「あはは」を含む日記 RSS

はてなキーワード: あははとは

2017-04-24

高校時代好きだった彼女の家をGoogleマップで調べた

まぁなくなってたんだけどね。

高校三年間を彼女に費やしてしまったよ。彼女バレーボール部で僕はバスケ部だった。

ずーと、部活中、土日練習休みの日も僕はわざわざ見に行ってね。大会も見に行ったよ。

もちろん彼女オフの日は、女友達に何処に行くか聞いて僕も後をつけてね。

そうこうしてるうちにその子は転校しちゃって。親の仕事の都合とかなんとか。

家がずーと建ってて、毎晩見に行ってたよ。

あはは

2017-04-17

DeNAを叩いて誰が得をしたか

顔の見えないネットマフィアでしたー。

あははh-

2017-04-12

普通預金の利息www

1800マンあずけっぱで利息68円wwwwwwww

小学生お小遣いかよwwwwwww

振込み・引き出し手数料にもならんわwwwwww

あははははは

個人向け国債10年で0.05% (0.0398425%)

計算したら9000円wwwww

税引き後7168円wwwwww

10年でやっとゲーム1本買えるかどうかwwwwww

派遣で働いたら1,2日の金額wwwwww

[]ぶろぐちほー

「あつまれー」(サンドスター

「のせてのせてー!(ホッテントリに)」(サンドスター

うごけー(トップページが)」(サンドスター



キュー、ドゥン!

「あっ」



あはははは、のせないよー」

2017-03-31

http://anond.hatelabo.jp/20170331002343

あはは、逃げるのは正しいよ!

それは君のレスで一番評価できる振る舞いだね!

2017-03-22

プロブロガーに産まれたことを呪う

大学には現役で入ったが、第一志望の大学ではなかった。

これがよくなかった。



もともとは地頭だけは良いほうで勉強しなくても大学はいれるものだと思いこんでいた。

気がついたら、どこも入れる大学が無いことに気が付き、高3の夏から勉強をして地方では

そこそこ有名な大学へ入った。

(とはい地元国立の滑り止めだ。数学はやらなかったので、国立はあきらめた)



勉強したくもない経済学を学びに4年間も大学へ行った。

彼女は欲しかったが、持てなかった。これも生まれつき容姿が悪いせいだ。



そのことで自分に自信がもてず、就職活動は40社ほど全滅だった。

残された道はプロブロガーしかなかった。



そこで有名ブロガーサロンへ入ってみた。

プロブロガーになるには、顔出しすることがポイントらしい。

キモメンの顔をさらしても仕方がないと思ったが、

さらさないと生きていけないと言われたので、顔も実名も出した。

プロブロガー誕生である



しかし、これが失敗だった。

中途半端大学就職もろくにできないキモメンわたしですよ!

誰がこんな化物のブログを読みたいだろうか。



みなさんはリアルに後ろ指をさされた経験はお有りだろうか。

わたしは、どこにいっても、あいつがプロブロガーだよ。あははは。と笑われている。

こないだは、小学生散歩していた犬にまで笑われた。



こういうことを書くと大脳が壊れた哀れな末路とかすぐに言う愚かな人がここには入るが、

リアルに笑われた経験が無いからそう思い込むのだろう、ある意味幸せ人生だと思う。



とにもかくにもこうしてプロブロガー誕生した。

次のプロットサロンを開設することらしい。

から笑われつコツみたいものなら共有できるかもしれないと、犬の飼い主が言っていた。

2017-03-14

http://anond.hatelabo.jp/20170314151540

一般論とか言ってごまかすなよ。

お前ら、イジメとかも

イジメてる方に悪気は無かった。もっと悪い不良に利用されてやっただけ」

とか言って「脇が甘かったね」って許すの?

もう生きる価値ないだろ?お前。

別に悪意が無ければいい、なんてことは言ってないんだけども

あはは、頭悪すぎるよ。

あなたが言ってるのはそれと同義

2017-03-07

言葉を知らない人

言葉を知らない人と会話をすると本当に疲れる。

だっていちいちその言葉説明しないといけないんだもの

私「あははは!でもあれって石橋叩いて渡りすぎだよね!」

相手「…石橋を叩く?って何?」

私「…えーっと…(めんどくせえ…)」

これ、お笑いのどこがどう面白かったか披露した本人に説明してもらうようなもんだよ。

「えーっと、今の笑いのポイントは…」って。

そんなんされたらタイミング狂うわ。興醒めだわ。なんか変な空気になるだろ。

ほんと無知って罪だわ。

2017-03-05

課長、勤務中は無敵時間になりました」

課長、勤務中は無敵時間になりました」

「勤務中が無敵時間って君、長すぎやしないかね」

「いえ、従来の無敵時間が長すぎただけです」

しかいくらなんでも勤務中全部が無敵というのは」

「今までの来客は多すぎました。うちは中小ですので」

「無敵ってそういう意味だっけ」

「いろいろです」

しかしあれだよ、無敵中ってキラキラ輝いて鬱陶しいでしょ」

課長それはマリオ世代の言い分ですよ。最近ゲームの無敵時間なんて、投げ最中や蹴り硬直の時間とか結構微妙な感じですよ」

「それもまた極端にカプコンライクな意見だよね」

「じゃああれだ、書類に目を通さなくてもいいとか」

「その代わり無敵時間あとに処理して頂くことになりますが」

「それ意味ないじゃん」

「ありますよ。無敵時間の素晴らしさを課長は存じてない」

休み時間と何が違うの」

「気づいたら自分が思ってもいなかった仕事が終わってるとか、そういう感じですかね」

「そういう感じって」

「そういう感じです」

「じゃあランダムなんだ」

潜在意識によりますね。片付けてなかったエロDVDとかをいつの間にか見終わっていたり」

「見たの気づけないじゃん……」

再生時刻を記述してるんですよね。自分が」

「無敵時間の?」

「そうです」

「ごめん、俺も乗っちゃったのは悪いけどさ、無敵時間ってなんなんの? 上の指示かなんか? というか先に俺通さない? 普通

部長から話は頂いていません。私の発案ですから

「ははは」

あはは



アットホーム職場です。

2017-02-19

死にたい気持ち

首をつってしまおうと思うことがある。

首吊りはかんたんだと言うけど、できるだけ周囲に迷惑をかけない場所でとなると難しい。

それでやめる。。

でも、死にたい気持ちと、生きてる事実があるから、つらーい。

こういうつらーい気持ちって、誰かに吐き出したらその人に迷惑かかるでしょ。そう思うから言わない。言えない。

ますます死にたくなる。

耐えて耐えれば、その気持ちは過ぎ去っていくけれど、完全には消えない。

これは働きだしてからだ。

から仕事が原因なのかもしれない。

でもこの仕事は…手放したくはないんだよなぁ〜あはは。辛いとき死にたくなるけど。

あはは

2017-02-07

今日今日とてハウリング

もういい加減疲れました、物乞いのような気分でハウリングするのも。

9monstersは害悪です、かっこわらい。

だいたいこんなにも人肌に触れたい、セックスしたいって人がいるのに全然マッチングできていないのって見ていて悲しくなりますね。

自意識過剰な僕は、定期的にトップ画像を変えてまたこの人ハウリングしてるーって思われすぎないようにしてる。

とりとめないねー、あはは

今日おやすみGM:Xtal

2017-02-04

若年女性アファーマティブアクションは今すぐ辞めるべきだ

公務員をやってるんなんだけど、

最近入職する女性職員は(私も最初はそうだったけど)ほとんど産休育休の待遇目当てだ。

子供を1人産むと、だいたい産休育休+時短を取るから長いと6年はまともな戦力にならない。

女性職員は辛い部署に配属されたら、子供産んで逃げれば良いわよね、あははみたいなことを言う人もいるし、結婚した人は子供をぽこぽこ産む事が多い。

抜けられたこちらは中々次の人が来ない(来ても臨時職員の事が多い)からしわ寄せがかなり来る。

んで、その人達の補充のために臨時女性が雇われるんだけど、本当によくやってくれる。

その人達はたいてい使い捨て

んで職員は働き盛りの30代にまともに働かない人達続出。2.3人産んだら10年まともに働けない期間があってもおかしくない。

悪いけどサラリーマン人生の1/4も普通に働けないってそれって労働者としてどうなの?って思う。

臨時女性達(たいてい40近い子供がいない女性なので子供を生む可能性は低い)がそんな人達の代わりに使い捨てにされる構造絶対歪んでる。

私の周りの場合旦那高収入女性が多いから尚のこと腹がたつ。

なんでフルタイムで働ける女性の方が守られないんだよ。

腹だたしい。

私は子供を作る気はないけど、万が一子供が出来たらああはなりたくないからすっぱり辞めるつもり。

2017-01-31

「そっちに行くと帰りの電車がないから行きません」

作業中に後輩が倒れ救急車を呼び病院まで付き添った。

救急隊員に「家族へご連絡をお願いできますか?できればきていただいたほうがいいです」と言われ、

会社から自宅の電話番号を教えてもらい、かけたら5コールぐらいで奥さんがでた。

状況を説明すると「はいはい。そうですか、はい」とすごく小さな声が返ってきた。

「こちらにこれませんか?」と聞くとタイトルセリフを言われた。

いやいやいやいや、旦那さんが倒れたんだぞ、と思ったけど

「わかりました。それでは何かありましたらすぐご連絡いたします」とだけ伝えた。

病院名前電話番号、最寄り駅を教えて切ろうとした時、

あなた名前をもう一度教えてください」と聞かれ「〇〇と申します」と言うと

突然口調が変わって「私はね!あの人から生活費一円ももらってないの!突然こんな電話されても困るのよ!全部必要ものはその人が持ってるの!聞いてる?あはははははは」と笑い始めた。

その後も電話越しに色々と叫んでいたけど「はい」とだけ答え続け電話を切った。

2時間後に意識を取り戻した後輩が「すみません、ご心配おかけしました」って救急からすごい笑顔で出てきた。

2016-12-28

http://anond.hatelabo.jp/20161228210700

わかる、ちょっと他人体験してないようなフィクション世界みたいな不幸話を面白おかしく話したら、みんな「あははー」って笑って聞いてくれるからクセになっちゃってやめれない。

本当は他人から見て面白おかしい不幸なんて要らなかったから、めちゃくちゃ平凡でつまらなくて幸せ人生が欲しかった。

2016-12-25

こういうクリスマスじゃないなら人生無意味

クリスマス。それはイエスキリスト誕生を祝う祭りである

というのは建前で、実際は、家族友達パーティーを開いて楽しんだり、実際は恋人セックスしたり、気になる人を誘ってセックスしたり、クリボッチを回避するための協定を結んだ人と流れでセックスしたりする祭りである



十二月の初め。

俺は友達恋人いたことがないDKだ。スクールカースト底辺常連客だ。当然容姿が悪いし運動も苦手だし、身長165cmの低身長だ。おまけに肌が汚いので清潔感皆無だ。

当然、第一印象友達恋愛対象から外れる。

自称進学校入学したはいいが、授業に全く付いていけず早々に落ちこぼれた。

うちの両親はクリスマスを祝うような人達ではないためクリスマスパーティーを開いたことはないし、プレゼントも貰ったことが無い。クリスマスにいい思い出は無い。



いま教室容姿の優れた友達達と話しているのが如月美紀。スクールカースト上位のグループの中心人物黒髪ショートの清楚な女の子だ。

スポーツ万能、容姿端麗のEカップ学力は学年トップレベル、いつもニコニコしていて誰にでも優しく、漫画世界からやってきました。と言われても信じてしまうほどの高スペック女子だ。おまけに親が金持ち



将来、自分の息子に、「パパ~不平等ってな~に???」と聞かれたら

「パパと彼女の基本スペックの差のことを言うんだよ^^」と答えるだろう。

子供は、「なるほど。」とすぐに納得することだろう。



さっきから容姿の優れた彼女たちが、チラチラこっちを見てくる。

どうせ、俺君ってキモイよね~とか悪口を言い合ってグループの結束をより強固なものにしようとしてるんだろう。

そんなことを考えていると、如月美紀がこちらに向かって歩いてきた。



「ねぇ、LINEID教えてくれない?」

彼女は微笑みながら、俺に話しかけた。

健全な陰キャ男子高校生なら、えなに、こいつもしかして俺のこと好きなの?と勘違いするだろう。

俺は気付いている。これが罰ゲームだということに。



「じゃあ、じゃんけんに負けたら俺君のlineidを聞くってのはどう?」

「「「え~!?いやだ~wwwww」」」

「じゃあいくよ!じゃんけんぽい!」

「アー負けちゃったー」

「ほら、行きなよ(笑)

「えー嫌だなーきもーいw」

こんな流れでLINEIDを聞きに来たのだろう。



LINEダウンロードしてないから…」俺はキョどって声が裏返らないように気を付けながら言った。

あはは!!!ウケるんだけど!今時LINE持ってない人なんているわけないじゃん!俺君って面白いね!」

「ははは…」

こういう人間をみると、世代間だけでなく世代内にも格差が歴然としてあるということを思い知らされる。




結局、彼女LINEIDを交換した。

しかし、交換をしただけで、向こうからメッセージが来ることは無かった。やはりあれは罰ゲームだったのだろう。

こっちからメッセージを送ったら、笑いものにされるところだった。危ないところだった。

でも交換してよかった。彼女LINEIDを見ると生きる気力が湧いてくる。

俺は可愛い女の子LINEIDを持ってるんだぞ!交換をせがまれたんだぞ!だから俺はすごい!おらおらどけどけ愚民ども!かわいい子のLINEIDを持ってる俺様のお通りだ!と街中でも強気でいられる。

この世界自分存在肯定されていると思えるから生きる自信が付くのだ。



あっという間にクリスマスイブになった。

夜七時。

俺は特に予定が無いし友達恋人もいないので家でゴロゴロしていた。すると、

「いえーい俺君!クリスマスイブ、楽しんでる?(((o(*゚▽゚*)o)))」楽しそうに友達とはしゃいでる如月写真LINEで送られてきた。

なんなの俺への嫌がらせなの?泣いちゃう


取り合えず早くなんか返信しなきゃ。ラインどころかメールすらまともにしたことないから、どう返信したらいいのかわからない。

よくわかんないから取り合えず「こマ?」っと…。

「ん?なんか使い方おかしくない?Σ(・□・;)」

「マ?」

「あ、それは正しい(/・ω・)/」

「なんか用?」  

「うーんとね。明日クリスマス空いてる?」  

一瞬ドキッとした。落ち着け。これは罠だ。

俺の如月への好意的な態度をシャンパンつまみにしようとしているに違いない。



「やっぱり空いてるってw予想通りw」

「ちょwこいつ誘いに乗ってきたんだけどwきもーいw」

「俺にもモテキ到来!?とか思ってんでしょwうけるーw」

こんな感じで馬鹿にするのが目的なのだろう。

俺は騙されないぞ。彼女どころか友達すらいない歴=年齢の人間不信が板についてる筋金入りの陰キャを舐めてはいけない。



クリスマス彼女デートの予定がある」

当然そんなものは無い。彼女どころか友達すらいたことない。

「えー残念(´・ω・`)俺君とデートしたいなーって思ってたのに」

「それ、罰ゲームで書かされてるんだろ?そういうのいらないから」

罰ゲーム?なにそれ?(・・?」

「あの時、LINEIDを聞いたのはゲームに負けたからだろ?」

「んー(-ω-;)なんかいろいろ誤解されてるね私(;゚Д゚)」



どうやらLINEで本性を現す気はないようだ。

どうせ騙されるならとことん騙されてやって、最後に化けの皮を剥いでやる。

クリスマスデートの予定があるっていうのは嘘だ。明日、俺とデートしよう」

「ほんとうに!?やったー(^▽^)じゃあ、明日の午前十時に〇×駅で待ち合わせね!」

まれて初めてのクリスマスデート。色んな意味で楽しみだ。



クリスマス当日、朝七時。

夢の中でサンタクローストナカイセックスする夢を見ていたら、現実世界LINEが鳴った。

「おーい!起きてるかー!朝だぞー!('ω')ノ」

如月美紀からだ。これが女の子からおはようLINEか…女の子自分人生の貴重な時間を割いて自分で考えながらスマホタップして俺だけのためにわざわざ書いてくれた文章か…。感慨深いものがある。

うわ、こいつ既読スルー最近ちょづいてね?と思われないように急いで返信した。

爆睡中です」

「起きてるじゃんΣ(・ω・ノ)ノ!」

「なに」

「昨日、クリスマスデート約束したじゃん!?忘れちゃったの?(´;ω;`)」

「あぁ、あれネタじゃなかったのか」

ネタじゃないよ!午前10時に〇×駅の前で待ってるからね!遅れたら激おこだぞー(#^ω^)」

「うん。すぐ行く。走っていく!」

「ちょ!まだ早いよ(;゚Д゚)私も準備してないし(*ノωノ)」

「いや、ネタから



さて、出かける準備をするか。

あれ…ユニクロジーユーの服しかない…。デートにこれは失礼じゃないか

ワックスとか付けたほうがいいのか?香水は?ネックレスは?救急キットは?

いや、余計なことは止めておこう。初心者が余計なことをすると大体失敗する。料理と同じだ。

結局、全身ユニクロの安っぽいコーデになった。

風呂に入ったし、歯は磨いたし、爪は切ったし、フリスクは噛んだ。ハンカチティッシュは持ったし準備オーケーだ。



午前九時。

「楽しみすぎて一時間も早く来てしまった」

以前はカップルを見るたびに殺意嫉妬感情に振り回されていたけど、今は違う。

カップルを見ると心がポカポカし、自然と笑みがこぼれる。みんなが幸せになればいいなーと思う。

自分幸せだと人の幸せを願えるようになるのだと気付いた。

そうだ。どうせ騙されるなら思いっきり騙されよう。一生に一度だけのクリスマスデートなんだし目一杯楽しもう。




午前十時。

「だーれだ!」

視界が真っ暗になり、女の子の甘くていい匂いがした。

「き、如月

胸が背中に当たってる。異常に早くなっている心臓の音を聞かれて、(うわ…何こいつ、女の子に触れられたくらいで興奮してんの?…もしかして童貞?きっも…)と思われないように、急いで手を払い、振り返った。

「よっ!待った?」

彼女は、なんかクリーム色のニット?みたいな良い感じの奴を着てる。スカートはいい感じの短さの黒っぽい奴。

靴も黒のいい感じの奴。全体的にふわっとしてていい感じで可愛い

「いや、今来たところだ」

「そっか!よかった!じゃあ…行こっか!」

「どこにいくんだ?」

「うーん。冬物の服を買いたいかショッピングモールかな~」

「近くにあるのか?」

「うん!すぐそこにあるよ!行こ!」



そうしてショッピングモールに向かって歩くこと五分。

「ねぇ、手、繋ぐ?」

「お、おう」

恐る恐る、握手をするような握りたかで冷えきった手を握った。

「そっちじゃなくてこっち!」  

如月は俺の指と自分の指を絡めるように手をつないだ。これが巷で噂の恋人つなぎか。

「おー手温かいね!それに大きい!やっぱ男の子だね~」

如月は、おばあさんの声真似をしながら、にやけ顔で言った。可愛い

「つーか、なんで俺を誘ったんだ?俺みたいなクラスで目立たない奴より、もっといい奴いただろ」

「んー何となく?今まで話したことない人とデートするのって面白そうじゃない?」

デートしたことないからよくわかりません」

「え?デートしたことない?へー!じゃあ人生初デートだ!おめでとう!」

「あ、ありがとうございます…」

「どういたしまして~。えへへ~」

如月は満面の笑みでそういった。可愛い

「ねぇ、知ってる?」

なんなの豆しばなの?

「うちのクラス斎藤さんって足立先生と付き合ってるらしいよ」

「へ、へ~…」

誰?容姿のいい人以外のクラスメイトの顔と名前がよくわからない。

覚えてないということは容姿がよくないのだろう。



はい!着きました~。ここがショッピングモールです!そしてあの店が私のお気に入りです!さっ!行きましょ行きましょ!」

俺は如月に手を引かれて店内に入った。

「あ!これ可愛いー!欲しい~!あ、こっちもいいな~」

如月は店内をうろうろしながら商品をみた。

そして一つを手に取り、

「俺君!どうこれ?似合うと思う?」

首にふわふわが付いてるアウターを俺に見せてきた。

いいんじゃないか。如月らしくて」

「本当に!?俺君が似合うっていうなら買おうかな~。あ…」

「どうした?」

「このアウター十万円もする…」

「金持ってないのか?」

「一応持ってきたけど十万も持ってないよ…」

デートいくら使うのか分からなかったので念には念をいれて五十万円持ってきていた。お年玉とおこずかいを集めたものだ。

そんくらいネットで調べとけ?ネットなんか信用できない。

なぜなら、一週間、一日に三回話しかけられたら脈ありという情報ネットで見て、容姿の優れた女の子告白したら、それ以来、彼女は口をきいてくれなくなったし、クラス替えまでヤンキーネタにされ馬鹿にされ続けたからだ。



「今買えなかったらもう二度と手に入らないかも…」

「そういうもんなのか」

「そうだよ俺君!人も服も一期一会なのだぞ!大切にしなきゃ!」

「でも金ないんだろ?」

「そうだけど…。あ~欲しいな~。もし買ってくれる人が居たら、その人のこと好きになっちゃうんだけどな~」

買お。

「…俺が買おうか?」

「え!?いいよいいよ!こんな高いもの貰えないよ~!」

「ほら、あれだよ。クリスマスプレゼントってことで」

「本当にいいの…?」

「おう」

「うれしい!ありがとう~!」

ぎゅ~っと強く抱きしめられた。胸が当たっていたしいい匂いがした。勃起した。



「じゃあ、試着するね!」

如月は、アウターなのになぜか試着室に入っていった。

しばらく待ってると

「じゃーん!どうどう!?似合う!?

目の前にサンタコスプレをした如月が立っていた。可愛い

「俺君のもあるよ!はいこれ!着てみる?」

「いや、俺はちょっと…」

サンタコスしてる男の子ってかっこいいと思う…」

「着替え終わりました」

「おお!はやいね!」

「どうっすかね」

「うん!似合ってるよ!」

「じゃあ、また着替えるんで」

「まって!」

そういうと如月は強く抱きしめてきた。勃起した。

「えへへ~サンタさん匂いがする~」

「え、なに俺、おっさん臭い?」

「臭くないよ!ははは!!!俺君おもしろ~い!」

俺たちは店員に怒られる前に急いで着替えた。

そして、如月アウターサイズを確かめた。どうやら問題はなさそうだ。

「じゃあ、それ買って店を出ようぜ」

「うん!あ…これ可愛い!」

そのアウターの値札を見たら二十万円だった。

「さすがに二十万はプレゼントでき…」

「実は今日、家に親居ないんだー。一人で帰るのは、ちょっと寂しいかも…」







ありがとうございましたー」

店員さんの明るい声を背中で聞き、俺は勃起しながら如月と店を出た。

「俺君!素敵なクリスマスプレゼントありがとう!」

「お、おう」

三十万円の出費は痛かったが、如月との夜の性の時間を買ったと思えば安いものだろう。

さてさて、どっちの家でしよう?それともラブホテル?あ、コンドーム買わなきゃな。あーでもいらないんじゃないかクリスマスだし。

なんにしろ、夜までまだ時間はある。デートしながらゆっくりと考えよう。



「あ!もうこんな時間!俺君といると時間があっという間にすぎちゃうね!じゃあね、俺君!今日は楽しかったよ!」

「え?もう?まだ昼だぞ?」

時刻は十二時すぎだった。

「うん。今日の夜、彼氏クリスマスパーティーするんだ!」

彼氏って…」

読者モデルやってて、ちょーかっこいいの!このサンタコス彼氏に頼まれて買ったんだ!似合うか不安だったんだけど、俺君が似合うって言ってくれたか安心して彼氏に見せられるよ!ありがとうね!」

「あぁ…」あぁ…

「あと、服のプレゼントありがとう彼氏がこういう服好きって言ってたから欲しかったんだけど、高くて手が出なかったんだよね~ありがとうね!じゃあね、俺君!ばいばーい」

そういって彼女は冬の街の雑踏の中に消えていったのでした。

しかし、彼女が消えても彼女の手のぬくもりと抱きしめられた記憶アトピーゾンビの心の奥に、いつまでもいつまでも残り続けるのでした。おしまい



追記

こういうクリスマスが良かったな~って話を書いただけ。今日だけ。特別なコーナーだぜ。

2016-12-22

http://anond.hatelabo.jp/20161222231220

ゴミクズいくら生きていても

クソくらいしか生産しないし多くの人に憎まれるだけの人生なのに

生きてて何が楽しいんだろうなあ

ああ、人に迷惑をかけるのが楽しくて仕方がないのか

さぞかし前世は汚い便所の奥に住む底辺ゴミムシだったのだろうなあ

死んだ方がもうちょいマシな生き物に生まれ変われるかもしれないのに

汚らしい執着心から離れられないんだな。かわいそうかわいそう

あ!今も対して変わらないか

それは面白いわ!あはははははははははははははっ!キモっ!

2016-12-17

人間なんてしょせん葦である

自己啓発に励んでみても目的がそもそもないので

霧の中を舟をこいで進むようだった。

それでも勝己し、ようやくいくつかの資格GETした

何かに役立つ日は来なさそうだが、取り組み自体が己を強くする。

しかしもういい歳になってきた。勝己が第1回に出たときと同じくらいだ。

おれなんてどうせ、この辺だというのが分かってきた。

あーあ、あはは

2016-11-28

http://anond.hatelabo.jp/20161128121155

笑いなのか煽りなのかわかりにくものもあるし。

煽りと笑いが一緒になってるケースもある。

後者で"あははこいつー"とかやってたらピエロだし。

2016-11-07

ファミレスのウザい客

ファミレス接客中にイラっとすることを書き散らかしたい。


「いらっしゃいませ〜 何名様でしょうか」って聞いても無視して、ズカズカ入って来て好きな席に座る人なんなの?

なかでも、たった2人なのに6名様用ボックス席(うちの店には4つしかない)にドカッと座って、

「ここでいいわ」とか言ってくる人には殺意おぼえる。

うちの店は分煙が完全じゃないから、禁煙喫煙お客様をできるだけ離そう、とか、

小さいお子様連れのお客様は、お子様から料理を離せるように広い席に通そう、とか、

ベビーカーをお持ちのお客様ボックス席じゃなくて片側ソファーの席に通そう、とか、

他にもいろいろあるけど、すごく考えてお客様をご案内してるのに、台無しにする人が多すぎ。


あと注文するもの決まってないのにピンポン押す意味がわからない。

ドリンクバー注文するかどうかを決めてないのは全然許せるけど、

いちいち「サラダどれにする?」「ピザは?」「ドリアは?え?やっぱスパゲッティと迷ってる?」「ハンバーグどっちにするか迷う〜」

その会議ピンポン鳴らす前にできなかった訳? わたしフリーザ様だったらドリアあたりで地球破壊してるのにな〜残念だな〜


うちの店は9名様以上だと、ご来店のときに、

「大変申し訳ございませんが、大人数のお客様個別会計は致しかますので…」

とか言って断っておくんだけどそのときに嫌な顔する人多すぎ。

中学生とか高校生ならわかるけど、大の大人が9名様以上で個別会計しようとしてたの?ってびっくりするわ。



あとなぜかドリンクバーに置いてあるソーサーを取り皿として持っていく人。

ソーサー見たことないの? コーヒーとか紅茶のカップの受け皿ですよ〜 なぜそこにドリアを入れる。

ソーサーは本当はこすらずに洗浄機にかけられる食器なのに洗うのにめちゃめちゃ手間かかるし、

そもそもうちの店は取り皿よりソーサーの方が圧倒的に少ないか結構迷惑。てか普通に謎。どう見てもソーサーなのになんでドリアやらスパゲッティでグチャグチャにするの。



あとお会計ときに異常に遅い人。お前レジお金払うことキャリア何年だよ。

自分の財布の中身把握してないんだったら普通小銭から見ない? なんでお札から出して「あ、小銭あったあった〜 1,2,3,あっ!!やっぱなかったごめんなさ〜いあはは」…

1の位から考えて小銭から出していけば一番早いってことに30〜40年以上生きてきて気付かないとか奇跡じゃない?

さらに小銭入れを財布と分けてる人だったら最悪。

その小銭入れ、財布として機能してなくない?みたいな、

超小銭出しづらそうなポーチらしきものから小銭出してる間、

わたしは『プラダを着た悪魔』のミランダの「氷河のような動きで感動するわ」ってセリフ脳内リピートしてるよ。

たまに小銭入れ全部ひっくり返して小銭全部出して、「取って」って言われるな…

そっちの方が清算は手っ取り早いけど片付けんのに時間かかるじゃん。

わたし絶対手伝わないからな!

2016-10-26

http://anond.hatelabo.jp/20161026225041

あらそう。ふーんじゃあ随分と文体や書き方やその他もろもろのよく似た他人なんだねーあはは

2016-09-15

死ね!」って言ってはダメ!って叱った結果。

我が子たち、つっても二人しかおらんが。

上が中一娘で下が小五息子。

兄弟喧嘩はどこの兄弟でもあるわけだが、ヒートアップすると娘の方が弟に「お前なんか死ね!今すぐ死ね!」って絶叫するんだな。

家風ってのがあって、嫁もかなり言いたい放題言うし、夫である肩身の狭い私は修羅場から避難する(だって仕事から帰った時にはほぼ毎回既にヒートアップ状態で原因すら分からんもん)人間なのだけど、私までヒートアップしたらダメからってのもある。

なので、口論してる間は放置してるんだが、流石に「死ね!」はないんじゃないかと思って、子供たちをきつく怒ったんだ。

実際、死ねって罵られる方の息子は何しでかすか分からないところがある。

ちょっと前は切れてテレビに物投げつけて壊しやがった。

あるいはもっと前には台所から包丁まで持ち出した。その時は包丁で切りつけるとかはなかったそうだが、こっぴどく叱っている。

なので、マンションは4階だけど万が一飛び降りられたらと思うとぞっとするものもあった。

で、「死ね!とか絶対言ってはいけない言葉。他にも殺すとかそういう言葉絶対ダメ。カッカして喧嘩してしまうのは分かるし喧嘩したらダメはいわないから、もっと言葉を選びなさい」って。

そしたらですね・・・

「お前なんかデスだ!」「デス!デス!デス!デス!・・・」と娘は息子を罵ったんだな。

英語の分からない息子は「お姉ちゃんおかしくなってる!あはははは!」とかって嘲笑っぽくしてたけど、目の前で見てた私はおかしくて噴出しそうになった。

娘よ、私も英語はよく分からんけど、それも言うなら「ファックユー」とかじゃないのか?と思った。

 

p.s.

200以上もコメント付いて焦りました。

確かに包丁の件は書かなくても良かったし、恐い話です。但しこれ、煽ったのは娘です。

売り言葉に買い言葉って奴で、死ね→お前が死ね→死なねぇーっつの→じゃぁ殺すからな!→出来るわけねーだろ。やれるもんならやってみろ、バーカ→こうやったら出来るぞ!、みたいな流れで包丁に辿り付いたらしい。

もっとも、台所から取り出したのは子供が使うプラスチック包丁でして、怪我はするだろうけど、殺傷力は低いと思います・・・ってそんな問題でもないですね。

その包丁のすぐ隣にはマジもの包丁もありましたから、ちょっと間違えたらほんとにぞっとする話です。

息子は、出したもののすぐ引っ込めて、娘に空のペットボトル投げつけたそうです。

テレビ壊したのもペットボトルです。どうもペットボトルなら大丈夫と思い、人に投げる場合は手加減してたんだけども、テレビなら大丈夫と思って強く投げたらしい。で、液晶画面がぶっ壊れてしまいました。どうやら硬めの蓋の部分が当たったらしい。

かなり以前、息子は手足を出して殴ったり蹴ったりする事があり、苦労してそれをやめさせたのです。

でも、手足の代わりに怪我の可能性の低いものを投げるようになってしまったのですね。

ともかく、ちっちゃい頃から暴力だけはダメだという方針でして、その代わりに口論は多目に見るようにしたのです。

でも、やっぱりというか男の子やんちゃで、どうしても実力行使したがるところがありますお姉ちゃんの方が口が達者だし(で、「デス」かよwってのもあるけど)。

まー、でもテレビくらいならいいかな。今のところですけど、喧嘩で怪我はありませんし、言いたい放題言い合った後は意外にケロッとしてたりします。

これがいいのかどうかはよく分かりませんが、ともあれ子育ては大変ですね。

2016-09-08

ダンジョン飯

チビ  「今度は何捕まえてきたんだ」

ライオス増田だよ増田。このフロアはいっぱいでるんだ」

増田  「(ビチビチビビチビチビチビチビチ)」

ライオス「うわ、あはは、こいつぅ、じゃれるなって」

チビ  「(じゃれてんのかなアレ……?)」

センシ 「おっ、増田じゃないか。そのまま食うとくさみが強いが、よく血抜きしてからみりんとしょうゆで煮込むとうまいぞ。野菜350gぶんの栄養もとれてバランスがいいしな」

マルシル「えっ、食べるの、これ?」

ライオス「そりゃ生きモンだからな」

マルシル「そういう問題!? こんなキモい……アッ、ほら、なんか喋ってる!!?

増田  「私ハ……二十代ノ……高年収……ヘイトスピーチ……日本死ネ……大学院……君ノ名ハ……ウンコブリブリ!!! ウンコブリブリ!!!!」

ライオス「ああこれな。言語のように聞こえるが実際に意味はない。鳴き声みたいなもんだよ」

センシ 「声といえば、喉の肉は筋張って食いにくいな。これはちょっと別口で煮込まんと。味噌はまだ残ってたか?」

チビ  「知能があるかはともかくウンコブリブリなんていってるやつを食いたくはないなあ」

ライオス味噌はないけど、ブックマークは残ってた」

センシ 「むしろそっちのほうが具合がいいかもしれん。増田ブクマしてやれ」

増田  「キャッキャッ」

ライオス「お、喜んでる喜んでる」

チビ  「(こうしてみるとかわいいと思わなくも……)

ライオス「こうしてみるとかわいいな」

マルシル「かわいくないし!?

チビ  「(あぶなかった……)」

センシ 「鍋の下ごしらえができたぞ」

(中略)

マルシル「パクッ う……うまい……」

ライオスうまいなあ。なぜか食ったはしから絶え間なくうんこ漏れるけど(ブリブリブリ」

センシ 「増田には解毒作用があるんだ。デトックスだな。(ブリブリブリ」

チビ  「いや、これが毒なんじゃ……(ブリブリブリ」

マルシル「(ブリブリブリ」


本日レシピ増田の煮付け(2人ぶん)

増田2匹

お酒100ml

醤油大さじ2

砂糖大さじ2

みりん大さじ2


 

1. 増田は内蔵と頭部を取り、てきとうな大きさにぶつ切りにして綺麗に塩水で洗い流します。


2.鍋に調味料と魚を入れて、火にかけます


3. 汁気が半分までなくなるまで、弱火で10前後ことこと煮込みます


みんなもぜひ試してね!

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん