安倍体制のもとでは、放送局も、そこの従業員も、平気でおかしなことをし、せねばなりません。そうして「美人女子アナ」でさえも平気でえげつないことを言ったりしますよね。

さて例えば、亀渕というニッポン放送社長にまでなった元アナウンサーがいますが、村上世彰と戦わされたとき社長です。株主総会でも社長として矢面に立ち、フジサンケイの日枝体制を維持するためにメチャクチャな総会運営をしてまで逃げ切っていました。そのときの彼の姿を私は忘れられません。かわいそうでしたね。会社従業員正社員管理職生え抜きによる支配体制を保つために、修羅にでもならなくちゃいけない。社長を退任してただの一介の批評家みたいな立場になってからは嬉々として活き活きしているようにみえます

そして、社会革命分子であったところの村上世彰にせよ堀江貴文にせよ、叩き潰されましたね。堀江貴文に関しては、ムショを出てからは、中途半端しか目立たないところに居て、社会体制に逆らわずしろ組み込まれるような感じで活動するようになってしまいましたね。

日本社会というのは未だにそういうところです。

愚かな人は自分の才能の無さを憂うのでしょう。けれど、実際に才能をもって賢く生まれたらもう、正しく生きていくことは不可能です。

悲惨な国です。そして、社会体制に組み込まれる人々と、ホイホイ釣られる愚民構成される日本人というものは、実に卑しいですね。

2017-02-24

あるTV番組のヒトコマ違和感を覚えた

時短家電特集をしていた。

調理時間を短くする家電などが紹介されていた。

そのときアナウンサーが「仕事育児に追われる『女性』にありがたい」って言ったのさ。

時代は変わったとはいえ、公共電波が「家事(料理)は女性がするもの」っていう情報を流してるんだな。

そういう私自身は男で、結婚はしていないが、料理はやはり彼女や妻にやってもらいたいと願っている身ではある。

しかし、公共電波でこのようなサインを流しているのでは、女性活躍とかなんとか言ってもうまくいかないんだろうなぁ…と漠然とだが違和感を覚えた次第である

せめて「仕事育児に追われる『人』にありがたい」ってニュートラルな言い方だったらこうは思わなかったろうなぁ。

主夫主婦、どっちでもいいのでいっそのこと完全分業で十分生活できる世の中になってほしいものだ…。

2017-02-16

そこらにいる普通の人がおもしろ

私の日曜朝のテレビNHK小さな旅』、『さきどり』、『日曜討論最近まらん)』、フジテレビワイドナショー』、テレ東男子ごはん

その後、昼ごはんとか作ったりする。席に着く頃、『和風総本家』を見る。日本っていいねのノリにだんだん嫌気がさし、ザッピング

そうして、たどり着いたのが、『のど自慢』。

のど自慢』が最高すぎた。『和風総本家』を見て数年を無駄に過ごしてしまったという後悔。

棺桶に片足突っ込んだおじいちゃんやおばあちゃん、ゲストよいしょ要員のおばさんとおじさん、元気一杯女子男子、すんげー音痴なのに通っちゃった人、親の付き合いで仕方なく出た子、付き合いでも意外とノリノリで頑張る子などなど。どの出場者も最高だ。

ちょっとバックグラウンドがあると客席の家族を写す。そう言う客席を写す演出計算されてるんだけども、歌唱後にアナウンサーと話す会話でミラクルを起こしてしまう出場者。事故と聞いてとんで来ました状態が発生する生放送ならではの楽しみ。

鶴瓶の家族に乾杯』を見てても『所さん笑ってコラえて』、『あさイチ』のアッキー旅なんかを見ていても思う。

子供から年寄りまで「テレビうそー!テレビなの!?」、おばちゃんが「化粧しなくっちゃ!(する人は少ない)」ってなるのが、テレビの良さだと思う。まじかよテレビきてんのか!田舎だと、その価値がぐっと上がる。そんで興奮した人々が思いもよらないコメントをして、奇跡を起こす。

芸能人同士の馴れ合いを延々流すくらいならもっと視聴者を出してほしい。興奮した視聴者の思ってもいない本音面白いのだ。

2017-02-12

無職日記

 まず、スマホをやめることにした。仕事電話メールはもう来ないし、妻や恋人はおろか、親しい友人さえいないのだから、誰に気兼ねする必要があろう。思えば、朝は天気予報を調べ、通勤中はニュースを読み、昼はゲームに興じ、帰宅後は着信を知らせるランプを頻りに確認するのが、働いていた頃の日課となっていた。それに比べて、現在たいへん快適だ。さすがに貯金も心細くなりつつあるので、そろそろ職探しに本腰を入れるつもりだが、また働き出しても、できる限りスマホから離れた生活を送りたい。このご時世では中々難しいだろうが。

 次に、鏡を見ないことにした。現代社会には鏡に毒された人間が多い気がしてならない。なるほどメイクやらスキンケアやらで多忙女性が身だしなみに敏感になるのはある程度はやむを得ない。大体、鼻毛が飛び出ている女とのデートなんかお断りだ(無職とのデートなんかお断りよと聞こえてきそうだが)。しかし、自らの容姿を念入りに観察するような男には、どうも違和感を覚える。そんなに見惚れるほどでもないのに。そんな暇があったら中身を磨けばいいのに。と言っても、仕事中は何より外見を重んじていた私に、彼らを批判する資格があるかどうかも疑わしい。出勤前には寝癖のチェックが欠かせなかった。昼食におにぎりを食べたらお手洗いに行かねば気が済まなかった。或いはこれはビジネスマンとして当然の振る舞いなのかも知れない。ただ、私は少し疲れてしまった。誰とも会わない今なら、髪がボサボサだろうが歯にノリが付こうが一向に構わない。実に清々しい。

 そして、髭を伸ばすことにした。人生初の試みである。頭の隅に浮かんだのは、エイブラハム・リンカーンまさか彼みたいな美髯を目指すほど私も阿呆ではあるまい。単なる憧れだ。少年のころに図鑑の中で触れた、第16代アメリカ大統領の威容は、今なお私の脳裏に鮮やかに焼き付いている……と、ここまで書いて、我ながらちょっと呆気にとられてしまう。私は無職になって、悲しむどころか、むしろこの状況を楽しんでいるかのようだ。楽観主義も度が過ぎれば身を滅ぼす。けれども、信じられないかも知れぬが、私は実際、ほとんど常に悲観的であった。考えれば考えるほど思考は悪い方へ傾き、夢も希望も見出せず、自暴自棄に陥る。他人との比較が癖になり、酷い劣等感に悩む。「怠けた頭は悪魔仕事場」という外国の諺には、一つの真理が含まれるのではなかろうか。私は毎日悪魔暮らしているようなものだった。

 ある夜、都心の休憩所のベンチに腰掛けコンビニで買ったアメリカンドッグシュークリームを食べていた。妙な取り合わせだが、たった二百円でできる贅沢は他に無い。いや、正直に告白しよう。懐が寂しかったのだ。無収入生活がいつまで続くか見通せないため、財布も満足に使えなかった。林立するビルディングの明りの下を、仕事帰りのサラリーマンOLが、揃って足早に過ぎてゆく。車や電車の走る音がかまびすしい。デパートの買い物袋を提げた婦人たちの笑い声が耳を打つ。ふと、「どうしてこうなのか」、と思う。孤独を感じた。大都会の喧噪が却って私を独りにするようだった。周囲のベンチに座っているのは、単独の人が多いようだけれど、誰かとメッセージのやり取りでもするのだろう、彼らはスマホを熱心に操っている。私の存在に気付く人など何処にもいない。だが、ここで泣き出す訳にもいかない。

 その後も無為徒食の日々は変わらなかった。公園の木陰でぼーっとしたり、広場に群がるハトを眺めたり、日が暮れるまで彷徨したり、諸方の社を参詣したり。どこへ行っても充たされず、空腹は甚だしくなる一方で、足はいよいよ痛くなる。かといって、すぐに働く気も起きない。虚しかった。行き着いたショッピングモールトイレで用を足し、自らに課した戒律を破って鏡を見ると、生気に乏しく、いかにも自信のなさそうな、無精髭を生やした男が一人、救いを求めるような表情で立っている。そこにリンカーンの姿は無かった。足を休める場を求めて店内をさまよう。が、既に老人らが座を占め、熟睡しているらしい。安心しきった寝顔にみえる。帰りの難儀を憂えつつ、やむなく出入口へ引き返す。「いらっしゃいませー」「ただいま30%引きでございまーす」という若い店員のいきいきとした調子がなぜか辛い。女子学生愛嬌も、年配夫婦の微笑みも、母に抱かれた赤子の眼差しも、私には全てが辛かった。ようやく家に到着してテレビの電源を入れれば、アスリートの勇姿を目にするたび、怠惰自分を痛感し、アナウンサーの顔が映るたび、鏡の自分を想起する。私の居場所はいずこにありや。やがてテレビも見なくなった。

 さて、私はこの日記を「吾輩は無職である名前は言えない。」で始めようかと思った。己の憐れを笑い飛ばせるくらいの朗らかさが欲しかった。ところがこの通り、筆致はだんだん暗くなっていく。まあ無職から仕方ない。最後に、ついこの前、海へ行った話を綴って、明るい気持で筆を擱こう。それは、とてもよく晴れた、穏やかな日だった。太陽の光が海のおもてをきらきらと照らし、寄せてはかえす波の音がたえまなく響く。突堤で腕組みして獲物を待ち構える釣り人、のんびりとウォーキングを楽しむおばあさん、浅瀬に浮かぶカモの群れ、軽やかな足取りのミニチュア・ダックスフント、波打ち際できゃっきゃ言いながら貝殻を拾う女の子と、それを嬉しそうに見守るお父さんお母さん。おや、あそこの男の人は、どこか悟り澄ましたような目つきで大洋のかなたを遠望している。同志だろうか?(失礼)

 「明るい気持で筆を擱こう」と書いた。でも、このかぎりなく静かで、平和海岸に臨み、やわらかな潮風に身を任せていると、明るさも暗さも、楽観も悲観も、全部きれいに吹き払われて、どこかへ行ってしまう。不安や焦燥はしぜんに消え去り、自分無職であることさえ、いつしか忘れている。そこには何もない。あるのは広い海だけ――青空をのびのびと泳いでいるのは、カモメカップルだろうか。仲睦まじく羽を交わしている。幸せそうでちょっとむかつくけれど、もう人(鳥)と比べるのは止そう。カモメには、カモメカモメによるカモメのための鳥生があり、私には、私の私による私のための人生がある。お前らは、勝手にいちゃいちゃしてればいいのさ。

2017-02-02

生活レベルを落としてまで子どもを育てたくない

待機児童話題だったり、「これが年収1000万の生活だ」みたいな記事を読むとサ、

おとーさんのあまり生活レベルの低さに絶望ちゃうよな。

テレビで「お小遣い月5万円のおとーさん」が出てきて嘆き節を言って一同大笑い、

みたいな番組があったりして、不肖私めも笑わせていただいていたのですが、

この年(31歳)になるともう笑えねーよ、おめー。リアリティありすぎんだよ、エッ!

毎日早起き手作り弁当(おかず一品)で凌いでいますっ!

なんて人にアナウンサー司会者推定年収1200万)が「健気ですね〜」とか言いやがってよ〜、おい、「健気」じゃねーよ、「貧困」だろうがっ!!

そういうのを見ているとさ、やっぱ子どもが金かかりすぎんだよなあ。

俺は今のところ、特に吝嗇したりせずに暮らせているけどよ、これが子ども出来たら、そうじゃいかなくなるぜ。

子どものために生活を切り詰めてさ、本も買えないし、映画も見れない、海外旅行なんて雑誌のなかの夢物語……って、バイトしてない高校生か、俺は!?

いや、バイトしてない高校生の方がマシだぜ。暇な時間があるからな。一日のほとんどを仕事に費やして、それで高校生気分って……

部長、第二の青春が来ましたね!」って、嬉しくねーよ。部長じゃないし。

いやさ〜、「尊敬できないオッサン」っているじゃん? 俺も年下から見たらそうかもしれないけどサ。

そういう人って「お小遣い制度」が生み出していると思うんだよね。

いい年して本も読めない、映画も見れない、ってんじゃ、そりゃ情けねーオッサンが出来上がるって。

話題も乏しくて最新の流行は知らず、教養もない……「そりゃ、おめーのことだよ」って、うるせーよ!

まっ、子どもなんて百害あって一利なし、なんて状況じゃねえの?(一利はあるか、可愛いもんな)

所帯持ちの貧困生活を知っちゃうと、子どもいなくていいから、もうちょっと文化的生活してえよな、って思っちゃうのが人情じゃない?

とにかくさ、景気だよ、景気。俺も今の年収が2倍になったら「子どもでも作ってみるか〜、読み聞かせとか楽しそうだしなっ!」って意欲が湧くよ。

俺と同じように二の足を踏んでいるやつ、いくらでもいると思うぜ。何とかなんねーのかな、これ。

2017-01-21

http://anond.hatelabo.jp/20170121193031

それをいちいちアナウンサーが引き出すのは筋違いも甚だしい。

仮に局が出していた場合自分らの局から金を出してんだ、といういやらしさを演出することはない。

名シーンを使って自分たち演出とかありえない。

http://anond.hatelabo.jp/20170121195530

でも言いません? 上を見上げたって?

アナウンサーは言わないんですか?

上を見上げたって。

はーーーーーあーーーー三谷幸喜チンコ舐め合いオーディションSmapが参加した時の裏ビデオ流出しねーかなーーーーーーー

ほげえええええええええええええええええええええ

2017-01-17

声優でもアナウンサーでもない素人の声を聴くのが辛い。

もちろん典型的オタク声の自分の声で他人と会話するのも辛い。

自分他人の声をVOICEROIDの音声に変換して欲しい。

VRでもなんでもいいから何らかの技術で早く実現してくれ。

2017-01-16

今日すごい人をネットで見た

今日17時頃ニコニコ実況というサイトNHK大相撲を見ながら実況してた。

NHK総合では五時のニュース

待機児童がウンタラカンタ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170116/k10010841371000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_037

そこでアナウンサー

待機児童の数を都道府県別に見ると、東京都が3417人で最も多く、次いで埼玉県が~」(上記記事から抜粋

と喋った「数秒もない」うちに次のようなコメント唐突に流れてきた。

3417 = 3 * 17 * 67

(2017/01/16 17:04:37 http://jk.nicovideo.jp/log/jk1/201701161704-201701161705

俺は直感的に素因数分解だと分かった。

電卓計算したら確かにあってる。

ただそれだけのことなんだけど

ニュースに出た何の変哲もない4桁の数字ものの数秒で素因数分解して書き込んだ人間を見た”

え?これ何?超人じゃね?数学天才リアル博士の愛した数式』?現代ラマヌジャン?え怖い怖い

俺はとても驚いた。と同時にいろんな疑問が出てきた。

前にも同じニュース報道して、その後わざわざ素因数分解してわざわざ唐突に書き込んだんだろ

 そんなことするやついないだろ、と思いたいが、NHKニュースが発表されたのは上記のURLからわかるように今日の16時43分

 おそらく5時のニュースが初出。まじかよ…(他局、BS放送してた可能性もあるかも)

ニコニコ実況ユーザーIDがあるから、その人のログ見てみよう

 とりあえず15時から18時までのその人の実況ログを見てみた

 …普通に相撲実況してるだけだった。まじで。

 例のコメント以外はごくまとも。逆に数字だけのコメントが浮いて見えるっていう

 こわいこわい

BOT

 にしちゃあ過去ログの内容が人間すぎる。それにBOTにする意味分からん

4桁の数字素因数分解って案外簡単なの?

 そうだな、きっとそうだ

 それか3417って数字はキリがいいんだろ

 お、おれだって51 = 3 * 17 だってことぐらいわかるさ


今日は寝れそうにない

親子の絆

ちょっと前だけど、年末年始帰省中テレビ歌番組付けっぱなしにしてたときのこと。

年末歌番組

アナウンサー「続いては、水森かおりさんの『越後水源』です」

私「えっ、『越後製菓』?」

姉「違うよ」

年始の別の歌番組

アナウンサー「続いては、水森かおりさんの『越後水源』です」

母「えっ、『越後製菓』?」

姉「違うよ…」

ザ・親子の絆!

くだらなすぎるが、越後製菓おせんべい見て思い出したから、書いてく。

2017-01-15

少女像」ってすごい言いづらい

5回くらいまではなんとか集中して言えるんだけど、

5回超える頃から

「しょーじょじょう」

「そーじょぞう」

「そーぞぞう」

とどんどんひどくなっていく。

「じょ」の後に「ぞ」が来る言葉が難しいのかと思ったけど、出だしから「そー」になっちゃうのはなんなんだ。

アナウンサーは間違えないのはすごいわ。

同じように言い間違えやす言葉ってどんなのがあるかな

2017-01-14

関西すごい

正月休みをズラして帰省してるんだけど、

朝のニュースバラエティですごくマトモに大使一時帰国の件話し合ってて驚いた

東京キー局なら確実に誰かがチャチャ入れてグダグダにして終わらすか、アナウンサーが割り込んで終了する展開になるだろうに…

2017-01-10

例の少女像大使館の前に作ることが条約抵触する国際問題になるかわからないけど

日本アナウンサー嫌がらせにはなってるなあとニュースで「少女像」を噛みそうになったり噛んだりしてるのを耳にするたび思う。

アナウンサー頑張れ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん