「適応」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 適応とは

2016-07-22

sweat

エクリン腺は哺乳類にはほとんど見られない皮膚腺で,せいぜい,霊長類(手掌,指尖部,尾の内側),イヌ科やネコ科の肉球,カモノハシのクチバシの一部に存在するだけで,ほぼ全身にエクリン腺が分布するヒト属は例外中の例外と言えます。このうち,カモノハシのエクリン腺の存在意義不明ですが,霊長類の手掌と指尖部と尾内側については「樹上生活での滑り止め」として獲得したと考えると,なんとなく整合性がありますネコ肉球も同じでしょうか?

 「滑り止め」だとすると,手掌と指尖部がちょっと湿っている程度で十分で,ポタポタ流れるようだったら逆に滑り止めになりません。

 となると,チンパンジーボノボとの共通祖先から分化した直後のヒト属は,手掌や指尖部に「滑り止めのエクリン腺」を持っていたはずです。もちろん,汗の分泌量は「お湿り程度」。それが,ヒト属の進化過程で次第に手掌だけでなく前腕,上腕,体幹と次第に分布が広がっていったのではないかと推測されます

 なお,霊長類イヌ科,ネコ科の祖先系統発生的に古いので,「哺乳類の原型はエクリン腺を有していた」のかもしれません(カモノハシが持っているのもそのためか? となると,単孔類のハリモグラの鼻先にもエクリン腺があったりして・・・!)。そして,その後に誕生した草食動物の原型はエクリン腺を不要器官として退化させたのかも。

 また,エクリン腺は神経支配の特異性でも知られています。通常の臓器は交感神経と副交感神経の二重支配機能調節されていますが,全身のエクリン腺と立毛筋は交感神経単独支配コリン作動性,手掌や足底のエクリン腺は交感神経単独支配アドレナリン作動性なのです。

 手掌や足底のアドレナリン作動性のエクリン腺は,文字通り「手に汗握る」場面で活躍しているので合目的的と言えます。逆に,「手掌から汗がポタポタ流れ落ちる」のは病的状態とされ,治療対象になっているのは御存知の通り。

 しかし,手掌・足底以外の全身のエクリン腺はコリン作動性(ちなみに,副交感神経の節後線維は全てコリン作動性)ですから,「滑り止めとしての汗」とは全く異なる目的(もちろん,体温調節以外の何か)のために獲得したと考えるべきでしょう。異なる目的のためのエクリン腺だったからこそ,同じ交感神経でも作動物質は異なるのでしょう。

 手掌多汗症や足底多汗症は病的状態ですが患者数はそれほど多くないと思いますしかし,それ以外の部位の多汗は普通に見られる現象で,異常とは捉えられてこなかったと思いますしかし,生物学的に見れば後者も明らかに異常であり病的ではないかと思います

 もしもこれが正しいとすれば, A.アドレナリン作動性のエクリン腺は異常動作を起こしにくい

B.(現代人の)コリン作動性のエクリン腺は異常を起こしやす

 という推論が成り立ちます

 前者が異常動作を起こしにくいのは,これが霊長類生存に不利に作用する(手掌が汗でヌルヌルサルは木から落ちる)からかもしれません。一方,後者が頻繁に見られるのには「糖質過剰摂取 and/or 何らかの栄養素不足」が絡んでいるのかも・・・

 例えば,辛いものを食べると顔中から汗が噴き出してポタポタ,というのは現代では普通現象ですが,これはカプサイシン日常的に摂取し始めてから起きた現象と思われます。つまり,ヒト本来生理現象ではないのかもしれません。

 同様に,「生後6ヶ月くらいまでは寝汗はかかないが,それ以後の乳幼児は寝汗をかくようになる」のが普遍的現象であれば,両者を分けるのは離乳食であり糖質(=加熱デンプン)の有無ということになります

 手掌のアドレナリン作動エクリン汗腺は,哺乳類共通祖先から分離した霊長類祖先が備えていたものであり,樹上生活者であった原始的霊長類には必要不可欠の機能だったはず。霊長類祖先白亜紀のプルガトリウスとされているので,この機能は1億年の歴史を持つ「枯れたシステム(=安定したシステム)」と言えます。だから,余程のことがなければ誤動作しないのでしょう。

 一方,コリン作動エクリン汗腺はせいぜい100万年程度の歴史しかない「運用を開始したばかりのシステム」であり,実はまだ「試験運用」なのかもしれません。システムトラブルが多発するのはまだ試験運用の段階だから,と考えると説明がつきます

 このシステムトラブル多発の原因はおそらく「糖質過剰摂取 and/or 何らかの栄養素の不足」でしょう。そして,同じ原因が「本来システムトラブルを起こしにくいアドレナリン作動エクリン汗腺」にも異常を起こしているのかもしれません。

 コリン作動エクリン汗腺システムトラブルがしばしば発生するのが頭皮腋窩などの特定部位であれば,両者に共通する解剖学的・生理学的な共通点があるはずです。

おそらく小さなお子様を育て中の親御様なら実感ありまくりではないかと思います

 自分のこどもは中学生高校生で、高校生のやや太りぎみの方(糖質摂取普通にしています。)は寝汗をかいています。朝、シーツやまくらカバーをはがすとき、まくらカバーが濡れているのと、シーツの首肩の位置に相当するところが濡れているのが確認できます。実際、パジャマの襟元を触ると湿っているのがわかります。その他の部位は、汗をかいたとしても、量が少ないのか、朝の時点では確認しにくいと思います

 中学生の細身の方は、糖質摂取量は少なめだと思いますが、寝汗かいているのでしょうが、はっきり確認できるほどではないと思います

 糖質制限しているぼく自身は、寝汗をかいているという自覚はありません。

 ただ、こどもが小さい頃は、そんなものではなかったと記憶しています。こどもって、こんなに寝汗かくのって驚いた記憶があります。そのときは、こども二人とも、糖質摂りまくりでした。

 実際、保育園の健診で昼寝どきに訪問するのですが、みんなすごいんです。とくに、あかちゃんから3歳くらいまでのこどもがすごいんです。全員かといわれると自信がありませんが、かなり普遍的現象であることは確かだと思います

 髪の毛はびしょびしょですし、おでこ、とくに髪の毛の生え際には水玉がいっぱいできています

 体では、ふとんに埋もれて熱がこもるからなのでしょうか、ねまきの背中の部分がぐっしょりです。

 四肢はどうなのでしょうか。汗をかいてもすぐにシーツに吸収されてしまうのか、わかりづらいです。肘窩には汗だまりがあったような記憶はあります

 そして、この観察結果は、あせもを訴えて外来にくるこどもの年齢層や、あせもの発生部位と一致していると感じます

 付け加えておきますが、あかちゃんといっても、最初半年くらいは、そんなに汗をかいている感じはしません。これは、生後の環境温度に応じて、活動的汗腺の割合適応させるための準備期間かと思っていました。秋に生まれたあかちゃんは、その期間を汗をかきにくい季節で過ごすので、後々も皮膚が乾燥やすく、アトピーになる確率が、他の季節に生まれたあかちゃんより高いという話も聞いたことがあります

 こどもが大人に比べて汗かきなのは、汗腺の密度が高いからと、よく言われますが、それだけのことなのでしょうか。

 ひとは寝入るとき自律神経中枢が体温のセットポイントを下げてくるので、その指令に基づき、熱を逃がすよう、血管拡張が起こったり発汗が起こったりかと思っていましたが、発汗に熱を逃がす機能がないとしたら、発汗の目的は何なのでしょうか。

 あるいは、糖質摂取制限と何か関係しているのでしょうか。

 長々と申し訳ありません。頭がもやっとしています。解消していただければ幸いです。

2016-07-21

長らく私は気持ち表現とが一致していない。

大人になるとは、本来自分気持ちをひた隠しにすることだと考えて来たし、

世間適応していくには、社会人として働いて行くためには、それが必要だと考えた。

行き着くところまで行くと、医師自分の体調の訴えが上手に出来なくなっていた。

いや、どうも心理テストによると、WAISなどの結果から発達障害の診断が下っているので、

まれつきの脳の特性によるものだろう。

心理的にも、自分気持ちが、表現しないために分からなくなっているからだろう。

自分意見を表明することに自信が持てない。


最近精神科に行って

私は、「吐き気がする」「胃が痛いです」と訴えた。

医師「そうですかぁ、それは大変ですね−。」

と言っても聞いて貰えて無い気がした。

内科の別の医者に行く。

「それは、逆流性食道炎でしょうね」と言われて。

薬を貰えた。ああ、話が聞いて貰えたと安心できる。

大脳が病を作り出す、大脳不安を作り出すなんていうが、どうなのだろうか。

実際に、病がある場合があるし、

身体に症状が現れているのだから

2016-07-20

母が子育て詰んだ

思うところあって増田を書きたいと思う。

先日ホッテントリとなったこの記事を読んで思い出した

http://orangestar.hatenadiary.jp/entry/2016/07/19/223314



子供のころ、なぜ自分のお母さんだけがずっと布団に寝ているのかいつも不思議に思っていた。

友達のお母さんはハキハキしていて元気そうに笑っているのに、どうしてうちのお母さんは寝てばかりいるのか。

うちのお母さんは夕飯の用意もできないほど弱っていたので近所の家におかずをもらいに行くのが日常だった。

近所の人は案外優しくて良くしてくれた。

当時の母は弱り切って、いわゆる炊いたコメが食べられなくなっていた。

から食パン牛乳に浸して柔らかくなったものをちぎって、すするようにして食べていた。

母がいわゆる普通の御飯を食べられるようになったのはしばらく経ってからだった。



===

我が家子供が3人で、全員が発達障害に産まれしまった。おそらくだ父親発達障害可能性が高い(たぶんアスペ

上に兄がいて、下に双子が産まれしまった。簡単に書くと兄が自閉症、妹(双子)がADHDという組み合わせだ。


母に言わせると兄が大変に手のかかる子供で、尋常でなくつらかったらしい。

兄は2歳くらいのとき自閉症と診断された。母はものすごくショックだったようだ。


母が言うには、兄はまずアイコンタクトというもの通用しない。母が困った顔をしていてもまったく目に入らない。

とにかくこちらの気持ちが通じないのだ。自分の子供のはずなのに、昆虫かなにかを相手にしているような感覚になる。幼児なのに、である

兄は極端に神経が繊細で、少しでも気にそぐわないことがあると暴れたりかんしゃくを起こしたりする。当然ながら寝ない。ちょっとでも物音がすれば起きる。

母側からコンタクト通用しないのに、兄は極度な甘えたがりで母と一瞬でも体が離れると泣いて暴れる。

そんなことの繰り返しだったが、下にまた子供が出来てしまった。

なんと双子ができてしまった。

双子育児はただでさえしんどいのに、この双子はまた発達障害だった。

(※注 当時はまだ診断基準がなく、増田自身発達障害がわかったのは30すぎてからです)



===

今でもくっきり記憶に残っているのだが、物心ついた時、母は家におらず入院していた。

母が言うには、とにかく子供の世話に追いまくられ、父は仕事が忙しくて育児を手伝ってくれることは皆無、

親戚や実母なども事情が重なって手伝いに来られず、気づいたら骨と皮ばかりに体が痩せていたという。

トイレへ行くのも床をずるずると這って行ったが、それすら無理になったときほとんど本能的に電話に手がいって救急車を呼んだという。

(母が言うには、本当に体がダメになったら尿はほとんど出ないらしい。)

最後自分で測った記憶があるのが34キロ病院で測ったところ32キロだったそうだ。(母の身長は155センチ


母は子供を産むまではフルタイム仕事をしていたので、すごく体が弱いというわけでもない。

ただ以前あった増田のように編集者レベルでタフかというとそうとも言いがたい。

いわゆる核家族だったが手伝いにきてくれる人が残念なくらいいなかったのだ。

当時は今のように自閉症児に対する工夫などの情報ほとんどない。ネットもない。

孤立した母は詰んだ


その後、母は極端に病弱な体になり、基本的には家で寝ていた。

兄をみる余裕がなくなった母は、まだ幼かった兄を母の実家にあずけた。

半年ほどして母が様子を見に行ったところ、祖父祖母はげっそりと痩せていた。

とくに祖母は気疲れがひどく、10キロ以上痩せてしまっていた。

兄の相手をすることや兄の要求を聞くことがとんでもなく大変だったらしい。


困り果てた祖母は、兄を霊能者のところへ連れて行ったことがあるらしい。

すると、兄は親戚中の悪いところをすべて引き継いで産まれてきてしまったのだと言われたそうだ。

から親戚の他の子には悪いものはいかない、なぜなら兄がすべて悪いものを引き受けてくれたからだと。




娘の存在は、母にとってはやすらぎとなり、母は兄よりも娘といることを好んだ。

兄は私が覚えているかぎりでは幾度となく親戚の家に預けられていた。言い方は悪いが兄は「たらい回し」にされていた。

長期間預けるとトラブルを起こしたり、その家の人が寝込んでしまったりするので、半年くらいで親戚のあいだをぐるぐると移動していた。


今でもよく覚えているのだが、兄が家にいないと母はとても嬉しそうにしていて、花を飾ったり凝った料理を作ったりしていた。

料理に対して「わぁ〜!」と反応すると本当に喜んでいた。

これ、これなのよ、私の望んだ家族の姿って!これなのよ!というような。その瞬間だけはまさに母の夢が開花していた。

兄がいないと父も穏やかな表情になって、母もそのことを嬉しがっていた。

私たちは、まるで兄がもともとからいない家族であるかのように食卓を囲んでいた。

日常があまりにも穏やかで、この頃の記憶ほとんどない。



兄がひどく育てづらい子供だったことで母は疲れきっていた。

から、兄が家からいなくなると、気持ちが晴れ晴れして小康を取り戻すのだった。

の子たちもADHDがあるため、忘れ物も怪我もひどいし学校に呼び出されたりそれはそれで面倒だったが「気持ちが通う」という点で、母のしんどさは桁違いに違ったらしい。

自分記憶では、兄は4〜10歳くらいまで、ときどき家にいたがときどきいなくなっていた。母の実家、父の実家、親戚の家…あちこちに預けられていたと思う。

はいわば兄の育児放棄してしまっていた。



===



その後も兄関係でゴタゴタがいろいろありましたが、いま40歳目前になる兄が社会適応できることはありませんでしたとだけ書いておく。

そしてそういう子供一定数産まれしまうこの世の不条理というかなんというか。いや、社会のほうが未熟なのかな。私にはわからないですけれども。。




読んでいただいてありがとうございました。

職場うつ

の原因って「業務内容を理解しようとしない割に高圧的に何か言ってくる同じ島のアスペ(か統失)」と

「そのアスペ(か統失)に過剰適応しようとする自分」にあるんじゃなかろうかと思う。



他にも色々あるんだろうし、多分少数派な気がするけど職場のワケ分からん事いう人間被害に遭ってる人間は少なくないんじゃないかな。

2016-07-16

普通にどう考えも社会が悪いとしか思えないんだけど

もはやヒロポンでも飲んで脳を適応させるって方が現実的な気がしてきた

2016-07-14

アメリカ放題騒動対岸の火事じゃなかった

サイトを見ても、被害まとめを見ても、ある意味どちらも恣意的で誰が該当するのかイマイチからなかったのでまとめる。



対象者

データ定額パック5GB以上を申し込んでいない人で、かつ7月1日以降にアメリカデータ通信を行ったソフトバンクユーザー

データ定額2GBの人、古いデータ定額契約をそのまま利用している人、ipadユーザー←!!)

危険なのは、古いiphoneを頑張って使っているユーザーと、新しいiphoneだけどデータ2GBで節約しているユーザー

とくにipadユーザー危険で、ipadデータ定額は通信料の違いがないので該当しているかどうかがわかりづらいけど、自動契約対象ではない。

から併用しているかiphoneデータ通信少なめですみたいな人は、ipadiphone自動契約されていない可能性が大いにある。



被害状況

1日あたり1980円の海外データ定額を請求される。(未確認だけど、これにも該当しないで数十万の請求に至ってるケースはなさそう)

今日現在7月も14日になるので、多い人で25,000円程度の請求が発生していることになる。ipadと併用していた人なら倍。

今回大騒ぎしている人は日本契約して海外生活している人が多いみたい。そりゃ何の通知も無ければ切れますな。



アメリカ放題のオプション内容

データ定額5GB以上の人は、自動契約更新で尚且つオプション料金は発生しない。(だから今回は自動契約更新だった。)

それ以外の人は、月額980円を支払うことでオプションをつけることができる。

なお、アメリカ放題オプション契約から即時適応になるそうで、日割り料金はない代わりに解約金もなく、使う月だけ契約と解除を繰り返すことができるサービス

しまだ渡米していなくて、今後渡米の予定がある人は、直前でも契約すれば大丈夫

有料オプション自動契約することを問題と考えたものと思われるが、かといって通知が全くされていないければ問題になるとは考えられなかった模様。

おそらくは遠い昔に無料サービス終了の日程が決まって、自動契約ルールづくりだけしておいて更新タイミングを全員で忘れていたというパターンだと思われる。



ところで、運が悪いことに自分請求対象者になっていたのだけど、157でゴネたら今回の請求はなしということになりました。

当然といえば当然だけど、もしかしたら現時点での契約状況にもよるかもしれないかあんまり期待せず、でもまずは問い合わせてみよう。

最初クレームに対して緊張している様子だった窓口の女性が、管理者相談して請求なしになったとたんにオペレーターとしての自信を取り戻していくさまが伝わってきてほっこりしてしまった。

オペレーターさんには責任がないことだから、みんな丁寧に応対しような。



パケ死とか、ガードのゆるい乞食連中を爆死させる罠くらいにしか思っていなかったけど、まさかちょっとした節約ユーザー自分対象になっているとは思いもよらなかった。

餌で釣っておいていざ近づいたら頭から丸呑みされた気分。今回は助かったけどよだれまみれ感が拭えないよ。

2016-07-08

勝手に負けてろ

嘘ってのはまあそんなもん

正しい、とか、結局嘘なんだよ

強いものが勝つ

現実適応できるものこそ勝つし正しい

2016-07-05

もう起きて室内が増田暑い津亜駄州間が稲津氏適応も(回文

ラードンタイムライドタイムラードンタイム

SPEEDが大きくなったのがMAXだと最近まで思ってました。

どーもMAXのナナでーす。

なんて。

おはよう

なんかすっかり7月に入ってから急に暑くなってきたわね。

朝起きてすでに室内の温度が29℃って、

じゃっかん、暑さで目覚めたって感じよ。

もう嫌になっちゃうわ。

から汗バンダムしたりしたくないしね。

うそう、

久しぶりにテレビ見たらMAX姉さんが出てたので、

あれ、いつの間に3人になったの?って思ったら、

一人産休でした。

なんか、時代を感じちゃうわね。

時の流れというか。

魅入っちゃうわ!

ひーとみーそらさなーいでー

DEENときちゃう!!!

ってこれ去年やったわ!

うふふ。




今日朝ご飯

ロイヤルホストたちが出迎えてくれる、

素敵なレストランモーニングよ。

いつも案内してくれる席は沢田湖がきれいに見える良い眺めなんだけど、

からドリンクバーのところまで遠いのよね!

もうちょっと近くの席が良いわ。

デトックスウォーターは、

香ばしく仕上がった伊藤園プレミアム麦茶

やっぱり何度飲んでも、

プレミアムじゃない方麦茶の方が

味がくっきりしてるような気がします。

で、お馴染みの麦茶ウォーターよ。

がぶ飲みしちゃうわ。




すいすいすいようび!

今日も頑張ろう!!!

2016-07-04

いじめられっこがダメ大人になる理由わかった。

「怒られても注意されても何も感じない」からだ。

そういうまともな感覚がなくなっちゃってる。

からアスペみたいな大人になる。

  

でも、もうそういうの信じられないんだよな。

信じるというか、感情を凍らせて何も感じない技術が出来上がっている。

そりゃ悔しいとか辛いとか思うけど、そういうのを感じるのは、なんかの事件が起こってから時間後とか一人で家にいるときなんだわ。

  

から、心を凍らせて相手人間と見なくなる性質があるから

辛いこととかは、やるにはやるけど気持ちとかを入れなくなる。

そして、世の中ってのはいじめられっこにとって、「だめな奴はダメだ」という淘汰圧世界から

ドンドン世界がいやなことばっかりになって、何も感じられなくなって、現実感ドンドン消えていく。

  

そんで、じゃあ自分にとってのいやじゃなくリアルなところはどこ?ってなると。

それが、ネットとか。

成長できないし、適応もできない。ただ目の前のいやなことにあわせているだけ。

クッソマズイ飯を栄養があるからって食ってるようなのが現実になる。

だったら、マッタク栄養がなくても健康に悪くてもネット二次元にこもってしまう。

2016-06-29

社会適応するために自分を偽る事のどこが健康文化的なのか

我々は週休7日制を要求する。

2016-06-26

500文字以上の文章が書けない

ツイッターネット掲示板適応しすぎたのだろうか。

500文字を超える文章を書くことが出来なくなった。

単純に自分の知識量の不足から来る文章材料不足によるものなのだろうか。

起・承・転・結に与太話を挟んだものいくら引き延ばそうとしても500文字を超えることが出来ない。

正確に言うと蛇足に当たる文章を書こうとすると体が震え始めて書くことができなくなる。

きっとこのネット世界で読む価値の無い長文を見続けてきたせいだろう。

中身の無い文章、当初のテーマと違う話が始まること、そういった類の文字列自分が書くことは許せないのだ。

はいえ50文字程度ならそういった物も平気では有る。

さて、話は戻るが私はあまり長い文章を書くことが出来ない人間になってしまった。

中学校日本的国語教育で培われた何の価値もないただ文字数を増やすだけの言葉を紡ぐことが出来なくなっているのだ。

その上で自分自身から見て価値があると判断できる文章を1つのテーマで書けるのはせいぜい500文字限界なのである

それならば2つのテーマを一度に取り扱えば良いのではないだろうか?と疑問に思った人もいるだろう。

だがそれは私の本能が許さない。

テーマが2つあるならばその文章にはどんなタイトルが付くのだろうか?

文章は1つのテーマについてだけ書くことが美しいのだ。

たとえば3分クッキングレシピで「カレーライスハヤシライス」だの「ハンバーグ豆腐ハンバーグ」だのといった題名がついたものがあったら思わず何を言いたいのだコイツは思うに違いない。

一見関係の有りそうな、いや実際に関係性の深いテーマであっても、1つ1つのテーマは1つの記事にまとめるべきのだ。

もしもその2つの関係性を描きたいならそれだけをテーマをにするか、先にその2のテーマについて1つずつ記事を作り合計3つの記事を作るべきだ。

そう考えてしまうのだ。

から私は500文字を超える文章を書くことが出来なくなった。

これは進化なのだろうか。

それとも退化か。

いや対価か。

2016-06-24

過剰適応は死を招く

適応することで人間は生きていけるけれども、それが過剰になりすぎると人間死ぬ

適応しないと生きていけない人間たちが過剰適応で死んでいく。

良い例がブラック企業で働いて過労死だ。

あれはブラックに過剰適応してしまった結果だと思う。

人間、何かしら生きる手立てはあるはずなのにそこにすがりつくしかないと考えてしまう。

いや、考えもせずにすがりついてしまうのが過剰適応何だと思う。

過去自分も過剰適応だった。何をされても親の元にいた。

怒鳴られても、蹴られても、何をされても親の元にいた。

所謂バカなのかもしれない。

でもそれも過剰適応なのだろうと今なら思う。


たまに、今の自分も過剰適応になってないか不安に思う。

みんなはどうなんだろう。

2016-06-22

生き続けることを選好することが適応的選好である可能

2016-06-21

アジャジャシターだかアジャコングだか

マスコミだと社会の公器はい私企業でもあるから顧客に合わせて過剰適応してることを責めても仕方ない…になるのに

SIerだと殺せっ!殺せっ!殺せっ!になるのな

2016-06-19

http://anond.hatelabo.jp/20160619223801

東大京大クラス就活がまったくうまくいかなかった人を何人も知ってるけど、ほぼ全員発達障害だったよ…

驚異的な集中力記憶力で勉強がめちゃくちゃ出来て偏差値もすごかったけど

社会にまったく適応できなかったという人は、実はけっこうな割合でいる

2016-06-18

MLB】盟友グリフィーJr.氏 イチロー日米通算記録に「“世界記録”は名案」(Full-Count)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00010007-fullcount-base


日米の記録と世界記録

多くが忘れてるが張本も日米通算で記録を抜かれた際、NPB記録はあくまで私ですからイチローを認めていない。

あとご存じの通り彼はMLBNPBよりクソだと思ってるから来年にはMLB単独でもイチロー安打数抜かれそうだけど、それも認めなそう。

実際問題それぞれリーグが違うのだからNPB記録は張本、MLB記録はピートローズというしかないというのが正しいかもしれない。

から世界記録イチローというのが最も正しいだろう。

それにMLBシーズン中に違うリーグ移籍すると年間成績が別々に取り扱われるくらいに記録の集計にデリケートから

国もリーグも違うものは尚更同じ記録扱いにされることを簡単に納得しにくいだろう。


日米のレベルの差と記録の難易度は必ずしも関係しない

賛否両論あれどイチローが日米両リーグに跨がって活躍したことはどちらか単独で記録を作ったのは良かったことだと思う。

イチローのようにそれぞれの国で5年から10年以上にかけて長年プレーしながら通算で記録を達成することはNPBだけもしくはMLBだけで記録を達成するより難しいことだと思われる。

日米のリーグ差の問題はあるが率や安打数においてはリーグとの相性も加味されるし、試合数の差も考えると同等程度か、レギュラーをとれる一流選手であればMLBの方が安打数は多く積み重ねやすいのではないかと思う。

イチローも言っていたがNPBだけで4256安打打つことが一番難しいかもしれない。

NPB記録保持者の張本勲が唯一の3000本以上で通算3085安打王貞治世界記録の868本塁打を打ったが2786安打

755本塁打ハンク・アーロンは通算3771安打。714本塁打ベーブ・ルースは2873安打

そのデータを見るとNPBの方が当時はより球場も狭く投手レベルも低いのでMLbより本塁打数を重ねやすいというのは分かるものの、その点からいうと安打数においてアーロンルースより王の方が少ないというのは少し違和感があるし、20世紀前半以前のMLB記録を抜いて考えるにしてもMLBでは3000安打達成者は最近でもジーターらを始め何人か生まれている。

MLBでは4~6番が主で、イチローのように打席が多く回りやすい1~3番の打順試合に出ることが少なかった松井秀喜でもMLB打率.305を記録した2005年には200本に迫る192安打を記録している。

松井日本ではシーズン167安打が最高だったが、MLBで怪我するまでの1~3年目は全試合出場していることもあり、安打数は日本時代キャリアハイより多い170本以上を毎年記録している。

したがって、それなりに打率を残して試合に出続けられる選手ならばMLBの方が安打数は積み重ねやすいのではないかという可能性が考えられる。


日米のリーグレベルの差の疑問点

日米の単純な野球レベル差というのも議論余地が多少残る。本塁打は明らかに日本の方が打ちやすいことが通算上位の安打数における本塁打率の差からも分かる。

ただそれもトップ中のトップになると四球責めになりやすNPBよりは同じ四球責めを喰らうにしてもやはり試合数が多いMLBの方が有利となるが。ソーサマグワイアボンズ日本でやったら毎年のように60本打てたかというと四球責めで減っていただろう。

実際ボンズは476打数で73本塁打の翌年から勝負を避けられて400前後打数で40本台に減っている。

日本だと試合数が少ないしさら勝負を避けられて250打数で40本とかになっていたかもしれない。


通用しやす選手と当たり外れ激しい選手

また、MLBトップなら誰でも日本MLB時代と同等以上に成功するかというとそれも難しい所がある。

オールラウンドに打てる巧打力があればどのリーグでもそれなりの率を残せるが、得意なコースや球種に偏りがあると日本ではあまり打てないということがありうる。

現役メジャーリーガーでもパワーヒッター系よりミート力の高い中距離打者の方が日本では成功率が高い印象がある。

彼らは信じられないほどの成績を残したりもしないが失敗例は少ない。フリオ・フランコシェーン・マック、元西武フェルナンデスなど。

1980~90年代は日米の年俸が近かったせいもあって意外と今よりもMLBの本当のレギュラークラスが多数来日している。

彼らは十分に日本でもレギュラーとして通用した選手が多いものの、センセーショナル活躍をしたかというと、そういう例は少ない。

特にフランコMLB首位打者獲得を経験しており、全盛時に来日したMLBでもトップクラス選手だが日本での2シーズンは.305 10本、.290 18本とさほど目立つ成績ではなかった。

本拠地千葉マリンロッテ所属したせいで本塁打が少なくなった影響はあるかもしれないが、ほぼMLB時代と同じくらいの成績になっている。

シェーン・マック来日前までのMLB通算打率が.2994というバリバリの一流レギュラー選手だったが、日本では2年間で通算.284と打率を落としている。本塁打数と長打率は増やしており安定して活躍したが、NPBMLBそれぞれの通算長打率OPSを見てもあまり差がない。

それらの成績を見るとNPBMLBよりレベルが遥かに劣るとは考えにくい。

また、マックは彼以外の日本成功する外国人選手共通点でもあるが、野球に取り組む姿勢に非常に優れていたらしい。

野球に取り組む姿勢の良さは、日本からMLBに行く日本人選手成功と失敗を分ける要因にもなっていることがいえるように思う。

その姿勢問題でよくネタにされるグリーンウェルバランスのいいタイプの中距離打者だったはずだから、真面目に取り組めばNPBでも通用したと思う。


投手やパワーヒッター系は当たり外れが激しい

日米でも、それぞれ何故か片方で通用しながら片方では通用した選手というのがいる。

日本から帰国後にMLB最多勝を獲ったガリクソン帰国後にMLB本塁打王を獲ったフィルダーなど日本で何かを掴んで覚醒して両国活躍した選手もいたが、その逆は比較的少ない。

井口城島福留西岡などは故障や衰え、メンタル問題などでMLBを去った後も日本活躍したといえるのだが、しか日本での全盛時に比べると物足りない。

岡島五十嵐などはMLBで一皮剥けて何かを掴んで帰ってきて日本でも活躍したが、大家マック鈴木などは結局日本では殆ど活躍できなかった。

日本に出戻りではないが韓国パク・チャンホも衰えていたとはい日本では通用しなかった。その後韓国でも通用しなかったようである

あとは中島松坂などを見ても、今はもはやアメリカ帰りが日本簡単活躍できる時代でもないし、MLBで1.5流程度にやれたら日本韓国では1流以上というわけでもないようである


レベルよりも適性と相性

今までで最も日本に衝撃を与えた外国人選手は多分ホーナーなのだろう。

マイナー経験なしでメジャーデビューしたエリートで、そのまま主軸で活躍していたメジャーリーガー来日し、その肩書き通りに凄まじい成績を残した。

恐らく最もNPBレベル相対的に高かった1990~2000年前後よりさらに日米のレベル差が激しかったと目される当時(1987年)で.327 31本。

故障離脱があり93試合での成績だからかなり凄いのだが、当初は4割60本くらい打たれてしまうのではというほどの期待と恐怖があっただろうに結局はその程度の人間らしい成績に収まったともいえる。

バースマートンペタジーニカブレララミレスロバートタフィ・ローズなどMLBでは大した成績を残していないながら日本レジェンド級の成績を残した選手が多いので日米のレベル差は激しいと考える人も多いが、

逆にMLBで彼らを遥かに上回る成績を残して日本にやってきながら日本では彼らに全く及ばない成績に終わっているメジャーリーガーも上述の打者達のように多く存在するため、レベル差というより相性の問題もかなり大きい気がする。

日本でいえばMLBでも通用した田口壮新庄は、アメリカでさっぱりだった中村紀洋中島裕之以上の打者といえるのか…など。

歴代最強助っ人バースは速球が苦手で変化球が得意だったらしく、そのおかげでMLBより速球投手の少ない日本適応して史上最高の助っ人と呼ばれるような成績を残すことになった。

一方、当時そんなバースに速球で真っ向勝負を挑んだ津田江川勇気と度胸が賞賛されていたみたいだが、そういう事情を考えるとむしろ速球が持ち味の投手が速球が苦手な打者に速球で挑んだのだからただのセオリー通りなのでは…という気もする。

打者に速球は怖いという先入観から変化球勝負で逃げたつもりが逆にバースにとっては都合が良かったというのが活躍の要因かもしれない。

もっとも、日本ではバースが苦にするほどの速球を投げる投手も限られているので速球勝負でも打たれていたのだろうが。


俺流の慧眼

落合はその当時ですらMLBで4番を打っていたホーナーよりMLBで実績のないバースの方がNPBにおいては成績を残せる打者だと評していたらしいが、そのあたりの本質を突ける度胸と観察眼は凄いものがある。

MLB移籍前に日本で圧倒的な成績を残していたイチローだったが、当時は日本専門家の話でもMLBでは打率3割を打つことすら難しいとの声が多かった。

そのMLB移籍前のイチローとの対談において、落合メジャーに行ったらどの打順を打ちたいかという話題を振ったことがあった。

その際、イチローが「メジャー自分より凄い奴がいたら7~9番を打つ」と謙遜することを言ったのに対して、

落合は「(イチローより凄い奴はメジャーにも)いない」と突っ込んでいたのだった。


アジア人選手可能

日本人韓国人選手も今よりももっと多くの選手を輸出すれば、日本韓国では大したことなくてもMLB成功する打者が現れるのではないか

既に投手はそういう例が多数あるし、打者においても韓国チェ・ヒソプMLBレギュラー半でいながら2年連続15本塁打と健闘する成績を残した上でKBO(韓国)のチームに入団したが、韓国では期待に近い成績を残したのは1~2年だけで他はパッとしない成績しか残せないまま引退してしまった。MLBと比べたNPBよりもさらレベルが低いと目されるKBOですらMLBの実績の割にKBOでパッとしない例が散見することからも、少なくとも日米韓数字の見かけ上のレベル差はここ数十年でかなり縮まっていると思われる。

もちろん、主に内野守備球場など、総合的なプレーのスケール文化レベルにおいては向こう三十年以上埋まることがないと思えるほどの差があるが。


韓国レベル簡単には決めつけられない

韓国人選手NPBで通用しなくてもMLBで通用しそうなタイプ打者が多いように感じる。

イ・スンヨプキム・テギュンNPBよりMLBでの方が安定して成績を残せそうなタイプに感じていた。起用してもらえたらというのと、テギュンの場合環境への適応課題だが。

実際に今年は韓国人野手が何人もMLB移籍して打率の面で物足りなさはあるが長打の面では驚くくらいのレベルで健闘している。パク・ビョンホは打率は2割前後ながら既に11本塁打イ・デホは起用が少ないながら10本塁打打率も3割近い。怪我から復帰したカン・ジョンホも打率2割後半で9本塁打

あとはNPBでも活躍したとはいえ、信頼感抜群のクローザーだったとまでは言い難かったオ・スンファンMLB奪三振率が12以上で防御率も1点台で十分通用しているのを見ても、もはや日米のレベルの差は相性と調子が一番大きな要素になる程度なのではとすら感じる。

日本でも落合清原など外角を得意にして速球を得意にしていた打者MLBでやっても面白かったのではないかと思う。両者の日米野球での成績は散々だが、実は松井秀喜日米野球ではあまり打っていないながら通用したので、さほど直接的には関係しないように思う。

また、両者は飛び抜けた才能と技術の塊だから対応力があったのではないかとも思われる。特に体格的にもMLBの強打者に引けを取らない清原は何かの拍子によっては、むしろNPBで才能だけで適当に続けてしまった後の現状より成績的にも素行的にも好転していた可能性すら考えられる。実際清原が若かった頃はMLBからも注目されていたらしい。

しか関西出身野手アメリカ挑戦惨敗率の高さを考えると、清原メンタル的に微妙だったかもしれない。


イチローの唯一無二の偉大さ

つまるところ、全てのリーグ活躍した選手こそ最も優れている選手といえるのであって、MLBナンバーワンになった選手NPBでも必ずナンバーワンかというと怪しいのである

しかしたらマグワイアソーサボンズらはNPBでは松井中村紀、カブレラローズらより打てなかったかもしれないし、松井中村小笠原松中らはKBOではイ・スンヨプイ・デホよりも打てなかったかもしれない。

最近キューバトップクラス打者が何人かNPBに来たがさほど凄まじい活躍をしたといえるほどでもない。

グリエルは62試合で.305 11本、デスパイネも1年目は45試合で.311 12本だから凄さを見せたといえるが、2年目は103試合で.258 18本。十分通用はしているものの目を見張るような成績ではなく、単純にこのレベルの成績の選手MLBに行くと簡単に主軸を打てそうという想像はつかない。セペダに関しては逆に何故あそこまで打てなかったのか意味が分からないが…。

じゃあキューバ打者が大したことないのかというと、彼らとキューバ時代は同等程度の成績だったセスペデスやアブレイユらが亡命して、MLBの主軸として活躍できている。

グリエルデスパイネの成績から考えるとキューバ日本投手の相性があまり良くないのではないかと考えられる。つまりMLBで3割30本近い成績を残しているセスペデスやアブレイユでも、NPBではより成績を落とす可能性が低くないと思われるし、したがって、MLBの超一流なら高確率で、NPBで同程度から同等以上の活躍ができるとは決めつけられないのではないかと考えられる。

ピート・ローズだって試合数が少ないNPBで仮にやっていたらその期間はMLBと同等以上の安打数を稼げなかったことは間違いないし、それどころか、仮に1~2年間NPBにいたとして、通用しなかったりレギュラー争いで他の選手に敗れたりして100本も打てないまま日本を去っていたかもしれない。

推測や期待はロマンがあって面白いが、実際にやって証明した例に比べてしまうと、やってない以上はやってみなければ分からない要素がかなり大きい。

からこそ、NPBMLB両方のリーグで実際に何年もプレーした上で、両方で歴代最高峰の実績と印象的なプレーの記憶を残したイチロー現代野球では歴史上唯一といっていいくらケチの付け所のない世界歴代最高の選手だといえる。

また、それこそがNPB単独通算でもMLB単独通算でもない日米通算最多安打というイチローが残した実績の唯一無二の偉大さを表しているのである

2016-06-16

社長労働基準法適応外だから大変」みたいな寝言よく見るけど

それ以前に労基法は最低基準だよ?

社長主体的に働くから従業員とは違うみたいな意見もみかけますけどそれ以前ですから

自分過労死ライン超えの労使協定結んで、週休1日に設定しても違法じゃない。

よくわかんない泣き言言う前に素直に失敗認めて事業畳んでください。

http://anond.hatelabo.jp/20160616113730

そんなの適応して学校内で何か起きて流産されたらそれこそ慰謝料求められるわw

2016-06-15

http://anond.hatelabo.jp/20160615132251

その程度ならそんなにクズじゃないよ

適応力はないかもしれないけど

割に合わない人生

少年法適応される年齢の時に3人くらい殺してなきゃ割に合わないなと

2016-06-12

トンカツとやらで(キャベツ)

揚げてえ

トンカツとやらを揚げたくなるとか下は大火事だと思ってた



うまく揚がったと思ったトンカツで半生なのは食えないし

つらい揚げ物はそれ自体がつらいし

そもそも油がグツグツしてるのは最早ウケる



こうやってジューシージューシー言ってても高々十切れとかしか食べてないわけで

世の中には五十切れ百切れ食べてそれでも前を向いてるやつがい

それなのにこの程度でへばってるあたりが揚げるべきっすよね

精神力忍耐力すら足りてない



国産の豚まで買ってこんなんじゃ養豚してきた税金毎日ブタに変換してるようでブー

トンカツ製造能力もあるから動かない豚野郎の方がたちが悪いな

いっそ三元豚認定された家族ごと食卓から消える方が豚様のためだと言われるんじゃないか



ご飯も進まないし

豚としての価値なんてのもない

交配? なにそれ?



それでも一応存在はする周囲とかにトンカツ定食(上)がスタンダードみたいな言い方をされたりするわけで

そんな期待をさせてきたことがもう何本チャーシュー縛りすればいいんですかって



フライドチキンとやらにもなれそうにないし

トンカツDJといってもコミュニティでわいわいやるのは敷居高いし

ああ、適当に揚げれば? って声が聞こえますねぶひーぶひー

あなたにこんなものを読ませてしまってぶひー



いわゆる口蹄疫でもないし

かといってミニブタでもないし

どこまでいっても半端者で単に食卓適応だけはできない



こんなだけど楽しいことがあれば喜ぶんですよ

悲しい面だけなんてできないんですよ



「揚げるべきだ」って話はわかってるし

望めば「あなたそのままで生きていていい」ってお言葉が各所からもらえるのだって推測できる



いね

オーロラソースより甘いだろ?

軟骨なんだろって?

それで揚げたいループがまた一巡だ




処分されるようなこともしてない

豚を下ごしらえも下準備もせずに揚げるべきだとか揚げたいだとか言って延々と過ごしてる

開き直って監修されるレベルトンカツ漫画でも書けば何か変わるんだろうか

豚の角煮



大体包丁を握って怯んでなにができるってんだよ

衣くらい身につけろよ


はあ

揚げたくて食べたい




http://anond.hatelabo.jp/20160612150621

就活とやらで(笑)

死にてえ

就活とやらで死にたくなるとか対岸の火事だと思ってた

うまくいったと思った面接で祈られるのもくるし

つらい面接はそれ自体がつらいし

そもそも書類バイバイされるのは最早ウケる

こうやってつらいつらい言ってても高々十社とかしかうけてないわけで

世の中には五十社百社うけてそれでも前を向いてるやつがい

それなのにこの程度でへばってるあたりが死ぬべきっすよね

精神力忍耐力すら足りてない

国立理系の院まで行ってこんなんじゃ養育してきた税金毎日のクソに変換してるようでゴミ

汚物製造能力もあるから動かない粗大ゴミよりたちが悪いな

いっそ障害者認定された家族ごと世の中から消える方が人様のためだと言われるんじゃないか

研究も進まないし

学生としての価値なんてのもない

交際? なにそれ?

それでも一応存在はする周囲とかに大企業スタンダードみたいな言い方をされたりするわけで

そんな期待をさせてきたことがもう何本首吊りすればいいんですかって

マイルドヤンキーとやらにもなれそうにないし

オタクといってもコミュニティでわいわいやるのは敷居高いし

ああ、適当死ねば? って声が聞こえますねごめんなさいごめんなさい

あなたにこんなものを読ませてしまっていてごめんなさい

いわゆる鬱病でもないし

かといって健康体でもないし

どこまでいっても半端者で単に社会適応だけはできない

こんなだけど楽しいことがあれば喜ぶんですよ

悲しい面だけなんてできないんですよ

死ぬべきだ」って話はわかってるし

望めば「あなたそのままで生きていていい」ってお言葉が各所からもらえるのだって推測できる

いね

へどが出るほど甘いだろ?

軟弱なんだろって?

それで死にたいループがまた一巡だ



銃殺されるようなこともしてない

人を殺しも殺されもせずに死ぬべきだとか死にたいだとか言って延々と過ごしてる

開き直って収監されるレベル犯罪者になれば何か変わるんだろうか

阿呆のざれ言?

大体ナイフを握って怯んでなにができるってんだよ

度胸くらい身につけろよ



はあ

死にたくて生きたい

2016-06-10

中国人差別されてるとか思ってるサヨクが多いね被害妄想じゃないの。選挙権剥奪されてるわけでもないし、大量虐殺されてるわけでもないし、結婚禁止されてるわけでもない。

なにがそんなに不満なんだろう。

中国人世間から馬鹿にされてるのは中国人からではなくて、見た目が気持ちいからでしょ。見た目が気持ち悪くない中国人別に世間からなんとも思われてない。

猫背、太り気味か痩せすぎ、ださいメガネ、汚い歯、清潔感のない髪、常に口呼吸鼻毛が出てる、テンションが高くて声がでかすぎる、年齢の割に幼い顔。

運動食生活で体型を標準にして、姿勢を良くし、歯を磨き、毎日風呂に入り髪を整え、鼻呼吸をして、節度ある振る舞いをしていれば「気持ち悪い」なんて言われることないと思うんだよな。

そういう当然のことができないおっさんが見下されてしまうのは仕方ないのでは。それは差別ではないと思うんだけどな。年相応の振る舞いをしてほしいだけなんだよ。精神的に成長できてないのは仕方ないけれど、見た目くらいには気を配れる余裕を持とうよ。俺は差別されてるんだーなんて言ってたってむなしいし、恥ずかしいし、痛々しいだけだよ。もうちょっと日本社会適応する努力をしてほしい。

http://anond.hatelabo.jp/20160610081357

中国人差別されてるとか思ってるサヨクが多いね被害妄想じゃないの。選挙権剥奪されてるわけでもないし、大量虐殺されてるわけでもないし、結婚禁止されてるわけでもない。

なにがそんなに不満なんだろう。

中国人世間から馬鹿にされてるのは中国人からではなくて、見た目が気持ちいからでしょ。見た目が気持ち悪くない中国人別に世間からなんとも思われてない。

猫背、太り気味か痩せすぎ、ださいメガネ、汚い歯、清潔感のない髪、常に口呼吸鼻毛が出てる、テンションが高くて声がでかすぎる、年齢の割に幼い顔。

運動食生活で体型を標準にして、姿勢を良くし、歯を磨き、毎日風呂に入り髪を整え、鼻呼吸をして、節度ある振る舞いをしていれば「気持ち悪い」なんて言われることないと思うんだよな。

そういう当然のことができないおっさんが見下されてしまうのは仕方ないのでは。それは差別ではないと思うんだけどな。年相応の振る舞いをしてほしいだけなんだよ。精神的に成長できてないのは仕方ないけれど、見た目くらいには気を配れる余裕を持とうよ。俺は差別されてるんだーなんて言ってたってむなしいし、恥ずかしいし、痛々しいだけだよ。もうちょっと日本社会適応する努力をしてほしい。

ブスは差別されているのではなくて、甘えてるだけ

ブスは差別されてるとか思ってるブスが多いね被害妄想じゃないの。選挙権剥奪されてるわけでもないし、大量虐殺されてるわけでもないし、結婚禁止されてるわけでもない。

なにがそんなに不満なんだろう。

ブスが世間から馬鹿にされてるのはブスだからではなくて、見た目が気持ちいからでしょ。見た目が気持ち悪くないブスは別に世間からなんとも思われてない。

猫背、太り気味か痩せすぎ、ださいメガネ、汚い歯、清潔感のない髪、常に口呼吸鼻毛が出てる、テンションが高くて声がでかすぎる、年齢の割に幼い顔。

運動食生活で体型を標準にして、姿勢を良くし、歯を磨き、毎日風呂に入り髪を整え、鼻呼吸をして、節度ある振る舞いをしていれば「気持ち悪い」なんて言われることないと思うんだよな。

そういう当然のことができないおばさんが見下されてしまうのは仕方ないのでは。それは差別ではないと思うんだけどな。年相応の振る舞いをしてほしいだけなんだよ。精神的に成長できてないのは仕方ないけれど、見た目くらいには気を配れる余裕を持とうよ。俺は差別されてるんだーなんて言ってたってむなしいし、恥ずかしいし、痛々しいだけだよ。もうちょっと社会適応する努力をしてほしい。